★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 オ・マンソク、'武士ペクドンス'キャスティング"思悼世子お出ましになります"
2011年06月03日 (金) | 編集 |
俳優オ・マンソクが‘武士ペクドンス’で悲運の思悼世子駅にキャスティングされた。

オ・マンソクがSBS月火ドラマ‘武士ペクドンス’(脚本クォン・スンギュ演出イヒョン職、キム・ホンソン)に合流して名品俳優らで豪華陣容を整えることになった。

彼は出演作品を選別している間‘無事白銅数’の作品性に魅了されて快く出演を決めたと。

オ・マンソクは“久しぶりにまた史劇で内示でない王(跡継ぎ)の姿で視聴者皆さんをお目にかかることができるようになって非常にうれしいと考える。 今回引き受けた思悼世子を通じて既存の思悼世子と違う姿を見せられるように最善を尽くす”と抱負を明らかにした。

オ・マンソクが引き受けた思悼世子は聡明で武芸もまた優れた人物で自身の勢力を育ててプクポルィヤマンを夢見るが敵対勢力の老論の壁を越えることができなくて結局朝鮮最高の散水の天才剣客余韻(ユ・スンホ扮)により悲運の死を迎える。

‘武士ペクドンス’製作会社ケイパクス関係者は“俳優オ・マンソクはドラマ、映画、公演舞台で幅が広い活動で多様な魅力を整えた立派な俳優で実際多才多能だった思悼世子と似た部分が多い。 思悼世子役は‘無事白銅数’の劇序盤を緊張感高く導かなければならない重要な人物で演技力が検証された俳優が必要な時点にキャスティングされた”と伝えた。

一方、‘武士ペクドンス’という来る7月4日初放送を目標に聞慶セゼ(韓国の民謡)、提川、坡州など全国を縫って撮影にまい進している。

[ファイナンシャルニュース 2011-06-03 10:38] 元記事はこちらから

20110603-1.jpg

※おお、マンソクさんタイトルロールなんてすごい! でも悲劇の運命が待っているのね~;;


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。