★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 '飲酒運転'キム・ジョンフン、自粛後復帰すれば終わり?'安易な考え方が問題'
2011年08月03日 (水) | 編集 |
グループUN出身演技者キム・ジョンフンが去る1日飲酒運転疑惑で立件された。 キム・ジョンフンは先月30日午前10時40分頃江南区、ノンヒョンドンのあるヘジャングク家で酒を飲んで出てきて自身がリースしたベンツ乗用車を200mほど推し進めた疑惑を受けている。

食堂でキム・ジョンフンが泥酔状態で歩いていって自動車運転席に座るのを見守ったある市民は112に申告したし、調査結果当時キム・ジョンフンの血中アルコール濃度は免許取り消しに該当する0.129%と明らかになった。

一日が遠いといってニュース メインを飾っているスターらの飲酒運転. 芸能界で頻繁に発生する事故であるだけにこれを対処する方法もまた、いつも似ている。 大衆に謝罪の話を伝えられ自粛の時間を過ごした後関心が静かになる頃すぐ放送復帰を決める。

キム・ジョンフンも違わなかった。 キム・ジョンフンの所属会社側は飲酒運転事実が言論を通じて知らされるとすぐに“スケジュールを終えて友人らと軽く酒を飲んだ後なにげなくハンドルを握ったようだ”と伝えてキム・ジョンフンは自身の誤りに深く後悔して反省していて現在の家で自粛中であることを強調した。

芸能人という職業は放送にあらわれる姿はもちろん私生活をはじめとする一挙手一投足が大衆の関心が対象になる特性を持っている。

誰より行動一つ一つに慎重でなければならなくて同じ誤りにもより大きい責任が従わなければならない職業にもかかわらずスターらの絶えない飲酒運転はこれをただ軽い失敗、少しの間のハプニングと感じているという気がするようにさせる。

飲酒運転物議をかもした芸能人に対する放送会社らの強硬でない態度もこのような事故が絶えないのに一役している。 過ちを犯したこれらに強力な処罰と厳格な態度で接するのではなく‘いったい撮影が不可だ’ ‘すでに出演した部分を編集できない状況’といういいわけをして出演芸能人庇護に汲々とした姿を見せるためだ。

飲酒運転疑惑を受けた後何もないように堂々と放送活動をして、いつそうしたように即座にブラウン管に姿を表わす飲酒運転芸能人らの電力に問題の深刻性を感じることができなくて簡単にハンドルを握るようにさせる。 また、疑惑があらわれても時間だけ間に合わせてすぐ復帰すれば良いという安易な考えをそそのかすことになることだ。

多くのファンたちに影響を及ぼす芸能人という職業であるだけにどんなことにも模範にならなければならないという責任感と他人の生命を奪い取ることができる飲酒運転の深刻性を認識したとすれば酒を飲んだ後運転席に座るという考えは当初しなかっただろう。

また他の芸能人が同じ誤りを繰り返さないようにするためにはしばらく少しの間の詐欺のための自粛の時間とやめるだけな反省にもう少し冷静になり強力な処罰で対する必要がある。

[TVデイリー 2011-08-02 12:24] 元記事はこちらから

※これまた手厳しい記事だ(>_<) でもいちいちごもっともです・・・。

ジョンフンまだ日本にいるのかな、大丈夫かな。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。