★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 韓国ミュージカル「ウェルテルの恋」千秋楽レポのようなもの(途中)
2013年01月28日 (月) | 編集 |
2013年1月11日(金)から昨日26日(土)まで赤坂のACTシアターにて上演されていました「ウェルテルの恋 ~原作:ゲーテ 若きウェルテルの悩み~」が終わってしまって腑抜けの日曜日。今日がお休みでよかった。。。

ブログは放置状態、ツイッターログは宮関係そっちのけでウェルテルばっかりでうんざりの方もいらっしゃるでしょう。これで一段落ウェルテルへの想いは胸にしまって、、、そんな気持ちの整理の意味で想い出写真と千秋楽レポを残します。まずはひとこと、

ウェルテルに出会えてホントに幸せでした!
感動をありがとう;;


短い時間でしたがウェルテルと共に過ごしたこの2週間のこと、息を殺して見守った舞台の感動はずっと忘れることはないでしょう。ロビーに展示されてましたサインポスター、千秋楽の昼に激写↓ 

werther1.jpeg werther2.jpeg werther3.jpeg

キムダヒョンさん、キムジウさん、イサンヒョンさんのサイン入り。1/17のサイン会の後にサインされてらっしゃったものかな。ドンソクくんは抽選会用以外ポスターサインしなかったみたいですがどうだろ。

werther4.jpeg werther5.jpeg

これは千秋楽夜の回入場時にいただきましたマグネット式のブックマーク。
読みかけの"若きウェルテルの悩み"にさっそく使おう! 裏側にはこんな一節が↓

내 사랑은 이미 시작되었습니다 연인이 있다는 것도 모른채 당신에게
私の愛はすでに始まり 恋人がいるということも知らずにあなたに(自動翻訳使用)


werther7.jpeg 

これは前日25日と千秋楽の入場に配られました主催者様からの手紙。
これだけでももう涙目だったのですが、アフタートークありという夜の回は今まで見たこともないくらいの客入りでホントに目頭が熱くなりました。ここにそのままテキスト書くのも無粋ですので画像でご覧ください。

ちなみに千秋楽前日のアフタートークの模様はその1(こちら)、その2(こちら)その3(こちら)からどうぞ! 真剣舞台の表情とはことなり親しみやすい人柄にますますファンになっちゃいました^^

こちらは千秋楽、開演前に字幕用の電光掲示板に出ていたメッセ。
5分前のベルが鳴り席に着いてから気づき慌てて激写したため手ぶれてますのでリライトしますと

werther-m1.jpeg werther-m2.jpeg werther-m3.jpeg

werther-m4.jpeg werther-m5.jpeg werther-m6.jpeg werther-m7.jpeg

いよいよラストステージです
夜行バスで13時間掛けて来られたお客様
全20回鑑賞されるお客様
友人に誘われてすっかりはまり 有休を取って通われたお客様
その他 一生懸命ツイッターで宣伝してくれたお客様!
ノムノム カムサハムニダ 俳優も気合が入っています
しっかりと 目と心に 焼き付けて下さい


↑全部激写したつもりだったんですが"韓国や中国からいらしたお客様"っていうのも目にした気が・・・どなたかご存じの方がいらしたら不足部分教えていただきたいです

いよいよ千秋楽始まる直前掲示板が"さあ 拍手で迎えましょう"的なメッセージが浮かび場内から大きな拍手が沸き上がりました。すごい、こんなこと韓国でもないんでない?ドアの外で、幕の内側でキャストが聞いていると思うと、、、幕も上がる前にすでに涙腺ゆるみまくりなわたし(TT) 続きは下に~

[READ MORE...]
スポンサーサイト

 韓国ミュージカル「ウェルテルの恋 ~原作:ゲーテ 若きウェルテルの悩み~」鑑賞のススメ
2013年01月24日 (木) | 編集 |
2013年1月11日(金)から赤坂のACTシアターにてひっそりと絶賛上演中の「ウェルテルの恋 ~原作:ゲーテ 若きウェルテルの悩み~」。前半のベテラン花美男キムダヒョンさんから現在は若手実力派の貴公子チョンドンソクくんにバトンタッチしていよいよ今週末1月26日(土)が千秋楽!

ウェルテルほとんど出ずっぱり、主助演アンサンブルに子役ちゃんまで歌実力演技も素晴らしい舞台を毎日見せてくれているのですがなぜだかどうして致命的なことに客入りが悪い...。アイドルが出ないとこんなにも関心持たれないのか?ドンソクくんは韓国でジュンスと同時期に"モーツァルト"や"天国の涙"の同じキャスト、"エリザベート"では共演だってしてるのに(たぶん)ジュンスペンは観に来てくれてないのか?TT

公式サイト(こちら)に出ていた主催のコメントより一部抜粋↓

今回の来日公演では、前述の韓国公演をそのまま舞台セットを含めて持ってきます。主演は流行りのK-POPスターを主役に据えるものと異なり、韓国ミュージカル界のTOPスターを起用します。つまり「作品」「役者」共に本物のミュージカルと言うわけです。(中略)ミュージカル招聘には総勢70名ほどのスタッフ&キャストの宿泊・渡航と大道具・衣装・その他機材運搬と大きなコストがかかります。しかし一人でも多くのお客様に鑑賞頂きたいと考え、1万円を切る価格でのご提供と致しました。

舞台セットの大きさから箱も自然に大きく成らざるを得なかったのだと思われますがACTは広すぎます...。ダヒョンさんの2日目、ドンソクくんの初日の客入りのひどさは衝撃でした。ACTでやるならTBSが絡んでくれたらよかったのになあ、王様のブランチででも宣伝できたらまた違ったかも。主催ぴあさん雑誌媒体持っててもプロモーションのチカラ及ばず。予算がないのか公演会場はただ箱を借りただけのような質素さで入口に近寄るまで「ウェルテル」上演会場とはわからないし入ってもポスター掲示だけ、キャスト表も名前だけだったのは寂しかったな。

それからチケット代を1万円以下9800円に抑えた点はがんばったと思うけれど、それが底値なのかあれだけ客入り悪いのにリピーターチケットはたった800円引きで先行前売りと同額。1回でも来てくれた観客をありがたく思ってもっと下げてくれてもいいのになあ、友だちを誘おうにも高すぎてけっきょくいつもおひとり様。。。

と、前置き長くなりだんだん暗くなってしまいましたが結論、

"ウェルテルの恋"みんな観に来てー(>_<)

わたし最初はダヒョンさん去年観たから1回、ドンソクくんは最初と最後2回だけのつもりがあれよあれよという間に(以下自粛) 字幕なしで観たときとは大違いでようやく理解でき感動もひとしお。オケはテープだけどどの曲もすごく心に残り主助演だけでなくアンサンブルの歌も子役ちゃんもみんな大好き。日本公演用に7曲収録のOSTが会場で販売されていますが(2000円)全曲作って欲しいなあ(>_<)

主役のドンソクくんは年末年始のクリエミュージカルコンで初生歌聴いたのですが発声も音程もしっかりしてて、声楽的なんだけど表情演技もむちゃむちゃ上手くてすごく純粋でかわいい。脇を固めるロッテやアルベルト、それからカインズ、魅力的なキャラクターにアンサンブルまでそれぞれがベストパフォーマンスを見せてくれて完成度ハンパない!素晴らしい舞台を本当にありがとうと言いたいです。

残すところ公演日程は泣いても笑ってもあと5回!

明日1月24日(木)13:30の回は終演後にパンフかOSTを持ってる方対象のサイン会があるのでおすすめです。別日に購入されたものでも持参されれば主演お三方にサインを書いていただけ一緒にグループ写真も撮ってもらえます。

1月25日(金)は昼14:00夜19:00公演ありですが夜はアフタートークとプレゼント抽選会も。夜公演は客が入りにくて昼公演が多いと聞きましたが会社帰りに行けるのでわたしなら夜公演大歓迎(子役ちゃんの出演場面が就労時間の関係で後半カットされるのは残念ですが)。そして26日(土)は千秋楽!昼13:00夜18:00がオーラスです。

ACTのサイトやイープラス、チケットぴあからもまだ買えますし当日券も当然ありますし(爆)これぞ韓国ミュージカルのチカラを実感体感できる「ウェルテルの恋」、未見の方はぜひ!すでにご覧の方もお一人分でも熱い拍手をキャストに届けませんか?(>_<)

鑑賞の参考になる過去の韓国メディア記事もご紹介~。

【記事】小説は危険な愛 "若きウェルテルの悩み" (翻訳記事はこちら
【記事】ロマンチック愛の崇拝者ゲーテ、そしてウェルテル (翻訳記事はこちら
【記事】"愛の幸せと苦痛、非表示ように取り出しますよ"
創作ミュージカル "若きウェルテルの悩み"二人の主役キムダヒョン - チョンドンソク (翻訳記事はこちら


あんなに素晴らしい渾身舞台を、真っ赤な空席だらけなんてもったいないし申し訳なくて、そしてこの感動を誰かと分かち合いたい!(>_<) 

ドンソクくんカワイイ顔して兵役海兵隊出身という、声楽をしっかり学んだ実力派。背も高くてロングコートをひるがえし走るのだけど軽やかで足音も聞こえてこないエレガントな身のこなしがまた王子的というか貴公子そのもの! 今彼の舞台を日本で観られることがどんなに幸せなことなのか、この貴重な機会をどうか見過ごしてしまわないで欲しいのです。あとから後悔されませんよう。

20130115-1.jpg 20130115-2.jpg

ダヒョンさんの舞台ももっともっと観たかったな。。。
韓国のプレスコール動画を下に集めました。ハイライト、ラストまであるものもありますがご興味ありましたらぜひご覧ください。生の舞台は数割増しの迫力と感動、あとからあとから波のように余韻が残ります。

細かなおススメポイントとかも書きたいところですが時間かかりそうなので今日はこれにて。後日カテコ映像とかウェルテル想い出の記録もアップしたいなあと予定は未定。それではACTでお待ちしています!(爆) 

[READ MORE...]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。