★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 [危機のスターら]事件事故に対処する彼らの姿勢
2011年05月13日 (金) | 編集 |
俳優ハン・イェスルがひき逃げ疑惑で警察調査を受けたのに続き関連CCTV映像を国立科学捜査研究所に提出した。 事件処理を別に過不足なしで終えたというハン・イェスル側の主張と謝罪一言なしで席をはずしたという被害者側の主張がするどく対抗したので広がったことだ。 ハン・イェスルの場合ぶつかった事件事故を積極的に解明して公信力ある機関の捜査および法的攻防まで辞さないケースだが事件事故に対処する芸能人らの方式は彼らの数ぐらい千差万別だ。

◆ひとまず否認…聞こえてくるのは‘確認中’コメントだけ

事件事故が受け取られた時これを確認する過程で最もよく接する反応はひとまず否認させる。 所属会社側は記者の電話に“本当か”と問い直すこと、“分からない”と取り払うこと、“確認中にある”として面皮下は場合が多い。 所属会社が芸能人の私生活まで鋭く知っていることは不可能なのでこのような反応を見せるけれども対処方案を探すための時間稼ぎおよび世論の推移を見守って低い姿勢を取る場合も頻繁だ。

◆知らない振り一貫…否認して逆風合うことも

明白な証拠が出てこない以上事件事故にあった芸能人らの誤りを確定しにくいがびっくりして飛び上がるオーバーアクションを取ってより大きい逆風をむかえたりもする。 タレント チェ・チョロは昨年7月後輩女タレントを暴行した疑惑を頑強に否認してCCTVに首筋をつかまれた。 以後チェ・チョロは記者会見を持って人気が落ちるか恐ろしくて嘘をついたという内心を打ち明けたが彼に向かった世論の視線は冷たいだけだった。

歌手シン・ジョンファンの場合、海外遠征賭博疑惑をフィリピン風土病のデング熱操作でまぬがれようとしたがかえってあざ笑いを買った。 昨年9月シン・ジョンファンは憔悴した姿でフィリピン病院に横になっている写真をファン カフェに掲載したがある放送会社製作スタッフの現地急襲で自作劇事実がばれてしまった。 以後シン・ジョンファンは香港およびネパールなどを飛び交ったし今年1月国内で入国した後1億3000万ウォンの掛け金をかけて遠征賭博をした事実を警察調査で告白した。 以後シン・ジョンファンは世論の背を向けるということはもちろん放送会社出演を永久禁止されて再起を予想できない状況をむかえた。

◆くやしさ呼び掛け…警察調査および法廷攻防不死

反面どんな芸能人らは自身にかぶせられた事件事故疑惑にくやしさを訴えて潔白を最後まで主張したりもする。 先立って言及したハン・イェスルの場合のように警察調査および法廷攻防も辞さなくて事件事故に対抗することがすぐにそれ. 歌手MCモンは故意抜歯で兵役を忌避したという疑惑で起訴されて窮地に追い込まれた。 後ろを向いた世論に途方もない非難があふれたがMCモンは数回くやしさを訴えて自身の無罪を主張した。 結局MCモンは裁判所から兵役法違反疑惑に対して無罪を宣告受けて故意抜歯疑惑汚名を洗った。 MCモンはこれに終わらないで有罪宣告を受けた公務執行妨害罪に対しても控訴状を提出した状態だ。

コメディアン キム・キスは酒に酔った状態で男作曲家を強制醜行したという疑惑で法廷前に立ってくやしさの涙を流した。1審判決でキム・キスは無罪判決を受けて寃罪を晴らしたが同時に告訴人を相手に無事と名誉毀損疑惑で相互告訴する意向を伝えてその間の話せない心情に怒りを表出することもした。現在のキム・キスは検察側の控訴提起で裁判をまた準備中だ。

◆自粛の時間…プログラム下車および軍入隊

事件事故が事実とあらわれる場合、スターらは自らの意向であろうと他意であろうと自粛の時間を設けることになる。 高まった地位ぐらい芸能人らにいつの時より高い道徳性および遵法意識を要求するこの頃世論は物議をかもした芸能人の放送出演をやすやす渡さないほうだ。 これに製作スタッフおよび芸能人自らが負担感を感じて自主下車形式で更迭される場合が大部分.

正月を前にして今年1月タレントチョンテスは飲酒暴行物議で出演中だったシチュエーションコメディ‘丸ごと私の愛’で自主下車した。 酒を飲んでタクシー運転手および地区隊要員を殴打した疑惑で起訴されたチョンテスに荒々しい非難があふれたし‘丸ごと私の愛’製作スタッフは所属会社側と面談を持って彼の下車を最終決定した。 同じ時期コメディアン ファン・ヒョンヒやはり飲酒運転をしてタクシーと交通事故を出した事実が知らされながらKBS飲酒関連審議規定によって退出で‘ギャグコンサート’で不名誉下車した。

男芸能人の場合、プログラム下車以後新しい人生を念を押して軍に入隊する場合もある。 スーパージュニア メンバーカンインは2009年江南のある酒場で暴行是非にまきこまれて一月余りぶりに飲酒状態で自動車を走らせてひき逃げ事故を起こして世論の叱責を受けた。 これに強靭は次の年陸軍現役兵で志願入隊して成熟して帰ってくることを念を押した。

チュ・ジフンは去る2009年麻薬類のエクスタシー投薬およびケタミン吸入事実が摘発されながら大きい危機を迎えた。 懲役6月に執行猶予1年、社会奉仕命令120時間を宣告されたチュ・ジフンはすべての活動を中断したまま自粛の時間を設けた後陸軍特戦司令部に入隊しながらイメージ刷新を試みた。

◆測るための努力…成功または、非好感芸能人に転落することも

事件事故に対する代価を払った芸能人らは以後再起に絶え間ない努力を傾ける。 海外遠征賭博とウムジュヌンジョンで出演中だった‘ギャグコンサート’で下車したコメディアン キム・ジュノとパク・ソンホは各々9ヶ月と5ヶ月ぶりにプログラムに復帰した。 以後二人は‘ギャグコンサート’で多様なコーナーを引き受けて本業に熱中したし出演中であるプログラムで自分たちの誤りをギャグ素材で使うなど難しく再起の足場を固めた。 これに世論の反応もまた、ますます好感型で背を向けた。

だが明らかな代価を払わないで丁寧に上手くプログラムに復帰した芸能人らはかえってけんつくを受けるのが常だ。 タレント キム・ジスは飲酒状態に車を運転して事故を起こした後逃げた事実が知らされながら出演が予定されていたKBS 1TVドラマ‘近肖古王’下車要求を受けた。 だが、キム・ジスは特別な反省や制裁なしに予定通りにドラマに出演したしこれに対する世論の視線は痛かった。

俳優パク・サンミンもやはりMBC TVドラマ‘男を信じたよ’放送直前飲酒運転事実が摘発されて下車要求が激しかったがついに出演を押し切った。以後パク・サンミンがMBC TV '膝打ち導師`に出演するという事実が知らされながらそれに対するひんしゅくはより一層強まった。

[TVリポート 2011-05-12 09:27] 元記事はこちらから

20110512-5.jpg
ああっ、ジフニの顔をめがけたように;;

※テスはジフニと同じグループだな(笑)。
今夜ジフニはチャリティーコンサートの司会をがんばったんだよね、軍から大役を任されるなんて2年前を考えれば夢のようだ。時間は着実に流れ人を成長させるものです;;


テスもファイティン~。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。