★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 二重的魅力お目見えしたイ・ミノ、'シティーハンター'で本格女心つかみ出る
2011年05月27日 (金) | 編集 |
初放送後二重的な魅力を誇ったイ・ミノが視聴者たちを熱狂させている。

25日初放送されたSBS新しい水木ドラマ'シティーハンター'で主人公イ・ユンソンを引き受けたイ・ミノは草木が水分を吸い上げた演技力をお目見えして視聴者たちの注目をひきつけるのに成功した。約1年ぶりのテレビ劇場に復帰したイ・ミンホは期待を裏切らない完ぺきな演技変身をお目見えして視聴者たちから爆発的な呼応を得ている状況.

イ・ミノは劇中ユンソン役に完ぺきに適応した姿で多様な魅力を発散して、草木が水分を吸い上げた演技力をお目見えした。 イ・ミノはあどけないながらも荒っぽい魅力を自然に引き出して10代のユンソンを飾りけなく表現やり遂げた。 危機に処したシクジュン(キム・サンホ)を救い出しながらユンソンは意地悪な表情と動作で茶目っ気いっぱいである姿をリリースするかと思えば、調理士出身式中がおいしい食事を作ってくれるときはユンソンは幼い子供のように楽しくなった姿で食べ物を食べて自然な演技をした。 イ・ミノはバブルが消えたように気さくで情感に充ちた演技をしながら強烈に登場、視線を集中させた。

特にイ・ミノは実父と関連した真実を知ることになりながら'シティーハンター'に成長していくユンソンを演技する時は鋭い目つきと節度ある身振りでカリスマを発揮した。'シティーハンター'に成長するほかはない理由が自然に溶け込みながらイ・ミノは幼い時期と相反した魅力さえも似合うようにさせた。 二重的魅力を持ったユンソンというキャラクターを上手に消化して‘無限魅力’を発散したわけだ。

長くない初めての登場だったが爆発的存在感を発揮したイ・ミノは26日2回で本格的な'シティーハンター'としての魅力をお目見えすることになる。 ユンソンが自身の故郷の韓国に戻って大統領府国家地図通信網チーム要員で仕事をして写真にだけ会ってきたナナ(パク・ミニョン)をソウルで劇的に会うようになって、ソウル地検特捜部検査ヨンジュ(イ・ジュニョク)とも対面することになるなど本格的な'シティーハンター'としての活躍を広げることになること。 何より2回ではその間気がかりなことを高めてきたイ・ミノとパク・ミニョンのうっとりした'代理キス'とぐつぐつある'ラブ誘導'そしてイ・ミンホの硬い筋肉質スタイルがあらわれる'シャワーシーン'などが含まれて女心をときめくようにする予定だ。

'シティーハンター'スタッフらと共に撮影現場で初放送を視聴したイ・ミノはもっと上手くやることが出来ない惜しい心を打ち明けながらも前に繰り広げられる姿に対する期待感を表わした。

製作スタッフ側は"イ・ミノが永らく渾身の力で準備してきた作品であるだけに'シティーハンター'を向かった熱意がすごい状態"として"100%全部画面に収まられることはできないが1回よりさらに興味深い見どころとお話が待っている。視聴者たちを絶対失望させて差し上げないだろう"と自信を表わした。

一方日本の原作漫画'シティーハンター'とドラマ'シティーハンター'が相当数違うように展開しているという評価に対して製作会社側は“漫画とドラマというジャンル的差異点その他にも時代的、 空間的背景の変化による構成要素らの差異点は当然発生するほかはないこと”としながら“ドラマ‘シティーハンター’を製作する初期段階から原作者北条司もまた、ドラマ‘シティーハンター’の新しくて斬新な再構成を高く評価した。 ‘シティーハンター’が伝えようと思う最終メッセージは結局一つになるだろう”と明らかにした。

[韓国経済新聞 2011-05-26 15:20] 元記事はこちらから

20110526-1.jpg

※明けてみたら想像以上に原作と雰囲気違うけど北条先生大丈夫かなあ(爆)。

今日は接続悪くてほとんど見られず;;

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。