★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 ハン・イェスルこのまま墜落? 元に戻すことはできないイメージ回復
2011年08月15日 (月) | 編集 |
KBS2月火ドラマ'スパイミョンウォル'(脚本チョン・ヒョンジン、演出ファン・インヒョク)を撮影中であるハン・イェスルが14,15日連続撮影をパンク内は中で波紋が一波万波大きくなっている。

一部では生放送を連想させる無理な録画スケジュールによってファン・インヒョクPDとハン・イェスルの葛藤が劇的に駆け上がりながら欠放という初乳に事態まで達したという分析だ。

今回の問題を囲んでハン・イェスル俳優個人に対する責任論と製作環境改善しなければならないというなどの色々な声が提起されている状況だ。 もちろん両側立場全部どれ一つ違った言葉がない。

だが、ハン・イェスルの態度にさらに物足りなさが残るという声が大きくなっている。 チョクテボルを非難して劣悪な製作環境を残念だと考えるインターネットユーザーら全部ハン・イェスルに背を向けている状況だ。

ハン・イェスルに向かった否定的な世論が形成されていることにもハン・イェスルの所属会社サイダスHQは消極的な解明にだけ終わるだけそのような理由を表明することができずにいる。 解明の時をのがしてもすでにのがした雰囲気だ。

適切なハン・イェスルの立場により十分に大衆を説得させることができたにもかかわらずなぜ撮影をパンク出したのか正確な理由さえ分かることはできない状況だ。 その上15日放送分がスペショルで対処された。 製作スタッフとハン・イェスルの和解がすでに手を使うことはできない状況まで達したのだ。

先立って中堅演技者のイ・スンジェは"撮影時間を生命のように守らなければならない"と後輩らに話したことがある。 すべての撮影会場で最も大きい先輩でもてなしを受ける年輪の俳優が自身により同僚らとスタッフが待つようにしてはいけないということだ。

韓国のドラマ製作環境は言葉どおり劣悪だ。 数多くのスタッフらと俳優が苦痛の中で夜を明かさなければならない作品が仕上げされる。 改善は必ず必要でそこにともなう議論もやはり必要だ。

だが、このようなハン・イェスルの方式ではどんなものも解決できない。 ハン・イェスルの一方的な放送パンクは彼女が持った正当な不満まで非合理的に見られるようにさせている。

たとえ支持度は低かったが7-8%の視聴率を守った視聴者たちに対する信義はどのように克服するだろうか。 スターになるのは非常に大変だが、スターのイメージが墜落するのはわずかの間だ。

その上15日ハン・イェスルが米国に出国したという便りが伝えられた。 事実ならば'スパイミョンウォル'の運命は手を使うことはできない破局に突き進んだ。 大衆とハン・イェスルの信頼度は米国と韓国のとても遠い距離ぐらい広がっている。

[TVデイリー 2011-08-15 18:06] 元記事はこちらから

※"スターになるのは非常に大変だが、スターのイメージが墜落するのはわずかの間"、、、ホントですね、この状況で彼女が必要以上に非難され追いつめられるようなことは避けたい。。。

KBS2スパイミョンウォルSP始まります~。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。