★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 契約書まで書いておいて主人公ら全面交替…ノーブレーンなった‘ブレーン’
2011年09月25日 (日) | 編集 |
イサンユン・ユンスンなど一方的通知受けKBS"青春ドラマ変質憂慮交替"
'契約書まで書いたが下車だなんて荒唐…!'


KBS 2T V間月火ドラマ'ブレーン'の男女主人公が全面交換されて波紋を呼んでいる。

先立って言論を通じてキャスティング事実を知らせたイ・サンユン、ユンスンア、イ・ヒョンジン、ユリエルなど'ブレーン'の男女主人公が最近製作スタッフから作品で下車することを通報された事実が21日スポーツ東亜単独取材結果確認された。

KBSドラマ局関係者はこの日"キャスティングされた俳優がとても若くてややもすると青春ドラマに変質するか憂慮して主人公交替を決めた"と明らかにした。 劇中主人公らの年齢帯とキャラクターが合わないということだ。 イ・サンユンは当初'ブレーン'で野心に充ちた神経外科医師イ・カンフン役を担ったしユン・スンアは使命感が透徹した神経外科専門医ユン・ジヘ役を担った。

これら主演俳優は17日初めての台本リーディングを終えたし、先立って良い作品を作ろうとしながら親睦の席も一緒にしたと分かった。 'ブレーン'出演を控えていた演技者の所属会社関係者は"製作スタッフから一方的に下車通知を受けた。 当惑するだけだ"と話した。

製作スタッフ側は"まだ契約前段階で十分にキャスティングに変化の可能性があった"と解明している。 だが、各俳優が所属会社を通じてキャスティング確定報道資料を配布したし、これは製作会社と放送会社間協議があってこそ可能な点というものを勘案すれば多少無責任な決定という指摘が生じている。

一方イ・サンユンが下車したイ・カンフン役には現在韓流スターソン・スンホンのキャスティングが有力視されている。 ソン・スンホンの所属会社ストメスカンパニー側は"出演提案を受けて肯定情で検討中だ"と明らかにした。

'ブレーン'は脳を素材で大学病院神経外科専門医らの話を描いた作品で11月中放送される予定だ。

[スポーツ東亜 2011-09-22 07:08] 元記事はこちらから



※もう台本練習もして親睦会もしてるのにひどい話だなあ(>_<) ソンスンホン氏は76年生まれ、イサンユン氏は81年生まれと5歳の年の差はあるけれど写真を見るからにそのままだって問題なさそうだけどなあ。まさかなんだかんだ言い訳つけて韓流受けのいい俳優に変えたかったとかじゃないですよね・・・。

そして結局ソンスンホン側から準備期間が短すぎると断られ、これからどうなるんだか~。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。