★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 ソテジ神秘主義時代の終末‥ペンドム‘幻滅’
2011年04月22日 (金) | 編集 |
ソテジが1997年から2006年まで10年間タレント イ・ジアと結婚生活をした事実を隠してきたとのことが知らされた。 特に二人の関係がソテジがデビューしてからいくらならない1993年初めて始まったし(当時ソテジは23才、イ・ジアは15才)が事実が去る20余年間徹底して隠されて2011年に二人が慰謝料および財産分割請求訴訟を始めてしまってからはじめて世の中にあらわれたという点は大衆に衝撃を越えて幻滅を感じさせている。

ソテジはデビュー後ただ一度も個人史で非難にまきこまれたことがない。 1997年(当時もイ・ジアであったものと推定)をはじめとして数回熱愛説がふくらんだことはあるが事実を全部否認してきたし、結婚どころか熱愛事実さえも公式に明らかにしたことがない。 いくつかのインタビューを通じてガールフレンドが必要だという言及程度が全部。

ソテジの神秘主義は一次的にソテジの性格で起因すると見ることが合うがその間ソテジの人気とイメージ形成、音楽的な歩みまであまねく影響を及ぼした。

通常のスターらと同じようにソテジやはりイソンペンの数字が圧倒的だ。 ソテジの音楽がいわゆる'女性好み'と決めつけることができないこと、ソテジの人気はこのような純粋に音楽自体で限定作る不可能だ。

私生活を徹底して露出させない方針は彼のイメージ形成に絶対的な影響を及ぼした。 ソテジは去る20余年間'完全無欠な音楽家'というイメージを作った。 彼の創作物は現実世界と遊離した、純粋なインスピレーションと創作の苦痛で誕生した結果という印象を強く植え付けた。 これはソテジの音楽を聞く人らでとってソテジの音楽自体により集中するようにさせた。

アルバムの主題や音楽的な歩みやはり見過ごすことはできない。 ソテジは8集でUFO,ミステリーサークル、凶家動画等を通して私達が知ることはできない世界と未来に関する話を解きほぐした。 これはソテジであったため可能だったと見る人々が多い。 これのように奥深く見える主題はややもすると誘致されることもできるため。 朝満員地下鉄に乗って出勤して、銀行で番号札選んで列をつくって、公課金を出しに町役場に行く人生の中でこのような主題で話をならべるならば分別がないという声を聞いてあざ笑いを買った法する。

ソテジの結婚と離婚事実が衝撃を与えるのはその間ソテジのイメージが極めて一部断面であるだけであり意図的に他の部分らに対して徹底して隠してきたということだ。 ソテジというイメージが幻想というものを認知しているといっても実際にその幻想がちりぢりつぶれる衝撃は背信まで入るようにする。

現在のソテジ ペンドムはパニック状態で大きい動きが感知されないでいる。 ソテジドットコム公式ホームページとペンサイトは二人の訴訟関連報道が出て行った後パニック状態に陥った。 ネガティブある文等よりは認めようという雰囲気の文が大部分だがこれは全体的な雰囲気というよりはこれ以上ファンたち中相当数がペンサイトに残っていなかった場合と見える。

現在をもってははソテジが今回の事態に対してどんな立場を見せるのか、今後どんな方式で活動を再開するのかに対する気がかりなことが最も大きい。 音楽自らのクォリティーは変わらないだろうが神秘主義という道具なしでどんな戦略で今まで大衆にプレゼントした文化的な衝撃を与えることが出来るかは予想しにくい。 ソテジという名前に幻想代わりに偏見が位置し始めたことも事実だ。 明らかなのはソテジ神秘主義時代は終わったということだ。

[毎日経済 2011-04-22 10:11] 元記事はこちらから

20110422-2.jpg

※ソテジワアイドルが突然解散を発表して、熱狂ファンの中には自殺者も出たと、インターネットがまだ普及していなかった当時風の噂で聞きました。それだけ影響力のあるカリスマ存在だったソテジ。でも彼も孤独を抱える人の子だったということで。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。