★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 チャン・グンソク、今日からきみは私のペット
2011年07月16日 (土) | 編集 |
“さあ、雨ばら撒いて下さい”午後5時を越えても折れない暑さの中に城北洞1ヶ所だけで雨が降る。 去る7月6日、数多くのカメラが集まっている映画 <君はペット>の撮影現場をひっかき散らして入るとすぐにボックス中に縮めて座っているチャン・グンソクが見えた。 チャン・グンソクは <きみはペット>で表から見るのに完ぺきな生活を送るが人間関係は下手なジウン(キム・ハヌル)を主人にむかえる‘ペット’、隣好役を担った。 現実で簡単に見られないような話のように三人のスタッフに囲まれて水をぬぐい取ってその後にさらに多い記者たちに囲まれたチャン・グンソクは近付きにくいスターでだけ見えた。 知恩に期待は場面をわっと抱かれることで変えて真剣にキム・ハヌルと動作を合わせてみるチャン・グンソクは監督のOKサインを受けた後余裕あるように記者たちに挨拶をする。 ‘あんなペットは映画だけであるのだ’という考えが自然に出るチャン・グンソクは精巧にさせた台本のように動くようだった。

だが、インタビューのかたい形式を破ったのはチャン・グンソクだった。 乳は髪の毛を乾かして帰ってきた彼は一人の質問を受けても自身の考えを付け加えてじわじわ答えることになじんで見せた。 簡単に話すのではないが自身の考えを伝達するところにためらいがないように見えるこの俳優は引き受けた配役を説明して自然に‘人間チャン・グンソク’を話した。 天才舞踊家でミュージカル俳優になって新しい人生を楽しむ隣好を説明して“他の人々が予想しない突発的ないたずらをたくさん打つ漸移私と似ていた”と自身を表わすかと思えば、“子犬を育てる立場で時々本当に主人に愛されようとするならどのようにしなければならないだろうか夢中になって考える”と作品を準備する態度を見せる。 相手俳優を話す時は‘ロマンチック コメディ界の生きている伝説’と表現して笑いをかもし出して同時に映画のポイントを説明する姿では真剣な悩みを経た跡がにじみ出る。 インタビューずっといたずららしい話を付け加えながらも仕事に関して真剣なチャン・グンソクの姿は“ハヌル姉がとても可愛いことでだけでもしなくてとても男性らしくもない人がチャン・グンソクといった”という彼の話を思い出させた。

“この前にミュージックビデオとったが、見ますか?”インタビューが終わって気兼ねなくミュージックビデオ撮影場面を見せるチャン・グンソクからこれ以上決まった通り動くスターの感じは受けられなかった。 “皆酒の席が良くて酒飲むというでしょう。 私は酒が良くて酒の席にきます”と笑って話すチャン・グンソク. これほどになれば自由なチャン・グンソクが作る‘自然で本当に同じ’新しいペットを期待しても良くないだろうか。

[10asia 2011-07-13 11:46] 元記事はこちらから

20110715-12.jpg 20110715-13.jpg

※もう昨日ですが15日はソウルでの撮影見学&エキストラ参加のあった日でしたね(こちら)、一体何人くらい参加したんだろう、気になります~。

いかん、これからお風呂に~。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。