★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 仮想 10大ニュース 韓流新しい中興期当たる
2007年01月01日 (月) | 編集 |
'アジアを越えて世界へ!'

2005年以後鎭まるように見えた韓流にソン・スンホンを筆頭で新しい熱風が吹く.
ソン・スンホンは 2006年 11月全域後国内でアジア圏ファンを対象でファンミーティングを持って,12月には日本を初公式訪問してベ・ヨンジュン劣らない人気を確認してその可能性を立証した.

その後を引き継いでキム・ジョンフン,ユンウネ,イジュンギ,ヒョンビン,イダヘ,チョンリョウォンなど国内テレビ劇場のスターたちがチャン・ドンゴン,イ・ビョンホン,クォン・サンウ,ウォンビン,リュ・シウォンなど 1世代韓流スターたちに引き続き 2期ブームを起こす.

2世代韓流スターたちの人気は 1世代たちにも力を加えて韓流はもっと膨脹,中国、台湾、香港、シンガポール、マレーシアなどアジア圏を越してヨーロッパと米洲で本格背伸びして新しい中興期に迎える.

国内ドラマを購買するとか韓流スターを招待して行事を進行しようとする外国バイヤーたちの訪問が並んでハリウッドのトップスターたちが韓流スターの人気に驚いて友達結ぶのを自ら要望して韓国に入って来る奇現象もできる.

[ニュースエン 2007-01-01 09:29:02] 元記事はこちらから

20070101-5.jpg


※あくまで仮想ですがウネちゃんフニがいるのが嬉しい!
今年は兵役から戻ってくる(きた)役者たちや新たに向かう方たちの活躍がテレビ界映画界を賑わせる年と思われ、新しい俳優たちに出会えるのもまた楽しみ。ジョンフンは音楽活動がさっそくあるけど、ウネちゃんジフニにはぜひ「宮」で日本に来ていただきたいものです^^

スポンサーサイト

 切ない恋人たちの感動一杯なドラマキスシーン
2007年01月01日 (月) | 編集 |
一番目行左側から「ファン・ジニ」ハ・ジウォン-チャングンソク,「噂のチル姫」イスンギ-シンジス,「天国より見知らぬ」キム・ミンジョン-イ・ソンジェ / 二番目行左側から 「噂のチル姫」イ・テラン-パクヘジン,「テゾヨン」チェ・スジョン-パク・イェジン / 「どんなに良いから」キム・ジフン-ゾヨゾン / 3番目行左側から「宮」ユンウネ-チュジフン,「幻想のカップル」オ・ジホ-ハンイェスル,「キツネちゃん何してるの」コ・ヒョンジョン-チョン・ジョンミョン

[ニュースエン 2007-01-01 08:29:01] 元記事はこちらから

20070101-4.jpg


※お互いの思いが伝わるほどに絵のように美しいふたり~*^^*
ジフニの彫刻のような鼻、顎のライン、唇と、何を取っても萌えな横顔;;。




 2006年ドラマ視聴率 '大当り·ハズレリスト' 完全公開
2006年12月30日 (土) | 編集 |
2006年兵術年にも無数に多いドラマたちが視聴者を迎えた.(去年始めても今年慫慂されたドラマ含み) 皆いつも明るく笑うことはできない法.ぱっと笑う大当りは極少数である一方手なべを下げたドラマは数を知らぬ程多いことだ.甚だしくは早期終映の痛みを経験したドラマもある.

放送社の論理は簡単だ.輪ゴム編成という非難にアラングゴッなくて見る人々がいなければ敢然と減らす.事実 「朱蒙」だから ‘視聴率 30%’が親しくなっても実際放送界で人気ドラマの定規で見る ‘20%’を越す作品はあまり多くない.

視聴率専門調査機関 AGBニルスンビデオリサーチによれば放送3社が同時にドラマで取り組む月火,水木時間帯に 20%を越した作品はただ三つの作品に過ぎない.この時間帯電波に乗ったドラマは総 38個(県放送含み).結果的に 10%も人気ドラマ隊列に上がることができなかった.このように視聴者たちに外面受けたドラマはあふれてあふれる.これに <日曜時事>は視聴率専門調査機関 AGBニルスンビデオリサーチ(以下 AGB)と TNSメディアコリア(以下 TNS)が提供した 2006年全体ドラマ視聴率資料を土台で 2006年ドラマ視聴率大当り·小当たりリストを公開する.

今年放送3社の競争が熾烈な月火,水木に放送になった作品の中で人気ドラマ定規である視聴率 20%を越えた作品は三つだ.「朱蒙」「宮」(以上 MBC) 「戻ってきてスネさん」(SBS) などだ.現在放送衆人「ファン・ジニ」(KBS) は去る 12月14日まで放送された視聴率の平均を出した結果 19.9%を占めて惜しく 20%台に上がることができなかった.SBS「マイガール」 やっぱり 0.9%が足りなくて苦杯を飲んだ.それでも平均視聴率 19.1%を記録して高い人気を享受したという評価だ.

実は視聴率数値がすべてのことを代弁する絶対的な基準ではない.作品の完成度もそれほど重要だ.しかし視聴率至上主義に代弁される放送界の風土では見窄らしい哀訴,不機嫌な音に過ぎない.視聴者たちに愛されることができなかったドラマは立地が細くなるしかないのが厳然な現実だ.

AGBによれば調査対象 56個のドラマの中平均視聴率 10% 以下を占めた作品は 19個を占めた.三作品の中一作品体たらくで 10% 高地を越えることができなかったという結果だ.この中びりはイ・ソンジェ、キム・ミンジョン、オムテウン主演の SBS 月火ドラマ「天国より不慣れな」(7月31日~9月19日).‘小当たり4’の不名誉トップを占めた.

‘2006 ドラマ視聴率 TOP’で栄誉の 1位を占めた「朱蒙」(5月15日~放送中)と取り組んだ点を勘案しても恥ずかしいびりに間違いない.平均視聴率 3.6%を記録するのに止めて ‘愛国歌視聴率’という荷札が付いた.スター俳優たち出演打っては期待にずいぶん及ぶことができない見窄らしい成績だ.

3% 台の視聴率は放送界でよく ‘愛国歌視聴率’(一日放送が皆終わって愛国歌が出る時の視聴率)と呼ばれるほどに恥さらし肉ぐいぐい伸ばす数値だ.なおかつ去る 8月28日電波に乗った 9回放送では全国視聴率 2.8%,ソウル視聴率 2.3%の血なまぐさい成績表が公開されてしばらく膾炙された.

「天国より見知らぬ」一緒に ‘小当たり4’ドラマは「独身天下」「90日,愛した時間」「雲階段」などだ. 最悪視聴率 2位に上がった SBS 「独身天下」(9月25日~11月7日)は早期終映の痛みを経験したりした.「天国より見知らぬ」後続作だったから SBSの傷は深いしかなかった.事実 「独身天下」は固定視聴者たちの反応は熱かった.問題はダウィッドとゴリアテのけんかだったというの.同時間帯競争作 MBC「朱蒙」が力強く堪えていて 「独身天下」は相対的に苦戦した.このために 16回に予定されたが 14回に早期終映されて固定ファンたちの切なさを招いた.

視聴率最悪 3位はキム・ハヌル主演の MBC 「90日,愛する時間」が占めた.現在放送中なのを勘案して 11月15日から 12月14日まで視聴率を平均出した.成績は 5.3%に過ぎない.
メロクイーンキム・ハヌルの視聴率 5%台は優に衝撃的だという反応だ.一部では彼女のスター性を勘案すれば愛国歌視聴率と同じと感嘆した.はなはだしくは “手を打つ方法がなくて思いきり終わることだけを待つ”と言う言葉も聞こえる.それでもこのドラマの骨髓ファンの集まりである ‘駆使示教’は劇的な視聴率反転を期待する気付きだ.半分を越した 「90日,愛する時間」が後半では前半部の痛みをほてるように八つ当たりすることができるか注目される.

‘小当たり4’の終わりはやっぱり「朱蒙」と取り組んだハンジヘ、チヒョヌ主演(←シンドンウクの間違いでは・・・) KBS「雲階段」(9月18日~11月7日)だ.平均視聴率 5.4%を記録して小当たりリストに上がった.‘小当たり4’に上がった作品は共通分母がある.国民ドラマ基準である視聴率 50% 煮こむのを狙う「<朱蒙」と同時間帯に編成されたというのだ.一言で対陣運が悪かったという意味だ.

一方今年の一年「朱蒙」一緒に絶対強者がなかった水木時間帯にも視聴率 10% これするいた.アン・ジェウク、イボヨン主演 KBS 「グッドバイソロ」(←ミスターグッバイのまちがいでは;;)(3月1日~4月20日) キム・ジェウォン、ハンジミン主演 KBS 「偉大な遺産」(5月3日~6月29日) などはそれぞれ 9.6%,7.7%をあげた.MBC 水木では「ヨンジェの全盛時代」(2005年11月16日~2006年1月5日) 7.8%,「オーバー・ザ・レインボー」(7月26日~9月14日)が 8.0%を記録,10%を越えることができなかった.SBS 水木では 「天国の樹」(2月8日~3月16日)が唯一だ.視聴率 7.7%だ.参照で 4部作は除いた.

一方韓流熱風を狙った「天国の樹」(7.7%),「春のワルツ」(8.5%),「恋愛時代」(12.0%) などいわゆる韓流ドラマたちが上半期電波に乗ったが大きく期待に達することができなかった.
「天国の樹」,「春のワルツ」など二つのドラマは過去高い人気を享受した 「冬のソナタ」と 「天国の階段」を演出したユンソクホPDとイ・ジャンス PDの期待作だった.しかし結果は惨憺そのものだった.日本ファンたちの情緒に合わせて見ると実際に韓国ファンたちの共感を導き出すことができない指摘が零れ落ちた.「恋愛時代」はトップスターソン・イェジンが当時最高額の会堂ギャランティを受けて出演,期待が高かったが戦利品はあまりなかった.

キム・ヒソン,イ・ドンゴン青春スターが出演した SBS 水木「スマイルアゲイン」(5月17日~7月6日) も派手だった手始めと違い音なしに終映された.視聴率は 10.2%でスター名前値が全然できなかったという評価だ.閑暇であるヤン・ドングン主演の MBC 水木 (4月5日~5月25日)も見窄らしい(10.9%) 終映を迎えた.現在「朱蒙」と取り組んで苦戦している KBS 月火「雪の女王」女主人公ソン・ユリは MBC 水木「ある素敵な日」(5月31日~7月20日)でスター性に照らして見る時期待に行き違った.

一方新人スターキムオクビンは今年の一年二度プライム時間帯女主人公を占めたにも 2戦2敗の痛みを経験した.二度皆視聴率 10%を越えることができなかった.当時大作がなかったので編成運を咎めることもできないことだ.キムオクビンが主演を引き受けた KBS「こんにちは神様」(1月9日~2月28日),MBC「オーバー・ザ・レインボー」(7月26日~9月14日) などはそれぞれ 8.9%,8.0%にとどまった.相変らず広告界と放送界,忠武路でブルーチップ待遇を受けているがテレビ劇場成績表はあまり良くなかったわけだ.今後の彼女の反転を期待して見る.

一方 MBCは今年も両大放送が取り組む帯ドラマと週末連続ドラマに相次いで KBSにひざまずいてしまった.新人級が出演する帯ドラマと違い週末連続ドラマにはスター級俳優たちがずっと出演したけれども KBS 週末連続ドラマを逆転させることはできなかった.なおかつ週末「シンドン」(2005年9月24日~2006年5月7日)のようにおびただしい製作コストを降り注いでからも期待しただけの視聴率をあげることができない不運を経験した.
それでも MBCは ‘2006 ドラマ視聴率 TOP’栄誉の 1位に創社 45周年特集ドラマ「朱蒙」をあげて痛みがすっきり消えるようだ.視聴率 50%を迫って高空行進をする「朱蒙」の人気は勢いが冷えていないという評価だ.

一方今年の年末には放送社演技大賞が変わるのを期待する声がいつよりも高い.毎年視聴率至上主義とスター演技者取っておく疑惑が絶えるのをアンアソだ.
どんなにせっぱつまれば一部演技者たちの間でも該当の放送社の家宴に過ぎないという不信が広まるする.去年年末にも間違いなくネチズンたちの非難世論が沸き立った.特に共同受賞の濫発と共感台が落ちるという未明の下にネチズンたちの熾烈な舌戦がインターネットを熱く焼いておいた.結局授賞式後遺症が新年が明るいのかしばらく後にも静かにならないほどだった.今年は放送3社演技大賞が変わるのを期待して見る.

[スポテインモント 2006-12-30 09:34] 原文はこちらから

20061230-2.jpg 20061230-1.jpg


※2006年ドラマ界を総括する決定版資料です。
せっかくなのでわかる範囲で加工してみました。視聴率的には今一歩との印象でしたがどうしてどうして、「宮」平均視聴率もすご~い、他局話題のドラマと比べてもひけをとりません!(「幻想のカップル」だって平凡だし~)
今夜から始まる3大テレビ局演技大賞の行方を占うご参考にどうぞ~。


初っぱな記事でけっこう疲れたのでお昼休憩~。

 ‘神話ファミリー’ 2006 芸能界最高皇帝登極
2006年12月30日 (土) | 編集 |
2006年国内最高オンライン人気至尊が選り分けられた.
国内唯一のネチズンたちを対象にする ‘2006 ネチズン芸能大賞’ 年末本船投票が 21日間の大長征を終りに 12月 28日午後 8時締め切られた.

去る 11月 30日午後 8時から 12月 7日午後 8時まで進行された各部門別予選投票結果を土台で本船投票を実施,既存月刊 MVP 1位に上がったスターたちと年末予選をパスした各部門 15人の候補たちが熱っぽい競争を支払った.
84万 6千名余が投票に参加した各部門別 MVPをよく見れば最高グループ上と最高韓流賞を同時に受賞した神話のオンライン人気活躍が目立つ.

神話メンバーシン・ヘソンは男歌手賞部門で同僚メンバーチョンジン、イ・ミヌとの競争あげく MVPに上がった.ドラマ「無敵の落下傘要員」で人気行進をしたムンジョンヒョクはドラマ部門男演技賞を受賞するなど 2006年オンライン最高のスターは神話メンバーたちだった.

女歌手賞は所属社を移して多様な活動を模索しているイ・ヒョリが最高の人気を占めた.
ドラマ部門女演技賞はドラマ 「幻想のカップル」でカムバック大当りを噴き出したハンイェスルが MVPを引っつかんだ.終わりまで大接戦を行った新人賞部門は「宮」に出演して歌手で演技者で変身したキム・ジョンフンがデニス・オーをわずかの差で先に進んだ.今年最高のドラマは 「無敵の落下傘要員」が選定された.

映画部門男俳優賞には「王の男」でシンドロームを起こしたイジュンギが MVPに上がったし,女俳優賞には「私たちの幸せな時間」のイナヨン,新人賞には「サイボーグだが大丈夫なの」のチョンジフン(ピ)が最高人気を確認した.今年最高の映画ではイジュンギ、イムンシク主演の「フライダディー」が人気頂上に上がった.

最高韓流上は熾烈な中盤台競争をした中に神話がキム・ジョンフンを押し出して MVPを占めたし,最高ギャグ賞は ‘奥様’で生涯最高の日を迎えた金美麗,MC部門には ‘熱愛事実’を公開したユ・ジェソクが相変わらずの人気を確認することができた.
投票期間始終キムヘスクが人気正常を走った大スター部門は歌手チョヨンピルが終盤の覆すのに成功して底力を誇示した.

ゴーニュース主催,インタパーク,ナユハック,YNK Korea,レッドコスター,イングリッシュチャンネルが協賛してディッシュインサイドが主観する '2006 ネチズン芸能大賞' 本選投票はこういうわけで 7個部門にかけて 15人(チーム)の MVPを選定した.

<歌謡部門>
▲男歌手賞 MVP=シン・ヘソン(3万4,257人 31.4%)
次は 2位から 15位
チョンジン(2万912人 19.2%) イ・ミヌ(1万5,536人 14.3%) ソン・ホヨン(1万3,115人 12%) ピ(5,769人 5.3%) キムジョングク(4,270人 3.9%) イル(2,819人 2.6%) セブン(2,571人 2.4%) トニー・アン(2,527人 2.3%) イスンギ(2,337人 2.1%) チャンウヒョク(1,417人 1.3%) シン・スンフン (946人 0.9%) MCモン(775人 0.7%) ソン・シギョン(715人 0.7%) テイ(642人 0.6%)

▲女歌手賞 MVP=イ・ヒョリ(8,475人 25.1%)
ペスルギ(7,424人 22%) チェヨン(4,771人 14.1%) ビョル(3,390人 10%) BoA(2,671人 7.9%) カンミヨン(1,457人 4.3%) イ・スヨン(1,269人 3.8%) パダ(1,137人 3.4%) パク・ジヨン(703人 2.1%) あゆみ(462人 1.4%) チャンリイン(457人,1.4%) チャンユンジョン(373人 1.1%) ソ・ジヨン(346人 1%) パクジョンア(260人 0.8%) キムヒョンジョン(242人 0.7%)

▲最高グループ賞 MVP=神話(4万401人 49.7%)
SS501(1万6,585人 20.4%) 東方神起(1万5,530人 19.1%) SG WANNABE(1,491人 1.8%) スーパージュニア(1,399人 1.7%) バズ(1,062人 1.3%) ビッグバン(774人,1%) チォンサンジフィ(697人 0.9%) KANTA&バネス(688人 0.8%) フライ・トゥ・ザ・スカイ(600人 0.7%) パラン(437人 0.5%) コブキ(415人 0.5%) コヨーテ(372人 0.5%) シヤ(286人 0.4%) がビエンゼイ(149人 0.2%)

<ドラマ部門>
▲男演技賞 MVP=ムンジョンヒョク(5万6,247人 32.6%)
キム・ジョンフン(5万5,435人 32.2%) チョヒョンジェ(3万4,290人 19.9%) オ・ジホ(1万5,332人 8.9%) ソンイルグク(7,182人 4.2%) ヒョンビン(3,932人 2.3%) オマンソク(1,041人 0.6%) キム・ジェウォン(883人 0.5%) カムウソン(842人 0.5%) チャングンソク(552人 0.3%) コンユ(416人 0.2%) キム・レウォン(403人 0.2%) チェ・スジョン(379人 0.2%) イ・ミヌ(116人 0.1%) チョヨヌ(20人 0%)

▲女演技賞 MVP=ハンイェスル(1万8,525人 38.1%) キム・ヒソン(9,674人 19.9%) ソン・ユリ(6,407人 13.2%) ユンウネ(5,292人 10.9%) キム・ハヌル(2,819人 5.8%) ハン・チェヨン(1,163人 2.4%) ソン・イェジン(874人 1.8%) イボヨン(699人 1.4%) グヒェソン(611人 1.3%) イナヨン(566人 1.2%) イダヘ(537人 1.1%) オ・ヨンス(351人 0.7%) チョンリョウォン(333人 0.7%) イヨンア(246人 0.5%) ハンヒョズ(228人 0.5%)

▲新人賞 MVP=キム・ジョンフン(6万790人 43.1%)
デニス・オー(6万688人 43%) チュジフン(5,713人 4.1%) ユンウネ(4,675人 3.3%) イジン(4,645人 3.3%) イムソヤン(1,111人 0.8%) ウォンキジュン(714人 0.5%) チェウォンジュン(561人 0.4%) イテゴン(507人,0.4%) ポップピンヒョンジュン(475人 0.3%) ファニ(391人 0.3%) ユゴン(208人 0.1%) ユンジミン(133人 0.1%) ユヨンジ(109人 0.1%) キム・スヒョン(81人 0.1%)

▲最高ドラマ賞=無敵の落下傘要員(2万5,507人 38%)
幻想のカップル(1万8,554人 27.7%) 雪の女王(6,319人 9.4%) 宮(5,398人 8%) 朱蒙(3,624人 5.4%) 90日愛する時間(3,522人 5.3%) ぶどう畑その男(1,486人 2.2%) ファン・ジニ(720人 1.1%) ゲームの女王(389人 0.6%) 雪の花(375人 0.6%) 恋人(287人 0.4%) 君はどの星から来たの(241人 0.4%) 十九純情(159人,0.2%) ヨウヤムォしたら(84人 0.1%) テゾヨン(50人 0.1%)

<映画部門>
▲男俳優賞 MVP=イジュンギ(7,192人 50.1%)
カンドンウォン(2,250人 15.7%) チョ・インソン(1,682人 11.7%) チョスンウ(509人 3.5%) キム・レウォン(441人 3.1%) ファンジョンミン(381人 2.7%) ソン・ガンホ(308人 2.1%) パクヘイル(189人 1.3%) パク・チュンフン(177人 1.2%) イ・ビョンホン(169人 1.2%) キム・スロ(159人 1.1%) リュ・スンボン(155人 1.1%) ソル・ギョング(137人 1%) ハン・ソッキュ(137人 1%) キムジュヒョク(123人 0.9%)

▲女俳優賞 MVP=イナヨン(1,845人 20.4%)
イムスジョン(1,538人 17%) スエ(1,269人 14%) キム・ヘス(729人 8%) イボヨン(552人 6.1%) ムン・グニョン(513人 5.7%) キム・ミンジョン(386人 4.3%) キムオクビン(377人 4.2%) べ・ドゥナ(319人 3.5%) キム・ジス(302人 3.3%)ムンソリ(289人 3.2%) チャン・ジニョン(246人 2.7%) コン・ヒョジン(122人 1.3%) オム・ジョンファ(121人 1.3%) キム・ウォニ(101人 1.1%)

▲新人賞 MVP=チョンジフン(5,277人 35.5%)
コアソン(4,472人 30.1%) ハハ(890人 6%) キムテヒ(814人 5.5%) イヨニ(777人 5.2%) ダニエル・ヘニー(575人 3.9%) パクシヨン(378人 2.5%) オンジュワン(318人 2.1%) ハジョンウ(306人 2.1%) チョンユミ(177人 1.2%) コウナ(174人 1.2%) キムビョル(160人 1.1%) コ・ヒョンジョン(103人 0.7%) ムンセユン(60人 0.4%) ユダイン(18人 0.1%)

▲最高映画賞=フライダディー(4,537人 40.9%)
グエムル(2,236人 20.2%) 私たちの幸せな時間(1,603人 14.5%) 卑劣な通り(772人 7%) タチァ(542人 4.9%) 心が(237人 2.1%) 角砂糖(236人 2.1%) 素足心意気峰が(180人 1.6%) ホビツルルウィして(96人 0.9%) その年夏(91人 0.8%) チァックペ(65人 0.6%) ヨンエグチァムウルスオブヌンがビョウム(46人 0.4%) 愛なんかいらねえよ(40人 0.4%) 秋で(37人 0.3%) ヘビョンウィヨである(12人 0.1%)

<最高韓流賞>
MVP=神話(4万1,108人 37.2%)
キム・ジョンフン(3万7,474人 33.9%) 東方神起(1万3,176人 11.9%) イジュンギ(5,680人 5.1%) ピ(4,971人 4.5%) BoA(1,424人 1.3%) スーパージュニア(993人 0.9%) クォン・サンウ(877人 0.8%) ソン・スンホン(851人 0.8%) キム・ジェウォン(835人 0.8%) チャン・ナラ(732人 0.7%) KANTA(686人 0.6%) ペ・ヨンジュン(641人 0.6%) チャン・ドンゴン(619人 0.6%) イ・ビョンホン(177人 0.2%)

<最高ギャグ賞>
MVP=キムミリョ(1,643人 24.6%)
カンYumi(1,184人 17.8%) キムジェウ(615人 9.2%) ユセユン(513人 7.7%) チャンドンミン(458人 6.9%) チョンジョングチォル(350人 5.2%) キムテボム(341人 5.1%) ギムシドク(263人 3.9%) キムチュヨン(262人 3.9%) チョンソノ(239人 3.6%) パクボドレ(139人 2.1%) イスグン(102人 1.5%) シンボンソン(99人 1.5%) パク・ジュンヒョン(93人 1.4%) ギムホングシック(21人 0.3%)

<最高 MC賞>
MVP=ユ・ジェソク(5,069人 36.2%)
オク・ジュヒョン(3,656人 26.1%) キムジェドン(1,368人 9.8%) カン・ホドン(719人 5.1%) シン・ドンヨプ(587人 4.2%) チョンヒョンドン(433人 3.1%) ペクスンジュ(306人 2.2%) イフィゼ(273人 1.9%) パク・スホン(247人 1.8%) タクゼフン(232人 1.7%) カンスジョン(221人 1.6%) チョン・ソンヒ(186人 1.3%) パク・チユン(138人 1%) イ・ギョンギュ(124人 0.9%) キム・ヨンマン(97人 0.7%)

<大スター賞>
MVP=チョヨンピル(2,336人 18.2%)
キムヘスク(2,009人 15.7%) テジナ(1,407人 11%) キムガブス(1,083人 8.4%) キムヨネ(1,038人 8.1%) イ・ソンヒ(1,003人 7.8%) イム・ヒョク(766人 6%) イ・ゲイン(575人 4.5%) アン・ソンギ(549人 4.3%) イムヒョンシク(475人 3.7%) キムスミ(454人 3.5%) パクユンシク(351人 2.7%) ゾングァンリョル(250人 1.9%) キョン・ミリ(121人 0.9%) チュ・ヒョン(68人 0.5%)


[ゴーニュース 2006-12-28 22:10] 元記事はこちらから

20061229-10.jpg


※フニ、新人賞おめでとう~^^
ジフニ、ウネちゃんも新人賞上位ですが得票フニの1/10(爆)。ドラマ演技賞に韓流賞も惜しい! 一般評価が低めの「無敵の落下傘要員」や「フライダディ」がMVPを受賞しているのはネチズン投票ならではの結果ですね。


 スター 8人の年越しメッセージ
2006年12月29日 (金) | 編集 |
日が暮れてまもなく新しい日が来る.年越しの感じはこの地のすべての人々に特別だ.惜しさと胸がいっぱいさが交差と,新しい日に対する期待であふれる.今年芸能界でも間違いなく星が浮かんで負けた.今年の一年を派手に送ったスターたちは今どんな心で一年を送っているか.ピ,BoA,イ・ヒョリ,オ・ジホ,キム・ジョンウン,パク・チュンフン,パク・ジニなど(無順) 8人のスターに電話と直接インタビューを通じて一年を送る所感を持った. 文化芸能部

▲凡例
①一番やりがいのあった事 ②一番後悔される事 ③一番嬉しかった瞬間 ④2007年に必ずしたい事 ⑤ファンに与える徳談


‘タイム 100人選定’ 最高光栄
▲ピ(歌手)

①一番やりがいのあった事です?お父さんに家を買って上げた事が最高でした.ちょっと楽な家でお父さん,妹と一緒に暮らしたいという願いがいよいよかないました.
③当然 ‘タイム 100人’に選定された時ですよ.私も初めには信じられなかったです.名簿に入りたいと言ってなるのではないでしょう.もちろん気持ちは良かったんです.
④来年にはアメリカ側で必ずどんな成果を出したいです.アルバムをまともに来書ポンチをくらわして見たいですね.

韓国ファンよく捜す事ができないのが心残り
▲BoA(歌手)

①毎度新聞でばかり見ているカンヌ映画祭に私が直接参加した事です.素敵なドレスを着て有名な人も直接見られました.忘れることができない思い出だったそうです.
②一番後悔される事は韓国ファンをよく尋ねることができなかったのです.日本日程のため韓国活動が疎かだったことが事実です.来年には必ずよく捜すことをご約束致します.
③一番嬉しかった瞬間は 11月私の誕生日の時だったので思い出すのに….初めて 20歳になったのです.ハハ,贈り物もたくさんもらったんです.もう去年に別の運転免許で車道直接運転して見たんです.

‘ゲッチァ’ 盗作是非気苦労
▲イ・ヒョリ(歌手)

②憶えたり,言い換えるのも嫌いだが不本意ながら ‘ゲッチァ’ 盗作是非で気苦労がひどかったです.
④まず歌手として単独コンサートを必ずしたいです.帰って来る 2月デジタルシングルを出しながら歌手活動を再開します.ドラマも新しい心得で始めます.特に歌は一度もして見たことがないミディアムテンポ音楽をするようになるでしょう.個人的には心が通じるボーイフレンドに会いたいです.冬寒波にわき腹が冷えるということを節減しています.
⑤所属社を移して新しく始める一年です.紆余曲折が多かった 2006年をはたいてしまうことができる位に熱心に活動したいです.

中学生ファンが大学生されて感激
▲オ・ジホ(タレント)

①やりがいのある事はどうしても「幻想のカップル」に出演した仕事です.私に 2006年を最高の日に作ってくれたドラマのようです.
③嬉しかった時は一昨日生涯初ファンミーティングをしたが,その日中学生から私のファンだった方が大学生になった今までも忘れないで来てくれたのでした.
⑤いつも笑いを失わないで率直な俳優になります.いつも体お大事に.

彼氏生じたらと思います!
▲キム・ジョンウン(タレント)

②サンツンニョンをそのままむだ使いした事!撮影を控えて美容室へ行けば花嫁化粧をする人々が並んだが,私は男もいなく一年を送ったんです.
③‘演技に深みがあられた’ ‘この前とは違う姿だ’ などネチズンの熱い愛を確認する瞬間のaようです.
④来年です?教会も熱心に通って,良い相棒もマンナヤですよ.ほほほ.

ハリウッド出演成事になったら
▲パク・チュンフン(映画俳優)

①映画 「ラジオスター」に出演したことが一番やりがいのある事だったです.前に出演した映画たちが興行にずっと失敗して俳優としてたくさんくたびれていたんです.「ラジオスター」に出演しながら大きい勇気を得たし自信感を捜しました.
②新年超 ‘チェックイックギ,映画を見ること,運動すること’ など目標を設定しました.ところでやっぱり満たすことができなかったです.来年には演技だけではなく自分自身の啓発のために多くの時間を投資したいです.
④新年には必ず何年前から話が出たハリウッド映画「ビビンパ」が撮影に入って行ったらと思います.毎度撮影を始めると言論に報道が出て私が ‘狼少年’になった感じです.

‘チォンの戦争’ 期待してください
▲パク・ジニ(映画俳優)

①大学院に入学して学校にまた入って行った事を指折りたいです.すごくしたかった勉強をまたするようになって嬉しかったです.学校に入学して無事に期末まで終えることができて幸いです.
③「戻ってきてスネさん」が多くの愛を受けたことも嬉しかったです.
④今年だけ同じだったら良いです.まず来年春封切られる映画「出会いの広場」もよくできたらと思います.そして 1月初から撮影が始まるドラマ「チォンの戦争」撮影も無事に終えたらと思います.また来年秋に生まれる私の初めての甥が元気に生まれたらと思います.

演技者で認められてやりがい
▲ユンウネ(タレント)

①MBC ドラマ「宮」と KBS2 ドラマ「ぶどう畑その男」を通じていよいよ歌手ではない演技者でも認められたのが一番甲裴があるようです.
②後悔,ないです.
③MBC,KBS 両社演技大賞候補に名簿を確認した瞬間でした.

[スポーツカン 2006-12-29 20:41:56] 元記事はこちらから

20061229-6.jpg


※ウネちゃんの写真がないように見えるんですけどわたしの目が節穴でしょうか~?
最後の8人目で急きょ決まったのかなあ、それともこのブタ!?(爆・by チェジュン)


 2006年一番きらめいた新星たち
2006年12月29日 (金) | 編集 |
2006年演芸界の最大の収獲の中で一つは太めな新人たちが大挙誕生したということ.特に新人たちの活躍が輝いた一年と整理しても良さそうだ.新人たちの活動舞台が徐徐に狭小になっている状況でも何人の新人たちは優にシンドロームという表現しても構わない位の猛烈な活躍をふるった.ここに各分野で旺盛な活動で今年の一年を派手に飾った新人たちを一所に集めた.

▲イジュンギ-コアソン,千万観客の足長さ無駄ではなかった

イジュンギ位忙しい一年を送った新人がまたいるか.イジュンギは ‘女よりきれいな女’というタイトルで彗星のように忠武路に現われた.映画 「王の男」がくちのうわさに乗ってフングヘングモルイを始めながら中性的な魅力のコンギルを消化したイジュンギに関心が零れ落ちたこと「王の男」で一気に忠武路のトップスターで浮び上がったイジュンギはたちところに演芸街のブルーチップで浮び上がった.映画が興行記録を引き継いで行っていた頃彼の記事に壁貼りされない日がない位だったしクロスセクシュアルという文化現象まで主導した主人公だ.

「王の男」に引き続きポンジュノ監督の 「グエムル」が忠武路の千万観客熱風を引き継いで行った.化け物みたいな配給力で劇場を一人占め,興行神話に論難がおこったりしたが映画の中聡気越すコアソンの演技だけは観客の視線を捕らえるには不足さがなかった.ソン・ガンホ,ビョンフィボン,パクヘイルなど名うての俳優たちの間で全然引けを感ずることなしに自分の分をつくし出したコアソンに結局青竜は新人賞を抱かれてくれるまでした.この以外にも「天下壮士マドンナ」のリュドックファンと長年の無名生活終りに 「死に物狂い」で主要映画祭の新人賞を荒したツザヒョンも今年映画界を輝かした ‘新星’らがだ.

▲ビッグバン-スーパージュニア,次世代アイドルグループの先頭走者

歌謡界にも映画界に比べるに値する新人たちが誕生した.YGエンターテイメントと SMエンターテイメントで野心満々と掘り出したビッグバンとスーパージュニアだ.デビューするやいなや自分たちの存在感を確かに認識させたビッグバンは行く所ごとに話題を催しているし実力まで兼備したアイドルグループという点で断然注目されている.

スーパージュニアも今年の一年を一番輝かした新人歌手に違いない.今年主要授賞式の新人賞を荒しているまた一つの次世代アイドルグループであるスーパージュニアはメンバーたちが 13名もなって見たら一舞台にすべて上がることができない場合もたびたびあるがメンバーひとりひとりの力量がすぐれて才が多くてドラマと芸能プログラムを通じて頭角を現わしている.以外にもシヤとブラウンアイドガールスが歌謡界を輝かした今年の新人で数えられる.

▲ドラマを輝かした新人たちは推し量りにくくて…

一番多い新人を排出し出した所はどうしても TVドラマ分野だ.放送社あまり大きい活躍を見せた新人たちをよく見れば次のようだ.

SBS-「恋愛時代」のイハナとイジンウク

「恋愛時代」は今年ドラマの中でまねで数えられる作品の中で一つだ.ここに気成演技者たちの延期は言うまでもなかったし新人であるイハナとイジンウクも断然引き立った.特にイハナはソン・イェジンとそっくりな外貌に犯接することができない考え方などアンバランスなキャラクターで視聴者たちに注目をぽつんと取った.イジンウクも SBS ドラマを通じて旺盛な活動を見せて視聴者たちに顔を知らせた新人演技者だ.イハナと同じく「恋愛時代」で好感を得た彼は以後「スマイルアゲイン」で主演級の演技者で抜擢する幸運を享受した.

KBS-1TV 「十九純情」のグヒェソン,2TV「噂のチル姫」のパクヘジン

KBS は今年最大のドラマ受恵を着た.月火ドラマを除いた大部分のドラマで KBSは視聴率競争で数等先に進んで 2006 ドラマ王国で浮び上がった.特に「十九純情」と 「噂のチル姫」は 40%の視聴率を上回って MBC 「朱蒙」劣らない関心と愛されている.その中でも「十九純情」のグヒェソンと「噂のチル姫」のパクヘジンは今年 KBS ドラマが掘り出した輝く新人たちだ.だけでなく「朱蒙」に対立して屈せずに 10%台の視聴率を守り出した「ぶどう畑その男」のオマンソクも実感の出る田舍青年演技で視聴者たちの大きい愛を受けた.

MBC-「宮」のユンウネとチュジフン

MBC は何といっても「宮」カップルの活躍を漏らすことができない.「宮」を通じて歌手で演技者で生まれかわったユンウネとモデルで演技者で変身したチュジフンはこの作品一つを通じてトップスターになった.原作マンガの中人物とイメージが似合わないという理由で手始めの前から袋叩きを手酷く当たったりしたが回を繰り返えしながら楽しさに楽しさを加える話となんだかんだと言いながらもこれよりもっとよく似合うことができない鏡餠カップルを見る楽しみに視聴者たちは「宮」に沸き返え始めた.たとえシーズン 2柄である「宮S」ではこれらを見られないがまだ「宮」のベストカップルはユンウネとチュジフンだ.

毎年多い新人たちが溢れ出るが漸次的に新人たちの立つ舞台は減っている.歌謡界はアルバム市場自体が崩壊危機に置かれていて新人の位置づけること自体が大変な状況でドラマや映画の場合視聴率や興行に関心が硬度されていてみると神さまである起用をしきりに憚る.そうしたら ‘今年の新人’と言うに値する人物たちがますますもっと目立たなくなった.それにもかかわらず今年は難しい与件の中でも新人の活躍の姿が輝いた.持続的な芸能界の発展のためには力量ある新人たちがたくさん登場しなければならないことは言うまでもない.来年にも今年劣らない傑出した新人たちが大挙誕生するのを希望して見る.

[OSEN 2006-12-28 07:38] 原文はこちらから

20061229-3.jpg


※やっぱり”MBCは何といっても”「宮」でしょう~。
「朱蒙」は3月まで放送延長、来年の演技賞も圏内ですから今年は何とか「宮」に出来る限り花を持たせて欲しいです~。あとは「幻想のカップル」をなんとかせねば(-_-;


 今年インターネット人気キーワード,'イジュンギ'と '朱蒙'
2006年12月28日 (木) | 編集 |
ケーブル TV 総合娯楽チャンネル tvNは年末特集で '2006 大韓民国検索語'を選定して来る 28日と 29日,両日間夜 11時に放送する.
歌手ギルゴンが進行する年末特集 '2006 大韓民国検索語' 時間には 28日上半期,29日下半期検索語順位を発表して,今年の一年起った事件や事故,今年の人物に対して整理する時間を持つようになる.

その結果,上半期検索語では 5位時青女,4位 SS501 ストーカー,3位ユンウネ '宮' 2位町内手帳,1位イジュンギシンドロームが占めたし,下半期には 5位林債務コミンビョンシン,4位ドエンザングニョ,3位ユノ-ユンホ飲み物テロ,2位漢江化け物写真,1位朱蒙が順位に上がった.

以外にもユ・ジェソク熱愛説と非妹さん,イ・ヒョリ生活記録部,芸能人セングオル,芸能人屈辱など芸能人たちの私生活と係わる検索語が高い順位を占めたし,頂点ダンス,肢端鉢合わせなどワールドカップと係わる単語たちも目立つ.
特に,2006年社会的に大きいイシューになった地下鉄結婚式動画と現代版奴隷動画,北核実験成功なども他の日に見られなかったニュースだ.

上下半旗検索語順位選定は先月 27日から 20日間 tvN ホームページを通じて進行されたし,ポータルサイトで 2006年一年の間ネチズンたちが一番多く検索した検索語の中で上下半旗それぞれ 50個を選定した後,ネチズンたちが上半期,下半期最高検索語に対して 3種ずつ投票した.詳しい結果は次のようだ.

ネチズンが一番多く捜した上半期検索語 1位~10位

1位: イジュンギシンドローム
2位: 町内手帳
3位: ユンウネ ‘宮’
4位: SS501 ストーカー
5位: 時青女
6位: イ・ヒョリ生活記録部
7位: ギムワンソブ妄言
8位: 頂点ダンス
9位: 芸能人セングオル
10位: パク・グンヒェ被襲

ネチズンが一番多く捜した下半期検索語 1位~10位

1位: 朱蒙
2位: 漢江化け物写真
3位: ユノ-ユンホ飲み物テロ
4位: ドエンザングニョ
5位: 林債務コミック変身
6位: カン・ホドンルーマー 3種セット
7位: 海話
8位: ユ・ジェソク熱愛説
9位: 4億少女近況
10位: 李議定脳腫瘍


[マイデイリー 2006-12-27 10:04:57] 元記事はこちらから

20061227-1.jpg 20061227-2.jpg


※意味不明なキーワードも多々ありますがそのままでスミマセン。
いろいろありますが上半期ウネちゃん3位は立派です~。ウネちゃんに限らず「宮」だけでもかなり高ポイントだと思うんですけどね。


検索といえばちょっと驚いたのが最近宮関連サイトは増えたかなあとキーワード検索を一番シンプルに「宮」でググってみたところ、約 39,200,000 件中当ブログ2番目ヒット、テレ東サイトより涼宮ハルヒの憂鬱オフィシャルサイトよりも上にいかせていただきました(爆)。どういう基準なんでしょうわたしのパソコンだからかなあ。でもヤフーだと全然なんですけどね。ビビりましたがかなり嬉しい^^ 


 2006 ドラマ,'ワンサガジ'ら大車輪
2006年12月24日 (日) | 編集 |
今年ドラマは ‘ワンサガジ’らが特に愛された.悪い男だけ浮かぶと思ったら ‘ワンサガジ’なら男でも女でもすべて浮かぶことができるという事実を今年ドラマたちが見せてくれた.新人をスターに作ったし負ける星をまた浮かぶようにした.‘ワンサガジ’のパワーはすごかった.2006年を輝かした ‘ワンサガジ’らを一所に集めた.

「宮」チュジフン,‘ワンサガジ’で申告式ぱんぱん!

新人が一気にスターになるのは夢のまた夢位難しい事.しかしチュジフンは「宮」で皇太子であった役目で一気に注目された.手始めは飛虎感一色だったが-原作マンガ「宮」の中のイシンのイメージに相応しくないと言って-回を繰り返えすほどイシンらしい魅力を発散して飛虎感で好感に後ろ向きになった.大人たちの間の約束のため仕方なくシンチェギョン(ユンウネ扮)を花嫁に受け入れた彼はシンチェギョン村八分の 1人者だった.ミンヒョリン(ソンジヒョ扮)にすること,半意組ばかりしても憎さをより少なめに受けたでしょうに関心と苦しめることを混同してシンチェギョンに ‘ワンサガジ’で烙印を押された.特にモデル出身らしいエゴイスチックな ‘ギロックジ’は皇太子の姿態をもっと輝かしてくれた.

「噂のチル姫」 チェジョンウォン,概念喪失ミチルが~

今年チェジョンウォンは不本意ながら憎さをたくさん受けなければならなかった.「噂のチル姫」で引き受けた役目のため.劇中のナミチルは名品に狂った女人だ.そのお陰にナミチルのファッションアイテムが話題になったりしたが能力もないのに名品だけ事大は筒に視聴者たちの袋叩きをたくさん当たった.カードもたらした勿論で社債まで手を出してナソルチル(イ・テラン扮)に助けを求めるが自分の過ちは分からなくてお金を出さないとかえって性質だ.結婚しても夫の内助はなおざりにして自分しか思うことができないエゴイスチックな考え方に視聴者たちは感嘆した.

「空よ」&「触りなくこんにちはキック」パクヘミ,付いて来るはずならよって来て見て!

‘ワンサガジ’と言えば 「空よ」のキムベドクを右に出る者はいないよう.ミュージカル学んだパクヘミは「空よ」出演ですごく悪口を言われなければならなかった.善良なイジャギョン(ユンジョンフィ扮)を熱心に苦しめていじめたお陰に彼女は現在シチュエーション・コメディー「触りなくこんにちはキック」でもわがままな嫁女役目を引き受けてテレビ劇場に笑いをプレゼントしている.

「幻想のカップル」 ハンイェスル,コだってしてからは~

今年一番多い愛を受けた ‘ワンサガジ’と言っても過言ではない.ハンイェスルは 「幻想のカップル」を通じて彼女の価値を再評価受けた.天上天下唯我独尊だと世の中に恐ろしいことも荒いこともない.それで言葉も貸借なの吐き出す.その中でも ‘コだってしてからは~’と言う言葉は流行語で落ち着いた位.そのお陰に視聴者たちは週末夕方を愉快に時間過ごすことができた. インターネットで ‘ワンサガジ’を検索すれば ‘ハンイェスル’という名前に壁貼りされることだけ見ても今年のベスト ‘ワンサガジ’はハンイェスルが間違いない.

「雪の女王」ソン・ユリ,私は氷姫キムボラだ!

「雪の女王」でソン・ユリが変身をはかった.善良で女らしいイメージを脱ぎ捨てて冷たい氷姫で変身したこと.病院で騒ぎ立てる会ったハンドック (ヒョンビン扮)を個人運転手に雇うなど下である使うように対する.利いた風は空を突いて高慢なことの劇を走る.わがままだと悪口は食べても人気は最高だ.たとえ 「朱蒙」の陰に隠れて光一度見られない「雪の女王」だがソン・ユリがこの作品を通じて ‘ワンサガジ’で変身を試みたという点は人目を引くに十分だ.

「恋人」 イ・ソジン,‘ワンサガジ’ 親分様~

放映中の「恋人」でイ・ソジンの引き受けた役目はわがままなやくざ親分ハガンチェだ.わがままなこともユンミジュ(キム・ジョンウン扮)前でだけだ.どんなに性格がざらざらしてつやがないのか毎度彼女を馬鹿に作る.もちろんユンミジュがハガンチェを気に掛けているからだが.このごろ 「恋人」は「ファン・ジニ」がでんと堪えている状況でも回を繰り返えすほど視聴率上向きを見せて人気独り占め中だ.ロマンチックコメディーの 1日付けキム・ジョンウンもキム・ジョンウンだがイ・ソジンのわがままさがキム・ジョンウンとなんだかんだとアンサンブルを成して楽しさを導き出しているからだ.

‘ワンサガジ ’ キャラクターは次のような共通点がある.自信感が科するというのと一様にずば抜けた外貌,そして豊かな家都合まで.お金あって偉かったらわがままでもドエヌニャであり非難を浴びたりするが反対にこれらを通じて視聴者たちは代りに満足とともに楽しさを感じる.悪口を言われながらも愛される理由がすぐこのためだ.来年にもどんな ‘ワンサガジ’らがドラマを輝かすか期待して見る.

[OSEN 2006-12-24 08:20] 元記事はこちらから

20061224-1.jpg


※ナップンナムジャなのに回を追うごとにどんどん好きになっちゃうワンサガジ(笑)。
一番にシン君(=ジフニ)が取り上げられてなんか嬉しいです~^^


ちょっと文字変だったり見にくいところはありますが、やっぱクリスマスカラーがいいなあと、テンプレ変えてみました! 今日明日はこのままで^^

 MBC,2007年 'ドラマ王国' 再挑戦(?)
2006年12月22日 (金) | 編集 |
「太王使臣期」「ナプンヨザチァックハンヨザ」などで勝負の賭

MBCにあって去年は悪夢とも同じ一年だった.年初からイ・サンホ記者の 'グッチ百波紋',コーチの性器露出事故,常住惨事など大型悪材が続きながら創社であると言う最悪だと言っても過言ではない一年を送った.今年も野心満々と企てたドラマ「オオカミ」が出演者たちの交通事故に座礁されたら, 'ドラマ王国'という昔の名声にふさわしくないようにしばらくドラマが沈んだりした.下半期に入って「キツネちゃん何してるの」,「幻想のカップル」などが少し力を出したりしたが,それさえも「宮」と「朱蒙」がなかったら MBCの 2006年は本当に憂鬱な所だった.

そうだった MBCが果して 2007年には笑うことができるか.

まず MBCは大作たちを布陣させながら 'ドラマ王国'への再跳躍を夢見ている.
MBCは多くの期待を集めたペ・ヨンジュン主演のドラマ「太王使臣期」を来年 5月頃「朱蒙」の次次期作で編成して放送する予定だ.おおよそ 300億ウォンの超える製作コストが投入される「太王使臣期」はドラマ版「ロード・オブ・ザ・リング」でつとに関係者たちの間にくちのうわさが立っている作品.

また MBCは「離散-正祖大王」を製作,放送して史劇ブームを引き続く計画だ.「離散-正祖大王」は朝鮮王朝の中興期を謳歌した情調(本名離散)を主人公で扱った大河史劇だ.

'スターPD'の起用も期待を集める部分だ.まず来年 1月1日から放送する帯ドラマ「ナプンヨザチァックハンヨザ」から気を引く.帯ドラマとしては破格的にチェジンシルというスーパーエースを投入したこのドラマの演出は「ガンバレクムスン」,「ロマンス」などを作った李対英 PDだ.そして「ホジュン」, 「大長今」などを演出した '大当り史劇製造期' イ・ビョンフン PDも実家である MBCで復帰して「離散-正祖大王」の演出を引き受ける.

しかしなによりも MBCは今年の秋断行した破格編成の效果を来年には初めて見られることで期待している.帯ドラマ「ナプンヨザチァックハンヨザ」は KBS1「十九純情」の後続作である「空位地位」より 2週先に放映される予定.このためにどの位 '先行獲得效果'を出すことができることで期待している.KBS1 日々劇と同時間帯に放送されるシチュエーション・コメディー「触りなくこんにちはキック」の再放送視聴率が高いことも期待を高める要素だ.

MBC チェ・ヨングン芸能局長は "「十九純情」が終映されれば「触りなくこんにちはキック」の本番視聴率も急激に上がることで信じている"と言った.
ところである位ところである MBCが来年にはどんな顔をしようか.MBCが投げた勝負の賭の結果が注目される.<

[スポーツ朝鮮 2006-12-21 12:40] 元記事はこちらから

※MBCが2006年演技大賞で「宮」への恩を忘れた扱いをしようものなら許しません(-_-;

 シン・スンフン,日本人たちが選んだ韓国最高歌手 1位
2006年12月19日 (火) | 編集 |
'バラードの皇帝' シン・スンフンが韓国の文化と芸能,旅行情報などを案内する日本語サイトで韓国最高の歌手を選ぶネチズン投票で 1位を走っている.
シン・スンフンは韓国文化芸能専門サイトイノライフ(INNOLIFE)で実施している '2006年日本ファンが選択した最高の寒流スター' イベントで歌手部門 1位を疾走している.

シン・スンフンは 18日午後 5時30分現在 47.6%の支持率でソン・シギョン(17.9%),ピ(13.3%) セブン(11.1%) 東方神起(10.1%)を圧倒的な差で追い抜いて先頭を守っている.

去る 16日始まって来る 28日まで進行される今度投票で最高歌手部門には 375人が投票に参加してシン・スンフンは 178人から 'クリック'を受けた.シン・スンフンは去る 2004年コンサートを始まりに日本舞台に正式で第一歩を踏み出したし,二枚のシングルと一枚のアルバムを発表した.
シン・スンフンは現在日本に 'シンフォニー'という名前の日本ファンクラブが自生的にできたし,シン・スンフンが公演をする度に韓国を尋ねている.

一方 2006年日本ファンが選択する最高の韓流スターイベントはドラマ,映画,歌手,最高人気スターなど皆 4個部門で進行中だ.
ドラマ部門ではキム・レウォン、チョンリョウォン主演の「お前はどの星から来たの」が 48.4%の支持率記録して 43.8%の支持率を記録した「宮」を追い抜いて先頭を疾走している.男タレント投票ではキム・レウォンが 75.4%で圧倒的な先頭を守っているし,女タレント部門ではユンウネが 58.2%の支持率で 1位を走っている.

人気映画順位では「王の男」が 50.0%で,31.3%を記録した「卑劣な距離」を追い抜いて先頭に出た.アクター部門ではイ・ビョンホンが 63.0%で圧倒的な 1位を記録中であり,女俳優部門では中堅俳優キムヘスクが 39.7%の支持率を記録してイナヨン(25.4%),イムスジョン(20/6%)を追い抜いて 1位を記録して雪道を集めた.
新人部門ではイジュンギとイヒョニがそれぞれ 77.6%,90.5%で 1位を守って日本人たちに高い人気を感じさせた.

[スターニュース 2006-12-18 18:54] 元記事はこちらから

※そんなの聞いてない~ということで慌てて投票してきました!
イノライフさんの投票ページ「2006年最高の韓流スターを選ぼう!」はこちらからどうぞ~。
しかしドラマ部門最高男優賞候補にジフニがいないってどうよ(-_-;
ちなみにいまはドラマ部門「宮」が一位です!ご協力よろしくお願いいたします~。
それにしても投票数少なすぎ、日本未公開作含みで選定基準も謎ですね(爆)。


今日はここまででご勘弁を(笑)


 2006 ドラマ悲喜交差 “史劇,コミック浮かんで VS メロ,大作ミニシリーズ至高’(放送界決算)
2006年12月19日 (火) | 編集 |
2006年今年の一年ブラウン管を占領したドラマたちはどうかな?
多事多難だった一年が暮れるこのマムテテレビ劇場を泣かして笑わせたドラマたちを整理して見る.

高句麗に代表される ‘史劇’ 熱風!

今年最高の視聴率を記録したドラマは MBC「朱蒙」だ.去る 5月 15日放送を始めた以来 12月 5日までの平均視聴率は 38.5%だ.(TNSメディアコリア集計) 自体最高視聴率は 11月 14日 48.1%だ.
「朱蒙」は高句麗を建国した朱蒙の一代記をフュージョン史劇で描き出した.「朱蒙」の後を引き継いだ高句麗史劇 SBS「ヨンゲソムン」と KBS 1TV 「テゾヨン」も皆 20%が越える視聴率を見せながら人気を呼んでいる.

これらドラマは今年の初中国の東北公正プロジェクトとかみ合って検証しにくい古代史と莫大な製作コストにもかかわらず視聴者たちの人目を引くのに成功した.
敢えて高句麗ではないとしても史劇は今年の一年ドラマ興行コードだ.今年 3月終映された百済の王子書童を扱った SBS 「ソドンヨ」は平均 23.5%の視聴率を記録したし現在放送中の KBS 2TV 「ファン・ジニ」も世間の話題を集めている.

期待 ‘大作’ ドラマ惨敗.メロ色焼け!

今年ドラマ界で抜くことができる奇現象の中で一つが興行保証小切手ドラマたちの惨敗だ.
「天国の階段」の後続編ように今年初期待里に放送された SBS「天国の樹」は MBC「宮」に滞って 10% 内外の哀れっぽい成績を出した.
韓流ドラマの援助と同時に名前だけでも視聴者たちの心をときめくようにした季節連作ドラマ最終作 KBS 2TV「春のワルツ」はもっと悽惨だった.力強い競争者もいなかった春,一席大義視聴率に静かに終映した.

「ごめん、愛してる」のイヒョンミンPDがメガホンを取ってヒョンビンソン・ユリが主演した KBS 2TV「雪の女王」と「恋人」シリーズの最近作 SBS「恋人」も現在放送が盛りだが今までの成績表は期待以下というのが一般的な坪だ.このような ‘大作’ドラマの惨敗はその間視聴者たちの涙漏れることを刺激したメロ物の色焼けと連関が深い.

固陋な三角関係に主人公が不治病にかかって結局死ぬという設定の催涙性メールでがこれ以上視聴者たちに楽しさを持って来てくれることができなかった.代わりに史劇といっしょに軽いタッチでコミックさが強調されたいわゆる ‘若いドラマ’が宣伝した.
「天国の樹」は 「宮」に,「春のワルツ」は MBC「お前はどの星から来たの」に視聴率で敗れたのが代表的な事例だ.

長編ドラマ全盛時代.ミニシリーズ沒落!

今まで人気と話題を集めたドラマ種類は 16部作に代表されるミニシリーズだった.しかし素材と内容の限界を持ち出したミニシリーズに視聴者たちは徐徐に食傷することを感じてチャンネルを回した.今年視聴率 10位中に至ることをあげたミニシリーズは 9位 SBS「マイガール」と 10位 MBC「宮」二つの作品が全部.

これに比べて日々劇と週末劇など長編ドラマたちは人気高空行進をした.「朱蒙」を除いた視聴率 6位までは皆週末劇と日々劇が占めた.
KBS 1TV 日々劇 「変な女変な男」は 34.5%で 2位に上がったし後続作 「十九純情」も現在 40%台を出入りしている.
放映中の KBS 2TV 週末劇「噂のチル姫」は 3位(32%)に,SBS 週末劇「空よ」は 5位(30.6%)にそれぞれ上がった.

刺激的ドラマ ‘ヨックモックウン位視聴率上がったな’

2006年は悪口を言いながら見るドラマがきらめいた.
代表的なドラマがすぐ SBS 空よ」と KBS 2TV「噂のチル姫」.
「空よ」はハンフェだけ抜けても理解がヒムドルゾングドの複雑な人物関係と事実が分からなかったまま結婚した異母姉妹間の愛,不倫などで多くの叱咤を受けた.しかし人気は視聴者たちの批判に比例した.「空よ」は毎回話題を流して週末アンバンググックを平定したし今年最初で 40%を越えたドラマに記録された.

「噂のチル姫」も現在刺激的なせりふと一男を愛した姉妹話で叱咤を受けた.ところが結果はやっぱり.終映を控えて「噂のチル姫」は「朱蒙」に引き続き不動の視聴率 2位を固守している.

人気尺度視聴率全部ないの!オンラインがトッダ!

その間ドラマ人気を見積る制である重要な手段は視聴率だった.視聴率数値はドラマ認知度はもちろん収益性まで区別してくれる尺度で放送社及び製作社は視聴率 1~2% 差に悲喜が行き違いながら泣いて笑った.しかしこんな世相が変わった.すぐインターネット上の反応が視聴率と関係なく現われたから.

代表的なドラマは MBC「宮」だ.「宮」は最終回まで 30%の視聴率を越すことができなかった.平均視聴率も 22.6%だ.しかしその話題性は 50%台ドラマ劣らない.主演ユンウネ、チュジフン、キム・ジョンフンは一躍トップスター班列に上がった.「宮」の後続をおいて現在嫡統性論難までおこった.撮影中の「宮S」のキャスティングを置いてセブンはもちろん新人と違いなかったホイジェ、カンドゥなどは大衆の関心の真ん中置かれた.

MBC「幻想のカップル」もインターネットが育てたドラマ.去る 3日終映した「幻想のカップル」の最終回視聴率は 22.7%だ.同時間帯の「テゾヨン」を遂に過ぎることができなかった.しかしオンライン相議人気は 「テゾヨン」をしのいでから以前だ.‘アンナ組’ ハンイェスルのファッションは話題の対象だった.また ‘コラジしてからは~’と言うせりふはインターネット検索語順位を平定した.
KBS 2TV「ファン・ジニ」も 20%台中盤の視聴率だがその話題性は視聴率をずっとしのいでいるという評価を受けている.

[ニュースエン 2006-12-14 07:59] 原文はこちらから

20061218-3.jpg


※日本のどれだけの人が「天国の樹」「春のワルツ」の韓国での評価をご存じなのでしょう。
でも「宮」のことはべた褒めです^^



 今年ニュース一番多く弾ドラマ
2006年12月17日 (日) | 編集 |
MBC「朱蒙」1位 高句麗史劇ブーム主導

2006年どのドラマが一番多くニュースに乗っただろうか.
ドラマがニュースになるということは人気や問題が多い作品だったという意味だ.主要ポータルサイトを通じて言論で挙論されたドラマ 1~5位を検索した結果 1位は MBC「朱蒙」で現われた.「朱蒙」は今年放送されたドラマの中で視聴率 1位を記録したし,テレビ劇場に高句麗史劇ブームを起こした主人公.歴史歪曲論難,落ちる劇的完成度と無理な延長論難の当社自分もした.

2位は MBCの「宮」で 2,537回記事化された.ユンウネ,キム・ジョンフンなどが出演したし,韓国が立憲君主制という設定の下平民女と王族の間の出会いという異色素材を利用して共感を得た.

3位は SBSの「空よ」で人気も多かったが自分の娘を嫁女にする内容などで論難になった.ミンオンリョンから今年一番悪いドラマに選定されたりした.
4位と 5位は SBSの「ヨンゲソムン」と「愛と野望」がそれぞれ上がった.「ヨンゲソムン」は高句麗ドラマの一軸で期待されたが不始末な戦闘場面と不足な劇的構成などで指摘を受けた.「愛と野望」はキム・スヒョン作家の作品という事実だけでも人目を引いたドラマだ.

このようなニュ-スタンドラマ順位は今年視聴率順位とはちょっと差がある.TNSメディアコリアによれば 15日現在 2006年最高視聴率ドラマは MBC 「朱蒙」,KBS1「変な女変な男」,KBS2 「噂のチル姫」,KBS2「悲しみよこんにちは」,SBSの 「空よ」順序だ.

[ソウル経済 2006-12-17 19:15] 元記事はこちらから

※「宮」はドラマ放送前から終映時が経っても、わたしの毎日の更新が困らないというよりむしろ大変なくらい日々新着記事があがってきましたので納得の結果と言えますが、MBC演技大賞で「宮」を脅かす「幻想のカップル」や「キツネちゃん何してるの」は一体どこに!?

たとえ恩知らずのMBCからどんな評価を与えられないとしても、ドラマを知っている人ならこの不自然さを感じていただけるはず。韓国のマスコミ、メディアには2006年ドラマ界での「宮」が為し得た功績を正統に評価していただきたいものです~。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。