★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 ハン・イェスル、ファンたちの前に涙で謝罪しなければならない理由
2011年08月17日 (水) | 編集 |
もうハン・イェスルが俳優として生きることができるところはただ一つだ。 彼女の胸中で沸き出た真の謝罪だけだ。 絡まって混ざった糸の絡み合いを解くことができる人はハン・イェスル本人しかいない。 ハン・イェスルがまず国民の前に'土下座して謝罪'とくやしい点があるならば理解を求めることが残っている唯一の方法だ。

ハン・イェスルはKBSと'スパイミョンウォル'製作会社それだけでなく言論からも集中砲火をむかえている。 撮影拒否の原因に選ばれたPDとの不和説まで全部ハン・イェスルの責任になる局面だ。 その上突然突発行動で引退説はもちろん結婚説まで登場して'スキャンダルの女王'で転落してしまった。

前後の事情がどうなろうと主演俳優が撮影会場を無断離脱して海外で出国したことは'責任感'に関する問題だ。 このままならばハン・イェスルは責任感もなくて視聴者は眼中にもない女優で烙印を押されることが明らかだ。

こういう状況でハン・イェスル側が帰国と撮影会場復帰を明らかにしたことは'不幸中の幸い'な事だ。 ハン・イェスルの所属会社のサイダスHQは16日午後"最大限迅速に帰国した後現場に復帰、最善を尽くして最後まで撮影に臨むようにする"と明らかにした。 ハン・イェスルが帰ってこないという仮定の下に'いったい俳優投入'カードを持ち出したKBS側も早期に撮影に復帰するならばある程度受け入れる用意があるということを明らかにした。

だが、本来問題は'スパイミョンウォル'の復帰ではない。 その後がさらに重要だ。 ハン・イェスルが10余年間芸能界生活をして積み重ねた信頼が今回の事態によって水の泡になることができるためだ。 まだ決まったのは何もないが直ちに次の作品からハン・イェスルは自分の意志でない他意によって'引退圧迫'を受けることができる。 今回のドラマを除隊で終えるにしても、今後ハン・イェスルをキャスティングしようとする放送会社と製作会社が多くないことはボルボ模様明らかなためだ。

ハン・イェスルが国民の前で涙で謝罪をしなければならない理由がここにある。 謝ることは謝って自身の立場を堂々と明らかにすることがイ某でも破局を原点に戻しておく最善の方法だ。 16日所属会社側は"(ハン・イェスルが)疲れている状態で撮影を押し切って見たら判断が薄れて被害を及ぼすことになった"として謝った。 だが、多くの国民がこの文句を見て鼻でせせら笑った。 いくら撮影に疲れたとしても30才にもなった成人が'判断が薄れて'史上初のハプニングを行うのが話になるかとのこと.

このような国民にまた信頼を探すところは心より国民に謝る道だけだ。 今回の事態を玉虫色で過ぎて行こうとするならばハン・イェスルの俳優生命は元に戻すことはできない状態になり得る。

[スポーツ朝鮮 2011-08-16 22:15] 元記事はこちらから

※わたしもそれが一番かなあと、勇気のいることですが。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。