★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 リュ・ドクファン“背を伸ばして減らすことができる超能力欲しい”
2011年07月21日 (木) | 編集 |
リュ・ドクファンが今年三回目映画‘リンク’(配給キノ子供DMC,監督ウッディある)でまた劇場街を探す。

他の人の考えと感覚を共有して調整する特別な能力を囲んで繰り広げられる映画‘リンク’でリュ・ドクファンは特別な能力を持ったパク・スジョン(クァク・ジミン)に会って徐々に破滅する男イ・ジェヒョンを演技する。

21日午後4時30分ソウル、鍾路区ミロスペースで開かれたマスコミ試写会に参加したリュ・ドクファンは“すべての作品をする時ごとに出演比重は重要だと考えない”として“今回の映画の初めてシナリオは再現と修正、声優(キム・ヨンジェ)傾向(税)人物の時点で構成されていた。 編集過程で出演分量が削除されたりもしたが再現の感情を表現するには無理がないようで物足りなさはない”と所感を伝えた。

引き続きリュ・ドクファンは“劇中再現を破滅に追い詰める‘リンク’という特別な能力をどのように表現するのかが映画で一番重要だった。 ウッディ、ハン監督だけの独特の色で表わしたようだ”と満足感を表わした。

一方劇中‘リンク’のようにほしい超能力に対する質問にリュ・ドクファンは“背を伸ばして減らすことができる超能力を持ちたい。 ‘ゴムゴム実’を食べて私の心のままにキャラクターを変化させたい”と率直な考えを明らかにすることもした。

今年富川国際ファンタスティック映画祭を通じて観客らを初めて会った‘リンク’は来る28日封切り予定だ。

[経済トゥデイ 2011-07-21 20:15] 元記事はこちらから

20110721-1.jpg

※気持ちわかるわかる、特にスタンディングのライブとかーーー!(爆)
光化門のとこにあるミロスペースは新人監督映画祭みたいな企画で2年前「キッチン」観たとこ、ちょっと嬉しい^^


20110721-2.jpg 20110721-3.jpg 20110721-4.jpg 20110721-5.jpg

相変わらず操り人形っぽいけど(爆)なんかイイ感じ~^^

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。