★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 時代は'イ・スンジェ'のような老人を要求する
2011年07月23日 (土) | 編集 |
シン・ドンニプの雑記ノート<247>関係に逹観したように寛容な老客は人格者だ。人の経験は死ぬ時まで消えないためだ。瞬間瞬間誘惑する過去の影響から抜け出して新たに出ようとするなら刻苦の努力をしなければならない。

スンジャの性悪説を信じて自身を治めた結実が老翁の包容力だ。 善良なことは持って生まれるのではなく人為的結果とか、修養に努めた境地でありうる。 年相応のふるまいをできなければ憎い毛が打ち込まれたりさんざん恥をかくはずだ。

俳優イ・スンジェ(76)の存在は高齢化社会の望ましい表示だ。

ドラマ‘ハイキック’シリーズで彼が演技したキャラクターは時代変化にともなう老人のロール モデル提示だ。謹厳な老人に尊敬を捧げろとの圧力を加えない。劇中イ・スナがそうしたように“ジジイ”と呼んでもかまわないような愉快な老人だ。

映画‘あなたを愛しています’でも同じだ。欲が多くて見境がない面もあるが、‘ハイキック’の延長線にある老人上を見せた。

暮らすほどの財政状態であるものの牛乳代理店を運営して夜明けに牛乳を自ら配達する活気に満ちる老人だ。 こういう活力のおかげでいつもその膜にもう一つの愛に会う幸福を求める。 だけではない. 傷後単独で生きながらも息子夫婦と仲が良い。 幼い孫娘とも疎通が可能なあまねく丈夫なヌルグシンネだ.

表面では目をむいてすごんだまま悪口をいうが、自身を囲んだ世の中と対話して和合することができる世界観を持った。 死んだ妻に向かった節操は守りながら孤独なおばあさんに用心深く一歩ずつ近付く。 晩年の孤独という問題を自ら耐えられて解決する成熟さを表わす。

新しい出発は愛に限定されない。友情も新しく始める。このような訂正するということが世の中を維持する。不治の病にかかった老婆キム・スミの夫ソン・ジェホの悲しい死をイ・スンジェは見守る。

二人であって家族になって子供が離れるとすぐにまた二人なった老夫婦に痴呆と癌という不可抗力死の気勢が垂れる。 悲運に対抗した彼らは子供に及ぼす肺を心配して人間の尊厳を失わなくなろうと心中を選ぶ。

イ・スンジェは友人が離れた後の幸せな世の中のために激しい感情を調節する。 老夫婦の自殺を煉炭ガス事故死で終える。 自分やはり寂滅が遠くないイ・スンジェが文隙間を防いだテープを取り壊す。 湖上という子供らの自衛をホイップ開けた目で、しかし理性を失わなかった怒りでメジョジハンダ. 友人の死の後に残した世の中をイ・スンジェはそのように守護やり遂げる。

人間は老化と死を避けることはできない。 皆が当面する問題を元気に決着させることが人生の当然の事だ。 もちろん、勿論悲しい曲折も多い。 鬼も手を上げる行く苦痛が伴うのが疾病だ。 その恐怖は論ずることさえ恐れ入る。

血縁から自由な韓国人はないだろう。 連続社とは舞台苛性であっても、その愛を間に置いて借金感を感じない両親と子供は珍しい。 心理学は相手に罪の意識、借金をしたという心がない人間関係を最も理想的に打つ。 物理的弱者の老人の元気な精神が世の中を支える柱であることもある理由だ。

イ・スンジェのように康寧ある老人上が必要だ。 友人が生死を任せる程信頼と信義の内面空白を積んだ真に素敵な老公だ。

[ニューシス 2011-07-23 08:11] 元記事はこちらから

20110723-1.jpg

※後半は映画のストーリーですよね、でもまるでイスンジェ先生そのもののような錯覚に陥る。いつかジフニも共演できるといいなあ。

しばし食事退席~。
今日はサツマイモケーキのデザートつき!一週間がんばったご褒美だ^^

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。