★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 【第9話】あらためて本日の所感を簡単に
2006年02月09日 (木) | 編集 |
ソンジヒョ・チュジフン、タイ密会に視聴者たち注目


秀麗な映像に視聴者たちの視線を捕らえている MBC 水木ドラマ「宮」(シナリオ:インウナ、演出:ファンインルェ)が主人公 4人の間に結まれた愛話を本格的に展開しながら人目を引いている.
8日に放送される「宮」9回では '皇太子' チュジフンがプリンセスである 'チェギョン'(ユンウネ)を置いてガールフレンド 'ヒョリン'(ソンジヒョ)と哀切なキスを分ける予定イヤー書つとに視聴者たちの間で波長がおこっている.

一人きりタイ外交訪問の旅程に上がったチュジフンは意図的に空港にやけどしようとしたがつけなさいといいながらデートを誘導するソジヒョとともにある途中パパラッチに追い回されるようになる. イギリスのカミラになるという野望を解くことはソンジヒョは空港で別れる直前チュジフンに意味深長なほほ笑みとキスをするようになりながらチュジフンはもっと困難な状況に処するようになるということ.

もう 9回予告篇でソンジヒョとチュジフンのキス場面がこっそり公開されると, 視聴者たちはドラマホームページに絶対あってはいけないこれと言いながら不満を糾弾している. チュジフンとユンウネの愛が成り立つように願う大部分の視聴者たちは 「他の女とキスすることならどうしてそのようにチェギョンと親しかったか」,「どうして所帯持ちの男を誘うのか」などの文を書いてチュジフンとソンジヒョに対する恨みの文を書いている.

また他の視聴者は「ファーストキスはチェギョンとするのを願ったが, たまに起きたハプニングだからあまり気を使わない」と驚愕した視聴者たちを慰める姿を見せたりした.
一方これを分からないユンウネは宮内外で大変な状況に置かれるようになりながら切なくチュジフンの連絡を待って恨む心だけ大きくなるようになる. ユンウネは結局チュジフンが去っているうちにキムジョンフン(ユル)に頼るようになってキムジョンフンはユンウネに向けた心を露骨的に現わす予定だ.
特にこの日放送ではチュジフンの心を回って立てようとする '初恋' ソンジヒョの活躍が視聴者たちの人目を引くことと予想される.

[マイデイリー 2006-02-08 08:40]

20060209-1.jpg





感想スレのレスもまだなのにとりあえずこちらからスミマセン。
今日はあまりに胸苦しい1時間で、まだショックから立ち直れず現実に戻ってくるのに時間がかかりました(爆)。
いや~、先週までのシンはいずこに、チェギョンとユルのツーショに心乱れていたんではなかったのー?;;

タイではすこしもチェギョンのことを思い出す素振りも演出もなく、宮でシンを想いながら眠れぬ夜を過ごすチェギョンが切なかったです。
そしてヒョリンめ(-_-+ 異国で大胆になったのか、余裕すら感じるほどシンに大接近。今日はヒョリンの声ばかりがやけに耳に残りました。トカゲにおののきベッドの上で正座なシンにくらべてよっぽど男らしいし(笑)、でももう一匹トカゲ登場にきゃーっとシンに抱きつく、、、これって計算ずくなんじゃ(-_-;
上の写真右ですが、その時の別カットでしょうか。なんかやけにシンが積極的に抱き寄せてるんですけど(怒)。

演技初体験、撮影開始直後ということでぎこちなさを隠すために台詞少なめだったのでしょうか。あまりにも少なすぎ、、、というかしゃべってるシンの記憶がほとんどないんですけど(笑)。放送順は当然わかっていながら撮影スケジュールを立ててはいると思いますが、あまりにも前後のつながりが不自然な印象を受けた回でした。(シン&ヒョリンの部分)ユル君&オンマは着々とそれぞれの思惑を遂行している様子。ユル君は長台詞がんばりましたね。ユル君もチェギョンも、自分の気持ちに確信を持って堂々と口にしますが、それぞれ皆片想いで想いは行き場を失い漂っているところ。シン君には早く帰国してもらい、この霧を晴らしてもらいたものです。

それにしても今日のシン君はむちゃむちゃ罪だわ~。チェギョンを寂しがらせ、わたしまで苦しめて~~~(爆)。
ヒョリンの腕をつかむわ、手も繋ぐわ、なんだかデートな1日の締めくくりにキスされてビックリ眼するも許すような、愛おしむような、眼差しを向けて、、、。今日の行動については帰国後はっきり説明して欲しいですねっ(-_-;。

、、、だめだまとまりつかないままこんな時間に。
とりあえず明日を見てからまたまとめ所感ということにします。ウイリアム王子は一体!? バイクシーンは明日なの!? など謎を残しつつ10話へ続く!

スポンサーサイト

 【大予想】いきなり最終回その1(爆)
2006年02月02日 (木) | 編集 |
ふと思ったんですけど昨日のチェギョン家族との団らんの様子を見てますと、シンはああいった環境での庶民的な生活というものにささやかな幸せと安らぎを見いだしていましたよね。

、、、てところから、皇太子シンは皇位継承権を自ら放棄しユルに与えて(ユルはヒョリンと結婚)、民間人となってチェギョンとチェギョン家族と慣れない野良仕事や(笑)なにかで汗水垂らしつつお金では買えない幸せと、愛する人と共に生きる喜びを実感、チェギョンと笑ったりケンカしたりしながら幸せに暮らしましたとさ! 
う~ん、逆シンデレラ物語!!!(爆)

、、、まだこれからお風呂だというのにパボ話スミマセン。聞き流してください。。。

※新書館さん「らぶきょんブログ」によると、ドラマ、小説、そして本家の漫画原作とエンディングは3バージョンあることに。とりあえずドラマはどうなる!?な大予想を勝手にしちゃうことにしました。思いついたらまたアップします! ちなみに公式サイトでもこんな企画やってますね。投稿するにはもうちょっと細かく作り込まねば。。。

 気がついたことあれこれ&第3週所感の補足
2006年01月30日 (月) | 編集 |
カラダがだるくて風邪っぽかったので外出の約束を返上したくせにまたこんな時間まで・・・(爆)。しかもかなり横道走ってるし。
今日はせっかくの休日なので贅沢に1~6話までを見直してみました。詳しい所感までは書いている時間はないのですが、いままで気がつかなかったこと~というか気づかなくても困らないけどせっかくなのでメモメモ!

第1話

ユル君が読んでる本はアーサー・ミラーの「Broken Glass」
アーサー・ミラーは1994年の作品Broken Glassの舞台を1938年に設定していて、ナチスによるユダヤ人の迫害が大きなテーマとなっている本作品のなかで、医師のHymanに「ナチスは長くは続かない。すぐに終わるだろう」と繰り返し語らせる。ユル君こんな難しい本読むから眠くなるのよ(-_-;

第2話

キムヘジャ先生扮する皇太后様が見てるのは「私の名前はキムサムスン」第13話。雪山下山後、サムスンのお腹枕が気持ちがいいとごろごろするサムシクが最高の場面に大笑いのヘジャ先生でした。

ユル君とシン君のティータイム場面でクマと遊ぶシン君。(シンがユル君の後ろ頭をふわふわとなでるのがまたツボ)
部屋にひとりになり物思いにふけるシン君、、、机には目を覆ったクマ君が。

第3話

映画好きなシン君のお部屋で、ユル君と話しながらくつろぎ読んでいるのは映画雑誌「CINE21 476号」表紙はチョンウソン。ちなみにあちこち探したけど品切れでした。(ってあってもこれは買いませんよ~買いそうだけど)

XLcine476.jpg


、、、、、どうでもいいですね(笑)。
あと第4話で皇后様やみ~んなで見てる映画は「スキャンダル」(多分)とか第6話でシンが眠そうに見てるのはドラマ「青春の罠」とか。
気がついたらメモっておこうと思います~。


で、本題の5、6話の展開はむちゃむちゃチェギョンとシンの心の距離がぐっと近づいた感じで目が離せませんでした!
両親に会いたいと鼻を真っ赤にするチェギョンの泣き顔をみて意外な展開にびっくりなシン君。さすがに哀れに思ってか優しく接してくれましたねえ。バカバカーって感じのチェギョンの手を包み込んでぎゅ~っとおろしたシン君、まだ妹でもできたような感覚なのかなあ。
でもチェギョンがユル君と一緒にいるところを見るとなんだか苛立ったりして。F4がなんかいやみなことを言った後もチェギョンをかばうようなこと言ったみたいだし、だんだん気になりだしてます!

チェギョンはチェギョンで親元から離れて頼りにできるのは愛はなくとも夫シンなわけで、美術館での卵事件で皇太子としての責務を負いこれまでも、これからも生きていくシンの孤独な一面を目の当たりにすると、ただの傲慢なやなやつから見方がかわるのですね。後ろからハグっとかしたりして*^^* 
(ここ、シン君の一見無表情ながら心の揺れが胸きゅんです)

タンゴのダンスシーン、その後のシンデレラのガラスの靴のごとく、脱げてしまった靴をシン君が自ら履かせてくれるあたり、チェギョンはかなりシン君に気持ちが傾いていると見ます!わたしならもう堕ちてます(爆)。そんな二人を複雑に見つめるユル君、そろそろなにか動き出しそうですね。

来週は原作でもきゃ~~~だった二人でひとつベッドな回。たぶんああやって煽っておいて木曜まで引っ張るでしょう(笑)。皇太子スタイルから一転、カジュアルなシン君もいいです~*^^* 待ちくたびれた落馬シーンに英国ウイリアム王子登場(ってことはシンはタイに?)と、盛りだくさんすぎてどうしましょう~~~^^;
水木間に合うように帰れるかかなり苦しいんですけどとりあえず皆さんは断固リアルタイム視聴すべしです!!!
ちなみに今週の土曜日は「宮」再放送枠があるそうで(「オオカミ」ないし)見られる方はお楽しみに! でも何話をやるのかは不明。3話から再放送できてないですから韓国のファンも大ブーイングです。、、、ということであまし所感になってませんが、また今週もテンションあげてがんばりますのでよろしくお願いいたします^^




 [第3週]第5話(軽めに)
2006年01月26日 (木) | 編集 |
先週のクラスメートによるビックリ祝賀会でもそうでしたが、今日もチェギョンの気持ちにリンクして泣けましたー;;
突然家族と離れてホームシックなチェギョンが、ようやく会えると思ったご両親になぜだか会えずに(帰った後)泣き出す場面。ウネちゃんぽろぽろ涙をこぼすと悲しいとか考える前に気持ちがリンク、共鳴してわたしも胸と鼻がじ~~~んとマジ泣きしちゃいました。自分でもちょっと驚き^^;

で、宮での生活もますますさびしくて、心の拠り所はたびたび交流のあるユル君がシンの従兄弟だったこと。心を開ける話し相手ができて良かった良かった^^
でもでもシンの誕生日を祝うパーティがチェジュ島で開かれると、元カノヒョリンと取り巻きF4はチェギョンに対して失礼な態度をーーー(-_-+ たとえ政略結婚であろうと愛がない結婚は見え見えでもそれでも皇太子妃ですからチェギョンは!!! シンも味方をするでなく微妙な態度がくーーーって感じ。

でもでも今日はシンとチェギョンと、お互い気になりだした感じです? シンがまだヒョリンのことを今でも想ってるのかチェギョンは気になってるし、シンはチェギョンからの誕生日プレゼントに心和んでる雰囲気だし。ヒョリンとパパラッチの動きが心配な明日の第6話、見逃せませんっ!!!
あ、そして韓国ドラマお約束ともいえるシャワーシーン*^^* ちょっと唐突でしたよねー(笑)。パーティの途中で入るか普通(爆)。でもジフニ初濡れ場デビューということで良しとしましょう!

あと今日気づいたとこでは着メロ!
チェギョンは「冬のソナタ」のOSTからの曲(曲名すぐわからず~)、ユル君は「ニュー・シネマ・パラダイス」でしたね! シンはなんだったかしら今度気にしてみよう(笑)。

それと、ぼろぼろ順不同でスミマセン^^;
今日のユル君、トッポッキも食べたことないし、今どき言葉の「オルチャン」(顔が最高、超カワイーみたいな?・笑)も知らずにチェギョンにからかわれてましたね! 辛いのだめなんでしょうか、可愛かった*^^* では続きは明日とセットでということで。皆さんがスムーズにリアルタイム視聴できますようお祈りしています~^^

P.S リンクに「速報」宮ラクチン検索」を追加しました!
なにかというと~、いちおう韓国のニュースを「宮」で検索した結果が日本語翻訳で出るようにしてます。わたしの更新はいつも深夜に近い時間になってしまうので、お昼間や早い時間、もう待てない~~~更新遅い~~~~~と、まんまと「宮マニア」になってしまった方はこちらからチェックしてみてくださいね! 
なかなか味のあるオリジナルテキストがお楽しみいただけるはずです(笑)。


 [第2週]第3話、第4話所感 (予告のみ)
2006年01月23日 (月) | 編集 |
今日こそ書こうと思ってたのですがもう時間切れで~;;
まだ次の放送まで日にちがありますからユルされますでしょうか・・・

借金のある親を助けるためもあって宮入りを決心したチェギョン、けっこう適応力があり初めての宮中生活も楽しそう。教育係の宮女の方々も美人揃いでステキです。そんな彼女らも現代っ子なんで今後チェギョンの良き話し相手になるのでは(恐い人もいるけど)。

学校ではいきなり同級生が皇太子妃に~という訳かどうか急によそよそしい。でもこれはチェギョンへのビックリ祝賀パーティのためだったんですね。ちょっとここ実は泣き入りました^^; 学校のシーンもいいですね。シン&F4の方々(前の記事ではゴールドメンバーと称されてましたがどうなんでしょ)と放課後ひとときバスケで汗を流す場面、下の記事にもありますが、みんな上手すぎ!思わず見入ってしまいました。シンのリラックスしたあんな笑顔は初めて見た感じ。でもヒョリン登場で動揺するあたり、シンの心はまだ現在進行形でヒョリンに残ってるのね。親が決めた、拒みようのない運命からの縁談。頼る人のない宮廷に嫁入りしたチェギョンの立場を考えると複雑。。。

あ、今週はユルがたっぷり堪能できましたね!
チェギョンと再開の場面で、あれETですか!?(笑)穏やかで優しくてステキですー。オンマが帰国するのにお出迎えの植物の花かご(笑)にウェルカムボード持って(あんなの手書きしてるユルを想像するとかわいい)登場のシムヘジンフランチェスカもステキでした*^^*

、、、、、だめだ、この続きは明日加筆訂正します。
エンディングのクマは第3話シンの手を噛むチェギョン、第4話は物思いのヒョリン、ユルはよそに、いちおう夫婦として落ち着くシン&チェギョンの図。毎回テディベアのコスプレは楽しみなところ!
それではまた~^^

P.S 今日、第5話の有料プレビューを見たんですけど、シンとヒョリンの絡みが多く、蚊帳の外なチェギョンがかわいそう;; きっとそんな彼女をユルが慰めてくれるに違いない。そして乗馬のシーンは見られず。。。

 第3話視聴所感さわりだけ
2006年01月19日 (木) | 編集 |
管理人体力の都合により(爆)先週と同じく第4話を見てからセットであらためます~。
今夜は写真や動画でちょこっと見でおあずけだった婚礼の儀でしたね! ちゃんと皆さん見られました?
話題のエキストラCG処理はあの小さな画面ではいま一歩迫力が伝わらず残念、大画面ですみずみまで見たい。
でも韓国伝統的な婚礼の儀式はとても興味深く、国民に見守られ楽器隊など大勢参加の祝賀パレードは臨場感あり。表向きは見事皇太子を笑顔でやりこなす余裕のシンと、それとは対照的なとまどいのチェギョン、宮に戻ってからのやりとりと、二人調子が上がってきましたね! ジフニむちゃむちゃ台詞多くてポンポン言い合ってるし!あと後ろ向きでしたが立て膝のシンの足の美しくて~~~*^^*(ちょっとしか見えなかったけど)

公式サイトやファンサイトでもウネちゃん、ジフニの演技について称賛の嵐です。嬉しいです~。
それからコミカルな二人とは別に、ユルやヒョリンの静の存在感もなかなかグー。植物性微笑みのユルの心境やいかにですね。明日はオンマが帰ってきますし、たっぷりユルを堪能できそうで楽しみです*^^*ぜひ明日もリアルタイムで「宮」にチャンネルを合わせてくださいませ!

、、、ということで今日はここまで。
余談ですがいまさらというかまだやってなかったのかという感じでKNTVに「宮」放送のリクエストをしてきました!(間違えて掲示板の方に^^;)
行ってみて驚いたのが早くも「オオカミ」が2月放送と決まっていたこと!早い~羨ましい~^^;
ぜひ「宮」もお願いしたいものです。字幕じゃなきゃ放送しないほうがましだし。。。

でもこの3話を見てみて、もっと多くの人に見て欲しい、「宮」の面白さを知って欲しいと思いました。
原作は文句なく若者に人気のベストセラー。日本で言うNANAみたいなものと思っていただければ!そういうわけでキャスティングには思い入れの多いファンが黙っていないわけです。でも原作を読んでいなければ既存のイメージもないし比べることもない。原作をよく知らない日本人の方がむしろニュートラルに楽しめるのかも。

これから「宮」に興味を持たれた方、明日はまだ第4話、全20話先は長いのでまだまだこれから視聴間に合います! 原作の日本版は「ウンポコ」で好評連載中。3月にはコミックも発売になりますが、明日の放送分までのストーリーになります毎号巻頭カラーありの「ウンポコ」を大人買いされるのもよろしいかと思われます(笑)。
ああまたこんな時間、、、明日のメディア記事が楽しみですね。視聴率が出ましたら出勤前にアップしたいものです。それでは文章変ですがこれにて~~~


 [第1週]第1話、第2話所感
2006年01月13日 (金) | 編集 |
待ちに待ちすぎ期待高まりすぎで迎えた初回放送、
「宮」の門が開かれてのオープニング映像、その後CFが挟まりましたが興奮さめやらず。こんなに緊張してドラマ視聴に向かうのは久しぶりでした*^^*

さてあとはお時間もないので駆け足で!
いきなり皇后様登場のシーンで始まり重厚な雰囲気、衣装、美術小物も手の込んだ印象。なかなか普通のドラマでこの感じは出せません。それに映像もきれい!

気になるキャスト、皇太子シン役チュジフンは静のイメージ。演技デビューとはいえ極端に台詞少なすぎでないです?(笑)以前ネットで「春のワルツ」オーディションの映像を見たのですが、もっとポンポン話させてもいいのにな~彼。チェギョン役ユンウネちゃんは女子高生役(しかも猟奇少女・笑)ということでちょいチカラ入ってます。でも原作もハイテンションなのでこんなものかなとも思います。それにかわいい! ヒョリンはイメージ通り。ユル、、、ちょっとだけしか出なくてしょぼん;;
チェギョン家族はもろ「花より男子」っぽかったですね弟キャラとか^^; コミック場面の受け持ちということで良しとしましょう。

第1話はそれぞれの環境説明と、登場人物紹介に時間が費やされ、少し平坦な流れになってしまったかなあ。でもそれは次なるステップへの助走だったのですね~^^ 第2話では、それぞれのキャラが絡み合い、動きが断然良くなってきました。シンとユルの関係、仲良しさんですね!
シンがユルの後ろ頭をなでなでしてたのがわたし的にツボ*^^* 見逃しませんでした!
でもユルは内心シンのことをライバル視してるんですよね~、あんな笑顔の裏で(-_-; 

、、、だめだ、考え考え書いてたらまた朝刊の届く時間になってしまいますのでペース早めます!!!
いよいよ来週は全国民見守る中の婚礼、街頭パレードシーンが登場ですね。少しずつ映像ニュースで紹介されてましたが、かなりの迫力! 
皇室育ちで余裕かましてるシンと、なにもかもが驚きのチェギョンのギャップが見物。婚礼の後は当然初夜が待っておりますよ~*^^*
来週ももちろん見逃せませんです、こうご期待!!!

ううう、あんまり感想になってませんが今日はもうこれでユルして(笑)。
でもこれだけは!原作ファンのわたしとしても、かなり丁寧に作られているな~と期待以上の出来と評価いたしました!!!
原作マンガを単になぞり再現するのでない、平面世界を立体的に、新たな息吹を吹きこまれたドラマ「宮」として、新鮮に楽しめました。来週からはさらにテンポ良くドラマが展開されていくものと思われますので、今週見逃された方はお気の毒(ウソ)、ぜひ土曜日の再放送で追いついてくださいね!
それではまた明日。平日だけしかご覧になれない方にはまた来週! お休み明け恐ろしい記事数になりますことをどうぞ覚悟していてくださいね(爆)。ではでは^^

P.S いま気づきましたが、一月まだ半ばにして今までの月間記事数越えてるんですけど・・・



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。