★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 カンドンホ、親しいユノ・ユンホ"習う漸移本当に多くの友人"[インタビュー②]
2011年08月09日 (火) | 編集 |
ブラウン管ではMBC ‘きらきらひかる’を通じて初めての申告式を払った新人だがミュージカル系ではかなり有名な人気スターカンドンホ(27)だ。

去る2005年ミュージカル'秘密の定員'でデビュー、以後ミュージカル'グリース','スリルミー','ビューティフルゲーム','ドラキュラ'等10編余りの作品で主人公で活躍してスター性と演技力を検証受けたカンドンホだが初めからミュージカル俳優の夢だったことではなかった。

“今まで流れて流れてここまでくることになったようです。 私はいつもしたいのが多くの人でした。 歌手の夢も持っていたし大学でミュージカル勉強をしながら演技を知ることになってさらに深く掘ってみたいという決心することになりましたよ。 何かを一つ決めておいたものでなくいつでもどこでも表現する人になりたかったです”

大学でミュージカルを専攻したカンドンホをその魅力により一層陥るようにさせたこれはまさに俳優チョ・スンウであった。 当時チョ・スンウが出演したミュージカル‘ジキルとハイド’を観覧したカンドンホは‘これがすぐにミュージカルだな”という感動を受けた。

“’ジキルとハイド’はミュージカルが何かもよく分からない状態でみた作品でした。 ウワー、本当にすごかったです。 舞台の上チョ・スンウを見て‘あれがミュージカルだな’という考えましたよ。 目では映画を見るような演技と目を閉じればコンサートにきたような歌. 本当に素晴らしかったです”

東方神起、ユノ・ユンホ、ランとトリプル キャスティングになったミュージカル‘宮’はカンドンホに意味が大きい作品だ。 ユノ・ユンホ出演に取材をきた多くの日本言論はそれだけではなくカンドンホにも注目した。 これを通じてカンドンホは日本ファンたちに名前を知らせることになったし、日本有名マガジン'ペンドムアジア'が選定した'2011年期待される次世代韓流スター'に選ばれることもした。

“'宮'というミュージカルをしながらユノ・ユンホを見に来た多くの方々が私を一緒に好んでくれてファンたちができることになりましたよ。 私をさらに望むファンたちができるならば日本に飛んで行かなければならないですね”(笑い)

カンドンホは‘宮’を通じてユノ・ユンホと懇意な同年齢友人間に新たに出た。 ユノ・ユンホはどんな友人かと尋ねる記者の質問にカンドンホは待っていたというばかりに称賛をならべる。

“事実ミュージカルや演劇でダブル キャスティングになれば俳優らどうし神経を行わないことが容易でありません。 それで立ち上がってお互いを助けることは見るのが難しいことでしょう。 ところでユノ・ユンホは違いました。 お互いの長所が150%発揮されるようにいつも助けましたよ。 こういう温かい友人は初めて見ました”

“‘宮’に出演しながらユノ・ユンホという友人に本当に習ったのが多いです。 大きい人という気がします。 ある時はあどけなくて純粋だが仕事をする時周囲の人々に対して眺める姿は本当に成熟します。 そのようなユノ・ユンホの姿に感動もたくさん受けて偉い部分も多かったです”

[TVデイリー 2011-08-08 15:26] 元記事はこちらから

※公演中悩んだときに支えになってくれたRUNくんへの言葉はなしかい?(爆)ドンホくんが去年の宮のことを良い経験、想い出として記憶してくれていると嬉しいです^^

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。