★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 “韓流歌手表現力にびっくり…日本にも刺激されて良くて”
2011年08月24日 (水) | 編集 |
新しい月9~10日初めての来韓公演堂本
最高人気グループ‘KinKi Kids’メンバー
‘30秒売り切れ’に追加公演することに
“徹底的に計算された舞台がポイント”


人気絶頂の日本アイドル歌手堂本光一(33・写真)が来月9日と10日ソウル、オリンピック公園オリンピックホールで初めての来韓コンサートを開く。  

堂本は日本の2人組アイドル グループ KinKi Kidsのメンバーだが、今回のコンサートは堂本が韓国でソロレコードを発売した後開く単独公演だ。 今回の韓国公演は日本アイドル歌手では嵐、V6、KAT-TUN、山下智久に引き続き5回目という。 当初10日1回公演予定だったが公演チケットが発売30秒後に売り切れながら9日公演を追加した。

KinKi Kidsは1997年デビューの後15年間発表したシングルレコード31枚が皆発売当日日本の有名音楽チャートのオリコンチャート1位に上がった。 堂本のソロ レコード は去る18日韓国で発売された。 公演を控えて広報のため訪韓した彼を最近ソウル、弘恩洞のあるホテルで会った。 彼は“韓国に私が好きなファンがいるだろうかと疑問であったのに空港に多くの方が出てきて下さって安心した”として笑った。

-韓国でコンサートを開く理由は。

“昨年日本巡演中韓国エージェントの方に提案を受けた。 成し遂げれば良いと考えたがここまでくることになってうれしい。 韓国訪問は今回が3回目だ。 2回はプログラム撮影のためきたが時間がなくて韓国を感じる機会がなかった。 しかし食べ物がおいしくて良い人々が生きる国という印象を受けた。 コンサートの時またきて韓国の文化をもう少し深く皮膚で感じたい。 ファンたちが応援するならば次にはKinKi Kidsで韓国に来る。”

-コンサートごとに直接細心な演出をすることで有名だ。 韓国コンサートはどんな形式で進行するだろうか。

“内容は昨年日本でしたソロ コンサートをそのまま持ってくるだろう。 照明はもちろんダンサーの動きまで徹底して計算して作った舞台というものが観戦ポイントだ。 観客がどのようにすればもう少し楽しく感じることができるかを悩んだ舞台だ。 韓国ファンたちがどんな反応を見せるか予測しにくいが自信を持って見せるだろう。 映像でコンサートを見た方たちもいるだろうがコンサートは現場で耳で聞いて体で感じなければなければならないと考えると来てくれ(笑い). 韓国ファンたちと楽しい時間を共有したい。”

-韓国で初めて発売した はどんなアルバムなのか。

=収録曲を大部分私が作曲した。 KinKi Kids音楽は二人で歌うからどのようにハーモニーを成し遂げるかを考えて作るが、 は私の中で自然に流れ出るリズムを表現しようとした。 収録曲の中で‘明け方’を推薦する。 日本的な雰囲気を入れた歌なのに韓国ファンたちがどのように受け入れるか期待される。”

-KinKi Kidsのアルバムの名前はアルファベット順だ。 アルバムごとに音楽スタイルが変わるか。

“私が考えてもとても安易に名前をつけたという気がするほど特別な意味がない。 社長がそのようにしろといった(笑い). ‘KinKi Kidsらしい曲はこういう曲じゃないの’と事を決めることより変化をあげて挑戦精神を見せることが重要だと考える。 次のKinKi Kidsのケイ(K)は今年製作に入る。 KというスペリングがKinKi Kidsのケイギドヘ私たちの二人に大切なアルバムになるようだ。 今まで積み重ねた土台らを傷つけない範囲の中で成長した、今までは見られなかった最高に良いアルバムに作りたい。”

-KinKi Kidsが違うアイドル歌手と違った点は歌を直接作ることだ。 インスピレーションはどこで得るか。

=音楽的インスピレーションは突然浮び上がる。 もその時その時浮び上がったインスピレーションを音楽で表現したのだ。 その他やコンピュータを主に活用して歌を作る。

-韓国歌手が日本で大きい人気を得て活発に活動中だ。

“日本で活動する韓国アーティストは踊りやパフォーマンスが創意的で表現力が優れる。 日本人たちはそこまで考えもできない表現力を持った。 私も見ながら‘どのようにあんな振りつけをしたんだろう’とびっくりする。 日本の人々が陥るだけのことはあると考える。 KARAと少女時代の舞台を見たことがある。 私は今でも舞台に立つ時緊張するのに彼らは踊りと歌を楽しんで堂々と舞台に立つ姿がすごいと考えた。 両国を行き来して活動するのはお互いにない部分を見せて刺激もなるから良いようだ。”

-20年の間アイドルで生きた。 アイドルで生きるということ骨を折りはしないのか。

“後悔したことはない。 平凡な生活を出来ない点もあるが芸能人で生きながら得たのがはるかに多い。 この仕事をして得た感動と経験がさらに大切だと考える。 過去の時期を見て回れば恥ずかしい瞬間も多い。 デビュー初めには10代であり今は30代になったので心がけも変わった。 幼い時活動した映像を見れば鳥肌出る。 見る時ごとにどのようにそのような私の姿をファンたちが好んだか考える。(笑い)”

-ところでニックネームが王子様と。

“ハハ。 日本ではすでにそのニックネームがギャグ素材の種で使われている。 韓国では本当に王子様の姿に残りたい(笑い)。

[ハンギョレ 2011-08-23 20:15] 元記事はこちらから

※ギャグだなんて、光一くんはホントいくつになっても王子様って感じ^^

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。