★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 ‘根深い木’はどんなドラマ??“ハングル創世秘密暴いたファクション史劇”
2011年08月12日 (金) | 編集 |
‘武士ペクドンス’ ‘ボスを守れ’ ‘女性の香り’でドラマ市場の新しい大勢を導いているSBSがすでに後続作準備で忙しい歩みを見せている。SBSは‘ボスを守れ’後続でファクション史劇‘根深い木’をお目見えする。

‘根深い木’は訓民正音頒布前7日間集賢殿で広がるミステリーを扱ったイジョンミョン小説家の同名原作をドラマに移した作品.‘風の花園’で里程名小説家と縁を結んだチャン・テユPDが演出を引き受けたし、‘善徳女王’のキム・ヨンヒョン、パク・サンヨン作家が脚本を引き受けた。

9日午後6時ソウル、世宗路、景福宮内に位置した修正前で開かれた記者懇談会で製作会社サイダスHQのチャン・ジンウク製作本部長は“原作小説に興味を感じてキム・ヨンヒョン、パク・サンヨン作家に提案をしたし、おりしも二人の作家がスリラーに関心があって3年前から準備をした”として“予想外にハン・ソッキュが快くキャスティング提案を受諾したし、 引き続きチャン・ヒョクとシン・セギョンがキャスティングされて製作進行がはやく進行されることができた”と説明した。

ドラマで再誕生する‘根深い木’は原作と違い世宗の幼い時期から話を繰り広げる予定. ハン・ソッキュが40代以後の世宗大王を演技して、若い時期の世宗はソン・チュンギが引き受けた。 また、シン・セギョンは幼い時衝撃で失語症にかかった小異役を担ったし、チャン・ヒョクはお父さんの死に対する複数で世宗暗殺を計画する奴婢出身謙辞福官員カン・チェユンを演技する。

この日記者懇談会でハン・ソッキュは“年を取るほど偉人を演技してみたかった”として“慈しみ深い世宗大王のイメージを脱離した延山郡の心を持った世宗をお見せするだろう”と所感と期待を明らかにした。

また、チャン・ヒョクは“俳優がドラマのためにできるのは演技で視聴者と共感を形成すること”としながら“多くの人々が共感しておもしろく見ることができるドラマのために最善を尽くす”と覚悟を伝えたし、シン・セギョンは“子役時期よりキャラクターに対する責任感がより大きかった”と付け加えた。

韓国ドラマ最初に景福宮でロケーションを進行する‘根強い木’は現在まで50回のため程度の撮影を終えた状況. ハングル創製を素材にした興味深いファクションと共に既存イメージとは全く違う世宗大王(セジョンデワン)キャラクターに会うことができる‘根強い木’は来月28日初放送予定だ。

[経済トゥデイ 2011-08-09 21:54] 元記事はこちらから

20110812-7.jpg

※気になってたのにぜんぜんチェックできてませんでした(+_+)
‘根深い木’は景福宮で初めてロケするドラマになるんですね~、‘宮’の時は認められなかったのにいいなあ~(過去記事はこちら)。


20110812-8.jpg

今後のネタはあっちのヨリムカテに集めることにいたします~。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。