★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 パダ-オ・マンソク、ミュージカル[美女は苦しくて]キャスティング
2011年07月28日 (木) | 編集 |
実力派俳優が一ヶ所に

来る10月日本公演を始め本格的なアジア ツアーに出たミュージカル[美女は苦しくて](演出イジナ)のキャスティングが公開された。

俳優キム・アジュンを韓流スターで位置づけるようにした‘カンハンビョル/ジェニー’役には初演から一緒にして第3回‘ザ・ミュージカルアウォーズ’の主演女優賞を受賞した‘パダ(チェ・ソンヒ)’と韓流を牛耳るグループ カラの‘パク・ギュリ’がダブルでキャスティングされた。 2人の俳優はぼってりした容貌のために代役歌手にだけ留まるほかはない‘カンハンビョル’と絶世の美女に新たに出た‘ジェニー’2種類キャラクターを演技する予定だ。

冷徹なカリスマを所有したが心は暖かいプロデューサー‘ハン・サンジュン’役には特有のカリスマでブラウン管を立派なあるイ・ジョンヒョク俳優とドラマ、映画、ミュージカルはじめとして演出まで多様な活動を広げているオ・マンソク俳優がキャスティングされた。 引き続き現在日本で相当な人気を享受して活発な活動をするグループ‘超新星’のメンバーソンジェが特別キャストで一緒にする。

美女変身のキーを握っている整形外科医師理工学役にはコルトゥの‘キム・テギュン’とミュージカル界のパワーボーカリスト‘ヤン・ジュンモ’が演技する。 スター性を容貌でだけ判断する容貌至上主義製作者チェ社長役には俳優‘ソン・ヨンギュ’と‘イム・ヒョンジュン’がキャスティングされて作品の重量感を加える予定だ。

この作品は2008年初演以後2009年第3回‘ザ・ミュージカルアウォーズ’で最優秀創作ミュージカル賞、主演女優賞、演出賞、舞台美術賞を受賞した。 3年ぶりに帰ってきた‘美女はつらくて’という台本修正をはじめとして編曲、改詞、新しい舞台デザインなどを経て原作の長所は生かすものの、不足した部分は果敢に修正した。

一方、ミュージカル‘美女はつらくて’という来る10月8日から11月6日まで日本、大阪公演を始め本格的なアジア ツアーに突入する。 韓国公演は来る11月26日からCJアートセンターで持つ。

▲ミュージカル[美女は苦しくて](演出二至や)にキャスティングされたキム・テギュン、ヤン・ジュンモ、ソン・ヨンギュ、イム・ヒョンジュン俳優(左側から) ©写真=ショーノート

[公演情報]

公演名:ミュージカル[美女はつらくて]
音楽監督:キム・ソンス
演出:イジナ
振りつけ:ソ・ビョング
マジックディレクター:イ・ウンギョル
出演:イ・ジョンヒョク、オ・マンソク、ソンジェ、パダ、パク・ギュリ、キム・テギュン、ヤン・ジュンモ、ソン・ヨンギュ、イム・ヒョンジュン、チョン・ドンソク、イホギョン、イ・ヨンウン他
公演日時:2011年10月8日~ 11月6日(日本), 2011年11月26日~ 2012年2月19日(韓国)
公演会場所:大阪松竹座劇場(日本),CJアートセンター(韓国)

[ニュースカルチャー 2011-07-27 17:17] 元記事はこちらから

20110727-1.jpg 20110727-2.jpg
左:オマンソク、パクギュリ、イジョンヒョク、パダ(チェソンヒ)、ソンジェ
右:キムテギュン、ヤンジュンモ、ソンヨンギュ、イムヒョンジュン

※日本のプロモーションとはちょっと印象違いますね、超新星のソンジェは日本向けか?(爆)わたしだったらパダ&マンソクさんで見たい!ってこれが第1キャストっぽいですね^^

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。