★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 '後宮-私は王である'シンガポール・日本に先販売
2012年05月31日 (木) | 編集 |
キム・デスン監督の映画'後宮'(製作(株)ファン・キソン師団)とチャン・キュソン監督の映画'私は王である'が海外でも大きい関心を受けている。

'後宮:帝王の妾'と'私は王である'が去る16日開幕した第65回カンヌ国際映画祭で各々シンガポールと日本に先販売された。 特に'私は王である'という主演俳優チュ・ジフンの人気に力づけられて日本市場で大きい関心を受けた。

また、関係者によればイ・ヨンジュ監督の'建築学概論'もカンヌ国際映画祭期間海外で熱い関心を受けて高い販売実績を上げた。

一方'後宮'は届かなくては生きられないものすごい宮で広がる狂気の情事を描いたエロチック宮中史劇で来月6日開封される。

'私は王である'という跡継ぎチュンニョンが奴婢トクチルと身分がさかさまになりながら星群世宗大王)に成長していく過程を描いた作品で、今年の下半期に開封される予定だ。

[TVデイリー 2012-05-30 18:22] 元記事はこちらから

20120531-2.jpg

※後宮の海外向けポスターはさらにエロティック~。ジフニはラブラインの心配はなしか?(笑)

昨日見逃してました記事~。
スポンサーサイト

 [SSの目] 'カクシタル'固辞した韓流スターら、ありがとうございます
2012年05月31日 (木) | 編集 |
チュウォンとシン・ヒョンジュンの'カクシタル'が水木ドラマ3ラウンドの初めての勝者になった。

地上波3社が野心に満ちるように出した水木ドラマ3ラウンドの最初の勝者は'カクシタル'だった。 ぴたっと後を追っている競争会社の二つのドラマのせいでまだ油断することは早いがすでに硬いストーリーと主演俳優らに対する好評があふれている。

30日初放送された'カクシタル'は早い展開と多彩な見どころで視聴者たちの視線をひきつけた。 独立運動に加担してバカになったイガンサン(シン・ヒョンジュン扮),そのような兄を見て植民地祖国に幻滅を感じて親日派になった朝鮮警察署刑事イガンド(チュウォンの扮)等キャラクターは活気があふれたし彼らの演技は説得力があった。

特にチュウォンとシン・ヒョンジュンの熱演は眩しかった。 キム・ソナとソ・ジソプをチームトップで前に出した競争会社らに比べてこれというスターがなくて相対的に不利だという憂慮をただ1回だけできれいに払拭させた。

メイン タイトルロールを引き受けて特に負担が大きい新鋭チュウォンは硬い演技力をこれ見よがしに広げてみせて悪役を完璧に消化した。 最近KBS2芸能プログラム'1泊2日'を通じてクィヨムドゥンが末っ子イメージを積み重ねたチュウォンの変身に'最高の反転'という反応を見せている。

シン・ヒョンジュンもやはり'バカ演技の神'らしい演技力を見せた。 カクシタルの顔を隠したまま外敵を懲らしめる朝鮮版ヒーローと人々に冷やかしにあうバカを行き来して二重生活をするイガンさんを演じてシン・ヒョンジュンの熱演に視聴者たちは感嘆を禁じえなかった。

先立って開かれた'カクシタル'製作発表会でユン・ソンシクPDは一部韓流俳優が出演を固辞してキャスティングに難航していたことを吐露して話題になった。 シン・ヒョンジュンは"抗日精神を理由で作品を断った俳優は俳優ではない"と厳しい忠告を与えることもした。

演技に対する情熱だけで作品を選択したチュウォンとシン・ヒョンジュンの'所信'は結局光を放ったし視聴者たちはこの'概念俳優'の名演技を見ることができる機会を得た。 '韓流スター'というタイトルに対する欲を捨てることができなくてこっそりと'カクシタル'台本を下ろした俳優は今頃腹痛を訴えているかも。 しかしひとりの視聴者立場で彼らの決断(?) に遅まきながら感謝の気持ちを伝えたい。

[スポーツソウル 2012-05-31 16:15] 元記事はこちらから

20120531-1.jpg

※うんうん、こんなチュウォンくんが見られたんだから断ってくれた韓流スター方々にはコマスミダだ(笑)。女の子にも平気で平手打ちしたり拷問したりする悪だけど、ビンゴ~と不敵な笑みを浮かべたり、カクシタルーーー!!!とダバダバしちゃうチュウォンくんけっこう好き! 彼はこのキャスティング一件で株を上げたなあ。

太陽抱月の陽明君はオジャッキョ延長で残念ながら辞退でしたがツートップとまでもいかない二番手組合キャラだったから義理を守った上での堂々主役、この選択正しかったかもですね。

 '後宮:帝王の妾'異色ムービーコンサート試写会6月3日開催
2012年05月31日 (木) | 編集 |
映画'後宮:帝王の妾'が異色試写会で封切りに先立ち観客らに会う。

配給会社ロッテエンターテインメントは来る6月3日午後3時と7時ソウル、往十里(ワンシムニ)ソウォラトゥホールでソウルオーケストラと共にする'後宮:帝王の妾'ムービーコンサート試写会を開催すると29日明らかにした。

今回の試写会は'後宮:帝王の妾' OSTにソウルオーケストラが参加した縁で企画された。 ソウルオーケストラの60人組オーケストラがこの映画の主題曲で人気を呼んでいる'花が枯れる'をはじめとしてOST 3~5曲を演奏した後映画試写会が進行される。

オーケストラの公演と映画観覧まで楽しむことができる今回のムービーコンサート試写会の収益はソウルオーケストラを通じて社会的企業と関連した者では団体に寄付される。 当日観覧客のための主演俳優舞台挨拶も準備されている。 観覧料は1万5000ウォンでイエス24(ticket.yes24.com)を通じて前売りすることができる。

'後宮:帝王の妾'は宮で広がる愛欲を素材にした作品で'エロチック宮中史劇'を標ぼうしている。 6月6日開封される。

[イーデイリーSPN 2012-05-29 16:31] 元記事はこちらから

※こ、これは行きたいけど旅のプランが(>_<) それ以前にチケット取れない。。。

 'カクシタル',俳優ら好演+豊かな見どころ..成功的な出発
2012年05月31日 (木) | 編集 |
KBS2新しい水木ドラマ'カクシタル'がチュウォンをはじめとする俳優らの熱演と豊かな見どころで成功的な出発を知らせた。

5月30日午後初放送した'カクシタル'では登場人物らの紹介とともにイガンド(チュウォン扮)とオモクタン(ジンゼヨン扮)の初めての出会いが描かれた。

朝鮮人であるのに日本警察で活動中であるガンドは朝鮮と日本の併合に功績を立てた理工の告別式を邪魔した独立軍隊長モクダンサリの娘オモクダンを捉えることになる。

だが馬に乗って登場したカクシタルのために結局オモクダンをのがしてしまう。 この事件前まで日本警察で輝かしい功績を立てて常勝疾走した彼だったのでカクシタルの存在は邪魔な人であった。

合わせて相次いだ昇進でバラ色未来を夢見る彼だったが朝鮮の人として日本警察で活動するという点のために多くの朝鮮人らの憎しみを一体に受けることになる。 ガンドのお母さん(ソン・オクスク扮)と兄カンサン(シン・ヒョンジュン扮)は市場通りで商売をしようとするが人々から辱めにあう。

この姿を見守ったガンドはお母さんに商売をしないとしお金を与えるが彼は息子の恥ずかしい金を受け取らないで、結局ガンドはお母さんとの葛藤で家を出ることになる。

以後ガンドとカクシタルの悪縁が紹介されながら劇の没入度を高めた。

特にこの日放送ではチュウォンの演技力が光を放った。 彼は貧しい家案を立て起こしてバカになった兄山川を治療するために日本警察役割をしている領土というキャラクターを完ぺきに消化した。

時には日本警察で卑劣できつい姿を見せるかと思えば、家族をクムチキ考えるガンドの二重的な姿を豊富な感情演技と表情演技で表現やり遂げて見る人々の好評を引き出した。

合わせてチュウォン、ジンセヨン、パク・ギウン、ハンチェアなど演技力を認められた若い俳優らの演技力はもちろん、チョン・ホジン、キム・ウンス、ソン・オクスク、イ・ビョンジュン、ソン・ビョンホ、イ・ギョンシル、アン・ソックァン、チョン・ノミン、キム・チョンナン、キム・ギュチョルなど助演俳優らのこく私は演技もやはり見る面白みを増した。

それだけでなく官僚理工の葬式場面では1千人余りのエキストラと大規模物量を投じて写実的な場面を表現やり遂げて視聴者たちの注目を一気にひきつけた。 ここに派手なアクションシーンがより増して劇をより一層豊かにした。

一方'カクシタル'は漫画がホ・ヨンマン画伯の同名漫画をドラマで再誕生させた作品で、スーパーヒーローカクシタルの大活躍を表わす。 ここに名前がない英雄カクシタルの道を選ぶことになったガンド、彼に命も辞さない愛を送る女性牧丹の話が描かれる予定だ。

[世界日報 2012-05-30 23:14] 元記事はこちらから

20120530-3.jpg

※初回テンポ良く見入りました。チュウォンくん、キムタックのマジュン並みな目ヂカラ健在でアクションありダンスあり~の斜に構えたちょい悪雰囲気に萌え~。カクシタルの活躍は韓国の方には痛快で楽しめるんじゃないかなあ、日本人にはキツそうだけど。。。

 '愛の雨'視聴者攻略失敗理由は? 緩急調節不在のため
2012年05月30日 (水) | 編集 |
韓流スターチャン・グンソクとユナの出会いと一緒に'秋の童話' '冬のソナタ'等季節シリーズで韓流熱風を追い立てたユン・ソクホPDの6年ぶりに復帰作で放映前から話題を集めたKBS 2TV '愛の雨'が29日ハッピーエンドで幕を下ろした。

だが、俳優スタッフなど最高のラインナップにもかかわらず視聴率5%以内をぐるぐる回って視聴者たちに無視された。 その理由は何か?

◆遅くて陳腐な設定'苦しくて'

先に'愛の雨'が連日視聴率苦戦をまぬがれなくて幕を下ろした最も大きい理由は陳腐な展開のせいだ。 1970年代を背景に描いたチャン・グンソクとユナの愛を通じて感性を刺激するという序盤企画意図は"陳腐な場面らでいっぱいだった"という酷評だけ引き出した。

'初恋',この切なくてかすかな素材をより美しくて特別に見せるのではないぷつんと触れば倒れそうなキャニャルプン女子大生と美大男子学生という食傷ぎみであるキャラクター、苦しいほど遅い展開、その上突然な不治の病まで登場して劇の序盤視聴層を確かにつかめなかった。

特にイ・ミスクが引き受けたユニというキャラクターは90年代ドラマでも出てくるそうな悲恋の女主人公のように感じられて現時代とは合わない設定で視聴者たちの不満を買った。 不治の病にかかって愛する人と離別、30年ぶりに再会したが子供のための犠牲精神で再び離別、これも足りなくて病状が悪化して失明危機に追い出されて遺憾よりかえって苦しさをかもし出したこと。

また、現時代背景で描かれたチョン・ジニョン、イ・ミスクのかすかな愛とチャン・グンソク、ユナのいきいきながらも切なる愛が4角関係でからまることによって、現実性が落ちる姿で視聴者たちの共感を買うことができなかった。

結論的に刺激的なコードを全て抜いたことは風変わりな試みだったがこれを代えるほどの要素が存在できなかったという指摘だ。 さらには早い展開と刺激的な設定に慣れた視聴者立場では最後まで見るのが難しいドラマになってしまったのだ。

◆彼らはいつ愛したのだろうか'性急な感情では'

'愛の雨'は最も重要な'愛'という素材で共感を形成できなかった。

2012年で背景が転換された5回で初めての出会いをしたソジュン(チャン・グンソク)とハナ(ユナ)はどうのこうのそのものであった。 だが、度々顔を向き合って見たら自身も知らないうちにますますお互いに心が引かれて、結局愛を始めることになった。 しかしさほど経過せず自分たちのパパ ママが互いに初恋であり、すなわち再婚をする計画という事実を知ることになり挫折してしまう。

ここで隙間ができた。 彼らのいきいきした愛が単に周辺状況という言い訳で、突然切なる愛になってしまったこと。 これに視聴者たちは"ユナとチャン・グンソクがこれくらい切切であったか?" "死んで生きられない程ではなかったが"等説明なしで脈がぽたぽたクンキョッタは反応を見せた。

また、チョン・ジニョンとイ・ミスクの愛も同じだ。 二人は何と30年ぶりに再会したにもかかわらずすぐに昨日愛して別れた人々のように顔を見るやいなや感情がよみがえって心を告白するに至った。 胸が痛い中年の愛を描いたことは良かったが感情の流れをよく乗ることができなくて性急に流れて残念な思いをした。

それでもユン・ソクホPDが'愛の雨'を通じて再び証明するとみられたのがあるならば断然映像美だ。

彼は70年代キャンパスのロマンを入れるために昨年の秋から撮影に突入、70年代分量の4回撮影にだけ約4ヶ月を消費したと伝えたことがある。 入れた球に比べて低調な視聴率は惜しかったが、彼が見せた豊富な色感と繊細な映像美はドラマを見る間目を楽しませてくれた。

それだけでなく編集に相当な時間が必要とされることにもかかわらず、70年代前分量をレッドウォンカメラで撮影したし、2012年美しい雪景色が繰り広げられた北海道ロケ分量は映画撮影時多く使うアレック社(ALEXA)で表わしてトレンディーだということ中にキピガムとやわらかいということを付与、俳優の表情と感情により一層没頭するようにした。

[2012-05-29 23:45] 元記事はこちらから

 5%屈辱‘愛の雨’、海外商売は500億?
2012年05月30日 (水) | 編集 |
チャン・グンソク・ユナ主演かかわらず興行失敗
放送ずっと視聴率5%不振の中放映終了
海外版権・広告予想売上額500億
日本ではすでに放送…“遅い呼吸呼応”


国内ファンたちに無視された‘愛の雨’、海外では自尊心を挽回するだろうか。

韓流スターチャン・グンソクと少女時代、ユナを前面に出したKBS 2TV月火ドラマ‘愛の雨’がこれという成果なしで29日放映終了した。 だが、チャン・グンソクとユナが享受する人気に期待版権輸出等を通した海外市場の熱い反応を引き出すことと関係者たちは期待している。

‘愛の雨’は放送前からユン・ソクホPDと韓流スターらの出会いで期待を集めた。 だが、放送ずっと5%台の屈辱的な視聴率成績表を受けた。 刺激的な映像と台詞、はやい展開にすでに慣れた視聴者たちは映像美と遅さの美学を見せるという‘愛の雨’を待ってくれなかった。

たとえ視聴率面では残念な成績だが、海外版権輸出額と広告売り上げだけは決して‘惜しい商売’は違った。 一部では‘愛の雨’に対する評価は国内放映終了以後から開始という反応も出てくる。

‘愛の雨’の予想売り上げは海外版権輸出額と広告売り上げを合わせて約500億ウォンと推算されている。 ‘愛の雨’は放映前から史上最高額で日本に先販売されたし、中国と香港、台湾、タイ、マレーシア、ベトナムなどアジア地域をはじめとしてアメリカ地域とヨーロッパに販売された。 放映前日本、羽田空港で開かれた‘愛の雨展示会’と4月フランス カンヌで開かれた世界3代コンテンツ マーケットMIPTVにあふれた海外の関心も大きかった。

特にユン・ソクホPDの‘冬のソナタ’が追い立てた韓流開くが10年目熱い日本市場は‘愛の雨’の主なターゲット. ‘愛費’という26日から日本ケーブルチャネルKNTVを通じて放送されていて、7月からはフジテレビが放送する予定だ。 製作会社ユンスカラー側はこれに伴い、ドラマの興行を用心深く予測している。 また、最近日本で‘症候群’に近い人気を享受しているチャン・グンソクと少女時代、ユナの存在が興行可否に重要な要素として作用するものと見られる。

ユンスカラーのある関係者は“26日初めて放送がされた以後現地言論媒体とファンたちの反応が良い。 ドラマ特有の遅い呼吸と情緒が日本ファンたちによく通じたと分析される”と話した。

[スポーツ東亜 2012-05-30 07:06] 元記事はこちらから

※放送前、国内反応はおろか仕上がり具合すら見てもいないのに史上最高額で版権購入した日本の前のめり加減がちょっと恥ずかしい気も。。。

 かすかだった'愛の雨',それでも俳優らの熱演は光った
2012年05月30日 (水) | 編集 |
ドラマ'愛の雨'がチャン・グンソクとユナの結婚予告とともに大詰めの幕を下ろした。

29日放送されたKBS 2TV月火ドラマ'愛の雨'(脚本オ・スヨン演出ユン・ソクホ)最終回はソジュン(チャン・グンソク)とチョンハナ(ユナ)が愛の結実を結んで幸せな結末を迎えた。

このドラマは放送になる前から'秋の童話' '冬のソナタ'のユン・ソクホ監督とオ・スヨン作家の再会で多くの話題を集めた。 だがかすかなだけした'愛の雨'は早く帰る現時代のトレンドを合わせることができなくて5%台の屈辱的な視聴率記録、惜しい結果を産んだ。

だが'愛の雨'は視聴率がドラマの成否を判断する基準ではないということだけは十分に知らせた。 たとえ5%台の視聴率を維持して月火劇最下位を記録したが、美しい映像と俳優らの熱演はその他のドラマより高いクォリティーを自慢した。

先にユン・ソクホ監督の長所の美しい映像とシングムを鳴るオ・スヨン作家の台詞は視聴者たちを魅了させてマニア ドラマを作り出した。 このドラマを見守った5%の視聴者たちは'愛の雨'にしっとりとするように染まって十分http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=106&oid=117&aid=0002237775に没頭した。

また'愛の雨'に出演した俳優は通過儀礼のように過ぎ去った演技論議を全部櫛を入れていった。 貫ろくの俳優チョン・ジニョン、イ・ミスクをはじめとしてチャン・グンソク、ユナ、新人俳優キム・シフとパク・セヨン、初めて演技に挑戦した歌手ソイングクまで全部優れた演技力をお目見えして劇の没入度を高めた。

先にチャン・グンソクはその間韓流スターというタイトルに縛られて演技力に対する評価をまともに受けることができなかった。 トレンディーなイメージせいで真剣な演技をよくできないという先入観まであったが、70年代ソ・イナを演技して視聴者たちにかすかな感情を感じるようにさせること充分だった。

ユナやはり少女時代というタイトル、幼い年齢によってその時代の感性を表現できないという偏見があったが清楚な魅力が光った70年代キム・ユニ役を通じて演技の幅を広げることに成功した。

初めて演技に挑戦したソイングクもやはり似合う演技で視聴者たちの注目をひきつけた。 70年代キム・チャンモ役を担ったソイングクはしらじらしい演技を自然に消化、2012年にも再登場する喜びを享受したし、キム・シフ、キム・ヨングァンなど主助演を問わず安定した演技で俳優らの演技力を好評を引き出した。

[マイデイリー 2012-05-30 07:14] 元記事はこちらから

※フォローしつつ

 ‘愛の雨’なぜこのドラマを受け入れることができなかったか?
2012年05月30日 (水) | 編集 |
月火ドラマ‘愛の雨’が登場人物らの幸せな日常を表わすことで20回大長征に終止符を打った。

和解と容赦をキーワードにした最後の回で二人の主人公ハナ(ユナ)とジュン(チャン・グンソク)のウェディングマーチという完璧なエンディングを描き出したドラマだがドラマ内外的にその過程は順調でなかった。 20回という長い旅行日程の間関係と葛藤がからまるということによって劇中人物はイバラの道を歩いたしドラマの視聴率はかつて5%に固定されて同時間帯最下位という不名誉を得た。

それなら季節シリーズを誕生させた名コンビと韓流スターらの出会いで上半期期待作に浮び上がったこのドラマが放映ずっと視聴率不振に苦しめられてスポットライトなしでみすぼらしく退場することになった理由は何か。

初めのボタンから間違って挟まった。 ユナ、チャン・グンソクなどが1人2役を引き受けたこのドラマは1970年代過去のロマンスと2012年現在のロマンスを次々と描き出した。 4回までドラマ序盤部を飾ったのは1970年代の叙情的なロマンスで2012年現在で転換されるまで静寂な話がブラウン管を数を数えた。

刺激とファンタジーが主となった現トレンドと距離をおいたのは叱る選択でない。 しかし4回にかけて過去ロマンスを描き出す間ドラマはフレームの中で受動的なキャラクターらの動きを入れてまた、個性はない展開を継続した。 受動的なキャラクターが描き出す出会いと別れることの反復、ここに結核など1980年代ドラマでも見そうである陳腐な設定まで。 ‘高慢だなあ。 たくさん見た’評がひとりでに出てくるほどの選択で序盤ドラマが指向したのは郷愁をかもし出す1980年代の感性でないかたくなさだった。

このような展開が2週ずっと続く間‘愛の雨’の視聴率は5%に固定されたしまた、放映ずっとこれという反騰なしで足踏みを歩いてみすぼらしい退場を迎えるに至った。 これに過去と現在が交差するように展開したとすればこれという物足りなさが日誌だけそうだといって現在のロマンスが視聴者をひきつけるかというならばそれもまた‘ダメなこと’であった。

劇中盤まで二人の主人公のいきいきしたロマンスを描き出して一部大衆をひきつけたドラマだがイ・ミスクとチョン・ジニョンの中年ロマンスに焦点が合わされながらドラマの波自体が変わった。 繊細な描写は中年ロマンスをより切なく描き出したがそれが全部であった。 中年ロマンスが先頭に立ちながら過去イ・ミスクとチョン・ジニョンがそうしたようにユナとチャン・グンソクは出会いと別れを繰り返したしその過程でキャラクターは個性を失って受動的に変貌していった。 中年ロマンスと現在のロマンスのフュージョンが反転のポイントだったが二つはついに混ざることができなかった。

ドラマは終わった。 5%視聴率という惜しい記録を残してドラマは退場したがそうだといってドラマの魅力までさげすむことにはならなかった。 枠組みに閉じ込められたという物足りなさが残ったがドラマが見せた映像美と感性は明らかに通常のありふれているトレンディーものとは差別化があった。 個性と再解釈を入れた第2の‘愛の雨’の誕生が期待される理由だ。

[TVリポート 2012-05-30 07:00] 元記事はこちらから

※この手の記事を少し続けます。

 あらかじめ見る水木ドラマ大激戦、カクシタル-アイドアイド-ゴースト
2012年05月30日 (水) | 編集 |
水木ドラマのラインナップが本当におもしろい。 全部同じ出発線上から始まる姿が水木ドラマのクォリティーを一層高めてくれるようだ。 同じように終わって同じように始めるのでどんなものを見るべきか選ぶことだけでも興味深い。 だが惜しくもこういう対決は今回が最後になるようだ。 アイドアイドが16部作、ゴーストが20部作、カクシタルが24部作であるためだ。 アイドアイドの次の方でイ・ジュンギとシン・ミナが出てくる‘アランサトジョン’が待機していて戦略的に16部作で短く持っていくことではないかと思う。

この前作らを見れば赤道の男後続でカクシタルが、屋根裏部屋の皇太子後続でゴーストが、ザ・キング トゥハーツの後続でアイドアイドが放映される。 赤道の男は14.1%の視聴率で、屋根裏部屋の皇太子は14.8%の視聴率で、ザ・キング トゥハーツは11%の視聴率で締め切ることによってアイドアイドが最も不利な線に立っている。 スタートはカクシタルとゴーストがより有利な状況にある。 だが、ふたは開けてみてこそ知ることが出来るだろう。 果たして二世ドラマはどんな武器を持っていて、魅力を持っているのか調べるようにする。

作家

ストーリーを作る作家の力量がまず最も重要なようだ。 どんなストーリーを持ってどのように作るかがコンテンツの最も基本であるためだ。

カクシタル★ ★ ★ ★

カクシタルはまず神の秤と楽しい私の家を使ったユヒョンミ作家が脚本を引き受けた。 だが、ホ・ヨンマン画伯の作品ですでに原作漫画は人気を検証受けたストーリーだ。 カクシタルによってとても多くの仮面をかぶった漫画が出てきて連載が中断されるほどだったというからその人気がすごかった。 私もまたカクシタルを幼い時に見て後でテッキョンを習ったことを思い出す。 ストーリー面で最も硬い作品でカクシタルを上げられるようだ。

ゴースト★ ★ ★

チャン・ハンジュン監督の妻のキム・ウニ作家が書いたゴーストは前作サインのためにより一層期待される。 サインが国科捜を扱ったとすればゴーストはサイバー捜査隊を扱うドラマだ。 最近カトクで犯罪を議論して殺人を犯した犯罪や、フェイスブックでお金自慢をしたおばあさんを訪ねて行った強盗の犯罪などを見る時非常に現実的で、最近トレンドを反映したストーリーが出てきはしないかと思う。 特にSNSを扱う部分においては個人的にさらに興味が行く部分だ。

アイドアイド★ ★

チョジョンファ作家は初めて聞いてみる新人作家だ。 どんな作品を書いてきたのかに対して情報がないからまだどんな期待もできることはできない。 ロマンチック コメディで靴会社デザイナーに対するエピソードらを扱う内容で男の私には別に近づかないストーリーだ。 靴マニアのソ・インヨンは好むのか?

俳優

与えられたストーリーを最もよく消化できる俳優は誰であろうか? いくらよく作られたストーリーでも俳優が発煙幾何ならば全くハタハタになる。

カクシタル★ ★ ★ (★)

チュウォンとジンセウォン、そしてシン・ヒョンジュン。 チュウォンは製パン王キム・タックで若干はぎこちない演技を見せたし、1泊2日でもまだ芸能感を見せられずにいる。 全てのものに新人のチュウォンは情熱だけはあふれるようだ。 ジンセウォンは新人俳優で、その上にシン・ヒョンジュンが認知度があって最近ドラマ バカママでのキャラクターがとても変だった。

視聴者の世間の注目を集めるには若干不足した俳優ら。 だが、ここにプラス星を与えた理由がある。 カクシタルが日帝時代を扱って見たら俳優キャスティングに問題があったという。 韓流の最大顧客層が日本なので韓流を念頭に置いた俳優が日本顧客らに嫌われるかと思ってキャスティングを断ったためだ。 視聴者には俳優に対する二種類認識が存在する。 本当に演技が上手な尊敬するほどの俳優と芸能企画会社の商品の顔マダム考えによって俳優の話だ。 少なくともカクシタルに出演した俳優は前者の俳優でないかと思う。 人気よりは演技をさらに重要だと考える俳優話だ。 それで新人俳優が主演であっても演技に対する情熱があると判断してプラス格別点を与えた。

幽霊★ ★ ★ ★
ソ・ジソプ。 終わり!

アイドアイド★ ★ ★

キム・ソナとイ・ジャンウが主演のアイドアイドはキム・ソナの硬い演技力もあるがイ・ジャンウの演技を注目するに値する。 光栄のジェインで素敵な演技を見せたイ・ジャンウは明らかに魅力ある俳優だ。 かえってキム・ソナがとてもキム・サムスンでキャラクターが固まってしまってそのイメージを抜け出せないことが惜しい点だ。 いやかえってキム・サムスンのイメージで押しつければより良いでしょうにロマンチック コメディに出てきながら毎度キム・サムスンと違うということがさらに惜しい部分だ。

主視聴層

カクシタル- 30代以上男

30代以上ならば幼い時カクシタルを皆見ただろう。 40代、50代にもなじむカクシタルは男たちにはスーパーマンと釣り合うほど記憶に残るヒーローだ。 この頃ヒーロー物がアベンジャースでよって人気を呼んでいるのにカクシタルが韓国土地産ヒーローで位置づけたら良いだろう。 30代以上男たちは皆カクシタルの前に。

ゴースト-10代から40代男、女

主視聴層が最も広いドラマはやはりゴースト。
ソ・ジソプとイ・ヨニ。 この2人の俳優は男と女層を全部捉えてくれていて、サイバー捜査隊というストーリーは10代層も共感するほどの素材でもある。

アイドアイド- 20代後半~30代後半ゴールドミスおよび味噌女(?)

靴という素材は男らでは絶対に理解することはできない素材だ。 靴を抱いて寝るソ・インヨンの姿は火星人を見るような感じだった。 だが、女はちょっと違ったようだ。 クドゥホルリギン女たちがたびたびいる。 10代は金がなくて靴に別に関心がないようだし、40代以上は育児によって現実を直視して靴に別に関心がないようだ。 20代と30代女性中にも名品が好きな味噌女も能力が備わっているゴールドミスに靴という素材はホットな素材であるようだ。

新しく始める水木ドラマに対して調べた。 個人的にはカクシタルに力を与えたい。 あまりにもおもしろくみた漫画でもあり、韓流のためにキャスティング難航していて新人俳優が主役を演じることになったのがあまりにも腹が立ったためだ。 韓流は大韓民国を知らせることにならなければならないでしょうにかえって最大顧客の日本の食欲にだけ合わせようとするとこのまま行っていては文化的植民地になることもできそうだという気がする。 日本で興行しそうなストーリーで日本スタイルのドラマだけ作って日本で撮影して、日本文化的情緒に合う、進んで歴史的わい曲をした作品が韓国で作られて出るようだ。 独島が日本の土だと知らせるドラマや映画が韓国で韓国俳優によって作られることもできると考えるとカクシタルに必ず力を与えるべきだとの気がした。

そのような要素を排除して見た時水木ドラマ中最も興行しそうなドラマはゴーストだ。 もちろんソ・ジソプの前作のロード ナンバーワンが興行惨敗をむかえたりしたがソ・ジソプの演技力だけは絶対至尊であるためだ。 イ・ヨニがエデンの東で見せてくれた発煙期もパラダイス牧場では皆消えた、発煙期をした時にもビジュアルで発煙期を宥和させた途方もない内面空白があるからソ・ジソプとイ・ヨニはビジュアルと演技全部皆捉えている。 主視聴層も非常に広くて、ストーリーもサインを見た時は非常に期待される。 色々な面で最も注目されるドラマでもあるようだ。

それでもやはりふたは開けてみなければならない。 今日から始める水木ドラマ大激戦が非常に期待される。

[メディアス 2012-05-30 18:16:04] 元記事はこちらから

20120530-1.jpg 20120530-2.jpg
KBS2カクシタル、SBSゴースト、MBCアイドアイド

※と、悩んだあげくカクシタルで~。チュウォンくんダンスシーンあったりがんばってる^^

 ‘ビッグ’シンウォンホ、狂った存在感誇示..“多くの期待お願いする”
2012年05月30日 (水) | 編集 |
29日開かれた‘ビッグ’製作発表会で取材陣フラッシュ洗礼受けて、ネチズン期待感‘急増’

新人俳優シンウォンホが‘ビッグ’製作発表会で狂った存在感を表わした。

シンウォンホは29日開かれたKBS 2T V間月火ドラマ‘ビッグ’製作発表会に参加してコンユ、イ・ミンジョン、スジなどそうそうたるスターらの間でも断然引き立って見える魅力で目につく存在感を発揮した。

‘ビッグ’は18才疾風怒涛の時期を体験する青少年がある瞬間30才成人男子になって広がる話を描いたロマンス ファンタジードラマで、シンウォンホはコンユと魂が変わることになる冷笑的で、鋭敏で、気まぐれな思春期18才高校生カン・ギョンジュン役を担った。

この日シンウォンホは幼いコンユらしく大きい身長と彫刻のような小さい顔で‘身上ナムシン’らしいポスを吹きだして取材陣らのフラッシュ洗礼を一体に受けたし、グループ インタビュー後には俳優らと共に日本放送会社とインタビューを持ってすでに次世代韓流スターとしての発展の可能性をお目見えした。

特にシンウォンホは難しい条件を突き抜けて選択されたホン姉妹のペルソナらしく‘ビッグ’の秘密兵器と呼ばれてドラマで最も重要な役割を受け持った人物であり最も期待される人物に選ばれて今後の活躍に期待を集めている。

また、イ・ミンジョンから“ビッグが放送されれば多分インターネット検索語を‘シンウォンホ’が埋め尽くすこと”という絶賛を得てより一層関心を集中させている。

シンウォンホは“前に多様な姿をたくさんお見せするだろう。 多くの期待お願いする”として整った覚悟を見せることもした。

一方、シンウォンホをはじめとしてコンユ、イ・ミンジョン、スジなどが主役を演じて話題を集めている‘ビッグ’は来る6月4日初放送される予定だ。

[ブレークニュース 2012-05-29 17:27] 元記事はこちらから

20120529-7.jpg

※ソンジュンギくんというよりインピニのミョンスを甘くした印象(笑)。動いてる彼を見るのが楽しみだ^^

 '愛の雨',ストーリーはハッピーエンド…視聴率はサッドムービー
2012年05月30日 (水) | 編集 |
ドラマ'愛の雨'がハッピーエンドで幕を下ろした。

去る29日午後放送されたKBS2月火ドラマ'愛の雨'最終回ではユニ(イ・ミスク扮)が娘のハナ(ユナ扮)とソジュン(チャングンソク扮)の愛のために韓国を離れる中でジュンとハナの愛がなされる姿が描かれた。

この日放送でユニとイナ(チョンジニョン扮)はプラトニック愛で30年前の初恋を続けさせたしソジュンとユナもやはり紆余曲折の末結局結婚にゴールインして愛を成し遂げてハッピーエンドで温かく終えた。

先立って'愛の雨'は70年代イナとユニの愛を通じてアナログ的感性と共にソジュンとユナの現代的トレンディな愛の方式まで全部表わすという抱負で始まったが映像美にだけ偏る展開を見せて視聴者たちの共感を買うのに不足するとみられた。

特に'愛の雨'は韓流スターチャン・グンソクと少女時代、ユナの出会いで放送前から話題を集めて月火ドラマ地殻変動を起こすことと期待を集めたが多少遅い展開と70年代感性が共感を呼びおこすことができなくて視聴者たちの無視されたのが事実だ。

これに'秋の童話','冬のソナタ'等を演出したユン・ソクホPDの名声が面目を失うほど'感性的映像美'というキーワードにだけ偏った時代錯誤的な展開を見せながら平均視聴率5%台という屈辱的な結果を産むこともした。

時々主人公ソジュンとユナのあれやこれやあるラブシーンとイナとユニの切ない愛を通じて視聴者たちの心を動かそうと努力したが陳腐な叙事に主人公らの反復的な誤解と離別が出てきながら'元に戻り展開'で劇の没入度は多少落ちるという評が出てくることもした。

しかし視聴率5%台という苦戦をまぬがれなかった'愛の雨'も固定視聴者層を確保して屈せず20回を続けさせることができた最も大きい理由は刺激的でない愛の物語が少数マニア層の心を動かしたという点だ。

通常他のドラマらの場合、刺激的な素材と早い展開で視聴者たちの関心を引いて甲ローンをパクできる話題まで投げるが'愛の雨'では純粋'愛'自体にだけ焦点を合わせて視聴者たちの感性を刺激したという点で高く評価するに値する。

現在のドラマは'愛'という単語が劇の展開において刺激的な素材に変貌したり単に一つの道具で利用されるだけなのに'愛の雨'では話題の中心に'愛'を置いて最初から最後まで視聴者たちが悩んで考えられるように感性を刺激したドラマであることに間違いない。

ただし'愛の雨'だけの荒っぽいながらも叙情的なアナログ メロとデジタル世代の感性は視聴者たちの恋愛細胞を刺激するには充分だったがそれ以上の異変がなかった点は惜しい。

一編の映画のような映像美で注目をひきつけるには充分だったが'愛の雨'が見せようと意図した愛に対する視聴者たちとの共感は不足したのだ。

それで'愛の雨'に接したインターネットユーザーは'やぼったいとか幼稚だ'あるいは'内容展開が遅れをとって遅くてうんざりする'という反応がある反面'心をしっとりとするように濡らす感性ドラマだ','余韻がたくさん残って愛をもう一度考えるようにさせるドラマだ'のような肯定的な意見も多かった。

このように'愛の雨'はきびしい現代人の人生と心情を癒やしてくれる感性のドラマであることに間違いなかったが多少遅れをとって遅い展開をもう少し視聴者たちの共感を買えるように表現してみたならば良かった物足りなさがたくさん残る童話のようなドラマであった。

一方ドラマ'愛の雨'に続き来月4日にはコンユ、イ・ミンジョン主演の'ビッグ'が初放送される。

[OBSプラス 2012-05-30 00:48:46] 元記事はこちらから

20120529-6.jpg

※なんだかこれまた今どき珍しいくらいのハッピーエンドでCFを見ているような感覚でした。果たして最終回の視聴率やいかに?

 キムジョガンスクィオ映画'二結一葬',男男カップル スチール公開
2012年05月29日 (火) | 編集 |
キムジョグァンス監督のクィオ映画'二回の結婚式と一度のお葬式'(以下二結一葬)の男男カップルミンスとソクの親しい姿が入れられたスチールが公開された。

キムジョグァンス監督はイ・ジェフン、ユ・アイン、キム・ナムギルなど多くのスターを発掘した人物。 これに彼の初めての長編映画'二結一葬'のキャスティングにも関心が集中した。 カミングアウトの代わりに偽装結婚を選ぶというドラマの映画'二結一葬'中男男同士カップルはミュージカル スターソン・ヨンジンとドラマで主に活動したキム・ドンユンが引き受けることになった。

22日公開されたスチールの中の二人は今まさに愛を始めた恋人らしくお互いから目を離すことができない姿だ。 自身の肩に寄り添ったソクの義頭を親しく撫でるミンスの手助けをお互いの信頼と愛情を感じさせる。

キムジョグァンス監督は"キム・ドンユンはドラマ'ドキドキ チェンジ'の時から注視した俳優。 彼の顔で漂う善良さが良かった"と話した。 またキムジョグァンス監督が一番最初にキャスティングを提案した程にソクという人物と似ていているソン・ヨンジンに対しては"ミュージカル'ヘドゥウィク'を見て反した。 天上ゲイと考えたが惜しくも異性愛者であった。 それでさらに魅力があった"と伝えた。

キム・ドンユンとソン・ヨンジンは'二結一葬'で結婚適齢期男男同士カップルが体験しなければならない現実的な困難と悩みを表現する。 また、ロマンチックなラブシーンまで演技したと分かった。 封切りは来月21日。

[マイデイリー 2012-05-22 09:40] 元記事はこちらから

20120529-4.jpg 20120529-5.jpg

※う~ん気になる! キムジョガンス監督&製作作品特集とかしてくれないかなあ、アインの俺たちに明日はないにイジェフンの友だちの仲?とか~。

そういや今週末からナムギル祭だなあ。


 ‘兄弟は勇敢だった’演出が明らかにしたキャスティング理由と違った部分
2012年05月29日 (火) | 編集 |
チャン・ユジョン演出が‘兄弟は勇敢だった’のキャスティングに対して口を開いた。

29日午後2時ソウル、瑞草区、良才洞のある練習室でミュージカル‘兄弟は勇敢だった’(演出チャン・ユジョン)の練習現場が公開された。

この日チャン・ユジョン演出は‘風月主’に共に出演中である俳優キム・ジェボムとソン・トソプを共にキャスティングしたことに対して“‘風月主’よりは私と‘おお、あなたが寝ついた間’を一緒にしたのが強く作用したようだ”として“ソン・トソプ、キム・ジェボム俳優それぞれの独特の魅力があると考えたし、二人ともこの作品によく合うと考える”とキャスティング理由を明らかにした。

引き続き場演出は“誰が兄なのか弟かわからなかったら良いという考えがあった。 できたのも似ていて声も似ているが性格はとても違う。 そのようにキャラクターをたくさん見せてあげたくて、似ていたお二人様をキャスティングしたのもある”と付け加えた。

また、去る公演と違った部分に対してチャン演出は“兄弟のキャラクターが明確になった点だ。 以前には兄と弟の共通点が多かった。 女の前に純真だとか互いに戦うが暖かい心を持っているとか。 ところで今は兄はさらに分別がなくなり責任感もなくて非好感キャラクターだ。 そのためか俳優が自分は似ていなかったとごり押しをしている”として“分かってみれば父親に対する反抗心と宗家長男としての責任感、そこで始まった弱い心がある”と説明した。

そして弟チュボンに対しては“以前にはすばらしいだけしたとすれば今は優秀なようにをする。 2人だけでいる場面だけ見ても観客が‘一緒にいたくないだろう。 息も休みたくないだろう’という気がするようにしている”と伝えた。

この他にもチャン演出は“前はなかった慶尚道なまりをする場面もできた。 友人らどうしある時はしないがママ、パパから電話がくればなまりを使う場合があるのではないか。 真正性を見せるために立体的に配置した部分だ”として“また、この部分では音楽が入る予定だ”と明らかにした。

最後にチャン演出は新作はいつ頃見ることができるかとの質問に“私にライバルは戦績だ。 ‘兄弟は勇敢だった’を跳び越える作品をするべきなのにずっとこの作品だけしているから愛情は深くなって新作の基準は高まる。 そうするうちに気に入らなくてずっと新作が遅れるようだ。 だが、早ければ来年には見ることができはしないかと思う”として期待感を加えた。

ミュージカル‘兄弟は勇敢だった’は2008年3月PMC大学路自由劇場で初演以後第3回ザ・ミュージカル アウォーズで最優秀作品賞、脚本賞、作詞/作曲賞、振りつけ賞、音楽監督賞、助演女優賞総6個部門ノミネートされて脚本賞、作詞/作曲賞2個部門を受賞して評壇の好評を得た作品だ。

今回の公演にはキム・ドヒョン、キム・ジェボムが兄ソクポン役を担ったし、ソン・トソプ、チョ・カンヒョンB1A4サンドゥルが弟チュボン役に熱演する。

また、ミュージカル‘キム・ジョンウク探し’のチャン・ユジョン演出、ミュージカル‘キューティーブロンド’のチャン・ソヨン音楽監督、ミュージカル‘オオカミの誘惑’のオ・ジェイク振りつけ監督、ミュージカル‘エビータ’のク・ユンヨン照明監督など硬い実力派製作スタッフが一緒にする。

ミュージカル‘兄弟は勇敢だった’は来る6月26日から10月1日までコエックスアティウムで公演される。

[TVデイリー 2012-05-29 16:36] 元記事はこちらから

20120529-2.jpg

※男男カップル役の次に兄弟なんてよくキャスティングしたなあと思ったら、でもグッジョブです!

20120529-3.jpg

右上がキムジェボム氏、下の真ん中がソントソプ氏、良く似てる~^^

 ‘ラブ アゲイン’韓国出演陣、とても童顔だと驚きました
2012年05月29日 (火) | 編集 |
JTBC水木ドラマ原作者井上由美子訪韓

井上由美子今日本で最も‘ホット’なドラマ作家が韓国を訪れた。 ドラマ‘白い巨塔’ ‘ラブ アゲイン’の原作者で有名な井上由美子(51)だ。 現在JTBCで放送中である‘ラブ アゲイン(水・木、午後8時45分)’の撮影現場を訪問するのが目的だった。

 井上は‘日本の現在’を描くドラマ作家と呼ばれる。 一例で2010年日本テレビ朝日で放送された‘同窓会:ラブ アゲイン症候群’は景気不況の日本社会に同窓会ブームを起こした。 先週訪韓した彼女は景気漣川の‘ラブ アゲイン’セット場を見回してファン・インレPDと俳優らに会った。 17日会った彼女は“40代配役を引き受けるには韓国俳優がとても童顔なので驚いた。 ハイライト映像を見たが俳優らの表情や発声でかすかな感性がよく感じられた”とした。

 -‘ラブ アゲイン’はどのように書くことになったか。

 “この頃日本ではラブ ストーリーの人気がない。 それで少し違った‘大人たちの最後のメロ’を書いてみたかった。 40代になった中学校同窓が初恋にまた会って美しかった時期を記憶する姿が美しそうだった。 家族崩壊、階級格差など日本の社会問題も探ってみたかった。”

 -日本ではこの作品のために同窓会ブームが起きたというのに。

 “ドラマのために同窓会で初恋に会って離婚をしたと誰がブログに文を載せたよ。 そのような文を見れば心情が複雑になる。” (笑い)

 -不倫を助長するという話はなかったか。

 “(笑い)それで肉体関係を排除してプラトニック愛で解こうとした。 見る人は期待したが最後までキス場面がなかった。 ‘あの人とキスをすればどんな感じであろうか’という余地を残したかった。”

 井上は1年に1,2編のドラマを発表して旺盛に活動中だ。 ‘ギフト’ ‘グッドラック’等木村拓哉が主演したドラマをたくさん執筆した。 幼い時からドラマを好んで見た彼女は大学で文学を専攻した後テレビ東京で営業関連の仕事をした。 ドラマを書きたくて一歩遅れて劇作勉強を始めたし、1991年シナリオ作家でデビューした。 昨年ビッグバンのTOPとスンリが出演する韓国・日本合作ドラマ‘テレシネマ’にも参加した。

 -医学ドラマ‘白い巨塔’が韓国で大人気であった。

 “リメーク作品を見て原作よりさらに立派だと考えた。 出世に首をくくった一人の男の演技がさらに迫力あるように描かれた。”

 -毎年1~2編を書くが、エネルギーがあふれる。

 “流行したりすでにたくさん出た作品は使わなくて実験的な作品を書く。 アイディアは日常で得る。 乗用車の代わりに地下鉄に乗って平凡な人々を観察する。”

 -恋愛・推理・史劇までジャンルが多様だが。

 “初めには医師・弁護士・警察のように専門職の話が好きだった。 今は家族や恋愛側に関心を移していった。 子供が大学生になりながら恋愛を始める年齢になるから関心が行くようだ。 次の作品も少し違った感じのラブストーリーになるだろう。”

 -‘ラブ アゲイン’は作家個人のファンタジーが反映されたことではないのか。

 “それにしてもそのような質問たくさん受けた。 秘密にしておく。”(笑い)

[中央日報 2012-05-25 00:00] 元記事はこちらから



※ファンPDにも会ったんだ~。テレ朝が版権取ったりするのかな?

 “新羅時代男妓生その挑発的なキャラクター…私から引かれてしまいました”
2012年05月29日 (火) | 編集 |
‘新羅時代に真聖女王の心をとらえた男妓生がいた?’独特で挑発的な発想で始まった新鮮な公演が今春観客らを訪ねて行く。 新羅時代男妓生らの話、ミュージカル‘風月主’がまさにそれ。 作品は新羅時代男妓生が高い身分の女性たちを接待する‘ウルル’を背景にする。 ウルルで各自理由を抱いて生活する男妓生を‘風月主’と呼ぶ。 ウルルで最も人気が高い風月主の‘ヨル’は血の色改革を行った‘真聖女王’の絶対的な愛を受ける。 だが、彼の心はウルルの同僚であり長い間の友人の‘サダム’に向かっている。

素材が独特だからなのか分からないが風月主に対する観客らの関心は相当する。 本公演前プレビュー公演8回送のチケット2400枚がオープン5分目に全席売り切れたほどだ。 今年前半期最高の話題作に浮び上がった創作ミュージカル‘風月主’で主人公‘ヨル’役を担った俳優ソン・トソプに会って話を交わしてみた。

ソン・トソプは風月主台本を受けるやいなや‘これは必ずしなければならない。’という気がした。 本来契約直前まで行った他の作品があったが、風月主の台本を読むことになりながら風月主‘ヨル’の魅力にどっぷり浸かることになったと。 “他の作品提案を断りながらも風月主をしたかったです。 男妓生というキャラクターがとても新鮮だったし、熱意愛の物語が胸が痛かったんですよ。”

●“男女皆に魅力的な姿前月”

彼が引き受けた‘ヨル’は男と女皆に愛される魅力的なキャラクターだ。 それでソン・トソプはこの頃悩みが大きいといった。 観客らに熱がなぜ男と女両側から愛を受ける程魅力的なのかを伝達するべきであるためだ。 彼は“ストレスを受けて死ぬことのようです。”として笑った。 彼が分析した熱は人の心をよく治めることができる人物とのことだ。

彼は“最高権力の席にあるが傷がある真聖女王の心をさわって、サダムという長い間の友人と深い友情であり愛を分かち合う人がまさにヨルという人物です。 魅力的でしょう。”として特有の明るく笑った。

ソン・トソプはその間着実にミュージカル作品に出演して俳優として地位を固めてきた。 2005年ミュージカル‘お嬢さんとごろつきら’でデビューした彼はミュージカル‘グリース’(2007年),‘オー! あなたが寝ついた間に’(2007年),‘キム・ジョンウク探し’(2008年),‘自分の心のオルガン’(2009年),‘洗濯’(2010~2011年),‘オオカミの誘惑’、演劇‘屋根裏部屋の猫’等に出演して休みなしに駆け付けたこと。

●“父親のおかげで中学生の時彷徨の代わりにダンス没入”

今のソン・トソプがいるまでは父親の支持と応援の力が大きかった。 幼い時期暮らし向きが難しかったソウルで京畿道、富川で突然転校に行った。 多少さまようところだったその時期父親が地域新聞に小さく出た福祉会館の中学生ダンスチーム オーディション公告を彼に差し出した。 直ちに福祉会館に走って行ってオーディションを見たし、合格して全国大会まで出て行く水準級ダンサーになった。

その時の舞台経験などが本質になって彼は芸能人らをたくさん排出することに有名なソウル芸術大学演劇映画科に修能なしで100%実技で合格した。 浪人生時期、演技学院で会った友人3人と共に入学試験を受けたが単独でつくことになったと。 その時共に試験を受けた友人らの中で2人がtvNコメディ ピンニグの‘タジナム’コメディアン ユンジンヨン、キム・ピルスだ。

彼は“事実大学に行こうとしなかったが、ジンヨンとピルスが演技しようとするならソウル芸大を行かなければならないといいました。 それでうっかりして試験を受けに行って私だけ合格してものすごく申し訳なかったんですよ。”としてぎこちなく笑った。 面接試験で特記するが準備できなかったが、幼い時期舞台の上で磨き上げた踊りの実力と各種個人技で審査委員らに彼を知らせたのが合格の秘訣とのことだ。 だが、イ某でも成果の出発は父親の支持と応援のおかげであったということがソン・トソプの説明だ。 ソン・トソプの父親は今でも個人ブログとツイッター等を通して息子のファンたちと積極的に疎通するほど熱情的だ。

●“映画・ドラマでも活動したくて”

彼は大学生活を1年ほどしか享受することができなかった。 登録料を用意できなくて休学したし、プロ公演舞台に少しずつ立つことになりながら適時に復学できなくて除籍された状態と。 だが短い大学生活を通じて彼はミュージカル俳優の夢を育てることができた。 新入生時期学校先輩たちのミュージカル‘フェーム’の舞台を見ながらミュージカル俳優になると念を押したと。 “カン・テウル先輩主演の‘フェーム’公演を見て胸が走りましたよ。 私が好む踊りと歌、演技を全部できるのがまさにミュージカルであるんですよ。”

彼は今俳優として舞台に立つ生活がとても幸せなんだ。 ミュージカル舞台はもちろんで映画とドラマなど多様な分野で活動したいと。 ソン・トソプの変化が期待される。

一方ミュージカル‘風月主’という5月4日から7月29日までソウル、大学路カルチャースペース エニュで公演される。 4万~5万ウォン. 1577-3363.

[ソウル新聞 2012-04-09 02:03] 元記事はこちらから

20120528-7.jpg

※テウルさんの舞台で開眼とはなんか嬉しい! ぜひ映画ドラマにも進出して欲しいなあ^^

そしてまた今日もこの話題で終わる~。

 チョ・ヨジョン'整形説'話題追求"それで幸せですか?"映画'後宮' PD "これから女優が露出する作品作らない"
2012年05月29日 (火) | 編集 |
映画<後宮>の話題が別の道に漏れている。 映画の話をするためにインタビューに出たチョ・ヨジョンは'胸整形説'でまないたの上に上がった。 これは恐らく<後宮>が'エッチな映画'ぐらいで話題になったためだ。

<後宮:帝王の妾>(以下<後宮>)のプロデューサーファン・ユンジョンは28日自身のSNSに"これから絶対! 女優が露出をしなければならない作品を作りません"として"本当にとても入るするのではないですか? 見守る私気持ちもこのように裂けるけれど... それで、幸せですか?"と声を高めた。 これは同日、ある媒体がチョ・ヨジョンのインタビューを出して'胸整形説'論議を話題で捉えたためだ。 なじむ歩みで、色々な媒体が同様の内容を'基づいて'書いた。

論議の開始はいつものようにオンライン コミュニティ掲示板だ。 論議の要旨は過去'紙のように薄いスタイル'を所有したチョ・ヨジョンが映画<房子伝>以後、グラマーになったとのこと。 それで露出シーンがあると分かった<後宮>関連インタビューはこの'深刻な問題'を解決するのに適格だった。

弱り目にたたり目で論議の火種は'胸整形説'でチョ・ヨジョンの'釈然としない返事'で燃え移った。 チョ・ヨジョンが整形説質問に"どのように見られようが関係ない、俳優のからだは個人のことでない"として"俳優は魂を売る職業というのにからだは魂のうわべであるだけ"と答えたのを問題にしたこと。 媒体は"それでしたということか、しなかったということか"というインターネットユーザーの反応を活用、チョ・ヨジョンの'返事回避'を話題へ推し進めた。

報道だけ恨むこともできないことが、実際に関連記事の下には"そのまま'クールに'解明しなさい"という意見が支配的だった。 いつから俳優の整形が解明してこそ当然なことになったのかも疑問だが、露出シーンがある映画の関心と解釈というものがいつも末梢的な刺激にだけ留まっているのも遺憾だ。 <後宮>の俳優としてチョ・ヨジョンの返事は"整形をしました"でなく"私からだがどうだろうが私がすることができるものなどの中で最善を尽くそうと努力しました"が合うのではないだろうか。

[オーマイニュース 2012-05-28 16:27] 元記事はこちらから

※元になったインタビュー記事がちょっと見つからなかったのですが波紋が広がっているようで。まだこれから、6日公開作品だというのに別のところで話題集中ではPDもたまらないでしょう。映画は映画として、俳優は演技を通して純粋に評価されるべき~。

でも露出シーンはついつい胸に視線集中しちゃいそう。。。

 ザ・キング トゥハーツ、端役まで名品だったドラマ
2012年05月28日 (月) | 編集 |
最近放映終了したドラマ ザ・キングは格別に多くの挑戦がありました。 まず視聴率を担保する安らかなロマンスに安住しないで不便な韓半島の現実を腹痛むように痛く掘り起こした作家主義的試みがあるでしょう。 その余波で視聴率は多少振るわなかったが、笑って楽しんだドラマの時流を跳び越える話題性と濃い余韻を残しました。

CF皇帝と呼ばれるほど最もホットな芸能人イ・スンギでも簡単でない挑戦でした。 優しくて誠実な国民弟というイメージを克服して'俳優'それ自体に新たに出るために、チジラで利己的なキャラクターでの変身は危険に見えることさえしました。 劇中傍若無人で始めて自らを克服して成熟した夫であり偉大な王にそびえ立つキャラクターの姿はそれ自体がより大きい俳優に成長しているイ・スンギの変身を象徴するようです。 絶え間ない挑戦の代名詞ハ・ジウォンの場合、美しく化粧した顔を久しぶりに見ることができたのが印象的です。 ドラマ シークレットガーデン、映画7鉱区とコリアを通じて化粧気ない顔で息ぜわしいアクションを広げてきた彼女に、ザ・キングもやはりスペクタクルあるアクションを要求しました。 だが、それに劣らず品格ある王家のファッションを提供しましたよ。 久しぶりに彼女の演技で方の香りが感じられてうれしかったです。

そしてこの主演俳優らぐらいでも光った助演俳優がいます。 チョジョンソクは初めての地上波挑戦を通じて一気にホットアイコンに浮び上がりました。 助演で始めて主演級演技者に新たに出ましたよ。 彼の演技があたえる魅力はゴマ粒のように繊細ながらもオーバーでないという点です。 泰山同じだったお父さんの不正事実を知って示した雨の中での嗚咽場面は科しないのでかえって自然だったし真正性が感じられましたよ。 歌手に比喩しようとするなら爆発的な高音を突き出しても歓迎される絶頂の瞬間をかえって安らかで自然に処理する成熟美が引き立って見えました。 演技の味を感じさせる俳優ですね。 それで最後の遺言ビデオで無邪気なキャラクターを見せる首を縦にふる唇と粗雑な咳払いさえ女心を揺さぶっておくのに充分でした。

イ・ユンジの場合なじんだ王女の役割に再び出ました。 その間王女の派手なイメージを漂った彼女はザ・キングを通じて王女以上の王女になることができましたよ。 絶望の中でヒステリーも働かせてつらいロマンスに涙があふれたりもした王女は眉間の小さい動きだけでも感情を移す深い演技を披露しましたよ。

このドラマには演技力があって硬い俳優が唯一多かったです。 キムハンアのお父さんキム・ナムイルは北朝鮮でちょうど越えて降りてきたような当たり前のような北朝鮮なまりとジェスチャーで劇のリアリティーを付加しました。 政治を号令して国政を論じた彼も娘の前では娘バカであるだけでした。 嫁入りする娘が親父を心配するとすぐに'君だけ良い暮らしをすれば出たことオプシヤ'といいながら背を向けて、涙をぬぐい取る彼の後テには私たちのお父さんの情緒が濃く含んでいましたよ。

劇序盤のWOCから参加したクォン・ヨンベはぴったり北朝鮮軍らしいビジュアルを見せました。 素朴ながらも馬鹿正直な軍人だったがこそこそと内心を表わすと最終回ではイ・ジェハに狙った銃を耐えられることができませんでした。 薄れる二つの目と非常に恐れおののくようすで震えた手は、理念と人間愛が対立する矛盾した私たちの歴史を内密に描いてくれるようでした。

サイコパス ジョン・マイヤーを助けるスハボンボンのグロテスクな演技もまた、印象的でした。 黒いスモーキー化粧と汚れている瞳だけでなく、けだるい表情に吐きだすやや低めで緩い台詞トーンは英語にも韓国人の情緒を刺激できるということを見せましたよ。

ザ・キングでは短くかすめて行く断然俳優さえ演技の隙間がなかったです。 和気あいあいだった現場の雰囲気ぐらい各々の配役に没頭した名前がない俳優らの名演技があったので最後まで動揺することがなく確固たるかたをつけるとみられることができたところでしょう。 最終回で板門店を越えるイ・ジェハと目つきを交換して結婚祝賀挨拶をする憲兵から、板門店の軍事境界線を間に置いて対話をする韓国北朝鮮軍人の女商らしい姿まで。 断然俳優が見せた演技一つ一つが会えて近ごろ多くないドラマ、ザ・キングの挑戦は完成されることができたところでしょう。

[メディアス 2012-05-26 12:40:32] 元記事はこちらから

20120528-7.gif 20120528-8.gif 20120528-9.gif 20120528-10.gif

※自動翻訳ところどころ妙ですが脇の脇役まで素晴らしかったことはわかる(>_<)

軍事境界線の憲兵気になりました。なんかドラマを越えてる~。

 ハ・ジウォンがなぜ'ハ・ジウォン'なのかを見せたドラマ'ザ・キング トゥハーツ'
2012年05月28日 (月) | 編集 |
イ・ジェギュPDは新しい作品を準備してなぜ女主人公で直ちにハ・ジウォンを思い出させたのだろうか。 イ・スンギはなぜ以前から必ず一度ハ・ジウォンと演技をしたいと話したのか。 24日放映終了したMBC 'ザ・キング トゥハーツ'にこの質問に対する答があった。

ハ・ジウォンはこのドラマを通じてもう一度女優の模範事例を作った。 いつも新しい作品に挑戦して想像もできなかった変身を見せる彼女らしかった。

韓国が立憲君主制という設定の下韓国、北朝鮮の微妙な関係と世界情勢、資本の威嚇と操縦などを緻密に組織した'ザ・キング トゥハーツ'の話は韓国ドラマでなかなか試みなかった素材とジャンル、巨大なスケールを見せた。 だからともすると全くでたらめになるとか難解に流れることもできる内容だった。 ハ・ジウォンが演技した北朝鮮特需部隊女教官キム港キャラクターはより一層そうした。 北朝鮮という(のは)未知の世界、それで視聴者たちに見慣れなかったりわい曲されているほかはないそのキャラクターにハ・ジウォンは躍動感を吹き込んだ。 ここに口にてきぱきくっつくしらじらしいなまり演技も一役買った。

劇中ハ・ジウォンは愛する人の前では照れて幸せな笑いながらも、外部の威嚇と危機の前では動揺することがない強烈なカリスマを見せた。 両極端を行き来する感情の変化の中でもあふれたり不足するということなしでぴったりつりあった含有量の涙と笑いと感動を抜き取ることができる老練味はこのドラマに安定感を付与した。 これはハ・ジウォンが劇中キャラクターにそっくり入り込んだので可能なことだった。

事実'ザ・キング トゥハーツ'とは'ザ・キング'ひとりに集中するほかはない話構造を持っている。 傍若無人だった韓国国王が1人の女性と愛して絶体絶命の危機を体験して真の国王に成長していくことが中心をなすためだ。 だが、自身のキャラクターを鮮明に表わして相手方の演技まで光るようにさせるハ・ジウォンを見れば、このドラマの題名がなぜ'ザ・キング'でなく'ザ・キング トゥハーツ',すなわち'二つの心臓'なのか自ずと理解できる。

'ザ・キング トゥハーツ'のある関係者は"ハ・ジウォンが演技したキムハンアのキャラクターは高度な演技力が必要だ。 '茶母'を通じてハ・ジウォンと作業したイ・ジェギュPDがハ・ジウォンを再び探したところは理由がある。 ハ・ジウォンも映画'コリア'封切りを控えて忙しい状況だったがドラマに参加した。 演出者と俳優のシナジーがすごかった"と話した。

イ・ジェギュPDも"ハ・ジウォンは想像を現実に作り出す俳優だ。 '幻想の世界'がハ・ジウォンに会う瞬間'現実の世界'となる"として"ハ・ジウォンは短い瞬間にみな受け入れて理解し難いほど数多くの感情らを目で表現をやり遂げる。 ドラマを撮影すればするほどハ・ジウォンという俳優が如何に多いものなどを胸に入れたまま与えられた役割を表現するのか驚いて驚くことになった"と絶賛した。

ハ・ジウォンはもうその名前自体で大衆に信頼感をあたえる一つのブランドになった。 ハ・ジウォンがこれからどんな姿に戻るのかすでに待たれる。

[スポーツ朝鮮 2012-05-26 17:08] 元記事はこちらから

20120528-5.jpg 20120528-6.jpg

※演出者と俳優のシナジーがすごかったのか、そうだろうそうだろう;;

 'ザ・キング トゥハーツ'イ・スンギの再発見、チームトップ俳優の可能性立証した
2012年05月28日 (月) | 編集 |
初めには演技まで上手にする'歌手'のものだと分かった。 ところで今見ると歌まで上手にする'俳優'ではないか。 MBC 'ザ・キング トゥハーツ'のイ・スンギ。 彼はこのドラマを通じて俳優という名前で一段階成長した。 そしてチームトップ俳優としての可能性まで立証するとみられた。 'ザ・キング トゥハーツ′が残した最大収穫というに値する。

▲キャラクター掌握力、劇の緊張感高めて

事実'ザ・キング トゥハーツ'とは'ザ・キング'ひとりに集中するほかはない話構造を持っている。 韓国が立憲君主制という仮想の設定の下傍若無人だった韓国国王が北朝鮮女教と愛して絶体絶命の危機を体験して真の国王に成長していく内容が骨組みを成し遂げるためだ。 しかも韓国、北朝鮮対立状況と国際情勢をドラマの主要背景と葛藤要素に引き込んだために主人公が耐えられなければならない重さが侮れなかった。 俳優がドラマを掌握しなければ、かえってドラマに圧倒されて存在感が埋められてしまうこともできたという話だ。

序盤部にまだ王制だった時期のイ・ジェハを演技する時だけでもイ・スンギは特別に目立っていて見せてはいない。 王族の特権はみな享受しながらも義務と責任は避けようと巧妙に小細工を転がして北朝鮮特需部隊教官キムハンナ(ハ・ジウォン)に"君は女ではない"として平然と毒舌をする'傍若無人'キャラクターがイ・スンギにはとてもなじむ'オーダーメード服'だったためだ。

先立ってSBS '私の名前は九尾狐'(2010)と'華麗なる遺産'(2009),KBS2 '噂の七姫'(2006)で演技した金持ちの家世間知らず坊ちゃんのような感じで大きく抜け出さなかった。

しかし先王(イソンミン)の暗殺で突然に王位を受け継ぎながらイ・スンギの演技はキャラクターとともに成長し始めた。

既得権をノッチしないとする政治家たちに一喝する姿は憎らしいほど当たり前のようだったし、王室を威嚇するクラブMのキム・ポング(ユンジェムン)に対抗する場面ではきついことさえした。 命をかけながらも愛する女性を守ろうとする時は強い男性美まで吹きだした。 熱い怒りと冷たい決断、真剣さといたずららしいということを行き来して躍動的に変わっていく姿を最後まで緊張感あるように導いていくことは決して容易ではない。

しかしイ・スンギは自然な演技と誠実な姿勢でキャラクターを説得力あるように描き出した。 イ・スンジェ、ユン・ヨジョン、ユンジェムン)、ハ・ジウォンのような先輩たちと正面対立する場面でイ・スンギに対する称賛が唯一多かったものを見れば、イ・スンギの演技力もかなり侮れなく積もったということを察してみることができる。

▲関係者たちがみたイ・スンギの演技は?

'ザ・キング トゥハーツ'の製作関係者は"再発見"という言葉でイ・スンギをほめた。

この関係者は"序盤にはイ・ジェハ キャラクターに多少過度に力が入っているという評価もあった。 だが、イ・スンギはイ・ジェギュPDと議論すると直ちに自分の演技を修正したよ"として"特にユンジェムンと一対一で正面対立する場面では互角に心理けんかをしながらも表面では揺れてはいけないから高度な演技力が必要だ。 相手が貫ろくのユンジェムンなのでさらに骨を折ったことだ。 ところでイ・スンギはそれをやり遂げたよ。 感情表現もますます老練だった。 本当にすごい努力派であった"と感心した。

そして"以前には多才多能なアイドルと分かったがいつのまにかイ・スンギは成熟した俳優の顔を整えていた。 演技の密度もはるかに高まった。 ロマンチックコメディに似合うアイドル俳優との先入観から抜け出して真の俳優でイ・スンギをまた見ることになった"と評価した。

'ザ・キング トゥハーツ'を演出したイ・ジェギュPDも"イ・スンギ演技の土台は格別な情熱という気がする"として"日が繰り返すほど深くなって変わって行くイ・スンギを見ることができて演出者としてまたとなく幸せだった。 もうイ・スンギには成熟した俳優の力が感じられ始める"と話すこともした。

'ザ・キング トゥハーツ'撮影に先立ちイ・スンギは強固な垣根のようだったKBS2 '1泊2日'とSBS '強心臓'で下車した。 ドラマにまい進するためだ。 これもまた容易ではない決定だったことだ。 もう歌手よりは'俳優'という名前がさらに似合うイ・スンギ。'ザ・キング トゥハーツ'はチームトップ俳優に成長していく彼に意味ある第一歩で記憶されるだろう。

[スポーツ朝鮮 2012-05-28 15:44] 元記事はこちらから

20120528-2.jpg 20120528-4.jpg 20120528-3.jpg

※イスンギくんがここまでできる子だとは思わず侮ってましたユルシテ(>_<) イジェギュPD作品でしかも主助演脇役みんなすごい演技を見せる中ここまで結果を出してスゴイよイスンギくん! 年末の演技大賞激戦だ。

 キム・ガンウ、妻-息子公開.."私の'お金の味'は毎日甘い"
2012年05月28日 (月) | 編集 |
俳優キム・ガンウが妻と息子写真を公開した。

キム・ガンウは28日午後自身のツイッターに"誰か私に尋ねます。 'あなたにとって'お金の味'とは果たして何ですか?"'何か雄大な回答を望む表情でした。 私にとって'お金の味'は私が熱心に夜を明かして演技して稼いだ金で愛する私のスズメのような子供の口においしい食べ物をいれる時! その甘さです"という文を載せた。

引き続き彼は"そうです。 私にとってそれ以上はありません。 故に私の'お金の味'は毎日毎日いつも甘いです"として妻と息子の姿が入れられた写真を掲載した。

公開された写真でキム・ガンウの妻はふところに抱かれた子供の口に果物を入れてくれている。

写真に接したネチズンは"妻の美貌が眩しい","ハン・ヘジンさんと本当にとても似ていた","息子がとても可愛い","家族を最優先視する姿素晴らしい"等の反応を見せた。

一方キム・ガンウの妻ハンムヨン氏は俳優ハン・ヘジンの親姉さんだ。

[OSEN 2012-05-28 17:27] 元記事はこちらから

20120528-1.jpg

※く~~~、幸せ家族!(>_<)

ガンウ部屋のパスワード忘れてログインできずとりあえずこっちに~(爆)。

 二人の男妓生の致命的な愛- '風月主'のソン・トソプとシンソンミン
2012年05月28日 (月) | 編集 |
17日午後大学路スペースエニュで会ったソン・トソプ(30)とシンソンミン(28)は相変らず緊張が緩まなかった。 '風月主'に向かった観客らの途方もない期待感を反映したためだ。 '風月主'でソン・トソプとシンソンミンは劇中二人の男妓生の'ヨル'と'サダム'役に登場する。 わずか2才年の差だがミュージカル俳優として両者の間隙は途方もない。 '風月主'以前'グリース'と'オー! あなたが寝ついた間'など二編のフィルモグラフィーを持っただけであるシンソンミンとは違って2005年デビューしたソン・トソプは今年で8年目に入り込んだ'中堅'ミュージカル演技者だ。

'屋根裏部屋の猫' '劇的な一夜' 'ミルダンの誕生'など多数の初演ミュージカルに参加したソン・トソプは明らかな素材の三角関係を解いていく'風月主'の新鮮な試みが気に入った。 口に'着々'くっつくすてきなナンバーらも既存創作ミュージカルらより優れた。 さらにヨルが劇の初めから最後まで全部を導く素敵なキャラクターという点は彼の心を完全にひきつけた。 '初心者'シンソンミンは相変らず戸惑った状態だ。 創作ミュージカルが初めてのシンソンミンはスタッフとの協業を通じて変わって行く台本と歌で作業する環境がぎこちなかった。 '全てのものが不足したこと天地だ"という彼はただ運が良かったとだけ話す。 ソン・トソプ、キム・ジェボム、イユルなど先輩俳優らの存在はシンソンミンに一筋の光と同じだった。 台本が解けなくて歌にならない時ごとに彼は先輩たちが投げる忠告一言に力を得た。

ソン・トソプとシンソンミンのアンサンブルはかなりすてきだ。 省略と象徴でいっぱいである台本の隙間は二人のぴりっとした化学反応で満たされる。 妙なことにソン・トソプとシンソンミンは互いに似ていた。 偶然にも二人ともステディーセラーミュージカル'オー! あなたが寝ついた間'で'ドクターリ'役を担ったためだろう。 シンソンミンはソン・トソプを置いて"全てのものに似たい素敵な兄です。 言葉どおり'かっこ良い'男でしょう。(笑い)"と持ち上げる。 "誠実なうえに賢いです。 無関心に'ぷつんと'投げる忠告一言もそっくり吸収する'スポンジ'のような友人でしょう。"とソン・トソプがうなずく返事をする。 テジャブ。 一瞬俳優ソン・トソプとシンソンミンは消えて、切なる友情をわかちあうウルルのヨルとサダムに変貌している。

[アジア経済 2012-05-17 14:33] 元記事はこちらから

20120527-12.jpg 20120527-13.jpg
黒ジャケがソントソプさん、グレーがシンソンミンさん

※わたしの観た日のカップリング~。

風月主ではじまり風月主で終わる休日であった・・・。

 ‘後宮’キム・ドンウク“私を狂った人で見なかったら..”(インタビュー)
2012年05月27日 (日) | 編集 |
演技の幅がこのように広かった俳優なのかと思う。

映画'後宮:帝王の妾'(監督キム・デスン)でキム・ドンウクは'愛'ただ一つだけ望んだ王ソンウォン大君で熱演する。 歴史にない人物だが彼と似ていた大部分の王たちは'暴君'と評価される。 彼らを離れてソンウォン大君だけ見るならば操り人形王が感情調節能力を欠如される理由は明らかだ。 キム・ドンウクにソンウォン大君は'純粋な'人なだけに観客もやはりその孤独と悲しみをそっくり伝達されないだろうか。

"大変だ、難しい、苦痛だ"という話をあえて吐きださなくてもキム・ドンウクの話を聞いてみれば彼がどれだけ心痛をしているかは計ることができる。 最近ニュースエンとインタビューでキム・ドンウクはソンウォン大君を話して自身の前世でもなってつくひたすら一つ一つ彼の心境を詠じるかと思えば、俳優キム・ドンウクとして愛憎したキャラクターに対する強い愛着を見せることもした。

見る人も息がつまるのにまして直接演技をしなければならなかった俳優はどうだったのだろうか。 感情を調節して劇全体を引っ張っていくのが難しかったと思うという言葉にキム・ドンウクは深いため息をつくと"私の感情と演技の幅がこれぐらいしかならないんだな自ら考える契機になった"と謙虚な面目を見せた。

"ソンウォン大君はしばしば話す常識が必要でない人物です。 生きながら感じることができるどんな経験以上の何か表現しなければならなかったんですよ。 キム・ドンウクという私を度々破ろうと努力しました。 私が合うと考えることが合わないということを認めたし、'この時はこういう感情が入らないだろうか?'という一般的な考えはかえって助けが豚しなかったんですよ。 このように話をすればするほど再び苦痛だった記憶が再確認されるが試すだけのことはあった価値があるキャラクターであることは確実です。"

ファヨン(チョ・ヨジョン)と愛したクァンユ(キム・ミンジュン)は彼女を愛したという理由だけで全てのものを奪われるがソンウォン大君は厳密に話して当初から持ったものがない。 その気になればすべて持つことができる位置にのぼっても私の愛を邪魔するという理由で全てのものを投げる。 クァンユが他人によって奪われるならばソンウォン大君はただ一つのために私の手でみな捨てる程計算的でない。

誰かはそのような彼を見て'ますます狂っていくんだな'と話すこともできるが、事実キム・ドンウクはソンウォン大君を絶対気違いで見られないために最善を尽くした。 狂っていく姿をどのようにすれば気違いのように見えないようにするだろうか。 話にも文にも表現されないその感情をキム・ドンウクは'後宮:帝王の妾'を通じて完璧にお目見えする。

"あまりにも切実に愛したのです。 真の純粋でかわいそうな、ひたすら花宴の外には分からなかった人でしょう。 どんなものもほしくなかったし望まなかったです。 だからこの子がする行動は絶対その理由が'狂って'になってはいけなかったんです。 私が私を気違いと認定する瞬間ソンウォン大君は終わりだと考えました。 監督様とも常に悩んだことのようです。 強くて切なくて直接的な'愛','憐憫'をよく見えるようにしよう。 アまた詰まって感じでよく聞こえないね。(笑い)"

王の席など捨てればそれだけだ。 ソンウォン大君というのは名前やはりファヨンのために存在価値を輝かせる。 "純粋に愛したし愛しか分からなかったがその愛をどのように表現するべきかよく分からなかった"と話したキム・ドンウクは"愛の力は本当にすごいようだ"として"柔弱だった人が結局その恐怖を耐え忍ぶのでないか"とさっと笑った。

ソンウォン大君でないキム・ドンウクも実際その程度の愛を一回ぐらいしてみたか暗に尋ねたところ、しばらく蒸らした彼は"ありましたよ。 初恋? その時がちょっと似ていたようだ"と答えた。 ついに何も同じでないソンウォン大君と違いキム・ドンウクには'後宮:帝王の妾'という作品が彼の俳優人生第2幕の道を開かれるようにしないだろうか期待して観てみる。

'後宮:帝王の妾'は愛に狂って、復讐に狂って、権力に狂って、与えなくては生きられないものすごい宮で広がる愛欲の情事、狂気の政事を描いたエロチック宮中史劇だ。 6月6日封切りする。

[ニュースエン 2012-05-26 14:00:12] 元記事はこちらから

20120527-10.jpg 20120527-11.jpg

※今年は若い王様ラッシュ。太陽抱月のスヒョンくんに始まり屋根部屋のユチョン、ザキングのスンギくんが見事な演技を見せた後のドンウクくんもかなりの仕上がり具合だし、ジフニもがんばらにゃ~(>_<)

 '後宮'キム・ドンウク、いつこのように大きかったか
2012年05月27日 (日) | 編集 |
俳優キム・ドンウクが映画‘後宮’で‘俳優’の面目を見せながら、もう一つの演技派俳優で目をつけた。

‘曖昧な認知度’に対する欲はないが作品がずっと入ってきているとし演技に対する自信と欲を何時の間にか表わした彼。 19禁エロチック宮中史劇というフォーカスに合わされて赤裸々な露出とベッドシーンで刺激的な広報を広げてみせた‘後宮’だが実際に蓋を開けた‘後宮’は愛という大きなくびきの中人間の内在した欲望と執着など多様な心理的変化とともに、この程度まで残忍なこともあるかと思った悪行がかえって‘ベッドシーン’より強烈に残る。

特に、劇中愛する女性(チョ・ヨジョン扮)と大后ママ(パク・ジヨン扮)の権力欲に振り回されてその中で広がる事件によって多様な感情らを吐き出さなければならない声援大君役を担ったキム・ドンウクは映画の開始と共に最後まで演技の強弱調節を適切に分配して、最後の狂気じみた姿を最高潮に引き上げて観客らの視線をひきつけた。

先んじた彼の作品等を見た時、このような姿を期待することは難しかったのが事実。 その間彼が視聴者たちに残したイメージはドラマ‘コーヒープリンス’と映画‘国家代表’でよくできて、ピョンピョンはねる茶目っ気いっぱいである姿で可愛い魅力が全部であり、その他俳優らとの差異点でも印象深い姿は微弱だった。 だから映画‘後宮’でキム・ドンウクが引き受けた配役はどんな誰より配役を正しく理解して、格別な解釈が必要だったので‘彼が果たしてこの配役をよく消化することができるだろうか’とする周辺の憂慮は仕方なかった。 何よりもキム・ドンウクには初めての史劇で、初めての露出だ。 ややもすると露出俳優という汚点だけ残して終わることもできるのに彼の選択は大きい挑戦だったこともある。

結果的に、‘後宮’中キム・ドンウクは非常に卓越した選択だった。 ‘いつこのように成長したか’というほど彼の演技に感心が自ずとあふれる。 全裸露出とベッドシーンをお目見えしたキム・ドンウクは単純刺激的な場面ではなかった。 ベッドシーンはただ感情を表現する手段になっただけ、何回も成り立ったベッドシーンの中キム・ドンウクの姿で彼の変化した‘感情’がそっくり感じられるほど彼は初めから最後まで観客らを魅了させるのに十分に‘俳優’らしい姿で感動をかもし出した。

それで今回の‘後宮’での彼の変身が驚くべきで、もう一つの‘俳優’らしい‘俳優’が誕生した。

[韓国日報 2012-05-25 11:42] 元記事はこちらから

20120527-9.jpg

※なんだかミンジュン氏が霞んでしまいそうな勢いですが、わたしもすっかりドンウクくんの王を観たくてたまらんモード!

関連映像下にしまいます~。

[READ MORE...]
 [芸能家レーダー]韓流スターB,Cとの決別に一歩遅れた安堵感
2012年05月27日 (日) | 編集 |
◇最近なかなか姿を見せないでいる実力派男歌手Aがうつ病症状で苦労しているといいます。

歌謡関係者たちによればAが放送と言論などになかなか露出しない理由はうつ病症状で本人自らこれを忌避しているためだといいますね。 所属会社やはりAのこのような状況をよく理解して可能ならばAが願い次第全てのものをしようと努力しているといいます。 Aをよく知っている歌謡関係者はこれに対して"Aが耐えられることができないほど大きい事故を体験したので心に大きい傷を受けてこのような増税ができたといったよ"としながら"うつ病症状が訪ねてくればその歌を上手にした友人が音程がちょうど落ちる。 本当に残念だ"と舌を打ちました。

◇韓流スターBが一時つきあったCとの決別に新たに安心しました。

Bは知人に"Cとずっとつきあったとすればどうするところだった。 本当に大変なことになるところだった"としてCとの往事を言及したそうだ。 すでにしばらくになったことだがBはドラマで恋人で会ったCと交際して一時未来を夢見たりもしました。 ところで当時Cが他の人ができながらBをけってしまってBが涙を拭いて考えをやめるほかはなかったですが。 そのようなBがこの前Cの複雑な家庭事情を分かりながら胸をなで下ろしたそうですね。 しかし人日は分からないのに、万一、二人が結実を結んだとすれば歓呼される韓流スターカップルになりはしなかったでしょう。 わけもなく一度想像をすることになりますね。

◇'あのとは二度と再び…'有名俳優DとドラマPD Eが実際には良くない間といいます。 二人は人気ドラマを共に作ったが、その後ただ一度も私席で会ったことがないとするんですが。 DがEをとても嫌いなためだといいますね。 ドラマ関係者は"Dがドラマを撮影する当時Eがキャスティングを止めた。 幸いドラマが期待以上でうまくいったが、無愛想な性格のDとしてはドラマが終わるということと同時に二度とEに会わないと考えた形だった"と伝えたのです。 Dは気立てが優しい性格ではないが義理があるほうだというんですが。 無名時代自身を助けたPDらを格別に取りまとめるといいますね。 だが、一度ではなくてしたければはっきりと線を引く性格のようだ本来自身をトップスター隊列にのせたEとは冷ややかだ。

◇去る20日放送人チョン・ジュナの結婚式が開かれました。

普段芸能界の噂になった偏平足らしくこの日かなりの芸能人スターはほとんどみな祝いの客で参加したといっても過言ではない程盛大に行われました。 祝いの客で参加したある側近によれば儀式が終わった後新郎新婦と記念写真を撮る大きな課題でこの日如何に多い祝いの客がきたかを実感できたそうだ。 初めには女性芸能人が前に出てきて新郎新婦と写真撮影をした後チョン・ジュナの先輩、後輩だけ別に1~3次にかけて撮影を相次いで進行したほどだったといいます。 ある芸能関係者は"チョン・ジュナがその間ボールを蹴るということたくさん入れた"としながら"人脈広いことで噂になったユ・ジェソク、パク・ギョンニムの結婚式の時より芸能人祝いの客数がさらに多かったようだ"としました。

[スポーツソウル 2012-05-25 09:05] 元記事はこちらから

※AもBもCもさっぱりですが気になる記事なのでアップ~。

ドラマで恋人共演してその後別れた人って結構いるからなあ、チョアンさんマンソクさんとかミニョンちゃんイミンホくんとか・・・(爆)

 韓中日ユニット'クロスジン',シンウォンホ-タクヤ引き続き全メンバー公開
2012年05月27日 (日) | 編集 |
韓中日3ヶ国ユニットで話題を集めているクロスジンがいよいよベールを脱いだ。

デビュー前から通常のアイドルとは次元が違ったスケールの歌謡界登場の便りで話題を集めたクロスジンが26日クロス陣公式ホームページ(www.crossgene.net)を通じて初めてメンバー全員の顔を公開した。

すでに多数のドラマとCFなどに出演して2012年ライジング スターに浮び上がったシンウォンホと'出発ドリームチーム'アジアスター特集を通じてコトゥンナムで浮び上がったタクヤをはじめベールに包まれていたキャスパー、サンミン、ジェイジー(J.G),ヨンソクで構成された‘クロスジン’は歌およびダンスなど多方面で実力を整えた実力派らで目を引いている。

‘各国の優れた遺伝子(GENE)の結合(CROSS)’というチーム名に似合うように写真だけでも感じることができる優れたキロクチと彫刻美貌は触れることはできないオーラを吹きだしてファンたちの胸をときめかせている。

クロスジンの所属会社のアミューズコリアは“次々と公開されたクロスジンのメンバー全員が皆公開された”として“これらはビジュアルそれだけでなくメンバー各自が多様な魅力らを持っていると、これから多くの期待と応援お願いする”と明らかにした。

一方クロスジンは来る6月7日広壮洞アクスコリアで歌謡界の初めての出撃を知らせるデビューショーケースを持つ予定だ。

[イートゥデイ 2012-05-26 13:04] 元記事はこちらから

20120527-5.jpg

※日本人としましては日本人メンバーのタクヤくんが気になります~ということで緊急調査~↓

20120527-8.jpg 20120527-7.jpg 20120527-6.jpg

タクヤくんはあごにホクロのある彼ですね~、日本アミューズ所属?なプロフィールは公式ブログ(こちら)からちょいちょい転載↓ 

寺田拓哉(テラダタクヤ)
誕生日:1992年3月18日 血液型:O型
茨城県出身 身長:187cm 体重:66kg 特技:バスケットボール

2008年「第21回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」にて審査員特別賞を受賞!

2010年03月 舞台:「君の席は、僕の席」出演
2010年08月 舞台:「BLACK&WHITE-悪魔のテンシ 天使のアクマ-」出演
2011年01月 MBSドラマ「サイン」レギュラー出演
2011年03月 ドラマ「サイン」の主題歌「サイン」にてCDデビュー
雑誌:「NYLON」韓国版(2011年2月号)、「VOGUE GIRL」韓国版(2011年5月号)
2011年06月 KBS「Let's Go Dream Team with Asian Stars」出演!
2011年07月 KBS8周年記念生放送「ミュージックバンク」出演!


サインてパクシニャンの? 未見ですがあれSBSですね(爆)
ご活躍お祈りしています~。

と書いて気になりググったらこのサインは毎日放送、日本のドラマだった!
同じく2011年1月ドラマなんて紛らわしい、、、(爆)照れ隠しにドラマサイン主題歌のMVを下にしまいます~。

[READ MORE...]
 韓中日ボーイズグループ クロスジン出撃‘ビッグ’主演シンウォンホ所属‘注目’
2012年05月27日 (日) | 編集 |
韓中日アジア ユニット クロスジンがデビューを控えている。

5月22日アミューズコリアが公式サイトを通じてクロスジンメンバーらのシルエットが入れられた写真を公開した。

‘各国の優越な遺伝子(GENE)の結合(CROSS)’という意味を持ったクロスジンは韓国人メンバー3人と中国人メンバー2人、日本人メンバー1人で構成された韓中日6人組男性ユニット。

これらは2012年アジアを越えて全世界の音楽ファンたちを魅了させる新しいコンセプトのグローバル プロジェクトだ。

特にクロスジンのメンバーシンウォンホはコンユ-イ・ミンジョン主演のドラマ‘ビッグ’に難しい条件を突き抜けてまた他の主演に選択されたしタクヤはKBS ‘出発ドリームチーム’アジアスター特集編に出演、話題を集めたことがある。

シンウォンホ、タクヤの他にもベールに包まれているメンバーらもやはり多様な分野で活動している実力派らで構成されていてメンバーらの顔はホームページを通じて一名ずつ順に公開される予定だ。

一方クロスジンは6月デビューを控えている。

[BNTニュース 2012-05-22 08:12] 元記事はこちらから 

20120527-4.jpg

※ほほう、日本人もいるんですね~。
K-POP(?)には手を出しませんが一応基礎知識としてチェックチェック~。


 '3秒ソン・ジュンギ’シンウォンホびりっと、"ドラマに歌手デビューまで..."
2012年05月27日 (日) | 編集 |
'3秒ソン・ジュンギ’で有名な新人俳優シンウォンホの‘ビッグ’撮影場が公開されて話題だ。

最近あるオンライン コミュニティ掲示板にはKBS 2T V新月火ドラマ'ビッグ'の撮影会場で台本練習に没頭しているシンウォンホの写真が掲載された。

公開された写真の中でシンウォンホは美少年の3大条件の新鮮さといきいきとした元気さを完全に整えた容貌で‘3秒ソン・ジュンギ’らしい美男フォースを誇った。

劇中シンウォンホはソ・ユンジェ(コンユ扮)と偶然に魂が変わることになる18才思春期少年カン・ギョンジュン役を担ってコンユ、イ・ミンジョン、スジなどトップスターらと共に呼吸を合わせてロマンチック コメディ演技を披露する予定だ。

また、シンウォンホは韓中日3ヶ国超特急アジア ユニット‘クロスジン’のメンバーにも活動する予定で2012年ドラマと歌謡界のライジング スターで注目されていている。

一方シンウォンホは来る6月クロスジン活動とKBS 2T V新月火ドラマ'ビッグ'を通じて多様な魅力をお目見えする予定だ。

[CNニュース 2012-05-25 15:24] 元記事はこちらから

20120527-3.jpg

※美少年に弱い・・・でも演技力がどうかが気になるところ。
しかし韓中日3ヶ国超特急アジア ユニット‘クロスジン’ってなんぞや~。


 スランプ陥ったKBS2月火ドラマ、新しいドラマ‘ビッグ’救世主になるだろうか?
2012年05月27日 (日) | 編集 |
今年KBS2月火ドラマが不振を免れなくなっている中で新しく始まる‘ビッグ’が救世主の役割を正確にすることができるかに対して多くの人々の耳目が集中している。

人気があるアイドル大挙出演と‘ドリームハイ1’の名声に力づけられて期待感の中に去る1月初めてデビューした‘ドリームハイ2’は初放送視聴率10.5%(AGBニールセンメディア、全国基準)を記録して順調な出発をするようだった。

だが、2回視聴率9.8%、3回7.2%などますます低い一桁視聴率を記録するとついに最終回は6.6%という屈辱的な視聴率で放映終了をむかえた。

これは前作‘ドリームハイ1’が11%視聴率で始めて18%という高い視聴率を記録して放映終了したのと比較すると非常に恥ずかしい結果であるわけ。

このような結果により後続‘愛の雨’に対する期待が集められたが来週放映終了を目の前に置いている‘愛の雨’は平均視聴率5%で1ケタ数視聴率を抜け出したこともなくて遺憾をかもし出す。

このようにKBS 2TV月火ドラマをスランプに落ちるようにさせた原因は何だろうか?

まず‘ドリームハイ2’は放送序盤から論議が成った女主人公カン・ソラの演技力論議と粗末なストーリー、共感不可キャラクター、中心になる助演らの不在が視聴者たちの目を引くことが出来ない原因という分析だ。 合わせて‘愛の雨’も現在と合わない70年代背景の遅い呼吸と陳腐なストーリーが低いストーリーの原因という評。

こういう失敗要因がかみ合わさって視聴者たちと共感を形成できない二つの作品の前てつを踏まないようにするなら‘ビッグ’はこれらの問題点を全部補完しなければならない宿題をかかえることになった。

まず‘ビッグ’は‘最高の愛’、‘私のガールフレンドは九尾狐’、‘幻想のカップル’等多くのヒット作を排出して出した人気作家ホン姉妹(ホン・ジョンウン、ホン・ミラン)が脚本を引き受けてストーリーとごり押しキャラクター設定による失敗はないと予想される。

また‘ビッグ’はコンユ、イ・ミンジョン、スジなど演技力を立証受けたスターらと共にドラマの中心を正してくれるチェラン、アン・ソックァン、チャン・ヒョンソンなど名品助演らも登場する予定で‘ドリームハイ2’の問題点を全部補完した。

そして‘愛の雨’のように簡単に共感をかもし出すことはできない70年代背景でなく‘ビッグ’は熱い夏軽く楽しむことができるロマンチック コメディ ドラマで視聴者たちの注目を簡単にひきつけられるとの展望。

だが、現在の月、火曜日にはMBC ‘光と影’(以下光影)が同時間帯放送プログラム中1位を堅固に守っていて‘ビッグ’が‘光影’を越えられるかに対する期待と心配が同時になったりもする。

このようにすべての準備を完璧に終わらせて打席に入っている新鋭選手‘ビッグ’が老将‘光影’を越えてスランプに落ちているKBS2月火ドラマの救援投手で猛活躍することができるか‘ビッグ’の歩みに成り行きが注目される。

一方疾風怒涛の時期を体験する18才青少年がある瞬間30才成人男子になって広がる話を描く‘ビッグ’は来る6月4日初放送される予定だ。

[ファイナンシャルニュース 2012-05-25 18:18] 元記事はこちらから

20120527-1.jpg 20120527-2.jpg

※愛雨は今週で終わりなんですね(汗)。来週から始まるビッグ、コンユくドラマ復帰で話題ですがわたしはそれよりも別角度から注目~。

な話題は次に~

 オム・ソンモ今日(26日) 5才年上と結婚、医療財閥家キョンサナンネ
2012年05月26日 (土) | 編集 |
オム・ソンモが結婚する。

オム・ソンモは5月26日午後1時ソウル、中区、獎忠洞パニャントゥリーホテルで5才年上のガールフレンドと結婚式を挙げる。

オム・ソンモと予備新婦は有名大企業高位役員の娘でデザイン会社を運営している財源だ。 二人は2年余り行った熱愛終わりに結婚にゴールインすることになった。

オム・ソンモは現在の俳優活動を中断して事業を構想中だと知らされた。 オム・ソンモ結婚の便りと共に世間耳目を集中させたことはオム・ソンモの家だ。 オム・ソンモの父親は全国各地にいくつかの小児科専門病院を運営している医療財閥だ。 オム・ソンモ実兄もやはり皮膚科医師だ。

一方オム・ソンモは2003年'同い年の家庭教師'でデビュー、'太極旗を翻して'、'宮'等で甘草助演で活躍した。 オム・ソンモは現在の俳優活動を中断した状態だ。

[ニュースエン 2012-05-26 08:28:15] 元記事はこちらから

20120526-22.jpg

※どんな様子だったのか後記事出るのを楽しみにしてたんですがさっぱり上がってこず~(>_<)

今日が終わっちゃう前にひとこと、オムソンモくんキョロンチュッカヘヨ~^^

 [Star Cafe]チョジョンソク“愛は‘ナプトゥギ’のように、義理は‘ウンシギョン’のように…”
2012年05月26日 (土) | 編集 |
映画‘建築学概論’の‘ナプトゥギ’とMBCドラマ‘ザ・キング’のウンシギョンで直ちにスターに浮び上がった俳優チョジョンソク。 “誰かを好めば熱くダッシュする”という話で彼の男性らしいということがにじみ出る。

■ ‘ザ・キング’ウンシギョン・ ‘建築学概論’ナプトゥギで浮かび上がった男チョジョンソクの恋愛学

私の恋愛法は明るくて猪突的‘ナプトゥギ’スタイル

義理の男‘ウンシギョン’、男が見てもすばらしくて
相手俳優イ・ユンジ最高…メロ物もう一度?
理想は気楽な女、美しければより良くて
“運勢大吉! ブラボーマイ ライフ!”


ドラマは終わったが‘チョジョンソク’という大きい宝物を残した。 視聴者たちはまだ‘ウンシギョン’というキャラクターを送ることができなくて、‘ウンシギョン’または‘チョジョンソク’という単語をインターネット検索して懐かしがっている。

24日放映終了したMBC水木ドラマ‘ザ・キング ツーハーツ’(以下ザ・キング). 放送前はイ・スンギ・ハ・ジウォン主演のドラマという点で関心を集めたが、視聴者は事実放送ずっとそうそうたるスターらより王室近衛隊長‘ウンシギョン’あるいはチョジョンソクにさらに熱狂した。

チョジョンソクは劇中‘王’であるイ・スンギの右腕で彼を補助して苦言もはばからなかった。 一方では王女(イ・ユンジ)の心を奪って‘万人の恋人’に浮び上がった。 ドラマが放送される間ずっとインターネット検索語1位を占めて女性視聴者の心を盗んだ。

こういう熱風の後には‘ナプトゥギ’も一役手伝った。 400万観客を突破して人気を得た映画‘建築学概論’で‘虚勢演芸大魔王ナプトゥギ’で先に観客らと会った。 放送序盤には多少なじみがうすい名前だったが、チョジョンソクはミュージカルですでにチョ・スンウに劣らないスターに通じる。

チョジョンソクを‘ザ・キング’最後の回放送に先立ち24日午後ソウル弘大近隣あるコーヒーショップで会った。 前日ウンシギョンは王を救うために情熱を傾けて銃に撃たれた。 彼は最後の場面もとても見ることができないほどウンシギョンを離れる準備ができていないといった。

20120526-21.jpg 20120526-20.jpg

[READ MORE...]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。