★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 “新しくデビューする新人日本グループ、とても韓国人と同じだった”
2011年07月12日 (火) | 編集 |
多数の韓流イベントを担当したサウンド エンジニア キム・ミヨン氏

10:多くの韓流スターらの公演にスタッフで参加したと聞いた。

キム・ミヨン:スーパージュニア、シャイとか、ウォンビンのようなスターらと韓国では認知度がそんなに高くないと聞いたが日本で人気があった大国男児、帝国の子供たちなどのイベント現場で音響スタッフ兼通訳で仕事をした。ドラマ<アイリス>のプロモーション イベントでは現地コーディネーターで仕事をした。すぐに数日前までミュージカル<宮> の京都公演に参加したし今受け持っているのはソン・シギョンの5大都市ツアーだ。

10:去る5年の間現地で韓流を感じたことなのに、<冬のソナタ>と'ヨン様'ペ・ヨンジュンで触発された韓流が東方神起を通じて拡大したし、今はK-POPが中心になった三回目韓流が始まったようだ。

キム・ミヨン:初めて留学生身分で日本にきた時は韓流ファンは大部分ドラマ ファンの中年女性たちだった。私が韓国からきたといえば皆<冬のソナタ>話をたくさんした。その後東方神起、ビッグバンが若い層に人気を得始めたし、韓国ドラマ ファンたちがドラマO.S.T音楽とショープログラムに接しながら他の歌手らもますます人気を得たようだ。 韓流はゆっくりずっと持続していたが<冬のソナタ>以後若い層をさっと引き込んだことは東方神起とビッグバンであるようだ。

10:最近ではカラや少女時代同じ物をグループの人気がすごいようだ。

キム・ミヨン:初めにはそのまま韓国大衆文化が好きな人々が上与えてみるからどうしてもボーイ グループが好きな女ファンたちが多かったが彼らの舞台を見て、資料を集める過程でかけるグループらの存在も知ることになったようだ。 その時期にカラーと少女時代が日本に進出したがカラや少女時代は彼女たちの独特のキャラクターと女アイドルに対する日本特有のオタク文化が結びついて大きいブームになったようだ。

10:アイドル グループを中心に多くの韓国歌手が日本に進出している。 現地で見る時最近人気があったこれらは誰か.

キム・ミヨン:スーパージュニアやシャイニー、CNBLUEなども人気がある。 2NE1度日本で別にプロモーションをしなかったけれどこの前'SBS創立20周年行事'時公演をしたが人気があったよ。 この頃韓流ファンは韓国音楽ショープログラムをたくさん見て私が留学する間韓国でデビューしたグループは私よりはるかによく分かるようだ。 大国男児や超新星、帝国の子供たちのようなグループは韓国からより日本で認知度がはるかに高いようだ。

10:K-POPのブームと一緒にした側ではチャン・グンソクの人気もすごいと聞いた。

キム・ミヨン:この頃は韓流代表スターを話す時チャン・グンソクをたくさん挙げる。以前にはペ・ヨンジュン、チャン・ドンゴン、ウォンビンの話をたくさんしたのにこの頃はチャン・グンソクが人気がある。<美男ですね>行って人気を得たのが大きかった。アイドル スターがたくさん出るから若い層がたくさん見たようだ。共に出てきたチョン・ヨンファとイ・ホンギが所属したCNBLUEとFTアイランドも共に人気があった。

10:チャン・グンソクの容貌やスタイルに反韓の人々も多いようだ。

キム・ミヨン:一応ドラマで見られたイメージが良かったしその後ファンミーティングのようなイベント席で見せてくれた笑う顔に反したようだ。 笑う顔が善良に見えるやわらかい印象を持った人が日本では人気がある。 韓国スターの場合、悪い男よりマナーあってよく笑って女に親切な式のイメージを好む。 チャン・グンソクはレコードも出したが、歌自体も日本で呼応があるスタイルであるようだ。 技巧を生かしたバラードでないラルク アン シエルのような日本バンド音楽の感じなので初めて聞いては日本音楽だと思った。

10:イベントやコンサートに集まった日本ファンたちを直接見るはずなのにある人たちなのか。

キム・ミヨン:確かに若い人々が多くなった。 以前にはアイドル グループのコンサートでも年取られたおばさんがたくさん見えたがこの頃は制服着た学生たちもとてもたくさんくる。 以前ビッグバン コンサート時は普通の日本女の子ら、学生たちしかいなかった。

10:ジャニーズの新人アイドルが先輩らぐらい日本若い女性たちの人気を得ることができないのも最近の韓流に影響を与えるようだ。

キム・ミヨン:その部分が一番大きいようだ。 カラや少女時代は女グループだが男ファンだけでなく女ファンもとても多くなっている。 放送活動も熱心にして日本語もたくさん増えるからその姿を見ながらファンがまた増えて。 最近の韓流は若い層に広がったのが最も大きい力であるようだ。

10:韓流を近くで直接見守っているのに今後の韓流に対してどんな気がするのか。

キム・ミヨン:ちょっと前にも韓流イベント関連ミーティングをしてきたが、今は韓国アイドルがとてもたくさんきて公演もとてもたくさんして市場競争が本当に大変だという話をたくさんする。 それでドラマO.S.Tを中心に歌唱力ある歌手らをたくさん発掘して育てようとする動きもある。 そしてこの頃は韓国でデビューして日本に進出することだけでなく日本国内ですぐにデビューする韓国グループができた。 新大久保に行けば日本女アイドル グループAKB48のように毎日公演する韓国ボーイ グループがあるという話を聞いた。 昨日NHKで仕事をしながら新人日本グループを見たが衣装やスタイル、顔顔付きがとても韓国人同じだった。 日本で伝統的に人気があったジャニーズアイドルと違ったイメージを持った、背が高くて笑う顔が美しい人々に対する選好が日本芸能界にも反映されているようだ。

[10asia 2011-07-11 09:01] 元記事はこちらから

20110711-9.jpg 20110711-10.jpg

※おお、宮にも参加してた方なんですね~。日本韓流は若年齢化で市場拡大してきたけどアジュンマだってがんばるもん(>_<)。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。