★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 'るつぼ'特別有料上映、"見る終始心臓が熱くなった"
2011年09月19日 (月) | 編集 |
映画‘るつぼ’が隠された真実をよりはやく見たい観客らの烈火のような要請に力づけられて今週末特別有料上映を電撃決めた。

‘るつぼ’に対するうわさが恐ろしく広がっている。 去る6日進行されたマスコミ試写会を始まりに映画に接した観客が先を争って映画に対する好評と推薦コメントを残してオンラインを熱い雰囲気にしていること。

すでに進行された試写反応がそのどの時より熱くて、一日でも早く映画を見たいという観客らの熱い支持に今週末全国有料上映を決めた。

コン・ジヨン作家のベストセラー原作小説、衝撃的な実話事件に対する関心で映画を観覧した観客は上映後、“この映画だけは必ず皆が見なければならない”として強力な応援のメッセージを残している。

観客は“必ず見なければならない映画! 心を鳴る映画! 実話なのでさらに知らされなければならない映画!”、"不便だとのがすことはできない映画、怒って悲しかったが眼差しを向けないで見た”、“俳優らの名演技も最高!”、“全国民が見ればという映画. 見る終始怒りと遺憾の涙を止められなかった!”、“見る終始心臓が熱くなりました”等コメントで支持を表わした。

原作者コンジヨンとソーシャル縁のあるキム・ミファの強力な推薦で注目をあびたことがある‘るつぼ’に対する大韓民国の支持は全国総181ヶ館に達する特別有料上映でより一層早く広まると予想される。

一方、共有チョン・ユミ主演の‘るつぼ’は無尽のある聴覚障害学校に新しく赴任した美術教師が校長と教師たちに虐待された子供たちのために真実を明らかにする過程を描いた映画で、2005年ある聴覚障害学校で実際発生した事件を土台にしている。 来る9月22日封切り予定。

[ファイナンシャルニュース 2011-09-18 13:14]  元記事はこちらから

20110919-1.jpg 

※なんで公開前にやってるんだろうと不思議だったのですがこういうことだったんですね、渡韓前日(というか当日)気づいてラッキーでした。あまりにもつらすぎて言葉はわからずも胸がえぐられそうでした。今でも思い出すと涙滲んでくるほどの衝撃、これが事実だなんて本当に許せない。もう二度と観たくないと思いつつ字幕でちゃんと理解しなくちゃいけないと強く思う。韓国語に強い方にはエピソード限定で原作をオンラインで読むことができますが(こちら)コピペできず残念。原作はどこの書店も1位で平積みでしたがとても買う気にはなりませんでした。内容を把握しつつ1度は観る価値あり、でも日本で公開できるかな・・・。




<るつぼ> 有料試写で5位興行突風予告

コン・ジヨン作家の同名小説を原作にした映画 <るつぼ>が興行青信号を明らかにした。 封切り一週間前開かれた有料試写会が盛況を成し遂げたこと。

19日映画館入場券統合コンピュータ・ネットワーク集計によれば映画 <るつぼ>は去る16日から18日まで8万 146人の有料観客を動員してボックスオフィス5位に上がった。

16日の場合、ただ7ヶ館で試写会が開かれたので事実上二日だけで編み出した成果だ。 これで22日正式封切り後興行展望がはるかに明るくなった。

一方、俳優コンユの提案でスクリーンに移された <るつぼ>は聴覚障害者学校で校長と先生が学生たちを対象に暴力と性暴行をした実話を土台にしている。

[マックスムービー 2011-09-19 13:13] 元記事はこちらから

20110919-2.jpg

右奧少年ミンス、どことなくインピニのLくんに似てて観てるのつらかった、、、しかもLの本名はミョンス、これも縁。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。