★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 シンウォンホ まさに、広告の中そのハンサムです
2012年04月30日 (月) | 編集 |
ジーンズに白いTシャツ一つだけ着ても美しい年齢があるという。 何を加えたり整えなくてもその姿そのままで良い時期。 冷たい水に今しがた洗顔を終えたさわやかな素顔の少年を見た時、大人たちのこの言葉を理解することができた。 化粧品ブランドの広告で青安ある顔で笑った‘ハンサム’の名前はシンウォンホ。 今年の初めGドラゴンと共に出演した衣類ブランド広告でブラウン管に初めて登場した。 4編の広告と1編のミュージカルに出演したのが経歴の全部、この世界での本格外出を控えて今まさに洗顔を終わらせたシンウォンホの本来の夢は音楽だった。

幼い時から何をするが習えば終える性格だとクラリネットを習う時は演奏者になろうとしたし、囲碁を習う時は棋士になりたかった。 だが気楽に生きるように願うご両親の意によりあるようにないように平凡な学生で生きた高3のある日、特別に上手なことも好むこともない勉強が私の道でないという考えがふとした彼は初めて意地ということ働かせた。

“私を見てうれしがればいいですね”

少年であることだと早合点したが年齢より一層幼く見えるシンウォンホは21才だ。 この青年との対話はたびたび見慣れなかったが、別れて彼の文章を十分にかんでみると過程を誇示してしなくて結果だけ淡泊に話す口癖のためだった。 今は60kg序盤のスリムなスタイルだが学生時代80kgを越えたという彼に秘法を尋ねても“きつく抜きましたよ”という短い答が帰ってきた。 どんな人になりたいのかという問いには“私を見てうれしがればいいですね”と話す。 誰かが私を憧れたら良いだろう、この分野で最高になりたいという稚気に充ちた野心を抱いても良い年齢にシンウォンホは私を見て幸せになって笑う人がいるならばそれが自身の幸福だと話す。 誰かとの競争で勝負欲を発揮するより本人に飽き足りなかった時くやしくて失望する、結局振り返ってみればすべての問題は自身にあったようだと淡々と話す20代はじめとは。 ありふれていて陥った若さと可能性にたやすく寄り添わないで柔順な顔後から自らを整えて削ってよく熟すことを願うこの青年、本当に丈夫だ。

20120430-3.jpg 20120430-4.jpg 20120430-5.jpg

[READ MORE...]
スポンサーサイト

 ‘スキンフード’ CFシンウォンホ、料理見て調理見ても‘満足で’
2012年04月30日 (月) | 編集 |
料理見て調理見てもほほえましいハンサムだ。 ‘スキンフード’ CFでポソンハン肌を自慢してさわやかに笑ったその美少年! CF界の有望株シンウォンホだ。 今年3月Gドラゴンと撮った‘ビンポール’ CFでデビューした彼はサイワールドとKTなど色々CFを通じて顔を知らせている。 ‘2011秋期ソウルファッションウィーク’ではソン・チオ、ホン・スンワンなどそうそうたるデザイナーのファッションショー舞台にも立った。

“高3の時の友人の勧誘でアイドル歌手オーディションを見ました。 今は‘プロジェクト[A]’というアイドル グループ デビューを準備していてよ。 まだ練習生だが、CFやランウェーを通じて私のまた他の姿を見せることができてうれしいです。 前に人々に楽しみをあたえる万能エンターテイナーになりたい!”

近い将来ドラマと映画にも活動半径を広げたいというシンウォンホは<ムービーウィーク> 10周年お祝いの挨拶も忘れなかった。 “10年という歳月が決して短いことではないでしょう。 10周年を迎えた底力で100年までずっと共にしたら良い!”

[ムービーウイーク 2011-10-25 17:39] 元記事はこちらから

20120430-2.jpg

※せっかくなんで昔の記事をチェック~。ほほう、いろいろCF出てるのね、アイドル歌手で活動したのか?YTから下にしまいます~。

[READ MORE...]
 'ビッグ'シンウォンホ、ホン姉妹ペルソナ選択'第2のコンユ予感'
2012年04月30日 (月) | 編集 |
新鋭シンウォンホがホン姉妹作家のペルソナで選択、第2のコンユを予感させた。

最近KBS 2T V間月火ドラマ'ビッグ'(脚本ホン・ジョンウン、ホン・ミラン演出チ・ビョンヒョン、キム・ソンユン)製作スタッフはカン・ギョンジュン役にシンウォンホを最終キャスティングして本格的な出発を知らせた。

シンウォンホが演じるカン・ギョンジュンは30代成功した医師ソ・ユンジェ(コンユ)と偶然に魂が変わることになる18才思春期少年だ。 また、期間制女性教師キルダラン(イ・ミンジョン)の統制不能弟子としてソ・ユンジェのからだにカン・ギョンジュンの魂が共にしてキルダラン先生と幽玄な感情を感じることになる。

このために製作スタッフが最も心血を注いだキャスティングがまさにカン・ギョンジュンでしかなかったという言い伝え。 新鮮なマスクでなければならないこと、いきいきとしたイメージでなければならないこと、美貌の少年でなければならないことなど難しい条件を突き抜けて結局シンウォンホがホン姉妹のペルソナに選択された。

シンウォンホは化粧品ブランド スキンフードのモデルで知らされ始めたしMBC '太陽を抱いた月'の名品子役ヨ・チングを凌駕する次世代スターに浮び上がっている新鋭だ。 2011年ビンポール広告でデビューして以来第7回アジア モデル賞を受賞したし、最近では終篇ドラマ チャンネルAの'未婚の男性君の野菜店'で印象的な演技をした。

これに対してシンウォンホは"まだ不足して難しい点が多いようだ。 先輩が台本も合わせて、助言もしてくれるなど助けを非常に減られる。 最後まで最善を尽くす"として格別な覚悟を明らかにした。

一方コンユ、イ・ミンジョン、missAスジなどが合流したホン姉妹作家の新作'ビッグ'は'愛の雨'後続で来る6月放送される予定だ。

[マイデイリー 2012-04-30 09:19] 元記事はこちらから

20120430-1.jpg

※あ、かわいいかも・・・。でも動いてるトコ見てみないとなんともねえ、ということでスキンフードCFを下にしまいます~。

[READ MORE...]
 チャン・グンソク交通事故、'演技闘魂'という修飾語が不便な理由
2012年04月29日 (日) | 編集 |
交通事故に遭った。 直ちに治療を受けなければならない。 だが、応急治療後撮影会場へ向かう。 これが当然のことであろうか?

俳優チャン・グンソクが29日明け方KBS2 '愛の雨'撮影を終えて移動している間ガードレールに突っ込む交通事故に遭った。 これに当時彼が搭乗した車両は半破されたし、チャン・グンソクは大きい負傷はないとしても全身の打撲傷で苦痛を訴えたという。

だが、ドラマの忙しい日程に、結局チャン・グンソクは近隣病院で応急措置だけを受けて撮影現場に復帰した。 交通事故は事故当時の負傷ぐらい後遺症が恐ろしいので精密検査を受けることが原則だが、スターチャン・グンソクに許諾されないことだった。

このような'下石上臺'はただチャン・グンソクだけのことでない。 去る3月12日ソウルで1トン トラックと衝突する交通事故に遭ったキム・ソヒョンは、痛みを訴えながらもすぐにSBSドラマ'サラリーマン楚漢志'撮影会場に復帰以後病院へ向かった。

去る2月26日チ・チャンウクはソウル 江南地域でダンプトラックに突っ込んで額まで縫う事故に遭ったが、簡単な治療だけ受けた後にすぐに撮影会場へ向かった。 当時チャンネルAの'未婚の男性君の野菜店'ドラマ撮影がチ・チャンウクなしでは放送も大変な日程だったためだ。

だけでなく昨年MBCドラマ'君は私に恋をした'に出演したパク・シネは乗合車がガードレールを受ける交通事故で深刻な痛みに苦しめられたがすぐに撮影会場に復帰した。 しかし結局痛みを耐えることができなくて病院に入院してまた1週間ぶりに現場に戻った。

またSBSドラマ'武士ペクドンス'のユ・スンホは撮影現場に移動している間交通事故に遭って顔に骨折傷を着て近隣病院で応急治療を受けた。 しかし当日撮影だけを取り消した後にすぐに現場に復帰した。

またKBS2ドラマ'王女の男'ホン・スヒョンは肋骨が骨折するほどの交通事故に遭って車両まで廃車された。 だが、ホン・スヒョンは病院での7日間治療後撮影会場に復帰した。

普通こういう俳優らの復帰に対して'闘魂'という修飾語がつく。 俳優らのプロ意識に対する賛辞で'演技闘魂'だと呼ぶ。

だが、果たしてそうだろうか? '闘魂'という言葉で個人にだけ全部責任を転嫁してもかまわない現実であろうか?

なにとぞチャン・グンソクが大きくケガをしなかったら良いだろう。 そして当時には現場に復帰したがひょっとして交通事故後遺症で苦労するかも知れない他の俳優らも心配だ。 結論的に知らず知らず'死角地帯'に追い出される俳優が痛ましい。

[TVデイリー 2012-04-29 21:09] 元記事はこちらから

※大事なくてなによりですが、いくらスケジュール過密だろうとせめて当日くらいは安静にして欲しいものです(>_<)

前からですがホントに事故多いなあ。カクシタルの助演方々お怪我の状態どうなっただろう。。。

 `ウンギョ`エッチな映画。...女性観客の割合71%
2012年04月29日 (日) | 編集 |
韓国映画 'ウンギョ `が`エッチな映画'という偏見を破り、3040女心をひきつけた。 `ウンギョ`はロリータ的なプロットで、体毛を醸すなど、エッチな映画に映る要素が多い。評価は青少年観覧不可だ。

よくこんな映画は、男性の観客の評価が高いと予想するか、実際は違った。映画ポータルサイトマックスムービーが `ウンギョ`の前売り観客を分析した結果、女性の割合が71%と圧倒的に高く現れた。年齢別では30代47%、40代以上28%、20代25%の順だった。

キム·ヒョンホマックスムービー室長は、 "露出論難が起きて、男性の観客は、主に映画を観覧すると予想したが、`ウンギョ `は30〜40代の女性観客が先頭に立っている"と述べ、 "ただし、男性の観客は、年齢が高いほど、より比重が高かった"と述べた。

キム室長はまた "女性強勢はチョン·ジウ監督の作品の特徴でもある"としながら "他の男性監督作品とは違い、女性キャラクターの比重が高く、演出が繊細だという特徴が反映されたものとみられる"と分析した。

チョン·ジウ監督は、実際にも長い期間、女性観客の信頼を受けてきた。 2005年 '親知らず'(女性69%)、2008年 `モダンボーイ '(女性58%)も男性よりは女性観客が多かった。顕著な変化は、40代以上の観客が急増し増えたということ。 `親知らず` 5%、 'モダンボーイ' 11%に過ぎなかった40代以上の観客の割合が `ウンギョ`から28%へと倍以上に跳ね上がった。

[イーデイリー 2012-04-27 17:12] 元記事はこちらから

20120429-1.jpg 20120429-2.jpg
▲マックスムービーが調査して発表した `ウンギョ`前売り観客性別/年齢別分布。 30代の女性観客の割合が35.7%で最も高かった。

※これなら見にいきやすそうだ(笑)。

 韓流スター見に来た海外ファンで百想芸術大賞'揺れる'
2012年04月28日 (土) | 編集 |
百想芸術大賞に集まった韓流スターを見るための海外ファンたちの足取りが続いた。

26日ソウル、松坡区、芳夷洞、オリンピック公園オリンピックホールでは第48回ハイウォン百想芸術大賞授賞式が開かれた。

この日授賞式にはパク・ユチョン、チャン・グンソク、イ・ビョンホンなど韓流スターが大挙参加した。 これらが登場する時ごとに海外ファンたちは大きい声で自身が好むスターの名前を呼んで授賞式と一緒にした。

この日各部門男女新人演技賞授賞者で出たパクユチョンが舞台に上がるとすぐにファンたちは熱い反応を見せた。 特にパクユチョンが"私の弟のユファンが(新人賞を)取ったら良いだろう"と話した後、前面に座っているパクユファンに"まだ君が取るには早いようだ"と話すとすぐに授賞式場に大きい笑いが出てきた。 これに何の状況かわからない海外ファンたちは韓国語が可能なこと行の通訳を聞いて一歩遅れてよって笑う珍しい風景を見せることもした。

引き続き各部門人気賞受賞者のチャン・グンソクとパク・ユチョンが舞台に立った時も海外ファンたちは国内ファンたちと共に大きい歓呼を送ったし、祝い舞台を広げたCNBLUEの公演の時には共に歌を付いて歌って高まった韓流スターの人気を実感させた。

また、昨年'悪魔を見た'で映画部門大賞を受賞したイ・ビョンホンが大賞授賞者に出るとすぐに数多くのファンたちは大きい歓声を送った。

このように韓流スターを見るための数百人の日本ファンと中国ファンが百想芸術大賞授賞式場に参加したがそれに対する主宰側の準備は不十分だったのが残念として残った。

授賞式が始めた以後にも数十人の海外ファンたちが席を探したが座席整理にならなくて場内が騒々しかったこと。 結局臨機応変で何の座席や海外ファンを座らせることになる不明瞭な状況が広がったが彼らを統制するのは少数の人員らだけだった。

一方、この日百想芸術大賞はTV部門で'根深い木'が、映画部門で'犯罪との戦争'が大賞を受賞した。

[エクスポーツニュース 2012-04-27 11:57] 元記事はこちらから

※なにやら海外ペン絡みでもめたようで。。。どっかスカパーで日本語字幕で放送しないかなあ。

 チャン・グンソク、親しいオム・ソンモ結婚の便りに"事件になるとは"率直話し方
2012年04月28日 (土) | 編集 |
KBS 2TV月火ドラマ'愛の雨'(オ・スヨン脚本、ユン・ソクホ演出)に出演中の韓流スターチャン・グンソクが最近結婚の便りで話題になった懇意な友人オム・ソンモに対して言及した。

チャン・グンソクは27日午前11時ソウル、上水洞ユンスカラー'フォーシーズンハウス'で取材陣と会って"オム・ソンモが今回4才年上の女と結婚するという消息を聞いて'事件になったか?'と尋ねた。 もちろん本人は恋愛結婚だと主張した"としながら爆笑した。

オム・ソンモとの親密なよしみに対して彼は"中学校の時のような広告を撮って知ることになったが本当におもしろい兄だ"と話した。 しかし結婚式出席計画に対しては"その時も'愛の雨'撮影をしなければならないそうでユン監督様が置いて下さるかは分からない"として申し訳ない感情を表わした。

今年生涯初めて思春期を体験しているというチャン・グンソクは"夜に一緒に酒飲んで朝までクラブで遊んだ友人がますます就職をして、結婚考える姿と今の私の状況がかみ合わさりながら'私は何だろう?' 'いつまでこのようにジャージャー遊んでことにだけ及ぼして生きなければならないだろう?'という疑問を感じながら自分自身に対して見て回るところだ"と話した。

彼はもまた"人々が私に成功だけを強要しなかったら良いだろう。 そのまま若い俳優で認識すれば良い"という要請を付け加えることもした。

一方オム・ソンモは来月26日ソウル、獎忠洞パニャントゥリホテルで4才年上の有名大企業高位役員娘と結婚式を挙げる。 彼の結婚式にはチャン・グンソクをはじめとしてチュ・ジフン、コン・ヒョンジンなどスターが参加する予定だと知らされた。

[TVリポート 2012-04-27 14:36]  元記事はこちらから

20120427-4.jpg

※グンソクくんが来るとなったら結婚式会場すごいギャラリーになるんだろうなあ。(ジフニも来るかもだし!)

やっぱりここまで~。

 オム・テウン・イ・ジュニョク"列島新韓類!"
2012年04月28日 (土) | 編集 |
'赤道男'日本版権輸出最終仕上げ…作品性認定成果

オム・テウンとイ・ジュニョクが韓流俳優隊列に上る。

オム・テウン、イ・ジュニョク主演のKBS 2TV水・木ミニシリーズ'赤道の男'(脚本キム・イニョン・演出キム・ヨンス)が日本テレビ劇場で電波に乗る展望だ。 '赤道の男'の製作会社のパン・エンターテインメント側は日本版権輸出を置いて最終整理段階に入り込んだ。

'赤道の男'のある関係者は26日スポーツ韓国に"日本側と版権輸出議論が行き来したのはかなりなった"として"細部的な条件を全部整理して最後の調整段階だ"と明らかにした。

国内ドラマの韓流熱風は昨日今日のことではない。 KBS 2TV月火ミニシリーズ'愛の雨',SBS水・木ミニシリーズ'屋根裏部屋の皇太子'など現在の放送中である作品らも海外市場の関心を受けている。

'赤道の男'はチャン・グンソク、パク・ユチョンなど名実共に韓流スターやユン・ソクホPDのような韓流監督の波及効果なしで成し遂げた結果と目を引く。 この関係者は"他の作品の出演俳優と比較して韓流スターとして認知度も低い方でロマンチックコメディや史劇のように視聴者の消費力が高いジャンルでもなかった"と話した。 引き続き"希少性ある素材と俳優らの演技力、優れた演出が混ぜ合わせて意味ある成果を出したようだ"と分析した。

'赤道の男'はKBSドラマ'太陽の女'の男性バージョン。4年前放送された'太陽の女'もやはり日本をはじめとして台湾、中国で版権を輸出した。 '太陽の女'に対する期待が'赤道の男'に続いた結果でもある。

'赤道の男'は劇中ソヌ(オム・テウン)とチャンイル(ジュンヒョク)の背信と復讐を描いた重たい作品だ。 成功に対する野望、愛に向かった欲望に捕われた二人の男の葛藤を見せている。 25日全国視聴率15.0%(AGBニールセンメディアリサーチ基準)を突破して水木ドラマ頂上席を固めた。

[スポーツ韓国 2012-04-27 08:06] 元記事はこちらから

20120427-3.jpg

※すごいなあ、激戦の水木ドラマで二週連続1位キープなんて。どこが購入したのか気になります~。

と、明日休みなのをいいことに(午後仕事だけど)夜更かししましたが今日はここまで~。

 '愛の雨'ユン・ソクホPD "'ウンギョ',映画化欲あった"
2012年04月28日 (土) | 編集 |
'愛の雨'のユン・ソクホPDが映画'ウンギョ'を映画化したかったと明らかにして目を引いている。

ユンPDは27日午後ソウル、麻浦区、上水洞KBS 2TV月火ドラマ'愛の雨'撮影会場近隣で取材陣と会ってこのような事実を打ち明けた。

この日ユンPDは'愛の雨'で20代と50代、二世代のそれぞれ違ったロマンスを同時に描く理由を尋ねるとすぐに"20代らのように中年も美しい愛することができるとのことを見せてあげたかった。 それでイ・ミスク氏に美しい黄色いウサン島かぶせた。(笑い) 50代だがまだとても美しい俳優だ"と答えた。

各々中年と老年のロマンスを描いているという点で'愛の雨'と'ウンギョ'が類似できるのではないかという質問には"小説'ウンギョ'を見て映画化したいと考えた。 男たちのファンタジーをとてもよく描いた作品だ"として小説'ウンギョ'を絶賛した。

彼は引き続き"版権問い合わせのために電話までしたのにその時は版権が売れなかったといった。 だが、主人公イチョクヨを演技する俳優が当然浮び上がる俳優がなかった。 封切りした映画では高齢詩人役を若い俳優パク・ヘイル氏がすると聞いた"として映画に対する期待感を表わした。

一方'愛の雨'という父母の世代のイナ(チョン・ジニョン扮)とユニ(イ・ミスク扮),子供世代のジュン(チャン・グンソク扮)とハナ(ユナ扮)のそれぞれ違った愛の方式を描いて前世代を合わせるドラマで好評受けている。 毎週月、火曜日午後9時55分放送。

[OSEN 2012-04-27 15:23]  元記事はこちらから

20120427-2.jpg

※この記事見て真っ先やってみたらよかったのにって思った。ユンソクホPDは自分のスタイルを思いきり壊してみるといいのに。

なんか今日は愛雨記事ばかり目について(爆)。

 ユン・ソクホPD,'愛の雨'監督版DVD製作"70年代ロマンス入れること"
2012年04月28日 (土) | 編集 |
ドラマ'愛の雨'のユン・ソクホ監督が監督版DVDを製作する予定だと公開した。

27日午前ソウル、麻浦区、上水洞一帯で公開されたKBS 2TVドラマ'愛の雨'撮影現場でユン・ソクホ監督は"70年代の話が愛着がたくさん行く"として"テンポは遅いが心のきめを入れた話を再編集してDVDに入れたい"と明らかにした。

ドラマ'愛の雨'は70年代アナログ時代の純粋だった愛と2012年デジタル世代のトレンディーな愛を表わして時代と世代を超越した愛の本質を描いた作品、70年代愛を'遅さの美学'で入れようと思ったユン・ソクホ監督はこの日"70年代分量を10回分で作りたい欲があった"と打ち明けた。

"青春らの愛と中年の愛を等しく入れたかったです。 初めには中年分量に欲があって70年代を10部作で設けるつもりでした。 だが、結局4部作で編集しました。 美しく撮っておいた分量が多くてDVDには入れる予定です。"

彼は去る9月から12月まで4ヶ月間時々大邱啓明大を背景に70年代の愛の物語をとった。 彼は自ら"エネルギーをたくさん注いで撮影した"という程70年代ロマンスに愛着を見せた。

引き続き"テンポが遅いのは仕方ない。 今後もバカ正直に行くこと"としながら"この頃には時流に便乗するよりは私が作りたくて残したい作品を作るのに注力している"と打ち明けた。

"日本では大切な人に'冬のソナタ' DVDをプレゼントするといいます。 その中に含まれた情緒と音楽、映像を大事に保管するという意味でしょう。 今回のドラマも一度電波に乗って飛んで行くのではない、良い人々にプレゼントして永らく記憶に残る作品を作りたいですね。"

[ジョイニュース24 2012-04-27 16:57] 元記事はこちらから

※10部もやりたかったのか、、、なのに縮小してしかも不評ってしょんぼりでしたね。でもそのぶんDVDには未公開シーン満載と言うことで(爆)。

しかし秋の童話、冬ソナ以降ユンPD負け続けでいい加減そろそろ変革の時なのでは。

 '愛の雨'ユン・ソクホPD "4部を4ヶ月の間撮ったが視聴率が.."
2012年04月28日 (土) | 編集 |
ユン・ソクホPDがKBS2月火ミニシリーズ'愛の雨'の低調な視聴率に対して"率直に惜しい"と話した。 その一方で"4部を4ヶ月の間撮った。 4ヶ月ならばミニシリーズ一つ撮ることができる時間"としながら"そのような愛着を持ってドラマを撮影した"という情熱も同時に見えた。

ユン・ソクホPDは'秋の童話' '冬のソナタ'等感覚的なドラマを作って有名な演出家だ。 それで'愛の雨'も少なくない期待を買ったこと事実だ。 だが、現実は冷静だった。 ユン・ソクホPDの感性は速度感ある話展開を望む視聴者の食欲をひきつけることができなかった。 平均視聴率も5~6%台を行き来して苦戦中だ。

ユン・ソクホPDは27日午後ソウル弘大のあるスタジオで開かれたドラマ撮影現場で取材陣と会って"視聴率と関係なしで1970年代の大切な思い出らを復元したかった"とした。

"世の中がますます荒くなるでしょう。 それと共にドラマも刺激的に変わって行きましたし。 私が生まれつき感性的なドラマ演出に愛着があるが、ドラマ均衡感覚のためにもこういうドラマは必要だという使命感のようなのがありました。 それで映像も映画作業のように精魂を込めたし完成度もあると考えましたよ。 ところでドラマの中愛が片思いに言葉がなくてどんなことも広がらないから現代的な観点で苦しくて大きい共感を買うことができないことのようです。"

ユン・ソクホPDは'愛の雨'で静かな実験をした。 1970年代と2010年代の話を交差した。 その上にイ・ミスク、チョン・ジニョンの中年ロマンスも組み合わせた。 構造は多層的だったがこれは毒になった。

"普通のドラマよりはお話一つでずっと押しつけるのに'愛の雨'はそうではないでしょう。 時代別に新しいエピソードが始まるとそのような面で損害をこうむったことのようです。 1970年代初期が多少ルーズで関心をのがしたりもしましたし。"

だが、ユン・ソクホPDは"'愛の雨'の感性が好きになって下さる方々があるだけにずっと努力するだろう"と期待を頼んだ。

'愛の雨'という1970年代ソ・イナとキム・ユンヒ、2010年代ソ・ジュンとキム・ハナの他の愛方程式を備えると見せてくれた。 チャン・グンソクとユナが1人2役に出てくる。

[イーデイリー 2012-04-27 16:53] 元記事はこちらから

※4部に4ヶ月ってすごい(>_<) こだわりすぎ~。

 ユン・ソクホ監督"'愛の雨'低調な視聴率、序盤から当惑の連続"
2012年04月28日 (土) | 編集 |
KBS 2TV月火劇'愛の雨'(オ・スヨン脚本、ユン・ソクホ演出)ユン・ソクホ監督が低調な視聴率に対して物足りなさを表わした。

ユン監督は27日午前11時ソウル、上水洞ユンスカラー'フォーシーズンハウス'で取材陣と会って"視聴率が私の予想より本当にたくさん足りなくて放送序盤慌てて相変らず慌てている"と話し始めた。

'秋の童話' '冬のソナタ'オ・スヨン作家とユン・ソクホ監督の意気投合、韓流スターチャン・グンソク、少女時代、ユナの出会いで期待の中に去る3月26日初放送された'愛の雨'は去る24日放映分まで中盤部をすぎたが相変らず一桁数視聴率で苦戦中だ。

"放送前は視聴率が10~20%間はならないだろうか"と期待したというユン監督は"1970年代の話を4部まで見えたのが序盤進入に先入観を多くくれたようだ"として視聴率低調の原因が自身にあるということを打ち明けた。 "'愛の雨'に対して記者も放送会社も期待をたくさんしたが監督として申し訳ないのが多い"としながらぎこちなく笑った。

そうであるかと思えばユン・ソクホ監督は"'愛の雨'は後ほどDVDで人々にプレゼントしても恥ずかしくない作品になるべく周辺状況に揺れないで完成度あるようにさせるつもりだ"と覚悟を付け加えた。

[TVリポート 2012-04-27 14:06] 元記事はこちらから

※監督自身愛情を注いでこだわった70年代パートが視聴者離れの原因とは本人相当ショックだったろう。

 '愛の雨'ユン・ソクホ監督"低い視聴率、率直に失望した"
2012年04月28日 (土) | 編集 |
'愛の雨'演出は受け持っているユン・ソクホ監督が低い視聴率を言及した。

ユン・ソクホ監督は27日午後ソウル、麻浦、上水洞近隣で進行されたKBS 2TV月火ドラマ'愛の雨'(脚本オ・スヨン演出ユン・ソクホ製作ユンスカラー)現場公開で"低い視聴率に失望しはしなかったのか"という質問を受けた。

ユン監督は"率直に話して失望した。 私より俳優がさらに失望したこと"としながら"私の作品に出演した俳優が作品がうまくいってもう少し愛を受ければという心がある。 だが、今回はそうでなかった。 俳優らに申し訳ない心が大きい"と付け加えた。

引き続き"だが、新しい試みをした。 ある作品に1970年代、中年の愛、若い世代の愛など三つの話を表わすことに成功した。 構造的に徹夜したのだ"として"撮影は皆おもしろいようにしている"と満足感を伝えた。

一方'愛の雨'は1970年代のアナログ的愛と2012年トゥレンディな愛を同時に見せることによって変わらない愛の真正性を話している。

[マイデイリー 2012-04-27 14:24] 元記事はこちらから

※ユンPDが韓流スター製造機ではないのですが。

 チャン・グンソク"'愛の雨'がうまくいったら私はさらに意気揚揚だったこと"
2012年04月28日 (土) | 編集 |
韓流スターチャン・グンソクは今年生涯初めて思春期を経験しているとしながらかえって今が変化する機会とし自身をぐっとつかんだ。

チャン・グンソクは27日午前11時ソウル、上水洞ユンスカラー'フォーシーズンハウス'で取材陣と会って"人々が私に成功だけを強要しなければ良い。 ドラマ視聴率に対しても'日本ではあのようにうまく行くのに見て韓国では(人気)あまりないじゃないの?'と話さなかったら良いだろう"と話し始めた。

彼が現在の出演中のKBS 2TV月火ドラマ'愛の雨'とは'秋の童話' '冬のソナタ'オ・スヨン作家、ユン・ソクホ演出の出会い、韓流スターチャン・グンソク、少女時代、ユナの出演で話題を集めたが、中盤部まで放映された今でも一桁数視聴率で苦戦中だ。

チャン・グンソクは"それで昨年に日本、東京ドームで公演して、人気が爆発したという事実を媒体に知らせなかったらどれくらい良かっただろうかとこの頃後悔している。 そうしなかったとすれば人々も私をそのまま平凡な若い俳優で認識したはずなのに"としながらため息を吐いた。

彼は"そうするうちに人々が度々私を閉じ込めようとするようだ。 この状態で万一、次の作品もならなければ私が韓国で立つ場所がないと考えることになるかと思って心配だ"と話した。

そのような意味で今の危機がチャン・グンソクには自身を丈夫に確かめる機会になったわけだ。 チャン・グンソクは"'愛の雨'がうまくいったら私はさらに意気揚揚になっただろう"と話した。

チャン・グンソクは'愛の雨'が終われば自身を見て回るために、その国の文化を感じるためにインドに一人で旅行に出発する計画だ。 チョ・ソンヒ写真作家の推薦でインド旅行を考え中という彼は"作家姉が'君がインドに行けば住み続けても、一日も持ちこたえられないで逃げても二つのうち一つであること'と話したよ。 私もまたどうか気になってインドを選んだ"と説明した。

一方'愛の雨'は毎週月、火曜日午後9時55分KBS 2TVを通じて放送される。

[TVリポート 2012-04-27 15:03] 元記事はこちらから

 チャン・グンソク"私にいつも成功を強要することはやめてくれ"..なぜ?
2012年04月28日 (土) | 編集 |
俳優チャン・グンソクが本人に失敗を容認しない芸能家内外の雰囲気に対して多少負担になる内心を表わした。

チャン・グンソクは27日午後ソウル、麻浦区、上水洞KBS 2TV月火ドラマ'愛の雨'撮影会場近隣で取材陣と会ってドラマを撮影中である所感と作品に対する考えなどを虚心坦壊に打ち明けた。

この日彼は'愛の雨'の振るわない視聴率成績に対して話を交わした終わりに"人々が常に私に成功を強要しなかったら良いだろう"と断固として話した。

'愛の雨'はメロ巨匠ユン・ソクホPDと韓流スターチャン・グンソク、ユナの共同作業で大きい話題を集めたが本来視聴率成績は低調で物足りなさを買っている作品。 時代錯誤的なストーリーや比較的遅い展開速度などが指摘を受けて多くの視聴者たちの関心を集める力不足な状況だ。

チャン・グンソクは"今まで作品をしながら視聴率に対して大きく気を遣ったことがない"として"現場がおもしろくて一緒に作業する人々と呼吸が楽しくて(視聴率が低調だといっても)動揺しない"と話して毅然とした姿を見せた。

また"一つ必ず言いたいことは.. 人々が常に私に成功を強要しなかったら良いだろう。 ('愛の雨'が振るわないながら)私に対して韓日人気温度差とか、視聴率結果に対する話が出てきているとのことを分かる"として"だが、もう年齢26才に私がその全てのものらを全部すべて持たなければならないのか。 失敗もしてみて壊れてみたりもしなければならない年齢と考える。 私は今壊れてまた、新しく挑戦して生きている"として所信を表わした。

結局最高の韓流スターで注目されているけれど自らに対して今後もしなければならない経験と貰わなければならないことがさらに多い'青春'と表現して年齢にふさわしくない成熟した姿を表わした。

一方'愛の雨'は70年代と2012年現在を背景にジュン(チャン・グンソク扮)とハナ(ユナ扮),彼らの両親になったイナ(チョン・ジニョン扮)とユニ(イ・ミスク扮)の世代別2色ラブストーリーを描いている。 感覚的な演出と映像美、俳優らの演技力が等しく好評受けている中で視聴率反騰機会をのぞくところだ。

[OSEN 2012-04-27 14:11] 元記事はこちらから

※視聴率停滞はグンソクくんのせいじゃないけどつらいところだ。。。

 チャン・グンソク"突然の日本'グンチャン熱風',恐ろしかった"
2012年04月28日 (土) | 編集 |
俳優チャン・グンソクが日本列島に吹いている'グンチャン熱風'に対する率直な考えを伝えた。

チャン・グンソクは27日午後ソウル、麻浦、上水洞近隣で進行されたKBS 2TV月火ドラマ'愛の雨'(脚本オ・スヨン演出ユン・ソクホ)現場公開で"日本での人気が率直に恐ろしかった"と暗示した。

彼は"日本で昨年'グンチャン熱風'が吹いた。 だが、俳優よりエンターテイナー、スターのイメージが強くなった。 今回の'愛の雨'出演もやはり俳優としてチャン・グンソクのトゥレンディハン イメージでない違う姿をお見せしたくて選択した作品だ"と話した。

引き続き"日本で突然そうな人気を見て'このようにうまくいってもかまわないのだろうか'という心配ができた。 日本でうまくいったら'韓国ではいつうまくいくことだが' '早く韓国でも人気を呼べ'等の圧迫があった。 もう25才なのに負担が大きかった"と付け加えた。

また、彼は"昨年日本ツアーを取り除いては日程を定めないで気持ちをなだめることをしていると考える。 日本で人気を得たから安全に今のイメージで変化なしに活動するのは私と合わないようだ"として"もちろん失敗をしなければ良いが、失敗をしても私はまだ幼い私だ。 私のスタイルのとおり新しいことにずっと挑戦をしたい"と今後の計画を伝えた。

一方チャン・グンソクは現在の放送中の'愛の雨'で艶がないフォトグラファー立った役を担って熱演を広げていて、来る5月30日日本正規1集発売を控えている。

[マイデイリー 2012-04-27 14:38] 元記事はこちらから

 '愛の雨',★と製作スタッフ汗の雫で作る現場(総合)
2012年04月28日 (土) | 編集 |
俳優らの努力と製作スタッフの汗の雫で'愛の雨'が作られた。

KBS 2TV月火ドラマ'愛の雨'(脚本オ・スヨン演出ユン・ソクホ)が27日午後ソウル、麻浦区弘大近隣に位置した撮影会場を公開した。

この日劇中イ・ソノ(キム・シフ扮)のカフェ型病院'ホワイト ガーデン'が背景に、主演俳優チャン・グンソクとユナが真っ最中撮影中だった。 2人の俳優は撮影私は楽しく対話をして台詞を合わせてみながらも、本格的な撮影が入るとすぐに各々ソ・ジュンとチョン・ハナに完璧に没頭した。

ユン・ソクホ監督は俳優らに直接指導をするなど特有の繊細な演出をした。 他にも俳優らの没入、反射版入っている化粧を几帳面に取りまとめる製作陣など各々置かれた位置で心血を注いで一場面を撮影した。

撮影会場あちこちには製作スタッフの細心な部分が感じられた。 カフェ型病院という独特の雰囲気に合うように1階カフェには実際店をほうふつさせる程のメニュー、食べ物が配置されていた。

これと関連してユン・ソクホ監督はスターニュースに"ホワイトガーデン撮影会場はユンスカラー事務室を改造した。 弘大は皆騒々しくて繁華街を考えるかも知れないが、劇の雰囲気とよく似合って満足する。 他の所を行けば時間や違うものを顔色を見るべきなのに私たちの建物であるからそうしたのはない。 3年前に植えた白樺がすくすく育って美しい背景になってくれた"と話した。

また、ユン監督は"70年代、2012年、中年のロマンスまで初めて試みた部分らだった。 企画当時にはうまくいくと思った。 視聴率面で惜しいが、童話のような話を解いていくのは私の長所だ"と話した。

KBSドラマ局高位関係者もやはり"'愛の雨'は皆が期待した作品だった。 実際に結果が出て皆惜しんだが、頑張って撮影している。 雰囲気があまりにも良くて各自引き受けた分野で上手だ。 それでも作品自体に対して批判する人々はたくさんないから力が出る"と話した。

撮影会場周辺には日本ファンたちが静かに列をなしていた。 皆韓流スターチャン・グンソクとユナを見ようと集まったファンたちだった。 ドラマ製作関係者は"これらは深夜12時を越える夜が深い時間まで撮影が進行されても外に立って待つ"と話した。

撮影後チャン・グンソクは"視聴率は当然気になる。 ところが現場の雰囲気は非常に良くて'愛の雨'の場合は台本を先に受けてみたし、所属会社理事兄と多くの対話をした。 結論は一つであった。 日本で上手く行くと安全な道を行くよりは、私らしく冒険をしたかった。 大衆がご存知な'グンチャン'チャン・グンソクのピョンピョンはねるイメージを抜け出してまた他の姿の私をお見せしたかった"と話した。

ユナは"撮影会場の雰囲気は皆同じ年頃だと見ると良い。 '愛の雨'を通じてユン・ソクホ監督様の'ミューズ'で合流することになりうれしくて光栄だ。 劇中ママで出演するイ・ミスク先輩も気楽によくして、几帳面に演技指導をしてくれる。 これからたくさん習いたい"と話した。

一方'愛の雨'は1970年代と2012年を生きていく青春らの愛の物語を通じて時代と世代を超越した愛の本質を解きほぐす内容を入れた作品だ。

[スターニュース 2012-04-27 16:19] 元記事はこちらから

20120427-1.jpg

※グンソクくんのコメント"日本で上手く行くと安全な道を行くよりは、私らしく冒険をしたかった"、、、いろいろと思うところはあるようで。

 リュ・ドクファン‘神のクイズ3’でカムバック、新しいパートナーアン・ネサンと呼吸‘期待↑’
2012年04月27日 (金) | 編集 |
リュ・ドクファンが‘神のクイズ3’に帰ってくる。

来る5月20日初放送される予定のケーブルチャンネルOCNの‘神のクイズ3’の撮影が始まった。

‘神のクイズ3’は国内最初メディカル犯罪捜査劇を標ぼうしてエリート医者たちが迷宮に陥った疑問の死を追跡して稀貴病にからまったミステリーを解いていく過程を描き出したドラマで独特の素材と硬いストーリーでマニア層を作った。

特に自らを天才と呼ぶ生意気な変わり者天才医師ハンジヌ役のリュ・ドクファンは韓国の‘ハウス博士’と呼ばれて韓国ドラマに以前になかったキャラクターを誕生させた。

何より今回のシーズンにはリュ・ドクファンの新しいパートナーでアン・ネサンが合流して事件解決にあって動物的感覚を持った警察庁特殊捜査界ベテラン刑事ペテシク役を担って変化を予告している。

これに‘神のクイズ3’のカン・ヒジュンPDは“昨年8月シーズン2放映終了以後すぐに企画に入った‘神のクイズ2’が製作を始めた”として“撮影初日からリュ・ドクファン、アン・ネサンは珠玉のようなアドリブで撮影会場を受け付けてブラウン管出撃準備の信号弾を成功的に打ち上げた。 強烈なキャラクター胚胎式の登場でバーディームービーの新しい基準を提示する‘神のクイズ3’に多くの期待お願いする”として期待感を増幅させた。

一方‘神のクイズ3’は来る5月20日初放送を始め毎週日曜日午後11時電波に乗る予定だ。

[ファイナンシャルニュース 2012-04-19 15:06] 元記事はこちらから

20120426-6.jpg

※おおもう来月放送ですか! ちょっとドクファンくん大人っぽくなった?ますますチョスンウ氏化が進んだ感じ(爆)。アンネサン氏とのコンビもお似合いで萌え~。

セカンドシーズンのDVDが届く前にファースト観なきゃ(>_<)

 [単独インタビュー]オム・ソンモ“4才年上と結婚します”
2012年04月27日 (金) | 編集 |
俳優オム・ソンモ(27)が来る5月26日ソウル、獎忠洞パニャントゥリホテルで結婚式を挙げる。 オム・ソンモは25日'日刊スポーツ'の単独報道で結婚の便りが知らされながら熱い関心を受けている。

2003年'同い年の家庭教師'でクォン・サンウの弟役にデビューした後'太極旗を翻して'(04)の末っ子学徒兵、'ファンサンボル'(04)・ドラマ'宮'(06)等に可愛い美少年キャラクターで登場して助演演技をした。 俳優履歴より目を引くのは医師家の子弟である点。 お父さんは全国各地に小児科専門病院をいくつ運営している小児科医師で実兄もやはりソウル、狎鴎亭洞で皮膚科を開院した専門医だ。オム・ソンモは25日午後日刊スポーツとの電話で"多くの方々が祝賀して下さるとうれしい"として"側近が新婦に対する情報を間違って伝達したようだ。 良い便りを正確に知らせたかった"と結婚を知らせた。

-新婦を紹介してくれ。

"パク氏性を持った4才年上の女性だ。 昨年知人の紹介で会うようになって結婚に達することになった。 現在のデザイン会社チェイプルレジョを運営している。 顔はもちろん気立てまできれいだ。 結婚関連記事で予備新婦の性がチョン氏で報道なったので正したかった。 予備義父様は有名大企業の高位役員とおられる。"

-芸能活動はたたんだことなのか。

"しない計画だ。 事業が適性に合うようだ。 予備新婦とともに事業を構想している。"

-結婚準備で忙しい。

"楽しい気持ちで準備中なのに今日はウェディング撮影をした。 まだ招待状は回さなかった。 予備新婦とともに家庭の形態を捕まえて行く時間がおもしろくて大切だ。 前に責任感ある強固な仮装になりたい。"

-知人たちに結婚の便りはどのように伝えたか。

"電話をしたり直接会えて知らせた。 良い便りだとはやく話したかった。 新しい人生が始まるようで毎日ドキドキする。"

[日刊スポーツ 2012-04-25 17:37] 元記事はこちらから

20120426-5.jpg

※俳優辞めて事業専念ですか~、それも人生。ジフニやウネちゃんには招待状出すのかな? 俳優として最後の晴れ舞台、多くの俳優仲間が集まることでしょう^^

今日もぜんぜんアップできんでしたが今日はここまで~。

 '愛の雨'チャン・グンソク、魔性復活"まさにグンチャンのよう!"
2012年04月27日 (金) | 編集 |
[キム・スジンの★共感]

'グンチャン'が復活した。

チャン・グンソクは放送中のKBS 2TVミニシリーズ'愛の雨'(演出ユン・ソクホ)で主役を演じて業界内外はもちろん日本などでも関心を集中させた。 韓流スターのチャン・グンソクの視聴率成績は期待以下であった。

'愛の雨'は放送序盤視聴率一桁数を記録して同時間帯最低という不名誉を抱いた。 20部作の'愛の雨'という去る24日まで総10回が電波に乗った。 ぴったり半分だ。 平均視聴率5.0%(視聴率調査会社AGBニールセンメディアリサーチ基準). 残念な結果にならざるをえない。 同時間帯視聴率1等のMBC '光と影'は平均視聴率20%だ。

'愛の雨'は70年代を背景に愛を成し遂げられない男女の子供が現代に会って愛することになるという内容. チャン・グンソクは劇中70年代と現代を行き来する1人2役を演技中だ。

'愛の雨'の期待以下視聴率に対してある者は4系シリーズの有名演出家のユン・ソクホ監督のラブストーリーが現代的な感覚で見る時は陳腐だで指摘して、ある者はチャン・グンソクが70年代模範生スタイルを演技することがぎこちないと不満をならべた。

理由がどうなろうと、'愛の雨'関係者たちもやはりこのような指摘に対してうなずいている。 当初70年代を5~6回までグリル予定だったが4回に減らした。 5回からは現代に越えてきたチャン・グンソクとユナの愛の物語が展開している。

70年代背景で休むときはクラシックその他を打って、学業に熱心な模範大学生を演技したチャン・グンソクは現代に越えてきては"私は腹をくくれば3秒内に異性をそそのかすことができる"という容貌指向的浮気者フォトグラファーに変わった。 無彩色のようだったチャン・グンソクがスモーク香りを吹きだす'グンチャン'の姿に戻ったという評価。 '言葉で人失脚大会'に出て行けば1等しそうな毒舌と傲慢さの極限状態アイコンだ。

"一度も誰かにときめいたことない私だったが君が良い。 なので出てきてつきあわなければならない"という手のつけられない状態式愛告白もドラマではよく受け入れられる。 すぐ女主人公ユナの心臓もびくっと落ちてしまったほどだ。

今やはじめて'およそ最高'同じだ。 20代を象徴する代表アイコンで大衆の愛を受けている魔性を持った彼の魅力が今やあらわれ始めたのだ。

'愛の雨'製作関係者は"70年代に対する共感が形成されないで退屈だという視聴者たちの指摘を受け入れ、5回からはチャン・グンソクの魅力がそのまま生き返る2012年で時代をジャンプした。 今やはじめてグンソクの真価が発揮されている"と伝えた。

'グンチャン'チャン・グンソクの魔性が復活したのにかかわらず、すでに一度奪われた視聴者たちの注目はたやすく帰ってこないでいる。 低調な視聴率が惜しいだけだと関係者たちのため息だけ深くなっているだけだ。

[スターニュース 2012-04-25 15:42] 元記事はこちらから

20120426-3.jpg 20120426-4.jpg

 '赤道の男'-'愛の雨',同じ出発他の歩み..なぜ?
2012年04月27日 (金) | 編集 |
‘赤道の男’と‘愛の雨’が相反した歩みを見せていて関心を集めている。

現在の放映中のKBS2水木ドラマ‘赤道の男(以下赤男)’が序盤不振を脱離して最近水木ドラマの強者に浮び上がった中で月火ドラマ‘愛の雨’という本来の席でぐるぐる回る視聴率で下落傾向を抜け出せずにいる。

先月21日初放送を始めた‘赤男’は視聴率7.7%(AGBニールセン提供、全国基準/以下同一)を記録して次週初放送された‘愛の雨’が記録した5.8%よりわずか1.9%pの前では出発をした。

しかし10回まで放送された現在‘赤男’は13%を、‘愛の雨’という5.6%を記録して二倍以上の差を現わしていること。

先に‘赤男’は序盤子役らを登場させて善友(オム・テウン扮、子役イ・ヒョヌ扮)がなぜ復讐しなければならないかを充分に理解させた後成人演技者を投入、高い緊張感をかもし出してその中で咲くロマンスを描き出して好評を得ている。

一緒にオム・テウン瞳孔演技、イ・ジュニョク足演技などの修飾語を作り出した俳優らの熱演と硬い台本は底力を発揮する要因の中の一つ。

特に‘赤男’は放送前子役が8回まで登場する予定だったが5回から成人演技者らを投じる果敢さを発揮してはずみをつけ始めた。

これはオム・テウンをはじめとする成人演技者が劇中ソヌが33才になる9回から投入される予定だったが大学生年齢になった5回から撮影を開始、オム・テウンが予定になかった視覚障害者演技を披露しながら視聴率上昇の踏み台を提供したわけだ。

反面‘愛の雨’は四季シリーズを演出したユン・ソクホPDの‘予想されるロマンス’を描き出したという評価を得て5%台視聴率に留まっている状況。

‘愛の雨’は1回から4回まで70年代キャンパス ロマンスを美しい映像美とともに描き出して既成世代の思い出を刺激させようとしたが陳腐だという評から抜け出すことができなかった。

その上5回からは韓流スターチャン・グンソクとユナが広げるぐつぐつある青春ロマンスをお目見えして反転を試みようとしたがまだこの両者に挟まったチョン・ジニョンとイ・ミスクの典型的なロマンスは視聴者たちの共感を買うには不足した感じだ。

これに一部では2012年の話が先に始まって70年代エピソードは中間中間回想するシーンで代替されたらはるかに産んでいないかという主張も提起されていることが事実。

しかし今やお互いの心を確認したジュン(チャン・グンソク扮)とハナ(ユナ扮)が自分たちのご両親のイナ(チョン・ジニョン扮)とユニ(イ・ミスク扮)がそのように切なく懐かしがった初恋という事実を知らずにいるのでまだ葛藤が始まらなかった‘愛の雨’が‘赤道’について底力を発揮する可能性も排除することはできない状況だ。

結局前にどんな葛藤でどんなロマンスとエピソードを作ることが出来るかに視聴者たちの反応もついて行くことになるという展望.

一方火花散る複数と葛藤を予告した‘赤道’は今日(25日)午後9時55分に放送される。

[ファイナンシャルニュース 2012-04-26 02:14] 元記事はこちらから

20120426-2.jpg


 [キム・ヒョジョンのああだこうだ]月火ドラマ'愛の雨'はなぜこのように人気がないですか?
2012年04月27日 (金) | 編集 |
KBS月火ドラマ'愛の雨'が典型的な愛構図を見せて人気を得られずにいる。

"'愛の雨'はなぜそのように人気がないんだって?" "ユン・ソクホ監督の感覚が2012年には通じないか?" "穏やかで美しい映像が私と雰囲気が合ったのに人々がたくさん見ないみたいだ?"

周辺の人々がこの頃たくさん投げる質問だ。 最高の韓流スターのチャン・グンソク、ユナ(少女時代)が主人公で登場して、'秋の童話' '冬のソナタ'のような韓流ドラマを作った監督であり韓国ドラマ界の代価で呼ばれるユン・ソクホ監督が指揮するKBS月火ドラマ'愛の雨'。 ところで派手な修飾語を付けた俳優と監督が出す視聴率成績表はみすぼらしい。 始めて一ヶ月がみななって行くのに相変らず視聴率4~5%から抜け出すことができない。 去る23日にはチャン・グンソクとユナのキス場面が3回も出てきて強力な視聴者誘惑作戦を広げたが、視聴率は相変らず5%台序盤だ。 視聴者の心をつかめなかったという意だ。

途方もない期待を抱いて出発した'愛の雨'。 まだ見せることが多くはあるが一月ほど過ぎた今までのみすぼらしい成績表は何のためであろうか? まず70年代両親世代愛を見せた序盤部を調べよう。 今年のはじめドラマ愛の雨撮影現場で記者はユン監督に会って"2012年に70年代の愛が果たして通じるか?"と尋ねたことがある。 ユン監督は"70年代や2012年や愛の本質は全く同じだ。 ときめいて震えて胸が痛がる愛の本質には誰でも共感できるだろう。 70年代式アナログ愛にさらに多く震えようとすることもできる"と答えた。

ユン監督の話を思い出させて'愛の雨'序盤部を熱心に見た。 ところでまったく集中することはできない。 '誰でも共感できる愛'といったが'愛の雨'の70年代の愛は'誰でも予想できる明らかな愛'だ。 70年代両親愛と2012年子供世代の愛を見せるこのドラマで製作スタッフは自ら監獄に閉じ込められた気がする。 二世代の愛を備えるために70年代愛はひどく苦しさを強調するようだ。 好む人手もまともにつかめなくて胸の内さえ表現をできなくて誤解して交錯する。

製作スタッフは"その当時にはそうだった"と弁解するかも知れないが本来70年代愛した世代に尋ねると"その時もこっそりとすることはすべてしただろう。 逸脱もして"という話をする。 テレビ番組が普通の人々さえついて行くことができなかったという話だ。

この頃見せる2012年式愛はどうか。 個性があふれて果敢な試みが可能な2012年さえ'愛の雨'で相変らず典型的だ。 ハナの一言にソジュンはすねて、ハナはソジュンが好きなミホを嫉妬して誤解する。 お母さんの一言に傷を受けたソジュンはハナに会ってキスをしながら傷ついた感情を慰められる。 すでに多くのドラマでみた習熟した設定で場面だ。

ユン監督はどの時代にでも愛の本質は全く同じだといった。 愛の本質は一つとしてもその方式と色は多様だ。 '愛の雨'だけが見せることができる特別な色の愛が必要だ。

[釜山日報 2012-04-26 08:00] 元記事はこちらから

20120426-1.jpg

 ‘ザ・キング’にイ・スンギだけいるか? チョジョンソクもいる!
2012年04月27日 (金) | 編集 |
ミュージカル俳優チョジョンソクが‘ザ・キング トゥハーツ’でカリスマとイ・ユンジに向かった切ない心まで見せて女心をまともに揺さぶっている。

序盤‘ザ・キング トゥハーツ’でイ・スンギとの強烈な対立構図で目で存在を知らせたとすれば、第2幕と共に始まったチョジョンソクはお父さんであり秘書室長イ・スンジェ(ウン・キュテ役)との葛藤が大きくなりながら、王イ・スンギに対する忠誠心を表わし始めて近衛中隊長‘ウンシギョン’の変化した姿を描いていった。 敵同士だったイ・スンギとチョジョンソクはますますお互いを信じて、頼って励ます姿で次第に関係が急速に良くなると、完全にイ・スンギ側に立てばで暖かくて義理あるそれこそ‘素敵な’ウンシギョンの姿を完全に消化して出している。

一緒にイジェシン(イユンジ扮)とのぐつぐつあるロマンスでチョジョンソクの魅力を精一杯発散して女性ファンらの心までひきつけている。 イ・ユンジが事故で病院に入院して苦しがるとすぐにチョジョンソクはこれを残念でどうすることができなかったし、去る18日放送された‘ザ・キング トゥハーツ’では下半身麻痺したイ・ユンジを慰めようとオウムをプレゼントして震える声ででたらめにしゃべる姿が描かれた。 これは彼女に向かった真心に充ちた心がそのまま視聴者たちに伝えられながら見る人々を胸が痛くさせていること。

このようにイ・ユンジに向かったチョジョンソクの姿は初々しかったし、純粋だったし、非常に率直に見えて、見る時ごとに女視聴者たちの胸をときめかせている。 さらにこのカップルは序盤‘城郭デート’でのチョジョンソクの話す言葉すべてするカリスマあふれる姿に反して、‘ザ・キング’第2幕での彼には彼女を慰める方法も分かる暖かい気立てを持った男という姿をまともにアピールしている。

去る25日放送された‘ザ・キング トゥハーツ’中チョジョンソクはより一層ぐつぐつした。 自身を殺そうとしたボンボンの顔を見てパニック状態に陥ったイ・ユンジを発見したチョジョンソクは“精神から整えて下さい。 私が誰ですか。 しっかりして私を見て下さい。 私が誰ですか!”とかわいそうな気持ちで彼女を落ち着かせようと努めた。 だが、イ・ユンジの心はなかなか沈まなかったし、これを見守ったウンシギョンは目がしらを赤らめると言葉なしに彼女を固く抱いた。

また、車椅子に乗ったイ・ユンジをベッドに移そうとするチョジョンソクはずっとぎこちない姿を見せた。 どのように移すべきかその方法を探せないまま周辺をぐるぐる回ってそわそわすると、苦しかったイ・ユンジが直接抱いて移してくれとしながら要求したし、これにチョジョンソクは彼女を用心深く抱く。 イ・ユンジが“ウンクマン考えただろう?”として彼をからかったし、チョジョンソクは“ありません。”と言い逃れて彼女を投げ飛ばす。 引き続きイ・ユンジは痛く感じながらも“儲けだ。 私寝る時までそこにあって。 恐ろしくてそうなの。”としてお願いするとすぐにチョジョンソクはふとんを必ず覆ってくれて最後まで席を守った。

それでもチョジョンソクがイ・ユンジとの甘いロマンスだけ見せたのではない。 イ・スンギが序盤世間知らずの姿を見せた時には手厳しく指摘したし、最近王としてまともに変化している姿には誰よりも満足に思った。 常にイ・スンギそばを守って近衛中隊長としてのカリスマある姿も絶対のがさないでいることだ。

このように二種類魅力を同時にアピールしているチョジョンソク。 一敵の面においては誰より自信あふれて強靭な姿を見せている彼は、愛の前では限りなく純粋で弱い姿を見せている。 イ・スンギ、ハ・ジウォン カップルに劣らずチョジョンソク、イ・ユンジ カップルに目移りしているのもこのような理由であろう。

ミュージカル俳優で硬い演技力を確かめたチョジョンソクは初めてのドラマ デビュー作‘ザ・キング トゥハーツ’で強靭だということと純粋さの差をよく混ぜ合わせて映画‘建築学概論’ ‘ナプトゥギ’の人気をまともに継続している。 ますます‘チョジョンソク’という俳優が目に映り始めると、最近では完璧な‘ウンシギョン’の姿を構築しながらドラマのまた他の在米要素で位置づけている。 分かれば分かるほど驚きに耐えなくという彼の魅力が果たしてどこまで起きるか心配していないわけにはいかなくさせていて、前につながるチョジョンソクが表現する‘ウンシギョン’の話に多くの期待をかける。

[レビュースター 2012-04-26 11:42] 元記事はこちらから

ss20120426-2.jpg

※ナプトゥギも最高だったけどシギョンも完璧~。上手い俳優さんだなあ、いつかミュージカルも観たい^^

 愛の雨視聴率低調、チャン・グンソク-ユナ責任を問うには気まずくて
2012年04月26日 (木) | 編集 |
‘愛の雨’が視聴率で苦戦をまぬがれないながら主演俳優チャン・グンソクとユナにも一定部分火の粉が飛び散る姿を見せている。 ‘愛の雨’は1回から10回まで視聴率が停滞状態だ。 5%台でなかなか抜け出せずにいる。

現在の状態で唯一追いつくことができる競争相手がいるならば視聴率9%台を記録しているSBS ‘ファッション王’程度だ。 MBC ‘光と影’は23%を越える視聴率を記録しながらすでに独走滞在を整えた状態だ。

ここで‘愛の雨’と‘光と影’は主視聴層が明確に違わざるをえないドラマだ。 ‘愛の雨’が10代と20代らの感性に合わせたとすれば、‘光と影’は40代以上の視聴者たちにさらに愛されることができる時代的背景を持っている。

問題は‘愛の雨’と主視聴層が重なるほかはない‘ファッション王’に大きい格差で視聴率が広がっている状況だ。 ‘愛の雨’にチャン・グンソクとユナがいるならば、‘ファッション王’にはユ・アインとイ・ジェフンそしてクォン・ユリが布陣している。 二つのドラマ全部若い視聴者たちが好むほどのキャスティングだ。

事情がこのようだからユナとは違いチャン・グンソクに対する評価が多様に出てきている。 理由はチャン・グンソクの場合、日本で最高の人気を謳歌する韓流スターだが、韓国での人気は日本程度で最上ではないという視線があるためだ。 したがって‘愛の雨’の視聴率のためにチャン・グンソクが攻撃を受けやすい構図になった。

だが違う考えをしてみればもし‘愛の雨’にチャン・グンソクでない他の俳優がキャスティングされたとすれば今より視聴率が上がったのだろうか? とする気がかりなことができることになる。 この質問に答を求めれば果たして‘愛の雨’視聴率不振がチャン・グンソクだけの問題なのか考えてみられるようにする。

最近ドラマ視聴率の場合、初期視聴率がだいぶ重要だ。 ほとんど同時間帯に放送されるドラマが固定的に3編以上毎にであることを勘案すれば、序盤競争で視聴者たちの目を引くことが重要だ。

もし序盤にさっと視聴者たちの目を引くことができないならば他競争ドラマと大きく視聴率格差が広がらなかった状態で維持しながら後半逆転を狙わなければならない。 序盤からとても大きく視聴率格差が広がれば追跡がだいぶ大変だということが定説だ。

ところで‘愛の雨’の場合、序盤視聴者たちの目を引くのに完全に失敗した。 理由はドラマで見せてくれた70年代感性がこの頃世代らに受け入れられないほかはない構造を持っている。 最高の純真で純真なほどの愛を見せることだけでこの頃のトレンドに追いつくことができないということだ。

特に序盤‘愛の雨’の感性はユン・ソクホPDが以前ドラマで見せてくれたのと似た線を維持した。 ユン・ソクホPDは<秋の童話> <冬のソナタ>の成功以後違う姿を見せることができなくて<夏の香り> <春のワルツ>が引き続き視聴率不振に苦しめられるようにした。 似た男女キャラクターを前に出して視聴者たちを攻略したのが視聴率不振の理由であった。

こういう攻略は最近何年間ずっと失敗をしてきたので‘愛の雨’で明らかに違った選択をするだろうという期待があった。 だが‘愛の雨’初回から過去失敗したドラマの感性をそのまま表わしながら視聴者たちの目を引くのに失敗した。 また、過去方式の二番煎じか? とする話を聞くほかはなかった。

いっそ‘愛の雨’を初めから現在のチャン・グンソクとユナを前面に押し出してチョン・ジニョンとイ・ミスクの理由を中間中間過去回想場面で処理することがより良い選択だったことという気がするようにする。 そうしたならばチャン・グンソクとユナの新世代魅力をまともに生かしながらチョン・ジニョンとイ・ミスクの愛もやはり充分に視聴者たちにまともに伝達できたためだ。

だが‘愛の雨’は序盤とても退屈にチョン・ジニョンとイ・ミスクの若い時期愛をチャン・グンソクとユナが見せながら戦略的な部分で失敗してしまった。 他の若い俳優がキャスティングされたといっても今と同じ状況から抜け出すのが容易でなかっただろう。

単純に‘愛の雨’の視聴率低調をチャン・グンソクとユナにだけ責任を消すには気まずい部分がある理由だ。

文:チェサンミン(ムービージョイ記者)

[ムービージョイ 2012-04-25] 元記事はこちらから

※別に目の敵にしているわけではないのですが韓流の現状を把握し曝すためにもこの手の記事は積極的にスクラップ~。愛雨の失敗は第二の冬ソナを求める日本の責任(影響)もあるのではと思われ。。。

やっぱり今日はここまでで~。

 [単独]俳優オム・ソンモ、4才年上パートナーと5月結婚
2012年04月26日 (木) | 編集 |
俳優オム・ソンモ(27)が来る5月結婚する。

オム・ソンモは5月26日ソウル、獎忠洞パニャントゥリーホテルで4才年上の一般人ガールフレンドと結婚式を挙げる。 予備新婦パク某(31)氏は昨年知人の紹介で会ったし恋人関係で過ごして結婚に達することになった。

オム・ソンモのお父さんは全国各地に小児科専門病院をいくつも運営している小児科医師だ。 実兄もやはりソウル、狎鴎亭洞で皮膚科を開院した専門医だ。

この日結婚式にはオム・ソンモと親しいのチャン・グンソク、チュ・ジフン、コン・ヒョンジンなどのスター軍団が参加する予定。

オム・ソンモはデビュー作'同い年の家庭教師'(03)でクォン・サンウの弟でありキム・ハヌルの新しい弟子で顔を知らせたし'太極旗を翻して'(04)では末っ子学徒兵駅に印象深い演技を披露した。 以後'ファンサンボル'(04)・ドラマ'宮'(06)等で可愛い美少年キャラクターで登場して助演演技をした。

[日刊スポーツ 2012-04-25 10:32] 元記事はこちらから

20120425-1.jpg

※これが最初のスクープ記事? しっかりジフニ参加予定って出てる(笑)。しかもグンソクくんもだなんて、今日のアクセス反応はこっちからかな(爆)。このたび過去記事見たらグンソクくんとは無二の親友だったんだった(こちら)、懐かしい写真たち~。イオンくんのお通夜には宮で共演のイソンジュンくんと一緒に来てくれたオムソンモくん(こちら)。今度は笑顔でF4集合できますね。後記事を楽しみにしよう。キョロンチュッカヘヨ~^^

しかし家族がお医者さまってリアルF4だ(笑)

 キム・ソヒョン、花乞食チュ・ジフンびっくり公開
2012年04月25日 (水) | 編集 |
子役俳優キム・ソヒョンが花乞食に変わったチュ・ジフンの姿を公開した。

キム・ソヒョンは24日自身のツイッターに"映画'私は王である'撮影中です。 私の三回目皇太子様とてもスタイリッシュなのではないのですか? たくさん愛して下さい"というツイートを残した。

引き続き"'太陽抱月'と'屋根裏部屋'世子嬪だった? ソヒョンです。 今年だけ三回目皇太子様と縁を結びますね。 今回の皇太子様は事情があって服装がちょっと…それでもサングラスまで着用して下さるセンスを…やはりチュ・ジフン皇太子様でしょう?"という文と共に二人が取った写真らを公開した。

写真の中二人は肩を組んだまま親兄弟姉妹のように親しい姿だ。 '私は王である'が王位に上がらなかった世宗が乞食と身分を変えて世の中を歩き回る話を描いただけ二人の姿はひねくれてだが、それよりさらに目につく容貌で視線をひきつけた。

特にチュ・ジフンの場合、乞食姿であるのにサングラスでおしゃれして隠すことはできないペショニスタ面目で目を引いた。

二人は映画'私は王である'で呼吸を合わせている。 今回の映画はチュ・ジフンの軍除隊以後復帰作であり初めての史劇出演、1人2役などで話題になった。

[マイデイリー 2012-04-24 15:29] 元記事はこちらから

20120424-6.jpg

※最新ジフニ、ソヒョンちゃんツイにあがってるのは知ってましたが記事にまで成ってるとは気づかず、お知らせありがとうございました~。しかしグラサン怪しい、フィンガー5の晃ですか?(爆)撮影順調なようで早く映像出てくるといいなあ。ジフニの王様ぶりを見るのが楽しみです。

うっかり寝入ってしまい地震のおかげでアップできた(爆)。
それでは二度寝~。


 ソン・トソプ、私は新羅男妓生だ…ミュージカル'風月主'
2012年04月25日 (水) | 編集 |
古代新羅。 男妓生が身分高い女たちに喜びを与えて接待をする所があったので、名付けて'ウンル'だ。 私の各々の理由を抱いてウンルでに集まった男たちを望むということと月の主人'風月主'と呼んだ。 お客さんを満足させることができなければその場で殺される可能性もある切ない存在らだ。

ウンルで最も人気が高い風月主の'ヨル'は血の色改革中である女王'真性'の絶対的な愛情を受ける。 だが、彼の心はウンルの同僚であり長い間の友人の'サダム'に向かっている。 真性はヨルに権力と天下を約束して入宮を命じる。 しかしヨルはサダムと落ちることができない。 これを知った真性はサダムを脅迫、二人を引き離そうとする。

ミュージカル'風月主'は新羅時代男妓生の話だ。 国仙とも称する風月主は新羅花郎道を導いた美少年男性親分だ。 ミュージカルはこのような歴史的事実に想像力を重ねて当てて階級を跳び越える男女間の愛、同性愛などを扱う。 本来18才以上観覧可を予想しただけに派手でけばけばしいといううわさが出回った。 しかし台詞や行動を隠喩的に変更、15才以上観覧可で観客らを迎える。

20120424-5.jpg

[READ MORE...]
 ミュージカル'風月主',練習現場公開…創作ミュージカルの手本
2012年04月25日 (水) | 編集 |
2012年創作ミュージカル話題の中心‘風月主’がベールを脱いだ。

4月24日午後ソウル市、鍾路区、東崇洞カルチャースペース エニュ練習室でミュージカル‘風月主’練習現場が公開された。

ミュージカル‘風月主’は新羅時代男妓生、風月のヨル、ヨルと格別の友情をわかちあうサダム、天下を持ったがヨルの心だけは持つことはできない真聖女王の交錯した愛、そして胸に響く切ない音楽で公演前から観客らの熱い関心を受けている作品だ。

練習室の外から聞こえてくる俳優らの歌の声はこれらの真剣さと情熱を感じるのに充分だった。 入った練習室には大学路最高の実力派俳優が位置していた。 ヨル役のソン・トソプとサダム役のキム・ジェボム、シンソンミンを筆頭にクウォンヨン、チェ・ユハ、キム・テジョン、ウォン・ジョンファン、イムジナ、シンミヨンなど大学路を揺れる俳優が練習に真っ最中だった。

この日練習現場公開で最も目を引く場面は第9章、ヨルに王の服を着せる真聖女王とこっそりと見守るサダム、入宮しないとするヨルと怒る真聖女王、惜しむウン葬儀互いに交錯した関係を表わす場面だ。 俳優らの熱演と美しくて切ないミュージカル ナンバーは本公演に対する期待感を生むものだった。

短い時間練習現場公開でのぞいたミュージカル‘風月主’という創作ミュージカルの手本のような作品だ。 交錯した心と死を越えた愛を表現する実力派俳優らに新鮮なコンテンツ、脳裏に残るミュージカル ナンバーは小劇場創作ミュージカルの興行歴史を新しく書くのに不足がない。

ヨル役の俳優ソン・トソプは“すでに来週ならばミュージカル‘風月主’が開幕だ。 熱心に練習していて、とてもよく出てくるようだ。 期待たくさんして下さるように願う”として要請の話を伝えた。

一方、ミュージカル‘風月主’という5月11日から7月29日までカルチャースペース エニュで幕を上げる。

[スポーツワールド 2012-04-24 16:18] 元記事はこちらから

20120424-4.jpg

 ‘愛の雨’は、なぜ美しいだけの味噌ドラマになったか
2012年04月24日 (火) | 編集 |
[芸能記者24時]

事実‘味噌女’と‘完璧女’の違いはわかってみれば紙一重の差だ。

誰が見ても美しい顔と女性らしいスタイルを持ったし、経済力まで豊かで名品百科派手な服も結構あまねく整えた。 どこへ行っても視線を圧倒するこの女性が自分だけの個性と内面の美しさまで持ったとすれば、それこそ‘完璧女’となる。

しかし、たった一つ、これらすべてのものを同一に整えても中身が不足している瞬間彼女は知れば知るほど飽きれる‘味噌女’に転落してしまう。 いっそ期待値が低かったとすれば失望もあまりしないはずなのに、残りがとても完璧なために‘味噌女’に対する相手の怒りは倍加されてしまう。

ユン・ソクホ監督のドラマ、‘愛の雨’がまさにそうだ。

20120424-1.jpg 20120424-2.jpg 20120424-3.jpg

[READ MORE...]
 リュジョンハン、後輩キムムヨル、チョジョンソクに"上手にしてミュージカルに帰ろう"
2012年04月24日 (火) | 編集 |
ミュージカル俳優で最上の席を守ってきたリュジョンハンが初めてのドラマ挑戦所感を明らかにした。

中央日報総合編成チャンネルJTBC新しい水木ドラマ<ラブ アゲイン>(脚本キム・ウニ、演出ファン・インレ)製作発表会が23日午後ソウル江南区、新寺洞長天アートホールで開かれた。 この席には演出を引き受けたファン・インレ監督と主要出演陣のキム・ジス、リュジョンハン、チェ・チョロ、イ・アヒョン、ユ・テウン、キム・ジングン、ユンイェヒが参加した。

<ジキルとハイド> <マンオブ ラ マンチャ> <モンテクリスト>等大作ミュージカルの初演俳優で存在感を誇ったリュジョンハンはその間媒体インタビューを通じて公然と"ドラマをしない"と強調したことがある。 そうした彼が心を変えたという事実が知らされてミュージカル ファンたちの間では物足りなさが混ざったため息が出てくることもした。

"ドラマ出演、悪口もたくさん言われたが...'人生勉強'という感じ"

それなら本人に聞いてみる番であった。 この日リュジョンハンは自身が心を変えることになった決定的な契機にファン・インレ監督を挙げた。 彼は"その間'ドラマをしない'と話したが(今回出演することにしながら) '君がすればロマンスで他人がすれば不倫か'として悪口もたくさん言われた"と暗示した。

引き続きリュジョンハンは"十分に出演する価値があると考えた"と話した。 演出者に対する信頼が厚いのみならず、同じ年頃の俳優と演技をする機会を逃すことができなかったとのことだ。 引き続きリュジョンハンは"その間大劇場で公演をたくさんして動作も大きくて負担になる演技をしたが今回の撮影を通じてディテールな部分をたくさん習うことができた"として"大変な決定だったが今の私にはとても役に立っている"と話した。

ドラマを撮影して視野が広くなったという話も共に取り出した。 リュジョンハンは"現場でその多くのスタッフがそのように動くとは想像もできなかった"として"私は本来ちょっとのろのろである方なのに、俳優が待機していて(撮影に入れば)すぐに演技するのを見ながら'人生気楽に生きた'という気がした"と打ち明けた。 引き続き"ドラマ撮影をしながら人生勉強をする感じで、これからより良い人になるようだ"として笑ってみせた。

だが、ミュージカルに対する愛情は相変わらずだった。 彼は"ここに(ドラマ)で悪口を言われないで行ってこそそちら側(ミュージカル)で私に失望した方が上手にしたと話すようだ"として意欲を表わした。 ミュージカル俳優出身でブラウン管とスクリーンを行き来して人気を得ている後輩キムムヨルやチョジョンソクを置いては"反対の立場になった"として"その友人が先に(出演)と私がするのだから、後倍加されただけ累を及ぼさないように上手にする"と言及することもした。

合わせてリュジョンハンは"共に公演した惜しむ後輩ら"としながら"ミュージカル ファンたちが'とても有名になれば舞台に立たないようだ'という心配をしているのに、どうせドラマや映画をするついでに立派に上手にしてまた戻ってファンたちに舞台を見せたらと思う望みがある"と付け加えた。

一方<ラブ アゲイン>は30年ぶりに一ヶ所に集まることになった中学校同窓が果たせなかった初恋に会っておきることを描くドラマだ。 日本ドラマ<同窓会:ラブ アゲイン症候群>をリメークした作品で来る25日午後8時45分に初放送される。

[オーマイニュース 2012-04-23 17:17] 元記事はこちらから

20120423-5.jpg 20120423-6.jpg
▲ 23日午後ソウル、新寺洞長天アートホールで開かれたJTBC水木ミニシリーズ<ラブ アゲイン>製作発表会で週刊誌編集長でありコラムリスト イ・テジン役の俳優チェ・チョロ、警察署強力1チーム長ソ・ヨンウク役の俳優リュジョンハン、江南奥様キム・ミヒ役の俳優イ・アヒョン、食堂の契約職職員イム・ジヒョン役の俳優キム・ジス、保険セールス パクソジュ役の俳優ユンイェヒ、国土海洋部都市計画チーム長キム・ウチョル役の俳優キム・ジングンが親しい姿でポーズを取っている。

※舞台はオーバーアクション基本だからディティールを学べるドラマ演技は今後の舞台のための勉強になりますよね、ファンもきっとわかってくれるはず。日本でも早めに見られるといいなあ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。