★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 “映画るつぼ実際学校廃校検討”
2011年09月28日 (水) | 編集 |
教育庁“障害者学生性暴行事件学校…学生たちは転校させること”

光州(クァンジュ)広域市聴覚障害特殊学校の焼き付け学校学生に対する性暴行事件を扱った映画‘るつぼ’が荒々しい波紋を作り出した。 去る22日封切り以後興行突風を起こしながら光州教育庁が事件が起きた学校を廃校する法案まで検討している。 2005年事件発生当時加害者が執行猶予や公訴権ないこと処分を受けて、一部は学校に正常に復職した事実が知らされながらネチズンらと市民らの怒りをかったためだ。

光州市教育庁は2年後開校する公立特殊学校に聴覚障害学級を作って焼き付け学校に対する委託教育を取り消す法案を検討していると27日明らかにした。 委託教育を取り消して学生たちが転校を行けば焼き付け学校は廃校手順を踏むというのが教育庁の考えだ。 キム・テジュン光州市教育庁スポークスマンは“公立特殊学校ができれば焼き付け学校問題が自然に整理されるだろう”と話した。

20110927-7.jpg
▼以下多少ネタバレ要素が含まれますのでご注意ください

教育庁はまた、焼き付け学校にあたえる年間18億ウォン余りの支援金も減らすことにした。 2000年100人余りだった学生数は2005年75人、現在22人に減った。 他の地域で転校に行ったためだ。 光州、光山区も去る22日焼き付け学校が所属した社会福祉法人‘隅石’に理事陣交替を要求する公文書を送った。

実話に土台を置いた映画を見た観客が公憤をしたことは被害学生たちが苦痛にもがく間加害者は軽い処罰だけ受けたという点だ。 被害学生の両親たちが経済的困難のために加害者らと合意をしたためだ。 粗末なおかず洞焼き付け学校性暴行対策委執行委員長は“障害がある両親たちが加害者らの懐柔に移って告訴を取り下げることもした”と話した。

当時控訴審を引き受けたイハンジュソウル高裁部長判事は“罪質が悪かったが告訴が取り消しになって執行猶予を宣告するほかはなかった”と明らかにした。 1審判決前告訴が取り消しになれば公訴棄却判決を下すが、2審中であったため他の性暴行事件と公平を考慮したという説明だ。

2000年から起きたこの事件が世の中に知らされたのは2005年6月だ。 耐えられないある職員が光州障害者性暴行相談所にこの事実を暴露したのだ。 警察・検察捜査に続き国家人権委の調査が続いた。 だが、これらに対する処罰は弱かった。 その年11月拘束されたキム某(63)行政室長とイ某(41)教師は各々懲役1年と2年を宣告された。 キム氏は2000~2004年学校で7~20才聴覚障害者学生6人を性暴行したりセクハラした疑惑を受けた。

国家人権委も2006年8月キム某(死亡)校長とパク某(64)教師など加えて教職員6人を性暴行とセクハラ疑惑で警察に告発した。 だが、1審で各々懲役5年と10月刑を宣告されたキム校長とパク教師は2008年7月2審で執行猶予で解放された。 前科がなくて被害者と合意をしたという理由であった。 学生たちをセクハラした行政室職員キム某(46)氏とチョン某(46)教師は控訴時効がすぎて処罰を受けなかったし、チョン氏は2008年1月学校に復職までした。

特に性暴行疑惑を受けたキム校長は片方では特殊学校教師の本分を強調する論文を書くこともした。 彼は2005年7月‘聴覚障害学校での望ましい教師像:配慮して共に生きる共同体的な人生’という題名の論文で“特殊教師は単に知識を伝達する人でない”と書いた。 “障害学生たちの目と耳になってくれて、腕と足になってくれて、また、彼らの口になってくれなければならない”ともした。

映画の人気とともにこういう事実が知らされながらダウム、アゴラでは再調査を要求するネチズン請願運動に4万4000人余りが署名した。 焼き付け学校性暴行対策委は30日午後7時集いを開くことにした。 だが、この事件に対する再捜査は難しい。 特定事件に対して判決が確定すればその事件をまた訴訟で心理・裁かないという一事非再審理の原則のためだ。 ただし追加犯行があらわれるならば補強次元の捜査は可能だというのが法曹界の説明だ。

◆るつぼ=光州広域市聴覚障害特殊学校の焼き付け学校学生に対する性暴行事件を扱った映画の題名だ。 2009年6月コン・ジヨン氏が使った同じ題名の小説を映画化した。 事前的には興奮や感激などで沸き立つ状態を言う言葉だ。

光州焼き付け学校性暴行教職員処罰現況

-校長キム某氏(設立者長男・2009年7月死亡)-1審で懲役5年と追徴金300万ウォン、2審で執行猶予-行政室長キム某氏(63・設立者次男)-1審と控訴審で各々懲役1年宣告-教師イ某氏(41)-1審と控訴審で各々懲役2年宣告-教師パク某氏(64)-1審ソ懲役10月、2審で執行猶予-行政室職員キム某氏(46)-控訴時効すぎて処罰を受けない-教師チョン某氏(46)-控訴時効すぎて処罰を受けないこと。 2008年1月復職

*チョン氏を除いた5人は学校を離れるということ

[中央日報 2011-09-28 00:21]  元記事はこちらから

※映画が現実を変えることができるのかもしれない。。。

座イスで寝コケてた、、、、、ベッドで寝る~。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。