★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 韓プロダクション、日本衛星劇場と韓流事業協力
2012年08月31日 (金) | 編集 |
新しいコンセプトの韓流公演で注目されているキム・ビョンデ師団の韓プロダクションが大型コンテンツ プロバイダーである松竹の子会社であり日本3大衛星・ケーブル放送の中の一つである'衛星劇場'と共に韓流事業を推進することにした。

韓プロダクションは最近約1千5百万加入者を確保している日本メジャー衛星・ケーブル放送である'衛星劇場'と韓流事業を共同推進することに合意して、韓流事業広報と新しい韓流コンテンツ発掘、韓流公演放送、韓流事業拡大などを共同支援することにしたと明らかにした。

韓プロダクションは日本メジャー衛星・ケーブル放送を日本国内戦略パートナーで確保するにつれ来る10月から始める'韓流アーティスト全国公演'を含む、今後進める韓流事業に持続的動力を確保することができることになった。

衛星劇場は来る10月14日横浜で進行される予定の'韓流全国公演2012 -イ・ジフン'公演実況を録画して来年2月日本全域に放送するなどキム・ビョンデ師団の韓流事業を全方向で支援する予定だ。 衛星劇場は去る7月にも50余韓流雑誌、芸能媒体専門記者を招請して進めた俳優イ・ジフン日本、東京記者会見を積極支援して注目されたことがある。

日本、東京に本社を置いた衛星劇場は日本で人気を呼んでいる歌手や俳優を招請してファンサイン会を開催してきた既存韓流行事とは違って、演技者と歌手、ミュージカル、モデル経験をあまねく備えた韓流スターが二月間日本主要都市を巡回して多様なテーマで公演するように企画したあるプロダクションの'韓流全国公演'行事に大きい関心を持ってきたと分かった。

キム代表は"韓プロダクションが日本メジャー衛星・ケーブル放送である'衛星劇場'の支援を受けるようになるにつれて多様なチャンネルとメディアを活用して韓流コンテンツ放送と広報を広げることができるようになった"としながら"今後高品質韓流スターの日本進出を支援して多様な公演企画を通じて高品位韓流の風を起こす計画"と明らかにした。

衛星劇場はHDケーブル チャンネルとホームドラマ チャンネルなど6個のチャンネルを確保していて、日本全域で約1,500万加入者を確保している日本3大衛星・ケーブル放送中一つだ。 2003年以後韓流ドラマとコンテンツを正規放送に集中配置して日本国内韓流風を起こした主役であり、最近では韓流ドラマ製作と韓日映画投資事業にも関心を持っている。 資本金は25億円(韓価350億ウォン)。

韓プロダクションは来る10月7日日本の静岡を始め2ヶ月間日本国内14都市を巡回するリレー公演'韓流アーティスト全国公演2012-イ・ジフン'を通じて韓流スターイ・ジフンの真の姿を遺憾なく見せて、人気ドラマ再現、ダンスと歌など忘れるができない感動と思い出を日本ファンたちと共に分ける予定だ。

[etnews 2012-08-30 11:46] 元記事はこちらから

※韓流アーティストの全国公演の話題は過去記事で取り上げてましたが(こちら)衛星劇場さんと組むんですね~。この韓プロ代表はかつてマンソクさんのファンミツアーも開催された方ですが日本16都市リレー公演といいつつ東京がなかったり開催場所が変更・中止になったりいろいろあったけど今回は衛劇さんの支援があるから大丈夫かな(爆)。

今日はずっとブルーレイDVDレコーダーを延々比較検討してたんで時間切れ・・・。
ずっと東芝機だったのを思いきってパナソでポチ。また余計な出費だけどしゃあない;; 明日からは通常モードに戻りつつ土曜初日を迎えますミュージカル宮モードに!
スポンサーサイト

 カンイン、ソンモ主演「ミュージカル 宮」東京公演開催記者会見 潜入レポめいたもの
2012年08月29日 (水) | 編集 |
このたび公式後出し企画、ご招待抽選ありのチケを買い足し執念で当選(爆)
温存していた夏休みを当てて行って参りました記者会見!

「ミュージカル 宮」東京公演開催記者会見

都内某所16:45受付、皇太子二人がお出迎え~

20120828-1.jpeg 20120828-2.jpeg
あうあう、ボケとる~;;

ステージ中央にはスクリーンあり

17:00 いましばらくお待ちくださいのアナウンス。
記者会見場は初演時は一般はプレスとフロアを区別され見下ろす感じでしたが今回は普通の会議室的なフラットなイベントホール。

椅子は4列、最前列はカメラマンさんで一般の当選者は最後列"当選者"と貼り紙のあるところをご自由にですがどうせメモ取るし目立たぬようにと端のところに着席。ところがその後まだわらわらとプレスの方が入場し、各列8席ずつくらい椅子を追加され端ではなくなってしまいました(爆)。結果的に1列25席くらい?合計100名くらいでしたでしょうか(さっきのツイ1列40席とか思いきり間違えてました)。

ほどなくして女性MCさん登場。
オオシオランさんと聞こえたけどググってもわからんかった。。。
まずはMCさんから簡単に「宮」の紹介。2006年にドラマが放送され、23ヶ国に出版された韓国の人気漫画が原作で2010年にミュージカル初演とか基本情報。

今回はセットを全面的に変更、ミュージカルナンバーを新たに3曲追加し、LEDを積極的に活用し立体感と空間感覚を生かした韓国創作ミュージカル史上最も豪華な舞台となって再び日本上陸!(以上いただいたチラシのコピーより)というわけで次は10分ほどの紹介VTRを鑑賞~。

この映像、2011年日本初演時の記者会見で流れた映像も一部引用されてるのでいまいち辻褄あわないところも。当時の潜入レポは(こちら)。それでは引用されていた映像もご紹介しつつ続きは下に~

[READ MORE...]
 MBC "'アラン使徒伝',歴代最高額に日本輸出"
2012年08月28日 (火) | 編集 |
MBCは自らの製作ドラマ'アラン使徒伝'を一回当たり史上最高額で日本に販売したと28日明らかにした。

グローバル事業本部は前日役員会議でこのように報告して'アラン使徒伝'が既存最高売り値を記録したドラマ'太陽を抱く月'の記録を更新したと説明した。

'アラン使徒伝'は記憶喪失にかかった娘おばけアラン(シン・ミナ扮)とおばけを見る能力を備えた使徒ウノ(イ・ジュンギ)が広げるファンタジーロマンス史劇で毎週水,木曜日夜9時55分放送中だ。

[聯合ニュース 2012-08-28 10:50] 元記事はこちらから

※10月からKNTVで放送は発表されてるけど、これってどこが取ったんだっけ? 太陽抱月の記録を更新か~スゴイ!

 "独島論争、大枠で韓流支障ないこと"
2012年08月28日 (火) | 編集 |
韓日冷却気流持続..芸能界"まだ影響なくて"
"独島は私たちの土地..しかし文化は政治家じゃない"


"以前にも何回韓日関係が冷却されたことがあったしその時ごとに韓流の萎縮を憂慮する声が出てきたが結局は影響がなかったです。 もちろん用心深く観望するが今回も経験分で見る時大きい枠組みで韓流には支障がないと見ます。"(SBSコンテンツハブ チェ・ジェヨン コンテンツ1チーム長)

"政治的な問題とは距離がある人が大多数を占めるからかわからないがまだコンサートや今後日程などにあって今の問題がKポップに影響を及ぼしはしないです。"(大型歌謡企画会社A社広報チーム長)

"独島は当然私たちの土地でしょう。 それを主張する瞬間わけもなく論争の種を用意する可能性があると思います。 日本の政治家たちと一部極右主義者の扇動に日本大衆が簡単に付和雷同することはないと思います。 何より文化は政治家ではないでしょう? 今まで両国が友好的にしてきた文化的交流が今回の事態で支障を受けないように願ってそうすることもないことと信じます。"(大型マネージメント社B社代表)

最近独島問題などを囲んで韓日関係が冷却されるや韓流の将来を心配する声が出てきているが芸能界は淡々とした表情だ。 各々昨今の事態を鋭意注視してはいるが韓流の将来を悲観したり今後活動計画を修正する動きはまだないように見える。

もちろん政治的に敏感な問題なので実名で発言することに対しては取材対象大部分が敬遠したが芸能界関係者たちは異口同音に今韓日関係が日本国内韓流に大きい影響は与えないことだと見通した。

[READ MORE...]
 [記者手帳]韓流スターに'独島'強要を自制しよう
2012年08月28日 (火) | 編集 |
去る24日、独島(ドクト)に対する二種類の話が芸能界にふくらんだ。 ガールグループ カラのカムバック記者会見で広がった独島質問とMBC芸能番組‘無限挑戦’の独島行きに対する熱い歓呼であった。

ガールグループ カラはカムバック記者会見現場である記者から独島に対する態度表明をどのようにするのか質問を受けた。 “日本でその質問を受けるならば…”という前提が敷かれていた。 司会を担当したパク・チユン アナウンサーは技術的にこの質問に対する返事を避けた。 以後いくつかの媒体は“カラ、独島懸案に沈黙”としながらカラを‘むくこと’に忙しかった。 また、どんな媒体は“パク・チユン、進行未熟”と皮肉ることもした。

‘無限挑戦’は独島行きに出たという便りでファンたちの歓呼を受けた。 ‘無限挑戦’は最近放送で視聴者が‘言葉通り’約束を守ってしたし、視聴者は“チョン・ジュナが大韓民国領土である独島でかつらをかぶってビキニを着て大根麺とコングクスを食べる”と話した。 視聴者は韓流芸能に浮び上がった‘無限挑戦’が独島に行くことでアジア各国に独島領有権を知らせることができると歓迎した。

今更独島は芸能界にどのような意味なのか、という頃だ。 一部では独島に対する大衆の過度な傾りが盲目的ナショナリズムの結果だと分析する。 韓国記者が韓国芸能人に‘独島をどう思うか’と尋ねるのは、ただ論議を作るための質問だけのことだ。 ナショナリズムも、ショービニズムでもない。 先立って質問した記者はカラの返事がどのように出てきても話題を作るという意図に忠実だった。

もしカラが記者会見でこのように答えたならばどんなことが広がったのだろうか? “独島は永遠に私たちの土地です。 日本の主張は言い返す価値もありません。”多分カラのこのような返事はまた他の後日の暴風を産むことが明らかだ。 カラの日本活動にも支障があるだろう。 してはならない質問に過ぎなかった。 かえってカラのジレンマに陥れた悪意的状況であるだけだ。

同日24日、あいにく日本で笑うことのできない便りが聞こえてきた。 山口毅日本外務次官が光復節独島横断水泳プロジェクトに出たのを置いて“申し訳ないが今後日本に来るのは難しいようだ”として“それが国民感情だと考える”と話した。 韓国芸能人の名前を取り上げ論じること自体は自国民の関心と論議を引き出すための‘ショー’に過ぎない。

日本で活動する韓流スターは日本取材陣から独島関連質問を多く受ける。 日本取材陣は韓流スターに政治的・歴史的立場を強要することを行っている。 反面私たちが韓流スターに独島に対する返事を強要するのは、それ自体にもとんでもないことで話題を作ろうとする意図に過ぎない。 かえって日本が歓迎する内輪もめの開始になるかも知れない。 芸能人がまきこまれてはいけない。 独島は独島で、カラはカラだと、無限挑戦は無限挑戦だけのことだ。

コギュテ記者

[イーデイリー 2012-08-27 09:34] 元記事はこちらから

※すごく共感できる記事だったのでブログにもアップ。政治と芸能界は別の話、自分の意志から主張するならまだしもわざと波風立てる必要はないよねえ。

 ミュージカル‘宮’日本進出10日控えて玉の汗ダラダラ
2012年08月24日 (金) | 編集 |
ミュージカル<宮>が日本公演を10日控えた中で練習に真っ最中だ。

俳優は去る二ヶ月あまりの間振りつけと歌を習って作品の中キャラクターに憑依するために最後の努力を傾けている。 各自キャラクター分析はもちろん、髪の毛の先端からつま先まで派手な‘皇室スタイル’をお目見えするためにすべての俳優と関連スタッフは最終会議を経て点検を完了した。 すべての俳優もやはりすでに各自配役に合うヘアースタイルも備えた状態だ。

だが、公演を控えて実際の公演をほうふつさせる程の強力な練習のおかげで最近俳優に負傷が多かった。 2011年よりより一層強化されたイシンとユルのフェンシング場面を練習したカンイン(スーパージュニア)とソン・ウォングン(歌手RUN)は鋭いフェンシング刃に傷跡を着ながらも笑いで渡して練習に没頭した。

<宮>は俳優の他にも舞台、照明、衣装、扮装など日本に移動するスタッフだけ百余名になる予定だ。 大規模人員が長期間海外に滞留するだけにいちいち航空および公演会場近隣宿泊を確保するのに一度騒動を払った。 製作使用側は“現地広報はもちろん、MDプロモーションまで直接管理運営するので現地の雰囲気把握と調整は必須”と伝えた。

一般的に韓流公演を海外に販売することとは違って全部日本現地で直接進めるミュージカル<宮>は公演会場賃貸を直接と各種システムと舞台、小道具を移動することから侮れなかった。 すでに舞台セットと小道具、衣装をいっぱいのせた40フィート コンテナ4個は2週前釜山港を出発して東京に向かっている状態。

事前に製作が完了した舞台と小道具は船で一度に運送が可能だが、練習中間新しく追加される小道具は各分野のスタッフが直接運送する予定だ。 小さい小道具一つでもなくなったり、時間内到着できない場合には公演に支障が生じるため。

製作使用側は“普通公演が舞台に上がる1~2週間前は俳優とスタッフが最も高段と体力もすっかりなくなる時期だ。 また、公演が果たして観客にどんな評価を受けるかという緊張した心に心理的に非常に鋭敏でストレスを受ける時期でもある”として“それにもかかわらず、すべての製作スタッフは観客に完璧な姿を見せるという共通した一念一つでより一層拍車を加えている”と伝えた。

一方韓国公演なしで日本舞台にだけ上がるミュージカル<宮>は9月1日(土)から13日(木)まで日本、東京ゆうぽうとホールで公演される。

[unionpress 2012-08-23 13:21] 元記事はこちらから

20120823-1.jpg

※明日で公演初日まで残り一週間?一番キツイ時かな、ファイティーン(>_<)

 'ラカージュ'の品格はどのように崩れたのか
2012年08月23日 (木) | 編集 |
- <ラカージュ>助演出の衝撃メンタルショー
- ‘進化できない観客’なのでトンムルを浴びせた

去る18日ミュージカル<ラカージュ>の製作会社ワニは返済を望む前売り者などの電話暴走で疲弊した。 去る7月からLGアートセンターで公演されている<ラカージュ>は国内超然としたライセンス ミュージカルで同性愛家族の愉快で暖かい愛を描き出して興行作で占われたことがある。 俳優チョンソンファ、キム・ダヒョン、ナム・ギョンジュの他にも2AMのイ・チャンミンとドラマ<太陽を抱いた月>を通じて成人演技者に新たに出た俳優イ・ミンホが布陣されてファンたちの期待を集めたためだ。 もちろん性的少数者を扱った作品であるのに大衆的人気を呼ぶ程観客の受け入れ幅が大きくなったという点で言論の関心を一身に受けたのも事実。

このように大衆的人気を得ていた公演に突然に抗議が降り注いだことは他でもない助演出チョン某氏の失言のため。 チョン氏が自身のツイッターアカウントに“ミュドク(ミュージカル オタク)にスタッフ仕事を薦めたい。 スタッフ仕事をしてみてこそ自身の位置を確立してはためくことを中断することができる”という文を載せるとすぐにイジナ演出と助演出イ某氏が同調してこの公演観客を否定的に描写した文を載せたのが発端になった。

20120822-4.jpg 20120822-5.jpg

[READ MORE...]
 ドラマ・映画浮かび上がるとミュージカルでまた浮かび上がる
2012年08月23日 (木) | 編集 |
2006年放映されたSBSドラマ‘恋愛時代’を覚えているか? 恋愛時代は原作である小説が人気を得てドラマと演劇などで多様に製作された。 このように一つのコンテンツで色々な商品類型を作り出すのをワンソース マルチユース(One source multi use)という。 ワンソース マルチユースはマーケティング費用を相対的に減らすことができるだけでなく興行の可能性も大きいという長所がある。

ミュージカル界も‘ワンソース マルチユース’ブームだ。 過去ドラマで放映されたり映画で上映されて人気を呼んだ作品がミュージカルで新しく誕生していること。 原作のあらすじを土台にするが、ミュージカルだけが与えることができる風変わりな感じでファンたちの心をとらえている。

◆ドラマ‘美男ですね’ VSミュージカル‘美男ですね’

2009年放送されたSBSドラマ‘美男ですね’がミュージカルに変身、人気を独占している。 ドラマ‘美男ですね’は双子の兄‘コミナム’に代ってアイドル ロックバンド活動をすることになった‘コミニョ’とバンド リーダー‘ファンテギョン’のどたばた愛の物語を扱っている。 ミュージカルのファンテギョン役は2000年代初め男性グループOPPAのメインボーカルだったイ・チャンヒ、コミナム役は俳優パク・チヨンが引き受けた。

ミュージカル‘美男ですね’は舞台だけで見ることができる多様な踊りと歌を通じてコンサート現場にきたような感じを与える。 振りつけはナナスクール代表でありソウル総合芸術学教放送振りつけ教授であるチョン・ジンソクと振付け師ファン・ヒョンジョンが共同製作した。 このミュージカルのまた他の魅力は耳にぴったりくっつく音楽。 国内だけで3万枚以上の販売量を記録したドラマO.S.Tをミュージカル舞台でも聞くことができる。 新しく編曲された‘言葉もなく’ ‘まだ’ ‘胸がののしって’ ‘どうしよう’等の曲らもミュージカルを通じて会える。 9月9日まで世宗文化会館Mシアター。 (02)399-1111

◆ドラマ‘宮’ VSミュージカル‘宮’

2010年から毎年舞台に上がっているミュージカル‘宮’が2012年シーズン3にまた戻った。 ミュージカル‘宮’は2006年MBCで放送されたドラマ‘宮’を原作にしている。 ‘宮’は大韓民国は立憲君主国という独特の設定の中に平凡な女子高生が皇太子シンに会って愛を作り出す過程を描いたロマンス物だ。

コミカルでウィットのある状況設定と台詞は今年新しく追加された観戦ポイント。 人為的に笑いを作る代わりに現実で十分に起きそうな状況を自然なウィットで溶かし出した。 過去ドラマでは謹厳に表現されたコンネグァン(イ・フンジン)も特有の滑稽で一座に笑いをプレゼントして劇の甘草役割をする。 今年3代シン役にはスーパージュニアのカンイン、超新星のソンモがキャスティングされた。 チェギョン役はチェイェスル・キムユヒョン・シンゴウンが演技する。 9月1日から13日まで日本、東京ゆうぽうとホールで公演が繰り広げられる。

◆映画‘バンジージャンプをする’ VSミュージカル‘バンジージャンプをする’

イ・ビョンホンと故イ・ウンジュが主演してキム・デスン監督が演出した2001年映画‘バンジージャンプをする’もミュージカルに生まれ変わった。 この映画は封切り当時男弟子と愛に陥った男先生という内容で大きい話題を呼び起こした。 だが、12年が過ぎた今舞台に上がった‘バンジージャンプをする’はこれ以上破格的でない。 観覧客中相当数は過去映画の郷愁を感じるためにミュージカルを見るところに、同性愛もこれ以上新しい素材ではないためだ。

映画をそのまま移したが神秘な舞台は‘運命的な愛’と‘転生’という主題を効果的に伝達する。 舞台全体を覆っているかすかな夕焼け光背景は最高の純真な愛の濃度をより一層濃厚にする。 運命あるいは縁を現わす分筆で引いた線も公演の洗練美を加える。 ソ・インウ役はカンソンピル・キムウヒョン、イン・テヒ役はチョンミド・チェユハが引き受けた。 ヒョン・ビン役にはイ・ジョンフンとイジェギュンがかわるがわる舞台に立つ。 9月2日までブルースクエア サムスンカードホール。 1544-1591

[世界日報 2012-08-22 21:38] 元記事はこちらから

20120822-1.jpg 20120822-2.jpg 20120822-3.jpg

※'美男ですね'のファンテギョン役のイ・チャンヒさんは初代ユルくんですね~、ご活躍だ^^ そして'宮'はいよいよ!

ミュージカル宮の東京公演まであと半月を切り、来週には記者会見が行われるとか?そんな時期になってやっとユルくんキャスト詳細が固まるもチェギョンは未発表ってどゆこと(>_<) 公式サイトもキャストプロフィール紹介一切なく、初演からシンくんを演じているウォングンが今回ユル役をやるというのにそこがアピールされてなくて不満~。というかみんなウォングンがRUNくんてわかるのかな?(爆) 公式サイトのトップページは(こちら)、キャストスケジュールがかろうじてわかるグッズ抽選付きチケット購入ページ(取り扱いS席のみ)は(こちら)。あと最近知ったのですが公式よりも公式っぽい(失礼)抽選特典付きS,A席チケットや早くも今回のプログラムブックの取り扱いをしているラビツアー(こちら)って謎~。ちなみにここではチェギョン役イェスルちゃんとニューフェイスのシンゴウンさん2人の写真が出てますが、この記事によるとトリプルですよね、このへんがいまだチェギョン出演スケジュールを発表できない所以か?(爆)記者会見狙いでウォングン出演日を買い足したんですが潜入レポできるといいなあ;;

ちなみに明日は前方見切り席放出発売なのだそうで~、ソンモデーいずれも2Fなんで悩むところですがまあいいか。今後も後出し企画に恨めしい思いをきっとするんだろう・・・。とにかくわたしはわたしのできる範囲でミュージカル宮を盛りたてていきたいと思います!ツイッタープロフ写真も期間限定いるぼん仕様に変更いたしましたので以後よろしう~^^

 芸能界デマ、火のないところに煙はたたず
2012年08月21日 (火) | 編集 |
‘火のないところに煙はたたず’ということわざがまた、一度合致した。 去る4月ふくらんだトップスターイ・ビョンホンとイ・ミンジョンの熱愛事実が事実とあらわれたためだ。

イ・ビョンホンとイ・ミンジョンの所属会社は19日午後それぞれ熱愛事実を認めて二人の将来を祝福してほしいと頼んだ。 去る4月熱愛説が最初報道された当時と、光復節結婚説がふくらむとすぐに極力“なく”と取り払った姿とは全く違った態度だ。

イ・ビョンホンとイ・ミンジョンの熱愛説は事実芸能関係者の間では知る人は皆知るピンク色真実だった。 芸能界先輩であるイ・ビョンホンがイ・ミンジョンを新人時代から見守って良い感情を抱いたし、以後恋人間で発展したという話と目撃談は芸能界常連おしゃべり素材であった。 俗称‘証券街チラシ’にも二人の熱愛事実と一緒に縁談につながっているという話もやはり並んでいた。

ただし証拠がなかった。 芸能関連報道は所属会社の窓口を通じるだけに該当芸能人の会社が‘違う’という立場を定める場合、各媒体はこれをひっくり返す方法がない。 “事実無根”という所属会社の激昂した反応と一緒に“法的対応”という強力な否認につながったりもするためだ。 目に見える確実な物証がない限り熱愛説報道が容易ではない理由だ。 一例でイ・ビョンホンとイ・ミンジョンの熱愛説取材当時二人の所属会社関係者は写真の存在有無を一番最初に尋ねて記者の話を遮ってしまったりもしたことがある。

皮肉なのは二人だけでなくて取り払う局面とは別個でインターネットをはじめとする多数の人々の心の中にはイ・ビョンホン・イ・ミンジョン二人はすでに熱愛を持続していたという点が興味深い。 とりわけ結婚適齢期に入り込んだ二人の善男善女が結婚を前提にお互いを大切に感じているという便りは風呂敷に積んでこちんこちん隠しておかなければならないことでない祝い受けて当然な事案なのでより一層そうだ。

いくら忙しくて所属会社が公式否認をしてもいつも人々はみな会う。 火のないところに煙は立たずということわざは今回のトップスターカップル イ・ビョンホン、イ・ミンジョンの熱愛認定でまた、一度証明された。

[OSEN 2012-08-19 16:33] 元記事はこちらから

20120819-3.jpg 

※芸能関係者内ではもう周知の事実だったのですね~。
ジフニの場合は自分がまず大衆に認められるところのスタートラインだし、ウネちゃんは大学院で勉強中、この先もっと女優として活躍しなければいけない身。まだしばらくはじっと貝になって足場固めの時期かなあ、早くイオンくんを安心させて欲しいけど。


と相変わらずリアルシンチェモード全開ですが(爆)妄想劇場は手がつけられず宿題~。
今日はイオンくんの命日、2008年8月21日からもう4周忌になるんだなあ。
夜にはそれも絡めてアップできるかなあの予定は未定、ジフニとウネちゃんもきっとイオンくんを思い出してるに違いない! というわけで今日はここまで~。

 イ・ビョンホン自筆手紙“イ・ミンジョン、私に最も大切な人”告白(全文)
2012年08月21日 (火) | 編集 |
俳優イ・ビョンホンが自筆手紙を通じて俳優イ・ミンジョンとの熱愛説を認めた。

イ・ビョンホンは19日自身の公式ホームページに自筆手紙を公開してイ・ミンジョンと交際中である事実を公式に知らせた。

自筆手紙でイ・ビョンホンは“私に一緒にしたい人ができました”として“何年か前の知人を通じて知るようになったイ・ミンジョンと今年の初め偶然な席でまた会ったし真剣に異性としての感情が芽生え始めた”とイ・ミンジョンとの出会いを明らかにした。

去る4月ふくらんだ熱愛説を否認したことに対しては“2人だけの個人史だとあまりにも多くの人々に公開されなければならないことでもあり家族や各自所属会社との関係図あって見たら感情にだけ偏って軽率でないようにもう少し慎重でしたかった”と説明した。

イ・ミンジョンもまた、同日自身の公式ホームページを通じて“イ・ビョンホン先輩と恋人で真剣に会っている。 4月にはまだファンたちと大衆に公開されることにより体験することになる状況に対して耐える準備がそこまでされていることができなかった。 何よりご両親と所属会社全部ご存知なかったことだと私の立場でさらに用心深くならざるをえなかった”として熱愛事実をファンたちに直接伝えた。

次はイ・ビョンホン自筆手紙全文。

[READ MORE...]
 イ・ビョンホン-イ・ミンジョン、結婚前提熱愛"両家両親認定" [総合]
2012年08月21日 (火) | 編集 |
映画俳優イ・ビョンホンとイ・ミンジョンが結婚を前提にして真剣に交際中だと確認された。

二人は19日午後公式の立場発表を通じて二人がつきあって長くなったことを明らかにして昨年からふくらんだ熱愛説を認めた。 先にイ・ミンジョンはこの日公式ホームページに"私どもの二人が恋人で真剣な出会いを持っていることを申し上げる"と明らかにした。

引き続き"女として俳優としてそして娘として多くの悩みと心配があったがもう勇気を出そうと思う。 皆さんに告白することによって皆さんの応援の中で幸福を作っていこうとする"と激励を頼んだ。

その間非公式的に会ってきた二人の交際は両家両親たちの認められるほどなので単純な恋愛段階はすでにかなり以前に過ぎたと伝えられた。

ある側近はこの日OSENに"二人が親しい知人たちだけ分かる状態で交際をしてきた。 所属会社もこれを認知できなくなっていたが、最近証券街チラシ等を通して全く話にならない悪性デマが広がった。 偽りのうわさが両家家族に及ぼす悪い影響などを考慮する時いっそ交際事実を公式認めるのがより良いと判断した"と話した。

二人は結婚が確定する時これを公式発表しようとしたが、絶えないデマによって結局熱愛事実から知らせることになったという伝言だ。 まだ結婚計画を具体的に捉えはしない状態なのに、結婚を前提に両家両親に会って挨拶を交わしたし、これら両親たちも公開に力を与えながらこの日の公式発表を決めた。

二人の熱愛説は昨年末から絶えずふくらんだし、映画界とドラマ界を合わせるトップスターカップル誕生という点で大きい話題を集めてきた。

[OSEN 2012-08-19 12:34] 元記事はこちらから

20120818-4.jpg

※いまさら感のある話題ですがリアルシンチェに続く伏線として押さえておかねばと~、この話題もう少し続けます~。

 [公演]アイドル スターが占領したミュージカル‘光と影’
2012年08月20日 (月) | 編集 |
アイドル スターがミュージカル舞台を占領した。 最近になってアイドル スターが主役を演じたミュージカルがあふれている。 2000年代に入りアイドル スターが本格的にミュージカルに進出し始めたしその起爆剤はまさにアイドル1世代であるグループSESパダとピンクル オク・ジュヒョンだ。 以後数多くのアイドル スターが粘り強くミュージカル界に進出しながらもうアイドル スター主演のミュージカルはありふれている風景になった。 また、アイドル スターのミュージカル国内外観客動員力やはり想像を超越するほど高くて製作者は先を争ってアイドル スターキャスティングに血眼になっている。

少女時代、ジェシカ、カラキム・ギュリ、スーパージュニアイェソンとキュヒョンなどアイドル グループ メンバーらとイ・ジフン、キム・ジョンフンなどアイドル スターなど数多くのアイドル歌手がミュージカル舞台に上がっている。

その中‘エリザベート’で熱演したグループJYJキム・ジュンスは3年連続ミュージカル舞台に立った代表的なアイドル歌手だ。 2009年ミュージカル デビュー後初めてのデビュー作‘モーツァルト!’は世宗文化会館全席売り切れ記録を立てたし二番目の‘天国の涙’は20回公演中17回売り切れという記録を立てた。 三回目作品‘エリザベート’もやはり32回公演が前売りオープン10分目に全席売り切れてチケットパワーを立証した。 ‘第6回ザミュージカルアウォーズ’で3年連続人気スター賞を受賞したし2個の新人賞を握って実力を認められることもした。

キム・ジュンスだけではない. 今年夏ミュージカルもアイドル スターが掌握した。 グループ2AMチャンミンは‘ラカージュ’でゲイご両親下でうらやましいことなしで愛されて育ったジャンミシェル役を担った。 スーパージュニア ソンミンは‘ジャック ザ リッパー’のダニエルに扮し熱演を広げている。 ビーストのチャン・ヒョンスンはJYJキム・ジュンスが興行突風を起こした‘モーツァルト!’に後に続いた。 チャン・ヒョンスンは音楽に天才的な才能を発揮する主人公モーツァルト役にキャスティングされた。 B1A4の山々は‘兄弟は勇敢だった’に出演する。 お父さん葬式で繰り広げられる話で優しい兄と違いカッとする性格の弟チュボン役に観客と会う。

このようにアイドル歌手出身韓流スターのミュージカル出演が急増しているのは観客動員力が大きいスターパワーのためだ。 特に海外市場で脚光を浴びているK-POPアイドル主役がミュージカル市場へ渡ってきて国内外観客を引き込んでいることだ。 チケット販売社であるインターパークに違えば2011年一年ミュージカル公演に対する外国人前売りが前年対比167%増加したしソウル市子供ツアーサイト集計は2011年外国人観客前年対比117%増加したことが分かった。 これはアイドル スターのミュージカル主演化が招いた現象だと専門家たちは分析する。 また、アイドル スターのミュージカル進出が洪水になるのはこれらがミュージカル製作費投資誘致に決定的な役割をするのも一役買っている。

だが、アイドル スターのミュージカル進出が肯定的な部分だけあるのではない。 演技と歌などミュージカルに最も必要な準備と実力不足でミュージカルの完成度を墜落させるアイドル スターが少なくないためだ。 ミュージカル俳優名ナムキョンジュは最近MBC ‘黄金漁場-ラジオ スター’に出演してアイドル スターの無分別なミュージカル進出に厳しい忠告を与えた。 舞台に臨む一部アイドル スターの不誠実な姿勢のためだった。 忙しいスケジュールのために練習量が不足したアイドルのために他の俳優まで被害を受けるというのがナムキョンジュの話だ。

また、アイドル スターに過度に支給される出演料も問題点と指摘されている。 限定された製作費で特定アイドル スターに過度に出演料が支給されて舞台セットなど完成度を高める部門に粗雑にされるほかはない。 ミュージカル俳優のギャランティーは非公開だが関係者によれば知名度があるアイドル スターの場合、一回当たり1000~3000万ウォン近く受けると分かった。

専門家たちは“アイドル スターが公演界に進出しながら国内外観客の関心を呼び起こすのは肯定的だ。 だが、色々な俳優らと呼吸する舞台では意欲だけ持って進出すればかえって毒になることができる。徹底した実力と準備をしてミュージカル舞台に立ってこそ観客の正しくなされた評価を受けてミュージカルが発展することができる”と説明した。

もちろんミュージカル舞台に立ったアイドル スターが低評価されることに反対意見もある。 国内外スケジュールが多いアイドルは特別な場合を除いて一般俳優らと練習量を合わせて特別課外をする場合もある。

[イートゥデー 2012-08-17 11:58] 元記事はこちらから

20120820-6.jpg

※経験値も実力もなくギャラだけミュージカル俳優さんよりも持っていくんだったらいくら契約だとしても本人いやだろうに。。。って誰のことをとあえて言ってるわけでなく一般的に考えて(爆)。

でも新しい才能が開花していく様を観られたら最高だよなあ。

 ミュージカル‘レ・ミゼラブル’ 11月韓国初演控えて製作発表会持って
2012年08月20日 (月) | 編集 |
ミュージカル‘レ・ミゼラブル’韓国語初演製作発表会が20日午後2時ソウル、中区新世界百貨店本店新館10階文化ホールで進行された。 この日発表会はミュージカル‘レ・ミゼラブル’主役らとレ・ミゼラブル コリア チョン・ミョングン・キムさんでは代表と容認文化財団キム・ヒョクス常任理事などが位置した。

今回の公演の主役は7ヶ月間10次にかけた難しいオーディション過程を通じてキャメロン・マッキントッシュ プロデューサーが直接選抜して話題になったことがある。 また、スターキャスティングやダブル キャスティングなしで1年余りの間ワン キャスティングで公演されるという点で特別な意味を持つ。 レ・ミゼラブルコリア チョン・ミョングン代表は“この席にある俳優が私たちのミュージカル界の未来だ。 長い間のオーディション期間を経て実力を認証を受けたので常に最高のコンディションで良い公演を見せることを自信を持つ”と話した。

主人公ジャンバルジャン役にはチョンソンファがジャンバルジャンを執拗に追跡するジャベール警官役に俳優ムンジョンウォン、悲運の女性ファンテーヌ役にはチョ・ジョンウンが抜擢されて‘I dreamed a dream’を歌う予定だ。

ヴィクトル・ユーゴー原作を劇化したレ・ミゼラブルは1985年英国、ロンドン ウェストエンドで初演された以後今までずっと公演されている。 ‘ミス サイゴン’の作詞・作曲アラン・ブビルとクロード・ミッシェル スェンベルの初めての作品であり1987年ブロードウェーに進出して作品賞と音楽賞など8個の部門を受賞した。 ‘キャッツ’ ‘オペラ座の怪人’ ‘ミス サイゴン’と共に世界4大ミュージカルと呼ばれる程興行に成功した。 国内では1996年と2002年二度来韓公演だけ開かれた。

来る11月容認ポウンアートホール公演を始め大邱、釜山を経て来年4月ソウル ブルースクエア公演される。

[2012-08-20 17:05] 元記事はこちらから

20120820-5.jpg

※長期公演でワンキャスト!?
ジフニがジバゴやるって聞いた時ダブルキャストでも心配だったのにプロの世界ってスゴイ。。。
生命の航海の船長役でジフニと共演したムンジョンウォンさんにラカージュの愛すべきザザ役チョンソンファさんときたら行かねばなるまいにソウルは来年4月?待ちきれない(>_<)


レミゼは日本でもやるし映画化もされるし要チェック~。

 イミド、チュ・ジフンと入浴しようとありったけの力を込める女…実体は?
2012年08月20日 (月) | 編集 |
"イミドには申し訳ない話だが最大限美しくない世子嬪を見せてあげたかった。 それでもイミドは映画が興行に成功しようが、失敗しようが注目されるはずだ。"

コミック史劇'私は王である'のチャン・ギュソン(43)監督は封切り前このように話した。

タレント チュ・ジフン(30)が'世子チュンニョン'と'奴婢トクチル'の1人2役で期待を集めたこの映画は予想外に振るわない興行成績を見せている。 8日封切り以後19日まで約72万4000人を集めた。 約1113万観客が観た'泥棒たち'(監督チェ・ドンフン)の壁に遮られて、同じ日封切りしたもう一つのコミック史劇'風と共に去りぬ'(監督キム・ジュホ)に遮られたためだ。

しかしチャン監督の話のように'私は王である'は映画界に贈り物をした。 チュンニョンの妻'世子嬪'で出てきた映画俳優イミド(30)だ。 イミドはこの作品で既存の史劇の中の世子嬪の定形化されたイメージを破ってしまった。 清純きれいな容貌に気品と節制ある行動の既存世子嬪とは違ってもしばらく違う。 相対的にあまり美しくないことでも足りないように嫉妬と貪欲をよどみなく表現する。

世子嬪の初めての登場。 世子の居所の外あの遠くから見覚えがあった品格ある身だしなみの世子嬪が尚宮、ナインを率いて歩いてくる。 ところで世子嬪がますますタガワ スクリーンに顔が大きく捕えられるとすぐに観客は驚く。 コメディアン出身MCキム・ミファ(48)の'純悪質女史'時期の姿を連想させる女が立っているためだ。 '世子嬪で合う?','服装は合うのに…','尚宮と違うの?'など各種反応が出てくる。 イミドは明確に世子嬪だ。

20120820-1.jpg 20120820-2.jpg

[READ MORE...]
 1年ぶりカン・ホドン復帰、憂慮より歓迎される理由は…
2012年08月20日 (月) | 編集 |
放送人カン・ホドンがSMと手を握って放送に復帰する。 昨年9月脱税疑惑で物議をかもしたカン・ホドンは放送暫定中断宣言をして大きい波紋を起こした。 17日カン・ホドンの復帰の便りに物議をかもした芸能人の復帰時点に焦点が合わされている。

▲‘脱税疑惑’カン・ホドン、ぴったり1年

最近何年間カン・ホドンはそれこそ自身の年を送った。 ユ・ジェソクと共にツートップを成し遂げて芸能大物と呼ばれた。 彼はMBC ‘黄金漁場-膝打ち導師’、KBS 2TV ‘ハッピーサンデー-1泊2日’、SBS ‘強心臓’等のMCで活躍して放送3社でいわゆる話す最もうまく行くプログラムを代表した。 しかし昨年9月税金過小納付論議に包まれながらデビュー以後最初にブレーキがかかった。 常勝疾走してきたカン・ホドンは避けないで急ブレーキを踏んだ。 記者会見を自ら要望して放送で暫定引退を宣言して大きい波紋を起こした。

以後彼はちっ居生活をした。 対外活動を慎んだし、知人たちにも会わなかった。 それに対する世論が変わりながらカン・ホドンは20億相当の平昌土地を寄付して、各種慈善行事を通した社会還元作業をした。

休むということなしに駆け付けた過ぎた日を見て回って乱れた自身を揺り動かす姿が歴然に見えた。 約1年ぶりに放送復帰を宣言した彼を眺める大衆の視線は比較的柔順だ。 あるアンケート調査によればカン・ホドンの復帰を賛成するというネチズンは何と70%に達した。 自粛期間の間カン・ホドンの歩みは世論を意識した歩みでない、心より放送の大切さを悟って自身を見て回る真の時間になった計算だ。

ポータルサイト掲示板などに上がってくるコメントだけ見ても知ることが出来る。 カン・ホドンの復帰報せに接したネチズンは“1年休んだらもう飢える時もなっただろう。 熱心にして下さい(@kks******)" “カン・ホドン1年ぶりに放送復帰慶祝慶祝!!!(@lee*****)" “や本当に冗談でなく(便り聞いて)我が家降りて行く廊下で大声を出した(@Hee*****)" などの反応を見せた。 また、放送界でも彼の復帰を喜ぶ雰囲気だ。 現在の焦眉の関心は彼がどんな放送局のどんなプログラムに復帰をするのかに合わせている。 また、カン・ホドンの復帰でユ・ジェソク1人独走体制に変化があるのか成り行きが注目される。

▲チュ・ジフン、麻薬波紋踏んで4年ぶりにテレビ劇場復帰

チュ・ジフンは去る2009年4月麻薬投薬疑惑で不拘束起訴された。 当時チュ・ジフンは懲役6ヶ月執行猶予1年と社会奉仕命令を宣告された。 以後彼は2010年特戦司令部常勤予備役で入隊したし2011年11月除隊した。 除隊後彼はSBS ‘大風樹’出演に有望視されたが失敗に終わったことがある。 これで2012年8月SBS ‘五本の指’に出演確定になった彼は約4年ぶりにテレビ劇場に復帰するわけだ。

その間麻薬疑惑物議をかもした芸能人の平均復帰期間が20ヶ月であることに比較するとチュ・ジフンは多少長い自粛期間を持った。 しかし麻薬疑惑は打撃が大きい事案であるだけにネチズンは彼の復帰に賛否様相を浮かんでいる。 反対意見では“麻薬疑惑で社会的物議をかもした人が毎日TVに出てくるのが不便だ” “青少年も見る地上波ドラマに出演するのは時期尚早”等があったし賛成側では“より大きい物議をかもしても放送に堂々と復帰したよ” “4年なら他の芸能人よりはるかに長いのではないのか”等の意見を出した。

▲‘アイドル’は早い、Gドラゴン自粛期間0?

Gドラゴンは2011年10月大麻草を満ち足りている疑惑で検察から起訴猶予を受けた。 しかし彼は大麻草疑惑にもかかわらず当日広告撮影も予定通りに進めたし2ヶ月ぶりに放送に復帰して大衆の叱責を受けた。 彼は大麻草事件によりビッグバン カムバック時期に影響を及ぼしただけでなく日本活動に大きい支障を与えた。 当時ビッグバンは日本ですべての放送に出演が不可能なことは反面韓国では何ヶ月後である2012年2月芸能番組に出演した。 Gドラゴンは当時交通事故物議をかもしたメンバーテソンと共にSBS ‘ヒーリングキャンプ、うれしくないのか’に出演して大麻草事件に対して謝罪の立場を明らかにしたがテソンに比べて反省の態度が物足りないという指摘を受けた。 しかし以後ビッグバンは3月新しいアルバム‘アライブ(ALIVE)’を発表して活発な活動を広げたし現在のGドラゴンはソロ2集アルバム準備に真っ最中だ。

▲自粛期間1ヶ月で一生? ‘千差万別’

Gドラゴンだけでなくアイドル メンバーは多少復帰時期が早い方だ。 ビッグバンのテソンもやはり交通事故物議をかもした後6ヶ月ぶりにカムバックした。 最近グループ2PMニックンもやはり飲酒運転および交通事故で物議をかもしてそのまた達した復帰をするのかに対しても関心が集中している。

反面復帰時点が不透明な芸能人もある。 放送人シン・ジョンファンは2010年フィリピンで億台遠征賭博をした疑惑で懲役8ヶ月を宣告された。 彼は過去2度も賭博で処罰を受けたのにかかわらずまた、賭博事件に包まれて放送復帰に大きい困難があるものと見られる。

放送人キム・グラは過去インターネット放送で慰安婦発言をしたのが今一度論議を起こして放送暫定引退を宣言した。 彼は交通事故や麻薬疑惑とは違った社会的問題と関連して放送復帰が確実でない。 現在のキム・グラは放送復帰計画がないということを明らかにして奉仕活動をして忙しい毎日を送っていると分かった。

歌手コ・ヨンウクは最近性暴行疑惑に止めて大衆に大きい衝撃を抱かれた。 警察調査以後彼は性暴行証拠が不足して性暴行疑惑でない姦淫疑惑で検察に送検された。 しかし彼は性暴行関連事件にまきこまれたことだけでも途方もない打撃を受けたし大衆にも消されないイメージを植えたので未来の放送復帰も不透明なものと見られる。

[毎日経済 2012-08-19 10:07] 元記事はこちらから

20120819-5.jpg 20120819-6.jpg

※罪の重さは段違いだけどジフニは法律的に罪を償ったし十分時間をかけて自分を見つめ直しいよいよ再生する時が来たわけで、ファン以外の方々には好意的でないまでも先入観は置いておいてニュートラルな気持ちでジフニを見て欲しいなあ。

 チュ・ジフンを‘拒否する’あなたたちに(インタビュー)
2012年08月20日 (月) | 編集 |
"私がチュ・ジフンを喜んで捉えた理由があります"

もしかしたらチュ・ジフンという名前をずっと言及することが映画にはそれほど大きな役に立たないかもしれない。 彼を惜しんだだけに大衆はまだ彼に心を開くことができなかった。 もちろんチュ・ジフンと実際に向き合うならば100なら100 '思ったよりなかなか良い人だね'という考えをするようになるだろう。 だが、スターと大衆が会うことは容易ではない。 彼を絶えず代弁して自ら疎通の機会を開くことが最善の方法だ。

映画'私は王である'チャン・ギュソン監督は'知っている人だけが分かるという'チュ・ジフンの魅力を直ちにキャッチした。 最善を尽くして映画を作ったしチュ・ジフンと呼吸した。 どの監督とどの俳優が作品を示して"熱心にできなかった"という話をハゲンニャマンは二人は確かにもう少し特別だ。 再び映画版に戻ってくるまで本当に長い時間がかかった。

"実際に会ってみたチュ・ジフンはどんな俳優か"多くの意味が含まれている質問にチャン・ギュソン監督は"チュ・ジフンという'俳優'は保身を図らないで、チュ・ジフンという'人'はそのように率直なことはできない"として"多くの方々がチュ・ジフンという俳優を拒否しているということをよく知っている。 それにもかかわらず、チュ・ジフンだからキャスティングした理由も明らかにある"と述べた。

'私は王である'は世宗大王(セジョンデワン)が即位する前、すなわち世子チュンニョンシジョル起きたような15日間の話を扱った作品だ。 チュンニョン、そしてチュンニョンとそっくり似た奴婢トクチルを演技したチュ・ジフンは成長談を描き出して自身も共に振り返ってみた。 歯をくいしばって演技したという表現がぴったり合うほどチュ・ジフンは好演を広げて出した。 だが、映画のクライマックスの部分は多少残念な思いをする。 徹底したワンマンショーが2%不足したこと。

宮にまた戻ってきたチュンニョンが外国使節に朝鮮の世子として大きい声で叱り飛ばす。 滑稽な行動と分別がない姿をいっぱい見えた100分の方は180度変わらなければならなかった。 チャン・ギュソン監督はこれに対して"その場面を撮る時私もジフンもストレスをたくさん受けた"として"現場は確かに理論的でない。 その状況で声トーン、発音など注意深く表現しようと努力した"と説明した。

"事実大使から表情、身振りなどがやぼったくなければならない。 宴会場で叫ぶということはまもなく演説だ。 なぜ選挙の時ごとに候補らが演説するのを見れば真正性が感じられるのか。 雄弁式で話さなければならないためだ。 避けられなかったということが合う。 色々なトーンでとったが前後とよく連結されなかったよ。 世宗文化会館より何倍も干すということは野外空間でその程度発声をやり遂げたということはチュ・ジフンがどれくらい気を遣って演技したのか知ることが出来る。 少しうじゃうじゃとうごめいても。(笑い)"

どんなキャラクターより難しい役割を受け持って誰よりかろうじて演技した。 もう演技一つしか眺めることはできないチュ・ジフンは前作より監督を10倍以上近く会ってくどくどと炒めた。 彼の情熱はびっくり露出シーンでも光を放った。 分かってみれば女優よりより大きい羞恥心を感じることがまさに俳優だ。 バンド? 工事? なかった。 クールな演技にチャン・ギュソン監督は繰り返し有り難く思わなければならなかった。

"木を捕まえて大きい材料で仕事をするシーンがる。 観客はピピーっと笑い出して軽く行き過ぎることができる場面だが俳優としては本当に堪え難い。 間違って撮影すれば全部見えることもできる危険負担も大きい。 事実露出演技は女優より俳優がさらに敬遠してする部分だ。 ジフンも素早くぶつぶつ言ったのだが持ち出して驚くほどとてもよくした。 予定にないのをしなさいと言ってもさっと片づける俳優が監督としてどのように憎いことがあるか。"

跡継ぎと奴婢1人2役を演技しなければならなかったために数十 数百着の服を着替えて撮影しなければならなかったしキャラクターをこんがらからないために相当な集中力を見せるべきであることもした。 "90%は一人ですべてしたといっても過言ではない"そのまま捨てることとても惜しいビジュアルと才能が今回の映画を通じてよみがえった。 チャン・キュソン監督は"'あの子がどのように演技するが一度見よう'という反感から持っているならば映画を見るのが難しいだろう"として"心をごつんと置いて気楽に考えてほしい"と頼んだ。

チャン・ギュソン監督がチュ・ジフンを陰から抜け出すようにしたとすればチュ・ジフンはもう自ら私の光を再び探さなければならない。 事実今'私は王である'に対する大衆の評価は苛酷だ。 同日封切りしたチャ・テヒョンの'風と共に去りぬ'(監督キム・ジュホ)に比べて半分ほどもまだ達し得ない観客が劇場を探した。 憂慮は現実になったしチャン・ギュソン監督はまた他のプロジェクトを計画しなければならない。

"チュ・ジフンが世宗大王でないごろつきや組織暴力の役割に出てきたとすれば今より袋叩きにはあまりなっていなかったかも知れない。 だが、この映画を最初に始める時私たちは'ベストになれなくてもできる限り力を集めてみよう'と念を押した。 俳優として十分な価値がある。 スクリーンに関わっている同時期に愛を受ければはるかに良いがそうでないならば時間が少し過ぎた後再評価受けることになる日が明らかにあることと考える。 その信頼が通じることと信じている。"

'私は王である'は朝鮮時代を背景に世子チュンニョンが奴婢トクチルと身分がさかさまになりながら星群世宗大王(セジョンデワン)に成長していく過程を描いた作品だ。 運命のいたずらのように一瞬に完全にさかさまになった世子と奴婢という素材と興味深いストーリー展開が社会をつねると同時に暖かい笑いをプレゼントする。

[ニュースエン 2012-08-18 13:59:47] 元記事はこちらから

20120819-1.jpg

昨日真っ先にアップしようとして翻訳加工途中で寝ちゃった記事(>_<)
赤字コメは夜あらためて~。ビョンホン氏熱愛記事絡みでひさびさシンチェ妄想劇場復活の予定も~^^

 [キム・イングのリアル レビュー] ‘私は王である’チュ・ジフンに、チャ・テヒョン-イ・ビョンホンが見える理由
2012年08月15日 (水) | 編集 |
この頃チュ・ジフン(30)のスクリーン カムバックに関心が集められています。 2009年麻薬事件とそれにともなう軍服務以後初めてファンとの出会いを試みることだし興行成績がとても気になるためですが。

その試験台はまさに去る8日封切りしたコミック史劇'私は王である'(テイジエンタテインメント製作、チャン・キュソン監督)です。 ここでチュ・ジフンはチュンニョンデグンと奴婢トクチルの1人2役を引き受けました。 チュンニョンデグンはご存じのように太宗の三番目の息子イドで、壮者であるヤンニョンデグンを代って朝鮮4代王に上がった世宗大王です。

映画は米国の大文豪マーク・トウェインの小説'王子と乞食'(The Prince and the Pauper)でヒントを得てチュンニョン大君とトクチルが顔が同じような外見だったという仮説下に二人の境遇がしばらくさかさまになる過程を見せます。 チュンニョンが新しく皇太子に冊封された後心理的負担と圧迫を耐えることができなくて宮を脱出することになっておりしも同じような外見なトクチルがチュンニョン大君の振舞いをしながら広がる騒動でしょう。 基本的に両極端の身分を持つ二人がさかさまになるという設定なので好奇心を誘発してユーモアと風刺もいっぱいです。 すなわち、興行の基礎要素は備えているわけです。

ところで問題はチュ・ジフンです。 麻薬事件で社会的物議をかもした彼がどれくらい安らかに観客と会うことができるかがカギです。 カン・ホドンが脱税疑惑と関連して責任を痛感して暫定引退中で、キム・グラが卑劣な言葉論議でやはり自粛の時間を過ごしているという点を勘案するならばチュ・ジフンのカムバックがひたすら歓迎されないという予想が可能です。 どうしても脱税や卑劣な言葉よりは麻薬がはるかに重罪ですから。

その上チュ・ジフンがその間一度もしてみなかった史劇演技でまた、容赦なく壊れる1人2役をしなければならないのでカムバック作品を選んでも本当にまともに選んだという気がさせます。 恐らく(チュ・ジフンを長く見守った記者が推測するに) 'するには本当にしてみよう'というチュ・ジフン特有の意地も作用しそうです。

しかしチュ・ジフンはこのような憂慮と不安を皆取りはらいています。 先週末二日間の興行曲線がこれを語ります。 たいてい日曜日観客数が土曜日観客数より少ないはずだが去る12日日曜日'私は王である'の観客は土曜日に比べてかえって20%も増えたことでしょう。 1000万を眺める'泥棒たち'と興行巡航中である'風と共に去りぬ'が10%程度観客数が減少したこととも比較されます。 封切り以後ずっとボックスオフィス3位圏に留まっているが徐々にうわさが立ちながら興行が良くなる潜在力があるということを語っているといえます。

実際に映画でもチュ・ジフンの活躍は非常に目立ちます。 権力の頂点で最も低い席に降りてきた皇太子の冒険や奴婢で一瞬に最も尊いからだになったトクチルの王宮体験は二人とも反転のユーモアを内包しています。 奴婢になったチュンニョンが大変なことを見て後処理をどのようにするかもしれないあわててその上にひっくり返るスラップスティックコメディー、皇太子になったトクチルが汚いからだを洗うために入浴をして突然皇太子妃の裸攻勢を受けるあきれてなどがいつも笑いをかもし出します。 一瞬明らかで誘致したコメディになり得るだろうがチュ・ジフンが知らんぷり急に離してする演技に自然に没頭することになります。 '美男'があれこれ区別しなくて壊れる姿で快感も感じられてよ。

チュ・ジフンには偶然にもチャ・テヒョンとイ・ビョンホンのにおいがするようです。 コメディ演技においては競争作'風と共に去りぬ'のチャ・テヒョンを思い出させます。 チャ・テヒョンはコメディに関する限り保証小切手のような俳優です。 彼が本来持ったしらじらしくて愉快なユーモアはどんな俳優もまねるのが難しい長所です。 '私は王である'のチュ・ジフンは'風と共に去りぬ'のチャ・テヒョンに次ぎます。 しらじらしいということと愉快なことはもちろん1人2役を消化する余裕まで見えます。

正劇演技においてはイ・ビョンホンの10余年前の姿を連想させます。 コミカルで中にペーソスがありウィットの中に恨みを含むのがそうです。 ところで偶然にも二人は直ちに色々な面で比較の対象になると見られます。 イ・ビョンホンが主演した同じ素材の史劇'鉱害、王になった男'が9月に封切りするためです。 ちょうど素材も似ています。 '鉱害、王になった男'は時代的背景とあらすじ展開方式が少し違うだけ王と賎民の身分がさかさまになるという設定が同じです。 '王子と乞食'役割を似ていた時に同時におよそ二人の俳優で比較されないわけにはいかないでしょう。 '私は王である'のチュ・ジフンでチャ・テヒョンとイ・ビョンホンを発見する理由がここにあります。

キム・イング記者

*ISシネマ指数

▲作品性★★★

[日刊スポーツ 2012-08-13 15:20] 元記事はこちらから

※長くジフニを見守ってきてくださったという記者さまレビュー、コマスミダ。

 ‘私は王である’コミック俳優の熱演にも'虚しい笑い'が出てくる理由
2012年08月15日 (水) | 編集 |
コメディ王たちの帰還、'私は王である'が封切り満一週間をむかえた。

太宗イ・バンウォンの本だけ読んだ三番目の息子チュンニョンが‘世宗大王’という星群になるまで3ヶ月の記録が実際の歴史の中に存在しない。 これをチャン・キュソン監督は実存人物に虚構の話を持ってファクション映画で作って‘私は王である’が世の中に光を見ることになった。

ファクション映画は事実(ファクト)と虚構(フィクション)を適切に混ぜて実存人物をどのように再解釈するかがカギだ。 まず結論から言ってみれば‘私は王である’はチュンニョンが2012年現在を買う人のように描かれたとのことが最も大きい傷だ。 飢えて死ぬ国民らを実際に見て嘆くチュンニョンの姿は映画に陳腐さを持ってきた。 事実が場面は王になりたくないチュンニョンを変化させる契機になる重要な場面だ。 だが、明らかにあらわれる一次元的なストーリーによって事件の緊迫することを持ってこれなかったし話の段階で‘絶頂’部分が薬害後半部で感動を十分に引き出すことができなかった。

ファクション映画といったがそうするには多少無理があるほど‘チュンニョンの3ヶ月の記録空白’にだけ話が描いていって、歴史の中で絶対権威にあった太宗を戯画化させたという点でも多くの物足りなさが残る。 映画‘女の先生vs女弟子’、‘移葬と郡守’等キャラクター中心のコメディ映画で注目されたチャン・キュソン監督の映画らしくコメディとしては成功した。 だが、ファクション映画というには人物を借用しただけ全く新しいキャラクターで作ったとのことが惜しい。

もちろん映画がコミック史劇ジャンルということをあらかじめ公示した。 だが、単にコメディで始めてコメディで終わった。 ドラマ‘宮’以後で社会的物議をかもして芸能界で姿を見せなかったチュ・ジフンは軍除隊後復帰してチュンニョンとトクチル、1人2役という相反した二つのキャラクターを演技しなければならない難しい役を担ったがあたかも二人を演技するように派手な熱演を広げた。 だが、彼の演技まで光を放つことができなかったことは映画自らのストーリーが底力を発揮できないためにある。

チュ・ジフンだけでなく中年俳優の硬い甘草演技はコメディというジャンルらしく観客に笑いを持ってきた。 意欲だけ先んじた護衛武士ヘグ役のイム・ウォニ、力があふれる護衛武士ファング役を担ったキム・スロ、話よりからだが先に反応する太宗役のパク・ヨンギュ、嫉妬心多くの世子嬪役のイミドは映画全体の笑いを導いた名品俳優であった。 硬い中年俳優たちの演技を本来映画自体が導いて上げることができないという感じを最後まで追い落とせなかった。

だが、配役中トクチルが愛したお嬢さんの役割の俳優イ・ハヌィの演技が物足りなさが残る。 上映前からチュ・ジフンの次に主演で出演すると知らされたイ・ハヌィの役割はポスターにもない俳優イミド、子役俳優キム・ソヒョンより存在感が微弱だった。 かえって色々な作品ですでに助演で及ぼした存在感を見せたイミドはこの作品でも強い印象を残したしコミカルな世子嬪の演技をした。 認知度面で優勢なイ・ハヌィを配慮するためのものなのか映画封切り前からイ・ハヌィがスポットライトを受けた。 だが‘私は王である’でイ・ハヌィは過大包装された贈り物のように存在感も少なかったし強い印象を残すことができなかった。

事実この映画は歴史的な事実と結びつけてみるならば明らかに100%物足りなさでいっぱいである映画だ。 だが、すでに‘コメディ王たちの帰還’といえるだけにコメディ俳優の‘コミック’演技で‘興がわくように笑ってみよう’ということがこれらの目的だった。 それなら監督が成し遂げようと思う所期の目的はどうなろうと達成したわけだ。 だが、二匹ウサギを捕まえるには失敗したのか。 作品の完成度面では喜劇的な要素によって劇的緊張感がなければならない部分でかえって劇の面白味が半減した。 穏やかにコメディ プログラムのように笑う要素は明らかにあちこちに存在した。 だが、ひたすら笑って終わった映画で劇場を立ち向かう観客は空の笑いが持ってくる虚しさを消すことはできない。

‘私は王である’は穏やかな上昇街道を乗って栄進委集計結果現在の上映される映画順位3位を記録している。 だが、1位‘泥棒たち’に続き2位に記録された‘風と共に去りぬ’の前売り率30%に比べて‘私は王である’という8%台の前売り率で去る8日開封日から現在まで49万 594人の累積観客を記録した。

明日光復節をむかえて公休日観客と今週週末観客をひきつけることができるだろうか。 ‘私は王である’という3億ウォン相当の大々的なマーケティングを広げると宣言したし、また、光復節をむかえて徳寿宮で市民を招請して野外試写会を開催するなどイベントで観客追求に出る展望だ。

[レビュースター 2012-08-14 11:48] 元記事はこちらから

※厳しいレビュー(>_<)

興行出だし厳しいのは事実ですが自分の目で見るまではどんなレビューにもユルがない~

 故スンギュ、バイク事故現場"残酷だった"
2012年08月13日 (月) | 編集 |
俳優スンギュ(32.実名イ・スンギュ)が11日バイク事故で死亡した中で事故現場に対する関心が高まっている。

スンギュは11日明け方6時頃2012ロンドン オリンピック サッカー3-4位戦韓国:日本競技を応援するために外部に出て行ってバイクで帰宅している間事故に遭った。 安養方面でコーナーを回っている間ガードレールと衝突した。 ヘルメットを使っていたが頭を大きくケガした。 事故現場で死亡した状態であった。

関係者によれば当時事故現場は残酷だった。 病院に移すために現場に到着したが、その場で死亡した状態と手を使う方法がなかったという関係者の話だ。

一方スンギュは2007年ドラマ'キッズギャング'助演でデビューした。 以後'イサン(2007)' '天下一色薄情金(2008)' 'TV小説青春礼賛(2009)' '彼らが生きる世の中(2008)等が出演した。 最近ではMBC週末ドラマ'武神'に出演中だった。

特有の個性あふれる演技で大衆の関心を集めていきつつあった彼は最近側近に"幸せだ"という話をしばしばして楽しい毎日を送っていた。

特に所属会社では後輩管理をするなど後輩に対する愛が特別で、演技に対する情熱を積極的に育てていっていて遺憾をかもし出す。

故人の葬儀室はソウル 江南聖母病院葬儀場に用意されたし出棺は13日午前、埋葬地は京畿碧蹄追慕公園だ。

[マイデイリー 2012-08-12 16:27] 元記事はこちらから

※演技への意欲、"幸せ"と語る充実した毎日、、、そんなところもイオンくんと重なる。
来週の命日に話題にするつもりでしたが予期せずこんな風にイオンくんを懐かしむこととなりました。彼も早朝、楽しい時間からの帰り道の事故。行きの通勤電車で悲報を知り涙堪えられなかった4年前の朝を思い出します。事故当日の総合記事(こちら)、当時ミニホに残されていた書き込みの話題(こちら)を読み直し、今も薄れない切なさ、悔しさがふいに蘇ってきました。どんなに今が幸せでもある日突然煙のように消えてしまうこともある。だからいつでも今日が最後と思って今この瞬間瞬間を大切に悔いなく過ごさなければ。


イオンくんに会いたい;;

 俳優スンギュ、バイク事故史…イオン・キムミンスに引き続き‘芸能界悲劇’
2012年08月13日 (月) | 編集 |
MBC史劇ドラマ‘武神’に出演中だった俳優スンギュが去る11日午前不正の交通事故で世を去った。 享年31才。

スンギュの所属会社台風エンターテインメントによればスンギュは11日午前2012ロンドンオリンピック男子サッカー銅メダル決定戦を応援して帰宅している間ガードレールに突っ込んで頭をぶつかってその場で亡くなった。

スンギュの死亡の便りがより一層残念な理由は芸能界でバイク交通事故による死亡事件が今回が初めてではないため。 2010年10月29日死亡したタレント カン・テソン(死亡当時33)と2009年6月にはモデル出身映画俳優キム・テホが全部バイク運転中に事故で落命した。

以前にも芸能界でバイク事故によって犠牲になった惜しい人材はあった。 2008年4月ナムソンデュオマンデーキッズ メンバーキム・ミンスが、8月には俳優イオン(実名パク・サンミン)がそれぞれバイク事故で突然に亡くなってファンたちの心を痛くした。

不意の事故によって嘱望されたスターが運命を別にする悲劇は芸能界で毎年繰り返されている。 特にバイク事故による死亡事件は‘新人の墓’と呼ばれるほど今まさに名前を知らせようとする新人スターに集中的に発生してより一層遺憾を与えている。 芸能人本人だけでなく関係者たちの細心の注意が必要な時点だ。

去る11日死亡したスンギュは去る2007年ドラマ ドラマ‘天下一色薄情金’でデビュー、‘強敵’ ‘彼らが生きる世の中’ ‘箕察雨録’等に出演したし、現在MBC週末史劇‘武神’でキモンチュィ役に出演中だった。

故人の葬儀室はソウル、盤浦洞、ソウル聖母病院葬儀場9号室に用意されたし出棺は13日午前だ。

[SBS E! 2012-08-12 14:05] 元記事はこちらから

20120812-5.jpg 20120812-6.jpg

※真っ先に思い出した、来週21日が命日のイオンくんのこと。
スンギュ氏はヘルメットもちゃんと被っていたそうですがそれでも命は守れなかった。バイクって車と違って生身のカラダだからなおさら恐い。。。


 ‘皇太子’に帰ってきたチュ・ジフン“3年空白、言葉でみなどのように”
2012年08月12日 (日) | 編集 |
‘私は王である’でスクリーン復帰

皇太子チュンニョンと奴婢で1人2役
3年ぶりに初めてのコミック演技で挨拶
麻薬事件後“舞台懐かしかったです”
‘五指’で居間復帰も


俳優チュ・ジフン(30・写真)は去る30年の間コーヒーの味を分からなかった。 “使います。”長い足を組んで使ったエスプレッソを優雅に飲みそうな彼だが、この前一歩遅れて習ったコーヒーも水のように和らげるように他氷をいっぱい入れた後グルグルかき混ぜて飲む。 その他と自転車も“三十ができて”楽しむことになった。 演技者で常勝疾走して本人の“明白な誤り”という麻薬事件で非難された後、軍服務を終わって3年ぶりに大衆の前に帰ってきた彼だ。

彼に去る3年は前には追い立てようとしたことを習いながら人間として俳優として成熟さに“近付く時間”であり、再び舞台に戻ることができることを“待つ時間”だったという。 8日封切りした映画<私は王である>はその時間が産んだ最初の結果だ。

去る9日ソウル、三清洞にあるカフェで俳優にまた戻ったチュ・ジフンに会った。 朝鮮初期を背景にしたコミック史劇<私は王である>で彼は後ほど世宗になる皇太子チュンニョンと、チュンニョンにそっくり似た奴婢トクチルを1人2役で演技する。

王になりたくない柔弱なチュンニョンは宮廷脱出を敢行して、奴婢トクチルが不本意に宮廷に入ってきてチュンニョン役割をすることになる。 太宗役のパク・ヨンギュ、ファンヒ役のペク・ユンシク、チュンニョンの護衛武士であるキム・スロ・イム・ウォニなど出演陣綿々と派手だ。 “もう一度切実に感じたのが、上手にする方々と演技をすれば演技が上達します。 皆すごい方々でしょう。”

衣類モデルで活動したチュ・ジフンは2006年初めてのドラマ<宮>でスターダムに上がった。 以後ドラマ<魔王>(2007),映画<西洋骨董洋菓子店アンティーク>(2008)と<キッチン>(2009)で好評を受けたが2009年麻薬事件が起きた。 世間の叱責は鋭かった。 “私の誤りでしょう。 明らかな誤りであったし、反省をしながら人生を再び見て回る契機になりました。 熱心に生きなければならないと考えながら生きて。”

チュ・ジフンは“普段にはぴったり私の年齢同じ年頃男たちのように生きる”とした。 “友人会って、タバコも吸って、酒も飲んで。 大学路で公演も見て、明洞にもしばしば行って。”休む間、舞台はいつもなつかしい席であった。 “映画を見たり、公演会場に行けば時々恐ろしい時がありました。 俳優が扮装をして衣装を着飾ったことを見るが、そこで私が同じようにしている姿が鮮明に見えますよ。 とても懐かしかったです。 ずっとそうしました。”

彼の目標は“芸能人チュ・ジフンでなく作品の中キャラクターで記憶されること”だ。 <私は王である>以前までは1年に一編ずつ、ただあなた側の作品にだけ出演したが今はさらに活発に仕事をする計画といった。 彼の居間復帰作であるSBS週末劇<五本の指>は18日から放送される。 彼はミュージカル、演劇までジャンルを分けないで舞台に立ちたいという欲を表わした。

“3泊4日がかかるはずなのに…. 言葉で表現になりましょうか。 誤りをしたので叱責を受けるのが当然です。”麻薬事件以後軍服務まで続きながら人々の関心で遠ざかって過ごした時間に対する今の所感だ。 “そのまま、時間”だったとするが、詳しく聞いてみると少し特別に流れたようだ。

“時間は皆に違うように流れるでしょう。 友人が‘20分遅れる’でする時友人の20分と、いつくるかもしれないで待つ20分は他の時間ですね。”

彼が待った‘友人’は自身の演技を見る観客と視聴者である縁だ。 彼と‘友人’の3年ぶりの再会は<私は王である>の初めてのコミック演技挑戦の中で愉快になされる。

[ハンギョレ 2012-08-12 20:26] 元記事はこちらから

20120812-2.jpg 20120812-3.jpg 20120812-4.jpg

※先週末ご覧になった映画のご感想やいかに? 今週末この目で確認いたします!

 キム・ウンス“‘カクシタル’韓流スター出演拒否大笑い禁じ得なかった”一針(インタビュー)
2012年08月11日 (土) | 編集 |
キム・ウンスが'カクシタル'出演を断った韓流スターに向かって厳しい忠告を与えた。

キム・ウンスはKBS 2TV水木ドラマ'カクシタル'(脚本ユヒョンミ/演出ユン・ソンシク、チャ・ヨンフン)でコンノコウジ役を担って熱演を広げた。 コンノコウジは朝鮮人に対する偏見なしで実力のとおり起用して能力あるイガンド(チュウォン扮)を寵愛する唯一の人物だ。 8月8日放送された'カクシタル' 19回で殺害されて退場した。

先立って'カクシタル'は一部韓流スターが日本人気を意識して出演を固辞した事実が知らされて彼らに向かった苦言が続いた。 キム・ウンスもやはりこの事実を知って驚きに耐えなかった。 キム・ウンスは最近ニュースエンとインタビューで"韓流スターが断ったという話を遅く記事を見て分かった"と口を開いて苦々しいといった。

"日本をののしるように見えられる場合があるのでどうしても日本ファンが多くてできない? その話がマスコミに出てきたことを報告報告拍掌大笑に耐えなかった。 韓国の人なら韓国ファンたち、国民に認められるのが優先なのに日本ファンが恐ろしくてしない? 笑わせることだ。"

キム・ウンスは"日帝強制占領期間時代を美化することは当然ならない。 日本国民が見てもそれは当然であることだ。 日本国民が'カクシタル'を見て'あの子は韓流スターなのに私たちの日本を殴る作品に出てきた'で何というだろうか? 私が見る時そのような人はない。 かえって'あなた本当に演技上手くしたよ'という話をするだろう"と説明した。

引き続きキム・ウンスは"日本ファンが恐ろしくて断るのは有り得ないことだ。 韓流スターも良いが自国民が本人が好きにさせて彼らに認められることが優先だ。 それが正しいことだ"として"韓流スターだとして日本ファンたちが嫌いなような役割はしないということは誤った考えだ。 韓国ファンたちが離れて行くのは恐ろしくないのか"と話した。

"私が日本人役を担ったと日本人たちが私が好きか? そうではない。 21世紀まできた所にドラマは虚構の世界であることを皆が知っている。 かえって日本で'カクシタル'が良い作品だと買っていくかも知れない。 それだけ文化の壁がなくなった。"

キム・ウンスは現在の文化障壁が消えただけ歴史の中の話を描いたといって出演の有無を悩むこれらがいるという事実に遺憾を隠すことができなかった。 キム・ウンスは"昔には日本の人々が私たちの作品を見なかった。 だが、今は私たちの作品が通じている。 そのように変わったがいったいどんな話を聞いてそのような決定をしたことかわからない"とした。

"完全に考えを間違ったことだ。 すでにそのような式で世の中を眺める視覚から誤った。 それは違ったことだ。 日本ファンたちにも違ったことで韓国ファンたちにはさらに違ったことだ。 例えばペ・ヨンジュンが'カクシタル'イガンドをしたらファンたちが離れるか? そのようなバカな人がどこにいるか。 そうしたことを恐れては俳優になれない。"

[ニュースエン 2012-08-10 10:32:40] 元記事はこちらから

20120810-1.jpg

※何から何までごもっとも(>_<)。

カクシタル、ドラマとして脚色した部分もあるでしょうから国民感情がドラマを鵜呑みにして過激な方向に向かうことなく冷静な判断の下視聴されることを祈りつつ、こちらも現実から目を逸らさずに受けとめる覚悟で、ぜひ日本でも放送して欲しいものです。

日韓戦は気になりますが明日もお仕事なので今日はここまで~。

 'カクシタル'拍手が自然に起こった勇敢な慰安婦に言及
2012年08月11日 (土) | 編集 |
'カクシタル'というドラマは単純に英雄物ではなかった。

私たちの民族の最もつらい記憶といえる日帝強制占領期間を背景にする話であるだけに歴史的な認識が自然に出てくるほかはない。 このような問題意識を内包することになりながらドラマはますます完成度を加えて到底話せない程硬くなっていくようだ。 植民地朝鮮の現実を本当にドラマ全般でじわじわ話していきながら驚くべきだったが昨日放送では最も敏感だということができる部分が登場をした。 依然として解決しなくなっているところで慰安婦問題がドラマに全面に登場をしたことなのに日帝強制占領期間の依然として持続するつらい記憶といえる部分が出てきてそれに対して解いていく方式は視聴者たちがカクシタルに望む代理満足をまともに与えた。

依然として臆面もなく慰安婦問題を冷遇しようとする日本の対応とわが政府の消極的対処はいつもこの問題を扱うこと困難な立場を作ったといえるのにカクシタル製作陣は喜んで国民大多数の心境を入れた形態で慰安婦問題を最大限写実的に扱った。 時期適切だったサユリの3000万ウォン寄付とともに結びついて人々の関心がさらに消すことができた。

ドラマが慰安婦問題を扱う方式は本当に驚くべきだった。

なぜ現在の日本政府が最後まで慰安婦問題を冷遇するのかが分かる端緒を明らかにドラマに提示してなぜこの問題が簡単に解決されないかを知らせた。

20120810-2.jpeg

[READ MORE...]
 'カクシタル'韓日戦の前視聴者愛国心呼び覚ました
2012年08月11日 (土) | 編集 |
2012年8月、大韓民国の抗日精神がこれまで以上に熱く燃え上がっている。

現在の国民は数時間先に迫った11日2012ロンドン オリンピック サッカー韓日戦に対する勝利を念願している。

この競技は国内だけでなく外信でも"決勝戦よりさらに興味深いマッチアップ","良く眠れなくて行きながらでも見なければならない競技"等の報道を送りだすなど異例的に高い関心を見せている。

韓国と日本の返品して立つことはできない対決が鼻先に迫った中でこのような状況をより一層絶妙にさせるドラマがある。 まさにKBS2水木ドラマ'カクシタル'(脚本ユヒョンミ、演出ユン・ソンシク)だ。

‘カクシタル’はキャスティング初期から抗日の情緒が入れられたドラマという理由で多くの韓流スターの拒否にあってきた。 このような便りが伝えられるとすぐに'カクシタル'が扱う抗日運動に大衆の関心が傾き始めた。 だが扉を開けた‘カクシタル’は‘韓国型ヒーロー’、‘日帝時代を生きていく朝鮮の英雄物語’という評価とは違って保身を図るような場面で視聴者たちに怨まれることもした。 先立って登場した日本帝国主義の象徴である君が代と日章旗は論議の的だけ作っただけ激しい報復につながりはしないこと。

だが、去る8日放送された'カクシタル' 19回でカクシタル(チュウォン扮)は日章旗を半分に分けて破ってしまい、日本巡査をよどみないアクションで懲らしめた。

これだけでない。 9日放送された'カクシタル' 20回ではその間光復節ドキュメンタリーでも見ることができた素材である慰安婦問題を全面に登場させて視聴者たちの心を動かした。

この日'カクシタル'は日本が慰安婦を看護婦でだまして幼い女性たちを徴集する過程が実感できるように描かれた。 特に日帝の陰謀も分からないままひたすらおばあさんのために金を稼ごうと遠い道を離れるスニという少女の話を描いて視聴者たちの目がしらを濡らすようにさせたこと。

放送に接した視聴者たちは"ドラマで見るとより一層悲しい","慰安婦を描いた'カクシタル'本当に見るのを上手にした","昨日は痛快だったが今日は本当に腹が立って心が痛い"等の反応を見せて遺憾を表わした。

日章旗と慰安婦は大韓民国国民ならば世代不問敏感になるほかはない話だ。 しかし‘カクシタル’は無条件的にこの素材を活用して視聴者たちを扇動しないで適切なアクションと新しい話を入れて視聴者たちが自身が体験することが出来なかったおじいさん、おばあさん世代の話に感情移入できる契機を作っている。

このように‘カクシタル’は時には胸を熱く、時には詰まって感じでよく聞こえなくさせてその間忘れて生きた‘愛国心’という単語を呼び覚ました。

また、私たちがロンドン オリンピックを見て韓日戦を待つこの瞬間さえも‘カクシタル’の中で倒れていった私たちの先祖がいなかったとすれば絶対存在しなかった時間というものを教えていて意味が深い。

[TVデイリー 2012-08-10 16:50:49] 元記事はこちらから

カクシタル記事を続けます

 ‘アラン使徒伝’、製作発表会全世界に生中継“韓流ファン大きい関心”
2012年08月10日 (金) | 編集 |
ドラマ‘アラン使徒伝’の製作発表会が全世界に生中継される予定だ。

MBC新しい水・木ミニシリーズ<アラン使徒伝>(脚本チョン・ユンジョン/演出キム・サンホ)製作発表会が来る8月10日iMBC公式ホームページ、MBCフェイスブック、ユースゲップ、ユーチューブ内イ・ジュンギ公式チャネルを通じて全世界で生中継される予定だ。

<アラン使徒伝>は軍除隊後初めての復帰するイ・ジュンギ、2年ぶりにブラウン管に復帰初めての史劇に挑戦するシン・ミナの出演だけでもすでに全世界韓流ファンから大きい関心を集めている作品だ。

今回の生中継ではグローバル ユースゲップの安定したライブ ストリーミングを通じてiMBC公式ホームページ(www.imbc.com)だけでなく、MBCフェイスブック(www.facebook.com/MBC),ユースゲップ アランサトジョンチャネル(www.ustream.tv/channel/arang4to),ユーチューブ内イ・ジュンギ公式チャネル(http://www.youtube.com/OfficialLeejoongi)で1M高画質でサービスされるのに全世界どこでも生き生きした製作発表会を見ることができる。

それだけでなく利用者が見たいカメラを直接選択して見ることができるマルチ カメラ サービスが提供されるのに生中継を視聴する間‘全体カメラ、イ・ジュンギ カメラ、シン・ミナ カメラ’中望むカメラを選択してみたいスターと場面を選んで見ることができる。

一方、<アラン使徒伝>は・ギョンナムミリャンのアラン伝説をモチーフで自身の受けた死の真実を分かりたい娘おばけ‘アラン’(シン・ミナ)とおばけを見る能力を持っているお上‘ウノ’(イ・ジュンギ)が会って広げる朝鮮時代ファンタジーロマンス活劇で8月15日夜9時55分初放送される予定だ。

[韓国日報 2012-08-09 15:51] 元記事はこちらから

20120809-5.jpg

※生中継は14:00スタート!これは昼休みをムリヤリ合わせて見たい見た~い!

マルチアングルって画期的!ぜひSBS五本の指でもジフニチャンネル、チチャンウクチャンネル希望(爆)

 自由渇望したモーツァルト成長痛、アイドルと似ていた
2012年08月10日 (金) | 編集 |
"愛しています。"

一瞬大衆の歓呼を受けながらもややもすると下手すると限りない奈落に落ちることができる。 それがまさに芸能界の法則だ。 その起源はいつからだったのだろうか。 少なくとも'天才'で見なされた音楽家モーツァルトが生きた1700年代までは成立すると見ることができる。

ミュージカル<モーツァルト!>でモーツァルトはものすごい成長痛を体験する。 自由を勝ち取って離れたモーツァルトは人生の甘みと苦味を同時に味わって一指尺成長する。 しかし自ら成長したことを悟った時はすでにお母さんも、お父さんも失った後だ。 彼は結局レクイエム(死んだ人の魂を慰めるためのミサ音楽)を仕上げできず死を迎えた。

幼い時から天才の声を聞いて育ったモーツァルト。彼の人生は人気に生きて人気に死ぬアイドル グループのそれと妙に重なる。 だからだろうか。 チャン・ヒョンスン(BEAST)が挑戦した<モーツァルト!>では仮想と現実の境界を行き来する何かが感じられる。

チャン・ヒョンスンは<モーツァルト!>を通じて初めてミュージカル演技に出た。 先立って歌手先輩であるJYJキム・ジュンスが成功裏に公演したうえにパク・ウンテ、イムテギョンなどと共にキャスティングされたので負担感また侮れなかったはず。 しかしチャン・ヒョンスンはその全てのものを振り切って天才モーツァルトで、世宗文化会館に立った。

初めてなので下手な面も明確にあった。 彼の動線には乱れることがなかったが十分に予測できることもした。 からだで沸き出る自然な動作というよりは計算された動きに近かった。 しかし彼には歌があった。 生の演技を歌で満たした。 両腕をしゃんと伸ばして愛を渇望する彼の声に公演会場を訪ねた日本観客も拍手を送った。

7月10日公演を始めた<モーツァルト!>は去る4日幕を下ろした。 初めての挑戦を無理なしで消化してもう本業である歌手に戻ったチャン・ヒョンスン。 <モーツァルト!>はアイドルでデビューした彼にも成長痛でありまた、一度の機会であった。 与えられた機会に対する評価は今後彼の歩みで明確にあらわれるだろう。

[オーマイニュース 2012-08-06 17:35] 元記事はこちらから

20120809-3.jpg 20120809-4.jpg

※意外とチャンヒョンスン舞台評が見あたらないのは書きにくかったからかな。。。

 FTアイランド ソン・スンヒョン、生涯初めてのミュージカル挑戦‘どうだったか’
2012年08月10日 (金) | 編集 |
男性バンドFTアイランド ソン・スンヒョンがデビュー後初めてのミュージカル挑戦に出た。 初めての公演を無事に終えた彼には熱い拍手喝采があふれた。

ソン・スンヒョンは去る8月8日午後8時ミュージカル‘ジャック ザ リッパー’の初めての公演を終えた。 彼は去る7月20日幕を開いた今回のミュージカルでダニエル役を担って熱演を広げることになった。

ソン・スンヒョンが初めて舞台に上がったこの日現場には国内はもちろん日本で彼の公演を見るために韓国を訪問した日本、台湾など海外ファンたちが目について現地で彼の位置づけをのぞくことができた。

グループでボーカルとその他を受け持っているソン・スンヒョンはその間国内音楽放送を通じても優れた歌唱力を誇ったし、日本メジャー進出と同時に数回のコンサートを広げて舞台を導いていく能力も認められた。

アイドル スターのミュージカル進出が流行のように広がっているこの頃、ソン・スンヒョンもやはり船に搭乗した。 このような流れに最近あるミュージカル俳優の一針が伝えられて、アイドル スターのミュージカル挑戦をきれいでない視線で見る人々も少なくない。 だが、ソン・スンヒョンはこのような憂慮をあっという間に飛ばしてしまう程初めての公演で完璧な舞台をプレゼントした。

ソン・スンヒョンは‘ジャック ザ リッパー’で純粋と悪を行き来する好演で観客の没入度を最高潮に引き上げた。 嗚咽して怒る場面では強烈なカリスマを吹きだしたし愛する女性に向かったセレナーデを歌う時は甘い雰囲気を演出やり遂げて、多様な魅力でキャラクターの魅力を十分生かした。

一緒にミュージカルで最もカギということができる台詞伝達力も良かった。 観客に話を伝達する過程で何の問題がないほど正確だったし、歌で結びつける部分もやはりなめらかだった。

彼は公演を無事に終えてカーテンコールの最後を飾って、観客の熱い歓呼を引き出した。 観客は起立拍手で俳優の熱演にうなずく返事をしたし、ソン・スンヒョンは初めての公演を成功裏に終えたという喜びであったか呼吸を合わせた俳優らと抱擁をしながら満面の笑みを浮かべた。

事実上‘ジャック ザ リッパー’は去る2009年初演された。 ソン・スンヒョンは劇中ダニエル役では最も年齢が幼くて周囲の憂慮の声があったことも事実だ。 しかし彼は観客の熱い拍手で先んじた疑問を全部払拭させたわけだ。

FTアイランド所属会社FNCエンターテインメント関係者によればソン・スンヒョンは最も最後に‘ジャック ザ リッパー’に合流しただけ公演に迷惑をかけないために一日12時間ずつ猛練習をした。 彼の歯のような努力が観客の起立拍手を引き出したのだ。

これでソン・スンヒョンは生涯初めてのミュージカル挑戦を成功裏に終えた。 歌手だけでなくミュージカル俳優としての彼の将来にも期待が集められる。

‘ジャック ザ リッパー’は実際の永久未解決殺人事件をモチーフで誕生したミュージカルで、捜査官アンダーソンの事件報告で始めて事件に従っていく捜査劇だ。 来る8月25日まで国立劇場年上がって劇場で公演されて、9月には日本、東京青山で舞台を継続する。

[ヘラルド経済 2012-08-09 08:16] 元記事はこちらから

20120809-1.jpg 20120809-2.jpg

※FTのメンバーやファン大勢の視線が注ぐ中の初舞台、どんなにかプレッシャーだったでしょうに立派です~。ここのところアイドルのミュージカル進出話題が続きますがソンスンヒョンの場合新たなミュージカル俳優の誕生と言えそうですね^^

失礼ながらちゃんと認識できていないんですが来週末観に行くので下調べして臨みます(爆)。

 キムムヨル、入隊するか? 兵務庁"軍免除適合性再調査終えた"
2012年08月08日 (水) | 編集 |
俳優キムムヨル(30)の兵役免除適合性に対する再調査が終わった中でその結果に関心が集中している。

8日兵務庁のある関係者は<スポーツソウルドットコム>と通話で"俳優キムムヨル氏の兵役免除判定に対する再調査を全部終えた"として"今週中に適合性の有無に対する結果が出る予定"と明らかにした。

しかしこれに対する兵務庁の公式的な立場表明はないと展望される。 関係者は"再調査結果を本人には通知するだろうが個人情報漏出などの恐れがあるので公開的に資料を発表しはしないだろう"と慎重な立場を見せた。

先立ってキムムヨルは6月21日監査院の'兵役実態監査結果文'を通じて'生計困難'を理由で兵役を免除受けた事実が知らされて故意的兵役回避疑惑を受け入れた。

当時監査院はキムムヨルの書類を正確に審査しなかった責任を問うて兵務庁に入隊再審査を通知したし、兵務庁は1ヶ月の間キムムヨルの軍免除適合性に対する再調査を繰り広げた。

映画'ウンギョ'で野望に蹴った小説家ソ・ジウ役を担って関心を集めたキムムヨルは兵役論議以後ミュージカル舞台を除いた公式活動を一切中断したまま再調査に臨んできた。

[スポーツソウル 2012-08-08 15:00] 元記事はこちらから

※今週中といったら土曜はお役所お休みでしょうから明日明後日!?(>_<)

 K-POP? 今はK-ミュージカルが大勢!
2012年08月08日 (水) | 編集 |
昨年の外国人の公演のチケット販売サイトビジットソウル(Visit Seoul)とインターパークのグローバルサイトで販売された公演チケットの規模は35億ウォンだった。 国内公演市場のチョンギュモルル約5000億ウォンと推定するのに海外観光客が約0.7%を占めたことになる。 今年は、海外の観客が急激に増加しており、1%を軽く超えだろうに見える。

今年上半期の海外観客数も昨年の海外の観客の規模を超え、同じ上半期の規模を比較したときに5倍拡大した。 JYJのキム·ジュンスが出演した<エリザベート>や、シャイニーのキー、スーパージュニアのキュヒョン、少女時代サニーなどのアイドル歌手が出演した<キャッチミーイフユーキャン>の観客の中で20~30%は海外の観客である。 海外公演の観光客が詰め掛けだけでなく、昨年から国内ミュージカルの日本進出事例も増加した。 2011年創作ミュージカル<宮>と<美女はつらくて>が日本で公演された以来、今年は "ハムレット" "パルレ"が進出し、 "スルルミー> <切り裂きジャック> <ストリートライフ> <宮> <光化門恋歌>が日本公演を控えている。 K-ポップに続いてK-ミュージカルという言葉が出るほどにミュージカル韓流の風が感じられる。

20120807-2.jpg

[READ MORE...]
 "ミュージカル韓流も可能だろうか"
2012年08月08日 (水) | 編集 |
歌謡とドラマなどの大衆文化が率いる韓流に、国内創作ミュージカルが参加することができるか。

7日午後、 "韓国創作ミュージカルの海外進出活性化方案"を主題に開かれたソウルミュージカルフェスティバルカンファレンスでソルアンドカンパニーイヒョクチャン理事は、芸術家たちの投資を解決策として提示した。

この理事は "韓国のミュージカルは、ニューヨークやロンドンのようなA級市場と資本とシステム、経験などあらゆる面での競争がされず、彼らのゲームの法則に従うと、百戦百敗することができる"とし、 "他の道、他の方法を選択するのが賢明だ "と強調した。

続いて "他の道はスタイルであり、スタイルは芸術家から出てくる。我々は投資するのは芸術家"と強調した。

また、 "目標とするところがA級市場であることを、北米やヨーロッパ、日本、アジアなどB級市場であるか、それぞれの国の地域市場であることを目標とする明らかにして具体的にアプローチしなければならない"と述べた。

彼は "韓流は、作品に熱狂するのではないので、長くは続かないが、韓流スターを見に来て韓国ミュージカルに触れる機会が来たということは重要だ"とし "韓流は韓国のミュージカルにも新たな機会"と述べた。

日本の公演コーディネーター高原陽子さんは2010年以降、日本に進出した一部の韓国ミュージカルが大きく成功しなかった理由として、 "現地市場調査不足"を挙げた。

彼女は "日本のミュージカルは、6~10ヶ月前にチケット販売を開始するのに韓国ミュージカルは製作発表会やチケット販売などすべての面で遅れたせいで、十分な広報期間がなかった観客の目標設定も、過度に韓流ファンに重点を置いた"と指摘した。

また、 そのようなアイドルグループでも、日本では比較的あまり人気のないメンバーをキャスティングしたうえ練習不足で公演中のミュージカル俳優との実力差が感じられ、韓国ミュージカルのイメージを失墜させた"と批判した。

日本で三回再演した "スリルミー 'と'パルレ(洗濯) 'は日本の現地事務所との確固としたパートナーシップに成功した事例として挙げた。

彼女は "'スリルミー'は韓流スターではなく、韓国のミュージカルスターが出演して日本のミュージカルの広報の方法で現地化し、日本の俳優が出演した"洗濯 "は、韓国演出が日本を訪問し、韓国でのような作品性を維持した"と評価した。

キム·ジュンスが出演した "モーツァルト!" その後の公演を見に韓国に来る日本人観光客が増えているのに、これらのための国内インフラが不足していることも改善点を指摘した。

高原さんは "公演を見に韓国に入って来る日本の観光客の90%はインターネットで情報を収集するために作品紹介やチケット購入などが総合的に行われている日本語のサイトはない"とし "キャスティング公開が遅れて劇場で日本語サービスが不足していることも日本の観客の苦情 "と伝えた。

[連合ニュース 2012-08-07 20:23] 元記事はこちらから

※記事中に登場し鋭い考察をされている高原さんはこないだ発売された韓国ミュージカルガイドのライターさんでもあり韓国のミュージカルや美容情報などをバリバリ発信されているブログの管理人さんでもあるステキなお方!(ブログはこちら)韓国ミュージカルが日本で一般化するにはまだまだ課題は多そうです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。