★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 4人4色‘ヘドゥウィク’両性的魅力誇示画報公開
2011年04月30日 (土) | 編集 |
アイドル歌手、モデル、ミュージカル スターという全く違う出身背景を持った4名の俳優がマガジン‘ザミュージカル’のカバー撮影のために一ヶ所に集まった。

来る5月からトランスジェンダーヘドゥウィク役に舞台で破格的な女装をすることになったチェ・ジェウン、チョジョンソク、キム・ドンワン、キム・ジェウクはこの日撮影で断定したスーツ姿で全く違うそれぞれの個性を誇った。

四人は男の魅力を最もよく表わす服装の断定したスーツを着たが、かつら、真っ赤なハイヒール、羽毛マフラーなどヘドゥウィクの女性性を暗示する意外な小道具を入ったり着用して妙な想像力を刺激した。


特に‘ヘドゥウィク’ 4人衆が表紙撮影のためにランニングシャツ姿でスタジオに横になってカメラを見つめるとすぐに君の俳優が吹きだす挑発的なエネルギーに現場の雰囲気があっという間に変わったという後聞だ。

普段マッチョ的で強靭な男性性のアイコン同じだったキム・ドンワンもこの撮影では力を抜いて中性的な魅力が感じられる受動的なセクシーだということを見えてくれた。‘アンティーク-西洋骨董洋菓子店’で‘魔性のゲイ’で印象的な演技を見せたキム・ジェウクは調整席の髪の毛を握りしめるようにきわどいポーズを即興的に演出して果たしてモデル出身らしいという感心をかもし出した。

ファッション業界で指折り数えられるフォトグラファーだがミュージカル俳優らとは撮影経験が殆どなかったキム・ヒョンソン作家は新しい作業でも名声に似合う結果を見せてくれた。 すでに‘ヘドゥウィク’を公演したことがあるチェ・ジェウンとチョジョンソクは貫ろくが感じられる堂々としていることで、キム・ドンワンとキム・ジェウクは新しい挑戦の前にときめきと緊張感が感じられる官能的な姿でカメラ前に立った。

キム・ドンワンは“アジアを回りながら歌手として公演をする方がはるかに余裕あって安定した生活を保障するが、演技は必ずしなければならないような事、本当におもしろい作業”と新しい挑戦に対する期待と情熱を表わした

今回が‘ヘドゥウィク’として二番目舞台のチェ・ジェウンは“‘ヘドゥウィク’は疑う余地がない作品だ。 去る1年間俳優として柔軟さに対してたくさん習った。 前回公演の時台本に忠実なことを最初の課題と考えたとすれば今回はその間習った由縁することを見せたい”と抱負を明らかにした。

君の人の中ヘドゥウィクで舞台に立った経験が最も多いチョジョンソクは“‘ヘドゥウィク’は誰かを愛して、捨てられて、許されて、治る間の感情を舞台で実現できる作品で、一般的でない作品だ。演技は完ぺきな計算なのに、この作品で舞台に立った時その計算が消える経験をしたことがある”として作品に対する格別の愛情を見せてくれた。

初めての舞台演技挑戦のキム・ジェウクは“幼かった時からバンドのメンバーで舞台で歌を歌ってきたので観客との呼吸がまともに成り立った時どんな感じがあるかは分かる。 一般的な教育や経験でない、血流す苦痛を通じてかろうじて味わうことができるどんな感情をこの作品を通じて感じたい”と希望した。

露骨な露出なくても見る人々の注目を一気にひきつけるこれらの絶妙のケミストリーは5月1日に発刊される‘ザミュージカル’ 5月号で確認することができる。

[アーツニュース 2011-04-30 16:47] 元記事はこちらから

20110430-4.jpg

※公演までもうすぐですがジフニも見に来るよね!
舞台を見に行けないのは残念ですが日本からファイティンを送ります~。


20110430-5.jpg 20110430-6.jpg 20110430-7.jpg
ジェウク、チョジョンソク、ドンワン~

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。