★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 '五本の指'-'メイクィーン',同じ復讐劇違った感じ…差はどこからくるのか
2012年09月16日 (日) | 編集 |
SBS '五本の指'は放送序盤同時間帯競争ドラマ'メイクィーン'より高い視聴率で順調な出発をしたが時間が経つほど視聴率下落傾向を見せてMBC 'メイクィーン'と大きい格差を見せている。 これは似た素材の復讐劇だが話を解決していく方式が違うためだ。

◆ '五本の指'チェ・ヨンナンvs 'メイクィーン'チャン・トヒョン、野望のために悪行は基本

SBS週末ドラマ'五本の指'(脚本キム・スンオク、演出チェ・ヨンフン)は父性楽器会長ユマンセ(チョ・ミンギ扮)が事故で死ぬとすぐに夫人チェ・ヨンナン(チェ・シラ扮)が権力を得るために夫が後継者と認定したユジホ(チュ・ジフン扮)を利用する。 実の息子イナのためならば何事も厭わなくて献身的に助けるが、腹違いであった兄ジホの前では大切にして用意する姿だけ見えるだけ彼の成功を防ぐために悪行を犯す。

'メイクィーン'もやはり天地グループ会長チャン・トヒョン(イ・ドクファ扮)が自身の成功のためにならば手段を選ばなかった。 チャンドヒョンはイ・クムヒ(ヤン・ミギョン扮)の実の娘チョンヘジュをなくすために人をさせて殺せといったがホンチョル(アン・ネサン扮)の世話でいやしい再びこれらの前に現れて葛藤を経ることになる。

だが'五本の指'のキム・スンオク作家は視聴者たちの視線を引き付けるという理由と劇の早い展開のためにただ2回3回ぶりに殺人と防火など刺激的な要素を利用した。 また'メイクィーン'は子役(キム・ユジョン、パク・ゴンテ、パク・チビン)に多くの時間を付与して視聴者たちが主人公の理由を自然に習得して没入できる余地を伝えたが'五本の指'は早くて刺激的な展開だけ考えてこの部分を見逃した。

◆ジェヒ、キム・ジェウォン、ハン・ジヘvsチ・チャンウク、チュ・ジフン、ジン・セヨン'三角ロマンス'

成人演技者の競争構図に入った'メイクィーン'と'五本の指'はそれぞれジェヒ、キム・ジェウォン、ハン・ジヘ、チ・チャンウク、チュ・ジフン、ジン・セヨン三人のラブラインが本格化されて劇の活力を呼び込む予定だ。

'メイクィーン'は幼い時別れたヘジュ(ハン・ジヘ扮)カンサン(キム・ジェウォン扮)チャンヒ(ジェヒ扮)は成人になって再会することになって、ヘジュの初恋だったチャンヒといつもヘジュのそばに留まったカンサンは時間が過ぎても終始一貫した気持ちでお互いを懐かしがって三角構図を描くことになる。

また'五本の指'もやはり幼い時ホン・タミ(チン・セヨン扮)が自身に初めてピアノを教えて与えた人がジホという事実を知らないふり彼をまた会って愛の感情を感じることになる。 イナはタミに初めてピアノを教えて与えた人が自身だと信じて過ごしてジホという事実を知って怒りにしながらタミの心をつかむためにジホと対立することになる。

視聴者たちが願うのはどん詰まりでないドラマを見て共に泣いて笑うことができる共感と現実性だ。 刺激的な要素でない真正性で視聴者たちの感性を刺激できる話で劇を解いて行くならば、視聴者たちの好評と愛を一身に受けるドラマが誕生されるだろう。

[TVデイリー 2012-09-16 09:04] 元記事はこちらから

20120916-3.jpg 20120916-4.jpg

※'五本の指'に共感と現実性を求めるのはムリだ(>_<)
スポンサーサイト

 五本の指予告篇公開、ピアノ旋律の中チュ・ジフン復帰'注目'
2012年07月23日 (月) | 編集 |
'五本の指'の予告篇が公開されて話題になった。

SBS TV新しい週末特別企画'五本の指'(演出チェ・ヨンフン|脚本キム・スンオク)の予告篇が'紳士の品格'放送不破動画サイト ユーチューブを通じて公開された。

約35秒ほどの短い動画の中には美しいピアノ旋律と共に久しぶりに復帰する俳優チュ・ジフンおよび主演俳優であるチェ・シラ、チ・チャンウク、ウンジョンの姿が含まれていて目を引いた。

'五本の指'は悲劇的な過去を持つ青春が傷を克服して夢と愛を訪ねて行く過程を描いたドラマで'妻の誘惑'を執筆したキム・スンオク作家と'バラの戦争' '産婦人科'などを演出したチェ・ヨンフンPDが呼吸を合わせることになる。

特に最近俳優ソンイェジュが劇中チェ・シラの邸宅で仕事をするコンパニオン ドンヒ役にキャスティングされて話題を集めることもした。 ソンイェジュはチャネルA '不朽の名作'とSBS TV '産婦人科'などに出演したことがある。

一方'紳士の品格'後続である30部作ドラマ'五本の指'は来る8月4日初放送される予定だ。

[SSTV 2012-07-22 02:17] 元記事はこちらから

20120722-1.jpg

※あれっ、30部作に減ってる! これくらいがちょうどいいかも~。
というわけで話題の予告編を下にしまいます!


[READ MORE...]
 [★インタビュー] 'バッドボーイ'チ・チャンウク"誰かを憎んでみようとする"①
2012年07月19日 (木) | 編集 |
目があまりにも美しい俳優チ・チャンウクが劣等感にすべて一つになった男に戻る。

チ・チャンウクはSBS新しい週末ドラマ'五本指'で兄チュ・ジフンと対立を広げる弟で初めての悪役に挑戦する。 映画'Primal Fear'のエドワード・ノートンのように善良な印象の俳優も背筋が寒くなるほど悪い奴になることができるということをチ・チャンウクを通じて私たちは期待している。

劇中チ・チャンウクは浮栄グループの次男であり浮栄楽器の企画室長ユ・イナ役を担った。 ピアノに対する情熱が格別だがいつも兄ユ・ジサン(チュ・ジフン)の持って生まれた才能に押されて劣敗感が激しいうえに突然の火災で手に致命的な火傷をして理性を失っていく人物だ。

-'五本指'でチ・チャンウクが引き受けた役割は何か?

誘引する兄に何かを奪われて傷を負って劣等感を着て被害意識にすべて一つになっている。 そこに自尊心まで強くて兄と一緒にいることさえ嫌いだ。 常に兄に対する劣等感に嫉妬して腹が立って怒るキャラクターだ。 だが'人'同じだ。 この友人は兄を憧れるが表現する方法が少し違ったことだ。 ママに捨てられたという傷、兄にママを奪われたという傷のために世の中を眺める視覚が曲げられることになったしそのように育ってきた。

-すでにキャラクターを愛するようだ。

常にそのようにしてきた。 もちろん不足したのは多いがどのようにすればもう少し敗れる良い演技で視聴者と疎通できるか常に悩む。 それで今回は台本を見て'本当にどんなひとりを嫌ってみようか?'という考えもした。 一度嫌ってみるかもしれないと思う。

-初めて接した悪役だ。 その間'笑ってトンヘ' '武士ペクドンス' '未婚の男性君の野菜店'で常に明るい役割だけしてきたが恐ろしいことはないのか。

初めて試みることに対する不安感はある。 '果たして私がよく消化することができるだろうか? イメージが悪くならないだろうか?'という心配があるが反面おもしろいようだ。 その間とても明るくて明るい役割だけしてみると固まったのがあった。 画道出してみたくて嫌ってみたい心があった。 その間キャラクターが誰か困らせれば常に寛容に容赦しなければならなかった。 そこに対する疑問が常にあったしそれを理解するまで大変だった。 今回のキャラクターはそのような悩みがなくて良い。

チ・チャンウクは初めての悪役に対する期待が大きかった。 そしてその中にときめきもあった。 あのようにきれいな目で、慎ましい微笑で'悪いX'を表現するというのが想像が良く行かなかった。

-映画'Primal Fear'のエドワード・ノートンが浮び上がる。

'Primal Fear'はおもしろくみた映画だ。 その映画を見てエドワード・ノートンに陥ってその人が出てくる映画をみな探してみた。 エドワード・ノートンはバカのように見えるほどとても優しくなった。 だが、最後にまた他の人格を見せた時が最も印象が深い。 私も果たしてあのように表現することができるだろうか。 もちろん比較するのではないが事実そのように演技すればどれくらい良いか。 今日またその映画を見なければならない。

-チ・チャンウクが表現したい悪役は?

悪役というのが他の見方をすれば1次元敵で主人公と悪役で分けるが悪と線が曖昧になったりもする。 また、悪役だとしてビジュアル的に語り口も礼儀をわきまえなくして目つきを数えるようにするといって'本当に相手方を困らせることができるだろうか?'という考えもした。 私が考える今回のキャラクターは悪役であるほど余裕があれば良い。 笑いながら困らせる人々がさらに恐ろしいではないか。

-'五本指'とは'妻の誘惑' '笑います、ママ' '天使の誘惑'のキム・スンオク作家が執筆した。 一時どん詰まり論議の中心に立った作家だ。 知っていたのか?

'五本指'は台本がとてもおもしろくて台本を見て作品を選択したのだ。 私がイナになった以上キム・スンオク作家様をお母さんで、チェ・ヨンフンPDをお父さんと考えて信じて行くだろう。 俳優がお互い信じられなくて作業をするのは不幸なことだ。 この前に皆同じく集まってパーティーをしたが雰囲気がとても良かった。 その雰囲気を見ながら'私が悪いことというのは悪いことをすることができるだろう'といいながら監督様を抱いて差し上げた。

-むちで打たれる準備されたか?

何憎くても仕方ない。 視聴者として見る持分は視聴者がしてくれることで私はイナの立場にイナをもう少し理解してなぜ引き下げがこのようにゆがんだのか表現するのが私の持分だ。 風があるならば'イナがなぜ兄を困らせるだろうか'という考えて下さればと思う。

一方SBS新しい週末ドラマ'五本指'とは'紳士の品格'後続で8月に初放送される。

[bntnews 2012-07-18 08:10] 元記事はこちらから

20120718-6.jpg 20120718-7.jpg

※ということはジフニを憎むわけですね(>_<)

チチャンウク氏は去年の年末演技大賞で初めて認識してこんなイケメンいたんだあと(笑)。
今どき珍しい爽やかヒーロー系、昔の野口五郎を彷彿とさせる(爆)正統派。もひとつインタビュー後半を続けます~。

 '五本指'台本リーディング現場、チェ・シラ、チュ・ジフン、ウンジョン、チ・チャンウクなど'真摯+和気あいあい'
2012年07月07日 (土) | 編集 |
‘紳士の品格’後続で来る8月放送予定のSBS TV週末特別企画ドラマ‘五本指’(キム・スンオク脚本、チェ・ヨンフン演出)出演陣が初めての台本リーディングを和気あいあいとした雰囲気の中で終えた。

去る3日京畿道一山、タニョンSBS製作センターで進行されたリーディング現場には俳優チュ・ジフン、チェ・シラ、チ・チャンウク、ウンジョンをはじめとしてチョン・ミソン、チョ・ミンギ、ナ・ムニ、チャ・ファヨン、チョン・ノミンなど名品助演らも参加してドラマに対する期待を高めた。

チュ・ジフンはドラマ‘魔王’以後、久しぶりのテレビ劇場復帰にときめく感情と共に“熱心にする”という話で強い意志を表わしたし、一週間ぶりに6kgを減量するなど悲運の家庭事情を持った天才ピアニストで完璧変身を試みている。

チュ・ジフンは相手俳優が台詞を言う時もずっと目を合わせて呼吸を合わせる姿を見せたし、特に相手女優のウンジョンにもこのような配慮を忘れなくて目を引いた。

ドラマ‘仁粋大妃’ ‘ドリームハイ’ ‘コーヒーハウス’等現代劇と史劇を行き来して演技領域を広めていっているウンジョンは、ドラマ初めての主演申告式であるだけに“誰がならないように熱心にする”という話で大先輩らと共にする所感を伝えた。

この日チェ・シラはリーディングであるのに実際撮影現場をほうふつさせる程の演技で一座を圧倒したし、この前放映終了したドラマ‘仁粋大妃’でチェ・シラの子役を演技したウンジョンの頭を撫でるなど格別の愛情を表わした。

初めての悪縁演技に挑戦するチ・チャンウクは他の俳優らより先に到着して台本練習をしたし、初回を導いていく子役演技者らの台詞を合わせるなど悪役であるのに悪役のようでない面目でリーディングに参加して雰囲気をフヌンケ作った。

‘五本指’は天才ピアニストらの愛と楽器を作るグループの後継者を置いて行うメロ音楽ドラマで‘妻の誘惑’ ‘天使の誘惑’等を執筆したキム・スンオク作家と‘バラの人生’ ‘産婦人科’ ‘無事ペクドンス’等を演出したチェ・ヨンフン監督が引き受けた。

チェ・ヨンフン監督は“俳優らの呼吸がよく合ってドラマがとてもうまくいくようだ”と成功を予感したし、“難しい音楽ドラマに快く出演してありがとう”として俳優らに有り難みを表わした。

‘五本指’は来る8月‘紳士の品格’後続で大当たりドラマの人気を継続する予定だ。

[TVリポート 2012-07-05 09:57:04] 元記事はこちらから

20120707-1.jpg

※チチャンウク氏、一番に現場到着して自主練なんてやるなあ、ジフニも負けないようにがんばらんと(笑)。それにしても一週間ダイエット、うつむきアングルにしても顎のラインがすっかりシャープ! 鎖骨や胸板あたりもさっぱりしてがんばったなあ、わたしもがんばろう。。。

やっとジフニ話題アップ~。
美味しいものは最後に残さず最初に食べるに限る(意味不明・爆)

 '五本指',チュ・ジフン、チ・チャンウク、ハム・ウンジョン、イヘインのキャスティング完了
2012年07月05日 (木) | 編集 |
SBS新しい週末劇'五本指'のキャスティングが最終完了した。

'五本指'のある関係者は4日午後enewsとの電話通話で"ギャングキッズのメンバーイヘインまで'五本指'のキャスティングが完了した"と明らかにした。 '五本指'はチュ・ジフン、チ・チャンウク、ハム・ウンジョンをはじめとしてイヘインまでキャスティングを終えて本格的撮影に入る。

'五本指'は麻薬服用疑惑で物議をかもしたチュ・ジフンのテレビ劇場復帰作で知らされて話題を集めた。 悲劇的過去を持った青春が自身に近づいた不幸と傷を克服して夢と愛を探しに出る話を入れた。

今回のドラマでチュ・ジフンは天才ピアニスト役を担ったし、チ・チャンウクは彼の才能をうらやましがる弟役に演技者でデビューした後最初に悪漢魅力をお目見えする予定だ。 ハム・ウンジョンは難しい暮らし向きのためにピアニストの夢をあきらめてレストランに就職してチュ・ジフンとのロマンスをつなぐ主人公で登場する。 イヘインはハム・ウンジョンをねたましく思う役を担った。

この他にもチェ・シラは険しいママで破格変身して、チョン・ジュナはレストランCEOで出演を確定作った。

一方'五本指'とは'紳士の品格'の後続作でSBS '妻の誘惑' '笑いますママ'などを執筆したキム・スンオク作家と'バラの戦争' '産婦人科'などを演出したチェ・ヨンフンPDの作品だ。 8月頃放送予定だ。

[enews24 2012-07-04 13:30] 元記事はこちらから

20120704-5.jpg

※弟役も魅力的で話題もってかれないようにジフニがんばらにゃ~。

このメガネジフニちょっとイヤ・・・

 チュ・ジフン、'私の作品を見て力を得たファンたちのためにまた立ち上がって′
2012年06月29日 (金) | 編集 |
来る8月'私は王である'スクリーン カムバック

俳優チュ・ジフンがまた飛翔の羽ばたきを始めた。

映画‘キッチン’(2009),‘西洋骨董洋菓子店アンティーク’(2008)で韓国をはじめとして日本で多くの愛を受けたチュ・ジフンが映画‘私は王である’を通じて3年ぶりにスクリーンに復帰する。

チュ・ジフンは26日ソウル、建大入口ロッテシネマで開かれた‘私は王である’製作発表会,続いて進行されたメディアデイで“監督が心安らかにするスタイルだと撮影にすぐ慣れた。 また、軍隊でもミュージカルをしたので適応するところがあって大きい困難はなかった。 テスト撮影をする時は胸がいっぱいになった。 ‘上手でなければならない’という考えをたくさんした”と話した。

引き続き“‘観客が私をどのように見てくれるか、どのように見るだろうか’という心配はしなかった。 今はそんなことをさっさと振り払ってしまうことができるようになったようだ。 それでさらに作品と演技に集中することができた”と付け加えた。

チュ・ジフンは‘私は王である’で小心で柔弱な世子チュンニョン、一夜の間にチュンニョンがなってしまった奴婢トクチル役を担って1人2役に挑戦した。 彼はチュンニョンとトクチルに順に憑依されたように自由自在に二つのキャラクターを行き来して完璧な集中力を見せた。

チュ・ジフンは“私は衣装、ヘアー、小道具などにたくさん頼ってそれに助けを受けて演技をするほうだ”として“ところで今回の映画では奴婢なのに王の服を着て王の振りをしなければならなかったし、王なのに奴婢の振りをしなければならなかった。 小道具と反対に表現しなければならなかったためにその部分が大変だった”と吐露した。

引き続き“どうしても王よりは奴婢の役割が気楽だったようだ。 衣装、ヘアーなどが気楽で演技もまた、自由にすることができた”として“監督が現場にある私を見て‘乞食のようだ’と話したほどだ。 本当に乞食になってメソッド演技をした”と話して笑った。

チュ・ジフンはスクリーンに続きSBS新しい週末ドラマ‘五本指’(仮題)でブラウン管にも顔を出す。 去る2010年麻薬事件で物議をかもしたチュ・ジフンのカムバックの便りが知らされるとすぐにインターネットユーザーは‘復帰が早い’、‘彼に機会を与えなければならない’等の反応を出して賛否論争を広げることもした。

彼は“最近道でいずれかの方に会ったが‘あなたが大変な時私はあなたの映画を見て力を得た’という話をしたよ。 良い作品で恩返しをするのが正解であるようだ”と話した。

一方‘私は王である’は世宗大王が王になる前乞食と身分を変えた後市廛を歩き回って新しい人物と社会を経験するという内容を描いた作品だ。 ‘先生キム・ポンドゥ’、‘移葬と郡守’のチャン・キュソン監督が演出を引き受けた。 来る8月開封される。

[アジアトゥデイ 2012-06-27 09:00] 元記事はこちらから

※当時は大好きなアンティークを観てもめそめそしてたっけ。ジフニの気持ちがいっぱい詰まった初めの一歩、悲しい記憶をこれっぽっちも思い出さないくらい韓国の観客方々と一緒に大笑いしたいなあ。

 チ・チャンウク、‘五本指’でチュ・ジフンと対立構図‘悪役’挑戦
2012年06月28日 (木) | 編集 |
俳優チ・チャンウクがSBS TV週末ドラマ‘紳士の品格’後続で放映される‘五本指’にキャスティングされた。

ある放送関係者は27日午後TVリポートとの電話通話で“チ・チャンウクが‘五本指’でチュ・ジフンと対立構図を広げる”と明らかにした。

引き続き“チ・チャンウクは‘五本指’でチュ・ジフンの弟だが後ほど悪役に変身する”として“今まで見せたイメージとは風変わりな姿を見せる予定”と付け加えた。

‘五本指’でチ・チャンウクは浮栄グループの次男であり浮栄楽器の企画室長ユ・イナ役を担った。 ピアノに対する情熱が格別だがいつも兄ユ・ジサン(チュ・ジフン)の持って生まれた才能に押されて劣敗感が激しいうえに突然の火災事件で左手に致命的な火傷までしてますます理性を失っていく人物だ。

一方‘五本指’はドラマ‘妻の誘惑’ ‘笑いますママ’ ‘天使の誘惑’等を執筆したキム・スンオク作家と‘バラの戦争’ ‘産婦人科’等を演出したチェ・ヨンフンPDが共に呼吸を合わせるドラマだ。

[TVリポート 2012-06-27 15:12] 元記事はこちらから

20120628-6.jpg

※チチャンウク氏は去年の年末演技大賞でこのイケメンは誰?と初めて認識したお方。わたし的にチャンミンと若き日の野口五郎を足して二で割った印象で(爆)、ジフニとの共演はかなり楽しみだったりする^^

とかいってイケメン青果店録画しっぱなしでまだ見てないんですが~。

 お茶の間復帰控えたチュ・ジフン‘ダイエット三昧’
2012年06月28日 (木) | 編集 |
映画<私は王である>撮影を終えた俳優チュ・ジフン(30)がドラマ復帰に先立ちダイエット三昧に陥った。

チュ・ジフンは先週チャン・キュソン監督の映画<私は王である>撮影を終えて8月封切りに先立ち広報活動に真っ最中だ。 これに先立ち去る26日夕方ソウル江南区、清潭洞で開かれたメディアデイ行事に参加したチュ・ジフンはスポーツ京郷と会った席で1週間に6㎏を落とすダイエットにまもなく突入することだと暗示した。

チュ・ジフンは“復帰作だと負担があったが史劇で映画と心をゆっくり持ったところからだが吹いた”として“ドラマ撮影に先立ちダイエットに突入するだろう”と話した。<私は王である>で闕内生活に嫌気をおこした世子チュンニョンを演技するチュ・ジフンは<紳士の品格>後続に放送されるSBS週末劇<五本指>で天性の才能を持ったが悲運の家庭事情を持ったピアニストに変身する。

善と悪を同時に持ったキャラクターの鋭い感じを与えるためにはダイエットが必須だ。 チュ・ジフンは“毎日食事を閉じて、さつまいもと鳥のささみを食べて、4度に分けて20kmを歩いたり走る運動をしなければならない”として“それでこそ6㎏を落とすことができる。 テレビ劇場復帰作でモデル出身だからからだを作るのが必須だと思いダイエットを決心した”と説明した。

映画<私は王である>は世子冊封を避けて市場通りに行ったチュンニョンが顔が同じ奴婢トクチルと身分を変える‘朝鮮版王子と乞食’話だ。 映画には<お金の味>’でカンヌ映画祭レッドカーペットを踏んだペク・ユンシクと俳優イ・ハヌィ、イム・ウォニ、ピョン・ヒボン、キム・スロなどが共に出演する。

一方<五本指>はキャスティングを完了して8月4日初放送される予定だ。

[スポーツ京郷 2012-06-27 19:25] 元記事はこちらから

※お、本気スイッチ入ったか? でも一週間で6kgはカラダによくないんじゃないかなあ、さつまいもに鳥のささみか・・・。

 チュ・ジフン、‘五本指’主演5年ぶりにお茶の間復帰
2012年06月17日 (日) | 編集 |
演技者チュ・ジフンがテレビ劇場に帰ってくる。

2007年出演したドラマ‘魔王’以後5年ぶりだ。

チュ・ジフンはSBSが8月放送する週末ドラマ‘五本指’の主人公に抜擢された。

2009年向精神性医薬品投薬疑惑で物議をかもしたチュ・ジフンは軍除隊以後ドラマ出演機会を着実に訪ねてきたが何回失敗に終わったことがある。

‘五本指’は悲劇的な過去で傷を抱いて暮らす二人の男女が愛を完成していく話。 チュ・ジフンは天性の才能を持って生まれたが難しい周囲環境せいで夢をあきらめて生きていくピアニスト役を担った。

チュ・ジフンは‘五本指’主演を確定して8月にだけ主役を演じたドラマと映画を同時に出す。

チュ・ジフンは映画‘私は王である’撮影を終えて後半作業に参加している。

映画とドラマ放送時期がかみ合わさりながらチュ・ジフンは3年間の空白を踏んで一層活発な活動に乗り出す展望だ。

チュ・ジフンは13日所属会社のキーイーストを通じて“申し訳ない心が大きさに出演を悩んだ”として“初心に帰って良い演技をお見せすることで謝罪して機会を与えた人々に失望を与えない”と復帰所感を明らかにした。

‘五本指’は‘妻の誘惑’、‘笑いますママ’等のドラマを執筆してきたキム・スンオク作家の新作だ。

放送中である‘紳士の品格’後続で視聴者を探す。

[スポーツ東亜 2012-06-13 14:22:36] 元記事はこちらから

※あらためて脚本目線の記事アップ~。
"悲劇的な過去で傷を抱いて暮らす二人の男女が愛を完成していく話"だとか、楽しみな新作です^^



 [単独] '妻の誘惑'キム・スンオク作家、SBS'紳品'後続で1年ぶりにカムバック
2012年06月17日 (日) | 編集 |
人気ドラマ'妻の誘惑'のキム・スンオク作家が1年ぶりにテレビ劇場に復帰する。

SBSは週末劇'紳士の品格'後続でキム作家の新作'五本指(仮題)'の編成を確定した。 初放送時点は来る8月4日。 キム作家はSBS週末ドラマ'笑いますママ'以後1年余ぶりに視聴者たちを訪ねてくる。

先立ってSBS '妻の誘惑(2008年)','天使の誘惑(2009年)'など誘惑シリーズを通じて中毒性高いストーリーの力を見せたキム作家の新作という点で放送関係者に関心を集めている。 昨年'笑いますママ'で三組の互いに違う母娘を通じて家族関係を多角的に解きほぐしたキム作家は今回のドラマでは青春らの話で視線をそらした。

SBSドラマ関係者は"キム作家の話題作の誘惑シリーズとは少し違った感じのドラマで作られる予定だ。 主題に接近する方式も、解いていく方式も違う。 だが、特有の吸入力は相変わらずだ。 期待されて良い"と伝えた。 SBS自体製作ドラマで製作スタッフは今週中に全体ストーリー案を確定して、本格的なキャスティングに入る予定だ。

'五本指'と同時間帯競争作ではKBS1大河史ドラマ'大王の夢'が待機中だ。 KBSは3ヶ月余りの大河史劇休みの間を終わらせて、8月4日初放送を始める。 新羅太宗武烈王の一代記を描いた'大王の夢'はチェ・スジョン、チェ・ジェソン、チョンサンジヒ、リンなどがキャスティングされた。

[スポーツソウル 2012-05-01 10:37] 元記事はこちらから

20120617-6.jpg

※キム・スンオク作家様で検索すると作品リストにnaverは'五本指'のままでDaumは'ピアノの森'と表記されてますがこれで確定なのかは謎。 先月の記事では'新作'となってるのでやっぱり日本の漫画'ピアノの森'とは無関係でオリジナルっぽいですよね、そうだったら書いてないわけないだろうし。8月裏番組は心配なさそうだ!(失礼)

FTホンギくんも出演有力らしく彼のカフェにはホンギくんの他、チェシラ、チャファヨン、ウンジョン、パクハソンの名前が~(敬称略)。もっと正確な情報知りたいなあ。

 '復帰'チュ・ジフン、ネチズン猛非難"演技で贖罪? 出演料受けないか?"
2012年06月14日 (木) | 編集 |
麻薬波紋で論議をかもした俳優チュ・ジフン(30)がテレビ劇場に復帰する。 2007年放映されたKBS2 '魔王'以後何と5年ぶり。 こういう理由に彼のファンたちはうれしいそぶりだが大部分のネチズンは冷笑的な視線を吐き出している。

チュ・ジフンは来る8月放映予定のSBS週末特別企画'五本指(仮題)'出演を確定した。 チュ・ジフンが引き受けた役はピアニストとして天性の才能を持ったが悲運の家庭事情を大事に保管した人物だ。 彼のお茶の間復帰に対する憂慮の視線があったが製作スタッフはチュ・ジフンの'芸術的イメージ'のために最も適合した人物だと判断した。

これに対して多くのネチズンは'時期尚早'という反応だ。 特に彼が復帰を決めるということと同時に反省の意向を見せて"俳優の本分の演技で贖罪する"と明らかにしたことにより一層興奮した。 2009年麻薬波紋で懲役6ヶ月執行猶予1年を宣告されたが善処を訴えて翌年志願入隊した彼なのでより一層そうであった。

あるネチズンは"軍隊に行ったのが免罪符でもなくて'演技で贖罪'という話のためにより腹が立つ。 むしろ'本当に申し訳ありません。 私にも機会をもう一回だけください'だというのがより良いのではないか"としてかっと怒った。 また他のネチズンらも"演技で贖罪することならば出演料一銭も受けないのですか?","演技で贖罪するというのはどのようにすれば良いんだろう?","贖罪するつもりならばドラマに出てくるのではなく奉仕活動をしなくちゃ","贖罪が金を儲けることの良い国","がコメント間違えたのが明らか"等批判文がインターネットを覆っている。

もちろん一部ファンたちはチュ・ジフンのお茶の間復帰を両腕を広げて歓迎している。 "映画に続きドラマまでこれがどういうこと","ありがとうございます、チュ俳優","ドラマ復帰だなんて感激ですね"等の意見も聞こえる。

巨大企画会社の後に隠れているチュ・ジフンがどんな演技で贖罪するのか多くの人々の目と耳が集中している。

[スポーツソウル 2012-06-13 16:25] 元記事はこちらから

※大部分なんてそんなことない!(>_<) でも昨日今日の記事を見ていて世間の認識がどんんなものかをひしひしと実感。地上波出演決まって嬉しい反面始まるまではまだまだ安心できずと。。。

今日一番読んでてキツかった記事。続けてジフニ地上波出演に対する思うことをつぶやく予定が寝てしまったんで記事だけアップで続きはまた夜に~;;

 チュ・ジフン'五本指'出演確定、大衆との温度差は'まだ苦心中'
2012年06月14日 (木) | 編集 |
俳優チュ・ジフンが来る8月放送予定のSBS特別企画‘五本指’に出演する。

チュ・ジフン所属会社キーイースト側はレビュースターとの通話で“チュ・ジフンが‘五本指’に出演を確定した”と明らかにした。

ドラマ‘五本指’は‘バラの戦争’、‘産婦人科’を演出したチェ・ヨンフンPDと‘妻の誘惑’、‘笑います、ママ’等を執筆したキム・スンオク作家が呼吸を合わせる作品で悲劇的な過去を持った若い青春が自身に近づいた不幸と傷を克服してまた自身の夢と愛を訪ねて行く話だ。

劇中チュ・ジフンは天性の才能を持ったが悲運の家庭事情を持っているピアニスト役に変身する。

チュ・ジフンのお茶の間復帰に対する憂慮の視線があったが、キャスティングが確定したところは様々な候補を置いて苦心した製作スタッフが芸術的イメージを持っているチュ・ジフンが最も適合した人物という判断をしたために伝えられた。

演出を引き受けたチェ・ヨンフンPDは“善と悪が共存する変化の激しい主人公キャラクターを柔らかさと荒さの魅力を同時に所有しているチュ・ジフンが最もよく消化することだと判断した”としてキャスティングの理由を明らかにした。

また“天賦的才能を持ったピアニストの役割を演技するためには演技だけでなく音楽に対する基本的な理解もやはり必要なだけピアノとギターなど楽器演奏と水準級歌実力を整えているチュ・ジフンにかける期待が大きい”と伝えた。

これにキーイースト側はレビュースターとの通話で“チュ・ジフン氏がピアノ実力が優秀なものではないが、ファンミーティングでバンド公演をお目見えするほど音楽に関心が多い”として“主人公の才能を表わすのに困難がないものと見られる”と話した。

また、麻薬波紋で地上波放送に出演可否を置いて甲論乙駁が繰り広げられたのと関連してチュ・ジフンの所属会社キーイースト側は“チュ・ジフンが多くの方々に失望を抱かれて差し上げた事件に対して胸深く反省している”と明らかにして“相変らず申し訳ない心が大きいからブラウン管を通じて大衆の前に出ることに対して多くの悩んだがキャスティングに積極的に立ち向かった監督と作家に対する大きい信頼だけでなく色々な感情が共存するキャラクターに魅力を感じて苦心の末に出演を確定作った”としながら用心深い立場を伝えた。

引き続き“初心に帰って良い演技をお見せすることで謝罪して、機会を与えられた多くの方々を失望させないという本人の意志が確かなだけ最善を尽くしてみて成熟した姿にお伺いする”と話した。

また、8月封切りを控えている映画‘私は王である’でスクリーンだけでなくドラマ‘五本指’でブラウン管に訪ねてくるだけに大衆との距離を狭める契機を用意する計画がないかという質問にキーイースト側は“まだ用心深い。 生半可に判断できるのではないから何か決めつけて話しにくい”として慎重な立場を見せた。

引き続き“今まさにキャスティングが報道されただけ広報計画はまだ確定したことがない”として“映画とドラマで演技者としてごあいさつすることが優先だと考える”と話した。

一方チュ・ジフンのお茶の間復帰作‘五本指’は現在の主要配役キャスティング作業に真っ最中であり、‘紳士の品格’後続で放送される。

[レビュースター 2012-06-13 15:33] 元記事はこちらから

※これでいい気になってスミスのおかげさまとバンド活動したいとか言い出しやしないよね・・・(爆)。

8月は映画公開にドラマスタートと、この春のイジェフンみたいに相互作用があるといいなあ^^

 チュ・ジフン、ドラマ復帰置いてインターネットユーザー賛否意見"とても早い" VS "期待される"
2012年06月14日 (木) | 編集 |
俳優チュ・ジフンのドラマ カムバックを置いてオンライン上で熱い賛否論争が繰り広げられている。

13日麻薬事件で波紋を起こしたチュ・ジフンの復帰の便りが知らされるとすぐにインターネットユーザーは各種オンラインサイトおよびSNSで"とても早い"という時期尚早論"もう受け入れる時"という擁護論に分かれて激しい論争を広げている。

SBSは13日午前報道資料を通じて“チュ・ジフンが来る8月放送予定のSBS週末ドラマ‘五本指’(脚本キム・スンオク、演出チェ・ヨンフン)の主演に復帰する”と伝えた。 去る2007年KBS2 ‘魔王’以後で5年ぶりにテレビ劇場カムバックだ。

チュ・ジフンは昨年SBSドラマ‘大風樹’でイ・ソンゲ役に復帰を準備したが高位幹部層の反対に製作が延期になりながら出演が不発になった。 だが、配役に完璧に合致するという点と作家と演出者の強力な要請で出演が成し遂げたと分かった。

また、その間映画'私は王である'撮影を終えて麻薬事件以後復帰作という負担感を減らした点も前回と違い出演が成し遂げた理由に選ばれている。

これに多くのインターネットユーザーが反発をしている。 “あまり早い復帰違うか”、“女俳優がそんなことを行ったとすればこのように簡単に放送出演ができたのだろうか?”、“男俳優飢謹であっても麻薬波紋を起こした俳優をとても早くキャスティングする件ではないのか?”、“麻薬をした俳優を地上波に必ず出演させなければならないのか。 時間が過ぎれば無条件容赦されるというのか?”等反対の立場を強力に表明している

だが、チュ・ジフンの俳優として可能性を惜しむインターネットユーザーは擁護論を広げている。 インターネットユーザーは“一度のミスで惜しい俳優を逃すことはできない。 さらに深くなった演技力に報いる機会を与えなければならない”、“2年を超えて反省したら充分だ”、“チュ・ジフンのようなイメージの演技力を持っている俳優も珍しい。 立ち上がる機会を与えなければならない”等の意見を表出した。

こういう賛否論議がおきるとすぐにチュ・ジフン所属会社キーイースト側は13日午後報道資料を通じて立場を明らかにした。 所属会社側は“チュ・ジフンが多くの方々に失望を抱かれて差し上げた事件に対して胸深く反省している。 相変らず申し訳ない心が大きいからブラウン管を通じて大衆の前に出ることに対して多く悩んだ”と伝えた。

引き続き“キャスティングに積極的に立ち向かった監督と作家に対する大きい信頼だけでなく色々な感情が共存するキャラクターに魅力を感じて苦心の末に出演を確定作った”と付け加えた。

一方チュ・ジフンは去る2009年エクスタシーとケタミンなど麻薬投薬疑惑で懲役6ヶ月、執行猶予1年、社会奉仕命令を宣告されて、翌年軍入隊して去る11月除隊した。

[アジアトゥデイ 2012-06-13 18:52] 元記事はこちらから

※確かに麻薬使用は許されないことだ。でも悔い改め罪を償おうと誠実に活動してきたジフニに訪れたSBS出演確定の知らせはつまり神様からのソンムル。神様からチャンスをいただいたジフニのことを、反対する方々ももう少し広い心で1話だけでも見てみてくれないかなあ。

、、、て子役時代から始まったりするかな、50部もあるし(>_<)

 'お茶の間復帰'チュ・ジフン、ネチズン"演技期待vs復帰早くて"
2012年06月14日 (木) | 編集 |
俳優チュ・ジフンの地上波ドラマ復帰の便りにネチズンらの反応が交錯した。

チュ・ジフンは13日所属会社を通じて来る8月放映予定のSBS週末特別企画'五本指'(仮題)出演を確定したと明らかにした。 これに対してネチズンは多少交錯した反応を見せた。

チュ・ジフンが出演することになる'五本指'は悲劇的な過去を持った若い青春が自身に近づいた不幸と傷を克服してまた自身の夢と愛を訪ねて行く話でチュ・ジフンは天性の才能を持ったが悲運の家庭事情を持っているピアニスト役に変身する。

ネチズンは5年ぶりにドラマを通じてカムバックするチュ・ジフンに対して"演技者として期待される"という反応を見せた。 視聴者たちは"演技力に報いたら良いだろう","罰は十分にしたと見る","ファンとして応援している。うまくいったら良いだろう"等の反応を見せた。

だが、いくつかのネチズンらの間では麻薬波紋から物議をかもしたチュ・ジフンの復帰は"多少早い"という反応を見せることもした。 ネチズンは"復帰時間が必要なようだ"等の反応を見せた。

一方'五本指'演出を引き受けたチェ・ヨンフンPDはチュ・ジフンのキャスティングと関連して13日報道資料を通じて"善と悪が共存する変化の激しい主人公キャラクターをやわらかいということと経た魅力を同時に所有しているチュ・ジフンが最もよく消化することだと判断した"と明らかにした。

また、チュ・ジフンの所属会社キーイーストも"チュ・ジフンが多くの方々に失望を抱かれて差し上げた事件に対して反省している"として"申し訳ない心が大きいからブラウン管を通じて大衆の前に出ることに対して多くの悩んだが積極的にキャスティングに立ち向かった監督と作家に対して大きい信頼を持っている"と伝えた。

[スターニュース 2012-06-13 14:57] 元記事はこちらから

※ファン以外の一般大衆にとってジフニの時間は止まったまま、いまだ麻薬犯(常用ぐらいの)な認識なんだろう。いたって想定内想定内~(>_<)

 SBSは雑音の多いチュ・ジフン カードをなぜ使うだろうか?
2012年06月13日 (水) | 編集 |
麻薬前歴で地上波出演規制を受けているタレント チュ・ジフンが8月放送されるSBS TV新週末ドラマ‘五本指’(キム・スンオク脚本、チェ・ヨンフン演出)出演を確定した。 SBSがなぜ雑音の多いチュ・ジフンを果敢に選んだかを置いて色々な話が出ている。

チュ・ジフンは去る2009年4月エクスタシーとケタミンなど向精神性医薬品を投薬した疑惑で不拘束起訴されて懲役6ヶ月執行猶予1年と社会奉仕命令を宣告された。 以後2010年2月特戦司令部常勤予備役で入隊して昨年11月除隊したし、最近撮影を終えた映画'私は王である'の8月封切りを控えている状況。

除隊後彼が映画を選んだ理由は地上波復帰が上手くいかなかったためだ。 公営放送社KBSは非難世論を意識してチュ・ジフンを出演禁止芸能人名簿に載せたし、やはり公共映像性が濃厚なMBCも同じ歩みを見せた。

映画を選んだ彼に地上波復帰時期は最大のカギであったしチュ・ジフンはSBSを通じて視聴者に会うことができるようになった。 どうしても民営放送会社であるSBSがKBSやMBCに比べて非難世論の意識が少ないからだろう。

これに先立ちチュ・ジフンはSBS上層部の反対に昨年末‘大風樹’出演が挫折した前例がある。 当時SBS上層部役員は“どうして、わざわざ私たちのSBSが物議の負債ある芸能人を一番最初に起用しなければならないか”としてドラマ局にチュ・ジフン カードを反対して失敗に終わった。 だが、今回は強力な製作スタッフの要求と彼のスター性が認められて出演が成し遂げた。

チュ・ジフンの地上波復帰確定の便りに'罰もすでに払ったし軍隊も行ってきた以上問題になることがない'という擁護論と'それでもまだ地上波はならない'という否定論がするどく対抗している。

チュ・ジフンの地上波復帰の便りが伝えられるとすぐにインターネットユーザーはSNSを通じて“チュ・ジフンTV復帰をおめでとう. 本当にたくさん待った” “演技力に勝負しよう” “すでに地上波に復帰するということなのか?” “あえて他の俳優も多いが麻薬をしたチュ・ジフンを使うだろうか?”等の両極端な反応を見せた。

これと関連してSBS上層部関係者は13日TVリポートと電話通話で“劇中主人公が天才ピアニストなのにチュ・ジフンがピアノをうまく弾いて音楽的にも造詣が深い。 作家と演出家が強力に要求したしチュ・ジフン側でもこれに同じ意向を見せた”と話した。

引き続きこの関係者は“世論を意識しなければならない。 だが、配役がその俳優によく合うならばしなければならないのではないか。 昨日(12日)内部的に出演審議規制委員会を開いて出演を決めた”と付け加えた。

最後に“チュ・ジフンは本来演技が上手な俳優であった。 難しいことを体験しながら内的にも成熟した。 結局、大衆に認められることができる方法は演技しかない。 それを自らもよく知っているからもっと上手くやると思う。 先入観を持たないで暖かい視線で眺めて下さったら良いだろう”と頼んだ。

一方チュ・ジフンが出演する‘五本指’はドラマ‘妻の誘惑’ ‘笑いますママ’ ‘天使の誘惑’等を執筆したキム・スンオク作家と‘バラの戦争’ ‘産婦人科’等を演出したチェ・ヨンフンPDが共に呼吸を合わせてチェ・シラが女主演で出演する。

[TVリポート 2012-06-13 12:18] 元記事はこちらから

※ファンミのために練習したピアノも(グダグダだったけど)スミスも役に立ったようでなにより(笑)。あとは演技で否定的な意見を寝かせよう(>_<)

でもって共演者名前が初めて出たような。チェシラさんは68年生まれ、まさかジフニとラブラインとかあり!?まさかね(爆)なんかストーリーがまるで想像つかない・・・

 タレント チュ・ジフン、'麻薬波紋'以後地上波復帰確定
2012年06月13日 (水) | 編集 |
麻薬波紋を体験した俳優チュ・ジフンが来る8月放送予定のSBS特別企画‘五本指’(仮題)でブラウン管に帰ってくる。 2007年‘魔王’以後5年ぶりに地上波ドラマに出演することだ。

現在の人気の下に放送中であるSBS ‘紳士の品格’の後続作‘五本指’は‘バラの戦争’、‘産婦人科’を演出したチェ・ヨンフンPDと‘妻の誘惑’、‘笑います、ママ’等を執筆したキム・スンオク作家が呼吸を合わせる作品だ。

先立ってチュ・ジフンは2009年麻薬投薬疑惑で不拘束起訴されて懲役6ヶ月執行猶予1年と社会奉仕命令を宣告された。 以後2010年2月特戦司令部常勤予備役で入隊、昨年11月転役するなど自粛の時間を過ごした。

チュ・ジフンの居間復帰に対する憂慮の視線があることにもかかわらず、製作スタッフはチュ・ジフンのイメージを高く評価して出演を要請したと分かった。

チュ・ジフン所属会社キーイーストは“チュ・ジフンが多くの方に失望を抱かれて差し上げた事件に対して胸深く反省している”と明らかにして“相変らず申し訳ない心が大きいからブラウン管を通じて大衆の前に出ることに対して多くの悩んだが、キャスティングに積極的に立ち向かった監督と作家に対する大きい信頼だけでなく色々な感情が共存するキャラクターに魅力を感じて苦心の末に出演を確定作った”としながら用心深い立場を伝えた。 引き続き“初心に帰って良い演技を見せてさしあげることで謝罪して、機会を与えられた多くの方を失望させないという本人の意志が確かなだけ最善を尽くしてみて成熟した姿で訪ねることになるだろう”と話した。

8月放送される‘五本指’は悲劇的な過去を持った若い青春が自身に近づいた不幸と傷を克服してまた自身の夢と愛を訪ねて行く話だ。 チュ・ジフンは天性の才能を持ったが、悲運の家庭事情を持ったピアニスト役に変身する。

演出を引き受けたチェ・ヨンフンPDは“善と悪が共存する変化の激しい主人公キャラクターをやわらかいということと経た魅力を同時に所有したチュ・ジフンが最もよく消化することだと判断した”としてキャスティングの理由を明らかにした。 ‘五本指’を執筆するキム・スンオク作家もやはり“人間の多様な感情を表現やり遂げるほどの深さと時間を十分に持った俳優”としながら信頼感を表わした。

チュ・ジフンのお茶の間復帰作‘五本指’は現在の主要配役キャスティング作業に真っ最中であり、‘紳士の品格’後続に放送される。

[朝鮮日報 2012-06-13 13:16] 元記事はこちらから

※‘五本指’は総50部作。視聴率で簡単に早期終了するミニシリーズとは異なり相当局もチカラを入れてる枠なんだろう。ジフニはただ単純に自分の復帰作としての評価で済まないことは百も承知でしょうから、主役に強く押してくださったチェPD様やキム作家先生様のためにも良い結果を残したいものですね(>_<)

今年の七夕の願い事は決まった!

 チュ・ジフン、ドラマ'五本指'で復帰"演技で謝罪する"
2012年06月13日 (水) | 編集 |
麻薬事件後初めてのブラウン管復帰...製作陣信頼+キャラクター魅力+本人意志

俳優チュ・ジフンがSBSドラマ‘五本指’で5年ぶりにブラウン管に復帰する。

チュ・ジフンの所属会社キーイースト関係者は13日午前ノーカットニュースとの通話で“‘五本指’の出演を最終決定した”としながら“復帰時期や方法に対して悩みが多かったが、作家様と監督様の積極的な提案に勇気を出した”と明らかにした。

引き続き“(本人が)演出陣に対する信頼が最も大きかったし、キャラクターに対する魅力を感じた。 天性の才能を持ったピアニストだが不遇な家庭事情を持っている役割だとキャラクターの明暗があって多くのことを見せることができると判断した”と付け加えた。

特に所属会社側は“(麻薬事件後)復帰にあって多くの悩みがあったが、本人が最も上手に出来る部分の演技でごあいさつすることが合うと考えた。 初心に帰って良い演技をお見せすることで謝罪して、機会を与えられた多くの方々を失望させないという本人の意志が確かなだけ最善を尽くしてみて成熟した姿にお伺いする”と伝えた。

ドラマ‘五本指’は‘妻の誘惑’キム・スンオク作家が執筆を引き受けて‘バラの戦争’ ‘産婦人科’等を演出したチェ・ヨンフンPDが意気投合した作品でSBS週末ドラマ‘紳士の品格’後続で来る8月放送される予定だ。

悲劇的な過去を持った若い青春が自身に近づいた不幸と傷を克服してまた自身の夢と愛を訪ねて行く話の‘五本指’でチュ・ジフンは天性の才能を持ったが悲運の家庭事情を持っているピアニスト役に変身する。

演出を引き受けたチェ・ヨンフンPDは“善と悪が共存する変化の激しい主人公キャラクターを柔らかさと荒さの魅力を同時に所有しているチュ・ジフンが最もよく消化することだと判断した”としてキャスティングの理由を明らかにした。 また“天賦的才能を持ったピアニストの役割を演技するためには演技だけでなく音楽に対する基本的な理解もやはり必要なだけピアノとその他など楽器演奏と水準級歌実力を整えているチュ・ジフンにかける期待が大きい”と伝えた。

‘五本指’を執筆するキム・スンオク作家やはり“人間の多様な感情を表現やり遂げるほどの深さと時間を十分に持った俳優”としながら信頼感を表わした。

これでチュ・ジフンは2007年KBSドラマ‘魔王’に出演した以後5年ぶりにブラウン管に復帰することになった。 去る2009年麻薬投薬疑惑で不拘束起訴されて懲役6ヶ月執行猶予1年を宣告されたチュ・ジフンは自粛の時間を持った後特戦司令部常勤予備役で軍に入隊して昨年11月除隊した。 除隊後映画‘私は王である’に出演したし来る8月封切りを控えている。

[ノーカットニュース 2012-06-13 11:53] 元記事はこちらから

※勇気を出して決断したのねジフニ(;;)
ドラマ放送開始までまだあと2ヶ月、その意志がこれからの日々外部からの圧力に揺らぐことのないよう、雨降るときには傘になり風吹くときには壁になろう。。。


 チュ・ジフン‘五本指’キャスティング確定…悲運の天才ピアニスト役
2012年06月13日 (水) | 編集 |
俳優チュ・ジフンが‘五本指’でテレビ劇場に復帰する。

チュ・ジフンは来る8月放送予定のSBS TV週末特別企画‘五本指’(仮題)で視聴者たちと会う予定だ。 ‘五本指’は‘バラの戦争’ ‘産婦人科’を演出したチェ・ヨンフンPDと‘妻の誘惑’ ‘笑います、ママ’等を執筆したキム・スンオク作家が呼吸を合わせる作品。

悲劇的な過去を持った若い青春が自身に近づいた不幸と傷を克服してまた自身の夢と愛を訪ねて行く‘五本指’でチュ・ジフンは天性の才能を持ったが悲運の家庭事情を持っているピアニスト役を担った。

チュ・ジフンの居間復帰に対する憂慮の視線があることにもかかわらず、キャスティングが確定したところは色々な候補を置いて苦心した製作スタッフが芸術的イメージを持っているチュ・ジフンが最も適合した人物という判断により成し遂げた。

演出を引き受けたチェ・ヨンフンPDは“善と悪が共存する変化の激しい主人公キャラクターをやわらかいということと経た魅力を同時に所有しているチュ・ジフンが最もよく消化することだと判断した”としてチュ・ジフンのキャスティング理由を明らかにした。

引き続き“天賦的才能を持ったピアニストの役割を演技するためには演技だけでなく音楽に対する基本的な理解やはり必要なだけピアノとギターなど楽器演奏と水準級歌実力を整えているチュ・ジフンにかける期待が大きい”と付け加えた。

‘五本指’を執筆するキム・スンオク作家やはり“人間の多様な感情を表現やり遂げるほどの深さと時間を十分に持った俳優”としながらチュ・ジフンに対する信頼感を表わした。

チュ・ジフンの所属会社キーイーストは“チュ・ジフンが多くの方々に失望を抱かれて差し上げた事件に対して胸深く反省している”としながら“相変らず申し訳ない心が大きいからブラウン管を通じて大衆の前に出ることに対して多くの悩んだがキャスティングに積極的に立ち向かった監督と作家に対する大きい信頼だけでなく色々な感情が共存するキャラクターに魅力を感じて苦心の末に出演を確定作った”と伝えた。

また“初心に帰って良い演技をお見せすることで謝罪して、機会を与えられた多くの方々を失望させないという本人の意志が確かなだけ最善を尽くしてみて成熟した姿にお伺いする”と話した。

一方‘五本指’は現在の主要配役キャスティング作業に真っ最中でありSBS TV週末特別企画‘紳士の品格’後続で放映される。

[TVリポート 2012-06-13 11:45] 元記事はこちらから

※いままでスルーしてましたがこのキャラ設定超萌えなんですけど~(爆)。
ピアニストだけに指先アップとかあるかなあ、弾いてるトコはプロが代役かな? なにげに水谷豊の「赤い激流」思い出す~(古!)あれで英雄ポロネーズとかラ・カンパネラとかピアノ曲にはまったのでした^^


でも善と悪が共存するというとこが前歴を連想させるようなことがないかちょっと心配だったりする。悪意ある人はどうとでもこじつけて言うだろうし・・・。

 チュ・ジフン、麻薬波紋以後地上波ドラマ カムバック確定
2012年06月13日 (水) | 編集 |
俳優チュ・ジフンが地上波ドラマ カムバックを確定した。

13日放送関係者によればチュ・ジフンはSBS週末特別企画ドラマ'五本指'の主役を演じて2007年'魔王'以後5年ぶりに地上波ドラマに出演する。

'五本指'とは'妻の誘惑','天使の誘惑'などを執筆したキム・スンオク作家の新作. 麻薬投薬疑惑で自粛の時間を設けて軍に入隊、昨年11月転役したチュ・ジフンが視聴率製造機キム・スンオク作家と手を握って地上波に入城する。

製作スタッフが先にチュ・ジフン側に出演を要請したしチュ・ジフンもまた、苦心の末に最近提案を受け入れながらチュ・ジフンのドラマ復帰が確定した。 所属会社側は"良い演技で報いたいという気持ちだけ"と伝えた。

昨年'大風樹'出演を秤にかけて編成が後ろに押すだろうとしながら復帰を延期しなければならなかったチュ・ジフンはこれを足場にみなして地上波に入城する展望だ。 麻薬疑惑で起訴された後KBS,MBCの出演禁止名簿に上がったチュ・ジフンには現在SBSが地上波復帰のための唯一の通路に違わない。

先立ってチュ・ジフンは2009年麻薬投薬疑惑で不拘束起訴されて懲役6ヶ月執行猶予1年と社会奉仕命令を宣告された。 以後2010年2月特戦司令部常勤予備役で入隊、昨年11月転役するなど自粛の時間を過ごした。

映画'私は王である'撮影が末のチュ・ジフンは撮影を終えた後ドラマ準備に入る展望だ。 '五本指'とは'紳士の品格'後続で来る8月頃放送予定だ。

[スターニュース 2012-06-13 11:31] 元記事はこちらから

※五本指の主役を誠実に勤め上げネチズンの意志を変化させることができたら他局だって! 新月の願い、MBCでの宮2実現も夢じゃない(>_<)

 チュ・ジフン5年ぶりお茶の間復帰“良い演技で謝罪する”
2012年06月13日 (水) | 編集 |
チュ・ジフンが'五本指'でテレビ劇場に復帰する。

SBSは週末ドラマ'紳士の品格'後続作の'五本指'(仮題)にチュ・ジフンがキャスティングされたと公式に明らかにした。 '五本指'とは'バラの戦争' '産婦人科'を演出したチェ・ヨンフンPDと'妻の誘惑','笑いますママ'を執筆したキム・スンオク作家が呼吸を合わせる作品だ。

チュ・ジフンは天性の才能を持ったが悲運の家庭事情を持っているピアニスト役を担った。 去る2007年KBS 2TV '魔王'以後5年ぶりのテレビ劇場復帰だ。

SBS側は"チュ・ジフンのお茶の間復帰に対する憂慮の視線があることにもかかわらず、キャスティングが確定したところはチュ・ジフンが持った芸術的なイメージが大きい役割をした"と説明した。

演出を引き受けたチェ・ヨンフンPDは“善と悪が共存する変化の激しいキャラクターを柔らかさと荒い魅力を同時に所有しているチュ・ジフンが最もよく消化することだと判断した”とキャスティングの理由を明らかにした。 また“天賦的才能を持ったピアニストの役割を演技するために演技だけでなく音楽に対する基本的な理解もやはり必要だ。 チュ・ジフンはピアノ、ギターなど楽器演奏実力が水準級で歌実力も整えていて期待が大きい"と伝えた。

‘五本指’を執筆するキム・スンオク作家もやはり“人間の多様な感情を表現やり遂げるほどの深さと時間を十分に持った俳優”としてチュ・ジフンに対する信頼感を表わした。

チュ・ジフンの所属会社キーイーストは“チュ・ジフンが多くの方々に失望を抱かれて差し上げた事件に対して胸深く反省している”として“相変らず申し訳ない心が大きいからブラウン管復帰を置いて多く悩んだがキャスティングに積極的に立ち向かったPDと作家に対する信頼と多様な感情が共存するキャラクターに魅力を感じて出演を確定した"と用心深い立場を明らかにした。

引き続き"初心に帰って良い演技をお見せすることで謝罪して機会を与えられた多くの方々を失望させないという本人の意志が確かだ。 最善を尽くしてみて成熟した姿にお伺いする”と話した。

[ニュースエン 2012-06-13 11:19:48] 元記事はこちらから

※どんなに局内外反対が多かったろう。キャスティングに積極的に立ち向かったPD様と作家先生には大きなお辞儀で感謝を伝えたいです。

 [単独]チュ・ジフン、'五本指'地上波復帰確定.."演技で贖罪"
2012年06月13日 (水) | 編集 |
俳優チュ・ジフンが来る8月放送予定のSBS特別企画'五本指'で地上波カムバックを確定した。

13日午前ドラマのある関係者によれば"去る12日、チュ・ジフンの出演を置いて放送会社と製作会社、俳優側が最終協議の結果キャスティングが確定した。 当初演出者と作家など製作スタッフ側がチュ・ジフンの交渉を強く要請した程作品の中配役に最上の適任者という判断を信頼することにした"と耳打ちした。

先立ってチュ・ジフンはドラマ出演説がふくらんで論議に包まれたことがある。 去る2009年麻薬疑惑で物議をかもした前歴が問題になったこと。 これに放送会社、製作会社、チュ・ジフンの所属会社側が出演可否に対してもう少し深い議論を繰り返したあげく結局出演に最終合意した状況だ。 これでチュ・ジフンは去る2007年KBSドラマ'魔王'以後5年ぶりのブラウン管復帰を控えることになった。

これと関連してキーイーストのある関係者はこの日午前OSENとの電話通話で"最終的に出演を決めたのが合う"として"チュ・ジフン氏が自ら過去の誤りに対して深く悔いている。 事実ドラマ カムバックを決めるまで容易ではなかった。 何より俳優本人の意志が重要だった。 結局作品に対する確信と製作スタッフの信頼を土台に用心深く出演を決心した。 やさしくなかったカムバック決定であるだけに俳優本来の本分をつくして演技で贖罪して報いる"と明らかにした。

一方'五本指'とは'紳士の品格'後続作で'産婦人科'などを演出したチェ・ヨンフンPDと'妻の誘惑','笑いますママ'などを執筆したキム・スンオク作家が意気投合した作品。

チュ・ジフンは劇中天性の才能を持ったが悲運の家庭事情を持ったピアニスト男主人公の役割を演技する予定だ。 チュ・ジフンの他に色々な俳優らを相手にキャスティング作業が活発に進行中であり8月初放送される。

一方チュ・ジフンは去年11月軍除隊後出演した映画'私は王である' 8月封切りを控えている。

[OSEN 2012-06-13 10:56] 元記事はこちらから

20120613-1.jpg

※ジフニSBS出演確定最初の記事~(>_<)
韓流ビジネスを無視できないキーイーストはともかくジフニの意志を最優先させるとしたら、論難渦中にあっていくら製作会社や脚本家様が強く要請してくれたとしても自分の存在自体がドラマに悪影響を及ぼすことを懸念し辞退するという道を選んだ方がどれほど楽だったろう。でもそうしなかったジフニからは非難を真っ向から受けても逃げずにすべて受けとめる強い覚悟を感じます。確定が出てもその先はまだまだ茨の道ですがきっと道は開かれる。ジフニファイティン、わたしもがんばろう^^


まずは主要な記事を一気に続けます~。

 チュ・ジフン五本指出演制の、‘地上波復帰の可能性に関心集中’
2012年06月12日 (火) | 編集 |
チュ・ジフンがドラマ‘五本指’の出演提案を受けてテレビ劇場復帰の可能性に対する関心が集まっている。

11日チュ・ジフンの所属会社側関係者はスターエンとの通話で“現在のチュ・ジフンがSBSドラマ‘五本指’の出演提案を受けた状態だ”と明らかにした。

引き続きこの関係者は“現在まで確定した状態ではないがチュ・ジフン本人や所属会社側でも肯定的に検討中にある”と明らかにして出演の可能性に期待を高めた。

去る2011年11月軍から転役したチュ・ジフンは映画‘私は王である’とミュージカル‘ドクトルジバゴ’等で俳優活動を始めたが麻薬犯人前歴により地上波TV出演には制裁を受けていた状況だ。

また、チュ・ジフンは昨年末復帰作で出演可能性が高く占われた‘大風樹’もやはり終盤に失敗に終わった経験があるからチュ・ジフン側もやはり“(SBS側の)確答を受けられなかった”として慎重な立場を見せている。

だが、チュ・ジフンの‘五本指’出演が成し遂げるならばKBSとMBCの出演制裁もやはり解除される可能性が高くて彼のテレビ劇場復帰成功可否に多くの関係者たちの関心が集まっている。

一方‘五本指’は‘妻の誘惑’を執筆したキム・スンオク作家の新作でSBS紳士の品格後続作に予定された状態だ。

[ファイナンシャルニュース 2012-06-11 17:01] 元記事はこちらから

※‘ドクトルジバゴ’では活動してないですけどね・・・(グサグサ)
結局ほとんどの記事をアップしてしまったんで今日の五本指話題はこれで打ち止め~。


 チュ・ジフン‘五本指’出演候補製作会社“出演依頼の肯定検討中”
2012年06月11日 (月) | 編集 |
チュ・ジフンが'五本指'出演を検討中だ。

SBS '紳士の品格'後続で編成された'五本指'主演候補に上がった。 '五本指'とは'妻の誘惑','天使の誘惑','笑いますママ'を執筆したキム・スンオク作家の新作だ。 製作会社関係者は"チュ・ジフン側に出演を提案したがキャスティング可否は最終確定しなかった"と明らかにした。

チュ・ジフンが出演を確定する場合、2007年'魔王'以後5年ぶりのテレビ劇場カムバックだ。 チュ・ジフンは去る2009年麻薬投薬疑惑で不拘束起訴された自粛時間を設けて2010年常勤予備役で入隊した。

去年11月21日除隊後ミュージカル'ドクトルジバゴ'でカムバックしようとしていたチュ・ジフンは声帯結節でミュージカルを下車した後映画'私は王である'世宗役にキャスティングされて映画を撮影中だ。

[ニュースエン 2012-06-11 16:56:21] 元記事はこちらから

※ジバゴにも触れてる記事なので(きゅんきゅん)

 チュ・ジフン、'五本指'で5年ぶりにお茶の間復帰打診
2012年06月11日 (月) | 編集 |
俳優チュ・ジフンがSBS新しい週末ドラマ'五本指'(脚本キム・スンオク演出チェ・ヨンフン)出演可否に対して"肯定的検討中"という立場を明らかにした。

チュ・ジフン所属会社関係者は11日マイデイリーと通話で"'五本指'製作会社に出演提案を受けて肯定的に検討している"と明らかにした。

この日SBSによれば'五本指'は現在の放送中であるSBS '紳士の品格'(脚本キム・ウンスク演出シン・ウチョル)後続時間帯で編成を確定した。 チュ・ジフンがキャスティングされるならば彼は'魔王'以後5年ぶりにテレビ劇場に復帰することになることだ。

だが、彼のお茶の間復帰は容易ではないものと見られる。 去る2009年4月向精神性医薬品を投薬した疑惑で不拘束起訴されたことがあるチュ・ジフンを抱いて行くのは放送会社にも負担になるためだ。 現在SBS側はチュ・ジフンの出演を置いて天秤にかけていると分かった。

これと関連してチュ・ジフン所属会社関係者は"まだ出演を生半可に話す段階ではない。 用心深く見守っている"と明らかにした。

'五本指'はドラマ'妻の誘惑' '笑いますママ' '天使の誘惑'などを執筆したキム・スンオク作家と'バラの戦争' '産婦人科'などを演出したチェ・ヨンフンPDが意気投合した作品だ。

昨年11月除隊したチュ・ジフンは8月封切りする予定の映画'私は王である'仕上げ撮影に真っ最中だ。

[マイデイリー 2012-06-11 16:41] 元記事はこちらから

※一話あたりいくらで版権売れるかは謎ですが50部作といえば相当な金額になるだろうしジフニ主演ならイルボン放送局が放っておかないでしょう。放送開始は映画公開とナイスタイミングで話題性もバッチリだし、天秤にかけた結果は自ずと明らかな気もするなあ^^

でも役どころはどんなだろ、そこ気になりますが

 SBS側"チュ・ジフン'五本指'主演? 検討中"
2012年06月11日 (月) | 編集 |
SBS新しいドラマ'五本指(仮題)'側がチュ・ジフンが主演で有力だという一部媒体報道に対して"色々な候補中の1人"と線を引いた。

SBSドラマ局関係者は11日午後OSENに"チュ・ジフンが'五本指'出演を置いて製作スタッフと話中であることは事実"と伝えた。

引き続き関係者は"しかし確定した事項ではない"として"色々な候補の中の一つだけのことだ。 まだ調整する事項が多い"と付け加えた。

'五本指'はドラマ'妻の誘惑','笑います、ママ'などを執筆したキム・スンオク作家とチェ・ヨンフンPDが共に呼吸を合わせた作品で来る8月'紳士の品格'後続で電波に乗る予定だ。

一方チュ・ジフンは去る2009年麻薬を投薬した疑惑で不拘束起訴された。 以後地上波KBS,MBC,SBS地上波3社の出資金紙出演禁止処分を受けたことがある。 したがってもしチュ・ジフンが'五本指'出演を確定作る場合、去る2007年KBS 2TVドラマ'魔王'以後5年ぶりのドラマ復帰となる。

一方チュ・ジフンは昨年11月軍除隊後映画'私は王である'に出演、来る8月封切りを控えている。

[OSEN 2012-06-11 16:35] 元記事はこちらから

20120611-2.jpg

※ちょっと慎重なテンションの記事。あんまり期待しすぎてもいけないか。

でももしダメでもどうせ50部だったし~とか週末ドラマじゃね~とか諦めつきそう・・・

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。