★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 "第2のハン・イェスル連木"他ドラマ現場'配慮と和合'和気あいあい
2011年08月19日 (金) | 編集 |
主演俳優の離脱という史上初の事態に会ったKBS 2TV月火ドラマ'スパイミョンウォル'撮影が18日午前再開になった。 'スパイミョンウォル'撮影会場の雰囲気は多少ぎこちなくて不便だった。 だが、今回の事態で他のドラマ現場の雰囲気はかえって和気あいあいだ。

ハン・イェスルは去る14日から劣悪なドラマ製作環境を理由で撮影を拒否したし米国に出国を敢行して直ちに帰国した。

日でだけ取るが四日だったがこれは'スパイミョンウォル'だけでなく全ドラマ製作現場に影響を及ぼした。

特に"どんなことがあっても放送はなる"という放送関係者鉄則が壊れながらドラマ製作スタッフが警戒心を持つようになった。 一部製作PDは撮影現場を探して俳優、スタッフとともに夜を明かすこともした。

放映中であるあるドラマ担当製作PDは"ハン・イェスル事件がいて俳優らの士気をかきたてて苦労するこれらと共にするということを知らせたくて夜明けに撮影会場を訪問して共に夜を明かした"として"幸い現場の雰囲気は良かった。 俳優らにドラマ モニタリングをして、さらに熱心にして、うまくいくことができるとし対話をした"と話した。 このドラマ他にもいくつかのPDおよびCPがあえて参加しなくても良い撮影現場に訪ねて行って俳優、製作スタッフと対話をして士気を培った。

ハン・イェスル事態以後ドラマ現場の雰囲気がお互いを配慮して以前より厚くなった雰囲気というものがドラマ製作関係者たちの共通した意見だ。 あるドラマ ホン保社職員は"あるいは第2のハン・イェスルが出てこないように警戒する雰囲気も漂っていることではある"ながらも"それで製作スタッフも俳優らもお互いをさらに考えて配慮している。 撮影待機時間も最大限減らせるように努力している"と現場の雰囲気を伝えた。

'スパイミョンウォル'事態以後製作スタッフと俳優らの間に摩擦が減っているということだ。 互いに努力して仮にも起きることができることを防ごうという考えの結果だ。

それならハン・イェスルが指摘した劣悪なドラマ製作環境が早い時期中に変化することができるだろうか。 残念なことにこれは難しいという指摘だ。 多数のドラマPDは"事実俳優とスタッフ全部作業環境を改善できる最も理想的な方法は一週間に一回を放映すること"と口をそろえながらも現実的には不可能だという意見だ。 国内ドラマ製作現実がすでに週2回放送に慣れているところに各放送分およびこれにともなう経済的効果を考慮するならばどの放送局もドラマ週1回放送をしようと出るのが難しいという理由からだ。

だが、お互いを配慮するために努力しているという点は希望的だ。 ハン・イェスルは俳優のイメージに大きい打撃を受けたし、自身が主演に出たドラマ日程に大きい被害をもたらせるなど'物議'をかもしたが"私がしたことが正しいと信じたい"という話のように所期の目的は達成したわけだ。

[スポーツソウル 2011-08-18 17:03] 元記事はこちらから

※仲良きことは美しきかな。これでいつかウネちゃんジフニが再共演した暁には堂々和気あいあいできるということで(爆)。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。