★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 大韓民国皇室ロマンス、ミュージカル[宮]
2011年08月07日 (日) | 編集 |
より一層硬くなった構成と派手な見どころ

日本公演を盛況裡に終えたミュージカル[宮]が来る9月16日から国立中央博物館、劇場 龍で公演される。

‘宮’はパク・ソヒ作家の漫画を原作にした作品で2006年ユン・ウネ、チュ・ジフン主演のドラマで製作されて人気の下に放映されたことがある。

'2011年大韓民国は立憲君主国だ'という設定でこの作品は皇太子イシンと平凡な女子高生のチェギョンが政略結婚をしながら体験するあれやこれやある愛の物語を描いた。

去る6月日本、京都のミナ未坐劇場で開かれた日本公演が成功裏に終えてドラマとK-POPに続き公演界まで韓流風を起こした。

初演に比べて構成がより一層硬くなりストーリーはなめらかに修正を加えた。 新しく追加されたナンバーと派手になった衣装と舞台セットは観客らの目と耳を一層さらに楽しくさせる予定だ。

チュ・ジフンとユノ・ユンホに続き2011年皇太子‘イシン’役には日本公演でも参加したグループ‘SS501’のメンバーキム・キュジョンが演技する。 日本公演でミュージカル初めてのデビュー舞台を払った彼の一層さらに発展した姿を期待してみる。 この他にもクァク・ソンヨン、チョン・ドンファなどの俳優が出演する。

一方、ミュージカル[宮]はドラマ‘幻想のカップル’、‘花より男子’、‘タムナは島だ’等トゥレンディな人気ドラマを作ったグループエイトが製作した。

[公演情報]

公演名:ミュージカル[宮],2011
原作:パク・ソヒ‘宮’
総芸術監督:ソン・ビョンジュン
演出/振りつけ:オ・ジェイク
公演期間:2011年9月16日~ 10月22日
公演会場所:国立中央博物館、劇場 龍
出演陣:キム・キュジョン、クァク・ソニョン、チョン・ドンファ、チャン・ウス、チェ・イェスル
観覧料:VIP席8万ウォン、R席6万ウォン、S席4万ウォン


[ニュースカルチャー 2011-07-29 16:44] 元記事はこちらから

20110807-30.jpg

※今週あたりチケットオープン?まだインターパークには登録ないけど。去年と比べてみたら2万ウォン安くなってた!(過去記事はこちら)今度こそイェスルちゃんのチェギョンを観たいです^^

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。