★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 また戻ったミュージカル‘宮’シーズン3,日本で公演
2012年07月31日 (火) | 編集 |
2010年初演を始めたミュージカル‘宮’がシーズン3にまた戻った。

2012 ‘宮’シーズン3は国内公演なしで9月日本、東京で上げられる予定であり、日本出発前より完璧な公演を日本にお目見えするために実際の公演と違わないリハーサル舞台をソウルで持つ計画だ。

今回のリハーサル舞台は日本に出発する前実際の公演会場を賃貸してすべてのシステムと舞台を100%セッティング後リハーサル公演を進めること。 製作会社グループエイト関係者は“一部アイドルの名声で日本で興行だけを目的とするのではなく真の韓国コンテンツの自尊心と韓流地位を高めることができる舞台を作ることが目的なので多くの費用が追加されても国内で実際のリハーサル舞台を持つこと”と明らかにした。

ミュージカル“宮”は去る2010年国内初演で70%以上の外国人観客占有率を見せたし一緒に2011年日本公演で連日売り切れ率を記録して話題を呼びおこすこともした。

‘宮’は‘2012年大韓民国は立憲君主国だ’という独特の設定の中に平凡な女子高生が皇太子シンに会って愛を作り出すロマンスを描いた国内純粋創作ミュージカルだ。

1代シン役には東方神起のユノ・ユンホ、カンドンホとラン、2代シン役にはSS501のキム・キュジョン、超新星のソンモとカンドンホが熱演したし、2012年3代シン役に今国防の義務を果たして復帰したスーパージュニアのカンイン、超新星のソンモがキャスティングされてチェギョン役を担ったチェ・イェスル、キム・ユヒョンそしてシンコウンと一緒に開いたこと汗の雫を流して練習に売り切れ中だ。

[アーツニュース 201-07-30 13:34:24] 元記事はこちらから

※チェギョンは今回トリプルキャストなんですね~。
リハーサル舞台いいなあ、ファンご招待とかないのかな、リハ見学ツアーとかでもいいけど8月渡韓とタイミングがあえばなあ(爆)。


ユルくんにRUNくんという噂~(>_<)
もう一般発売もしてるのにユルくんキャスト発表してほしいです!
スポンサーサイト

 ペ・ヨンジュン所属会社キーイースト、中国進出本格化
2012年07月31日 (火) | 編集 |
俳優ペ・ヨンジュンとチェ・ガンヒ、イム・スジョン、キム・スヒョンなどが所属したマネージメント社キーイーストが中華圏進出に信号弾を鳴った。

キーイーストは韓国コンテンツ中国専門マネージメント社‘スターレイク エージェンシー(Star Lake Agency?以下SLA)’と中華圏マネジメント提携契約を締結して本格的に市場攻略に出る。

ペ・ヨンジュンが数年前日本に旋風的な韓流熱風を起こしたように中国市場にもこのような可能性を期待している。 今回の契約で中国と香港、台湾、シンガポール、マレーシアなど幅広いネットワークを持って、中華圏市場本格進出のための橋頭堡を確保してアジア全域の活動を広げるという計画だ。

キーイースト関係者は“チュ・ジフンとキム・ヒョンジュン、キム・スヒョンなどは中国現地活動が殆どなかったにもかかわらずSNS,オンライン サイトなど多様な経路を通じて情報が広がって中国内人気が上昇している”として中国活動の必要性を表わした。

引き続き“キム・ヒョンジュンは去る6月中国版ツイッター‘ウェイボ’オープン初日にだけ23万フォローを記録、海外アーティストとしては一日最多フォロー記録を更新した”としながら“今回のSLAとの提携で所属アーティストと現地マネジメント ノウハウおよび関連事業ネットワークが会って多様なシナジー効果を出すと期待する”と明らかにした。

キーイーストと提携を結んだSLAはペ・ヨンジュンのエッセイ‘韓国の美しさを探して離れた旅行’の中国内発刊とキム・ヒョンジュン光州アジア競技大会開幕式公演などを成功裏に進行させて縁を積んだことがある。 今後キーイーストはSLAとともにオンオフラインおよびモバイルを通した多様な広報活動およびプロモーションを通じて所属アーティストに対する中国での体系的なマネジメントを推進する予定だ。

[クッキー演芸 2012-07-30 21:06] 元記事はこちらから

※中国進出かあ、ジフニも活動したりするのかな?日本もよろしく~。

韓国開催ばっかじゃなくて・・・;;

 ユン・ウネ、'前夫'チュ・ジフン会いに来ました
2012年07月31日 (火) | 編集 |
俳優ユン・ウネが30日午後ソウル建大ロッテシネマで開かれた映画'私は王である' VIP試写会に参加している。

映画'私は王である'というチュンニョン大君が世子冊封を受けて跡継ぎ即位式に上がるまで3ヶ月間の秘密の話を入れた史劇コメディ映画で8月8日封切りする。

[世界ドットコム 2012-07-30 20:31] 元記事はこちらから

20120730-3.jpg

※ナイスタイトルの記事を見つけました(爆)。
ジフニは王である前に皇太子なんでウネちゃんは堂々皇太子妃としてご来場? どこかジフニに対するコメント取ってほしいなあ。


20120730-1.jpg

弟チチャンウク氏もご来場~。イケメンですね(笑)

 ‘スリルミー’の‘私’チェ・ジェウン‘彼’キムムヨルに会う
2012年07月30日 (月) | 編集 |
☆五年前の記事

“それ分かりますか? この公演を29回も見たというファンがありましたよ。”

“エイ、それはここで名刺も差し出せません。 40回超えて見た人がおびただしいね。”

分かるふりして恥さらしだけ当てられた。 広報チーム職員とか膨らませて話すのでないかと思った。 ところで目の前に置かれた‘証拠物’を見ると口が開いて塞がらない。 一度見るたびに印鑑を押すマイレージ手帳がかごいっぱい積もっているが一ヶ月ぶりに印鑑10個を受けた手帳もある。 10回を見れば最後の一回は無料だ。

先月22日から大学路で延長公演に入ったミュージカル‘スリルミー’の勢いが強力だ。 マニアには30回観覧は基本で、40回も軽い。

‘スリルミー’の人気は何といっても主演俳優のおかげだ。 トップスターリュジョンハンと恐ろしく大きくなっているキムムヨル、硬い演技力のチェ・ジェウン、新鋭イユル、新しく合流したカンピルソクまで5人の俳優は各々熱いファンを連れて歩いて‘スリルミーまた見ること’に力を加えた。

特に本紙で運営するミュージカル専門サイトである‘ミュージカル ライフ’会員たちが最も見たい組合せに選んだ‘チェ・ジェウン-キムムヨル’チームの人気がすごい。 チェ・ジェウンとキムムヨルは2005年ミュージカル‘オセシンス’と‘グリース’で一緒にした今回が3番目の作品。 舞台の後では実の兄弟のように格別で気がねない間で定評になっている。 去る22日公演を控えて練習中である彼らに会ってみた。

■率直で気さくな‘私’チェ・ジェウン

鼻筋がとおる鼻に深い目つき。 一言で雰囲気よくなった。 かなり暗い照明下で見ると背筋が寒くなった気勢も立ちこめている。 ‘スリルミー’の主人公‘私’が飛び出してきたようだ。 ところで口を開くとすぐにさっと‘破る’. 率直さが行き過ぎて何を尋ねるのがきまり悪いほどだ。

“熱狂ファンに関連したエピソード一つくらいあるでしょう? おっしゃって下さい。”

“私ファンがあまりないんですが….”

“スリルミーの‘私’のような役割を主にしたようだが好みなのですか?”

“私が憂鬱になったためか暗い役割だけ入ってきたんですよ?”

俳優が当然投げる‘すてきな返事’を期待したのは大きい失敗であった。

ところでキムムヨルとのインタビューが進行される間彼はまた他の姿を見せる。 ずっと割り込んでしまういたずらをするのに考える余裕もない。 この情報提供とかいたずらっ子だ。 ‘第一印象と違うように非常に特異な人’という周囲の評価がはじめて理解できた。

彼は芸術高等学校に通った。 自然に俳優の道を歩いたが同窓であるチョ・スンウとキム・ダヒョンが‘ヘドゥウィク’で急浮上したことに比較すれば静かに活動したわけだ。 安定した演技力に優れた歌唱力まで備えたが大当たり作品に会うことができないところが大きかった。

ミュージカル‘スリルミー’に合流することになったのは演出者が彼をコックとったためだ。 しばらく先輩であるリュジョンハンと同じ配役なのに加え彼の相手俳優は生まれて初めミュージカル舞台に立つ新鋭イユルだったので負担が大きかった。

“ユルは新鮮な感じを与える俳優だったが初めての舞台と私が気を遣わなければならない部分が多かったです。 反面ムヨルは古くなった友人と非常に気楽です。 互いに話をしなくても次にどのように延期するべきか皆知るからです。”

■素朴で達するところない‘彼’キムムヨル

去る3月ミュージカル‘スリルミー’が初めて顔見せする時から女性観客は俳優キムムヨルの‘からだ’に注目した。 劇中‘その’が着るくっつくスーツは彼の硬くてスマートなスタイルを浮上させた。 このうわさは口から口へ恐ろしく広がった。 ‘スリルミー’の内容は全く知らずにキムムヨルの服テを見にきただけだと打ち明ける観客があるほどだ。 ついに‘スーツ洗う’ (スーツ スーツがよく似合うという意)というニックネームまでできた。

もちろんそのニックネームはただで得たのではない。 彼は休む日なら何時間で運動にぶらさがって普段にもからだ管理に徹底する方だ。

“本来から運動が好きで大学校授業の時も現代舞踊のような授業を必ず聞きました。 習えと言うならからだ管理をするのが当然だと考えます。”

だが、時には女性観客のそのような視線が負担になるだろう。 ミュージカル習えと言うなら演技力や歌唱力と認められたくないだろうか。 彼はこのような質問に素朴な笑いを混ぜて率直に答えた。

“すべての観客を満足させることはできないと考えます。 各々見る目が違うでしょう。 からだが良いとのこともファンたちの視線を引き付ける可能性になることができるという点で有難いと考えます。”

彼はミュージカル‘チャンパ’でデビューして2006年‘アルタボーイズ’を経て今に至った。 ‘アルタボーイズ’時だけでもからだ良くてよくできた幼い俳優ぐらいで顔印鑑を押したが今度はちょっと違う。 大先輩柳亭漢方医相手役で遜色がないという評からますます演技力が増えるという称賛まで受けた。 その上延長公演に入った‘スリルミー’の相手役チェ・ジェウンとは大変良いコンビとかそれこそ生きる喜びを感じるこの頃だ。 “ジョンファンが兄がパートナーである時も練習はジェウンが兄とさらにたくさんしました。 兄とこのようにした舞台に立って作品に対する悩むというのが非常に幸せです。”

※‘ミュージカル ライフ’会員団体観覧所感

去る22日ミュージカル専門サイト‘ミュージカル ライフ’会員二十人は大学路芸術の広場で‘スリルミー’を団体観覧した。 この日公演は事前調査で最も見たい組合に選ばれた‘チェ・ジェウン-キムムヨル’の公演だった。 会員たちは公演が終わった後チェ・ジェウン、キムムヨルと共に付けたふり写真を撮って贈り物を伝達するなど楽しい時間を持った。 引き続き大学路のあるビヤホールで後解説をしながら公演後期を共有して会員間の親睦を図ることもした。 この日唯一の男会員であるID ‘アゲハ’は“なぜ女性ファンが公演を数十回ずつ見るのか理解するのが難しかったがこちらに来てみると理解できる”として“毎公演微細に他の台詞と俳優の状態を感じたいのが最も大きい理由であるようだ”と話した。

[ファイナンシャルニュース 2007-06-28 17:15] 元記事はこちらから

20120729-2.jpg

※そうそう、キムムヨル氏のスーツ着こなし、脱ぎ着のスマートさに萌え~。
楽日から時間が経っても記憶が薄れるどころか萌えあがる炎がメラメラと、辛抱堪らず過去の二人の動画を下にしまいます~。


[READ MORE...]
 [韓流人ジャパン]ペ・ヨンジュン-キム・スヒョン、世代跳び越えた韓流スターの友情
2012年07月30日 (月) | 編集 |
'元祖韓流スター'ペ・ヨンジュンと'次世代韓流スター'キム・スヒョンが世代を飛び越えた美しい友情を積んでいる。

ペ・ヨンジュンとキム・スヒョンは同じ所属会社キーイーストの代表と所属俳優の間。 だが、二人は単純に代表と所属俳優あるいは演技の先後輩の関係を越える懇意な兄弟になった。 二人は何と16才の年齢差に演技経歴で問い詰めてもものすごい年の差があるがひとつの所属会社に身を置きながら自然に親密なよしみを分けることになった。

キーイーストある関係者によれば二人も序盤には顔さえしばしば見る機会がなかった。 キーイーストには有名俳優はもちろん新人演技者まであまりにも多くの所属芸能人がいるのでペ・ヨンジュンがいちいち彼らと親密なよしみを確かめて作業をすることは容易ではないと。

だが、キム・スヒョンがキーイーストに入ってきた後断然引き立って見える演技力とスター性で大衆の認められ始めながらペ・ヨンジュンもやはり彼をより一層注視し始めたのだ。 'ドリームハイ'に続き'太陽を抱く月'などドラマ二編を経て注目するほどの成長を見せた後輩キム・スヒョンに愛着を持つのは先輩としては当然の感情にならざるをえない。 また、ペ・ヨンジュンが歩いてきたようにキム・スヒョンもやはり最近日本で旋風的な人気を集めて次世代韓流プリンスの地位を固めているだけに情緒的にも互いに共有できるのか点が多いというのが側近の話だ。

ある関係者は"初めにはキム・スヒョンが大先輩であり会社代表であるペ・ヨンジュンを非常に難しく感じた"として"しかし時間が過ぎながら自然に親しくなったし今は誰より互いに惜しんで頼る関係だ。 兄、弟下としながら安らかに会ってキム・スヒョンがペ・ヨンジュンから多くの助言を求めながらとても温かく過ごす"と伝えた。

キム・スヒョンは忙しいスケジュールの中でも余裕が出るときはペ・ヨンジュンの家に遊びに行って共に食事をしたり茶を飲んで、コンピューターゲームを楽しむなど余暇を送る。 ペ・ヨンジュンも映画VIP試写会場を探す時本人の車両に直接キム・スヒョンを乗せて同行するなど格別な愛情を見せるという後後聞。

関係者は"二人が年齢も年の差も大きい違いが生じるが意外に多くの共感を形成するようだ"として"特にまだ新人であるキム・スヒョンの立場で先輩であるペ・ヨンジュンに俳優として多くの教えと助けを受けることができるようだ。 そばで見れば真に温かい関係だ"と耳打ちした。

一方キム・スヒョンは映画'泥棒たち'(監督チェ・ドンフン)封切りでまた、一度の大当たり興行を予告していてドラマ'太陽を抱く月'と'ドリームハイ'等を通して日本でも人気を集めていきつつある。

[OSEN 2012-07-29 09:31] 元記事はこちらから

20120729-3.jpg

※スヒョンくん話題ですがこちらに。ジフニはこのファミリーの一部になったのですね~。
きっとヨンジュン氏はジフニのこと黙って見守りながらも心配してくださってるんだろう。早く一般大衆に認めてもらって代表様を安心させてあげたいものです~。


にしてもスヒョンくんヨンジュン氏のご自宅に遊びに行ってお茶したりゲームしたりって強者だな。

 「宮」ディレクターズ・カット版が新たなる未公開映像を加えブルーレイ化!
2012年07月30日 (月) | 編集 |
チュ・ジフン、ユン・ウネを一躍スターダムへ押し上げた、大ヒット王室ラブストーリー「宮~Love in Palace」ディレクターズ・カット版コンプリートブルーレイBOXが10月17日に発売することが決まった。

限定生産のため販売終了となったディレクターズ・カットDVD-BOX。再発売を望むファンの熱い声援により、新たな未公開特典映像(各BOXに60分以上収録!)と日本語吹替を収録し、ブルーレイBOXとして緊急発売する。

その商品仕様も豪華。新たなパッケージデザインに、これまでの特典映像をすべて網羅。ブックレットもBOX1、2合わせて100P越え。さらに、コンプリートBOXだけの特典として韓国語字幕まで追加される。

宮廷や衣装をはじめ細部まで作り込まれた「宮」の世界を実感できる、驚異的な映像美は必見!
 
宮~Love in Palace ディレクターズ・カット版 コンプリートブルーレイ
BOX1 10月17日(水)リリース / OPSB-S047
BOX2 10月26日(金)リリース / OPSB-S048
各¥18,900(税込)

公式サイト:http://www.kun-official.jp/kun/

[シネマート 2012-07-27] 元記事はこちらから

20120729-4.jpg

※DVDあるし~と思ったら未公開映像に韓国語字幕まで追加されたらポチるっきゃないでしょう(>_<)

 

※その頃ならもう五本の指終わってるなあ。ブルーレイ発売記念でイベントやらないかなあ、もちろんウネちゃんジフニ参加で(>_<) 宮2製作正式発表でもいいよ~。

 [演劇家人々]世間知らず‘モーツァルト’チャン・ヒョンスン、天才‘モーツァルト’パク・ウンテ…快く拍手するには
2012年07月28日 (土) | 編集 |
[レビュー]ミュージカル'モーツァルト!'

グループ ビーストのチャン・ヒョンスン、“モーツァルトに憑依したウンツァルト”という評価を受けたパク・ウンテ、‘不朽の名曲’名品ボイス イムテギョンで布陣した新しい‘モーツァルト!’が帰ってきた。 2010年世宗文化会館3,000席売り切れの神話、最短期間22万観客を動員したまさにそのミュージカルだ。

主役が変われば同じミュージカルも全く違うように見える方法。 ‘モーツァルト!’を故郷へ考える俳優パク・ウンテと新しいヴォルフガング、チャン・ヒョンスンに相次いで会ってきた。 すがすがしく溢れでる高音に胸がすがすがしい側は当然パク・ウンテ回送であった。 反面より世間知らず少年らしいイメージが強いチャン・ヒョンスンは1幕後半‘便埋めた豚尻尾’踊り場面でまともに水会った。

ところでカーテンコールの時溢れでる起立拍手に全て同化されることができなかったのはなぜであろうか。 戦慄が一程度で高音を出す俳優パク・ウンテは明らかに歌唱力が優れたが一瞬一瞬慢心があらわれた。 遊戯性演出のディレクション以上で何かを見せようとするように欲ばりすぎがあふれるとみられた。 モーツァルトの魂(soul)を感じるには無理な方法であった。 その結果ヴォルフガングに対する人間的な憐憫がまともに起きなかった。 観客はミュージカル俳優に歌唱力以上で真正性を切なく願っているためだ。

アイドル ファンではない以上色眼鏡から挟まって見るアイドル歌手出身チャン・ヒョンスン、ヴォルフガングはどうだったか。 一言で話して熟練してはいないが努力しようとする姿勢が引き立って見える新人俳優の姿だった。 ただし“私は長調私は単調私は和音私はメロディ~”歌詞が出てくる部分は非常に不安だった。 特に歌詞‘メロディ’の‘ティ’部分でいかにも強情そうにヒップを与えて見たら観客の没入度を破った。 内省的な指向と世間知らず感じをよく混ぜて強圧的な教育をしようとするお父さんレオポルトとの葛藤をより説得力あるように描き出した。

果たしてチャン・ヒョンスンは第2のキム・ジュンス(JYJ)を夢見ることができるだろうか。 まず俳優の緊張感が客席にそのまま露出した点が最も惜しい。 また、舞台掌握力と声量の部分でまださらに努力が要求される。 ただし音域対が広くて誠実な姿はひたすら批判の矢だけは投げることができなくさせた。

オーストリア ミュージカル‘エリザベート’の原作者ミハイル・クンチェとシルベスター・リーヴァイが作り出したミュージカル‘モーツァルト!’は18世紀天才音楽家モーツァルトの人生を風変わりな視線で解きほぐした作品だ。 自由を渇望する天才作曲家であるモーツァルト人生を意志の主体である‘ヴォルフガング’と天才の才能を象徴する幼いモーツァルト‘アマデ’で分離させた。 ‘アマデ’は初めから最後までモーツァルトを付いて回る。 天才的才能よりは人間モーツァルトにさらに集中して彼の愛と自由に対する渇望、そしてただひとりとして認められて愛されたかった一人の男の人生をミュージカル中に表わしたのだ。

熱情的なロック、甘美なポップ、やわらかいジャズなど多様で雄壮な音楽で観客の耳を豊かにするミュージカルだ。 500余着の派手な衣装とモーツァルトのレゲエ頭にソブト貴足部人のヘアースタイルまで200個に達するかつら、夜空に数を数えた光る音符と空に動くピアノなど見どころも派手だ。

‘便’で笑わせるミュージカルだ。 悪役コルロレも主教の手動馬車場面では間違いなく笑いが溢れでて、‘便埋めた豚尻尾’場面で観客の肩はリズムに乗る。

初演興行の主役が再び一つになって美しい図を作り出した。 悪い男コルロレも大主教で分解悪の声を引き出す低音の主人公ユン・ヒョンニョルと豊富な低音ユン・スンウク(レオポルト)の歌唱が耳元を誘惑する。 カリスマが優れたオ・ジンヨン コンスタンチェ、より可愛いコンスタンチェチェ・ソンヒ(パダ)を選んでみる面白味もある。 シン・ヨンスクが呼ぶ‘黄金別'の爆発的な声量、里程列レオポルトの本当にお父さん演技、清らかな声それ自体であるイム・カンヒのナンネルモーツァルト、舞台委でまともに遊ぶことができるキム・ジェマン シュィカネドも力を加えた。 8月4日まで世宗文化会館大劇場。

[世界日報 2012-07-20 13:46:26] 元記事はこちらから

20120727-9.jpg 20120727-11.jpg

※ヒョンスンはまだしも(失礼)ウンテさんまでダメ出しとはキビしい;;(>_<)

でもステキだった!モーツァルトは好評につき若干延長したんですよね(風月主も・笑)、日本でもこういうのあるといいのになあ、スリルミーもルドルフも日程が合えばもっと観たかったなあ。。。

 俳優パク・ウンテ“イーヴァイ作品何でもOK”作曲家リーヴァイ“韓国俳優実力最高です”
2012年07月28日 (土) | 編集 |
ミュージカル‘モーツァルト!’二つの主役に会う

パク・ウンテ

“俳優人生に転換点なった作品
3度の公演で全部主人公ますます責任感感じる”

リーヴァイ

“私の作品に生命力いれたパク・ウンテに有り難み伝える
韓国型ミュージカル作りたくて”

“韓国ミュージカル俳優の歌実力は世界最高水準です。 パク・ウンテ氏と同じ主演だけでなくアンサンブル(端役)の実力も立派です。 私の作品をヨーロッパ・アジアの色々な国で公演したが、アンサンブルまで選んだ実力である場合はあまりありません。”(シルベスター・リーヴァイ)

“本当に感謝します。 <モーツァルト!>は私が初めて主人公をした作品なのに加え俳優として発展できる契機になりましたよ。”(パク・ウンテ)

去る10日開幕した<モーツァルト!>(ソウル世宗文化会館大劇場)は2010年初めて顔見せして大きい成功を収めた後昨年再公演をしたのに続き、今回三番目に舞台に上げる人気ミュージカルだ。 パク・ウンテをミュージカル界‘浮び上がるスター’にのせた作品でもある。

11日ソウル、明洞のあるホテルで<モーツァルト!>の作曲家であるシルベスター・リーヴァイ(67・写真右側)と主人公モーツァルトを引き受けて3公演に全部出演することになったパク・ウンテ(31・左側)に共に会った。 リーヴァイは<モーツァルト!>開幕に合わせて訪韓した。 二人は“私の作品に生命力を吹き込む俳優”で、“私の俳優人生に大きい転換点を用意した創作者”で互いに有り難く思った。

ハンガリー生まれのリーヴァイはドイツ・オーストリアなどヨーロッパで主に活動して名声を得たミュージカル作曲家だ。 <モーツァルト!>だけでなく今年前半期国内ミュージカル界最高のヒット作である<エリザベート>の作曲家でもある。

パク・ウンテは<エリザベート>で解説者で劇を導いていく‘ルキーニ’役を演技して好評受けた。 2編のミュージカルがすべて韓国で成功を収めたことに対してリーヴァイは“韓国人は俳優と観客全部感性が豊富だ。 オーストリアの歴史的人物を扱った話だが、俳優が人物の感情をよく生かして、そのように作られた作品情緒に韓国観客が共感したようだ”と解説した。

来年1月には彼が音楽を作ったまた違うミュージカル<レベッカ>が国内にお目見えする。 <レベッカ>の出演陣はまだ確定しなかった。 パク・ウンテは“リーヴァイの作品ならば何でも出演したい”と話した。 彼は3回目舞台に上がっている<モーツァルト!>に対して“意味が格別の作品だとそうなのか公演を繰り返すほど責任感がより大きくなる”と愛情を現わした。

自身の作品が国境を越えて愛を受けるのに対してレバイは非英語圏国家の創作者として自負心を感じるといった。 “米国ブロードウェー、英国ウェストエンドの作品だけが世界市場で活発に行うならば多様性が阻害されるんです。”これに対しパク・ウンテは創作ミュージカルも重要だが海外原作(ライセンス)ミュージカルをまともに紹介することやはり重要だと言及した。 “創作という概念が狭く使われるようです。 斬新な国外作品を持ってきて私たちの創作者などの手を経て現地化するのも創作の一例になることができると見ますね。”

韓国を何度も訪問しながら、リーヴァイは単純に‘輸出者’の立場を越えて韓国のミュージカル製作環境に対しても関心を持つことになったといった。 “<英雄>を見て韓国創作ミュージカルの潜在力が大きいと考えました。 ただし創作ミュージカルが位置するためには団体や個人の後援が重要だが、簡単な問題でないです。 創作者などが容易ではない状況に置かれたのはドイツ・オーストリアでも同じことです。”

彼は“韓国の話を入れたミュージカルを作りたい”とした。 リーヴァイが作曲者で出た韓国型ミュージカルが作られれば、彼が“堅く信頼する”パク・ウンテが主人公にもう一度出るかも知れないことだ。 8月4日まで。

[ハンギョレ 2012-07-18 19:15] 元記事はこちらから

20120727-8.jpg

※レベッカでウンテさんに会いたいなあ。

 兵役論議キムムヨルミュージカル界など回さなかった‘スケジュール変動無義理守った’
2012年07月28日 (土) | 編集 |
キムムヨルがミュージカル活動を継続している。

キムムヨルは現在のミュージカルスリルミー'日本公演のために日本に滞在中だ。 キムムヨルはチェ・ジェウンと共に去る7月19日日本に出国したし29日帰国する予定だ。

キムムヨルは以前から出演が予定されたミュージカル'光化門恋歌'釜山公演にも合流する。 去る7月20日釜山公演を始めた'光化門恋歌'は8月5日まで公演される。 キムムヨルは8月1日から5日まで総7回公演に出演する。

キムムヨルは21日生計困難対象者で兵役免除を判定受けた事実が明らかになった後である22日午後7時30分大邱啓明アートセンターで開かれたミュージカル'光化門恋歌'舞台にも予定通りに姿を表わした。

当時キムムヨル側関係者はニュースエンと通話で"今日公演日程は予定対にして初めから取り消すつもりもなかった。 武列と所属会社家族がかえって避けるのが誤ったと考える"としてミュージカル公演に取材陣がくることもできるが兵役不正やブローカーを利用して兵役免除を受けた事実がない。 それで堂々とすることができる"と話した。

関係者は"本来武列はプロマインドが強い。 明日も日程があるならば取り消さないでみな消化する計画だ。 武列も公演は観客との約束だと必ず守らなければならないと感じる"と明らかにした。

先立ってキムムヨルはキム・オクビンと共に映画'AM 11:00'(監督キム・ヒョンソク)にキャスティングされて7月中旬に撮影に突入する計画だったが'AM 11:00'製作会社側が主演俳優交替を要請して出演をあきらめた。 だが、故郷や違いないミュージカル活動スケジュールはそのまま消化している。

一方キムムヨルは去る6月21日兵役免除事実が明らかになった。 キムムヨルは監査院が発表した資料によれば生計維持困難を理由に兵役減免を申請して第2局民駅軍免除処分を受けた。 これに対して兵務庁は6月22日ホームページに"演技者キムムヨルの収入など再調査後生計困難兵役免除再審査する"と立場を明らかにした。

7月27日キムムヨル側関係者はニュースエンと通話で"キムムヨルは予定通りにミュージカルに出演している"として"兵役と関連してはまだ進行された事項がなくて待っている"とした。

[ニュースエン  2012-07-27 11:10:25] 元記事はこちらから

20120727-7.jpg

※既出内容ですが若干詳しいので~。


 兵役回避論議1ヶ月余り、キムムヨル静かなミュージカル歩み
2012年07月28日 (土) | 編集 |
兵役回避論議で危機を迎えた俳優キムムヨル(30)がミュージカルで静かな歩みを継続している。

先月21日監査院が発表した兵役不正実態監査結果を通じてキムムヨルに対する兵役回避疑惑が提起された後1ヶ月余りが過ぎた。 キムムヨル側によればまだ兵務庁側の連絡を受けたことがない中でキムムヨルは放送、映画活動を保留して自身の故郷のようなミュージカル舞台に力を注いでいる。

キムムヨルは去る19日ミュージカル'スリルミー'公演のため日本に出国、29日帰国予定だ。 引き続き来る8月5日まで釜山で公演中の'光化門恋歌'に出演する。 '光化門恋歌'は来る11月日本、大阪公演が予定されていてこの作品にずっと出演して格別の愛情を見せたキムムヨルも日本公演に合流する可能性が高い。

キムムヨルのある側近は"兵役回避論議がふくらんでから一ヶ月が過ぎたがまだ関係機関で何の連絡を受けることができなかった。 苦しいが、待つほかはない"としながら"ミュージカルの場合、早くから出演が約束されたし、キムムヨルの愛情が深くてずっと舞台に立っている"と伝えた。

キムムヨルは2010年生計維持困難を理由に兵役減免を申請、兵役を免除受けたが監査院は海苔武列が期間に億台収入を上げるなど実質的生計困難に見られないとし兵務庁に再調査を通知したことがある。

[スポーツソウル 2012-07-27 09:55] 元記事はこちらから

20120727-6.jpg

※今日が日本公演韓国キャストの楽日、イキイキとした舞台上での彼の姿に光化門恋歌でまた会いたいです!


 ミュージカル1.5世代ユ・ジュンサン先輩が見る蒼々たる後輩(インタビュー)
2012年07月28日 (土) | 編集 |
ミュージカル1.5世代ユ・ジュンサンが推薦する俳優は誰がいるだろうか。

ユ・ジュンサンは現在のミュージカル'ジャック ザ リッパー'を通じて舞台の上で観客に会っている。 ミュージカルはユ・ジュンサンが着実に置かない故郷と同じ所だ。 ミュージカル1.5世代だと呼ばれる程ユ・ジュンサンがミュージカル界に占めている比重は決して小さくない。 それならユ・ジュンサンが注意深く見ている俳優は誰がいるだろうか。

最近ミュージカル俳優媒体進出が活発になったのでキムムヨル、チョジョンソクなどをつないだ後走者に関心が集まっている。 ユ・ジュンサンは最近ニュースエンとインタビューで"危機意識はない。 どうせみな同僚、後輩、友人がすることだ。 みなうまくいったら良いだろう"として"良い公演という声を聞いたら良いしケガしなかったら良いだろう。 どこで会えばその誰よりもうれしい後輩だ"と口を開いた。

ユ・ジュンサンは"後輩を見れば本当にうらやましい。 'なぜこのように幼いの?'といいながらいたずらをしたい。 注意深く見る友人は本当に多い"と明らかにした。 ユ・ジュンサンは"オム・ギジュン キムムヨル、チョジョンソクなどこの頃本当に上手にする。 大変なミュージカル俳優時期を体験したがそのような経験が重要なようだ"と話した。

"どうせミュージカル俳優とTVや映画であらわれる俳優は違ったのではない。 同じ俳優がすることだ。 媒体演技をしてみれば再び公演をした時長所がある。 このように多くの友人が媒体に越えてきて演技をするのが本当に良い。 パク・ウンテ、ホン・グァンホ、チョンドンソクもやはり今後蒼々としている。 私が推薦するとなるのではなく本人が願わなければならないことだが本当に立派な後輩が多い。"

一方ユ・ジュンサンが出演するミュージカル'ジャック ザ リッパー'は実際の永久未解決殺人事件をモチーフで誕生した。 ユ・ジュンサンの他にシン・ソンウ、アン・ジェウク、オム・ギジュン、ソンミン、ソン・スンヒョンなど韓流スターが出演する。 ミュージカル'ジャック ザ リッパー'は8月25日までソウル国立劇場公演に続き9月16日から10月8日まで日本、東京青山劇場で韓日観客に会う予定だ。

[ニュースエン 2012-07-27 12:28:06] 元記事はこちらから

20120727-4.jpg 20120727-5.jpg

※こないだ観た'他の国で'の中で下手っぽく歌うシーンがあったけどホントはすごい上手いんですよね~。

お、キムムヨルさんにウンテさんの名前も~。

 [分かってみればさらにおもしろい]ミュージカル'ジャック ザ リッパー'最高の俳優が再び一つになって
2012年07月28日 (土) | 編集 |
ミュージカル<ジャック ザ リッパー>が帰ってきた。 <ジャック ザ リッパー>は英国未解決殺人事件をモチーフにしたチェコ原作の作品で去る2009年初演以後2回のアンコール公演を経た興行ミュージカルだ。 永久未解決事件をモチーフで誕生した死を超越した世紀のロマンスを入れた<ジャック ザ リッパー>は事件に従っていく捜査劇形式で、あたかもパズル遊びのような構成で事件と犯人を暴く。 生かそうとする者と殺そうとする者、そして彼らを追う者の隠密な同行が過去と現在を行き来して興味深く描かれる。

特に観客を圧倒する緻密なストーリーはミュージカルの白眉だ。 一緒に耳に巻かれてくる叙情的メロディのミュージカル ナンバーが観客を舞台に引き上げる。 <ジャック ザ リッパー>は来る8月25日までソウル、中区、獎忠洞国立劇場ヘオルム劇場で開催して、来る9月16日から10月8日まで日本、東京青山劇場で公演を確定した。

20120727-1.jpg 20120727-2.jpg 20120727-3.jpg

[READ MORE...]
 "歪曲恐ろしいが"・・・チュ・ジフン、想像それ以上の率直さ
2012年07月27日 (金) | 編集 |
‘格好良く謝ること’がなかなか容易ではない。 人が分からなければひとまず覆って見る。 感づいたかと思えば最大限ことを縮小して、完全に坦路が出たかと思えばその時認めて謝る。

チュ・ジフン(30)は違った。 避けたがそうでなかった。 2009年大麻草事件にかかわった時話だ。 彼は検察調査で音声判定が出てきたが自ら自身の罪を告白した。 大麻草に手をつけた時が検察調査1年6ヶ月前だ。 検査結果は彼も分かった。

皆がいぶかしく思った‘その時その事件’に対してチュ・ジフンは“それが事実だったからだよ!”と淡々と話した。

“数多くの考えが過ぎ去りました。 ここで否認をすれば一生嘘をつくべきなのに、誰よりあの自ら堂々としていなくてならなかったんですよ。 明確に誤った選択であったし罪を犯したら罰を受けるのが当然でしょう。”

それから3年が流れた。 軍隊に行ってきたし20台後半だった年齢もいつのまにか三十になった。 ふわりと成長していた。 延期(煙、演技)に対する意欲、人生に対する情熱もあふれた。

彼が復帰作で選択した作品は来月封切り予定の映画‘私は王である’(監督チャン・キュソン)だ。 チュンニョン大君が自身と同じような外見な奴婢に会いながら広がる話を描いた。 劇中でチュ・ジフンは世子チュンニョンと奴婢トクチル、1人2役を延期した。

トップモデルで活動した彼は2006年MBCドラマ‘宮’でスターダムに上がった。 新しい出発を知らせる初めての作品やはり背景が宮だ。

“どうしても前世に宮と縁が多かったか見ます。 宮を支えては木柱ぐらいなったでしょうか? 次の生には人に生まれてここで生きたくて望んだかも知れません。 宮にあれば変に心が安らかになります。 習熟するからであることでしょう?”

映画でチュ・ジフンはペク・ユンシク、パク・ヨンギュ、ピョン・ヒボン、キム・スロ、イム・ウォニなどと呼吸を合わせた。 チュ・ジフンは“金畑だった”と撮影現場を話した。

“キャスティングがちょっとビッグでなければならないですね。 全体131シーンの中で120シーンに私が出てきます。 立派な先輩おかげで延期するのが気楽でしたね。 リアクションを別に準備する必要がなかったんですよ。 笑えば自ずと幸せになり、怒ればそれ自体で恐ろしくなるからです。 一言で‘金畑’でした。 私はそのまま拾うことだけすればよかったんですよ。”

インタビュー中間彼は‘パバッ’にからまった話もした。 皮膚が思ったよりさらに黒いというとすぐに“幼い時ママと畑日をあまりにも通って、その時から真っ黒になるのではないかしたい”として幼い時思い出一つを取り出した。

幼いチュ・ジフンに最高のおやつは沸いているお湯にさっと湯がいたえぐられた。 仕事をして食事時になれば釜に水を注いで畑で直接ご飯を食べ物を作って食べたりした。 “その時長ネギを選んでグラグラ沸いているお湯に入れて十を数えた後取り出せばそれがそんなに甘くておいしいはずがありませんでした”裕福でなかった幼い時期。 パバッまん中ある時にも彼はこのように金持ちであった。

チュ・ジフンは淡泊だった。 華麗な修辞で自身を包装することよりはありのままの自身を見せたし、またそのように見るように願った。

チュ・ジフンはどんな人か尋ねた。 “恐れがない男、歪曲が恐ろしい芸能人”と自身をいった。 座右の銘は“私に最後に最後まで戦う容器と意志がありました”だ。 “多少は少なく儲けて、少しはあまり光栄でなく生きても私自身を守って生きたい”とした。

[イーデイリー2012-07-26 09:05] 元記事はこちらから

20120726-1.jpg

 チュ・ジフンの口で直接語る'その時その事件' (インタビュー②)
2012年07月27日 (金) | 編集 |
俳優チュ・ジフン(30)が大麻草事件以後大変だった心境に対して告白した。

チュ・ジフンは去る23日<スポーツソウルドットコム>と会った席で"罪を犯して生きられませんでした。 明らかになることはいつか明らかになることになると考えました。 私が間違っていたこととか罰を受けて後で反省して生きていくほうが良いと判断したことのようです"と話した。

チュ・ジフンは去る2009年同僚モデル イェ・ハギョンの家でエクスタシーとケタミンなどを投薬した疑惑で起訴されて当時執行猶予1年、社会奉仕120時間、追徴金36万ウォンを宣告された。 当時音声に出てきたがチュ・ジフンは疑惑を認めて法の審判を受けた。 なぜそのような選択をしたのかと尋ねるのはもしかしたら当然だが、彼に直接聞きたかった。

彼は"嘘をつきたくありませんでした。 一度嘘をつけばずっと嘘をつかなければなりませんから。 何より自分自身をだましたくなかったんですよ。 当然罰を受けなければならず反省するべきことだと考えました。 それでこそその後にもう少し自らに、あるいは大衆に堂々としていることができるからです"と話した。

また"からだに小さいトゲが一つが打ち込まれればとても障るでしょう。 気まずいですよ。 残った人生をそんなに生きたくなかったです"として"そして明らかになることはいつかは明らかになります。 残った人生をそんなに生きたくなかったです。 もしその時容認をしなかったとすれば…. 音例えば反省しないでさらに悪いことをした場合もあるでしょう。 人生はどうなるかも知れませんから。 人生はさらに長ければより大きい未来を見通しました"と付け加えた。

人生で非常に大きい事件だと話すチュ・ジフンにそれで失ったのと得たことに対して尋ねた。 インタビューする間最も深刻な表情だった。 チュ・ジフンは"失ったことはあえて話さなくても多くの方がご存知そうです。 私は得たことだけ見て失ったことは考えない方です"と淡々と話した。

それと共に"本当に当然だがある時はよく分からないでしょう。 家族と友人の大切だ。 彼らが私のそばにおいてどれくらい大切なのか悟りました。 そして習う自ら反すうする作業が必要だがその年齢に人生を見て回る機会が多くないでしょう。 だが、私はこの事件を通じて私自身をたくさん見て回ることになりました。 悪くない時間だったと考えます"と付け加えた。

3年ぶりに芸能界に本格復帰するチュ・ジフンは映画'私は王である'封切りとSBS '五本の指'撮影を控えている。

[スポーツソウル2012-07-26 09:10] 元記事はこちらから

20120726-6.jpg

 '鋼鉄心臓'チュ・ジフン? 何が彼を変わるようにしたのだろうか(インタビュー①)
2012年07月27日 (金) | 編集 |
一時は'皇太子',一時は'魔王'と呼ばれたこの男. 優れた容貌と計算されなかった純粋な演技力に同じ年頃男俳優の間で一時は上限値を打った。 だが、一瞬にして全てのものが変わったし、予期できなく3年という空白期を持つようになった。 映画'私は王である'とSBS新しい週末劇'五本の指'で今年の夏スクリーンとブラウン管を同時に狙う俳優チュ・ジフン(30)が再び伸びをし始めた。

去る23日<スポーツソウルドットコム>社内で会ったチュ・ジフンは冬よりものすごいという夏風邪に苦しめられていた。 猛暑にも長そでと長いズボンを履いて首にはスカーフを結んだ。 久しぶりにみたチュ・ジフンはなぜか気持ちに背ももう少し高くて、からだも乾いたように以前雑誌で見た'モデル フォース'が充満した。 実際に対話を始めるとすぐに図のようだったチュ・ジフンは消えたし、おしゃべりな30代青年だけ目前に迫った。

20120726-2.jpg 20120726-4.jpg 20120726-3.jpg 20120726-5.jpg

[READ MORE...]
 チュ・ジフン“あえてイ・ビョンホン先輩と演技対決? 話にならなくて”(インタビュー)
2012年07月27日 (金) | 編集 |
チュ・ジフンがイ・ビョンホン主演映画と比較されるのと関連して率直な考えを明らかにした。

チュ・ジフンは最近映画'私は王である'(監督チャン・キュソン)封切り前ニュースエンと行ったインタビューでイ・ビョンホンとの演技比較は話にもならないとし首を横に振った。

チュ・ジフンは初めての史劇作品'私は王である'で世子チュンニョンと奴婢トクチル1人2役を引き受けた。 カリスマあふれて落ち着いていた過去イメージとは違い美男容貌をあきらめてまともに壊れたチュ・ジフンのコミック演技が期待される作品だ。 初めての史劇、朝鮮時代背景、1人2役など9月封切り予定のイ・ビョンホン主演'鉱害、王になった男'と共通点が多くてしばしば比較される。 イ・ビョンホンやはりこの映画を通じてデビュー21年ぶりに初めての史劇に挑戦したし王、賎民1人2役を消化した。

"私があえてイ・ビョンホン先輩と演技対決ですか? お話になりません。 ジャンルが完全に違ってひとまず私たちの映画はコメディ性格が強いです。 戦争映画も同じ素材を有しているが違うように表現するでしょう。 そのように考えられれば良そうです。 演技は当然イ・ビョンホン先輩がもっと上手くやれば負担されることもないです。 イ・ビョンホン先輩は私が中学校時期俳優を夢見る前から作品を見ながら尊敬した先輩です。 比較自体だけで光栄です"

去る2006年デビューするやいなやスターダムに上がって旺盛に活動したチュ・ジフンは大麻草事件が起きた後軍に入隊したし昨年11月除隊した。 2009年映画'キッチン'以後3年ぶりにお目見えする復帰作でピョン・ヒボン、ペク・ユンシク、パク・ヨンギュ、イム・ウォニ、キム・スロなど大切で恩人のような先輩たちと作業した。 チュ・ジフン自ら大きい幸運を得たと説明した。

"現場の雰囲気がとても良かったしあの一つだけ上手にすれば良い所でした。 あまりにも演技力優れていられた先輩らと作業すればリアクションだけ熱心にしました。 以前に先生ディレクター様する言葉がみなそのとおりですよ。 演技は上手にする人としなければならなくて自然について行くとそうしましたよ。 今回切実に感じました。 イム・ウォニ兄と撮影する時間が多くて最も親しく過ごしました。 ウォンヒ兄もほとんど言葉がなかったし人見知りが激しくて序盤にはぎこちなかったがますます親しくなったし後日にはすべての俳優らと良く過ごしましたよ。 前漁色すれば言葉を慎むが親しい人々といる時は米主我を故主我をみな打ち明けます。"

映画予告篇だけ見てもチュ・ジフンが美男容貌をあきらめたという事実をすぐ知ることが出来る。 それだけ作品に愛情を注ぎ込んだし全体撮影分量90%を消化した。 その過程から負傷まで着た。

"前王見るという奴婢役にさらによく似合います。(笑い)奴婢トクチルを演技する時はメーキャップもしなかったし汚く見えるために顔に黒い七をたくさんしましたよ。 美しくて素敵な姿は当初からあきらめました。 初めての史劇にコミック ジャンルとはっきりと壊れたし私も結果がとても気になります。 撮影中足が裂けたりもしたが病院で4針程度縫った後現場に復帰しました。 ちょうどトクチルが家が粉々に砕けること出て裸足で逃げる場面を撮影したがその時は少し大変だったんですよ。 だが、私だけそのようにするのは違います。 大韓民国俳優は全部それだけ努力します。"

チュ・ジフンは'私は王である'封切りを控えている状況でSBS週末ドラマ'紳士の品格'後続である'五本の指'撮影も始めた。 チュ・ジフンを待ったファンたちには何よりうれしい便りだ。 デビューの時から今まで自身を応援したファンたちに向かって感謝の気持ちも忘れなかった。

"したい話はいつも同じです。 感謝の気持ちだけでしょう。 ファンたちは私の作品を見て好む方々が多くてその方考えれば作品選択する時さらに慎重になります。 時々私を見るために現場に訪ねてくるのに他の人配慮しながら礼儀にかなうように行動する姿譜面本当に満たされて誇らしいです。 私が報いることができる方法は演技を熱心にして良い作品お見せすること以外ないようです。"

歴史実録に出てこなかった世宗即位前3ヶ月を不らちな想像力で解いて出した'私は王である'という朝鮮時代を背景に王になりたくなくて月談を押し切った世子チュンニョンと思わずその場を横取りした奴婢トクチルのあきれた運命とその過程で跡継ぎチュンニョンが星群世宗大王に成長していく過程を描く。 8月9日封切りする。

[ニュースエン 2012-07-26 12:31:05] 元記事はこちらから

20120726-7.jpg 20120726-8.jpg 20120726-9.jpg

 ‘私は王’チュ・ジフン“安らかに受け入れるほど多いこと得て..”
2012年07月27日 (金) | 編集 |
俳優チュ・ジフンが3年ぶりに跡継ぎになってスクリーンに復帰した。 彼は映画‘私は王である’(監督チャン・キュソン、以下私は王)で都市的でシックなイメージを投げ捨てて小心で柔弱な世子チュンニョンと奴婢トクチルで1人2役を消化して作品の中キャラクターに没頭した。

彼がお目見えする歴史上偉大な王で称賛受ける星群世宗大王の秘密話に観客の期待が集められている。

チュ・ジフンは最近江南のあるスタジオで本紙との出会いを持った。 彼は忙しい日程に紙行うほどなもののそのどの時より熱意を燃やしている。 彼はデビュー以来初めて史劇に挑戦する所感を伝えた。

“語り口も台本とは違ってある程度想像に依存して表現しなければならないので容易なことではありませんでした。 その上1人2役であったためキャラクター指向を捉えることも難しかったんですよ。 既に出演した作品より監督様を10倍以上さらに多く会ったことのようです。”

チュ・ジフンは今回の作品を通じて朝鮮版‘王子と乞食’を描き出した。 チュンニョンと奴婢トクチルの話は歴史の考証で扱われなかった三ヶ月間の姿を表わした。 彼はチュンニョンとトクチルのために一日にも数回ごと扮装と衣装を変えなければならなかった。

“あるキャラクターだったらそうでなかったはずなのに私は2人役割をしなければならないからほとんどすべての履く撮影しました。トクチル キャラクターが本能的であり表面に現れるキャラクターならばチュンニョンは意志も弱い悪漢人物です。 二人が同時に変わって行く過程なので中間地点に性格が似てくる部分があります。 二つのキャラクターが重なった時悩みをたくさんしましたね。”

彼の苦労はただキャラクターこれだけではなかった。 撮影が進行されたところはある地方の山の中だった。 彼は撮影中 負傷で裂けた自身の足を縫った糸屑を自ら解かなければならなかった状況に達した。

“撮影会場自体が山の中だと冬には寒くて夏には熱かったんですよ。 ここにひげまで付ければご飯もまともに食べられないほどなのに加え皮膚トラブルまでできました。 中間に足が裂けたのに、後ほどにはとても忙しくて病院行く時間がなかったです。 結局自ら糸屑を選ばなければならなかったんですよ。”

チュ・ジフンは演技において詰まる部分は監督をはじめとする一緒出演した先輩たちに諮問を求めることを躊躇しなかった。

“ピョン・ヒボン-ペク・ユンシク-パク・ヨンギュ先生それぞれ他の魅力を持っておられます。 私が撮影会場末っ子とその時その時状況は変わるが、この方に演技に対して多様に習うことができて良かった時間でした。”

俳優が既存のイメージを破って新しい変身をするということは容易な決定でない。 彼はコメディというジャンルに新しい挑戦をしながら自身のイメージ変身を試みた。

“俳優なのでシナリオが与えられればひとまず‘おもしろくてしたくて、することができるだろうか?’という考えを先にします。 もちろん笑わせなければならないという使命感があれば負担になると思います。 だが、私どもの映画は状況自体が笑わせるので自然な笑いを引き出すことができると思います。”

チュ・ジフンをはじめとする俳優は史劇経験がない場合が多い。 これらが広げる‘私は王’は観客に新鮮な感じを与えると予想される。 また、世宗大王という素材から来るなじみもまた‘私は王’の長所に選ばれる。

“全てのものを下ろしてキャラクターに陥って撮影をしました。 多分一度も体験できなかったチュ・ジフンの新しい魅力を感じることができるでしょう。 観客数ですか? それは私がどのようにすることができる部分ではないようです。 どうせなら多くの方々が見たらいいですね。”

最後に彼は‘私は王’を見ることになる観客に要請の挨拶を残した。

“私どもの映画は気楽な気持ちで見たらいいですね。 ジャンルもコメディで感動コードが存在します。 単純に笑いだけ与えるのではない他の感情も持っていくことができそうです。 もちろんそのようにとりました。 安らかに受け入れて下さるほどより多いものを持っていくことができるでしょう。”

チュ・ジフンはこれまでの空白を破って3年ぶりにスクリーン復帰に続きブラウン管カムバックを控えている。 彼はSBS週末ドラマ‘五本の指’で天性の才能を持ったが悲運の家庭事情を持ったピアニスト役を担ってファンたちを探す予定だ。

彼が話した‘多いこと’らは来る8月9日封切りする映画‘私は王’を通じて確認することができる。

[ヘラルド経済 2012-07-26 15:46] 元記事はこちらから

20120726-10.jpg

赤コメント省略で時間の許す限りアップ~

 変身9段と夢の盛大、ミュージカルファン惹きつける
2012年07月27日 (金) | 編集 |
‘ラカージュ’ゲイおばさん役チョンソンファ
コメディアン キップを切って演技幅広げて

‘マンオブ…’ドンキホーテ役ホン・グァンホ
暴風歌唱力に演技力も搭載


ハンサムでなくても良い。 目がちょっと小さくて鼻が若干低ければどうなのか。 1000席越える客席を満たす訴える力濃厚な声、スポンジのようにキャラクターを完全に吸い込んだ優れた集中力は“兄さん”声を自ずと私にする。 繊細な耳目口鼻もよく見れば魅力的だ。 ミュージカル<ラカージュ>のチョンソンファ(37・左側小さい写真)と<マンオブ ラ マンチャ>の、ホン・グァンホ(30・右側)は典型的なハンサムではないが持って生まれた能力と誠実な努力で現在の男ミュージカル俳優の間で前の席を占めている。

■コメディアン キップを切って最高俳優で

ミュージカル製作社桑の実ミュージカルのシン・チュンス代表の言葉を借りれば“チョンソンファはすべてのミュージカル製作者が共に仕事をしたい俳優”だ。

チョンソンファは桑の実ミュージカルが2010年公演した米国ブロードウェー原作ミュージカル<マンオブ ラ マンチャ>で主人公ドンキホーテを引き受けて印象的演技をした。 初めにはサンチョパンサ役を担うだろうと予想されたが、オーディションで堂々とドンキホーテ役を取り出した。 シン代表は彼を置いて“賢くてキャラクター分析力が優れて引き受けることができる役割幅が広い”と話す。

彼はこの頃ミュージカル<ラカージュ>で穏やかな印象におしゃべりな‘ゲイおばさん’エルビンを演技する。 180㎝するのにの荒っぽくある体つきにさく烈するようなワンピースを着て、太い声で女らしい語り口をまねる。 製作会社Agaカンパニー側は“原作<ラカージュ>では大きい体格の男が女らしいゲイを演技して爆笑を引き出したが、チョンソンファのエルビンもそのような面白味を作り出して観客の呼応を得ている”と話した。

1994年SBS公開採用コメディアンでデビューした彼は2003年<アイラブユー>でミュージカル界に初めて足を踏み入れた。 ミュージカル<マンオブ ラ マンチャ>と<英雄>、演劇<クモ女のキス>等を経てコメディアン荷札を離して正劇主人公で席を固めた。

来る11月韓国語版初めての公演を控えたブロードウェー大作<レ・ミゼラブル>でも主人公ジャンバルジャン役を担う。 <レ・ミゼラブル>製作会社であるKCMI側は“ジャンバルジャンはすべての俳優が夢見る役なのにチョンソンファは音域対が広くて演技力が優れてよく消化すること”としながら“オーディションの時から歌、台詞、動線など完全に準備をしてきた誠実さに感心した”とほめた。

■ミュージカル一つの井戸だけ掘ったところハンサムに見える

2002年ミュージカル<明成皇后>でデビューしたホン・グァンホはミュージカル一つの井戸だけ掘ってきた俳優。 彼と<ジキルとハイド>、<ドクトルジバゴ>、<マンオブ ラ マンチャ>まで共同作業してきたシン・チュンス代表は“30代初め俳優の間で断然独歩的な存在”と断言する。 ホン・グァンホは2010年<オペラ座の怪人>韓国語公演でファントム役を演技した。 感情を積んだ円熟した歌唱力が後押しされてこそ消化できるファントム役を20台の若い俳優が引き受けて当時破格キャスティングに広く知られた。

彼はミュージカルの主な観客層である20・30代根っからの女性ファンが多いにも有名だ。 シン代表は“ホングァンホの声には人を惹きつける吸引力がある”と話した。 豊富な声量で大劇場をいっぱい満たす魔性の声は舞台で彼を満ち足りていた美男で作ってしまう‘後光効果’まで発揮するというのがミュージカル界の評価だ。 現在の公演中の<マンオブ ラ マンチャ>ではその間歌唱力に比べて不足だと評価された演技力論議も寝かした。 ミュージカル界ベテランであるソ・ポムソクと演技派俳優ファン・ジョンミン劣らないしらじらしいカリスマで観客の愛を一体に受けている。

[ハンギョレ 2012-07-26 20:35] 元記事はこちらから

20120726-11.jpg 20120726-12.jpg

※ホングァンホ氏、"美男で作ってしまう‘後光効果’"ってなんかわかる(失礼)。
羅カージュのチョンソンファさんすごく愛すべきエルビンにすっかり魅了されました! レミゼのジャンバルジャン役も楽しみです~。


シークレットガーデンのあとあんまり眠くて居間でそのまま(>_<)

 ‘応答せよ1997’ソイングク、演技の好評..“すでに大当たりドラマ予感?!”
2012年07月26日 (木) | 編集 |
去る24日初放送されたソイングク-チョン・ウンジ主演‘応答せよ1997’に対する視聴者好評‘洪水’

Mnet ‘スーパースターK’を通じて援助優勝者で名前を知らせた歌手ソイングクが‘応答せよ1997’を通じて演技者でも安定した位置づけを確保している。

演技者でチャン・グンソク、ユナとともに出演したKBS 2TV ‘愛の雨’で安定した演技力を見せて好評を受けたソイングクが初めての主演に抜擢されて出演したケーブルチャネルtvNドラマ‘応答せよ1997’が去る24日放送を始めた。

‘応答せよ1997’は1990年代思い出の感じを自然に表現やり遂げてその時期の記憶を回想するようにさせて、自然に20代半ばで30代初めまで視聴者たちの感性をひきつけるなどドラマ自体でも好評を受けている。

特に主役を演じたソイングクも180cmのすらりとした背丈とがっしりした上半身露出で女心(女心)をひきつけて、今回の‘応答せよ1997’を通じて歌手活動に続き演技者でも成功裏に席を占める姿を見せながら今後活動により期待感を持つようにさせている。

最近ソイングクは韓流スターリュ・シウォン、クォン・サンウ、チョン・ウソンをはじめとして多数の日本有名アーティストが所属している日本の大型企画会社である株式会社アービングと現地専属マネジメント契約を締結したと伝えられられるなど国内、国外を行き来して本格的なマルチ エンターテイナーとして活動を進めている。

ソイングクは“初めての主演だとたくさん緊張する。 だが、皆さんが期待して愛されるだけに初心を失わない真の演技で報いる”として緊張感と期待感を表示した。

一方、ソイングクをはじめエイピンクチョン・ウンジ、シンソユル、ウンジウォン、インフィニット ホヤなどが出演する‘応答せよ1997’は8部作で、毎週火曜日午後11時tvNで放送される。

[ブレーキニュース 2012-07-25 16:24]  元記事はこちらから

20120725-1.jpg

※ピニのホヤが出てるのは知らなかった! ますます早く見たいなあ~。

今日はここまで~。

 チュ・ジフン"遅く悟りましたよ俳優が私の天職であることを…"
2012年07月26日 (木) | 編集 |
3年ぶりにスクリーン復帰チュ・ジフン

俳優チュ・ジフン(30)は'美男'韓流スターであった。 トップモデル活動をしてドラマ'宮'と'魔王',映画'キッチン'などで見せてくれた魅力にささった女心が多かった。 だが、20台後半かんばしくない事件が起きて、彼は入隊した。 反省とたくさん考えた後ファンたちに帰ってきた。

スクリーン復帰作で来月9日封切り予定の史劇コメディ'私は王である'(監督チャン・キュソン)を選んで3年ぶりに観客と会う。 このジャンルに初めての挑戦する彼は"ドキドキしてときめく"と緊張感を表わした。 '私は王である'という王になりたくなくて月談を押し切った世子チュンニョンと思わずその場を占めることになった奴婢トクチルのあきれた運命を描いた作品。

チュ・ジフンが1人2役でチュンニョンとトクチルをかわるがわる演技した。 からだが一つとか1人2役が容易なはずがなかったはず。 "チュンニョン役割をしてすぐにまた、服を着替えてトクチル役割をしたが初めには一体に二人が埋めていましたよ。 ある人物を演技する時他の人物を追い落とすのが大変だったんですよ。"

久しぶりに復帰したがやはり俳優が天職であることを分かったといった。 "他のどんなものをする時より集中力が高かったし、何をしようが上手にすることができた"と回想した。 時間が流れて当たり前のようにチュンニョンとトクチルを自由自在に行き来した。 ファンたちが受け入れる劇中チュ・ジフンの姿が少しはなじみがうすくて見慣れないか分からないけれどまた他の魅力を見る面白味が大きいようだ。

チュ・ジフンは史劇に初めて挑戦する先輩イ・ビョンホン(42)とも比較される。 イ・ビョンホンが出演する映画'鉱害、王になった男'が9月封切りを控えていて比較されるほかはない。 負担はないだろうか。

"比較されなくてもかまいません(笑い). ひとまずジャンルが違いますね。 比較とみるより私はイ・ビョンホン先輩などを心より尊敬して先輩たち演技を見て感心しますね? 先輩たち作品が出てくれば時間内で必ず探してみます。 良い先輩を見ながら年齢をもう少し取りたいと考えます。 演技に年輪がにじみ出ますね。 他の先輩たち皆にもたくさん感じて学びます。"(笑い)

彼は5年ぶりにSBS TV週末ドラマ'五本の指'でテレビ劇場にも復帰してピアニストを演技する。 彼は"システムがどのように変わっているか恐ろしい"として"ギリギリなドラマ スケジュールのために体力的である面も悩み"と冗談を言った。

"年を取って心配になります。 もう少し実質的で現実的な悩みといいましょうか? ドラマは1週間に映画一本をとることじゃないの。 集中して演技するべきなのに目がきらきらしなければならない瞬間に眠気ぎっしり埋まった目つきではいけないでしょう。"(笑い)

映画とドラマ、ミュージカル、最近ではバンド活動も併行する。 用心深く'麻薬事件と関連して過去を忘れようと熱心に活動するか'で尋ねた。 "待って下さった方々がとてもありがとう"と話し始めた彼は"過去を忘れようと熱心に活動をすることではない"といった。 "一歳、一歳食べて見たらより多いもので見聞きして体験することになりましたよ。 以前には共感できなかったことが今は共感できるとより多くの作品ができて、多様に活動が可能になることのようです。"

彼がいない間芸能界にすばらしくてハンサムな俳優が多くなった。 代表的に同じ所属会社キム・スヒョン(24)が最高値を打っている。 チュ・ジフンは"スヒョンはうまくいくことができた"として"心より後輩中で良い演技者がたくさんできるというのは良いこと"と笑った。

危機感を感じはしないのかと尋ねると"私と別の魅力がある"として"それで私たちが全部暮らすことができること"となだめる。 "先輩にも習うが後輩にもたくさん習います。 刺激になります。 私は恐ろしくてできないことを私より幼い友人がやり遂げた時、'おもしろいだろう'とする考えにもなって。"

[毎日経済 2012-07-25 15:29] 元記事はこちらから

※ほとんどテキストさっきの記事と同じですが"俳優が天職"ってとこがいいなあ^^

 [インタビュー]チュ・ジフン“後輩キム・スヒョンに危機感? 刺激されます”
2012年07月26日 (木) | 編集 |
俳優チュ・ジフン(30)が帰ってきた。 美男韓流スターであった彼は男になった。 20代後半かんばしくない事件を体験したがすでに過ぎたことだ。 反省をたくさんしたし前を眺めて再びまた、疾走しようとする。 自身を待ったファンたちに感謝の気持ちと共に、演技で補償をする道しかない。

軍除隊後スクリーン復帰作で8月9日封切り予定の史劇コメディ‘私は王である’(監督チャン・キュソン)を選んで3年ぶりに観客を探す。 このジャンルに初めての挑戦するチュ・ジフンは“ドキドキしてときめく”と緊張感を表わした。 だが、もう少し安らかに映画に没入できて寄り添ってもかまわないといった。

“各捕えられていなかったものなど、もう少し人間的な本能に忠実な主人公の姿がおもしろかったです。 続くエピソードも十分に同感しましたよ。 映画の中で見られる自分の姿が自然だといわなければならないでしょうか?”(笑い)

‘私は王である’は王になりたくなくて月談を押し切った世子チュンニョンと思わずその場を占めることになった奴婢トクチルのあきれた運命を描いた作品だ。 チュ・ジフンが1人2役でチュンニョンとトクチルをかわるがわる演技した。

久しぶりにスクリーン演技に復帰するということだったが、初めて経験する1人2役が容易なはずがない。 “この役割をしてすぐにまた、服を着替えて他の役割をしました。 序盤にはある人物に二人が埋めていましたよ。 全て一人になるのが大変だったんですよ。”

だが、演技者は演技者だ。 時間が流れて彼は当たり前のようにチュンニョンとトクチルを自由自在に行き来した。 彼は“どんなものをする時より集中力が高かったし、何をしようが上手にすることができた”と回想した。 劇中少しはなじみがうすい彼の姿が見慣れないことも分からないけれど新しい姿を見る面白味が大きいようだ。

偶然にも9月封切り予定の史劇‘鉱害、王になった男’で史劇に初めて挑戦、また、1人2役を延期したイ・ビョンホンと比較される。 ドラマ‘根強い木’で世宗大王を演技したハン・ソッキュとも比較する視線もある。 負担はないだろうか。

“比較されなくても良いです(笑い). ひとまずジャンルが違いますね。 比較とみるより前ハン・ソッキュ、イ・ビョンホン先輩を真心を尊敬して先輩たち演技を見て感心しますね? 先輩たち作品が出てくれば時間内で必ず探してみます。 良い先輩を見ながら年齢をもう少し取りたい考えます。 演技に年輪がにじみ出ますね。 二人の先輩はもちろん、他の先輩たち皆にもたくさん感じて学びます。”(笑い)

チュ・ジフンはSBS TV週末劇‘五本の指’でピアニストで5年ぶりにテレビ劇場にも復帰する。 彼は“システムがどのように変わっているか恐ろしい”として“ギリギリなドラマ スケジュールも予定されているはずなのに体力的である面も悩み”と冗談を言った。

“年を取って心配になります。 もう少し実質的で現実的な悩みといいましょうか? ドラマは1週間に映画一本をとることじゃないの。 集中して演技するべきなのに目がきらきらしなければならない瞬間に眠気ぎっしり埋まった目つきではいけないでしょう。”(笑い)

映画とドラマ、ミュージカル、最近ではバンド活動も併行する。 除隊後あまりにも忙しい活動だ。 用心深く‘入隊前発生した麻薬事件と関連して過去を忘れようと熱心に活動するか’と尋ねると“待って下さった方々がとてもありがとう”と話し始める。 だが“過去を忘れようと熱心に活動をすることではない”といった。

“一歳一歳さらに食べて見たらより多いのを見聞きして経験するのが多かったんですよ。 以前には共感できなかったことが今は同感すればさらに多様に活動をすることができるようです。”

時間が流れて自然にファンたちとの関係も良くなった。 “人見知りが激しい方”という彼は“ファンたちが近くタガワも表現方法を知らなかったが今は豊かになった”として“私が豊かになればファンたちも気楽に対してくれたよ”と好んだ。

彼がいない間芸能界にすばらしくてハンサムな俳優が多くなった。 例えば同じ所属会社キム・スヒョンが最高値を打っている。 チュ・ジフンは“スヒョンはうまくいくことができた”として“心より後輩中で良い演技者がたくさんできるというのは良いこと”と笑った。

危機感を感じはしないのかと聞くと“私と別の魅力がある”として“それで私たちが全部暮らすことができること”となだめる。 “先輩にも習うが後輩にもたくさん習います。 刺激になります。 私は恐ろしくてできないことを私より幼い友人がやり遂げた時‘あれおもしろいね!’という考えにもなります。”

久しぶりに復帰する映画とか興行に対する期待感も大きくないだろうか。 チュ・ジフンは“興行は演技者の領域を抜け出すようだ”とした。

“本当に完璧に準備しても時代の流れと合わないで外面受けることもできます。 私は私がすることができることにすべての力を注ぐだけでしょう。 興行に気を遣うより熱心に演技して、熱心に広報するだけです。 ずっと作品活動をしたいことは一ケ所率直に興行にしばられたくはありません。 もちろん一寸の前も見られないのが人間とか後ほどにはしないこともあります。”(笑い)

[毎日経済 2012-07-25 08:16] 元記事はこちらから

20120725-3.jpg 20120725-4.jpg 20120725-5.jpg 20120725-6.jpg

※キーイーストファミリーの長兄として弟たちにいいトコ見せたいなあ(爆)。

PCモニター前にして寝てた・・・

 チュ・ジフン"大麻草事件後イェハギョンと連絡とっていない"
2012年07月26日 (木) | 編集 |
俳優チュ・ジフン(30)が2008年体験した大麻草事件に対して心境を吐露した。

チュ・ジフンは映画'私は王である'(チャン・キュソン監督、テイジエンタテインメント製作)のインタビュー日程で忙しい毎日を送っていた。 映画に関連した話より3年間の空白を持ってきた事件に対して質問が多くなされたし意外に淡々として謙虚に自身の誤りを認めた。

去る23日TVリポートと行ったインタビューでもチュ・ジフンは率直な内心を打ち明けた。 彼に緋文字になった事件に対して尋ねるとすぐに"調査を受けるその場で断片的に嘘をつきたくなかったということより、今後残った私の人生に対して一生嘘をつきたくなかっただけだ"と所信を明らかにした。

同僚モデル イェ・ハギョンの家でエクスタシーとケタミンなど向精神性医薬品を投薬した疑惑で起訴されたチュ・ジフンは疑惑を認めて2009年6月執行猶予1年、社会奉仕120時間、追徴金36万ウォンを宣告された。 チュ・ジフンは以後2010年2月、特戦司令部常勤予備役で服務したし去年11月に除隊した。

彼は"当時の私の姿はモザイクをしても分けることはできない。 すでに報道になった状態で誰か見ても明らかに私ということを皆知る。 それが現実ではないだろうか"として"私が隠そうとしても人々は私に尋ねるだろう。 私を好きな人はないことという確信を持って尋ねて、また、私を嫌う人は疑いのまなざしで尋ねるだろう。 私はそれでは両方すべてに嘘をつくことになるわけだ"と説明した。

毎度受けるあくどい質問に鍛練されることもある彼だが胸の深いところで押し寄せる苦々しいことは隠すことができなかったようだ。 彼は引き続き疑惑を認めた直接的な契機に対して"こういう考えをしてみた"として十分にかんだ。

"遠い将来老年の年齢に友人らとマッコリ一杯に色々な話をしながらおかずをみなしているでしょう。 ところで偶然にその事件に対して話が出てきて'その時本当に君ではないだろう?'と尋ねるならばどうかと思いました。 悲しいでしょう。 その年齢になっても嘘をつかなければならないというのが。 そのように生きていくこと、ぞっとするでしょう。"

過去同僚であり同じ傷で精神的苦労が激しいイェハギョンとの間を尋ねるとすぐにチュ・ジフンは"そのこと以後では全く連絡したことがない"として言葉を慎んだ。

最近自粛期間を終えてケーブルTV tvN 'コリアカットタレント2'を通じて4年ぶりの放送復帰をしたイェ・ハギョンにもしやと思う心にチュ・ジフンは用心深がる表情であった。

"今はさっさと振り払ってしまう程治癒になったか"という質問に"絶対さっさと振り払ってしまうことはできない。 私には傷のようなことだ。 もちろん他人による傷でない私が直接出した傷だが"としながら言葉を濁した。 引き続き"少し緩和されることができるだろうが傷跡はなくならない"と答えた。

チョ・ジヨン記者

[TVリポート 2012-07-25 07:39] 元記事はこちらから

20120725-2.jpg

※ジフニがハギョンのことを語ったのって初めてかも、いままで誰も聞かなかったのにかなり踏み込んだ取材が日々行われているようで新たな記事を見つけるたびドキドキです。それにしても事件が明らかになった当時どれほど絶望しているだろうと、もしやよからぬ考えを起こすのではないかと夜ごと怯えたわたしの心配をよそに、ジフニはこんなにも冷静に未来の自分を想像して罪を素直に認めたんだと知り驚きました。ジフニは決して自分を見失わず、俳優として、人間として、生きることを諦めてはいなかったとわかり嬉しかった。遠回りしたし傷は永遠に消えないけれど、むしろそれを勲章として人生の第二章を堂々と歩んで欲しいです。ジフニふぁいてぃーん^^

もしハギョンに対して一言コメント求められたらジフニはなんて答えるんだろう、、、

 チュ・ジフン"一日3度鎮痛剤飲んで訓練所1等"
2012年07月25日 (水) | 編集 |
チュ・ジフン(30)が帰ってきた。 映画'キッチン'(2009)以後3年ぶりだ。 その間軍隊も行ってきて'大変なこと'も払った。 軍入隊直前である去る2009年大麻草喫煙疑惑を認めた。 自粛の時間を経た彼は一層固くなった感じだった。

"準備もたくさんしたし勉強もたくさんしました。 そんなことがよく混ぜ合わせて映画やドラマでよく表現されたらいいですね。 誰かが文化生活を営みながら休めるようにする職業なのにさらに精進して上手にできるようにしなければならないですね。"

比較的遅れた年齢にしなければならなかった軍生活はどうだったのだろうか? 特典司令部所属で服務した彼は"上手にしたようだ"とした。 "幼い弟たちが何が好きなのかも聞けたし本来集団生活に適応が上手な方"というもの。 それと共に入隊初期激しく軍生活をした経験を打ち明けた。

"軍隊に行く前に椎間板内障症がありました。 それで鎮痛剤を5酒痔包んで行ったんですけれど。 毎日一日に三回ずつ食べました。 熱心に生活したおかげで訓練所全体1等をしたし休暇も受けましたよ。"

引き続き"軍隊で得たのが何か?"としたら"忍耐心"としながら笑った。

チュ・ジフンが復帰作で選択した映画は'私は王である'だ。 チュンニョン大君が彼と同じような外見な奴婢に会いながら広がる話を描いた映画だ。 チュ・ジフンは1人2役演技に挑戦する。 特に目につく点は普段落ち着いていて寡黙なイメージであらわれた彼がコミック演技を披露するということ。

"'西洋骨董洋菓子店アンティーク'で一緒に作業したミン・ギュドン監督様が'そういうのをしたか?'としながら驚かれましたよ。 本来私にそうである面があります。 大衆は分からないが、私の友人は当然だと考えますね。 代わりに今回の作品では'笑わせなくちゃ'という負担感はなかったです。 わざわざコミカルにしてはいないです。"

数え年で三十一つ. しばしば話す'結婚適齢期'だ。 理想を尋ねるとすぐに"猫のような人"といった。

"少し個人的で仕事に集中して話せる人です。 愛が利用手段になるのは好きではないですね。 もし私のガールフレンドが夜勤をするならば会いたくても我慢しなければならないと考えます。 職業というのは責任があるのに愛という名前であらゆる事を勝ち取ろうとすれば破壊であることのようです。"

"'チャドナム'スタイルであるようだ"という話には"誰かは退屈だとそして誰かは艶がないとそうですね"という返事が帰ってきた。

"事実女を本当に一つも分からないです。(笑い)私は女優もちょっと難しいです。 連絡先もやりとりしませんね。 (シン)ミナのような場合、二つの作品を共にしながら監督様がちょっと親しくなれと言ってやりとりしたことのようです。"

チュ・ジフンは'私は王である'の封切り(8月9日)に先立って8月4日初放送される予定のSBSドラマ'五本の指'を通じて顔を映す。 空白期を経ただけ休む開くことなく活動を継続する。 ドラマでは天性の才能を持つピアニスト役を担った。

彼は"常にシナリオを受けた後把握をとても上手にしてそれをそのまま表現したい欲があります。 一人でなく'私たち'が伝達したいことをよく伝達できたらいいですね"と付け加えた。

[スポーツ朝鮮 2012-07-24 17:42] 元記事はこちらから

20120724-20.jpg

※夜勤なんて普通例に出さない気がするけど女優さんは徹夜仕事も多いしねえ(にやにや)。

ミンギュドン監督さまとは交流続いてるようでなにより^^

 '私は王'チュ・ジフン"初めての史劇・コメディ、負担はなかったです" [インタビュー]
2012年07月25日 (水) | 編集 |
私たちの'美男皇太子イシン'はどこへ行ったのか。 映画'私は王である'を持って3年ぶりに私たちのそばを訪ねてきたチュ・ジフンは公開された予告篇で'凄惨に'壊れる。 服だけ謹厳で派手な王であるだけ、表情と行動は一言で'バカ'そのものだ。

チュ・ジフンが'コメディ'ジャンルを持ってカムバックするという事実は誰も推察できなかった。 その間の作品、ドラマ'宮'をはじめとして映画'西洋骨董洋菓子店アンティーク'などを通し見せてくれた美男の温かいイメージを構築してきたチュ・ジフンのため。

その上コメディだけでなくチュ・ジフンは今回の映画で'史劇'というジャンルと'1人2役'という演技挑戦に新しい変身をお目見えする予定。

このように復帰作で三つの挑戦を広げるチュ・ジフンは去る18日OSENと会ってそんなに大きい負担は入らなかったといった。 作品に対する信頼、監督に対する信頼、そして一緒にする俳優に対する信頼があったためだった。

"そんなに大きい負担を感じてはいないです。 監督様も良く知られた方だったし出演する先輩の話を聞きましたよ。 それで信頼がありました。 本も良かったが演出陣と出演陣が本当に良くて信頼がありました。"

負担はなかったというが初めてしてみる'史劇'ジャンルであるから所感も格別だったはず。 史劇演技をしてみた所感を尋ねると考えたことよりトンが飛び散る困難があったと伝えた。 これに対し監督と共に話していって次第に合わせていったで。

"私どもの映画は正統史劇トーンに行きはしないです。 ところで違うが違うか監督様も大丈夫だった場面が実際に朝鮮時代背景に朝鮮時代衣装を着てするから何か変なことがありますよ。 トーンが飛び散る困難がありましたよ。 それで現場でつかんでいきました。 監督様に'状況がこのように移るから大丈夫であることのようです'話しながらです。"

'チュ・ジフン'といえば浮び上がるイメージで'宮'を思い出させる人々が多いだろう。 それだけチュ・ジフンは初めての主演作だった'宮'で派手な宮廷中に孤独に育たなければならなかった皇太子イシン役を担って立派に消化したし数多くの女性ファンの心をときめくようにした。 抱いてあげたい母性本能を刺激する行動らと9頭身スタイルに温かい容貌まで兼ね備えたという話だ。 そのような彼が'私は王である'ではコミカルな表情もマダチしなくて見る人々に笑いをプレゼントする。 '美男'チュ・ジフンがこれを迷いはしなかったのだろうか。 初めから壊れることを目標にする映画ではないのでそのような心配はなかったといった。

"私どもの映画はコントではありません。 壊れることを目標に、笑いを目標に演技しはしません。 私どもは状況がおもしろい映画で真剣にキャラクターで延期すれば良い映画と心配しませんでした。 また、撮影ずっとコメディの代価である先輩らと共にすることができて本当におもしろかったです。 先輩にたくさん習いましたよ。 年齢もあったが情熱が本当にすごいです。 エネルギーがあふれられてよ。"

'私は王である'のメガホンを取ったチャン・キュソン監督は映画'イチャンとグンス','女の先生VS女弟子'等の作品で演出力を認められた有名監督. 撮影しながらチャン・キュソン監督と友人のような関係になったというチュ・ジフンは以後チャン・キュソン監督がまた、一度ラブコールを送れば快くするかは質問を投げるとすぐに作品を見るべきで俳優として真剣な返事を出した。

"監督様とは友人のような関係になりました。 あまりにもに権威的でなくて長い間撮影しながら楽になったりもしましたよ。 ところが監督様がまた、作品を共にしようといえば違うと答えるでしょう(笑い). それはマルチプレーが可能な方々だけできる返事であることのようです。 演技経歴20年越えられた方々あるでしょう。 劇というジャンルの中から出るほどのキャラクターを全一回ぐらいは経験してみた方々です。 なぜ台本を見なければならないかといえば私はとても良いが私がキャラクター設定が理解できなかったが作品をすることになれば観客方々にご迷惑をかけることじゃないの。 観客方々にも良くなくて作品としても良くないことであることでしょう。"

キャラクターに対する共感が重要だというチュ・ジフンに今回のキャラクターのある点に共感したのか尋ねた。 '私は王である'で小心な世子チュンニョンと突然ワン・ヨンギをしなければならない奴婢トクチル、1人2役のキャラクターをむかえることになったチュ・ジフンは人間の本能を見せるキャラクターに共感したと明らかにした。

"人間の姿を最大化していて共感できました。 人には色々な姿があるでしょう。 あののような場合だけでもインタビューする時は真剣にならざるをえません。 それで真剣なイメージができるが私にはそうではない姿もありますね。 世子が宮を出ながら本能に忠実な姿を見せる姿が共感を起こしました。"

映画が終わった後チュ・ジフンはブラウン管でまた、一度大衆に会う予定だ。 SBS新しいドラマ'五本の指'に合流することになったこと。 一緒に作品に出演するガールグループ ティアラのウンジョンに対して尋ねたところチュ・ジフンは事実ガールグループをよく分からないと話した。 だが、ティアラ メンバーという事実は知っていたとし俳優の感じが出たと賞賛を惜しまなかった。

"良かったです。 ところで事実私が歌も知ってティアラも分かるがTVをよく取りまとめてみはしません。 それでウンジョン氏の歩みをよく分からなくて(笑い). それでも歌手という話を聞いて行ってみたがマスクも良くて俳優の感じも出て良かったです。"

その間俳優生活をしてきて多様な作品に出演したチュ・ジフンはいかなる監督と目つきだけ見てもお互いの意中を分かる間になりしたいとし小さい希望を表わした。 監督のペルソナになりたいということ。

"監督様と俳優が長引いたりどんな俳優が呼吸がよく合うように多くの作品に出てきたりするなどの関係がうらやましいです。 監督のペルソナがあるでしょう。 そのような関係がうらやましいです。 現場ですることが考えが違うから考えを合わせるのに時間を多く使うのに目つきだけ見ても互いに分かる仲が良いと思います。"

8月、コメディに訪ねてくるチュ・ジフンは絶対に虚しくないという覚悟を伝えた。 熱い夏、蒸し暑さを飛ばしてしまった気がせいせいしたコメディになることだと。

"楽しかったらいいですね。 熱くていらいらするのにおもしろく見ることができる映画でここで話す面白味はコメディに近い面白みを感じられるんです。 絶対虚しい映画ではないことです。 演技したもので虚しくなりはしないでしょう。 8月に気がせいせいされることができられるはずです。"

[OSEN 2012-07-24 15:18] 元記事はこちらから

20120724-17.jpg 20120724-18.jpg 20120724-19.jpg

※宮の話題がでて嬉しい^^ 熱い夏、みんなに大笑いしてもらえるといいなあ~。

 チュ・ジフン“演技する時はつぎはぎ服が気楽です”
2012年07月25日 (水) | 編集 |
朝鮮版王子と乞食…1人2役挑戦
イ・ハヌィとメロー“非常にプラトニックです”
3年空白待った‘セジョンジュ’ファンありがとう


187cmの大きい身長にくすんで浅黒い皮膚。 俳優チュ・ジフンの第一印象だ。 一瞬近付くのが難しいそうだけど、実際には男らしくて冗談も上手な性格だ。 以前よりはるかに豊かになったという話に彼は“もう年を取るからであること”としながら笑った。

チュ・ジフンが長い間の空白を破って新しい出発線に立った。 彼は来る8月9日封切りする映画‘私は王である’(監督チャン・キュソン)を通じて3年ぶりにスクリーンに復帰する。 ‘朝鮮版王と乞食’ということができるこの映画でチュ・ジフンは世宗大王(セジョンデワン)の幼い時期であるチュンニョンと奴婢トクチル役を担って1人2役に挑戦した。 王と奴婢を交替しながら演技した彼は“確かに演技をする時はつぎはぎ服が気楽だ”として笑いを見せた。

‘私は王である’は世子冊封に不満を抱いたチュンニョンが宮を脱出した後、護衛武士が似ていた奴婢トクチルをチュンニョンで勘違いして宮に連れていきながら広がる話だ。 チュ・ジフンは劇中でペク・ユンシク、パク・ヨンギュ、ピョン・ヒボン、キム・スロ、イム・ウォニ、イ・ハヌィなどと呼吸を合わせる。

彼は“単純に笑わせるばかりのコメディではない”として“ドラマが強いヒューマン コメディだと見れば良い”と説明した。 イ・ハヌィとラブ ストーリーも登場する予定。彼は“メロラインが登場するが非常にプラトニックだ”といった。

事実彼は昨年11月除隊以後我を忘れてスケジュールを消化した。 除隊直後ミュージカル舞台に上がったし、映画‘私は王である’を撮影したし、新しいドラマも準備しなければならなかった。

“除隊以後本当にただ一日も自由を満喫できなくて生きました。 この前ぴったり一日スケジュールない日ができたが、すぐに予備軍訓練街は日でした(笑い)。 1時間早く帰宅させるという言葉に本当に熱心に訓練に参加することになりましたよ。”

チュ・ジフンは最近知人たちと共にバンドを結成した。 チーム内で彼はボーカルとギターを受け持っていて、作詞も直接する。 彼は“会社で私を防がない限り、近い将来私たちのバンドの舞台を見ることができる”として笑った。 演技と音楽の他にも、いつも何かを作り出すことに関心が多い。

“バンドでは私が歌詞を担当するからいつも歌詞が浮び上がれば書き留めます。 シナリオも小さい短編下や程度はいつも頭の中にあってよ。 お買いになるつもりより俳優人生が退屈です(笑い)。それでも私が次の作品や活動をあらかじめ定めて活動するタイプでもないので…。”

チュ・ジフンのファンクラブの名前はセジョンジュだ。 ‘世界を征服する俳優チュ・ジフン’という意だ。 ファンクラブの名前に対して“そうなれるように努力しなければならないですね”として微笑を浮かべた。 去る2009年広がったかんばしくない事件と直ちに続いた軍服務…. 3年という短くない空白があったが、今でも5万人を越えるファンたちが依然として彼を応援している。

“長く待って下さって本当に感謝します。 私は私のファンたちに対して自負する部分があります。 情熱は科しながらも、いつも守らなければならない線を守る方々でしょう。 とても素晴らしいです。”

[フォーカス新聞社 2012-07-23 23:55:40] 元記事はこちらから

20120724-14.jpg 20120724-15.jpg 20120724-16.jpg

※わあ、セジョンジュの方は嬉しいですねえ。でもファンクラブはチュゲルだってあるしファンはもっともっと大勢いるし、ジフニの感謝のコメントはセジョンジュに限らずみんなに対して話したことじゃないかなあ。'除隊直後ミュージカル舞台に上がった'なんて書く記事は信用ならん(-_-;

ジフニのバンド熱はきっと事務所も止められないんだろうなあ(爆)。

 '私は王'チュ・ジフン、"燃え尽きた、真っ白な灰に"(インタビュー)
2012年07月25日 (水) | 編集 |
俳優チュ・ジフンが軍除隊後3年ぶりに映画'私は王である'に帰ってきた。

チュ・ジフンは来月9日開封される'私は王である'で奴婢トクチルと世子チュンニョン役を担って1人2役演技に挑戦した。 ダイナミックな変身のために毎撮影ごとに他の扮装と姿をお目見えしたし、3日間15番ほど扮装と衣装を変えるなど強行軍を軽く消化して先後輩演技者の驚きをかもし出した。

それだけ映画撮影中難しいことも多かった。 足が裂けて縫ったが病院に行くことができなくて山の頂上で直接糸屑を選ぶこともした。

チュ・ジフンは"どうしてもシーンが多くて、野原で山で飛び回って見たらそのようだ。 同じ期間に普通映画2編分量を撮った。 131シーン中120シーンに出てくる"として"燃え尽きた、真っ白な灰に"とある漫画の名セリフを引用した。

このような姿は映画撮影移転や後全部大きく異ならない。 現場でからだを燃やしたチュ・ジフンは風邪との死闘(?) 中でもリンゲルを打ちながら広報日程を消化している。 冗談半分で話そうとするなら'点滴闘魂'を発揮中だ。

だが、からだ状態が良くなくても気力が出るほかはないこと。 映画試写専任にも'映画がよく出てきた'という好評がもれて、久しぶりのスクリーン復帰作に同僚俳優の称賛が続いている。

彼は"よく出てきたという話が聞こえるほど不安だ。 すでにとっておいたが、人々期待値が高まる"と茶目っ気幼い話を伝えた。

引き続き自身より他の俳優を褒め称えて球を周辺の人々に回した。 彼は"今回の作品ではアクションよりリアクションがさらに多い。 アクションをあたえる人々がいてこそリアクションが出てくるのに皆途方もない俳優だけで私は良く従っていった"と謙虚な話を残した。

彼の話を単純なリップサービスに受け入れることができないのは作られたより率直なのを表わすことを願うチュ・ジフンの性格のためだ。 実際の去る2009年かんばしくないことで調査を受けた時も自ら疑惑を認めたことがある。

チュ・ジフンはこれと関連して"嘘をつきたくなかった"と明らかにした。 音声判定が出た状況で否認したい考えになっただろうし、多くの人々がその道を選ぶことが明らかだが"色々岐路に立つことになるが、そうしてはいけないこと"という所信を伝えた。

また"私の誤りなのに当然耐えて受け入れなければならない持分だ。 誤りをしたら罰を受けて反省しながら生きていかなければなければならないと考える"と付け加えた。

チュ・ジフンはこれまでの空白を破って3年ぶりのスクリーン復帰に続き5年ぶりのブラウン管カムバックも控えている。 彼はSBS週末ドラマ'五本の指'で天性の才能を持ったが悲運の家庭事情を持ったピアニスト役に扮し8月スクリーンとブラウン管を行き来する予定だ。

[マイデイリー 2012-07-24 13:12] 元記事はこちらから

20120724-11.jpg 20120724-12.jpg 20120724-13.jpg

※やっぱこれ'あしたのジョー'の引用っぽいなあ、ジフニったら^^

 [スターインタビュー] '私は王である'チュ・ジフン"自ら光を放つ本物の星になります"
2012年07月25日 (水) | 編集 |
奈落から3年ぶりに演技復帰
ああ、私がこうしたところで仕事をしていたんだな…
人気よりは作品の中で光ること


わずか3年前だけでもチュ・ジフンは忠武路と汝矣島が同時に熱狂した俳優であった。 出演交渉が殺到したし、次世代韓流スターと呼ばれる程アジア圏人気もすごかった。 だが、ある瞬間のミスでかんばしくないことにまきこまれて奈落に落ちた。

そして3年が流れた。 切歯腐心後今一度翼を広げようとするチュ・ジフンに多くの人々が手を差し出した。 依然として刺すような視線もあるが毅然と耐えている。 自身の誤りを痛感して'俳優'という名前で再び立つために体験しなければならない過程であるためだ。

"一人でご飯を食べている時に年配の方1人が'頑張れ'とおっしゃいました。 '私の人生に大変な日がある時あなたの作品を見て力を得た'でしたでしょう。 気立て良い年配の方が私を慰労しようとされたお言葉であったが、私がすることが誰かに力になることもできるという事実に力を得ました。"

3年の空白を持つチュ・ジフンが選択した作品は映画'私は王である'(監督チャン・キュソン・製作テイジエンタテインメント)。 劇中チュ・ジフンは奴婢トクチルと王になりたくなくて宮を離れたチュンニョン大君など1人2役を引き受ける。 その間貴公子のようでスタイリッシュなチュ・ジフンの姿を記憶するファンたちにコミック映画'私は王である'中の姿は多少粗野に感じられそうだ。

"あえてジャンルを分けはしないです。 シナリオを見て'良い話'と考えました。 映画の基本構造が硬くて状況がいかにも強情そうでなく流れましたよ。 その上観客に感動を与えることができそうでした。"

再びカメラ前に立つとすぐに感慨が新しかった。 去る3年間チュ・ジフンは人気を失ったが、軍服務を終わったし俳優を越えて人間的に成熟したし30代になった。 外見はそのままでだけ内面はより一層ヨングン、チュ・ジフンに撮影会場は単純な仕事場以上の意味で近づいた。

"テスト撮影に行った時カメラが近づくのを見て'私がこうしたところで仕事をしていたんだな'と思ったんですよ。 多いならば多くて、少ないならば少ない時間が流れました。 'その事件'がある前には(演技を)上手になりたいが思いのままにならなくて非常に大変だったんですよ。 それでさらに周辺を見ることができなかったことのようです。 今や私がどこでどんなことをしているのか悟ることになった行きます。"

チュ・ジフンは'私は王である'封切りに合わせてSBS週末劇'五本の指'(脚本キム・スンオク・演出チェ・ヨンフン)を始める。 彼がブラウン管に復帰するのは2007年'魔王'以後何と5年ぶりだ。 その間作品数が多くなかったチュ・ジフンはスクリーンとブラウン管を同時に攻略してより大衆的な俳優で一歩近付くために支度を備えている。

"これからは作品数がさらに多くなるでしょう。 世の中を生きて共感するのが多くなりましたよ。 (笑って)年を取れば差し出がましくなるというでしょう。 自然な手順だと考えます。 私がしたいことを精進するならばご飯は飢えないことのようです。"

チュ・ジフンは今再び'スター'になって行く過程に立っている。 数年前までは五本の指中に挙げられる韓流スターにゴウゴウ飛んだが今は我慢比べに入った自身を日の当る場所に引き上げるところだ。 この頃チュ・ジフンは自身をスターであり俳優で作った'魔王'のパク・チャノンPDの助言を再確認している。

"ある日監督様が'星が何か'で尋ねたでしょう。 'よく分からない'で答えたところ'自ら光を出す恒星が星で、他人の光を受ければ惑星'としながら'君は星になれ'と言いました。 自ら光を出せとの意味でしたよ。 単純に人気を得るのを越えて作品の中で光ることができる俳優になるでしょう。"

アン・ジンヨン記者

[スポーツ韓国 2012-07-24 07:06] 元記事はこちらから

20120724-10.jpg

※本当の星に、、、ジフニ~;;

 ビースト チャン・ヒョンスン、ミュージカルがファンサービスなのか[レビュー]
2012年07月24日 (火) | 編集 |
幕を上げる時ごとにどんな理由でも間に関心と期待を精一杯受け入れたミュージカル‘モーツァルト!’がまた戻った。 今度は初演のそこ、世宗文化会館にモーツァルトの音楽情熱を垂らした。

ミュージカル‘モーツァルト!’は天才作曲家モーツァルトの人間的な苦悩と家族間の葛藤、愛に焦点を合わせている。 レゲ頭に裂けたジーンズを着た主人公モーツァルト役は既存メンバーのイムテギョン、パク・ウンテと新しいキャストのビースト チャン・ヒョンスンが引き受けた。

宮中指揮者のレオポルト・モーツァルト(イチョンヨル)は息子ヴォルフガング(チャン・ヒョンスン)の天才的才能を利用して後援支援金を得ようと思う。 だが、自由奔放な性格のヴォルフガングは父親の意を毎度断ってコルロレド大主教(ユン・ヒョンニョル)と衝突することになってウェーバー家族のために財産まで使い果たしたし母親まで送ることになる。

唯一の後援者のパルトゥシュテテン男爵夫人(シン・ヨンスク)の助けでウィーンに留まることになったヴォルフガングは愛するコンスタンチェ(オ・ジンヨン)と結婚した後父親と姉(イム・カンヒ)とも遠ざかることになる。 お父さんに認められることが出来ないヴォルフガングは以後精神的な混乱を経て、お父さんが亡くなった後疑問の男に‘レクイエム’作曲を注文受けて作業に突入するが結局作曲をみな終えられないまま死を迎える。

先立って話したようにこの作品は音楽家のモーツァルトの天才的才能よりは人間モーツァルトにさらに集中して彼の愛と自由に対する渇望、ただひとりとして認められて愛されたがった彼の人生を話している。 それでモーツァルトを演技する俳優の力量がとても重要だ。

150分という長い時間の間劇を完全に引っ張っていくためにはすべてのナンバーを完璧に消化することができる歌唱力と舞台掌握力が必要で、劇が進行されながら自身の運命に揺れて吹き荒れる感情をまともに表現できる演技力も要求される。 言葉どおり簡単に‘挑戦’してはならない作品というもの。

それでチャンヒョンスンの初めての挑戦に対する憂慮は開始前から極に達した。 もちろんJYJキム・ジュンスが予想を跳び越えるほど成功的なミュージカル舞台を作り出したのでチャン・ヒョンスンもまた、風変わりな魅力のモーツァルトを見せないかと思う期待感もあった。

だが蓋を開けたチャンヒョンスンの舞台は残念だった。 ビースト アルバム準備による練習不足と技量差が如実にあらわれる舞台であった。 不正確な台詞処理はもちろんナンバーを完ぺきに消化することから無理があった。

‘モーツァルト!’の力は珠玉のような音楽にある。 自身の運命を抜け出そうと絶叫するヴォルフガングの‘私の運命避けたくて’とお父さんの愛を望む‘なぜ私を愛しないですか’という名曲中の名曲と指折り数えられる。 だが、チャン・ヒョンスンにこの二つのナンバーは手に余るだけだった。

劇後半部には揺れる音程によりナンバーで感じることができる感動が節減されたし、歌詞や台詞を一つももれなく正確にやり遂げるべきだとの考えのせいなのか強弱調節が全くなされなかった。 一貫した声トーンと変化ない感情戦はモーツァルトが感じる人間的な苦悩を全く感じることができなくした。 特にチャン・ヒョンスンが公演中間中間吐きだすハイトンの笑い声は聴き苦しいほど。

もちろんダンス歌手として持つ長所も存在する。 柔軟なからだを利用した派手なダンス実力やその間の舞台経験を利用した観客誘導もまた、他の俳優らに遅れをとらない。 ある者は公演の特性上前にさらに整えられて少しずつ発展した姿を見せると話すかも知れない。

だが、観客はそんなに寛容でない。 最適の席のVIP席は何と13万ウォンであり、R席は11万ウォン、S席は9万ウォンで策定されている。 ファンではない以上どの誰がこういう完ぺきでない舞台を13万ウォンも出して見ようとするだろうか。

ミュージカル‘モーツァルト!’はモーツァルトの裂けたジーンズとレゲモリ、500余着の派手な衣装、100種余りのかつら、美しいモーツァルトの音楽と人々との関係で感じる内的葛藤を表現した腐食された鏡そして斜線舞台など見どころが多かった作品だ。 それで今回の公演があたえる物足りなさはより一層大きくならざるをえない。

イムテ卿、パク・ウンテ、チャン・ヒョンスン、パダ(チェ・ソンヒ),オ・ジンヨン、ミン・ヨンギ、ユン・ヒョンニョル、キム・ジェマン、シン・ヨンスクなどが出演するミュージカル‘モーツァルト’は8月4日まで世宗文化会館大劇場で公演される。

パク・チニョン記者

[TVデイリー 2012-07-23 11:37] 元記事はこちらから

20120724-1.jpg 20120724-2.jpg

※わたしもまったく同じ印象を受けたのでそっとアップしておきます。
台詞も歌も一生懸命さが伝わってくるだけになんというかフクザツでしたが近くの韓国ペンはしょっちゅうキヨウォ~(かわいい~)と言ってましたし回を重ね今ではもっと成熟しているものと思いますがとフォローしつつ。。。


 [動画]キムムヨル、'スリルミー'公演のため日本行単独捕捉
2012年07月24日 (火) | 編集 |
俳優キムムヨルがミュージカル<スリルミー>公演のため日本行に出ました。 兵役免除論議以後初めて<生放送スターニュース>がキムムヨルの姿を単独で捕捉できましたが。 詳しい便り、アン・ジソン記者が伝えます。

映画<ウンギョ>を通じて印象深い演技をしてデビュー以来最高の全盛期を迎えた俳優キムムヨルが兵役免除論議に包まれて大変な時間を過ごしているんですが。 すでに一月余りの時間が過ぎました。 去る6月21日監査院が‘兵役不正根絶対策推進実態'監査結果を公開しながらキムムヨルの兵役免除疑惑がふくらみました。‘高額収入を上げるスターが生計困難による兵役免除を受けた’という便りにネチズンの非難が続きました。

最も大きい問題になったのはキムムヨルが兵役減免申請前の去る2007年から2009年まで3億ウォンに達する高収益を上げるミュージカル スターだったという点、ここに受験することもしない公務員試験などを理由で故意に兵役義務を演技しなかったという疑惑まで受けているんですが。 兵務庁も再調査に出た状況です。

所属会社が直ちにキムムヨルが父親の病気で実質的に家族の生計の責任を負わなければならなくて軍隊に行くことはできない状況だったと解明しましたが。 だが、世論は簡単に弱くならなかったです。 論議が強まるとすぐに所属会社代表が体労働までしなければならなかったキムムヨルの過去の歴史を公開するに至りました。“2002年にすでに3億ウォンを越える借金があった”として“こういう個人史を公開的に話さなければならない状況に大きい悲しみと自己恥辱感を感じる”とキムムヨルの立場を代弁しました。

ここに言論を通じてキムムヨルの過去窮乏した生きることを見せる貧しい村家まで公開されるとすぐに世論はまたざわざわしました。 派手な人生だけ生きそうなスターの暗い裏面に同情論まで起きている状況です。

20120724-8.jpg

[READ MORE...]
 兵役是非キムムヨル、それにもかかわらず'光化門恋歌'
2012年07月24日 (火) | 編集 |
生計困難を理由で兵役を忌避したという疑惑を買っている俳優キムムヨル(30)がミュージカルで活動を継続する。

23日公演製作社光化門恋歌によれば、キムムヨルは去る20日釜山公演センタムシティ焼香アートセンターで幕を上げたミュージカル'光化門恋歌'に出演中だ。

光化門恋歌は"この前世間の集中を受けたキムムヨルは初演から'光化門恋歌'を共にした俳優"として"初心で舞台の上で本人の真正性を観客らに見せる確約をしている"と伝えた。

キムムヨルは論議以後当初出演することにした映画'AM 11:00'で下車した。 "契約上下車する理由がなかったがキムムヨルが苦心の末に参加しない側に心を決めた"と伝えた

キムムヨルは先月21日監査院の'兵役不正根絶対策推進実態'を通じて兵役減免処分を受けた事実があらわれた。 生計困難理由で兵役を減免される当時億台収入を上げたということだ。

キムムヨルのマネージメント社プレインTPCヌンしかし2010年父親が脳出血で倒れた以後病院費支出など実質的な最も役割をしてきただけでなく貧しい村で生きたと解明した。

一方、'光化門恋歌'は韓国大衆歌謡界にポップバラード熱風を起こした作曲家イ・ヨンフン(1968~2008)が主に歌手イ・ムンセ(53)と呼吸を合わせて出した珠玉のような曲らで整えたチュクバクス ミュージカル’で2011年超然とした。 キムムヨルはそばにある女が自身の愛であることを分かりながらも兄のために断念しようとする'ヒョヌ'を引き受けた。

8月5日まで公演してロックバンド'YB'のユン・ドヒョン(39),チョ・ソンモ(35),ソン・チャンウィ(33),リサ(32)等が出演する。 釜山公演以後11月日本、大阪、2012年1月東京で公演を継続する。

[ニューシス 2012-07-23 19:40] 元記事はこちらから

20120724-9.jpg

※11月、1月の日本公演にも来て欲しいなあ(>_<)

その前に~~~

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。