★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 リップシンク禁止法案、果たして施行可能だろうか
2011年05月15日 (日) | 編集 |
自由先進党イ・ミョンス議員が歌手らのリップシンクおよびハンドシンクを禁止する法案を発議した中で、果たして通過後実質的な施行が可能なのか意見が入り乱れている。

実力ないアイドル グループの舞台を'追い出す'方法とし賛成する人々もいるが、概して国内歌謡実情をよく分からないところから起因したアイディアという意見だ。

リップシンクのためにアイドル音楽が愛されるのではないのみならず、国内舞台中一部はハンドシンクをするほかはない劣悪な境遇であるためだ。

この法案は公演企画者が歌手にリップシンクおよび楽器ハンドシンクを強要するようにすることができないが、それなら歌手が願う水準のライブ舞台を作るために公演予算が沸き上がらなければならない状況.トップ歌手は関係ないが、小さい規模の地方行事を主収入にする歌手らの場合には舞台状況によったライブ-ハンドシンク選択の幅が事実上消える。さらに劣悪な状況で'無条件'ライブをしなければならなかったり、最初から活動舞台がなくなることもある。

バンドは加える。放送会社ですらライブ楽器演奏が難しい状況なのに、バンドの公演舞台は大幅に減るほかはない。

リップシンクの基準も曖昧だ。ダンス歌手の場合にはパフォーマンス程度を高めるために一部区間にはMRを敷いて歌うが、これさえもリップシンクと言い張れば事実上水準高いパフォーマンスは難しくなる。これを法的に'許容'するとしても、リップシンクが'不法'になったので毎度論議がおきて一部より'堂々としていた'悪リプライができる展望だ。

何より芸術の領域の歌手の舞台に法の定規を当てたということに歌謡関係者たちは当惑感を現わしている。ある歌謡関係者は"以前に似た法案が準備中とし意見を聞く電話を受けて反対したことがある"としながら"数多くの行事舞台に立つならば歌手や演奏者がリップシンクをしたくなくても音響問題でリップシンクをしなければならないことがあるが、 その時ごとにあたかも歌手が怠けてことのようにリップシンクであることをあえて知らせるのは非常にきまり悪いこと違うか。この頃観客はリップシンクとライブ程度は十分に区分することができる"と話した。

発議された法案はやむをえない理由で歌手がリップシンクやハンドシンクをする場合に観衆に該当事実を明らかにするべきで、このような行為を違反すれば罰金または、過怠金が賦課されるようにした。 また、公演企画者もリップシンクを強要できないようにした。

[OSEN 2011-05-14 19:24] 元記事はこちらから

※リップシンク(歌う振り)、ハンドシンク(演奏する振り)をせざるを得ない状況もあるということですね。にしても善し悪しは別にして国会で論じることなのかなあ・・・。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。