★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 リュ・ドクファン、"「シンクィ2」、残すことなく遊んでみた感じだ"
2011年08月27日 (土) | 編集 |
[<シンクィ2>放映終了①] <オーマイスター>に所感伝えた製作スタッフと俳優ら

'韓国型シーズン制捜査物'の可能性を見せたOCN <神のクイズ2>(脚本パク・ジェボム演出道しるべ、以下<シンクィ2>).最高視聴率2.59%(7月15日6回<マニアック>、AGBメディアニールセンリサーチ ケーブルオイル価格区基準),ファンたちの自発的な'シーズン3請願運動'など<シンクィ2>は数多くの話題を起こした。

26日で最後の放送をむかえた<シンクィ2>を作ったこれらに放映終了所感を尋ねた。"残すことなく遊んでみた"という話から"初恋のような作品だ"という話まで、主演俳優および製作スタッフは<オブレザースター>に自分たちの心の中言葉を取り出してくれた。

[イジョンピョPD] "前にシーズン3行くならば…"

イジョンピョPDはシーズン2に初めて<シンクィ>メガホンを取った。このPDは"<シンクィ2>ではキャラクターを得た"として"シーズン1でつくせなかったキャラクターの構築をシーズン2ですると話したが、ある程度はキャラクターが捕えられたと考える"と口を開いた。だが、このPDは"終盤に時間に追われて見たらさらに派手にさせることができないことは惜しい"と付け加えた。

現場の雰囲気を尋ねた質問には"あまりにも和やかだったし、通常のドラマより家族のようにお互いを取りまとめた"として共にした製作スタッフと俳優らに感謝の気持ちを表わした。 引き続き"後半では俳優らどうし知らず知らず善意の競争もあって見守る演出家ではだいぶおもしろかった"として"前にシーズン3を製作するならばシーズン制が定着する最初のドラマにならないだろうか期待される"と話した。

[パク・ジェボム作家] "マニアら違ったとすればこんなにまで犯すことができなかったこと"

パク・ジェボム作家は"一番重要なことは視聴者方々に、<シンクィ>マニアらに感謝申し上げるようだ"として"その方が違ったとこのようにまで犯すことができなかったことだ"と大きく笑った。

パク・ジェボム作家はシーズン1から一緒にしてきた俳優らにもしたかった話を伝えた。 先に主演のリュ・ドクァンには短くて太く"ドクファンが苦労多かった"という話を、ユン・ジュヒには"消化しにくい配役だったこともあるのにとてもよくした"として"本来も良い俳優だったが今回のドラマでより一層成長した姿を見ることができた"という激励を惜しまなかった。

また、パク・ジュンミョンには"役割も所長(訴状,小腸)だったが、常に撮影会場の中心だった"として"演技は言うまでもなくて、常に意志になる人"と全面的な信頼を、キム・テジン‧チュ・スンウクには"が友人はあまりにも永くしてきたのでそのまま本当に気楽な弟(妹)のようだ"として愛情を表わした。

[リュ・ドクファン-ハン・ジヌ博士役] "残すことなく遊んでみた感じ"

リュ・ドクファンは<シンクィ2>撮影が終わった後家族らと共にしばらく旅行してきた後、現在休息を取るところだ。リュ・ドクファンは"(スタッフと俳優ら)皆とても苦労したし、有難いと言いたい"として"昨日鐘方椽(26日)にも研究所家族ら何人と最後まで残って共にした"と温かかった(?)鐘方椽の雰囲気を伝えた。 合わせて鐘方椽でリュ・ドクァンのファンたちが特別にケーキを作って放映終了を祝ってくれたし、チュ・スンウクのファンたちは<シンクィ>カレンダーを製作してきてすべてのスタッフらにプレゼントしたという後聞を聞かせることもした。

シーズン1と2で主人公を引き受けて縦横無尽活躍像を広げたリュ・ドクファンは"ドラマ作業をしながら映画とは違ったことを感じた"として"楽しい作業であったし、演技しながら残すことなく遊んでみた感じだった"と<シンクィ2>まで終えた所感を明らかにした。

引き続き"映画はすべての作業を終わらせて出てきて(ファンたちの)フィードバックを受けるが、ドラマは演技をしながら放送になるとリアルタイムで反応がくるのがおもしろかった"として"こういう部分は<シンクィ>マニアやファンたちがいたので可能なことだった、おかげでドラマ作業の魅力を発見することができた"と持続的に<シンクィ>を見守ったファンたちにも有り難みを表わした。

[ユン・ジュヒ-カン・ギョンヒ刑事役] "共に撮影する俳優らおかげ、おもしろく撮った"

ユン・ジュヒは"撮影が大変だったが共に撮影する俳優がいたのでよく合わせておもしろくとることができた"と話した。シーズン1時から大部分の出演陣が共にしてきた<シンクィ>だけの格別なチームワークをのぞけるような項目だった。

引き続きユン・ジュヒは"一度はファンクラブ会員たちが撮影会場を訪問して下さった"として"苦労すると応援もしてくれてスタッフらと共に食べられるようにバーベキューパーティをしてあげましたが、それが本当に有難かった"としてファンたちに感謝するという言葉を必ず伝えたいといった。

ユン・ジュヒは現在KBS週末ドラマ<烏鵲橋兄弟ら>を撮影している。固定ではないが、友情出演の形式でしばらく顔を映すこと。ユン・ジュヒは"前にどんな作品をするのか準備している"として"常に話すことだが演技が上手な俳優になりたい"という抱負を表わした。

[オーマイニュース 2011-08-27 17:21] 元記事はこちらから

20110827-7.jpg 20110827-8.jpg 20110827-9.jpg

※もしかして正劇初のシーズンドラマ? ドクファンくんの代表作になりますね^^

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。