★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 イ・ジア最初心境、"真実と約束こわれて傷..訴訟無意味"(全文含む)
2011年05月02日 (月) | 編集 |
前夫ソテジと慰謝料および財産分割請求訴訟を行って世間を騒がしくしたイ・ジアが事態以後最初に自身の心境を直接明らかにした。

トップ歌手ソテジとイ・ジアは過去結婚、離婚に続き去る1月慰謝料および財産分割請求訴訟中という事実が一歩遅れて知らされて衝撃を抱かれた。 イ・ジアは先月21日言論の報道以後所属会社を通じてソテジとの結婚、離婚、訴訟に達した過程を説明した。反面黙殺無返答で一貫したソテジ側は10日万人去る30日に公式立場を出した。しかしイ・ジアはソテジの公式立場表明があった直後、この日訴訟を取り下げたと明らかにして色々な疑惑を受けた中だ。

最初報道以後外出することなく在宅して訴訟担当法務法人と所属会社キーイーストを通じて言論、大衆と疎通したイ・ジアはついに5月1日午後自身の公式ホームページ(www.ejiah.com)に今回の事態と関連した本人の心境を最初告白した。

次はイ・ジアが書いた立場全文.

私を大切にされたすべての方らに今まで率直に自分自身をお見せすることができなかったことに対して先に心より申し訳ないという申し上げます。

去る10日は私には耐えがたいほど力に負えない時間らでした。

訴えを取り下げてどんな合意もなかったです。 あまりにも多くの推測らがあって今は直接申し上げなければならないようで勇気を出して文を書きます。 だが、事実今この瞬間にも私の胸中深い真心がよく伝えられることができるだろうかという考えにたくさん恐ろしくて迷われます。

幼い時期だったが信頼と希望で愛したし、その年齢に持たなければならない大切な多いことらをあきらめなければならなかったがただ一度もその愛に対して胸でない頭で計算したことなかったです。

だが、世の中に対して分かる前に、隠されなければならなかった私の存在が私の人生に及ぼした影響と傷は言葉に伝えられて文で表現されることができるほどの大きさではありませんでした。

いくつかの名前で生きていってアイデンティティの混乱に苦しめられていつも気をもまなければならなかったし、人々に... 友人らに家族らに率直で余裕のある心で近寄ることができなかったために冷たくて真実でない人という誤解も受けて円満な対人関係を成し遂げることができなくて非常に大変でした。 私自身で生きていくことができなかった苦痛は自由を失ったのと同じようなものでした。

一般的には理解することはできない生活をしなければならなかった理由は誰にも姿を見せたくないというその人の意を尊重して従ったことでした。 それが愛だと信じた私はご両親も自分自身も捨てて生きられました。 私が選択したその道が自分自身を傷出して、苦痛受けるようにして無意味な存在で作っているという事実を当時には悟ることができませんでした。

私自身で生きていくことができるようになることが長い間の風繋いだがすでに非常に長い時間の間隠されて生きてきたために自分自身があらわれて明らかになることが一方では恐ろしくて恐ろしかったです。

2006年正しくなされた議論さえしてみることができなくて全てのものを終わらせた理由は早くすべての傷を忘れることができることだけを望んだためであったしその時はそれがお互いに良い姿で残るものだと信じたためです。 だが、現実はそうでなかったです。

時間が流れるほど傷はさらに深まるのみだったし私が堅く信じた真実と約束らが.... 破られて治癒できない傷に残りました。 遅れるけれど私の人生を探して俳優になったが完全な‘私’で生きてくることができなかった時間ぐらい.... 不明な過去に対して数多くの誤解と憶測にぶつかってひっそりと数えきれない程泣いてまた泣きました。 真っ黒に焦げてしまった胸を開いて大変だと叫びたくて慰労も受けたかったが誰にも話せなくて、寄り添うことはできない孤独だということを和らげて私の人生の半分を生きてきました。 暗くて長い時間らに対して理解受けたい心もあったしなくした私を探したい心にここまでくることになりました。

だが、私もまたこの訴訟を進行して初めにはこのようにむくがお互いが対立することになるとは思いませんでした。 その人を引き降ろしたい心は本当に少しもなかったしそうしても良い姿で円満に解いていくことができることと考えました。

しかし今.... 長い間の縁結んだ人と、一緒にした過去を置いて互いに違う意見で向き合う残念な状況に達しました。 デザインやスタイリングのようなビジュアル的な作業など.. 多くの部分を共に作ってきたし、それは2000年活動のために韓国に発った以後にも継続されました。 共に苦労した記憶と努力らが痛みになってまた私に帰ってくるのを感じます。

もうこの論争はお互いを切り下げるばかりであるだけこれ以上無意味だと考えました... 長い時間が予想されるこの論争に今までの私の人生そしてその何とも変えられない.... 今後の私の時間と人生...... 私の周辺のすべての方らとファンのみなさん.... その方らの大切な心まで犠牲にさせたくなかったので訴訟取下げを決めました。 訴訟事実が世の中に公開されてこれ以上2人だけの論争ではなくなりました。

やむを得ずお互いをけなして攻撃することになる今後の過程が価値あることでないという判断をしました。 なんとも言えないほど恐ろしくて... 胸が溶けて流されるような喪失感で一日一日を送って... 私の真心が伝えられる万を切に願います。

一日でもはやく私の席に帰って私を信じて応援して下さるファンのみなさんらと知人方々の大切な心に報いたいが...... 度々弱くなって座り込む自分自身のために............ ご両親にそして私によって苦痛受けながらも私を心配して下さって激励して下さるすべての方らに申し訳ない気持ちだけです。

[OSEN 2011-05-01 22:26] 元記事はこちらから

20110501-3.jpg

※結婚当時の彼の立場を思い自分の存在を殺してきたことを今になって心底悔やみ、恨み節の訴訟だったってことかなあ。それと平行してお付き合いしていたと思われるチョンウソン氏のことを本気で愛していたのなら、訴訟を起こす前に彼には話してあげて欲しかった、、、二兎を追うものはなんとやらだ。

なんか毎日このネタですが今日はここまで~。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。