★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 リュ・ドクファン、あたかも麻薬に惹かれたようで
2011年07月30日 (土) | 編集 |
SFファンタジースリラー、痴情‘出る’メロドラマ

女子高生スジョンにはリンクという特別な能力がある。 他人の考えを読んで意識の中に入ることができること。 リンクを一度経験したこれらは恍惚の境地から抜け出て出ることができない。

リュ・ドクファンが演技したジェヒョンはたやすくは笑うことがない。

事実笑うことが全くないというのがもう少し正確な表現だ。 心から惜しんだ弟が死んだ後ジェヒョンに希望や人生に対する意志とは米粒くらいも残っていなかった。 そのようなジェヒョンが偶然スジョンに会ってリンクを経験した後変わる。 残念なことにそれほど肯定的な変化ではない。

狂ったようにリンクに執着することになったのだ。 あたかも麻薬に中毒して気が抜けた人のように。 リュ・ドクファンは“心配多かった。 ウッディハン監督が天才でなければ‘大馬鹿’起こりそうだった”と打ち明ける。 “素材自体が難しくはないか。 低予算映画でSFだなんて? 心配したことよりは映画がよく出てきたが、 <リンク>は通常の作品のようにドラマの流れに従っていく方式で接近すれば難しいことだ。”

演技で直接リンクを経験して見た人が知らせるチップは次のようだ。

“リンクは一種の‘オーダーメード型麻薬’だ。 当たる人が最も必要とする感情を経験するようにする。 初めから共感はならないことだ。 日常的な話でもなくて、この世どこにもありえないエネルギーだから。 そのまま‘感じ’で接近すれば良い。”リュ・ドクファンは最近しばらく切ったタバコをまたたしなみ始めた。 “爆弾酒50杯を飲んで気が抜けてしまう気持ちを想像”してもジェヒョンの状態は感じをつかむのが容易でなかった。

だが、リュ・ドクファンは頭がさく烈することのように悩んでできる演技が楽しい。 自らを“苦痛を楽しむ変態”と認める理由だ。 “まだ個人的な満足が最優先だ。 興行に対する感も最初からないと見る。 私は <ヨコヅナマドンナ>(2006)が800万人ぐらい入ることができたから? だから所属会社といつも戦うだろう。”(笑い)リュ・ドクファンには申し訳ないが、見る人はその苦痛を楽しく眺める支度だけやれば出来る。 リュ・ドクファンは演技というリンクを通じて引き続き成長する姿を見せてくれることに約束したから。

[MOVIE WEEK 2011-07-29 09:57] 元記事はこちらから

20110730-14.jpg

※タイトルにちょっとドキっとしましたが。
ドクファンくん、恍惚の境地をイメージするのにジフニからアドバイスもらったりしたのかな。変な意味でなく、それくらい二人は過去のことも遠慮なく語れる間柄であって欲しいとか思う^^


役作りもいいけどタンベはダメだよドクファンくん、だから○が伸びない・・・(爆)

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。