★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 "ユン・ウネは'義理の女王'"…絶賛また、絶賛、なぜ?
2011年04月29日 (金) | 編集 |
俳優ユン・ウネが義理を守って放送関係者たちに穏やかな感動を与えている。

来月9日初放送されるSBS月火劇'私に嘘をついてみて'の製作会社ベルディメディアのユン・ヨンハ代表は"ユン・ウネ氏の恩恵に感謝する"としてユン・ウネを'義理の女王'で指を折って数えた。

この背景には昨年俳優故パク・ヨンハの突然の自殺があった。 ユン・ウネは昨年6月ベルディメディアが準備中だったドラマ'ラブソング'でパク・ヨンハとともに呼吸を合わせる予定だった。

男主人公パク・ヨンハの突然死亡で製作日程に支障がでてドラマを下車しなければならない危機にぶつかったがユン・ウネはかえってユン代表を慰めて"次の作品を待つ"と約束したこと。

口頭で出演意志を表明しただけ契約書を作成したのでもなかったしまた予期できない相手俳優の空白により他の作品を選ぶことができたユン・ウネは最後まで義理を守りながら感動をプレゼントした。

関係者たちによればユン・ウネは約束を重視するウイリパで知られている。 去る3月開封された映画'マイ ブラック ミニドレス'はホインム監督との縁のために3年を待ったしドラマ'お嬢さんをお願いして'という製作遅延にもかかわらず、1年を待ったと分かった。

一方、ドラマ'私に嘘をついてみて'という行政高等試験をパスしたエリート公務員のコン・アジョン(ユン・ウネ扮)が結婚と関連したハプニングに陥りながら広がるエピソードを描いた。 カン・ジファンがユン・ウネとともに呼吸を合わせて'マイドス'後続で来月放送される。

[世界ドットコム 2011-04-28 10:03] 元記事はこちらから

20110428-1.jpg

※ウネちゃんの恩恵(ウネ)^^

マッコったら案の定睡魔に襲われこんな時間からの更新スタートです(笑)

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。