★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 ソンジュン、"私のロール モデルはカン・ドンウォン"[インタビュー]
2011年07月29日 (金) | 編集 |
すらりとした背丈に優秀にぬれた顔が印象的な新鋭ソンジュン、私たちはもう彼を注目しなければならないようだ。

カン・ジファン、ユン・ウネなどと呼吸を合わせたドラマ‘私に嘘をついてみて’を通じて視聴者たちに深い印象を残したソンジュンはKBSドラマ‘ホワイトクリスマス’を通じて賢い頭脳の高校生チフンで強烈な印象を残すとすぐに‘私に嘘をついてみて’に主演に抜擢された。

その年齢が与えることができる純粋な感じと共に優秀を含んだ目を持ったソンジュンは人なつっこさがたくさんないとし慎ましく笑った。 魅力的な微笑だ。

ミニシリーズが初めてであるだけに記憶に残ることが多かったようだ。 ドラマを終えた所感を尋ねた。

“おもしろくて難しくて初めてだと見るとたくさん不足したりそうしたようだ。 また、あまりにも恥ずかしがり屋で末っ子なのに雰囲気を盛り上げたりそうできなかった。 末っ子であるだけにそんなことが少しなければならなかったが...クォン・ヘヒョ、カン・ジファン、ユン・ウネなど先輩たちに良い話もたくさん聞いてそうした。 非常に有り難いことだった。”

ソンジュンを話しながら前作'ホワイトクリスマス‘を省けないようだ。ペク・ソンヒョン、キム・ヨングァン、キム・ヒョンジュン、ホン・ジョンヒョンなど同じ年頃俳優が大挙出演真中も目についた。

“共に話をたくさん交わすことができたようだ。 最も親しいヨングァン兄さんも一緒にして撮影しに行って夜を明かしてそんなことが良い思い出で残っている。”

何が彼をこのように一気に主演席にのせたのだろうか。 ‘私に嘘をついてみて’にキャスティングされることができた秘訣が気になった。

“どんな面を良く見られたのか分からなかったが終映パーティ時キム・スリョン局長様(‘私に嘘をついてみて’演出)が引き出すことができるのが多いようだったとおっしゃられた。 本当に感謝した。 撮影する間にも称賛をたくさんして下さってそれで力がたくさん出た。”

事実ソンジュンはモデル出身だ。 ランウェーに立った彼を見てときめきを感じた人が一人や二人でなかった。 モデルの彼はパリ コレクションに行くことができる機会を後にしてドラマという新しい挑戦を選択した。

“17,18才の時モデル仕事を始めた。 服が好きでファッションに関心が多かった。 事実‘ホワイトクリスマス’に入る前にパリ コレクションを準備していた。 ところでドラマという新しい挑戦の機会を得ることになったし悩みをたくさんした。 そうするうちに果敢に新しい挑戦をすることに決めた。 人生には3度の大きい機会がくるというのにドラマに出演することに決心したのがその中に一つでないかと思う。”

演技を始めたかはいくらならなかったけれどモデルであり演技者としてその二種類をどのように感じているかと尋ねた。

“モデルは比較的永くしたし演技はまだ始めてまもなく演技の魅力に対して論じることは難しいがひとまずモデルの魅力ならば美の頂点にあるという点というか。 私は美の頂点にあるのがファッションだと考える。 それをどのように消化するかを考えることがものすごい魅力だ。 また、演技は今魅力を感じながら習うところだ。”

ソンジュンはモデルらしくすらりとするスタイルを自慢した。 おかげでどんな服を着てもひびが入って出る。 どのようにからだ管理をするのか気になる。

“事実私はとても痩せたようだ。 食べても肉がよく太らないようだったり。 特別な管理法というよりは常に適当量を食べようとする。”

このように会ってみると思ったより慎ましさが多いようだが意外に親しくなればその誰より相手を大切にすることができる人という考えになる。実際性格はちょっとどんな便かと尋ねるとすぐに片方口元を上げる 特有の微笑を浮かべた。

“孤独だということをたくさん乗るほうだ。 ところで今は孤独だということを楽しむようにまでなったようだ。 本来私の性格が今よりさらに憂鬱だったがこの仕事をして人々に会いながら少しは変わったようだ。 私の気持ちに閉じ込められて生きるということもあるのに他の見方をすればそれらが破らなければならない壁であるようだ。”

美術を勉強したソンジュンは時々作品を作ったりもする。 静かなところで自分だけの作品に没頭している彼の姿だと、非常によく似合うようだ。

“一人でいる時はコンピュータもしてその他練習もして絵も描く。 時々作品を作ったりもするのに後ほど見せることができる機会があるのか、ないか分からない。”

ロール モデルとしている俳優もモデル出身でトップ俳優隊列に立ったカン・ドンウォンだ。

“カン・ドンウォン先輩がする試みが本当にすばらしいようだ。 モデルで始めて俳優で席を占めた面などその全てのものが素敵な人だ。”

多くの女性ファンが心配している部分だ。 劇中彼はユン・ウネとチョ・ユニ二字余りを愛する。 劇中キャラクター上非常に女らしいチョ・ユニと溌刺としたユン・ウネはクックァグクのスタイルだ。

“私はちょっと違った人々と美の基準が違うようだ。 美しいという基準もちょっと違ったようだ。 顔をたくさん見ない。 賢明な女が良い。”

甘い中低音の声と深い目が見るほど魅力的なソンジュンはとんでもないながらも真剣な話をする時は自分だけの哲学がある残ろうだった。 まだ不足したのも多くて粗雑なのも多いがこのようにした階段ずつ行くならばある瞬間最も高いところに立っているかも知れないという気がする。 果たして彼の明日はどんな色であろうか。 彼の明日がさらに気がかりだ。

“私の中の枠組みから出てまた他の私を見せてあげたい。 前にしたいのも本当に多い。 見守ってくれ。 また他の私を。”

[OSEN 2011-07-24 10:09] 元記事はこちらから

20110728-10.jpg 20110728-11.jpg 20110728-12.jpg

※そか「ホワイトクリスマス」の彼が出てるんですね(遅!)DATV放送を楽しみにしよう^^

ちなみに役名はチェ・チフン、、、モデル出身ソンジュンくんむっちゃ親近感です(爆)。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。