★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 きらきらひかる-演劇'屋根裏部屋の猫'カンドンホ
2011年06月17日 (金) | 編集 |
この頃この俳優浮かび上がった。週末TVドラマ'きらきらひかる'で10ヶ月なった息子を突然一手に引き受けることになった'シングル ダディー'司法試験生強大犯駅のカンドンホ(27)話だ。大犯は水害も名門大出身でもないが若いということ一つだけ信じてバラ色未来を目標に'一番土地にヘディング'という血沸く青春だ。 カンドンホは好感型マスクに187cm身長と丈夫なからだなど俳優としての完ぺきなビジュアルに加えて新人にふさわしくない自然な生活人演技を披露して、TV視聴者たちの視線をひきつけた新人TVスターで席付けるということした。

TVでは'初心者'新人俳優接待を受けるが、演劇とミュージカルに越えてくれば話は完全に変わる。カンドンホは去る2005年大作ミュージカル'秘密の定員'で派手にデビューした6年目ミュージカル俳優。 新人の登竜門に通じるミュージカル'グリース'には2006年、2007年、2009年など3度や出演したし、'若きウェルテルの悩み' 'ビューティフル ゲーム'など比較的規模が大きいライセンス ミュージカルでも相次いで主演席を横取りした。 昨年カンドンホは泉シェパード原作演劇'トゥルーウェスト'にチョジョンソク、ホン・ギョンインなどと共にキャスティングされて歌が'去勢'なった真剣な正劇演技にも素質があるということを立証した。

"舞台は私が演技を始めたし学び育った故郷とも同じであるところです。今私がすることができる全てのものの原動力でしょう。"大学路SMティンティノルで公演中である演劇'屋根裏部屋の猫'で1年ぶりに演劇舞台に復帰したカンドンホの話だ。 '屋根裏部屋の猫'は2003年放映されたキム・レウォン、故チョン・ダビン主演の同名のTVドラマを演劇に移した作品で、山町内屋根裏部屋に一緒に暮らすことになった88万ウォン世代の哀歓と愛を真剣さとコミカルさを行き来して解きほぐした。2010年映画俳優ファン・ボラ('良いではないか')と一そろいになって'屋根裏部屋の猫' シーズン1に出演したカンドンホはときめく気持ちでもう一度昌信洞山町内5階屋上部屋に戻った。

当時'屋根裏部屋の猫'を向かった観客らの反応は爆発的だった。原作の人気に'さっと'無賃乗車しようとする他のTVドラマ原作クロスオーバーらの無責任だということとずうずうしさを'屋根裏部屋の猫'はまねなかった。 二人の20代男・女が屋根裏部屋を一緒に使うという設定と主要いくつかエピソードらを抜いてはキャラクターと話展開などすべての要素らを新しく創造した。 舞台だけの長所のマルチマン(1人みな役)もただ笑いだけ列だけの通常の演劇とミュージカルとは違ってナレーティブ展開に積極的に介入して劇の完成度を高めた。

カンドンホとファン・ボラのパートナーシップも立派だった。だが、練習過程は険しかった。二人全部動物的な'リアクション'演技スタイルの俳優であったせいで、二つの演技が'別に遊ぶ'という評価が大部分だった。 初めての公演が始まる一時間前までも'屋根裏部屋の猫'の製作会社Agaカンパニー組行徳代表は深刻に'公演取り消し'を考慮するほどであった。しかし本来舞台に上がると二つの演技呼吸はてきぱき合った。公演を終わらせてカンドンホは二才多くの姉ファン・ボラと抱きしめてわあわあ泣いた。 カンドンホが死ぬ時まで忘れないと話す、二'出ること'材料が会って幻想的な組合の'メイン ティシュィ'で誕生する瞬間だった。

カンドンホは本来演技よりは歌側に才能があると感じた。ミュージカルを専攻する実用音楽と大学に進学したことは純粋に成績と水準以上の歌実力のおかげだったが、カンドンホは大学校1学年の時ただ歌だけ歌う歌手で歌が台詞とともに自然に話の一部になるミュージカル俳優を'天の命令(vocation)'で感じて方向を定めた。 歌も歌だが客席観客らの心を勝手気ままにする俳優になろうと気を引き締めたのもこの時のことだ。当然の話だが最近TVでのクロスオーバーを試み中であるカンドンホは舞台とスクリーン、TVを行き来して自分だけの'カピライッ'がつけられた先輩俳優らの一挙手一投足に集中する。 一緒に演技する俳優さえ没頭するようにさせるオム・ギジュン('若きウェルテルの悩み')の動物的で吸入力強い持って生まれた演技力がうらやましくて、休む新しいない練習を通じて完ぺきなメソッド演技を披露するオ・マンソク('ヘドゥウィク'トゥルーウェスト')のようになりたい。 カンドンホはすばやく四十才を渡してジョン・キャメロン・ミッチェル原作のミュージカル'ヘドゥウィクHedwig and the Angry Inch'の海千山千みな体験したトランスジェンダー主人公ヘドゥウィクをまともに演技したい考えも切実だ。

"'トゥルーウェスト'で私が演技するオースチンの急激な感情変化がまったく理解できなかったです。それなりに演技をしたりしたが、全部偽りのように感じられましたよ。ある日公演している間突然オースチンのすさまじい感じが私の頭の中にパノラマのように'さっと'入ってきたことです。 とても当惑して大使を打つのも忘れて自ずから涙をチュルク流しました。"が瞬間、カンドンホは自身が'本当に'演技者になったことを分かった。

[アジア経済 2011-06-17 08:11] 元記事はこちらから

20110617-1.jpg 20110617-2.jpg 20110617-3.jpg

※去年のシンくん役を演じたキムドンホくんご活躍の嬉しい話題^^

演劇だけどドラマファンとしていつか見てみたいなあ。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。