★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 ドラマ「宮」報道資料(その5)
2005年11月13日 (日) | 編集 |
“もし.. 大韓民国が立憲君主国なら?”

“2006年大韓民国は立憲君主国だ.”

もし... 我が国がイギリスと日本のように,
国民の尊敬を受けて精神的支えの役目をする皇室が存在する立憲君主国であったら?
景福宮が観光地ではない, 皇帝を含めた王族が暮している生きて呼吸する場所であったら?

ドラマ <宮>は現代大韓民国が皇室が存在する立憲君主国という仮想の中で始まる.

<宮> シムヘジン, キムジョンフン - 母子で初出会い

シムヘジン-キムジョンフン “良い演技者になるはずと信じて…”
キムジョンフン-シムヘジン “お母さんと呼ぶにはとても若い先輩…”

去る 10月 20日木曜日, 明洞の某デパートと江南某美容院で進行されたドラマ <宮>(シナリオ:インウナ, 演出:ファンインルェ, 製作:エイトフィックス) 撮影現場で劇の中で 母子関係人シムヘジンとキムジョンフンが初めての出会いを持った.

撮影内容はイギリスでちょうど帰国した母親ファヤン(シムヘジン)と、先に韓国に帰国していた息子ユル(キムジョンフン)が久しぶりに会う場面. デパートで一緒に買い物して美容院で頭の手入れを受けるなど親しい 母子のデート過程だ. デパート食品売場で優しく腕組みをして集めるシムヘジンとキムジョンフンは初撮影にもかかわらず自然な姿を見せてくれてファンインルェ監督の凉しい OKサインを受け出した.

<宮>の初撮影に出たシムヘジンは “若い人々と一緒に演技するようになって非常に面白い作業になるようだ. 今日の始めての撮影なのに本格的な撮影が期待される.”と初撮影所感を明らかにした.
また息子ユル役を引き受けたキムジョンフンに対しては “もう本格的な演技者で出発すると思っている. 今日最初出会いだが善良な印象が大好きだ. これから熱心にして良い演技者になるように願って, またそのようになることができると思う.”と劇の中で息子に力になる徳談を渡した.

母親役のシムヘジンと初撮影を持ったキムジョンフンは “シムヘジン先輩はかつてから好きな演技者だった. <こんにちは, フランチェスカ>での演技変身もすごく印象的だった. そんな方をお母さんに仕えるようになってすごく嬉しい. 実はお母さんと呼ぶにはとても若くて美しい.”と言いながらまた, “今日初めてお会いしたが, 親しくて楽に対してくださって私も自然な演技が可能だった. 食べ物などあれこれ取りそらえてくださって本当にお母さんみたいだった. <宮>撮影を進行する始終お母さんに仕えながら多くのことを学びたい.” と劇の中でお母さん自慢に出た.

シムヘジンは皇位序列2位の率の母親ファヤン役を引き受けて劇の緊張感を加える主要役目を引き受けている. ファヤンは若い時代当時皇太子だったヤンフングン(現在皇帝の兄さん)と結婚して未来の皇后を夢見たが、夫が皇位をあきらめながら自分の夢もあきらめてイギリスで過ごすようになった女性だ. そうする中イギリス生活を整理してユルと一緒に宮に帰って来ながら妙な緊張感を起こすようになる.

MBCミニシリーズ事前製作ドラマ <宮>(シナリオ:インウナ, 演出:ファンインルェ, 製作:エイトフィックス)はチュジフン, ユンウネ
, ソンジヒョ, キムジョンフンなど新進演技者たちとともにキムヘジャを含めてシムヘジン, カンナムギル, イムヨジン, ユンユソン, イホジェなど名うての中堅演技者たちが布陣されていてもっと期待を集めている.

‘2006年大韓民国は立憲君主国’という一番ドラマチックな設定の中で開かれる
ドラマ<宮>はこれから 3ヶ月の間の度強い撮影を経って 2006年の初め MBC ミニシリーズで視聴者たちと会う予定だ.


製作 : エイトフィックス
監督 : ファンインルェ
作家 : インウナ
原作 : マンガ <宮>(パクソヒ作家, ソウル出版社)
出演 : ユンウネ, チュジフン, キムジョンフン, ソンジヒョ, キムヘジャ, ソンスンファン, シムヘジン, ユンユソン, カンナムギル, イムヨジン
撮影期間 : 2005年 9月~2006年 1月
放映予定 : 2006年の初め
ジャンル : MBCミニシリーズ(20部作)


※資料を見つけましたので訳してアップしました。すでに報道記事で紹介されている内容がほとんどですが(笑)
スポンサーサイト

 ドラマ「宮」報道資料(その4)
2005年11月13日 (日) | 編集 |
“もし.. 大韓民国が立憲君主国なら?”

“2006年大韓民国は立憲君主国だ.”

もし... 我が国がイギリスと日本のように,
国民の尊敬を受けて精神的支えの役目をする皇室が存在する立憲君主国であったら?
景福宮が観光地ではない, 皇帝を含めた王族が暮している生きて呼吸する場所だったら?

ドラマ <宮>は現代大韓民国が皇室が存在する立憲君主国という仮想の中で始まる.

<宮>, 熱かったタイ撮影記

ファンインルェ監督 - “計画通り漏れ無く盛り込んだ”
チュジフン-“バイク追い討ちシーン代役なしで消化”
ソンジヒョ- “一番大事なチームワーク作って”

去る 9月 24日初撮影を始めた話題のドラマ <宮>(製作: エイトフィックス, 演出: ファンインルェ)が 9月 26日から 10月 12日まで約半月の間のタイ撮影を無事に終えて帰国した.
今度撮影は皇太子シン(チュジフン)のタイ外交活動とその所にシンに会うために尋ねて来たヒョリン(ソンジヒョ)とのデート場面でチュジフン, ソンジヒョ, ゴンネグァン役のイホジェなどが活躍した.

“2006年大韓民国は立憲君主国”という設定の中で開かれるドラマ <宮>は皇太子シンの外交活動と女友達ヒョリンとのロマンチックな出会いを描くために立憲君主国と同時に異国的な風景のタイで撮影地を決めた. 撮影期間中タイでは一年に一回開かれるソングクと言う祭りが開かれていて異国的な美しさは極致に至った.

撮影は主にバンコクのカウ山通り, ダムノンサドアック水上マーケットなどとフアヒンの高級リゾート等地で進行された. 見た撮影はドラマ中序盤に登場する場面で、今までは韓国ドラマで見られなかった新しい映像に 2006年の初め MBC-TVを通じて視聴者たちに近付くでしょう.

ファンインルェ監督, チュジフン, ソンジヒョに直接聞くタイ撮影記

<ファンインルェ監督インタビュー>

Q. タイ撮影所感

A. タイは王室話を取り上げることにとても鋭敏でしたし気難しかった. しかしよく解決されたし無事に撮影を終えることができた. 空港, 滑走路, 我が国で言わば梨泰院みたいなカウ山通り, また非常に複雑な水上マーケットなどでの撮影はすごくスケールが大きい場面だった. こんな部分の撮影はタイ側の協助でなだらかに進行された. 短い日程だったがアクション場面とか, バイク追い討ちシーン, 町竝み真ん中に登場する象のシーン, 祭りのシーンなど、シナリオを準備しながら心配した場面たちを漏れ無くカメラに収めることができて非常に満足だ. プレビュー反応も良くて期待が大きい.

Q. 本格的な撮影を始めた所感

A. ドラマ <宮>は製作自体が本当に気難しい作品だ. どの場面一つ易しく取ることができないドラマだ. 特に美術的な側面でそうだ. ‘皇室が存在していたら?’ という仮定の下の仮想ドラマなので小品一つ疎かにできない. すべての部分たちに神経がたくさん使われる. こんな作業の大変な作業にならないかと思う.

タイ撮影を通じて俳優たちとの全体チームワークが堅くなった. これからの撮影もこんな式に進行されたら問題なさそうだ. 事前製作であるほど季節的に多様な絵たちが見えるでしょう. 美術的でも衣装や, 小道具, セットなど想像の中でも可能なものなどを実体調査で見せてくれる作業になるでしょう. 現在まで進行されることで見ていまだに韓国ドラマで見せてくれることができないことを見せてくれることあるようだ. 長い間呼吸を合わせて来たスタッフたちとの作業なので難しい問題が生ずるとしても賢くよく広げて行くことができるようだ. 良い作品を視聴者たちにお見せすることができるようで期待が大きい.

<チュジフンインタビュー>

Q. タイ撮影所感

A. 思ったより撮影スケールが大きくて驚いた. 初めには私が上手くできるかどうか心配もたくさんしたが、監督とスタッフたちが手伝ってくれて勇気を主語で無事に終えることができた. ソンジヒョさんも演技者先輩らしく新人である私が楽に演技するようにたくさん気配りしてくれた. 個人的にすごい蒸暑さが一番大変だった.

Q. 撮影の中でエピソード

A. オートバイの撮影シーンがあった. スピードが好きだから代役なしで直接撮影した. 8車線を越える大きい道路で, それも異国的な風景が両側で開かれるタイでの疾走は、それこそぴりっと緊張したし精一杯楽しみながら撮影することができた. また一年に一回開かれるという祭り, 水上マーケットでの渡し船とか, 外国人たちが多いカウ山通りでの演技は良い経験だったし忘れることができなさそうだ. 撮影しながら経験した難しさが皇太子シンが経験する難しさのように感じられたりした. 自ら皇太子をよく理解することができるきっかけになった.

Q. 本格的に撮影を始める所感

A. タイ撮影は楽しかった. しかし俳優としてたくさん不足であることを感じた. 私自らたくさん反省してもっとよくなろうと努力している. 重要なのはますます演技が面白くて, もっと上手になりたい欲望が生ずるというのだ.

<ソンジヒョインタビュー>

Q. タイ撮影所感

A. 無事に撮影を終えて胸がいっぱいだ. 大変な点も多かったほど感じて学んだことも多かった. 天気がとても暑くて大変だった. しかしチュジフン氏, 監督を含めたスタッフたちとの呼吸をあわせて行く作業を通じてドラマ作業というのに対して多いことを学ぶようになるきっかけになった.

Q. タイ撮影エピソード

A. 面白い事がすごく多かった. 小道具で出た食べ物がとてもおいしくてしきりに食べてしまうせいでスタッフたちが準備するために大変だった記憶. チュジフン氏が空港滑走路と水上マーケットなど独特の所での撮影をたくさんしたがすごく素敵に見えたし羨ましかった. その場面が放送にどんなに出るか知りたくて今から楽しみだ.

Q. 本格的に撮影を始めた所感

A. ソウルでの撮影がたくさん進行された後にタイ撮影を行ったらちょっと大変だったかもも分からない. 半月の間の長い撮影がたくさんさびしくて大変だったがこれを通じてお互いに頼って多読で呼吸をあわせて行った. 本当に限り家族になって行く感じだった. この呼吸をソウル撮影まで持って行って良い撮影雰囲気を作りたい. 熱心にする.

キムヘジャ, シムヘジンなどベテラン演技者たちの撮影開始!

タイ撮影を無事に終えたドラマ <宮> 製作チームは今週からソウル京幾地域で撮影に開始する. これからチュジフン, ユンウネ, ソンジヒョ, キムジョンフン 4人の若い主演俳優以外にキムヘジャ, シムヘジン, カンナムギル, イムヨジンなど主要出演陣たちの撮影も本格的に進行される.
その間シナリオ演習で呼吸を合わせて来たこのベテラン演技者たちがどんな姿を見せてくれるかつとに関心が集められている.
キムヘジャは皇室最高の困り者皇太子妃チェギョンを唯一可愛がる皇太后で, シムヘジンは王位継勝序列 2位のユル(キムジョンフン)の母であるファヤンで出演する. カンナムギル, イムヨジンはチェギョンの親役を引き受けた. 劇の中で緊張感と見る楽しさを加えてくれるこのベテラン演技者たちの活躍はキャスティング報道と共に大きい期待を呼んで来ている.

ドラマ<宮>は <ごめんね, 愛してる> <天生縁分> <向こうの家の女> <ボディーガード> <明朗少女成功記> など興行性と完成度を同時に取り揃えたドラマを倦まず弛まず製作して来たドラマの 王家 エイトフィックスが 2年間のフリープロダクション過程を経って製作に入る野心作で大韓民国ドラマを一段階アップグレードさせるという覚悟で総力を傾けている作品だ.

‘2006年大韓民国は立憲君主国’という一番ドラマチックな設定の中で開かれる
ドラマ<宮>はこれから 3ヶ月の間の度強い撮影を経って 2006年初視聴者たちと会う予定だ.(注:変更されてます、、、ってクドイ^^;)



製作 : エイトフィックス
監督 : ファンインルェ
作家 : インウナ
原作 : マンガ <宮>(パクソヒ作家, ソウル出版社)
出演 : ユンウネ, チュジフン, キムジョンフン, ソンジヒョ, キムヘジン, ソンスンファン, シムヘジン, ユンユソン, カンナムギル, イムヨジン
撮影期間 : 2005年 9月~2006年 1月
放映予定 : 2006年の初め
ジャンル : MBCミニシリーズ(20部作)


 ドラマ「宮」報道資料(その3)
2005年11月13日 (日) | 編集 |
“もし.. 大韓民国が立憲君主国であったら?”

“2006年大韓民国は立憲君主国だ.”

もし... 我が国がイギリスと日本のように,
国民の尊敬を受けて精神的支えの役目をする皇室が存在する立憲君主国であったら?
景福宮が観光地ではない, 皇帝を含めた王族が暮している生きて呼吸する場所だったら?
ドラマ <宮>は現代大韓民国が皇室が存在する立憲君主国という仮想の中で始まる.

<宮>, 撮影開始!!
24~25日, ユンウネ-チュジフン-キムジョンフン-ソンジヒョ撮影

話題のドラマ <宮>(製作: エイトフィックス, 演出: ファンインルェ)が去る 9月 24日撮影を始めた. 24日夜明け京畿道通りと 25日午前京畿道某高校で撮影を持ち,スタートを切った俳優たちは、ユンウネ, チュジフン, キムジョンフン, ソンジヒョなどミニシリーズ <宮>の主人公四人.

2年間のフリープロダクション過程を経った <宮>の初撮影場は緊張感と期待であふれた. ファンインルェ監督の愼重な現場指揮で撮影場雰囲気は比較的静かだった. その間ファンインルェ監督に集中的にシナリオと演技指導を受けて来たユンウネ, チュジフン, キムジョンフン, ソンジヒョは演習の結果を見せてくれるように自然な演技で初撮影を成功的に終えた.

末は王様になる皇太子のプロポーズ現場を目撃した完全平民女子高生チェギョン,ユンウネいけずうずうしい音痴演技で撮影場笑いの海!!

24日には京畿道通りでインサート撮影を進行したし, 25日には主人公たちが通う文化芸術高等学校に設定された京畿道某高校屋上で本格的な撮影を進行した.
撮影内容は皇室から結婚圧力を受ける皇太子シンが女友達ヒョリンに結婚しようと言うプロポーズ現場.
ヒョリン役のソンジヒョはその間磨き上げた舞踊腕前を公開して皇太子信義プロポーズをいたずらに断る. うかうかその場面を目撃したチェギョンは密かに隠れていている途中、皇太子シンに見付かるといけずうずうしく歌の演習をしながらきり抜けること.
歌手で活躍したユンウネは劇中酷い音痴であるチェギョンを完璧に(?) 演技したが, 彼女の完璧な音痴演技にスタッフたちは笑いを堪えるのに大目玉を食った. 厳しく現場を指揮したファンインルェ監督さえユンウネのいけずうずうしい演技に笑いを堪えることができなくて “お前歌手だったのは合ってる?”と冗談を投げた位だ.

連日続くシナリオ演習とバレエ教習にも苦しがる気配なしにもっときれいになったソンジヒョはスタッフたちから “すべての男子学生たちが好きなスタイルだ. 制服を着たらもっときれいなようだ. 本当にヒョリン役によく似合う”と言う褒め言葉を受けて好い気になられたりした.
特に初撮影を通じて, 皇太子シン役のチュジフンに対する心配を洗うことができたということが製作陣の評. 演技経験の不足なチュジフンはファンインルェ監督から直接厳格な演技指導を受けて来たし、その過程でファン監督はチュジフンのあきらめない根性を認めたと言う.
ファンインルェ監督は “俳優たちが本当に可愛い. まだ完璧な演技を見せてくれることができないが, 気成演技の固定観念がついていない. 俳優たちの感性と明るくて善良な天性で無限な可能性が見える.” と言いながら初撮影の所感を明らかにした.

24,25日気持ち良く初撮影を終えた <宮>製作陣はすぐタイ撮影を去る. 約 15日間撮影を進行する計画でチュジフン, ソンジヒョ撮影分だ.
皇太子シンの外交活動であるタイ訪問と、シンを尋ねて来たヒョリンとの再会をカメラに収めて帰って来る予定だ.

2006年最高のドラマで視聴者と会う!

ドラマ<宮>は <ごめんね, 愛してる> <天生縁分> <お向かいの女> <ボディーガード> <明朗少女成功記> など興行性と完成度を同時に取り揃えたドラマを倦まず弛まず製作して来たドラマの 王家 エイトフィックスの野心作で大韓民国ドラマを一段階アップグレードさせるという覚悟で総力を傾けている作品だ.

9月 24日クランクインした <宮>は 3ヶ月の間撮影を皆終えた後,
2006年 1月 16日 MBC 月火ミニシリーズで視聴者たちと会う予定だ.(注:後に延期されてます~)


製作 : エイトフィックス
監督 : ファンインルェ
作家 : インウナ
原作 : マンガ <宮>(パクソヒ作家, ソウル出版社)
出演 : ユンウネ, チュジフン, キムジョンフン, ソンジヒョ, キムヘジャ, ソンスンファン, シムヘジン, ユンユソン, カンナムギル, イムヨジン
撮影期間 : 2005年 9月~2006年 1月
放映予定である : 2006年 1月 16日
ジャンル : MBCミニシリーズ(20部作)


 ドラマ「宮」報道資料(その2)
2005年11月13日 (日) | 編集 |
“もし.. 大韓民国が立憲君主国だったら?”

“2006年大韓民国は立憲君主国だ.”

もし... 我が国がイギリスと日本のように,
国民の尊敬を受けて精神的支えの役目をする皇室が存在する立憲君主国であったら?
景福宮が観光地ではない, 皇帝を含めた王族が暮している生きて呼吸する場所であったら?

ドラマ <宮>は現代大韓民国が皇室が存在する立憲君主国という
仮想の中で始まる.

<宮>製作陣総集合, <宮>のために乾杯!

話題のドラマ <宮>(製作: エイトフィックス, 演出: ファンインルェ)がクランクインを控えて出演陣と製作陣が一緒にする席を持った.
2年間のフリープロダクション過程を経って辞書製作システムに製作されるドラマ<宮>は 9月末から約 3ヶ月間苦しい撮影日程に突入する. これに先たち製作陣と出演陣は一席に集まって何らの事故なく無事に撮影を終えるように祈って, 2006年 1月最高のドラマで視聴者たちと会おうという覚悟を押し堅めてお互いを励ました.

エイトフィックスのソンビョンジュン代表, ファンインルェ監督, インウナ作家など製作陣と、ユンウネ, チュジフン, キムジョンフン, ソンジヒョ、そしてキムヘジャ, シムヘジン, ユンユソンなど出演俳優 100人余りが参加した.
エイトフィックスのソンビョンジュン代表は “長い間準備した作品だからクランクインを控えた感じが違う. 皆さんを信じる”と言って力強い乾杯を叫んだし, ファンインルェ監督は “もう遠くて大変な旅程が始まった. 結果も重要だが過程がもっと重要だと思う. 皆楽しくて愉快に作って行こう”と言って製作陣と出演陣を励ました.

視聴者たちとファンインルェ監督の絶対的な信頼を受けているキムヘジャ、ユンユソンは次のように <宮>の入宮所感を初めて明らかにした.
キムヘジャ(皇太后役) : “最後まで最善をつくして楽しさもあって有益なドラマになってほしいしまたそのようになると信じる.”
ユンユソン(皇后役) : “シナリオを読んだ感じがとても新鮮だった. 若者達の感性と文化を感じることができた. 素敵な後輩たち, 多くの先輩たちと一緒にする作業だからすごく期待される. 大韓民国皇后という使命感を持って最善をつくす”

ユンウネ, チュジフン, キムジョンフン, ソンジヒョは、連日続いたシナリオ演習をしばらく脱して甘い休暇を楽しむように, 若いエネルギーでパーティー雰囲気を浮かべるうえ, 先輩演技者たちに自分のキャラクター表現に対するアドバイスを求める姿も見えた.

2006年最高のドラマで視聴者と会う!

ドラマ<宮>は <ごめんね, 愛してる> <天生縁分> <お向かいの女> <ボディーガード> <明朗少女成功記> など興行性と完成度を同時に取り揃えたドラマを倦まず弛まず製作して来たドラマの 王家 エイトフィックスが大韓民国ドラマを一段階アップグレードさせるという覚悟で総力を傾けている作品だ.

9月 23日始まりパーティーを済ませた<宮>は 9月末クランクインして撮影を皆終えた後, 2006年 1月 16日 MBC 月火ミニシリーズで視聴者たちと会う予定だ.


製作 : エイトフィックス
監督 : ファンインルェ監督
作家 : インウナ
原作 : マンガ <宮>(パクソヒ作家, ソウル出版社)
出演 : ユンウネ, チュジフン, キムジョンフン, ソンジヒョ
キムヘジャ, ソンスンファン, シムヘジン, ユンユソン, カンナムギル, イムヨジン
撮影期間 : 2005年 9月 ~ 2006年 1月
放映予定 : 2006年 1月 16日
ジャンル : MBCミニシリーズ(20部作)


 ドラマ「宮」報道資料(その1)
2005年11月13日 (日) | 編集 |
“もし.. 大韓民国が立憲君主国であったら?”
話題のドラマ <宮>, 入宮準備完了!

“2006年大韓民国は立憲君主国だ.”

もし... 我が国がイギリスと日本のように,
国民の尊敬を受けて精神的支えの役目をする皇室が存在する立憲君主国であったら?
景福宮が観光地ではない, 皇帝を含めた王族が暮している生きて呼吸する場所であったら?
ドラマ <宮>は現代の大韓民国が、皇室が存在する立憲君主国という仮想の中で始まる.

撮影の前から話題を集めているドラマ <宮>(製作エイトフィックス, 演出ファンインルェ)が 2年の間の徹底的なフリープロダクションと愼重なキャスティング過程を経ってすべての配役を定めていよいよ入宮準備を終えた.
‘ドラマで作れば良いマンガ 1位’に選ばれたりした最高人気マンガ <宮>(作家パクソヒ)を原作にしたドラマ <宮>は製作が決まる瞬間からキャスティング過程に至るまでネチズンたちの前にも後にもない熱い関心を受けて来ている.

ドラマ製作社エイトフィックスのソンビョンジュン代表はキャスティング過程に対して “去る 1年の間幾多のオーディションを進行した. 演技及びカメラテスト, インタビューまで几帳面に経ったしマンガキャラクターのイメージを一番よく表現することができる俳優を捜し出すのに重点を置いた.”とキャスティング過程を整理した. <宮>の演出を引き受けたファンインルェ監督は “最適格子をキャスティングした. 一部がっかりしたネチズンがいるというのが分かっているが <宮>の主人公たちはドラマが進行されながら徐々に成長する人物たちだ. 彼らが育つ姿を見守って欲しい. 多分想像を超越するでしょう”とキャスティングに対する自信感を見せた.

<宮> キャスティング最終確定結果

末は王様の超絶花美男皇太子、イシン-チュジフン
完全平民おこちゃま女子高生皇太子妃、シンチェギョン-ユンウネ
王位継勝序列2位植物性殺人微笑、イユル-キムジョンフン
韓国のカミラ(注:英国チャールズ皇太子の再婚相手)を夢見る野心満満、ミンヒョリン-ソンジヒョ
皇帝-チェブラム、皇太后-キムヘジャ
ファヨン(皇帝の兄嫁)-シムヘジン、皇帝-ソンスンファン
チェギョン父-カンナムギル、皇后-ユンユソン
チェギョン母-イムヨジン、ゴンネグァン-イホジェ

演出家ファンインルェ監督が語るキャスティング決定要因!
(キャスティング関連ファンインルェ監督インタビュー内容)

Q ユンウネ (チェギョン)に対して:
A “大韓民国完全平民代表の女子高生”

ドラマの中でチェギョンはとても平凡な女子高生だ. 遊ぶことが好きで, 好奇心も多くて, 買い食い好きで太ると悩む可愛い女子高生. ユンウネは他の俳優たちに見られないあどけなさがあった. またカメラの前で事もなげな肝っ玉を持っている. それはチェギョンのキャラクターの核心だ. ユンウネは平凡な女子高生がすべての状況にぶつかって皇太子妃になって行く過程をリアルに見せてくれるでしょう.

Q チュジフン (シン)に対して:
A “少女たちの新しいロマン誕生”

皇太子シンは我が国に存在しない人物で少女たちの新しいロマンだ. それで前作や他の配役のイメージが残っている既存俳優よりも初めから皇太子に生まれることができる新人を探したかった. チュジフンは <一指尺ドラマ>を作りながら会った友達なのに, 演技経歴はなかったが貴公子のような高級なイメージとカリスマを持っていた. あんまり立派なビジュアルの持ち主なので私がキャスティングしなくても無条件でスターになる友達と思ったし、それではなんだかお腹が痛いようで私がキャスティングした.(笑い)

Q キムジョンフン (ユル)に対して:
A “善良な微笑の後ろに隠しておいた本音”

ユルは王位継勝序列2位に緊張感を造成するキャラクターだ. 原作マンガ <宮>を見ながらユル役で唯一に頭の中に浮び上がった人物がキムジョンフンだ. ユルのキャラクターのポイントは善良ながらも聡いイメージなのですぐキムジョンフンだった. キムジョンフンは限りなく善良ながらも聡くて考えが多いルックスを持っている. チュジフンとはまた他のスタイルの高級なイメージを持ったキムジョンフンは平和に見えるが本音がわからないユルが役にもっとない適役だ.

Q ソンジヒョ(ヒョリン)に対して:
A “ダイアナ妃になれなければいっそカミラになるという野心家”

ヒョリンは野心家だ. 35年も待ったあげくとうとうチャールズ皇太子を占めたカミラのように一時代の主人公になりたがる女子高生. 美しいが冷たい感じがポイントなのに, <女子高怪談-狐階段>に出演したソンジヒョからそんなイメージを感じることができた. ソンジヒョはきれいな目鼻立ちで神秘な感じを催すことができる俳優だ. またバレエ, ジャズダンス, ヨガなどを倦まず弛まずして来たこともヒョリンのキャラクターの専門性を消化することができる重要な部分だ. 自らもヒョリン役をよくやりこなすことができるという確信を持っているソンジヒョ. それはヒョリンのキャラクターに必ず必要なエネルギーだ.

Q 中堅演技者たちに対して:
A 言うまでもないベテラン演技者たちと作りあげていく新旧の出会い

皇太后役のキムヘジャ先生に期待する点がある. <宮> の中には 新旧の出会いがある. 現代と皇室の出会い, 新世代と旧世代の会う. 我が国はその接点を尋ねにくい. 皇室の重さの中心である皇太后キムヘジャ先生と皇室歴史上一番無茶なわっぱ嫁女チェギョンユンウネとの関係を見せてくれながら 新旧の愉快な調和を見せてもらいたかった.
シムヘジン, ソンスンファン, カンナムギル, イムヨジン, ユンユソンなど、皆一緒に作業したベテラン俳優たちが気経に <宮>の提議を受け入れてくれた. これ以上言うまでもないプロ演技者たちであるのに、絶えず努力する根性まで取り揃えていてドラマ <宮>の心強い支えになってくれるでしょう.

2006年最高のドラマで視聴者と会う!

ドラマ<宮>は “現在大韓民国が立憲君主国であったら?” というバーチャルリアリティーの中に展開される物語で, 少女たちの憧れの対象である 末は王様超絶花美男皇太子シンと、王族に別に関心もなかった天真無識おこちゃま完全平民チェギョンが、高校生の身で政略結婚をしながら開かれるドラマ. 現在 <宮>は我が国の固有の宮廷文化を現代式で改造するために専門家の徹底的な考証と美術的想像力を動員してコンピューターグラフィック, 室内外セットと小品, 衣装作業に重点を置いて今まで見られなかった豊かな見どころで視聴者たちの目を捕らえるでしょう.

<ごめんね, 愛してる> <天生縁分> <お向かいの女> <ボディーガード> <明朗少女成功記> など興行性と完成度を同時に取り揃えたドラマを倦まず弛まず製作して来たドラマの王家エイトフィックスのシンビョンジュン代表は “視聴者は良質のコンテンツを見る権利がある. 2年間のフリープロダクション過程を経って 100% 事前製作で作られる <宮>を通じて視聴者の期待感を満たすと同時に事前製作という新しいドラマ製作方式を提示したい. 大韓民国ドラマを一段階アップグレードさせるという覚悟で総力を傾けている.”と製作意義を明らかにした.

ドラマ<宮>は 9月末クランクインして撮影を皆終えた後, 2006年 1月 16日 MBC ミニシリーズで視聴者たちと会う予定だ.(注:その後オンエア予定は現在2~3月に変更になってます)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。