★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 ミュージカル‘宮’プレスコール現場を行く!
2011年09月20日 (火) | 編集 |
9月20日国立中央博物館‘劇場 龍’で開いて

ミュージカル‘宮’のプレスコールが9月20日国立中央博物館‘劇場 龍’で開かれた。 この日行事は場面試演会と‘ソン・ビョンジュン’演出と主演俳優らの質疑応答時間に進行された。 プレスコールには‘キム・キュジョン’、‘カンドンホ’、‘クァク・ソニョン’、‘チョン・ドンファ’、‘チェ・イェスル’、‘チャン・ウス’、‘チャンユンジュ’等が参加して演技をした。 ‘ソン・ビョンジュン’演出は場面ごとに簡単な紹介を付け加えて理解を助けた。

ミュージカル‘宮’は2010年初演公演した。 2011年6月11日から7月1日まで日本、京都の‘南座劇場’で公演されて話題を集めた。 日本公演は24回の間100%近い客席占有率を見せてミュージカル韓流熱風主導した。

2011年新しく化粧したミュージカル‘宮’は昨年初演より多く進化した。 今回の公演は硬くなった構成と一層さらになめらかになった話で観客を探す。 ‘松餠陣’演出は海外公演に対して“今東南アジア、中国でも問い合わせが入ってきている。 12月東京公演を終わらせて汎アジア ツアーをしようと用心深く準備中だ。 俳優らと共に良いアイディアを出しながら作っていっている。 ますますより良くならないだろうかと考える”と伝えた。

‘キム・キュジョン’は“京都で公演をする時も震えたが韓国舞台に立つと新しい感じがした。 我が国で初めてのミュージカル舞台であるだけに熱心に準備しなければならないという負担感もある。 京都公演当時反応が大きくて楽しく練習した”とデビュー所感を明らかにした。

‘カンドンホ’は“初演の時‘宮’というミュージカルが大韓民国代表する創作ミュージカルで立つのを見送った。 多くの人々がとても熱心にしたが初演だと不十分な点が多かった。 今回の公演は良い評価があって個人的に満足だ。 ソン・ビョンジュン代表様とスタッフが絶えず努力することが実を結んでいるようだ”と話した。

実際高3でチェギョンと同じ年齢の‘チェ・イェスル’は“日本公演の時震えて失敗をしたことがある。 韓国公演の三回目舞台に立つことなのにまだたくさん震える。 熱心にするから愛して下さったら良いだろう”と話した。

‘チョン・ドンファ’は初演と違われた点に対して“初演時は人物らのエピソードが多くて核心の話が集中できない部分があった。 今回は三角関係もよく見えて場面の連結部分もなめらかだった。 個人的には‘ユル’の歌が一曲追加されて満たされる”と話して一座を笑うようにした。

ミュージカル‘宮’は10月9日まで国立中央博物館‘劇場 龍’で公演される。

[newstage 2011-09-20 18:15] 元記事はこちらから

20110920-2.jpg 20110920-3.jpg 

20110920-4.jpg 20110920-5.jpg 20110920-6.jpg

20110920-7.jpg 20110920-8.jpg 20110920-9.jpg

20110920-10.jpg 20110920-11.jpg 20110920-12.jpg

20110920-13.jpg 20110920-14.jpg

20110920-15.jpg 20110920-16.jpg 20110920-17.jpg 20110920-18.jpg

※すごいすご~い、お茶目なシン皇太子コンビ写真がツボ^^


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。