★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 [‘るつぼ’コンユ②]新しい姿…“本当になかなか良い俳優”
2011年09月23日 (金) | 編集 |
-除隊して続けて映画だけ二つの方ごとですね。 若干は意図的歩みでしょうか?

除隊後初めての作品を無条件映画でするという確約は入隊する時からしました。 映画現場がたくさん懐かしかったんですよ。 それで<キム・ジョンウク探し>(2010)をとったことです。 ドラマ出演時期を確実に測っているのは違います。 したくないことではないが、率直に負担は大きいです。 ドラマなぜ早くしないのかという話本当にたくさん聞きますね。 ファンたちは‘コンユはロコの真理’と呼びながら負担与えて。

-ロコが何でしょう?

ロマンチック コメディ.(笑い)あえて計画するのではないがそうしたのはあります。 もっと歳を取る前に、どうせなら人々が美しく見る時、よく話す‘シャバン シャバンハン ドラマ’一編(便)ぐらいもっとするべきではないかと思うおかしな義務感?

-もう30代で、除隊もしたし、だから最近歩みがこの際映画で時を固めなければならないという野心のように見せることもありそうです。

私が…見るよりそのように計算的や戦略的でありません。(笑い)作品で位置づけるつもりしてみたことは一度もないです。 私はただ偶然と本能を信じます。 もちろん20代にはそれが難しかったです。 共に仕事をするスタッフが“移せば大当たりは、これが君に良くて”と助言すれば無条件ついて行ったことも多いです。 中では‘私ではないようだが’と考えても。 だが、それが結果的に現在の共有という俳優の基礎になったのは事実ですね。 それを否定することはできません。 ただし今からは私が自ら道を作りたい欲が明確にあります。 他の人々が何とか、時々失敗をして違ったという声を聞いても。 内面空白が積もるでしょう。




-内面空白が積もるというのは具体的にどんな感じでしょう?

演出者の意図を分からないながらついて行かないのです。 ディレクションを受けた時率直によく分からないですが知ったかぶりしたくありません。 演出者が話を減らしてぷつんと投げたが‘ア、それ?’といいながら状が深く受けてこそ演技するおもしろいと思います。 私は絶対に演出者に引きずられて行きたくありません。 共にしたいです。 例えば我が国で有名な作家主義監督様と作業をする? 当然俳優として欲が出て光栄だが今は違います。 生意気な態度をとるのではないよ。 作品を全て理解できる感性を持つことになれば、私が共同作業したい監督様にわざわざ訪ねて行っても小さい役割でも求めて締めるでしょう。 最近では<恵化、同>を見たがその感性がとても良かったんですよ。 ミン・ヨングン監督様とは必ず一度作業してみたいです。

-それでは<アジョシ>(2010)のような映画はどうですか? 若い俳優がすてきに引き立って見えることができる機会じゃないの。

これよく話さなければならないのに…. 率直に私が好むスタイルは全く違います。

-どんな意味で<アジョシ>はこの頃若い俳優らのロマンで席を占めたようですよ。

それで嫌いです。 どんな公式のようでしょう。 会社家族がいつか尋ねましたよ。 アクション映画提案入ってくれば出演することかと。 それで‘ジャンルが重要なのでなく内容が重要だ’でしました。 そうしておいてまた、互いに‘ところでもしするならば遠慮なく<アジョシ>のような映画をしなければならなくて’といいました。 私がした話だが、対話自体が真の後負けました。 もちろんよく作った映画だが、私のロマンは違います。 <キム・ジョンウク探し>封切りした時“コンユさんはなぜアクション演技しませんか?”という話多く入ったが、質問自体が本当に嫌いでした。 前関心ないです。 すべての若い俳優が全部同じ手続きを踏まなければならないのではないでしょう。

-コンユが見せてあげたい変化は<アジョシ>よりは<るつぼ>起こったことですね。

そうです。 <アジョシ>はウォンビン氏に似合います。 参考で個人的な親密なよしみは全くありません。(笑い)

-日本から‘韓流スター’に活動して感じる間隙はないですか? 韓国では次第真剣な歩みを見せているが、日本に行けばまた可愛くカップケーキかむ写真を撮らなければならないとか。

ワハハ! 事実性格上完全ノコノコと可愛いふりをすることもできません。 しながら私も死にそうです。(笑い)良く見るファンたちがいるというのが大いなる幸甚ではあるが自らぎこちなくてちょっとドキッとします。 外形的に違って見せるかも知れないが韓国や日本でも臨む心がけは全く同じです。 それで特別に大きく間隙を感じたりするのはないが、ロマンチックの極大化を要求すれば事実ちょっと大変です。 片方ではおもしろいです。 荒々しく話して韓国では私の行く道行って、日本は….

-課外活動?

ハハ。 そのように考える時も時々あります。 だが、ファンたちが願うのが明らかだがそれを最初から無視したくありません。 代わりに俳優としてファンたちが願うのを見せるものの、既存とは明確に違わなければならないという強迫は少しあります。 ドラマ出演を迷うことになる理由がそれです。 <コーヒープリンス1号店>(MBC,2007)のチェ・ハンギョル キャラクターを跳び越える何かを見せなければならないというんです。 映画は新しく道を作り出す感じなのに、ドラマはあまりにも大きくて強力な‘一発’があったから。 ところでかえって<るつぼ>のような映画は韓国ファンたちより日本ファンたちが好むでしょう。 ドラマは柔らかい雰囲気を好むが、映画は落ち着いているということを好むといいましたよ。 その話を聞いて驚きました。

-‘俳優として’という話をよくしますね?

習慣のように出てきましたよ。

-‘俳優’という修飾語がなぜそんなに重要でしょう? 演技する人を‘演技者’で呼ぶといってそれが誤ったのではないでしょう。

私もそれが本当に変です。 ところでもし<膝打ち導師>(MBC)で“夢がなんですか?”という質問を受ければ“俳優になりたいです”といったでしょう? これは何か韓国映画界が産んだ弊害ではないだろうか…、事実私も被害者ではないだろうか。(笑い)今は警戒(境界)がたくさん崩れたが、私が初めて演技を始める時だけでも‘タレント’あるいは‘演技者’と‘映画俳優’の区分が刃物同じでした。 もちろん‘俳優’がさらにすばらしい話でした。 以前には呼称にどれくらい執着したのか分からないです。 インタビューをしたがドラマをすればタレントで、映画を撮影すれば映画俳優だって。 それも嫌いでした。 今は関係ありません。 エンターテイナーといおうが、演技者といおうが。 ただしとても後にでも“共有は本当になかなか良い俳優だった”という声を聞きたいです。 それでは本当に幸せだと思います。 墓の中でも笑うようで。

[movieweek 2011-09-21] 元記事はこちらから

※日本活動についてのコメントは興味深いです(笑)。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。