★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 "「るつぼ」コン・ジヨン作家様、胸が詰まって感じでよく聞こえなくて恥ずかしいです"
2011年09月25日 (日) | 編集 |
"こんにちは。 作家様. 今日早朝でるつぼを見ました。 胸が詰まって感じでよく聞こえなくて恥ずかしくて頭を上げることはできないですね。 ウーン..。 私たちがもうできるのは何かですか?" (ツイッター使用者@usemace)

"ありがとうございます。 その心を世の中が変えられないように必ず大事に保管すること。" (コン・ジヨン作家@congjee)

映画<るつぼ>の興行傾向が恐ろしい。

22日封切りした<るつぼ>は封切り前有料試写観客を含む、封切り二日間累積観客42万(映画振興委員会統合コンピュータ・ネットワーク集計)を突破した。封切り初日13万を動員した<るつぼ>の23日一日観客数は何と19万 9千人.こういう勢いならば封切り初めての週80~90万を達成すると予想される。

24日午後3時現在<るつぼ>の前売り率は何と55.1%を記録中だ。これは2位<最終兵器弓>の10.2%、マイケル・ソダーバーグ監督、マッド・デイモン主演の<コンテイジョン>の9.8%を遠くに締め出した結果だ。

<るつぼ>がコン・ジヨン作家の同名の原作小説を土台に光州焼き付け学校の実際障害者性暴行事件という暗い素材を映画化しただけこのような爆発的な興行は誰も予想できない結果だ。

<るつぼ>側のある関係者は"社会的に敏感な事案を映画化しただけ興行予測が容易ではない"として"やはり誘拐という素材を扱った<あいつの声>が'犯人現象手配'を前に出して大々的な広報を行った前例があるが、<るつぼ>はそれさえ容易ではない"と吐露することもした。

だが、この関係者は"封切り全州週末有料試写がこのようにうまくいくとは思わなかった"として"観客らのうわさやSNS上での評が良いだけ期待をかけている"と付け加えた。

実際<るつぼ>は22日封切り一週から前感知された。17,18日両日間かけた有料試写観客が何と10万を突破したこと。封切り前有料試写は観客らのうわさを広めるために大型配給会社が取る戦略ではあるが、実際に10万人を越えた韓国映画は<るつぼ>が唯一だ。

このような<るつぼ>に対する好評と実話事件に対する公憤はインターネットとSNSを早く広がっている。すでにコン・ジヨン作家の原作小説に接した読者らが厚い応援軍を形成している一方、<るつぼ>の社会的メッセージに共感した観客はSNSを通じて封切り前示唆を観覧した後2度、3度見るという意見を多数残すこともした。 これを反映するようにしたポータルの<るつぼ>観客評点は9.43を走っている。

"熱心に勉強して映画の中イノ、ユジンのように胸暖かい、その温みを実践することができる社会福祉公務員になりますね。 世の中が私を交換しなくこの心よく守って行きながらです。 映画うまくいくのを応援しますね!! 周囲の人々に必ず見ろと薦めなければなりませんね。" (@esun486)

"映画'るつぼ'を見て怒りの暴風涙ざあざあと。 小説読んだ時よりさらに心が痛くて痛みますね。 不便だが絶対冷遇してはいけない現実と向き合いましょう!" (@jongimish)

このような反応はパワーツイッターの中で知らされたコン・ジヨン作家の応援も一役した。コン・ジヨン作家はファン・ドンヒョク監督と俳優コンユ、チョン・ユミとともに一般試写を通じて直接観客と会いながら<るつぼ>のうわさを広めるのに一助となることもした。

去る16日持った一般試写席でコン・ジヨン作家の招待で映画を観覧した放送人キム・ジェドンは"すべての人々が見なければならない映画と考える。 心が重くなる現実でもこれまた多くの人々が分かるべきではないだろうか"という所感を明らかにすることもした。

2005年聴覚障害者学校の光州焼き付け学校で広がった実際性暴行事件とこれを暴きながら広がる怒り、これを通じて韓国社会の暗い現在を暴く<るつぼ>の興行傾向がどこまで続くだろうか。秋劇場街に熱い話題が一つ投げられた。

[オーマイニュース 2011-09-24 15:39] 元記事はこちらから

20110925-1.jpg

※予想通り初日から興行成績1位を独走しているようで。
心がずどんと重くなるノンストップな2時間ですが、作り手のメッセージは確実に届いているということで。やっぱりちゃんと原作も理解した上でもう一度観てみたいな・・・。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。