★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 [カンミョンソクの100パーセント] INFINITE、この頃のアイドルのようでなくて
2011年08月11日 (木) | 編集 |
“慶祝INTFINITE正規アルバム主幹販売1位”この前Mnet <ワイド芸能ニュース>の‘INFINITEゴマ粒プレーヤー’ではあるレコード売り場でINFINITEが主幹1位を占めたのを祝う字幕を歩いた。もちろん、その後には“直接見ても信じられない”、“自信急上昇”のような説明が後に従ったが。この日INFINITEは認知度をアップしようと通り公演をした。 彼らはペンドムの支持が重要なレコード チャートで1位ができるが、ペンドム外側では分からない人がさらに多い。

当然のことだ。 INFINITEは‘3代企画会社’に分類されるSMエンターテインメント、YGエンターテインメント、JYPエンターテインメント所属でない。 今最も大衆と近いガールグループでもない。 芸能活動で人気を得たメンバーもない。 多くの男アイドル グループはあらゆる`**石’式の名前でグループのコンセプトを説明したし、メンバー一人一人のキャラクターを強調した。 明確なコンセプトで明確な性別、年齢、階層を狙う時ペンドムができる可能性が高くて、ペンドムはアイドルのレコード、公演、関連商品を消費する。 時には大衆には‘縮む’コンセプトであることもあっても、それが好みに合う人は熱狂ファンになる。 だが、INFINITEは‘群舞道を’だ。 群舞を一寸の誤差もなしで踊る。 彼らは芸能番組出演より練習室で正確な群舞をする動画がさらに話題だ。

1990年代を走って2011年で来たアイドル

20110810-7.jpg 
INFINITEはH.O.T.と神話が1990年代中後半にお目見えしたような舞台を再現する。

群舞をよく踊るコンセプトというのは今時の時代にあってもなくても良いことでもある。 しかしINFINITEに群舞は少し違った意味を持つ。 ‘タシトラワ’-‘BTD’-‘俺のものになれ’等彼らのアルバム タイトル曲群舞は1990年代男アイドル群舞の再現だ。 メンバーは一糸不乱に大型を合わせて同じ動作を正確に消化する。 メンバーは自分のパートをする時ごとに中央で歩いて出て歌って、その時ごとにメンバーは左右で分かれて群舞を消化する。 途方もない練習にだけ可能な複雑で完成度高い群舞、メンバー一人一人を最大限すばらしく見えるようにする構成. INFINITEはH.O.T.と神話が1990年代中後半にお目見えしたような舞台を再現した。 音楽やはりその時期男アイドル グループの構成に従う。 三曲は全部‘タシトラワ’、‘Before the dawn’、‘俺のものになれ’のような短くて力強いテチャンをリフレーンで前に出す。 三曲全部中間には必ずラップが入って、後半にはダンス ブレイクダンスの腕前を誇示する。 この頃アイドル グループ中この程度で徹底してアイドル グループ特有の曲構成を守る場合は珍しい。

2011年に1990年代アイドルの再現はやぼったいこともある。 だが、ユ・ヒヨルは‘タシトラワ’を“2010年最高のアイドル音楽”と話した。 ‘タシトラワ’という韓国の男アイドル グループ特有の構成委に1980年代に出てくるそうなディスコ/ファンキーリズムを満たす。 ディスコ/ファンキーリズムの速度感がそのまま‘タシトラワ’として男アイドル特有の力強い離して窓につながりながらこの曲は‘クラシック’一人の男アイドル曲であり独特のアイドル歌となる。 アイドル テチャン特有の荒っぽさと情熱は維持するものの、ディスコ/ファンキーリズムがそれをやぼったくなく整えてくれる。

1980年代ディスコ/ファンキーと1990年代男アイドル グループ音楽の結合はINFINITEが得ることができるペンドムを明確にする。 1990年代アイドル グループのファンたちだった人々はインフィニットの群舞(軍務)の魅力を分かる。 また、ディスコ/ファンキーサウンドは彼らが幼い時期ポップ音楽プログラムを通じて聞いた音楽だ。 ‘また戻って’という1990年代アイドルの影響圏内にあるファンにも、1980年代から音楽を聞いたリスナーらにも、または、二つともにも全部目を引くに値する。 メンバーらのキャラクターやグループのコンセプトと別個で歌と舞台は‘その時期’に対する感覚を持った人にアピールすることができる。

今INFINITEが見せる小さい可能性

‘俺のものになれ’はINFINITEだけが持った群舞や音楽に対する特性をより明確に前に出す。

‘俺のものになれ’はINFINITEのこういう性格をより明確に前に出す。 ディスコ/ファンキーリズムは‘タシトラワ’より全面的に浮び上がったし、サウンドの構成やリフレーンの唱法は最初からアハ(A-ha)やチョ(Joy)のような1980年代ポップグループを連想させる。 曲のダンス ブレーキにはあたかもH.O.T. 時期の曲らのように強いエレクトリックその他が添加されて、後半には男アイドル グループ特有の力強い雰囲気が浮び上がる。 こういう組合でも曲全体の雰囲気は1980年代ポップで一貫性を維持するという点こそ二曲の魅力だ。 振りつけも男アイドル グループの伝統に新しい要素を加える。 ‘タシトラワ’でINFINITEの群舞はからだをさっと展開して、開始と停止動作を正確に合わせた。 反面‘俺のものになれ’のリフレーンは踊りを止めるようずっと継続する動作中心だ。 動作を断絶させないでずっと継続して観客に緊張と弛緩を与えるのはこの頃スタイルだ。 INFINITEは曲と舞台の一貫した方向でゆっくり‘チーム’としてのアイデンティティを規定したし、アイデンティティが明確になるほど人気を得た。 彼らの舞台を見る誰かは、特に1990年代に熱心にアイドルが好きだった人ならばインフィニットに関心を持つだろう。 群舞を正確に合わせようとするなら途方もない努力が必要だ。 その努力が見える程熱心にして、その結果がグループのコンセプトになるアイドルというのは、今時の世の中であるほどかえって魅力的だ。

INFINITEの現在が企画会社の戦略で作られたと考えることは難しい。 そのような先見の明があるならメンバーらのキャラクターやグループのアイデンティティもさらに効果的に知らせただろう。 INFINITEが途方もない人気人ものでもない。 正規アルバム初版2万枚をまい進させた男アイドル グループというのは今や本格的な競争に合流したという意味だ。 しかしINFINITEは3代企画会社所属でもなくて、ガールグループでもなくて、芸能で成功することもなかった。 所属会社は一貫した方向の曲と舞台をグループに付与したし、INFINITEは彼らの舞台をアイドル ペンドム内部で認知できる程の水準で完成した。 今INFINITEが見せるのは小さい可能性だ。 良いコンテンツと一貫した試み. それだけでも何かをすることができるという可能性話だ。

[10asia 10 VOICE > 10 VOICE 2011-08-09]  元記事はこちらから

20110810-6.jpg 20110810-8.jpg

※H.O.Tは通ってないけど神話の再現ってなんかわかる。
信頼の10asiaさまも注目のインピニ、やはりわたしの目に狂いはなかったっす!(えらそう・爆)


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。