★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 キム・ドンウク"美男の代わりにナイトばたや、期待しなさい"(インタビュー)
2011年07月31日 (日) | 編集 |
俳優キム・ドンウク. MBC 'コーヒープリンス1号店'に出てきた彼の顔色がやや白く綺麗な顔を記憶する。 コーヒー店の美男浮気者チン・ハリム役を担った魅力をちらちらと漂って見る人々を一気にひきつけた。

その後2年、キム・ドンウクは忠武路と汝矣島で最も忙しい俳優になった。 'コプ'以後出演作だけでもシチュエーションコメディ'止められない結婚',映画'甘い嘘','同居、トンナク','カフェ ソウル','五感度',ドラマ'パートナー'まで何と6編、最近ではミュージカルまで進出した。 探す人が多かったし、何より欲しいすべての作品に飛びかかった26才俳優の欲が深い役割をした。

そしてキム・ドンウクの他の新しい映画'国家代表'(監督キム・ヨンファ・製作KMカルチャー)が封切りを控えた。 韓国スキージャンプ国家代表選手たちの実話を入れたこの作品で彼が引き受けた役はひたすら軍隊に行かないという一念でチームに合流したナイトクラブ ウェイターホンチョル. きれいな美男を脱いだキム・ドンウクは"期待しなさい"として愉快に笑った。

-この頃一番忙しい俳優だよ。

▲本意と違ってそうなった。 他の見方をすれば幸運だ。 良い作品を一度に会ったがのがさないですべてすることになった。 本来欲が多くて飛びかかるスタイルだ。 したいことはしてこそ気がすむ。 作品選ぶのが利己的だ。(笑い)

-'国家代表'円どのように出演したか。

▲シナリオ3分の1を読んだ時感じがきた。 漠然とすることはところが、必ずするべきだとの。 その時は何の役なのかも分からなかったがどんな役割でも無条件したかった。

私が引き受けたホンチョルは誰も分かってくれないやぼったいばたやだ。 次第マッチョ的に、格好良く暮らしてみようというが他の人々が見る時はバカだ。 選手になっても人は変わらない。 私どもの映画の中の人々がみなそうだ。 個人的に成長するが他の人になることではない。

-訓練強度がいたずらではなかったというのに。

▲真夏3ヶ月間実際国家代表選手たちと同じ強度で訓練を受けた。 ご飯食べて訓練だけすることだ。 体力訓練があまり荷が重かったか。 訓練が終わればあまり荷が重くて転げまわった。 短期間内にしなければならないから病気になると休むことはできないということだ。

-そのような苦労すると一緒に出演したチームとさらに厚くなっただろう。

▲親しいになってしまった。 一緒に住むようにしながら家族よりさらに多く見てこいといっていたから。 劇中では関係がちょっと違う。 一緒に運動して友人になるが一度も'ハグ'がない。 それがかえってリアルだ。

-高く聳え立ったスキージャンプ台がくらっとしてはいないか。

▲平昌(ピョンチャン)にあるスキージャンプ台はタワーをたてて作ったことと下が絶壁だ。 それは何…登ってみれば本当に涙が出る。 告訴恐怖症がある。 初めには足を踏み入れるのが大変でギアで降りて行った。

そのままあきらめをした。 高所恐怖症は克服秘法がない。 そのまま生かしてくれと大声を張り上げること? 私が一番激しくて冷やかしも本当に多く当てられた。 恐ろしくてスキー場リフトも乗れないのに…. 遊園地で一番恐ろしいのが大観覧車だ。 デートは何か、それ乗れば女が私を保護しなければならない。 考えただけでも心臓震える。

ひとまずそのような私が映画をみなとったとのことが満たされる。 私が私を克服したという満たされる。 映画も自信がある。 どんな期待をしてこられようが没頭してみられることになることだ。

-'コプ'のそっと美男がイメージがまだ強い。

▲'コプ'以後で明るくて軽快な役割がちょうど入ってくる。 人々が度が過ぎたイメージに閉じ込められるのではないかというのに私はかえって良い。 大衆的に知らされたのがそうするからそうであって'カフス'前にはかえって小心で暗い役割が大部分だった。 悪役でなければすさまじくて強い役割. 明るくなった今の姿がさらに気に入る。

-容貌も間で、そのようなイメージに閉じ込められるか恐れはないか?

▲以前には不満があった。 とても幼く見えるから年をとって見えたくて、わけもなく無視される感じがして。 今は反対だ。 かえって'君もうちょっと持ち上げて見せる'それで'まだ違う!'と否定したい。 イメージも心配しない。 まだ若くて私がすることがいかに多いんだけど。 それがすでに心配することなのか。

-実際キム・ドンウクは? 'コプ'イメージとは大いに違うのではないか。

▲そうした点もある。 拘束受けるのが嫌いだ。 しばられるのを嫌いで、他意に言いなりになるのも嫌いだ。 誰がしろといえば絶対しない。 私が今までしたのは一つでもしたい理由があったためだ。 演技するにもそれだけは変わらないようだ。 演技だけは強要されたくない。

-ガールフレンドが多いスタイルではないようだ。

▲そうだ。強情で、話もかなり聞かない。友人らも大部分男だ。大学校入ってくる前には女たちと挨拶もよくしなかった。おかげで男たちだけあった'国家代表'もさらにウ・ウ・しながらとった。だが年を取ったか。今はちょっと孤独だったりそうだ。(笑い)理想はある。明るくて笑う姿美しい女. 以前から結婚をはやくしたかった。 結婚は家族を作る仕事であって、それは拘束でない。

-'パートナー'に出演しながら'コプ'イ・ユンジョンPDの新作'トリプル'と競争をしている。

▲'コプ'は一生記憶に残る作品なのに、本意と違ってこのようになった。 撮影入る前にはイ・ユンジョン監督様に'エキストラでも書いて下さい、道行く人3でもしますね'そうした。 率直には? 'パートナー'がさらにうまくいったら良いだろう。(笑い)

[マネーツディ スターニュース 2009-07-15 12:21] 元記事はこちらから

20110730-19.jpg 20110730-20.jpg 20110730-21.jpg

※2年前の記事ですが。この後「国家代表」公開されたんですね~、むちゃむちゃ気に入って渡韓中に韓国版、監督版、日本語字幕版と3回、DVDでも数えられないくらい観たなあ(爆)。そして'コプ'をいやでも思い出させる8月のあの日がまた近づいて来る。一生記憶に残る作品かあ、今でもきっとみんな同じ気持ち。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。