★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 ユン・ソクホPD “冬のソナタは私の人生最高事件、愛の雨もこの延長線であること”
2011年09月29日 (木) | 編集 |
‘冬のソナタ’ユン・ソクホPDがドラマが自身に持つ意味を説明して愛着を表わした。

ユン・ソクホPDは9月27日午後3時ソウル、中区初動明報アートホールで開かれたミュージカル‘冬のソナタ’プレスコールおよび記者懇談会で“’冬のソナタ’は私の平常最も大きい事件”としながら満たされるということを表わした。

この日“ドラマ‘冬のソナタ’がユン監督にはどんな意味なのか”という意味深長な質問を受けたユン・ソクホPDは顔にいっぱい微笑を浮かべて“私が今50才を越えたがその中‘冬のソナタ’は最も大きい事件だ”と話して取材陣を集中させた。

引き続き“’冬のソナタ’によって人生の方向設定が変わった。 その前にも‘純粋’等の純愛好きドラマを楽しんだが単に好むからしてきた”として“しかし今のように日本で爆発的な人気を得た後からは感性的情緒的側面の文化コンテンツを作る仕事が意味のあることという確信が聞いた”と説明した。

引き続き“現在の製作を準備中の‘愛の雨’もこういう意味の延長線だ”と付け加えた。 ‘愛の雨’というユン・ソクホPDのドラマ復帰作で話題を集めた作品で、チャン・グンソク、ユナ、キム・シフ ソイングクなどがキャスティングされた状態だ。 特に男主人公チャン・グンソクの場合、この日プレスコールに応援のためびっくり登場してユンPDに対する愛情を誇示した。

最後にユンPDは“どうしてなった‘冬のソナタ’は私の人生観で私が漠然と持っていた信念が力を持てるようにした契機になった作品だ。 人生の方向性の大きい力になった”と繰り返し強調した。

一方ミュージカルで再誕生した‘冬のソナタ’はドラマを演出したユン・ソクホPDが総括プロデューサーであり芸術監督を引き受けたしドラマ音楽を引き受けたイ・ジス作曲者も今回の作品に合流して大きい話題を集めた。 これと共に演出者遊戯性と色々な名作らを執筆してきたオ・ウンヒ人気作家が一つになりながら名実共最高の師団が構成された。

ここに現在のミュージカル界で最もハタゲ浮び上がる俳優が出演、ペ・ヨンジュン、チェ・ジウを繋ぐ‘第2のチュンサン-ユジン’の誕生が注目されている。

[ニュースエン 2011-09-27 17:16] 元記事はこちらから

20110928-7.jpg 20110928-8.jpg 20110928-9.jpg

※その間ご結婚もされましたし韓流さまさまだ^^

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。