★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 チョ・ソンハ、キム・ミニ-イ・ソンギュン‘火車’キャスティング“名品助演→主演活躍”
2011年08月09日 (火) | 編集 |
俳優チョ・ソンハが映画‘火車’を通じてキム・ミニ、イ・ソンギュンと共にスクリーン呼吸を合わせる。

日本‘推理小説の女王’宮部みゆきの同名原作小説を映画化する‘火車’(仮題)は結婚を控えて突然消えたフィアンセ(キム・ミニ扮)を探しに出たムンホ(イ・ソンギュン扮)が疑問に包まれたフィアンセの正体を知っていきながら衝撃と恐怖に陥ることになる話を描く。

チョソンハはイ・ソンギュンが分限ムンホの従兄弟であり前職刑事のチョングン役を担ってフィアンセ追跡を助けるキャラクターを消化する。 映画‘黄海’、‘味噌’等を通して‘名品助演’で愛されてきた作る‘火車’を通じて主演活躍を広げる展望だ。

チョ・ソンハ所属会社関係者は“KBS2TV芸能プログラム‘ハッピーサンデー-1泊2日’名品助演特集放送以後チョ・ソンハに対する関心が上昇した”として“声良いことで噂になったイ・ソンギュンとチョ・ソンハが会った‘火車’にも期待が集まっている”と説明した。

一方映画‘バレエ教習所’のピョン・ヨンジュ監督がメガホンを取る‘火車’は7月中クランクインして来年初め封切り予定だ。

[ソウル新聞 2011-06-21 12:27] 元記事はこちらから

20110809-4.jpg

※おおやはり宮部みゆき原作、でもってソンスの王様も出てる~。
なんて原作読んでないんですが予習していけば現地鑑賞も楽勝だ!ってネタバレじゃん(爆)



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。