★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 チュ・ジフン"映画'アンティーク'を通じてミュージカル魅力感じて"
2011年11月30日 (水) | 編集 |
俳優チュ・ジフンがミュージカルに対する魅力を感じることになった契機が2008年作映画'西洋骨董洋菓子店アンティーク'(以下'アンティーク')だったと明らかにした。

30日ソウル、忠武路グランドアンバサダーホテルで進行されたミュージカル'ドクトルジバゴ'記者懇談会には桑の実ミュージカルカンパニーシン・ジュンス代表と主演俳優チュ・ジフンが参加した。

去る21日軍で除隊した彼は3年余ぶりにミュージカル'ドクトルジバゴ'に合流した。 チュ・ジフンのミュージカル挑戦は2009年'ドンジュアン',2010年'生命の航海'に続き今回が3番目だ。

ミュージカル'ドクトルジバゴ'というロシア革命激変期の生活を送った医師であり詩人だったユーリー・ジバゴの波瀾万丈な人生と愛を壮大なスケールで描いた作品.

劇中チュ・ジフンが引き受けたユーリー・ジバゴとはロシア革命期を生きてきた医師であり詩人だ。 道徳性と情熱の間で苦しむが紛らわしい時代で生き残った勇敢な生存者だ。

チュ・ジフンは"ミュージカルは'ドンジュアン'で始めたがミュージカルに対して関心を持ち始めたのは映画'アンティーク'を通じるからだ"として"映画ではたくさん含まれなかったけれどミュージカルシーンを撮りながら興味を持つようになった"と明らかにした。

引き続き"モデル出身だから基本的に舞台が好きで、ライブで演技をするということに対する魅力を感じた"として"また、とても全て長い間の時間練習にだけまい進するということに魅力がある"ともう一度ミュージカルを選択した理由を伝えた。

最後に彼は"軍ミュージカルを終わらせて着実にトレーニングを受けたし、二日前から本格的な練習に入った"として"命を賭けてしている"と説明して目を引いた。

ミュージカル'ドクトルジバゴ'は来る2012年1月27日から6月3日までシャーロッテアターで公演される。

[ジョイニュース24 2011-11-30 14:31] 元記事はこちらから

20111130-6.jpg 20111130-7.jpg

※「アンティーク」がきっかけなんて嬉しい(>_<)
スポンサーサイト

 チュ・ジフン“空白期以後強迫観念くびきから抜け出した”心境告白
2011年11月30日 (水) | 編集 |
俳優チュ・ジフンが軍除隊後強迫観念から自由になった心境を明らかにした。

チュ・ジフンは30日午後ソウル、中区、獎忠洞グランド アンバサダーソウル ホテルで開かれたミュージカル‘ドクトルジバゴ’記者懇談会に参加して“目を一つ閉じて浮かび上がったところ3年が過ぎ去った”として話し始めた。

チュ・ジフンは“2年余りの軍服務が長い時間だったら長い時間だったが、男ならばみな行く所に行ってきたことだけ”と毅然と話した。

彼は“その間三十を越えた。 以前には確信があったし方向を定めて走って行ったりした。 今でも幼いがその時はさらに幼かった。 目標というものに対して強迫観念が激しかったが今はそんなことにあってさらに楽になった”としながら“世の中をもう少し気楽に見ることになった。 関心行くお話も多くなった。 その間私が多作をする俳優ではなかったが、今は世の中に対する関心が多くなって見たら多作もしてみたかった”と話した。

引き続き“ファンたちに対する心も少し豊かになったようだ”として“以前にはひたすら演技だけがしたかった。 その時は現場でファンたちが訪ねてきたりすれば演技に集中をたくさんできなくて不便だった。 年齢も幼かったし経験もなかったためにそうしたようだ。 ところで今は集中力もたくさんできた。 ファンたちを見ながらさらに気楽に笑うことができて話し合うことができるようだ”と笑って話した。

また“軍服務をする間1年余り程度を一人でいた。 所属会社を整理してさっぱりした気持ちで軍隊を行った。 地下鉄に乗って出退勤もした。 軍隊に行きながら日常的なことをたくさん経験することになりながら、また、一歳一歳年を取りながら余裕ができたようだ”と付け加えた。

ファンたちを思い出させた彼は“以前にはファンたちの愛を全部受け入れれば私が己惚れられないだろうか心配になった”として“今私がしている一以上の待遇を望む姿勢にならないだろうか怖くなったのに、今は抜け出したようだ。 とてもファンたちに感謝して愛する”として一層豊かになった心境を伝えた。

2年余りの特戦司令部服務を終えて去る21日君剤対韓チュ・ジフンは来る2012年1月開幕するミュージカル‘ドクトルジバゴ’を通じて活動再開信号弾を撃つ。

ミュージカル‘ドクトルジバゴ’というノーベル文学賞を受けたロシアのボリス パステルナークの小説を原作にした作品で全体製作費が250億ウォンを越える途方もない規模と世界的なクリエーティブ チームの構成、そして全世界有名プロデューサーが製作した大作で大きい関心を集めた。

MBC TVドラマ‘宮’で韓国だけでなく日本と中国で大きい人気を得たチュ・ジフンはKBS 2TV ‘魔王’、映画‘キッチン’、‘西洋骨董洋菓子店アンティーク’等に出演してアジア全域で大きい人気を得た。

[TVリポート 2011-11-30 15:06] 元記事はこちらから

※既出内容ですが何度でも~。

 3年ぶりに復帰チュ・ジフン"一生返すことはできない借金をした"
2011年11月30日 (水) | 編集 |
[現場]軍除隊後初めての復帰作で<ドクトルジバゴ>を選択したチュ・ジフン

"その間出演した作品らでも、私の友人ら、家族らに一生返すことはできない借金をしたのを知っている。 久しぶりに見て笑っているけれど笑うのが笑うのではない。 長いならば長くて短いならば短い時間が流れたがずっと考えている。 そのような申し訳ない思いをみな混ぜ合わせて悩んで下ろした結論は今よりさらに熱心にして良い演技をお見せすること以外ない。 どんな謝罪や恩返しをするべきだとすれば本人が最も上手に出来ることにしなければならないようだ。 ミュージカルだけでなくこれからすべての作品で初めてデビューした時よりさらに熱心にするだろう"

俳優チュ・ジフンは2009年4月麻薬投薬疑惑で不拘束起訴されてファンたちに衝撃を抱かれた。 以後2010年2月に軍入隊をしたし2011年11月21日除隊した。 除隊以後初めての復帰作品でミュージカル<ドクトルジバゴ>を選択した。

20日午後2時ソウル、中区アンバサダーグランドホールルームでミュージカル<ドクトルジバゴ>でカムバックしたチュ・ジフンの記者懇談会が開かれた。 チュ・ジフンとシンジュンスプロデューサーが位置して取材陣らと質疑応答が続いた。

壇上に現れたチュ・ジフンは先に"軍隊で除隊して10日になった"として"除隊してからは大きく実感しはしなかったがこのようにフラッシュがたくさんさく烈するから復帰を実感する"と挨拶を伝えた。

-軍除隊以後復帰作で<ドクトルジバゴ>を選択した理由は

私が受けた台本中で最も共感をたくさん感じた作品だった。 <ドクトルジバゴ>の中にはひとりの人生が含まれている。 ドラマチックな要素があるがその中に私たち皆が共感できるひとりの人生観がよく含まれている。

-劇中で引き受けたユーリー・ジバゴ役に対する準備は。

医師でもしながら詩人でもある。 戦争を体験しながら軍医官で仕事をすることもした。 人生の波風をたくさん体験した人物なので共感行く部分が多かった。 時代の感性に合わないように弱い感性を持った人物で二字余り間で葛藤するメロもある。

-映画やドラマでなくミュージカルを選択したのが意外だ。 なぜミュージカルを選択したのか。 練習はどのようにしているのか。

ミュージカル<ドンジュアン>をしたことがあったが舞台の上でライブで演技をするということに対してとても大きい魅力を感じた。 とても全て長時間練習にまい進できるということがとても魅力的だった。 <ドンジュアン>の時8kgがおちた。 その程度で大変な作業なのに、その結果はとても良かった。 また、ミュージカルをして知人たちができて公演を見て歩いたが公演を見て見たら本当におもしろかった。 そうしたら陥ることになったし軍隊に行ってもミュージカルをすることになった。 そのように二つの作品のミュージカルをして見たらミュージカル台本が入ってくることになった。 もう私には演劇・ミュージカル・映画こういう区分の概念が消えた。 ミュージカルの選択が意外であることもあるが私は演技者で共感した作品を選択したのだ。

歌がとても重要な作業でそれも命を賭けてしているのに私は演技側にさらに比重を置いている。 歌もまた、意味がのせられた演技と考える。

- <ドクトルジバゴ>で一緒にダブルキャストで立ち向かうホン・グァンホとどんな差別点を置いて公演をお目見えするのか。

ホン・グァンホとは同年齢の友人だ。 こちら仕事をしながら二番目で会った同年齢の大切な友人だ。 ホングァンホの歌は同じ男が見ても途方もなく感動的でときめく。 差別化を置こうとしはしない。 一敵や学習に対して私は自尊心がない。 私がグァンホより歌ができないから習わなければならないようだ。 同じ俳優に歌を習うということは良いことであるようだ。 ホン・グァンホが私の他には誰にも歌を教えないだろう(笑い).

-除隊以後、三十を迎えた所感は。

以前にはどんなことらに対する確信があったし方向を定めて走って行く部分があった。 今でも幼いがその時はさらに幼かった。 その時は目標ということをとても重要だと考えたし強迫観念があった。 そのような部分で三十を越えながらもう少し楽になった。 もう少し世の中を広く見ることになったし関心行くお話が多くなった。 多作をする俳優ではないがこれからは以前より作品数が多くなるようだ。

-軍服務時期に力になったガールズグループは。

最も最近聞いた歌中ではプラウンアイドガールズの歌が良かった。 そのメンバーが私と年齢同じ年頃も合うようだ。 プラウンアイドガールズメンバーが本当に良い。

-最近ファンミーティングを開いた。 その間待ったファンたちに感謝した心を伝えようとするなら。

ファンたちに対する心も豊かになった。 以前には率直に演技だけしたかった。 その時は現場でファンたちが訪ねてきたり人々が集まっていてそれで集中をできなかった。 年齢も幼くて経験もなくてそうしたようだ。 今はその程度の集中力はできたようでファンたちに会いながら気楽に笑ってくれることができて気楽に対話をすることができるようだ。 ファンたちが私に送る心に対しても余裕ができた。 ファンたちにとても感謝して私のファンたちとても愛します。

チュ・ジフンが主演で出たミュージカル<ドクトルジバゴ>は1月27日ソウル シャーロッテシアターで初めて幕を上げる。 <ドクトルジバゴ>はミュージカル<ジャッジ・ポイズ>を演出したトニー賞2回受賞の演出家デス メガノプとミュージカル<シークレットガーデン>’で有名な作曲家ルーシー・サイモンなど世界的なクリエーターらと一緒にする。

[オーマイニュース 2011-11-30 15:03] 元記事はこちらから

 麻薬波紋その後…'人間'チュ・ジフンを振り返ってみる
2011年11月30日 (水) | 編集 |
俳優チュ・ジフンが麻薬波紋および軍服務による3年間の空白期に対する内心を打ち明けた。

チュ・ジフンは30日午後2時ソウル、中区グランド アンバサダーホテル グランド ボールルームで進行されたミュージカル‘ドクトルジバゴ’記者懇談会で3年間の空白期間の間変わった容貌を率直に明らかにした。

チュ・ジフンは2009年ミュージカル‘ドンジュアン’以後麻薬波紋から活動を暫定中断、執行猶予を宣告された後翌年の2010年初め軍入隊した。 20代後半を‘スター’でない‘人間’チュ・ジフンに送った彼は約3年ぶりのカムバックを控えて“長い時間だった”として過ぎた時間に対して口を開いた。

チュ・ジフンは“ファンたち家族らに一生返すことができない借金をしたとのことを知っている。 久しぶりだと笑ってはいるけれど、笑うのが笑うのではない”として“長いならば長くて短いならば短い時間だった。 すべての申し訳ないということと申し訳ない思いとすべての感情らを混ぜ合わせて下ろした結論は今よりさらに熱心にして良い演技をお見せすること以外ないと考える”と話した。

チュ・ジフンは“どんな謝罪や恩返しをするべきだとすれば、本人が最も上手に出来ることにするのが恩返しだと考える。 ミュージカルだけでなくどんな舞台でもデビューの時よりさらに熱心にするだろう。 意志でない、そのようにすでに変わっている。 本当に最善を尽くしているだろう”と話した。

チュ・ジフンは“もう30になったが 大いに変わったようだ。 以前にはもう少し確信があったし、方向を定めておいて走って行くのがあった。 今でも幼いがその時はさらに幼かったし目標ということをとても重要だと考える強迫観念があったが今はもう少し世の中を広く見ることになったし、世の中に対する関心もさらに多くできた”と話した。

彼を信じて待ったファンたちに対する心も一層豊かになった。 チュ・ジフンは“以前には何というか演技だけしたかった。 その時は年齢も幼かったし経験も不足して集中力が不足したようだが、今はファンたちにさらに気楽に笑うことができるようになったようだ”と話した。

チュ・ジフンは“軍服務の間1年余り程度前所属会社が整理されて一人でいた。 さっぱりした気持ちで軍隊を行ったし、軍ミュージカルする前にそのまま地下鉄に乗って通って多くの変化が起きた。 以前にも一人でよく通うほうだったが軍隊に行きながらさらに日常的な仕事に接することになった”として自然に変わることになった契機を説明した。

チュ・ジフンは“以前には(愛が)とても大きければ耐えられなくて少し背を向けていたのもなくはなかった。 これを受け入れれば私が自己満足に陥らないだろうかあるいは私がしていること以上のことを望むことにならないかと思うことに対する怖れになったのに今は一層安らかだった。 それでファンたちにはいつも感謝する”と話した。

ミュージカル‘ドクトルジバゴ’というロシア革命の中で波瀾万丈な生を送った医師兼容認有利千葉高の話を扱った作品で時代の激変期の中で芽生えた運命的な愛が観客の胸に深い感動をプレゼントする。

国内初演される‘ドクトルジバゴ’という米国有名プロデューサーアニタ・ワックスだけ、オーストラリア代表プロデューサージョン・フロストと桑の実ミュージカルカンパニー代表のシンジュンスプロデューサーが意気投合したグローバル プロジェクトだ。 トニー賞2回受賞に光る演出家トニーメガノプが演出を引き受けた。

ユーリー・ジバゴ役にはチュ・ジフンとミュージカル スターホン・グァンホがダブル キャスティングされた。 彼の女性ララ役はキム・ジウ、チョンミドが落下点なったしパシャ役はカンピルソクが、トゥニャ役はチェ・ヒョンジュが引き受ける。

ミュージカル‘ドクトルジバゴ’は2012年1月27日から6月3日までシャーロッテシアターで公演される。

[毎日経済 2011-11-30 15:18:08] 元記事はこちらから

※ヨベクの呪縛が解けてようやく'人間'に;;

 ‘ドクトルジバゴ’チュ・ジフン“ミュージカルをしてジャンルに対する壁消えて”
2011年11月30日 (水) | 編集 |
俳優チュ・ジフンがミュージカルに対する愛情を表わした。

チュ・ジフンは11月30日午後2時ソウル、獎忠洞グランドアナサダーホテル グランド ボールルームで開かれたミュージカル‘ドクトルジバゴ’記者懇談会に参加して“‘ドンジュアン’で始めてミュージカルらをしてきた”として“当時までしてもミュージカルに対する事前情報や興味がなかった”と率直に話した。

彼は引き続き“その時はとても幼かったし映画に関心が多かった。 偶然に‘ドンジュアン’をしたがライブで演技をするということにものすごい魅力を感じた”として“特に練習を長い間の時間の間するということに魅力があった。 大変な作業の末に感じる喜びがとても良かった”と笑って見せた。

チュ・ジフンはまた“ミュージカルをしていると知人たちができてますますおもしろくなったよ。 そうしたら自らジャンルに対する枠がなくなった”として“‘カムバック作がミュージカルというものが意外’という話は理解されるが大きい枠組みで見れば演技者とか演技するのは当然だ”と付け加えた。

彼は最後に“今後もミュージカルは継続するだろう。 既にしたことより熟達にならなくて現在最善を尽くしている”として“二日前からは命かけて音楽練習をしている”と笑ってみせた。

一方米国のアニタ・ワックスマン、韓国のシンジュンス、オーストラリアのジョン・フロストのゼネラル パートナーシップを基盤とした最初プロジェクトの‘ドクトルジバゴ’というロシア革命の中で波瀾万丈な生を送った医師兼容認ユーリー・ジバゴの話で、来年1月27日シャーロッテシアターで初めての公演を開く。

[ヘラルド経済 2011-11-30 15:18] 元記事はこちらから

20111130-5.jpg

※今後もミュージカル継続するって^^

 'ドクトルジバゴ'復帰チュ・ジフン、"ファンの前で'プインプイン'はできないよ"
2011年11月30日 (水) | 編集 |
"はるかに(心が)楽になった。 世の中に対する関心もできた"

30日ソウル市、中区、獎忠洞に位置したグランド アンバサダーホテルでミュージカル'ドクトルジバゴ'の記者懇談会が進行された。 この日記者懇談会には主演に抜擢されたチュ・ジフンと桑の実ミュージカルカンパニーシン・ジュンス代表が参加した。

チュ・ジフンの復帰作ミュージカル'ドクトルジバゴ'というチュ・ジフンのキャスティングの便りが伝えられるとすぐに中国と日本ファンたちの関心を集中させていて韓国ミュージカルをアジア市場に知らせることができる良い機会で注目されている。

チュ・ジフンは軍除隊所感に対して"以前にはことに対する確信と目標、強迫観念があった。 ところで今は楽になって世の中を広く見ることになった"として"ファンたちに対する心も豊かになった"と話した。

引き続きチュ・ジフンは"以前には演技だけしたかった。 現場にファンたちが訪ねてくれば集中をできなかった"として"今はその程度の集中力はできた。 気楽に笑って対話をすることができる"と付け加えた。

また、チュ・ジフンは"ファンたちの愛がとても大きくなれば感動することはできなかった。 私がそれを受け入れれば己惚れないだろうかという考えであった。 それで外面もした"として"今はそのような心を一皮剥いだ。 ありがたく思う"と伝えた。

また、チュ・ジフンは最近進行されたファンミーティングでギターの演奏をしたことに対して"俳優キム・ジェウクに影響をたくさん受けた。 習ってファンたちの前で演奏したこと"としながら"ファンたちが'プインプイン'も要求したが、それはできなかったよ"と話して笑いをかもし出した。

一方ノーベル文学賞を受けたボリス パステルナークの小説を原作にした250億ウォン大作ミュージカル'ドクトルジバゴ'は去る2月オーストラリアで成功的なワールド プレミアを持った作品. 米国のアニタ・ワックスマン、韓国のシンジュンス、オーストラリアのジョン・フロストのゼネラル パートナーシップを基盤とした最初プロジェクトだ。 2012年1月27日シャーロッテシアターで公演。

[TVデイリー 2011-11-30 15:24] 元記事はこちらから

※やっぱりジェウクから教わったんだ(笑)。しかしプインプイン(뿌잉뿌잉)てなんだ・・・。

 ‘ドクトルジバゴ’シン・ジュンス代表“チュ・ジフン、舞台に対する情熱思ったより大きくて”
2011年11月30日 (水) | 編集 |
ミュージカル‘ドクトルジバゴ’のシン・ジュンス代表がチュ・ジフンを選択した理由を明らかにした。

シン代表は11月30日午後2時ソウル、獎忠洞グランドアンバサダー ホテル グランド ボールルームで開かれたミュージカル‘ドクトルジバゴ’記者懇談会に参加して“この作品をする前‘これからどんな俳優としたいか’という記者たちの質問にチュ・ジフンを取り上げ論じたことがある”と話した。

彼は引き続き“劇場で偶然にチュ・ジフンを見たが存在感があったよ。 だから舞台で一緒にしたら良いと考えた”として“‘ドクトルジバゴ’を決めながらたくさん考えてみたがチュ・ジフンがトオルッツォァルタ. 以後彼と本格的に話をしたが舞台を眺める情熱を感じた。 思ったより舞台に対する愛情と情熱があふれる俳優と考えた”と付け加えた。

シン代表はまた“常にミュージカルを準備する時同じ選択をしなかった。 新しい俳優に好奇心が多かった”として“チュ・ジフンはジバゴ役を確かに輝かせる俳優と考える。 とても期待されて興味深い作業になるだろう”と期待感を隠さなかった。

一方米国のアニタ・ワックスマン、韓国のシンジュンス、オーストラリアのジョン・フロストのゼネラル パートナーシップを基盤とした最初プロジェクトの‘ドクター千葉で’というロシア革命の中で波瀾万丈な生を送った医師兼容認ユーリー・ジバゴの話で、来年1月27日シャーロッテ シアターで初めての公演を開く。

[ヘラルド経済 2011-11-30 15:42] 元記事はこちらから

 チュ・ジフン“復帰作ミュージカル選択? 意外と考えなくて”
2011年11月30日 (水) | 編集 |
俳優チュ・ジフンが復帰作でミュージカル‘ドクトルジバゴ’を選択したことに対する率直な心境を伝えた。

チュ・ジフンは30日午後ソウル、中区、獎忠洞グランド アンバサダーソウル ホテルで開かれたミュージカル‘ドクトルジバゴ’記者懇談会に参加して“久しぶりに復帰する作品がミュージカルだと意外という反応に対しては私も感じる部分”と話し始めた。

チュ・ジフンは“もう少し大きい枠組みで作品をしてみたい”としながら“だが、映画とドラマを通じて演技を重点でしてきたので、あえて苦戦を置こうとするなら私は演技側から準備をしている。 歌もまた、音がのせられた演技と考えている”と話した。

彼は“ミュージカルをする私を意外と考えない”としながら“私がしたい作品をしていることだ。 代わりに出血するように練習している。 専門俳優らのように苛酷なトレーニングではないが、着実にミュージカル トレーニングをしてきた。 このために個人的にボーカル トレーニングも受けた”としてミュージカル俳優になるためのその間の努力を明らかにした。

引き続き“二日前から音楽練習に入った。 命を賭けてするほど難しい作業だ”としながら“舞台でライブで演技をするという点がミュージカルの魅力だ。 とても長時間演技にまい進することができるというのが大きい魅力に届いた。 去る2009年ミュージカル‘ドンジュアン’をしながら体重が8kgも減た程に大変だった。 忍耐が長くて使うほど実が甘くないか”としてミュージカルに対する愛着を表わした。

2年余りの特戦司令部服務を終えて去る21日軍を除隊したチュ・ジフンは来る2012年1月開幕するミュージカル‘ドクトルジバゴ’を通じて活動再開信号弾を撃つ。

ミュージカル‘ドクトルジバゴ’はノーベル文学賞を受けたロシアのボリス・パステルナークの小説を原作にした作品で全体製作費が250億ウォンを越える途方もない規模と世界的なクリエーティブ チームの構成、そして全世界有名プロデューサーが製作した大作で大きい関心を集めた。

MBC TVドラマ‘宮’で韓国だけでなく日本と中国で大きい人気を得たチュ・ジフンはKBS 2TV ‘魔王’、映画‘キッチン’、‘西洋骨董洋菓子店アンティーク’等に出演してアジア全域で大きい人気を得た。

[TVリポート 2011-11-30 15:46:47] 元記事はこちらから


 '麻薬波紋'チュ・ジフン"一生返すことができない借金"心境告白
2011年11月30日 (水) | 編集 |
2009年ふくらんだ麻薬波紋で大きい波紋を起こした俳優チュ・ジフン(29)が麻薬投薬と関連、初めての公式立場を明らかにした。

去る21日除隊したチュ・ジフンは30日開かれたミュージカル'ドクトルジバゴ'記者懇談会に参加して"一生返すことができない借金をしたようだ"と明らかにした。 彼は昨年イ・ジュンギとともに軍ミュージカル'生命の航海'に出演して観客と会ったが当時には軍服務中だったせいで本人の立場を明らかにする機会がなかった。

この日チュ・ジフンは"今笑うのが笑うのではない。 安らかな姿見せて差し上げるほかはない職業的苦衷を理解してあげられたら良いだろう。 何より周辺知人たちにも一生返すことはできない借金をしたようだ"と胸の内を見せた。

引き続き彼は"長いならば長くて、短いならば短い時間が流れた。 だが、ずっと考えた。 申し訳ない心と申し訳ない思い感情がいっぱいだが私が下ろした結論は今よりさらに熱心にして良い演技お見せしなければならないということだ"と長い間の悩みを打ち明けた。 ややもすると個人的な考えで利己的であることもあるがどんな謝罪や恩返しをするべきだとすれば自身が最も上手に出来ることにしなければならないと考えたということだ。 チュ・ジフンは"デビューの時よりさらに熱心に努力する"と新しい出発の覚悟を明らかにした。

チュ・ジフンの除隊後初めての作品のミュージカル'ドクトルジバゴ'というロシア革命激変期の生活を送った医師であり要人だったユーリー・ジバゴの波瀾万丈な人生と愛を描いた作品だ。 チュ・ジフンは主人公ジバゴ役を担って紛らわしい時代を編み出して道徳性と情熱の間で苦しむ人物を演技する。 'ドクトルジバゴ'という来る2012年1月27日から6月3日までシャーロッテシアターで公演される。

[スポーツソウル 2011-11-30 16:53] 元記事はこちらから

※時期尚早言いたくても言えなかったこと、ようやく話せることができてジフニもホッとしたでしょう;;

 ミュージカル'ドクトルジバゴ'復帰チュ・ジフン、余裕がある微笑しかし苦々しい心境
2011年11月30日 (水) | 編集 |
軍除隊後また社会に戻ったチュ・ジフンは明るかった。 彼の微笑では過去の麻薬事件も、復帰作選択で聞こえた雑音も想像されない余裕があるということがにじみ出た。

30日ソウル市、中区、獎忠洞に位置したグランドアンバサダーホテルでミュージカル'ドクトルジバゴ'の記者懇談会が進行された。 この日記者懇談会には主演に抜擢されたチュ・ジフンと桑の実ミュージカルカンパニーシン・ジュンス代表が参加した。

チュ・ジフンの復帰作ミュージカル'ドクトルジバゴ'はチュ・ジフンのキャスティングの便りが伝えられるとすぐに中国と日本ファンたちの関心を集中させていて韓国ミュージカルをアジア市場に知らせることができる良い機会で注目されている。

"笑っているけれど笑うのではない"チュ・ジフンは麻薬事件に対して流行歌の題名を引用して話し始めた。 チュ・ジフンは"今このように笑っているけれど笑うのではない。 (人々の前で)やむを得ず一番楽な姿を見せなければならない。 すべての申し訳ないということの感情らを悩んだ時出てきた結論は今より熱心にするべきだとの考えだった"として"私が利己的であることもある。 だが、謝罪と恩返しをしようとするなら私が最も上手に出来ることにするべきだと考えた"と復帰所感を物静かに明らかにした。

チュ・ジフンは先立って2009年4月麻薬投薬疑惑で不拘束起訴されてファンたちに衝撃を与えた。 彼はソウル 江南とイテウォンなどクラブでエクスタシーとケタミンを投薬した疑惑で摘発されて懲役6月に執行猶予1年社会奉仕120時間と追徴金336万ウォンを宣告されたし以後軍に入隊した。

軍ミュージカルでたまに便りを知らせた彼は当初SBSドラマ'大風樹'に復帰をすると知らされた、だが、ドラマの製作が全面取り消しされながら彼の復帰作に関心が傾いた状況。 彼が復帰作でミュージカルを選択した時人々はいぶかしいという反応を見せることもした。 これに対してチュ・ジフンは"とても簡単に言ってみれば、'ドクトルジバゴ'という私が受けた台本中に最も共感を感じた作品だ"と話した。

ある人の人生が一つの大きい事件に埋められないでかえって他の事件のサブテキストになって生きていくことになることにリアリティーを感じたと。 チュ・ジフンは主人公ユーリー・ジバゴが体験した人生の波風に対する共感と共に原作'ドクトルジバゴ'に対する後光もあったと告白した。

チュ・ジフンは"世の中の波風は皆の基準が違う。 私が分かることではすべての人々があくどい風浪に自分だけの船を出して生きていく。 ところで私も私だけのバラエティーある大きいことを体験した。 一瞬にデビューをしたことも同じ脈絡だ"として"そのために'ドクトルジバゴ'の台本でそのあらすじが持っている大きい事件の流れにまきこまれないで劇の核心を見ることができたようだ。 日常が大切だということが分かった"と伝えた。

また、チュ・ジフンは台本を読む瞬間波瀾万丈な人生と切ない愛の物語とともに作曲家ルーシー・サイモンの雄壮ながらも感性的で美しい旋律で成り立った音楽を聞いてすぐに出演を決心したと話した。

また、チュ・ジフンが引き受けたユーリー・ジバゴ役には最も歌が上手だと指折り数えられるホン・グァンホがダブル キャスティングされた。 チュ・ジフンは"(ホン)グァンホに歌を習う"と同年齢の友人との友情を誇示して"私はミュージカル俳優であってミュージカル歌手ではない。 歌が全く重要ではないということではないが歌もまた、音がのせられた演技と考えている。 既にしたドラマや映画に比べて熟達されていないので最善を尽くして練習している。 命を賭けてしている"と付け加えて今回の作品に臨む覚悟を示した。

一方ノーベル文学賞を受けたボリス・パステルナークの小説を原作にした250億ウォン大作ミュージカル'ドクトルジバゴ'という去る2月オーストラリアで成功的なワールド プレミアを持った作品. 米国のアニタ ワックスマン、韓国のシンジュンス、オーストラリアのジョン・フロストのゼネラル パートナーシップを基盤とした最初プロジェクトだ。 2012年1月27日から6月3日までシャーロッテシアターで公演。

[TVデイリー 2011-11-30 17:19] 元記事はこちらから

20111130-4.jpg

※"笑っているけれど笑うのではない"って歌詞の引用だったんですね。

 チュ・ジフン“すべての申し訳ないということ、演技で返す”心境告白
2011年11月30日 (水) | 編集 |
俳優チュ・ジフンが麻薬波紋に対して2年ぶりに率直な心境を明らかにした。

30日午後2時ソウル、中区グランドアンバサダーホテルで開かれたミュージカル‘ドクトルジバゴ’記者懇談会に参加したチュ・ジフンは“私がした作品らとファン、家族と友人らに一生返すことができない借金をしたことを知っている。 今笑っているけれど笑うのではない”と内心を表わした。

今回のミュージカル復帰が3年前ミュージカル‘ドンジュアン’に出演している間麻薬波紋で被害を与えたことに対する贖罪の意味ではないのかという質問に対して彼は“長いといえば長くて短いといえば短い時間が流れたがずっと考えていてそのすべての申し訳ないということをややもすると利己的であることもあると考えるが私が上手にできることで報いることが合うことと考えた。 さらに熱心にするつもりだ”と明らかにした。

2年間の軍服務を終えた82年生まれのチュ・ジフンは今年で30才になった。 以前と変わった点に対して彼は“30才になったがたくさん違ったようだ。 いやよく分からない。 このような点が変わったようだ。 以前には確信があったし方向を定めて走って行ったし目標に向かった強迫観念があった”として“だが、今は世の中をちょっとより広く見ることになった。 関心の行く話も多くなって多作するスタイルではないが色々な作品をするようだ”と差を説明した。

また“ファンたちに向かった心も余裕があるようになったようだ。 以前には演技だけしたい心が大きくてファンたちが訪ねてくれば集中できなかった。 経験も少なくて幼かったようだ。 ところで今はその程度の集中力ができてファンたちが現場を訪ねてきても気楽に笑って対話することができるようになったようだ”と微笑を浮かべた。

チュ・ジフンが主役を演じたミュージカル‘ドクトルジバゴ’というボリス・パステルナークの同名の長編小説を劇化した作品でロシア10月革命(ボルシェビキ革命、最初の社会主義革命)の中一人の男の愛と情熱を入れたロマンス代書史劇で2012年1月27日シャーロッテシアターでその幕を上げる。

[経済トゥデイ 2011-11-30 18:03] 元記事はこちらから


 チュ・ジフン、奈落で臥薪嘗胆…"演技で贖罪"
2011年11月30日 (水) | 編集 |
"長時間悩んだあげく結果を出しました。 私の中の申し訳ないということと申し訳ない思いを混ぜ合わせて今よりさらに熱心にするんです。 良い演技をお見せすること以外ないようです。"

2009年麻薬投薬疑惑で実刑を宣告されて演芸活動を中断した後入隊、最近転役してミュージカル'ドクトルジバゴ'でカムバックするタレント兼ミュージカル俳優チュ・ジフン(29)は30日"利己的であることもあるが謝罪をするべきだとすれば私が上手にできることで報いるのが良い道だと考える"と明らかにした。

20111130-1.jpg 20111130-2.jpg 20111130-3.jpg

[READ MORE...]
 チュ・ジフン、軍除隊後ファン2000人余りと初めてのファンミーティング"とても懐かしかったです"
2011年11月29日 (火) | 編集 |
'韓流スター'チュ・ジフンが軍除隊後初めて永らく待ち望んだファンたちに会った。

チュ・ジフンは去る27日ソウル某所で韓国をはじめとするアジア ファン2,000人余りが参加した中で進行されたファンミーティング'With you'で除隊後公式活動を始めた

この日ファンミーティングでチュ・ジフンは転役所感と共に近況を知らせて長時間待ったファンたちに感謝の挨拶を伝えた。 また、一度も公開されなかった個人所蔵用写真らを公開して入隊前と後を比較してみる時間を持って軍服務期間の間チュ・ジフンの安否を心配していたファンたちの心情をなだめた。

この日最も大きい呼応を得た時間は除隊後本格的な活動開始を控えたチュ・ジフンの悩み解決の時間だった。 明快な一行返事が書かれている'解決の本'が舞台で登場、ガールフレンドと結婚に対するファンたちの質問には"バカなことだ","能力の外のことだ"という愉快な返事で大きい笑いを抱かれてくれた。

特にこの日ファンミーティングのために休暇期間から時々準備してきたバンド公演をリリースして作品を通じては見られなかった歌とギター演奏実力を公開して拍手喝采を受けた。

チュ・ジフンは"軍服務期間の間人生に対する、そして演技に対する勉強を熱心にした"として"私の人生のシーズン2が始まっただけ他の考えなくて良い演技で皆さんにごあいさつするようにする"という覚悟を伝えた。

一方、2,000余ファンたちの熱い歓呼の中で成功的なファンミーティングを終えたチュ・ジフンは来年1月公演予定のミュージカル'ドクトルジバゴ'の練習に突入する予定だ。

[アジアトゥデイ 2011-11-28 17:49] 元記事はこちらから

20111128-11.jpg 20111128-12.jpg

※既出内容ですが記事タイトルにグッときて。ちなみにファンミ中、"とても懐かしかった"という表現があったかどうかあいまい。ヤバイ、記憶がとどまっているうちに殴り書きメモを解読せねばー(>_<)

というわけでこんな時間からですがイケるとこまで行ってみます! しばしお待ちを~

 [ステージ+] ‘伝説になってしまった男’チョ・スンウ
2011年11月28日 (月) | 編集 |
▲イ・ユジンの人物列伝

ミュージカル<ゾロ>チョ・スンウ、チョ・スンウは‘演技で歌’をする。 それが彼がミュージカル舞台で独歩的だと評価される理由だ。

チョ・スンウのミュージカル<ゾロ>を見た。

彼はジプシーの情熱にどっぷり浸かったクェナムになってフラメンコを追考、フェンシングを振り回して、ワイヤーにからだを任せたまま飛び回って‘3時間10分’という殺人的なランニングタイムの責任を負った。 <ゾロ>は興行要素をあまねく整えた作品だ。 2008年ウェストエンドで成功的な初演を終えた大作の上に名門の家柄子弟がさまよって英雄に新たに出るというストーリーもやはり国内観客らの記号に完全に一致する。 だが、実際に蓋を開けてみると<ゾロ>は漂流していた。

アクション、メロ、ドラマがまんべんなく配置されたがジャンル別結びが緩すぎて劇に集中するのが難しくて耳にささるミュージカル ナンバーの不在も惜しい。 ところでその時ごとにチョ・スンウがこの作品の英雄になってくれた。 ‘ゾロ’でなく‘俳優チョ・スンウ’自体を連想させるゴマ粒のようなセリフを投げて観客らの呼吸を指揮することだ。 チョ・スンウはいつのまにか観客を持って遊ぶことができる俳優になっていた。

率直にチョ・スンウがミュージカル俳優として完ぺきな条件を持ったのではない。

代わりにチョ・スンウはそのままチョ・スンウだ。 大部分のミュージカル俳優が舞台の上で‘演技と歌’をするならば、彼は‘演技で歌’をする。 それが映画よりミュージカルでチョ・スンウの存在が独歩的だと評価される理由だ。 彼は演技の呼吸を正確にからだに刻んだ後舞台に上がる。 おかげで歌を歌って演技をのがす失敗などは犯さない。 なので観客は単純に彼の歌でなく‘演技になった歌’にカタルシスを感じることだ。 動物的感覚を失わないのに作品とキャラクターにより爆発の高低を調節できるのはすぐにそのためだ。

特に転役直後また選択した<ジキルとハイド>はその爆発に頂点をつけた舞台であった。

ほとんどすべてのキャスティングで<ジキルとハイド>を見たがチョ・スンウを越える戦慄は感じることができなかった。 この程度でエネルギーを吐き出したのでしばらくミュージカルはしないのではないかと思った。 それで<ゾロ>のキャスティング消息を聞いた時は若干いぶかしかった。 <若きウェルテルの悩み> <ジキルとハイド> <ヘドゥウィク>等で‘悲哀’を入れた人物、ドラマを導いていく役割を担当したチョ・スンウであるからだ。

彼がエネルギーを注ぐのに‘ゾロ’という人物はとても断片的でないだろうか心配が先んじた。 だが、取り越し苦労であった。 チョ・スンウの登場に全員起立する観客らとそのような客席をほほえましく眺めるチョ・スンウの顔を見る瞬間、彼の英敏だということに鳥肌が立った。 彼は<ジキルとハイド>以上を見せてくれることができないことという周辺の憂慮を払拭させて、‘俳優チョ・スンウ’に向かった観客の忠誠度に確かに報いた。

<ゾロ>の導入部にこういう台詞が出てくる。 “このように魅力的でセクシーだが! 他の女たちはみな倒れて!”作品自体でだけ問い詰めれば倒れなくてこそ当然だが思わず彼の魅力に武装解除されてしまった。 キツネ(劇中‘Zorro’はスペイン語で‘キツネ’を意味する)のような俳優が作品を生かした。

[ムービーウイーク 2011-11-25] 元記事はこちらから

20111128-10.jpg

※今回の渡韓、ジフニファンミに続く第2の目的はチョZorro(韓国発音はジョロ・笑)鑑賞! 記事にもあるようにホント彼は‘演技で歌’う、あれはもう天晴れな"芸"ですね、芸達者! しかも今回歌って踊ってアクションあり体力的にも相当キツイはず。それをものともせずに客席を沸かせコミカルに、でも決めるところはバシっと決めて舞台を引っ張っていくカリスマ。ジキルハイドが頂点のはまり役かと思いきや無限に広がるチョスンウの魅力にすっかりメロメロで~、思わず一夜を共にしてもいいくらいに魅せられました(爆)。

先日放映もされた(知らなかった;;)韓国ミュージカル大賞での祝賀ステージ映像を下にしまいます~。

[READ MORE...]
 [特殊本②]オム・テウン-チュ・ウォン“侮れないアクション演技”
2011年11月28日 (月) | 編集 |
-アクションも取り除いて話すことはできない。 <本>シリーズで見た躍動感が<特殊本>でも感じられた。 強烈なアクションを作るために練習はどれくらいしたか?

オム・テウン:私が派手なアクション演技ができる俳優でなく、素晴らしく見えるよりは切迫するように見えたら良いだろう。(笑い)監督様がハンティング後でコンテを見せましたが、初めには‘どのようにこのように高いところで飛び降りるだろう?’といいながらびっくりした。 それで現場で本当に恐れながら飛び降りた場面もある。 屋上を飛び回って、橋の上で飛び降りるアクションは初めてなので恐れもでたが、何度かしてみると徐々に慣れたよ。

チュ・ウォン:男たちはそんなことがあるようだ。 映画で素敵なアクションをすれば素晴らしく見えて、少しあるとみられるのではないか? (笑い)初めにはそのように考えて撮影したが、実際アクション演技はそんなことなかったよ。 呼吸も重要で、負傷も注意しながら撮影しなければならなくて、アクション演技が甘いのではないというのを分かった。

-オム・テウン氏はドラマ<善徳女王>(MBC,2009)に出演しながら積んだアクション経験で助けをたくさん受けそうだけど?

オム・テウン:以前には私もチュ・ウォンが考えたように、素晴らしく見えたい心だけ先に感情のとおりして見たら相手を本当に殴ったりもしたし、呼吸を無視してぎこちないこともした。 ところでその感情や動作を記憶して見たら要領が活気だよ。 今回も建物の上で車で飛び降りる場面は直接したかったが結局スタント チームが代ったが、次には本当に挑戦してみたい。 何よりアクション映画に出演する理由はそれではないのか。 私がいつ一対多数で戦って勝ってみるか? 映画からがでなければ不可能なことであって。(笑い)

チュ・ウォン:合う。 事実派手なアクションではなくても映画の中でアクションをすること自体が快感だ。

-特に容疑者がリフト車に乗って警察と対立する場面は圧巻だった。

オム・テウン:その場面撮影してチュ・ウォンがケガしただろう?

チュ・ウォン:大きくケガしたのではなくて小道具銃に頭を搗いた。 何故その日雨も降って、また、建物が原形になっていて駆け足が大変だったが、上ではリフト車が降りてきて下では刑事が走っていく状況なので刑事1人が滑りながら銃で私の額を打った。 幸い大きい事故ではなかった。

オム・テウン:アラ、その時私が合わなかったのが幸いだっただろう。(笑い)

-<特殊本>は・ヨンサン撤去事態をモチーフにした作品だ。 映画後半部撤去反対デモ場面で腐敗した公権力に対する批判的な視線が映画の意図をよく見せるけれど。

オム・テウン:監督様がそのような話をした。 評論家が最後の場面を見て好みそうだと。 我を忘れて帰る現場では監督様が‘なぜそのような話をされるだろうか?’といぶかしかったが、それだけその場面に力を多く使われたようだ。 <特殊本>はジャンル的な快感もあるが、観客らに重たいメッセージも与えることができる映画だ。 まだ私たちの社会では定義が生きているというメッセージというか? 観客が映画的な快感も得て、心に残る余韻も一緒に取りまとめて行ったら良いだろう。

チュ・ウォン・ニュースを見れば現実で本当に話にもならないことが広がる時があって、腹が立つ時が多い。 映画を通じてもそのような悲劇的な現実に痛快にした部屋飛ばすことができたら良いだろう。 <特殊本>はそのようなために適当の映画だ。

-二人はこの映画で初めての呼吸を合わせたが、お互いに対する所感はどうなのか?

オム・テウン:チュ・ウォンは情熱がある後輩だ。 持って生まれた演技力もあって、そのような面で期待するところが大きい。 私ももう年を取ったためか時折後輩らに忠告や助言をする方なのに、悩みも聞き入れて女話をしながらくすくす笑う時もある。 チュ・ウォンは親しい友人のようながら可愛い弟だ。

チュ・ウォン:テウン兄は本当にすばらしい。 さっき写真撮影する時もそうで表情や語り口を見れば本当にプロフェッショナルだという気がする。 演技者でも立派だが兄としても頼りたい良い人だ。

-チュ・ウォン氏の悩みの相談をよく聞き入れるようだ?

オム・テウン:事実私がたくさんするほうだ。 ドラマ<烏鵲橋兄弟ら>(KBS2)現場に一度呼んでくれと言って、ユイちょっと会えるようにしてくれと。(笑い)

チュ・ウォン:ハハ。 私は兄に主に演技に関する悩みをたくさん相談するほうだ。

-オム・テウンがチュ・ウォンより劣勢肉や兄だ。 チュ・ウォンの年齢頃オム・テウンはどのように暮らしたか? これくらい真剣で分別がついた青年だったか?

オム・テウン:いや! 考えなしで遊んだ。(笑い)ところで顧みれば人は自分の年齢帯に必ずしなければならないことがあるようだ。 チュ・ウォンが年齢頃には熱心に仕事をするのも重要だが、考えなしで遊んだり、壊れてみたり、思考も打ってみて、収拾もしてみるのが必要だ。 ところでチュ・ウォンはそういうのをとてもしない。 幼かった時はとてもきれいな必要はないと考える。

-それなら人生先輩としてチュ・ウォンが今必ずすべきことに対してメントリングをするならば?

オム・テウン:私が生きてきた経験の中だけで話をすることとチュ・ウォンに適用することができるかないか分からないが、私はこの友人がもう少し熱烈に愛したら良いだろう。 後ほど年を取って何か追憶できるそのような愛。年を取れば人に会うのが難しいが、今チュ・ウォンの年齢には自身のからだを頭や意識で制御することはできない。 愛に対する欲求があれば押し進めるのが必要だ。 それが後ほど演技する時本質になったり。

チュ・ウォン:性格が小心な方なので愛も小心にするようだ。 他の人に傷ついて、私が損傷を与えるのがとても嫌いだ。 誰が私のために傷を受ければ胸が裂けるように痛い。

オム・テウン:そうしてはいけないというから。 本当にその時でなければできなくて。 後ほどには軽薄だとそうなの。(笑い)

チュ・ウォン:ゆっくり変えたい。 そして今は自ら緩くなりたかったり。

[ムービーウイーク 2011-11-28 11:09] 元記事はこちらから

20111128-8.jpg 20111128-9.jpg

※オムテウン氏は「特殊本」を撮りながら、インタビューを受けながら、「魔王」ジフニのことを思い出したりしたかな?わたしはしたよ。

ここでもジフニファンミ補足~。

「魔王」ED写真を見ながら当時の話で、みんなは悲しかったかもしれないけどとても寒くて二人くっついてと(笑)。テウン氏は性格も良くじゃれあってつかみ合いの写真なんかを撮ったり。

テウン氏と最近は?的な振りにジフニ、連絡先も知ってるし会いたいけれど、彼は照れ屋なので久しぶりに会っても「(落ち着かない様子で)やあ、ジフン久しぶりっ!あ、いや、じゃあっ」(ここジフニテウン氏のリアクションカラダ動かし物まねかわいい~)と去ってしまってと。

チュウォンくんともどもジフニとも交流続けて欲しいなあ(>_<)

 [特殊本①]オム・テウン-チュ・ウォン“冷静と情熱のトゥーカップス”
2011年11月28日 (月) | 編集 |
オム・テウンは熱くて、チュ・ウォンは冷たい。 <特殊本>で二人は極端の温度でスクリーンを熱い雰囲気にして、冷たく冷まして観客らを画面の中に吸い込む。 <特殊本>の存在感は柔らかいロマンチック コメディ映画が並んでいる劇場街で断然引き立って見える。

男性ホルモンがあふれるこの強烈な映画は韓国アクション映画の新しい進化という程恐るべき火力を吹き出す。 暴走する機関車のようにカリスマを爆発させるオム・テウンと冷徹な知性で鋭い容貌を誇示するチュ・ウォン. <特殊本>を導いた二人の男はこのように熱いということと冷たいということが共存する絶妙の相性を成し遂げた。

-映画をよく見た。 俳優が苦労多かったという考えが先に入ったよ。

オム・テウン:天気が寒い時撮影してちょっと大変なことはした。 それでも撮影前に運動をほどほどにして体力的には大丈夫だった。(笑い)

チュ・ウォン:撮影日程が少しギリギリに進行されて決まった時間中にとらなければならないという負担があった。 本当に我を忘れて撮影したようだ。

-<特殊本>は話法が印象的だ。 背後の人物を追跡する妙味が圧巻だったのに。

オム・テウン:その間数えた映画に出演した経験が少なかったが、<特殊本>シナリオを初めに見て吐きだした始めての言葉が‘きて、強い’であった。 その‘強い’という感じは犯人を追跡する過程で受けたようだ。 初めには典型的な刑事物だと考えたのに、ソンボム(オム・テウン)が事件を追跡しながら背後の人物を追う動線がとても印象的であったし、強いという感じを与えた。

チュ・ウォン:テウン先輩が話したように私やはりソンボムとホ・リョン(チュ・ウォン)が犯人を追跡する話自体に吸い込まれていった。 そしてその二人を囲んだ助演がドラマ的な部分を満たしてくれることができることという確信もあった。

-助演俳優が本当に優れて広い。

オム・テウン:演技ならば一本ずつする方々だとチュ・ウォンが負担がたくさんなったはずなのに、震えないで上手にした。(笑い)撮影しながらシナリオもずっと変わったし、現場でも変数が多かったが、(ソン)ドンイル兄やチョン・ジニョン先輩のような立派な方々があまりにも現場経験が多い方々だと大きい無理なしで撮影することができた。

チュ・ウォン:初めての主演の上に共に出演した先輩たちもすごいので負担が多かったが、とても安らかによくして感謝するだけだ。

-現場で見るとチュ・ウォン氏愛嬌が良かったのに、可愛気たくさん受けただろう。

チュ・ウォン:本来新人は私がこのように行動した時、‘先輩たちが嫌いならばどのようにするだろう?’こういう不安が多いが、<特殊本>現場にはそうしていなかったから、気楽だった。 先輩がこれはこのようにあれはあのようにとさせるより、私が演技するのに安らかな環境を作って頂いて過分だ。

オム・テウン:撮影現場に(イ)テイム氏のほか女優がなくて雰囲気がちょっと固かったが、チュ・ウォンが次第愛嬌も働かせて誠実で可愛気をたくさん受けた。(笑い)が友人が時々何を尋ねれば、‘そのまま君が処理して’とぶっきらぼうに話しても傷受けないで良く受け入れる性格なので先輩たちも好んだ。

-先輩がそのように言えば気に障るのではないか?

チュ・ウォン:そうではない。 本来私も無関心な方なので。(笑い)

オム・テウン:(笑い)この子がこうします。

-話自体をソンボムとホ・リョンが引っ張っていく構図なので二人が調子を合わせるのが重要だったと思うが、呼吸はどうだったか?

オム・テウン:ソンボムがぷつんと沸くスタイルならば、ホ・リョンは落ち着いて対処するタイプだ。 それで二人の温度が極端に分かれたのがもしかしたら呼吸によく連結されることができたようだ。 なぜ二つともとても熱かったり冷たければ映画の中で下剋上のように見られないか?(笑い)

チュ・ウォン:映画撮影経験が多くないので事実どのようにするべきか、呼吸が何かよく分からなかった。 それで先輩が演技する姿を注視しながら習うという考えで臨んだ。 本当に呼吸は私が上手にしてなるのでなく、相手俳優が演技する時それを後押しする演技から出るということを習った。

-ファン・ビョングク監督がオム・テウンは感情を節制する時の目つきが魅力的で、チュ・ウォンは切迫した状況に陥った時の目つきが印象的だと称賛がやかましかった。 そのような特徴が映画でよく表現されたようだ。

オム・テウン:監督様がそのような称賛をした? 現場では何のお言葉もしませんでしたが。(ハハ)そのように見て下さるとありがとう。

チュ・ウォン:ホ・リョンは必ず犯人を探さなければならない理由があるからさらに切迫しそうだという気がした。 事実演技する時、切迫するとのことをどのように表現するかに対して悩みが多かった。

-<特殊本>は刑事という存在を憐憫の感情で眺めるという特徴がある。 刑事という職業を持った、一人の人間の激しくてすさまじい足掻きが感じられた。 演技しながらそうした点をどのように表現したか?

オム・テウン:その間ドラマや映画で刑事を演技したことがあるが、今回はちょっと違った。 刑事という職業を持った人の存在に対して考えることになった。 映画撮影前に実際刑事らに会ってご飯も食べて酒も飲んで潜伏勤務も一緒に立ってみたが、刑事は本当に大変な職業だ。 特に犯人を捉える時ケガしたり死ぬこともできる危険な状況に対して人間的な負担もものすごく大きいようで。 幾日か一緒に過ごしてみるから本当にすごい方々という気がした。 私が感じたそのような感情が聖凡にちょっとにじみ出ていることだ。

チュ・ウォン:刑事と出る時から恐ろしさを感じない人でもないでしょうに、彼が選んだ‘職業’がひとりの勇気と責任を作るようだ。 映画に出てくる刑事と警察は特別な英雄でなくそうなるほかはない状況に陥った人々だと見る。

[ムービーウイーク 2011-11-28 11:09] 元記事はこちらから

20111128-6.jpg 20111128-7.jpg

※二人が表紙の最新号、当然ゲットしてきましたが内容まではわからずだったのに助かる~。でもなんか二人いいコンビでなんだか妬けるなあ。。。

オムテウン氏は走って飛んで殴り殴られ、クールな役のチュウォンくんも相当アクションやりますがこの手の役はジフニ向かなそう(失礼)。

 '特殊本','ワンドウギ'とらえてボックスオフィス1位固めた
2011年11月28日 (月) | 編集 |
封切り当日、5週連続ボックスオフィス1位'ワンドゥギ'をとらえてボックスオフィス1位に上がって話題を集めた映画'特殊本'(監督ファン・ビョングク)が封切り初めの週末累積スコア42万人余りを記録した。 'ワンドゥギ'が5週連続興行独走中である中で久しぶりにボックスオフィス1位を交替した新しい映画が現れて活気を帯びている。 最強特別捜査本部'特殊本'が24日封切り以後初めての週週末までボックスオフィス1位を固めた。

28日午前映画振興委員会統合コンピュータ・ネットワーク集計によれば'特殊ボン'は27日まで累積観客数41万9042人を記録して封切り初めの週末ボックスオフィス1位を無難に達成した。

前売りサイト マックスムービーによれば'特殊本'は前売り観客中20代の比率が35%、30代の比率もまた、35%を占めて2030世代に功を奏したことを立証した。 また'特殊本'は前売り観客中男性観客が44%、女性観客が56%の比率を見せて男女皆の選んだ選択と支持を受けていて、来る12月劇場街を主導すると期待されている。

'特殊本'のこのような結果はオム・テウンの前作'シラノ:恋愛操作団'の初めての週スコアを跳び越えた成績だと目を引く。 270万人余りの観客を動員した'シラノ:恋愛操作団'は当時'無籍者' 'レジデントイブル4:終わらなかった戦争3D'と正面対立して開封日だった9月16日から19日まで29万8722人の観客を引き込んだ。

反面'特殊本'の場合、開封日の24日から27日まで総40万2761人の観客を動員した状況. オム・テウンは'特殊本'で'シラノ:恋愛操作団'より10万人余りを越える初めての週興行成績を見せて'特殊本'の最終スコアに対する期待値を上昇させるということと同時に、チケット パワーを持った興行俳優であることを自ら証明するとみられている。

'特殊本'でオム・テウンと良い演技呼吸を見せて好評受けているチュ・ウォンもまた、成功的なスクリーン デビュー申告式を払うことになった。

封切り初めての週劇場街を占領した'特殊本'は現在の絶賛上映中であり興行に加速度を高めている。

[ジョイニュース24 2011-11-28 13:08] 元記事はこちらから

※とうとうトップを譲りましたか(>_<)
とかいってこの渡韓中チュウォン目当てに観客動員に1名貢献しましたが~(笑)。


20111128-5.jpg

初日は念願の「ワンドゥギ」、2日目は朝イチ「特殊本」を堪能しました~。
このテウン氏、なんだか「魔王」のカンオスまんま系な熱い刑事でスピンオフを見てるようでした(爆)ってことはチュウォンくんはジフニ~? にしてもどちらも台詞がわかればもっともっと楽しめたろうに、日本公開を楽しみに~;;

ひさびさまともな食事に~

 チュ・ジフン、除隊後最初の日程は'ファンたちとの出会い'
2011年11月28日 (月) | 編集 |
俳優チュ・ジフンが去る27日公式ファンミーティングを通じてアジア ファン2千人余りと除隊後初めての出会いを持った。

この日ファンミーティングでチュ・ジフンは転役所感と共に近況を伝えてただ一度も公開されなかった個人所蔵用写真らを公開してファンたちの大きい呼応を得た。 また、入隊前後を比較してみる時間を持って多様な軍生活エピソードを紹介した。

この日チュ・ジフンは明快な一行返事が書かれている‘解決の本’で悩み解決打破時間を持った。 ガールフレンドと結婚に対するファンたちの質問には“バカなこと” “能力の外のこと”という愉快な返事で大きい笑いを与えたし、ミュージカル<ドクトルジバゴ>成功を尋ねた質問には“確実に見える”という返事を出した。

また、チュ・ジフン クイズ正解者などには世の中にただ一つだけのケーキを直接作ってプレゼントしたし、即席写真撮影と抱擁でファンたちの心をときめくようにした。 特に、ファンミーティングのために時々準備したバンド公演をお目見えして歌とギター演奏実力を誇ることもした。

チュ・ジフンは“軍服務期間の間人生に対する、そして演技に対する勉強を熱心にした”と伝えて“私の人生のシーズン2が始まっただけ他の考えなくて良い演技で皆さんにごあいさつするようにする”という覚悟を伝えた。

一方、チュ・ジフンは来年1月公演されるミュージカル<ドクトルジバゴ>練習に突入する予定だ。

[朝鮮日報 2011-11-28 16:30] 元記事はこちらから

20111128-4.jpg

※まさかジフニがあんなにギター実力があるとは、ジェウクに相当特訓された!?(爆)
CDリリースの噂があるとかいう記事もあったけどまんざらではないかもなんて~。


ファンミ補足~。

個人所蔵の写真公開、パリや日本の六本木や名古屋から3時間かけて行った海、魔王やアンティーク撮影中の写真などなどそれぞれエピソード紹介しながら。たとえば魔王を撮った後肩を怪我して腕をつってる写真、、、ジフニの口から「みんなが心配すると思って当時はあまり言わなかったけれど」と、肩にねじがまだ6本入っていて、怪我をしたのは事実ですって(>_<)。ホントに心配したんだから。。。

あとアンティークの写真では撮影の合間に楽しく写真を撮ろうというのにジェウクはかっこつけてポーズをとったり憎たらしいやつですと。ジフニが除隊した日、ジェウクは始めての休暇でおめでとうと言ったとか(ジェウクに?)。ジフニからはジェウクに軍隊でのアドバイスを「明日は考えるな」って^^ 軍隊は長い、とても長いと、、、

ちょいちょい小出しに~(笑)

 '軍除隊後シーズン2'合ったチュ・ジフン...初めての行事でファンミーティング盛況
2011年11月28日 (月) | 編集 |
軍生活して時々積んだバンド実力お目見えして...
ミュージカル<ドクトルジバゴ>に復帰予定


俳優チュ・ジフンがファンミーティング'With you'で除隊後公式活動を始めた。

チュ・ジフンは去る27日ソウル某所で進行したファンミーティング1,2部で韓国をはじめとするアジア ファン2000人余りと共に楽しい思い出を作った。

この日ファンミーティングでチュ・ジフンは転役所感と共に近況を知らせて長時間待ったファンたちに感謝の挨拶を伝えた。 一度も公開されなかった個人所蔵用写真らを今回のファンミーティングで初めて公開してファンたちと共に日常を共有して大きい呼応を引き出した。

また、入隊前と後を比較してみる時間を持って軍服務期間の間チュ・ジフンの安否を心配していたファンたちの心情をなだめる一方、その他多様な軍生活エピソードを紹介した。

この日最も大きい呼応を得た時間は除隊後本格的な活動開始を控えているチュ・ジフンの悩み解決の時間だった。 明快な一行返事が書かれている'解決の本'が舞台で登場、ガールフレンドと結婚に対するファンたちの質問には"バカなことだ","能力の外のことだ"という愉快な返事で大きい笑いを抱かせる一方、ミュージカル<ドクトルジバゴ>の成功を尋ねた質問には"確実に見える"という返事でファンたちから熱い拍手を受けた。

また'チュ・ジフン クイズ'正解者などには多様な材料らで'世の中にただ一つだけのケーキ'を直接作ってプレゼントして、即席写真撮影と暖かい抱擁でファンたちの心をより一層ときめくようにした。

特にこの日ファンミーティングのために休暇期間から時々準備してきたバンド公演をお目見えして作品を通じては見られなかった歌とギター演奏実力を公開して拍手喝采を受けた。

チュ・ジフンは"軍服務期間の間人生に対する、そして演技に対する勉強を熱心にした"と伝えて"私の人生のシーズン2が始まっただけ、他の考えなくて良い演技で皆さんにごあいさつするようにする"という覚悟を伝えた。

一方、2000余ファンたちの熱い歓呼の中で成功的なファンミーティングを終えたチュ・ジフンは来年1月公演予定のミュージカル<ドクトルジバゴ>練習に突入する予定だ。

[オーマイニュース 2011-11-28 17:03] 元記事はこちらから

20111128-1.jpg 20111128-2.jpg 20111128-3.jpg

※帰国後一発目はやっぱりジフニ記事で~!
ファンミ中はもちろん(サプライズのフォトタイムは別ですが)会場内ロビーすら撮影禁止だったんでステージ全体写真は嬉しい(>_<)


ファンミの補足~

ジフニはこの写真のように終始笑顔で(決して作り笑顔でない)爽やかで凛々しくステージ中央で常に輝きを放ってました。こんな晴れの舞台は「生命の航海」は別にして何年ぶり? 本当に「戻ってきた」と実感。わたし自身ジフニを見たら泣いちゃうかと思ったけどまったくそんなことはなくて、嬉しくて、幸せで、そんな覚めない夢のようなひとときでした。

記事中の悩み解決の時間、「解決の本」という分厚い本の表紙に手のひらを合わせて悩みを念じええいという感じでページを開く、そこに書かれているのが答えなのですが、"結婚はできますか?"という質問、いまいち聞き取れずでわたしがメモった言葉は「幸運を持ってきてあげる」、、、変だなあ。。。

ミュージカル「ドクトルジバゴ」は成功するか?には「前進する時期だ」。これには会場から拍手~。でもジフニは冷静に、「ただの本ですよ」と、いい答えが出ても悪いのが出ても、僕は前に進みますと。うんうん、占いにどんなに悪く未来を予測されようともジフニなら自分の力でどうとでも変えていける。だっていまこの時を迎えることができたんだもん^^

レポもどきを続けてくと長くなっちゃうのでとりあえず次に~。

 チュ・ジフン3年ぶりに電撃カムバック、ミュージカル‘ドクトルジバゴ’なぜ選択したか
2011年11月24日 (木) | 編集 |
麻薬波紋後1年空白期間、2年軍服務をすっきりと終えたチュ・ジフンが3年ぶりに俳優で電撃カムバックする。

チュ・ジフンは自身のカムバック作で2012年1月27日シャーロッテシアターで開幕するミュージカル'ドクトルジバゴ(DOCTOR ZHIVAGO,A NEW MUSICAL)'だ。 ドラマ‘宮’で韓国だけでなく日本、中国で大きい人気を得て韓流スターで背伸びした習うから除隊を控えたチュ・ジフンが3年ぶりのカムバック作であり次期作でどんな作品を選択するのかは焦眉の関心事であった。

数多くのドラマ、映画関係者たちのラブコールを後にして復帰作で選んだ作品はすぐにミュージカル'ドクトルジバゴ'だ。

関係者によればチュ・ジフンは初めて'ドクトルジバゴ'台本を読む瞬間主人公ユーリー・ジバゴの波瀾万丈な人生と切ない愛の物語に大きく共感した。 作曲家ルーシー、サイモン(Lucy Simon)の雄壮ながらも感性的で美しい旋律で成り立った音楽を聞いてすぐに出演を決心したと。

実際に出演作品を悩む時話が心より心に届くかを重要だと考えるというチュ・ジフンが復帰作でドラマや映画よりミュージカル舞台を選択した理由はまさに'ドクトルジバゴ'作品それ自体にあることだ。

一方去る22日あった'ドクトルジバゴ'製作発表会現場でプロデューサーシンジュンス(桑の実ミュージカルカンパニー代表)は“チュ・ジフンは新しい魅力を持った俳優だ。 知人の紹介で会ったチュ・ジフンを見るやいなや彼の舞台に対する情熱を読んだ"として"本人が多い準備をしていた"と前年チュ・ジフン キャスティングに対する期待感を高めた。

ミュージカル‘ドンジュアン’と‘生命の航海’を通じてミュージカル俳優としての可能性を認められた彼は時々ボーカル レッスンを受けるなどミュージカルに向かった変わりない情熱を表わした。 だから今回の舞台では一層さらに成熟した演技と安定したボーカルをお目見えする予定、

音楽を聞くほど作品に対する愛情が深くなると明らかにしたチュ・ジフンは自身が持っている個性と長所を生かしてチュ・ジフンだけの有利千葉高を作るという決心を伝えて役割に対する愛情と作品に対する意志を見せてくれた。

キャスティングの便りと共に言論だけでなく中国、日本ファンたちの関心を注目させる彼が果たして今回の舞台でどんな新しい姿を見せるかは耳目が集中している。 去る21日転役したチュ・ジフンは直ちに'ドクトルジバゴ'練習に合流したし11月30日記者懇談会を通じて除隊後初めての公式席上に姿を表わす。

[ニュースエン 2011-11-24 16:19:18] 元記事はこちらから

※ジフニが復帰作として真っ先に選んだミュージカル、この目でしかと記憶したい!

 '揺らぐとバタン'悪材料で滅びた歴代ドラマたち
2011年11月24日 (木) | 編集 |
'きーきー当てると結局バタン~'

ドラマは数百人の汗が入る共同作業だ。 キャスティングから台本. 演出. 編集などの要素が一つの作品で完成されようとするなら必然的に利害関係者らの間の葛藤が発生するはずだ。 こういう問題点をまともに解消できなければ結局作品に悪い材料になる。 ふらついて結局山に行ったドラマらを見て回った。

◇キャスティングするやいなや事故ジャージャー。

主演俳優らの事故が最もありふれていて致命的な悪材料だ。 KBS2'スパイミョンウォル'. KBS1'近肖古王'は主演俳優がぞろぞろ事件事故にまきこまれて視聴者たちの無視された。 'スパイミョンウォル'はハン・イェスルが放送前交通事故で物議をかもしたのに続き。 撮影地を無断離脱して海外で出国することまで発生した。 主演俳優が逃げる史上初の事態を体験して結局全国平均視聴率5.2%(AGBニールセンメディアリサーチ基準)で放映終了した。 '近肖古王'は主演俳優カム・ウソン. キム・ジスがかわるがわる事故を起こして座礁したケースだ。 キャスティング直後キム・ジスが飲酒ひき逃げ事件を起こしたし。 撮影途中にはカム・ウソンが無断撮影パンクとスタッフ暴行説でもう一度物議をかもした。 内部的葛藤を縫い合わせることが出来ない'クン草稿王'は結局10.2%の視聴率で静かに幕を下ろした。 SBS'天日の約束'は放映前男主人公キム・レウォンの酒場体の小競合い物議がさく烈すると結局キャラクター論議まで続いて没入を邪魔している。

◇演出が何だって。 編成が何だって。

俳優と演出者. 製作会社と演出者が葛藤のためにドラマが山へ行く場合も多い。 MBC'君は私に恋をした'とは'フルハウス'のピョ・ミンスPDが演出を引き受けて話題になったが 結局4回ぶりに演出者が交替させられた。 低調な視聴率による応急措置だったが 突然演出者交替で漂流した'君は私恋'は結局6.0%のみすぼらしい成績に幕を下ろした。 作家が交替させられた事例はさらに多い。 SBS'私に嘘をついてみて'. KBS2'メリは外泊中'等も低調な視聴率で作家が中途下車した。

事前製作に入った後編成を受けられなくて飛び交っておさまる場合もある。 SBS'ザミュージカル'は昨年8月初めての撮影に入った後1年ぶりの去る9月編成されて放送中だが3%台視聴率で苦戦中だ。 来月放送予定のmbn 'ワッツアップ'も編成漂流で視聴者たちの期待値が減った場合だ。

[スポーツソウル 2011-11-22 11:23] 元記事はこちらから

※今日からDATVで'君は私に恋をした'(邦題:オレのことスキでしょ)始まりましたが(爆)とりあえずチェックチェック~。

 ホン・グァンホ・チュ・ジフンがミュージカル‘ドクトルジバゴ’導く
2011年11月24日 (木) | 編集 |
3国合作ミュージカル製作発表会‘ララ’演技はキム・ジウ・チョンミド“ドラマ要素入れて面白さ浮上”

韓国、米国、オーストラリアのミュージカル プロデューサーが共に作った250億ウォンの大型ミュージカル<ドクトルジバゴ>がベールを脱いだ。 ロシア作家ボリス・パステルナークの1958年ノーベル文学賞受賞作の同名小説を原作にする<ドクトルジバゴ>はロシア ボルシェビキ革命を背景にした男の愛を描く。 3国合作の超大型プロジェクトという点で早くから話題の作品と指折り数えられたし、主要配役キャスティングにも大きい関心が集められた。 22日開かれた製作発表会では出演俳優が公式に初めて姿を表わしてミュージカルの主要挿入曲をお目見えした。

主人公‘ユーリー・ジバゴ’役にはミュージカル<ジキルとハイド>で歌唱力を誇示したミュージカル俳優ホン・グァンホ(写真左側)と去る21日軍服務を終えて転役した俳優チュ・ジフン(右側)が出演する。 特に2009年麻薬事件で世間のうわさにのぼって入隊したチュ・ジフンはドラマや映画でないミュージカルで大衆の前に復帰する。 チュ・ジフンのミュージカル出演は2009年ミュージカル<ドンジュアン>、昨年軍服務当時出演した朝鮮戦争60周年記念ミュージカル<生命の航海>に続き今回が3番目だ。

製作発表会前日転役したチュ・ジフンはこの日発表会席には出てこなかった。 彼は今月末からミュージカル広報を含んだ公式活動に乗り出す計画という。 チュ・ジフンと呼吸を合わせるジバゴの恋人‘ララ’役にはミュージカル俳優キム・ジウとチョンミドがキャスティングされた。 ‘パシャ’役にカンピルソク、‘トニャ’役にチェ・ヒョンジュなど実力派ミュージカル俳優が出演する。 公演は20世紀始め革命と戦争の激動を体験するロシアを背景にだが、背景になる歴史的事件の中で繰り広げられる登場人物間の愛情官界のようなドラマ的要素を浮上させる予定だ。 製作発表会に参加した主演俳優ホン・グァンホは“小説と映画で<ドクトルジバゴ>を見た時は作品がだいぶ比喩的だと率直に退屈だった。 だが、ミュージカル台本は観客が理解しやすくておもしろかった”と所感を明らかにした。

韓国公演を引き受けたシンジュンス桑の実ミュージカルカンパニー代表は“米国ブロードウェーでは非常に楽しくて軽いショーが大勢ではあるが、(韓国では)古典的なミュージカルが立つ場所があるという判断をした”と大作ミュージカルを作ることになった理由を説明した。 海外合作という方式とミュージカルの海外市場攻略に対しても“市場面で韓国は1億人にならない小さい規模だが、産業的側面で海外市場を開いてパイを育てるのがプロデューサーの持分”といった。 彼は“海外で金鉱を解明している状況ではないが、海外市場に当然視線を転じなければならない”と強調した。 今回の作品にはミュージカル<ジョジボイス>等を作った演出家デス メカノプと作曲家ルーシー、サイモンなどブロードウェーで活動する製作スタッフらも参加する。 公演は来年1月27日ソウル、蚕室洞シャーロッテシアターで開幕する。 前売りは来月6日から. 1588-5212.

[ハンギョレ 2011-11-23 13:33] 元記事はこちらから

20111123-16.jpg 20111123-17.jpg

※小説も映画も未見なんで予習しておかなきゃだけどホンガンホさんの言うように退屈なのかな?(爆)でもジフニがやると想像して観てみよう^^

 [UPステージ]シンジュンスプロデューサー“‘ドクトルジバゴ’は第2の‘レ・ミゼラブル’、今後ミュージカルを先導する作品になること”
2011年11月23日 (水) | 編集 |
10年前に比べてミュージカル市場の量的な規模は大きく成長したが、こういう成長を喜びながらも一つではアイドル歌手を出演させてチケット パワーを作り出して派手なショーを前面に出して大衆的面白味だけを追求するミュージカルらの画一化を警戒する声も聞こえてきている。

<ドリームガール>と<ジキルとハイド>をはじめとして<ラマンチャの男>、<フェーム>、<ストーリーオブ マイ ライフ>等を製作した(株)桑の実ミュージカルカンパニーのシンジュンスプロデューサーは今年の初めオーストラリア公演に続き世界で二番目で公演される大作ミュージカル<ドクトルジバゴ>が次第に画一化されていくミュージカル界の流れを新しく先導する作品になることで大言壮語した。

100億台の製作費が投入された大作ミュージカル<ドクトルジバゴ>はロシアの作家ボリス・パステルナーク(Boris Leonidovich Pasternak)の同名小説を舞台にあげた作品で、1917年ロシアの10月革命を背景にした男の愛と情熱を入れたロマンス代書史劇。 特に<ドクトルジバゴ>は1965年巨匠デービッド・リーン監督によって映画化されて翌年撮影・音楽などアカデミー5個部門を受賞してより一層良く知られた作品でもある。

22日午後ソウル、中区、忠正路1街NHアートホールで開かれたミュージカル<ドクトルジバゴ>の製作発表会はシンジュンスプロデューサーのプレゼンテーションで始まった。 <ドクトルジバゴ>は米国のアニタ・ワックスマン(Anita Waxman),オーストラリアのジョン・フロスト(John Frost),韓国のシンジュンスプロデューサーなど3ヶ国のプロデューサーが共に手を握ったグローバル プロジェクトで、去る2月89.7%の有料座席占有率を記録したオーストラリア ワールド プレミアに続き2012年1月から韓国で国内初演される。 引き続き2013年と2014年にはミュージカルの本場に選ばれる英国ウェストエンドと米国ブロードウェーにも進出する予定だ。

<ドクトルジバゴ>はシンジュンスプロデューサーの初めての海外合作ミュージカルだった<ドリームガール>で得た自信と経験から始まった。 <ドクトルジバゴ>は2005年米国で公演の成否の可能性を占うトライアウト公演を持った後、ミュージカルに対して政府次元での支援が豊富なオーストラリアで本格的な準備に入った。 シンジュンスプロデューサーはオーストラリア プレミア公演前台本と音楽を聞いて<ドクトルジバゴ>に反してグローバル パートナーで共に参加することになったし、今後<ドクトルジバゴ>のアジア地域プロデューシングとマネジメントを引き受ける予定だ。

<ドクトルジバゴ>は事実大衆的な興味を引く軽い話のミュージカルが氾濫する時代流れに逆行するクラシックなミュージカルという点で成否可否により一層注目が行く作品だ。 実際にこの日製作発表会でも1917年ロシア革命当時の話を果たして韓国観客が無理なしで受け入れることができるかという質問が出てくることもした。

シンジュンスプロデューサーはこれに対して“<ドクトルジバゴ>は第2の<レ・ミゼラブル>になることであり、今後ミュージカルのパラダイムを変えて先導する作品になること”としながら強い自信を表わした。 彼は“韓国観客らにはクラシックなミュージカルと叙事的な話、そして文学性が優れた作品に魅了される傾向がある”とし、“時代は話の背景であるだけ、<ドクトルジバゴ>は‘ララ’という1人の女性を愛した三人の男を囲んだ極めて感性的な愛の物語”なので全年齢帯を合わせる幅広い支持を受けることができると明らかにした。

<ドクトルジバゴ>は100億代に達する莫大な製作費が投入された大作だけに、話だけでなく舞台でも圧倒的なスケールを見せる予定だ。 4.4道路傾斜した舞台と幾何学的紋の舞台パターンは舞台という狭い空間を観客らにしばらく忘れるようにさせるほど深く感をプレゼントして、240個余りの衣装と派手な照明は舞台芸術の派手さが何なのかをはっきり見せる展望だ。 特にロシアという空間的背景に合わせて20個のスノーマシンが作り出す最後の雪が降る場面はデービッド・リーン監督の映画の中ある風景を思い出させるようにさせてブロックバスターミュージカルの極限状態をお目見えすると期待される。

シンジュンスプロデューサーは“韓国市場は1億度ならない人口によって小さい規模の市場という限界を持って新しい作品をお目見えするためには韓国だけでなくアジアと世界へ視線を転じなければならない”と強調して、“<ドクトルジバゴ>はそのような意味で時代の流れに逆行する作品でなく時代を超越した‘名作’であり、最近作られたどんなプロダクションよりも比較優位にあると考える”として強い自信を表わした。

ホン・グァンホ、チュ・ジフン、キム・ジウ、チョンミド、チェ・ヒョンジュ、カンピルソクなど若い演技派俳優らの加勢に、巨大な叙事と派手な舞台を加えて‘第2の<レ・ミゼラブル>’で期待を集めている大作ミュージカル<ドクトルジバゴ>は2012年1月27日(金)から6月3日(日)までソウル、松坡区シャーロッテシアターで公演される予定だ。

[ユニオンプレス 2011-11-23 12:40] 元記事はこちらから

20111123-14.jpg 20111123-15.jpg

※こんな大事な作品に芸能人として2年もブランクのある(しかも前科あり)ジフニを主役に選んでくださってコマスミダPDニム。ジフニは欠席ですが製作発表会の動画を下にしまいます~↓

[READ MORE...]
 ジヌン・ヒョリン・カンソラ、'ドリームハイ2'有力.."確定はNO!"
2011年11月23日 (水) | 編集 |
来年1月末放送されるKBS 2TV 'ドリームハイ2'に2AMメンバーチョン・ジンウンと新鋭カンソラ、シスターメンバーヒョリンの出演が有力だと知らされた。

ドラマ関係者によればチョン・ジンウン、カンソラ、ヒョリンなどは'ドリームハイ2'の製作スタッフと出演を協議した状態だ。 だが、これらの出演が現在では確定しなかった。

今回のドラマ共同製作社キーイースト ヤン・クンファン代表23日午後スターニュースとの電話通話で"チョン・ジヌンとカンソラは候補らの中で1人であるだけだ"としながら"まだキャスティングが確定しなかった"と明らかにした。

チョン・ジヌンとカンソラ、ヒョリは側やはり確定したことでないという立場だ。 チョンジヌンとカン・ソラ側関係者はスターニュースとの電話通話で"出演要請を受けたことは事実だがまだ確定することはなかった"と明らかにした。 ヒョリン側関係者もやはり"肯定的に検討中であり、スケジュールなどを調整している。 だが、まだ最終確定することはなかった"と明らかにした。

一方来年1月30日初放送する'ドリームハイ2'は今月末キャスティングを終えて12月初め本格撮影に出る予定だ。 シーズン1が国内はもちろん日本、中国などの地で大きい成果を上げてシーズン2に対する放送関係者内外の期待が大きい。

[スターニュース 2011-11-23 15:34] 元記事はこちらから

20111123-13.jpg

※なんだ、とっくに未確定記事出てたようで失礼しました。。。

でも肯定的検討中~。

 [単独]ジヌン、ヒョリン、KBS'ドリームハイ2'男女主人公抜擢
2011年11月23日 (水) | 編集 |
ジヌンとヒョリンが俳優デビューを鼻前に置いた。

複数の関係者らによればグループ2AMジヌンとシスターのヒョリンが来年1月30日放送されるKBS2TV 'ドリームハイ2'の男女主人公でキャスティングされた。 'ドリームハイ2'は昨年初め2PMテギョン、ウヨン、アイユー、ミスエイのスジ、ティアラのウンジョンなど人気アイドル グループ メンバーが大挙出演して人気を呼んだ'ドリームハイ'の続編だ。

当時新世代スターが大挙排出されただけに'ドリームハイ2'のキャスティングもやはり国内有名アイドル グループ メンバーらと新人俳優が嘱望されて期待を集めた。

ある関係者は"ハイティーン ドラマが珍しいこの頃'ドリームハイ2'に出演すること自体がスターで行く町角ではないだろうか"として"スターを夢見る芸術高等学校を背景にしただけに演技実力だけでなく歌と踊りなどパフォーマンス実力も整えなければならないだけにアイドル グループ メンバーが演技者でデビューしやすい作品"と話した。

'ドリームハイ2'は現在ジヌとヒョリン他にもカン・ソラ、キム・ジョンテなどいくつかの俳優がキャスティングを確定して、来る12月から撮影に入る予定だ。

一方ジヌンは2AMのメンバーでMBC '私たちの日夜','PK戦ショー' '太極旗を翻して'など多数の芸能番組に出演して位置づけを積んだ。 ヒョリンはシスターのメンバーでKBS2TV '不朽の名曲'で持って生まれた歌唱力とカリスマで人気を得た。

[2011-11-23 15:11] 元記事はこちらから

20111123-12.jpg

※確定でいいのか?数分後に否定とかないといいな~。

 'ロ必2',チョ・ヨジョン・キム・ジョンフン出演NO..俳優全面交替
2011年11月23日 (水) | 編集 |
tvN 'ロマンスが必要で'がシーズン2で俳優を全面交換する予定だ。

CJ E&Mペ・イクヒョン ドラマ チーム長は23日午前ソウル江南区CGV清淡シネシティで開かれたCJ E&M放送事業部門2012年ドラマビジョン発表懇談会で"'ロマンスが必要で'シーズン2では俳優が交替させられる"と伝えた。

'ロマンスが必要で'というチョ・ヨジョン、キム・ジョンフン、チェ・ジンヒョク、チェ・ソンヒョン、チェ・ヨジンなどの俳優が出演して現実的で共感する演技で人気を呼んだ。

ペ チーム長は"俳優はある作品終ればキャラクターに閉じ込められているのを大変がる指向があって協議にならなかった"として"シーズン2では新しい俳優が登場して新しいストーリーを聞かせる予定だ"と説明した。

一方'ロマンスが必要で'という30代女性の仕事と愛を扱ったドラマで、現実的な素材と展開で今年上半期女性視聴者たちの多くの愛を受けた。 シーズン2は来年上半期放送される。

[スターニュース 2011-11-23 12:42] 元記事はこちらから

20111123-11.jpg

※ああこっちは全面交代ですか、ジョンフンとチョヨジョンさんのコンビも他のカップルも愛着あって良かったのに残念~。

 '請願運動'終わりに'神のクイズ'シーズン3製作確定
2011年11月23日 (水) | 編集 |
自体最高視聴率2.86%(AGBニールセンメディアリサーチ提供、ケーブルオイル価格区基準)を記録して去る8月成功裏にシーズン2を終えたOCNメディカル犯罪捜査劇<神のクイズ>がシーズン3に戻る。

23日午前11時30分ソウル江南区、新寺洞CGV清淡シネシティで開かれた'CJドラマ ビジョン発表記者懇談会'でOCNは<神のクイズ>シーズン3を放送すると明らかにした。 編成は2012年2四半期になる展望だ。

国内最初メディカル犯罪捜査劇という名の下始まった<神のクイズ>は稀貴病を素材にした事件を解いていく過程を描いて大きな愛を受けた。 シーズン1が終わるとすぐに視聴者たちの自発的なシーズン2請願運動が起きたし、これはシーズン2放映終了後'シーズン3請願運動'まで続いた。

リュ・ドクファン、ユン・ジュヒ、パク・ジュンミョン、キム・テジン、チェ・ジョンウなど主助演俳優らやはり一人も抜けなくてシーズン1から2まで出演を繰り返して呼吸を合わせてきた。 これに伴い、シーズン3でもこれらの顔をそのまま見ることができるのかにも関心が集まっている。 また、その間シーズン1,2台本を書いたパク・ジェボム作家がもう一度執筆を引き受けてドラマの完成度を高めるという計画だ。

[オーマイニュース 2011-11-23 11:16] 元記事はこちらから

20111123-10.jpg

※おお、ファンの請願運動の末に制作決定ですか、素晴らしい!
主助演ひとりも欠けずに続編製作されるなんて宮2への後押しにもなるなあ、ドクファンくんもまだまだ兵役おあずけで良い作品を残して欲しいです。


SPOさまシーズン2に3も引き続きよろしく~。


 チョン・ジヌン'ドリームハイ2'キャスティング? "比重ある役割提案、肯定的検討"
2011年11月23日 (水) | 編集 |
2AMのチョン・ジヌンがドラマ'ドリームハイ2'キャスティング提案を受けたと分かった。

チョン・ジヌンの'ドリームハイ2'出演の便りに23日所属会社Big Hitエンターテインメント側はTVデイリーとの電話通話で"チョン・ジヌン氏が'ドリームハイ2'に出演提案を受けたことは事実だ"と伝えた。

引き続き"比重ある役割でキャスティング提案が入ってきた。 肯定的に検討中だ"と付け加えた。

また、今回の'ドリームハイ2'にはチョン・ジヌン キャスティング提案の他に俳優カン・ソラのキャスティングの便りも知らされて目を引いている。

一方チョン・ジヌンの出演提案が言及された'ドリームハイ2'はKBS 2TV 'ドリームハイ'次期作で俳優キャスティングに多くの世間の注目を集めている。

[TVデイリー 2011-11-23 15:30] 元記事はこちらから

20111123-9.jpg

※あ、いますごい楽しみって思った自分、、、。

気になる記事ばっかで荷作り始められない、、、

 CJ E&M、2012年ドラマ26編製作…870億投資発表
2011年11月23日 (水) | 編集 |
CJ E&M放送事業の部分が2012年一年の間26編に達するドラマを吐き出して製作費870億を投資すると明らかにした。

23日CJ E&Mドラマ事業本部は午前ソウルCGV清淡シネシティでドラマ ビジョン発表簡単会を開いた。この日ドラマ事業担当チェ・クァニョン常務とコンテンツ戦略国ミン・ビョンホ局長が参加した。

チェ・クァニョン常務は"前にドラマ市場で地上波、ケーブルなどプラットホーム区分はみな以上意味がないだろう。 差別化されたコンテンツがカギだ"として"各チャネルの特性に合うドラマを製作して地上波ドラマ製作も7編ほど進行する予定だ"と今後の計画を伝えた。

2012年tvNではドラマ'美男バンド:眼球浄化(仮題)を始め'ロマンスが必要で2'もお目見えする予定. また、星座に関する芸能談を描いた'一年に十二男'と'黄色い福寿草','結婚の見せ掛けの形'をお目見えする予定だ。

'神のクイズ2','ヴァンパイア検事','特殊事件前胆礬 TEN'など個性剛悍ジャンル ドラマで今年の一年テレビ劇場視聴者たちに大きな愛を受けたOCNでは来年4作品をお目見えする展望だ。

来年3月お目見えする'ヒーロー'とは'夜叉'を誕生させたキム・ホンソン監督とクドンファ作家がもう一度手を握って、不正腐敗と不条理が大手を振るうおよそ未来を背景にした国内最初本格ヒーロー物を準備している。 上半期には'神のクイズ3'が放送される予定だ。

Mnetでは全世界を熱しているK-POPと韓流の開始を導いたドラマの出会いを通した新しいシナジーを創り出す音楽ドラマを企画した。 既存の音楽を扱ったドラマでは接することができなかった新しい形式になることだと。

それだけでなく今年のはじめ'ドリームハイ'共同製作を始め'ロイヤルファミリー','ロマンスタウン'に続き'ブレイン'を単独製作しながら地上波ドラマまで合わせるドラマ専門スタジオでの能力もまた認められたCJ E&Mは来年1月お目見えする'ドリームハイ2'に続き総7編の地上波ドラマ製作および投資を目標にしていると明らかにした。

[財経日報 2011-11-23 14:55] 元記事はこちらから

※他にもKBS 2TV 'チュノ'のクァクジョンファンPDと KBS 2TV '成均館スキャンダル'のキムウォンソクPDが演出するドラマもあるそうで~、ジフニ地上波出演禁止が解けなければ総編ドラマでもぜんぜんオッケーでは? 「神のクイズ」3にゲスト出演でドクファンくんと共演なんてどうだろう(爆)。

 'ロマンスが必要で',ケド最初日本地上波販売'快挙'
2011年11月23日 (水) | 編集 |
tvN 'ロマンスが必要で'が日本地上波に販売される快挙を成し遂げた。

CJ E&Mドラマ事業担当チェ・クァニョン常務は23日午前ソウル江南区CGV清淡シネシティで開かれたCJ E&M放送事業部門2012年ドラマビジョン発表懇談会で"'ロマンスが必要で'が日本地上波TBSで放送されて、'美男ラーメン屋'は放送する前に一回当たり10万ドルに販売された"と伝えた。

チェ常務は"tvNドラマが45分物であることを勘案すれば意味ある売り値で思慮される"と説明した。

'ロマンスが必要で'というケーブル ドラマ最初に日本の地上波放送国のTBSに販売されて来年1月放送される。 ケーブル ドラマ中日本地上波で放送される事例がなかったためにファンたちはもちろん放送業界でも大きい関心を見せている状況だ。

現在の放映されているチョン・イル、イ・チョンア主演のtvN '美男ラーメン屋'はケーブル ドラマ中歴代最高額で日本に販売される底力を誇示した。 日本国内チョン・イルの爆発的な人気とロマンチックなストーリーがアピールされて驚くべき成果を作り出した。

OCNの捜査劇'ヴァンパイア検事'と'特殊事件専門担当班テン'もやはり日本のコンテンツ流通会社のCCCを通じて版権が販売されて来年上半期放送される予定だ。

この他にもチャネルCGVのキラーアクション物'少女K',OCN '神のクイズ2'も日本のコンテンツ配給会社SPOに販売されるなど地上波ドラマを凌駕する人気を享受している。

[スターニュース 2011-11-23 12:16] 元記事はこちらから

20111123-8.jpg

※神のクイズも販売って、でかしたSPO様!(爆)
関連記事をもうひとつ下に続けます~↓





‘ロマンスが必要で’ケド最初日地上波放送

tvN '美男ラーメン屋','ロマンスが必要で',OCN 'ヴァンパイア検事','特殊事件前胆礬 TEN'などケーブル ドラマが日本に良い条件に輸出される快挙を上げた。

現在の放映中である'美男ラーメン屋'はケーブル ドラマ中歴代最高額で日本に販売された。 日本コンテンツ流通会社のCCCを通じて日本国内TV放映権およびDVD版権すべてが販売されたこと。 チョン・イルの日本国内人気とロマンチックなストーリー、愛らしいコミック要素がアピールされて驚くべき成果を作り出した。

率直な台詞と繊細な感情描写、すっきりしている映像美で昨年夏若い女性たちの爆発的な愛を受けた'ロマンスが必要で'というケーブル ドラマが最初に来る1月日本地上波TBSで放送される。 今までケーブル ドラマ中日本国内地上波で放送される事例がなかったために日本ファンたちはもちろん放送業界でも非常な関心を見せている状況だ。 コンテンツ配給会社SPOを通じてTV放送権、DVD版権すべてが販売された'ロマンスが必要で'という現在TBS放送を控えて日本国内でプロモーションが真っ最中進行中だ。

OCN捜査ドラマもやはり韓流糸口をねじって注目を得ている。 国内捜査物の水準を高めたという評価を得ているヨン・ジョンフン主演'ヴァンパイア検事'とチュ・サンウク主演'特殊事件前胆礬 TEN'も並んで日本に輸出される快挙を成し遂げた。 二つの作品は日本のコンテンツ流通会社のCCCを通じて日本国内主要版権が販売されたし来年上半期日本テレビを通じて放送される予定だ。

[ニュースエン 2011-11-23 14:52] 元記事はこちらから

20111123-7.jpg



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。