★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 大当たりチャ・テヒョンvs乞食チュ・ジフン、初めての史劇成績表...イ・ビョンホンは?
2012年09月16日 (日) | 編集 |
2012年には唯一デビュー後初めて史劇映画に挑戦する俳優が多かった。 特にデビュー21年目俳優イ・ビョンホンは去る13日開封された映画'光海、王になった男'で初めて史劇演技に挑戦して好評を聞いている。

映画'後宮:帝王の妾'のキム・ドンウクから'風と共に去りぬ'のチャ・テヒョン、'私は王である'のチュ・ジフン、そして'光海'のイ・ビョンホンまで初めて史劇に挑戦した俳優の封切り初日成績表はどうだったのだろうか?

ひとまず初日成績表を見ればキム・ドンウクが1等でチュ・ジフンが最下位だ。

封切り日最も多い観客を動員した映画は'後宮:帝王の妾'(監督キム・デスン)だ。 去る6月6日韓国殉国烈士の日に開封された'後宮'は封切り初日27万 2166人(以下映画振興委員会)の観客を呼んで集めたし、総累積観客261万 5235人を記録した。 もちろん'後宮'が封切り初日30万人に肉迫する観客を動員したのには'韓国殉国烈士の日効果'がプラス要因になっただろう。

'後宮'は届かなくては生きられなかった宮で広がる愛欲、狂気の情事を入れたエロチック宮中史劇だ。

封切り前から俳優の破格的な露出で話題を集めた'後宮'は5月開封されて長期興行をしていた'私の妻のすべて'(監督ミン・ギュドン)とハリウッド ブロックバスター'メン・イン・ブラック3'(監督ベリーソネンピルドゥ)を抜いてボックスオフィス1~2位を維持した。 特に'後宮'は40~50代主婦の間で大きい呼応を得たと分かった。

興行だけでなく去る2004年短編映画'スヌン'(監督パク・ヒョンジン)に続き商業映画では初めて史劇演技に挑戦した俳優キム・ドンウクは'後宮'を通じて演技力まで認められることになった。

キム・ドンウクに続きデビュー17年ぶりに初めて史劇に挑戦した俳優チャ・テヒョンが'風と共に去りぬ'(監督キム・ジュホ)でもう一度良い成績をおさめている。

先月8日開封された'風と共に去りぬ'は封切り初日17万 2048人の観客を動員したし、去る12日までボックスオフィス10位圏を維持した。

この作品は夏休暇シーズン家族単位観客にターゲットを合わせて現在まで累積観客は435万 2393人を記録中だ。 累積観客にだけ見れば現在までは今年開封された史劇映画中最高の成績だ。

特に'風と共に去りぬ'は1000万映画'泥棒たち'(監督チェ・ドンフン)とハリウッド ブロックバスター'ダーク ナイト ライズ'(監督クリストファー驚いた)との激しい競争の中でも良い成績を記録して目を引く。

'風と共に去りぬ'は朝鮮時代相場を調べて大事な権力の象徴だった氷を囲んだ陰謀に対抗してソビンゴをはたくために各分野の専門家たちが集まって広げる作戦を入れた作品。 チャ・テヒョンの長所であるコメディ ジャンルだ。 それだけでなくソン・ドンイル、コチャンソクなど忠武路の名品助演が総出動して初めて史劇演技をするチャ・テヒョンに力を与えたし、観客追求を継続している。

最初の史劇映画挑戦に最も低調な成績表を持ち上げた俳優はチュ・ジフンだ。 麻薬事件にかかわった後軍入隊をして3年ぶりにスクリーンにカムバックしたチュ・ジフンの復帰作'私は王である'(監督チャン・キュソン)は'風と共に去りぬ'と同じ日に開封された。

'私は王である'と'風と共に去りぬ'は同じ史劇コメディ ジャンルに初めて史劇演技に挑戦した主人公チュ・ジフンとチャ・テヒョンのために封切り前から競争構図を形成した。 二つの作品は何度か開封日を変更した後同日観客に公開されたし、結果はチャ・テヒョンの勝利であった。

'私は王である'は一日で身分がさかさまになった世子と奴婢の話を描いた作品で、封切り初日6万 5664人の観客を動員、総累積観客76万 5161人を記録するのに終わった。

去る13日開封された'光海、王になった男'(監督チュ・チャンミン)は現在の映画界で最も注目している作品だ。

'光海'は朝鮮光海君8年、毒殺危機に置かれたワン・グァンヘ(イ・ビョンホン扮)を代って超役割をすることになった賎民下船(イ・ビョンホン扮)が王の大役を受けることになって広がる話で歴史から消えた15日間の隠された話を描いた映画で、イ・ビョンホンの最初の史劇映画であり1人2役に挑戦した作品だ。

'光海'は封切り初日16万 9561人の観客を呼んで集めて順調な出発を見せている。 特にこの作品はポータルサイト ネイバーとダウムでそれぞれ9.04点と8.2点の高いネチズン評点を記録していて今後の興行には問題がないものと見られる。

それだけでなく映画関係者たちは'光海'が500万人は軽く渡すと見ていて関心が集まっている。

果たして好評受けている'光海'が'風と共に去りぬ'を跳び越える今年史劇映画最高の成績表を持ち上げることができるだろうか。

[TVデイリー 2012-09-14 18:14] 元記事はこちらから

20120916-6.jpg

※ビョンホン氏の'光海'は公開3日で80だか90万だかでもう軽くジフニの記録を超えてしまった模様、、、ドラマも下降路線でしょぼん。
スポンサーサイト

 イミド、チュ・ジフンと入浴しようとありったけの力を込める女…実体は?
2012年08月20日 (月) | 編集 |
"イミドには申し訳ない話だが最大限美しくない世子嬪を見せてあげたかった。 それでもイミドは映画が興行に成功しようが、失敗しようが注目されるはずだ。"

コミック史劇'私は王である'のチャン・ギュソン(43)監督は封切り前このように話した。

タレント チュ・ジフン(30)が'世子チュンニョン'と'奴婢トクチル'の1人2役で期待を集めたこの映画は予想外に振るわない興行成績を見せている。 8日封切り以後19日まで約72万4000人を集めた。 約1113万観客が観た'泥棒たち'(監督チェ・ドンフン)の壁に遮られて、同じ日封切りしたもう一つのコミック史劇'風と共に去りぬ'(監督キム・ジュホ)に遮られたためだ。

しかしチャン監督の話のように'私は王である'は映画界に贈り物をした。 チュンニョンの妻'世子嬪'で出てきた映画俳優イミド(30)だ。 イミドはこの作品で既存の史劇の中の世子嬪の定形化されたイメージを破ってしまった。 清純きれいな容貌に気品と節制ある行動の既存世子嬪とは違ってもしばらく違う。 相対的にあまり美しくないことでも足りないように嫉妬と貪欲をよどみなく表現する。

世子嬪の初めての登場。 世子の居所の外あの遠くから見覚えがあった品格ある身だしなみの世子嬪が尚宮、ナインを率いて歩いてくる。 ところで世子嬪がますますタガワ スクリーンに顔が大きく捕えられるとすぐに観客は驚く。 コメディアン出身MCキム・ミファ(48)の'純悪質女史'時期の姿を連想させる女が立っているためだ。 '世子嬪で合う?','服装は合うのに…','尚宮と違うの?'など各種反応が出てくる。 イミドは明確に世子嬪だ。

20120820-1.jpg 20120820-2.jpg

[READ MORE...]
 チュ・ジフンを‘拒否する’あなたたちに(インタビュー)
2012年08月20日 (月) | 編集 |
"私がチュ・ジフンを喜んで捉えた理由があります"

もしかしたらチュ・ジフンという名前をずっと言及することが映画にはそれほど大きな役に立たないかもしれない。 彼を惜しんだだけに大衆はまだ彼に心を開くことができなかった。 もちろんチュ・ジフンと実際に向き合うならば100なら100 '思ったよりなかなか良い人だね'という考えをするようになるだろう。 だが、スターと大衆が会うことは容易ではない。 彼を絶えず代弁して自ら疎通の機会を開くことが最善の方法だ。

映画'私は王である'チャン・ギュソン監督は'知っている人だけが分かるという'チュ・ジフンの魅力を直ちにキャッチした。 最善を尽くして映画を作ったしチュ・ジフンと呼吸した。 どの監督とどの俳優が作品を示して"熱心にできなかった"という話をハゲンニャマンは二人は確かにもう少し特別だ。 再び映画版に戻ってくるまで本当に長い時間がかかった。

"実際に会ってみたチュ・ジフンはどんな俳優か"多くの意味が含まれている質問にチャン・ギュソン監督は"チュ・ジフンという'俳優'は保身を図らないで、チュ・ジフンという'人'はそのように率直なことはできない"として"多くの方々がチュ・ジフンという俳優を拒否しているということをよく知っている。 それにもかかわらず、チュ・ジフンだからキャスティングした理由も明らかにある"と述べた。

'私は王である'は世宗大王(セジョンデワン)が即位する前、すなわち世子チュンニョンシジョル起きたような15日間の話を扱った作品だ。 チュンニョン、そしてチュンニョンとそっくり似た奴婢トクチルを演技したチュ・ジフンは成長談を描き出して自身も共に振り返ってみた。 歯をくいしばって演技したという表現がぴったり合うほどチュ・ジフンは好演を広げて出した。 だが、映画のクライマックスの部分は多少残念な思いをする。 徹底したワンマンショーが2%不足したこと。

宮にまた戻ってきたチュンニョンが外国使節に朝鮮の世子として大きい声で叱り飛ばす。 滑稽な行動と分別がない姿をいっぱい見えた100分の方は180度変わらなければならなかった。 チャン・ギュソン監督はこれに対して"その場面を撮る時私もジフンもストレスをたくさん受けた"として"現場は確かに理論的でない。 その状況で声トーン、発音など注意深く表現しようと努力した"と説明した。

"事実大使から表情、身振りなどがやぼったくなければならない。 宴会場で叫ぶということはまもなく演説だ。 なぜ選挙の時ごとに候補らが演説するのを見れば真正性が感じられるのか。 雄弁式で話さなければならないためだ。 避けられなかったということが合う。 色々なトーンでとったが前後とよく連結されなかったよ。 世宗文化会館より何倍も干すということは野外空間でその程度発声をやり遂げたということはチュ・ジフンがどれくらい気を遣って演技したのか知ることが出来る。 少しうじゃうじゃとうごめいても。(笑い)"

どんなキャラクターより難しい役割を受け持って誰よりかろうじて演技した。 もう演技一つしか眺めることはできないチュ・ジフンは前作より監督を10倍以上近く会ってくどくどと炒めた。 彼の情熱はびっくり露出シーンでも光を放った。 分かってみれば女優よりより大きい羞恥心を感じることがまさに俳優だ。 バンド? 工事? なかった。 クールな演技にチャン・ギュソン監督は繰り返し有り難く思わなければならなかった。

"木を捕まえて大きい材料で仕事をするシーンがる。 観客はピピーっと笑い出して軽く行き過ぎることができる場面だが俳優としては本当に堪え難い。 間違って撮影すれば全部見えることもできる危険負担も大きい。 事実露出演技は女優より俳優がさらに敬遠してする部分だ。 ジフンも素早くぶつぶつ言ったのだが持ち出して驚くほどとてもよくした。 予定にないのをしなさいと言ってもさっと片づける俳優が監督としてどのように憎いことがあるか。"

跡継ぎと奴婢1人2役を演技しなければならなかったために数十 数百着の服を着替えて撮影しなければならなかったしキャラクターをこんがらからないために相当な集中力を見せるべきであることもした。 "90%は一人ですべてしたといっても過言ではない"そのまま捨てることとても惜しいビジュアルと才能が今回の映画を通じてよみがえった。 チャン・キュソン監督は"'あの子がどのように演技するが一度見よう'という反感から持っているならば映画を見るのが難しいだろう"として"心をごつんと置いて気楽に考えてほしい"と頼んだ。

チャン・ギュソン監督がチュ・ジフンを陰から抜け出すようにしたとすればチュ・ジフンはもう自ら私の光を再び探さなければならない。 事実今'私は王である'に対する大衆の評価は苛酷だ。 同日封切りしたチャ・テヒョンの'風と共に去りぬ'(監督キム・ジュホ)に比べて半分ほどもまだ達し得ない観客が劇場を探した。 憂慮は現実になったしチャン・ギュソン監督はまた他のプロジェクトを計画しなければならない。

"チュ・ジフンが世宗大王でないごろつきや組織暴力の役割に出てきたとすれば今より袋叩きにはあまりなっていなかったかも知れない。 だが、この映画を最初に始める時私たちは'ベストになれなくてもできる限り力を集めてみよう'と念を押した。 俳優として十分な価値がある。 スクリーンに関わっている同時期に愛を受ければはるかに良いがそうでないならば時間が少し過ぎた後再評価受けることになる日が明らかにあることと考える。 その信頼が通じることと信じている。"

'私は王である'は朝鮮時代を背景に世子チュンニョンが奴婢トクチルと身分がさかさまになりながら星群世宗大王(セジョンデワン)に成長していく過程を描いた作品だ。 運命のいたずらのように一瞬に完全にさかさまになった世子と奴婢という素材と興味深いストーリー展開が社会をつねると同時に暖かい笑いをプレゼントする。

[ニュースエン 2012-08-18 13:59:47] 元記事はこちらから

20120819-1.jpg

昨日真っ先にアップしようとして翻訳加工途中で寝ちゃった記事(>_<)
赤字コメは夜あらためて~。ビョンホン氏熱愛記事絡みでひさびさシンチェ妄想劇場復活の予定も~^^

 [キム・イングのリアル レビュー] ‘私は王である’チュ・ジフンに、チャ・テヒョン-イ・ビョンホンが見える理由
2012年08月15日 (水) | 編集 |
この頃チュ・ジフン(30)のスクリーン カムバックに関心が集められています。 2009年麻薬事件とそれにともなう軍服務以後初めてファンとの出会いを試みることだし興行成績がとても気になるためですが。

その試験台はまさに去る8日封切りしたコミック史劇'私は王である'(テイジエンタテインメント製作、チャン・キュソン監督)です。 ここでチュ・ジフンはチュンニョンデグンと奴婢トクチルの1人2役を引き受けました。 チュンニョンデグンはご存じのように太宗の三番目の息子イドで、壮者であるヤンニョンデグンを代って朝鮮4代王に上がった世宗大王です。

映画は米国の大文豪マーク・トウェインの小説'王子と乞食'(The Prince and the Pauper)でヒントを得てチュンニョン大君とトクチルが顔が同じような外見だったという仮説下に二人の境遇がしばらくさかさまになる過程を見せます。 チュンニョンが新しく皇太子に冊封された後心理的負担と圧迫を耐えることができなくて宮を脱出することになっておりしも同じような外見なトクチルがチュンニョン大君の振舞いをしながら広がる騒動でしょう。 基本的に両極端の身分を持つ二人がさかさまになるという設定なので好奇心を誘発してユーモアと風刺もいっぱいです。 すなわち、興行の基礎要素は備えているわけです。

ところで問題はチュ・ジフンです。 麻薬事件で社会的物議をかもした彼がどれくらい安らかに観客と会うことができるかがカギです。 カン・ホドンが脱税疑惑と関連して責任を痛感して暫定引退中で、キム・グラが卑劣な言葉論議でやはり自粛の時間を過ごしているという点を勘案するならばチュ・ジフンのカムバックがひたすら歓迎されないという予想が可能です。 どうしても脱税や卑劣な言葉よりは麻薬がはるかに重罪ですから。

その上チュ・ジフンがその間一度もしてみなかった史劇演技でまた、容赦なく壊れる1人2役をしなければならないのでカムバック作品を選んでも本当にまともに選んだという気がさせます。 恐らく(チュ・ジフンを長く見守った記者が推測するに) 'するには本当にしてみよう'というチュ・ジフン特有の意地も作用しそうです。

しかしチュ・ジフンはこのような憂慮と不安を皆取りはらいています。 先週末二日間の興行曲線がこれを語ります。 たいてい日曜日観客数が土曜日観客数より少ないはずだが去る12日日曜日'私は王である'の観客は土曜日に比べてかえって20%も増えたことでしょう。 1000万を眺める'泥棒たち'と興行巡航中である'風と共に去りぬ'が10%程度観客数が減少したこととも比較されます。 封切り以後ずっとボックスオフィス3位圏に留まっているが徐々にうわさが立ちながら興行が良くなる潜在力があるということを語っているといえます。

実際に映画でもチュ・ジフンの活躍は非常に目立ちます。 権力の頂点で最も低い席に降りてきた皇太子の冒険や奴婢で一瞬に最も尊いからだになったトクチルの王宮体験は二人とも反転のユーモアを内包しています。 奴婢になったチュンニョンが大変なことを見て後処理をどのようにするかもしれないあわててその上にひっくり返るスラップスティックコメディー、皇太子になったトクチルが汚いからだを洗うために入浴をして突然皇太子妃の裸攻勢を受けるあきれてなどがいつも笑いをかもし出します。 一瞬明らかで誘致したコメディになり得るだろうがチュ・ジフンが知らんぷり急に離してする演技に自然に没頭することになります。 '美男'があれこれ区別しなくて壊れる姿で快感も感じられてよ。

チュ・ジフンには偶然にもチャ・テヒョンとイ・ビョンホンのにおいがするようです。 コメディ演技においては競争作'風と共に去りぬ'のチャ・テヒョンを思い出させます。 チャ・テヒョンはコメディに関する限り保証小切手のような俳優です。 彼が本来持ったしらじらしくて愉快なユーモアはどんな俳優もまねるのが難しい長所です。 '私は王である'のチュ・ジフンは'風と共に去りぬ'のチャ・テヒョンに次ぎます。 しらじらしいということと愉快なことはもちろん1人2役を消化する余裕まで見えます。

正劇演技においてはイ・ビョンホンの10余年前の姿を連想させます。 コミカルで中にペーソスがありウィットの中に恨みを含むのがそうです。 ところで偶然にも二人は直ちに色々な面で比較の対象になると見られます。 イ・ビョンホンが主演した同じ素材の史劇'鉱害、王になった男'が9月に封切りするためです。 ちょうど素材も似ています。 '鉱害、王になった男'は時代的背景とあらすじ展開方式が少し違うだけ王と賎民の身分がさかさまになるという設定が同じです。 '王子と乞食'役割を似ていた時に同時におよそ二人の俳優で比較されないわけにはいかないでしょう。 '私は王である'のチュ・ジフンでチャ・テヒョンとイ・ビョンホンを発見する理由がここにあります。

キム・イング記者

*ISシネマ指数

▲作品性★★★

[日刊スポーツ 2012-08-13 15:20] 元記事はこちらから

※長くジフニを見守ってきてくださったという記者さまレビュー、コマスミダ。

 ‘私は王である’コミック俳優の熱演にも'虚しい笑い'が出てくる理由
2012年08月15日 (水) | 編集 |
コメディ王たちの帰還、'私は王である'が封切り満一週間をむかえた。

太宗イ・バンウォンの本だけ読んだ三番目の息子チュンニョンが‘世宗大王’という星群になるまで3ヶ月の記録が実際の歴史の中に存在しない。 これをチャン・キュソン監督は実存人物に虚構の話を持ってファクション映画で作って‘私は王である’が世の中に光を見ることになった。

ファクション映画は事実(ファクト)と虚構(フィクション)を適切に混ぜて実存人物をどのように再解釈するかがカギだ。 まず結論から言ってみれば‘私は王である’はチュンニョンが2012年現在を買う人のように描かれたとのことが最も大きい傷だ。 飢えて死ぬ国民らを実際に見て嘆くチュンニョンの姿は映画に陳腐さを持ってきた。 事実が場面は王になりたくないチュンニョンを変化させる契機になる重要な場面だ。 だが、明らかにあらわれる一次元的なストーリーによって事件の緊迫することを持ってこれなかったし話の段階で‘絶頂’部分が薬害後半部で感動を十分に引き出すことができなかった。

ファクション映画といったがそうするには多少無理があるほど‘チュンニョンの3ヶ月の記録空白’にだけ話が描いていって、歴史の中で絶対権威にあった太宗を戯画化させたという点でも多くの物足りなさが残る。 映画‘女の先生vs女弟子’、‘移葬と郡守’等キャラクター中心のコメディ映画で注目されたチャン・キュソン監督の映画らしくコメディとしては成功した。 だが、ファクション映画というには人物を借用しただけ全く新しいキャラクターで作ったとのことが惜しい。

もちろん映画がコミック史劇ジャンルということをあらかじめ公示した。 だが、単にコメディで始めてコメディで終わった。 ドラマ‘宮’以後で社会的物議をかもして芸能界で姿を見せなかったチュ・ジフンは軍除隊後復帰してチュンニョンとトクチル、1人2役という相反した二つのキャラクターを演技しなければならない難しい役を担ったがあたかも二人を演技するように派手な熱演を広げた。 だが、彼の演技まで光を放つことができなかったことは映画自らのストーリーが底力を発揮できないためにある。

チュ・ジフンだけでなく中年俳優の硬い甘草演技はコメディというジャンルらしく観客に笑いを持ってきた。 意欲だけ先んじた護衛武士ヘグ役のイム・ウォニ、力があふれる護衛武士ファング役を担ったキム・スロ、話よりからだが先に反応する太宗役のパク・ヨンギュ、嫉妬心多くの世子嬪役のイミドは映画全体の笑いを導いた名品俳優であった。 硬い中年俳優たちの演技を本来映画自体が導いて上げることができないという感じを最後まで追い落とせなかった。

だが、配役中トクチルが愛したお嬢さんの役割の俳優イ・ハヌィの演技が物足りなさが残る。 上映前からチュ・ジフンの次に主演で出演すると知らされたイ・ハヌィの役割はポスターにもない俳優イミド、子役俳優キム・ソヒョンより存在感が微弱だった。 かえって色々な作品ですでに助演で及ぼした存在感を見せたイミドはこの作品でも強い印象を残したしコミカルな世子嬪の演技をした。 認知度面で優勢なイ・ハヌィを配慮するためのものなのか映画封切り前からイ・ハヌィがスポットライトを受けた。 だが‘私は王である’でイ・ハヌィは過大包装された贈り物のように存在感も少なかったし強い印象を残すことができなかった。

事実この映画は歴史的な事実と結びつけてみるならば明らかに100%物足りなさでいっぱいである映画だ。 だが、すでに‘コメディ王たちの帰還’といえるだけにコメディ俳優の‘コミック’演技で‘興がわくように笑ってみよう’ということがこれらの目的だった。 それなら監督が成し遂げようと思う所期の目的はどうなろうと達成したわけだ。 だが、二匹ウサギを捕まえるには失敗したのか。 作品の完成度面では喜劇的な要素によって劇的緊張感がなければならない部分でかえって劇の面白味が半減した。 穏やかにコメディ プログラムのように笑う要素は明らかにあちこちに存在した。 だが、ひたすら笑って終わった映画で劇場を立ち向かう観客は空の笑いが持ってくる虚しさを消すことはできない。

‘私は王である’は穏やかな上昇街道を乗って栄進委集計結果現在の上映される映画順位3位を記録している。 だが、1位‘泥棒たち’に続き2位に記録された‘風と共に去りぬ’の前売り率30%に比べて‘私は王である’という8%台の前売り率で去る8日開封日から現在まで49万 594人の累積観客を記録した。

明日光復節をむかえて公休日観客と今週週末観客をひきつけることができるだろうか。 ‘私は王である’という3億ウォン相当の大々的なマーケティングを広げると宣言したし、また、光復節をむかえて徳寿宮で市民を招請して野外試写会を開催するなどイベントで観客追求に出る展望だ。

[レビュースター 2012-08-14 11:48] 元記事はこちらから

※厳しいレビュー(>_<)

興行出だし厳しいのは事実ですが自分の目で見るまではどんなレビューにもユルがない~

 ロッテシネマ、日本語・英語・中国語字幕サービス開始
2012年08月08日 (水) | 編集 |
8日'私は王である'中国語字幕サービスでスタート

ロッテシネマがソウル市と手を握って映画館外国語字幕サービスを始める。

ロッテシネマは2009年から2011年にかけて明洞アベニューエル館、建大入口館、釜山ソミョン館などで'7級公務員' '飽和の中に' 'シラノ;恋愛操作団' '最終兵器弓'等多様な映画を英語と日本語字幕を入れて上映するサービスを進めたことがある。

8月から施行される外国語字幕サービスは日本語と英語そして中国語に拡大進行される。 毎週火曜日、土曜日1回目ずつ週2回上映されて、ロッテシネマ弘大入口館では英語字幕、明洞アベニューエル館では日本語字幕、チョンニャンニ館では中国語字幕をそれぞれサービスする。

外国語字幕上映サービスの初めての作品では8日開封される'私は王である'(中国語字幕),15日開封される'アルトゥビ:リトントゥベイス'(日本語字幕),23日開封される'隣の人'(英語字幕)等だ。

最新映画を優先的に選定するが、既存映画中でも興行成績が高かったり外国人の呼応が高い映画の場合にも字幕サービスを施行する予定だ。

外国語字幕サービスは韓国語をよく分からない映画を見たくても見られなかった外国人に便宜を提供して、韓国映画に対する関心を高めるのにも大きい影響を及ぼすと期待される。

[ノーカットニュース 2012-08-07 11:44] 元記事はこちらから

20120807-1.jpg

※ロッテシネマは前から日本語字幕サービスを行っていて"国家代表"はリアルに楽しめてホントありがたかったなあ。でも今回はどうなんだろ、中国語字幕だけ?エビニューエルなら日本語字幕なのか?週末のタイムスケジュールは要チェックです。

いよいよ'私は王である'公開~。早く観たいなあ(>_<)

 '私は王',すでにオンライン'掌握'..'狂った存在感'誇示
2012年08月03日 (金) | 編集 |
映画'私は王である'が封切り前からオンラインを掌握して'王'らしい存在感を誇示した。

'私は王である'は王になりたくない小心な世子チュンニョンが自身とちょうど似ていた奴婢トクチルと身分を変えながら広がる話を扱ったコミック ブロックバスター。 去る7月31日から開かれた大規模試写会以後、各種オンライン チャートを征服して尋常でない興行兆しを見せている。

'私は王である'は見たい映画チャート1位、ポータルサイト検索語順位1位などを記録するなどの快挙を成し遂げたし特に'風と共に去りぬ','アルトゥビ:リトントゥベイス','テークは2'等大作シリーズはもちろんそうそうたる国内競争作まで抜いて得た結果とより一層意味が深い。

一緒に試写会で映画をあらかじめ観覧した観客は連日'私は王である'に対する好評を吐き出して賞賛を惜しまなくなっている。 観客は"2時間が退屈でなくたくさん笑って出てきた。 チュ・ジフン久しぶりに見たが史劇トーンが似合って良かったよ","世子嬪のために本当にたくさん笑った","ゴマ粒笑いと演技がとてもすごい"等の反応を見せている状況。

一方'私は王である'という来る8日封切り予定だ。

[OSEN 2012-08-02 15:46] 元記事はこちらから

20120802-6.jpg

※このまま公開後も好評続いて欲しい(>_<)

と祈りつつジフニ話題になったところで今日はここまで~

 映画'私は王である',マジック ショーケースで観客'魅了'
2012年07月21日 (土) | 編集 |
映画'私は王である'のマジック ショーケースが開かれた。

20日ソウル延世大学校100周年記念館で映画'私は王である'のマジック ショーケースが開かれて主演俳優チュ・ジフン、イム・ウォニ、イ・ハヌィ、キム・ソヒョンが参加した。

この日の行事場所延世大学校100周年記念館は約1000席の規模を自慢する。 映画‘私は王である’を向かった期待でいっぱいである観客は映画封切りに先立ち満席に近い磁石を満たして熱を帯びた呼応を見せた。

魔術師チェ・ヒョンウの‘マジックショー’でショーケースは始まった。 朝鮮時代で逆らって行った映画‘私は王である’と魔術はどんな関係であろうか。

派手な照明の下繰り広げられた彼のマジックショーは満席を一杯にした観客を魅了させた。 チェ・ヒョンウは雄壮な挨拶とともに魔術を見る規則、最初疑うな。 二番目質問しなくを紹介するかと思えば牛乳が消える魔法をお目見えして‘私は王である’という注文を叫んで観客の呼応を継続した。

また、映画に出演した子役俳優キム・ソヒョンが直接舞台に上がって、魔術師チェ・ヒョンウと呼吸を合わせた。

‘私は王である’という王になること恐ろしくて宮で逃げるチュンニョン大君(チュ・ジフン扮)が同じような外見な奴婢トクチルに会って広がる設定のコメディ時代劇だ。 同じような外見な人との出会いが魔法のようで起こるだろうか? 席をいっぱい辛い観客はマジック ショーケースを通じてさらに深く映画の魅力を陥った。

映画'私は王である'とは'おもしろい映画(2002)','女の先生VS女弟子(2004)'と'イチャンとグンス(2007)'などで観客になじんだチャン・キュソン監督の新しい作品だ

皇太子の席が負担になるばかりのチュンニョン(チュ・ジフン扮)は苦心の末に宮を脱出することに決心して月談を試み、チュンニョンを必ず似ていたトクチル(チュ・ジフン扮)という名前の奴婢に会うという設定のこの映画は久しぶりに大衆の前に立ったチュ・ジフンとペク・ユンシク、ピョン・ヒボン、キム・スロ、イム・ウォニなどこくのあるベテラン演技者の呼吸がどのように交わるのかすでに期待が集められる。

一方世宗大王がまだ世子もなることができなかった時期…ある瞬間のミスで奴婢になり、奴婢が王になるところだった世宗秘密実録コメディ時代劇'私は王である'という来る8月9日観客を訪ねて行く。

[エクスポーツニュース 2012-07-20 19:48] 元記事はこちらから

20120720-7.jpg

※現場の様子は明日の夜に繰り越しで~。

 チュ・ジフン、世宗大王キャスティング意見入り乱れ、監督話を聞いてみたところ..
2012年07月18日 (水) | 編集 |
果敢なチュ・ジフン キャスティング、チャン・キュソン監督のある数が隠れていた。

チュ・ジフンは8月封切りする映画'私は王である'(監督チャン・キュソン)を通じてカムバックする。 軍除隊後ミュージカル'ドクトルジバゴ'をカムバック作で決めた彼は声帯結節を理由で下車、もう少し大衆に近付きやすくて軽いコメディ作品を時期作に再選択した。

'私は王である'でチュ・ジフンは世子チュンニョンと奴婢トクチルまで1人2役を演技する。 厳格に世宗大王キャラクターだ。 チュ・ジフンが'私は王である'キャスティングを確定した当時一部では"どのようにチュ・ジフンが世宗大王を演技できるのか"という反応が相当した。 チュ・ジフンに荷札のように付いて回らなければならない'麻薬'は彼の足首を相変らず捕まえていた。

特にジャンルは180度違うが王と奴婢に1人2役という設定は秋夕シーズン封切り予定のイ・ビョンホン主演作'鉱害:王になった男'と似たフォーマットを持つ。 チュ・ジフンは世宗大王を演技しながら同時にイ・ビョンホンとやむを得ず比較されなければならない負担感も抱え込まなければならなかった。

だが、チャン・キュソン監督は俳優としてチュ・ジフンの能力と実力を注意深く見た。 今まで見たことない史劇コメディを作ろうと計画したしチュ・ジフンが適当だと判断した。 チャン・キュソン監督は"チュ・ジフンがコメディをした時与えることができる新鮮さと楽しみがあるからこの上なく適合すると考えた"としてチュ・ジフンの斬新な変化に自信を表わした。

チュ・ジフンもやはりこれに報いるために今回の映画に死活をかけた。 二編の映画を撮るのと違わない現場の中で生苦生を拒まなくて最善を尽くした。 チュ・ジフンは最近記者懇談会で"私が初めてこの仕事をするために勉強したどんな事より今回の撮影をしながら先生らとしていく一シーン一シーンがさらに大切に記憶される"と伝えた。

また"王の役割なのに王としての気品やそんなことに焦点が合わされていることはない。 チュンニョンがクォル外に出て行って悩んで苦悩する状況が多かった。 向こう側でポイントをたくさん合わせた"として"王なのに皆が考える王ではない。 全く違う状況だと考えればもっと見る気楽なようだ"と完璧に熟知したキャラクターを説明した。

映画関係者によればチュ・ジフンは顔付きはちょうど似ていたが全てのものが天と地の差の二つのキャラクターに変身するために毎撮影ごとに他の扮装と姿、性格を見せた。 さらに3日間何と15度ほど扮装と衣装を変える強行軍もやすやすと消化して先後輩演技者らの驚きをかもし出した。

"演技で贖罪する"明らかにしたチュ・ジフンが論議の尻尾を切り出して作品と演技力を通じてもう一度大衆の心を導き出せるか彼の初めてのカムバック作に期待が増幅されている。

[ニュースエン 2012-07-17 10:44:12] 元記事はこちらから

20120717-1.jpg

※監督様、ジフニに大衆に近づく機会を与えてくださってコマスミダ。あとは観客の判決、、いや反応を待つのみ。もう公開まで一ヶ月を切ったんだなあ。
[READ MORE...]
 チュ・ジフン、3年ぶりに復帰がさらに待たれる理由
2012年07月12日 (木) | 編集 |
チュ・ジフンの復帰作がベールを脱ぐ時ごとに演技変身に対する期待感を高めている。

歴史実録に出てこなかった世宗即位前3ヶ月を不らちな想像力で解いて出した映画'私は王である'(監督チャン・キュソン)が一層さらにアップグレードされたコメディを自慢するみた予告篇と報道スチールを公開した。 コメディに一見識ある俳優らと好奇心を誘発したティーザー予告篇に続きさらに強力なことは笑いポイントを追加した。

今回公開されたみた予告は単純無知な奴婢トクチルの跡継ぎ追跡とクォル外に初めて出てきた跡継ぎチュンニョンのどたばた市場通り生苦生が交わった。 太宗、ファンヒ、シンイク、ファンク、ヘグ、スヨンの味出たコミック演技は見る人々の視線をひきつけた。 同じ容貌のために身分が変わった奴婢トクチル、跡継ぎチュンニョンをこんがらかる闕内官僚は"あれが本物ですか? にせ物ですか?"疑い始めて以後広がる波紋を推察させて妙な緊張感を誘発した。

また公開された報道スチールは塀の上でがたがた震える小心跡継ぎの姿から海千山千みな体験して解脱の境地に上がった花奴婢の姿まで星群世宗大王の二重魅力がたっぷり入れられた。 その他にも米盗んでぴったりかかったファンヒ、朝鮮版アレイで体力増進に心血を注ぐ太宗、雨の中でも警戒態勢を遅らせないオットセイなどおもしろい異色カットが耳目を集中させた。

チュ・ジフンは'私は王である'で軍除隊後3年ぶりに復帰する。 デビューの時から重量感あってカリスマある役を演技したが奴婢トクチル役を通じてコミック本能を遺憾なく広げてみせる予定だ。 自らも謹厳な王見るという自由な奴婢キャラクターがさらに似合うと話した。

チュ・ジフンは去る6月3日ソウル、慶熙宮(キョンヒグン)で開かれた記者懇談会で"私には奴婢服がさらによく似合う。 演技をしながらもおもしろくて興が沸いた。 相手俳優と呼吸も良かったし自由に歩き回りながら行動制約がなかったためにさらに楽しかった。 過去現代劇をとる時キャラクターがすっきりしていればズボンにシワが行くかと思ってまともに座ることもできなかったが奴婢服を着て道端にちょうど座り込んだ。 本当に楽だった"として変わる姿を予告した。

市場通りを飛び交う奴婢トクチルと超席が怖くなる小心世子を行き来して1人2役を引き受けて熱演したチュ・ジフンは全体撮影分量90%を消化して格別な情熱を注ぎ込んだ。 撮影中足が裂ける負傷にも簡単な応急措置だけ受けて撮影を押し切るなど最善を尽くした。

一方'私は王である'という朝鮮時代を背景に王になりたくなくて月談を押し切った跡継ぎチュンニョンと思わずその場を横取りした奴婢トクチルのあきれた運命とその過程で世子チュンニョンが星群世宗大王に成長していく過程を描く。 来る8月封切り予定だ。

[ニュースエン 2012-07-11 12:11:18] 元記事はこちらから

20120711-7.jpg 

※待ってるよ~~~(>_<)

 '私は王である'チュ・ジフン、花奴婢で皇太子になるまで
2012年07月12日 (木) | 編集 |
映画'私は王である'の本予告篇とスチールが公開された。

映画'私は王である'(監督チャン・キュソン、製作テイジエンタテインメント)は王になりたくなくて月談を押し切った世子チュンニョンと思わずその場を横取りした奴婢トクチルのあきれた運命を描いた作品だ。

今回公開された本予告篇は単純無知な奴婢トクチルの世子追跡とクォル外に初めて出てきた跡継ぎチュンニョンのどたばた市場通り生苦生が交わって笑いをかもし出す。 一緒に太宗、ファンヒ、シンイク、ファンク、ヘグ、スヨンの味出たコミック演技は映画に対する期待感を高める。

また'あれが本物ですか? にせ物ですか?'という闕内官僚の大使は以後広がる波紋を察するようにして妙な緊張感を誘発して、歴史も感づくことが出来ない世宗の隠された話と一晩の間身分が変わってすべての人々を混乱に陥れたチュンニョンとトクチルのあきれた運命は好奇心を刺激する。

本予告篇と共に公開された報道スチールは塀の上でがたがた震える小心な世子の姿から海千山千みな体験して解脱の境地に上がった花奴婢の姿まで、星群世宗大王(セジョンデワン)の二重魅力が含んでいる。 また、米盗みをしてぴったりかかったファンヒと朝鮮版アレイで体力増進に心血を注ぐ太宗、雨の中でも警戒態勢を遅らせないヘグの強烈な目つきなど真剣でさらにおもしろい異色カットらを大放出して耳目を集中させる。

'私は王である'は来月開封される予定だ。

[TVデイリー 2012-07-11 11:39] 元記事はこちらから

20120711-6.jpg

※本予告編を下にしまいます~↓

[READ MORE...]
 超新星グァンス、ゴニル ミュージカル界まで受付‘チケットパワー狙う’
2012年07月12日 (木) | 編集 |
超新星グァンス、ゴニルがミュージカルに初めて挑戦する。

韓国創作ミュージカル'ラン・トゥ・ユー'側は最近日本初演舞台を輝かせる主人公キャスティングを確定して本格日本進出を知らせた。 'ラン・トゥ・ユー'は永遠の悪童ミュージシャンDJ DOC歌22曲で構成されたジュークボックス ミュージカルでCJ E&Mが製作した創作ミュージカルだ。

昨年8月'ストリートライフ'という題名で初演舞台を持って注目するほどの創作ミュージカルで評壇好評と大衆から熱を帯びた呼応を得た。 日本進出を控えて韓国と日本大衆になじんだDJ DOCヒット曲'ラン・トゥ・ユー'で名前を変えた。

昨年初演で爆発的な舞台エネルギーを発散して大きい人気を得た二人の主人公チョン・ウォンヨン、カンホンソクと共に日本最高人気を謳歌する超新星グァンスとゴニルが合流してそれこそメガトン級K-ミュージカル パワーウェーブを作り出す展望だ。

今年ミュージカル初めての挑戦に出たグァンスとゴニルは歌と踊りの実力は基本、大型アリーナ コンサートホールで確かめた瞬発力ある舞台マナーでミュージカルライジングに良い資質を持ったK-POP歌手だ。 DJ DOC特有の強烈なビットとラップを自由自在に駆使できる強力な点を持ったミュージカル'ラン・トゥ・ユー'最適のキャスティングだ。

グァンスは"初めて挑戦するミュージカルにあまりにも好むDOC先輩らの歌を歌うことになり光栄"としながら"ミュージカルだけの発声をはじめとして練習しなければならないことがとても多いが新しく習うことが多い挑戦がより一層楽しくて超新星のメンバーとして一緒にするミュージカル俳優らと観客らに向かった責任感をすでに深く感じる。 すべての観客が共に踊ることができる最高の舞台を作るために熱心に努力する"と明らかにした。

引き続きゴニルは"ミュージカルを必ずしてみたかった。 超新星でラップ パートを受け持っているから舞台の上で歌を歌った経験は実際には多くなかったけれど今回のミュージカルにはDOC先輩ら特有のラップを格好良く駆使する役割を受け持つことになり作品が非常に期待される"として"ミュージカル発声も熱心に学びコンサートと違ったミュージカルの特徴を先に経験したソンジェ兄とソンモに多くの助言を求めている。 グァンスとともに'やはり超新星'という話を聞けるように良い舞台をお見せしたい"と話した。

一方ミュージカル'ラン・トゥ・ユー'は来る10月6日から11月4日まで日本、大阪松竹座で繰り広げられる。

[ニュースエン 2012-07-11 19:04:30] 元記事はこちらから

20120711-4.jpg

※二人は同じ役のダブルキャストだそうで公式サイトは(こちら)。9月は東京でソンモ宮だしファンの方は大忙しだ(>_<)

 チュ・ジフン、イ・ハヌィ一握り腰抱きしめて完璧密着‘甘いラブライン’
2012年07月10日 (火) | 編集 |
'私は王である'チュ・ジフン、イ・ハヌィ、キム・スロ、イム・ウォニ スチールカットが公開された。

映画'私は王である'(監督チャン・キュソン)の中幻想の呼吸を自慢する護衛武士コンビ キム・スロ、イム・ウォニとチュ・ジフンと甘いラブラインの主人公イ・ハヌィのスチールが公開された。

コメディといえば省けないイム・ウォニ、キム・スロが'私は王である'で世子チュンニョンを守るために再会した。 多数の作品で一緒に呼吸を合わせた二人はその間積み重ねたギャグ内面空白を爆発させる予定だ。 特にチャン・キュソン監督の'おもしろい映画'以後10年ぶりに会って三人がお目見えするコミック シナジーに期待感が集まっている。

イム・ウォニは意欲充満した護衛武士ヘグ役を担った。 98%粗雑なホ当たり武術で'母胎コメディ王子'で身分上昇を狙う。 また、最近SBSドラマ'紳士の品格'で第2の全盛期をむかえたキム・スロは見せ掛けの形大王護衛武士ファンクで登場する。 舌を巻くアドリブと話味まともに生かす演技力が圧巻だ。

美貌と頭脳、演技力まで整えたイ・ハヌィは自身とシンクロ率200%キャラクター愁然に観客と会う。 さっぱりした耳目口鼻と西欧的なスタイルとは違ってカヤ琴を専攻者で韓国的な美も持って生まれた。 イ・ハヌィが演技した愁然はきれいで暖かいが話す言葉はすべてするポキッと折れる性格で奴婢トクチル(チュ・ジフン)と甘いラブラインを形成する。

'私は王である'という朝鮮時代を背景に世子チュンニョンが奴婢トクチルと身分がさかさまになりながら星群世宗大王(セジョンデワン)に成長していく過程を描く。 運命のいたずらのように一瞬に完全にさかさまになった世子と奴婢という素材と興味深いストーリー展開が社会をつねると同時に笑いをプレゼントする。 8月9日封切りする。

[2012-07-09 09:54:51] 元記事はこちらから

20120709-9.jpg

※ラブラインっていったってコメディだし心配ないない~^^

後宮に比べたら全然問題ナッシングゥ~;;

 良い朝、チュ・ジフン“映画の台本を見て感動を受けた”
2012年07月03日 (火) | 編集 |
演技者チュ・ジフンの復帰作に対する視聴者たちの関心が熱い。

2日放送されたSBS ‘良い朝’でチュ・ジフンは映画‘私は王である’に対する初めての感じを伝えた。

去る2009年チュ・ジフンは麻薬投薬疑惑で不拘束起訴されて懲役6ヶ月執行猶予1年と社会奉仕命令を宣告受けたことがある。 以後軍服務まで合わせ3年ぶりに復帰することで今回の映画に対するファンたちの期待が大きい。

映画‘私は王である’の初めての感じに対してチュ・ジフンは“台本を見て感動を受けた”と明らかにした。

また、撮影中足が裂ける負傷に遭ったのに作品にまい進するのに病院に行かないで自分で糸屑を選んだエピソードを伝えて皆をびっくりさせた。

麻薬波紋に対して“演技で贖罪する”と話したチュ・ジフンが果たして映画‘私は王である’を通じてどんな姿を見せるのか成り行きが注目されている。

[アーツニュース 2012-07-02 10:57:54] 元記事はこちらから

※主役に選んでいただき感謝、地上波SBSで映画が紹介されてまた感謝;;

番組動画見つからなかったんでまた今度~。

 チュ・ジフンどれくらい笑わせようとポスターからこうするか? ‘次元別のコミック世宗大王’
2012年07月02日 (月) | 編集 |
'私は王である'本ポスターが公開された。

今回公開されたみたポスターは顔付きが似ていたという理由一つだけで一瞬に身分がさかさまになった奴婢トクチルと世子チュンニョンのあきれた運命を圧縮したようにみすぼらしい服装の一人の男と王室人物らの姿が対照をなす。

チュ・ジフンは市場通り真中でつぎはぎ服を着て王だけが使える派手な翼善冠を手に取る。 跡継ぎになるところだった奴婢トクチルなのか宮で逃げて出た跡継ぎチュンニョンインジ気がかりなことを増幅させる。

またチュンニョンとトクチルの身分が変わったという事実を全く知らずに無限の信頼の目つきを送る太宗(パク・ヨンギュ)と下品に座った彼の行動が情けないように眺めるファンヒ(ペク・ユンシク),自身が分かった世宗の姿と違って混迷するシンイク(ピョン・ヒボン)等前に繰り広げられる話に対する好奇心を刺激する。

これと共に男の正体を知っているようにいらだっている表情と何か粗雑に見える姿勢を取ったファンク(キム・スロ)とヘグ(イム・ウォニ)は護衛武士カリスマと対応されてさらにコミカルさをかもし出す。

'私は王である'は朝鮮時代を背景に世子チュンニョンが奴婢トクチルと身分がさかさまになりながら星群世宗大王に成長していく過程を描く。 運命のいたずらのように一瞬に完全にさかさまになった世子と奴婢という素材と興味深いストーリー展開が社会をつねると同時に笑いをプレゼントする。 8月9日封切りする。

[ニュースエン 2012-07-02 19:01:12] 元記事はこちらから

20120702-5.jpg

※本ポスター、王様じゃないのかあ残念。。。でもジフニは乞食の格好していても品の良さが見え隠れ~(爆)。


 '私は王'チュ・ジフン"イ・ハヌィに初めて電話番号先に尋ねた"
2012年07月02日 (月) | 編集 |
俳優チュ・ジフンが映画'私は王である'(チャン・キュソン監督、テイジエンタテインメント製作)で一緒に呼吸を合わせたイ・ハヌィに好感を持ったことがあると話して関心を集めた。

チュ・ジフンは去る26日ソウル江南区、清潭洞のある飲食店でコメディ史劇映画'私は王である'メディアデイにペク・ユンシク、イ・ハヌィ、イム・ウォニとともに参加した。

彼は自身の恋愛スタイルに対して"恋愛をすれば主に年長にたくさん会った。 今まで3~4人のガールフレンドに会ったが21才の時会ったガールフレンドの他には全部年長だった"と暗示した。

引き続き"ご両親もやはり年長年下カップルなのにお父さんがぎゅっと捕えられてお買いになる。 どうしてもお母さんがリードする雰囲気"と冗談を言って場内を笑い海で作った。

また、映画の中相手役のイ・ハヌィとの呼吸に対して"本当に一から十まで用意するスタイルだ。 誰か用意するのがなじまなくて初めには'何だろう?'素早く負担になった"と話した。

すべてのスタッフを節約してよく取りまとめたというイ・ハヌィの好意に慌てたチュ・ジフンは以後彼女の真心を感じて今でも有難いと考えると明らかにした。

引き続き"普通ドラマや映画を撮影してみるならば劇中恋人関係の俳優に実際に好感を感じる。 そうでなければ良い演技が出てくることができないためだ。 ただし私の場合は絶対連絡先をやりとりしない。 イ・ハヌィ氏もやはり好感を感じた。 ところでハヌィ氏は状況が少し違った"として"ハヌィ氏とは急で差し迫るように愛する感情を作らなければならなかったし相対的に撮影会場であう時間があまりなかった。 それで勇気を出して連絡先を尋ねたし撮影くる前簡単に'気を付けてきて'というメールをやりとりして感情を維持しようとした。 私が初めて連絡先を先に尋ねた女優だ"と率直に答えた。

'私は王である'は突然世子で冊封されたチュンニョン大君(チュ・ジフン)が即位式直前自身と似ていた乞食と身分を変えて市廛を歩き回って新しい人物と社会を経験するという内容の映画だ。 '先生キム・ポンドゥ' '移葬と郡守'を演出したチャン・キュソン監督がメガホンを取ったしペク・ユンシク、キム・スロ、イム・ウォニ、ピョン・ヒボン、パク・ヨンギュなどが加勢した。 来る8月9日封切り予定。

[TVリポート 2012-06-27 09:30] 元記事はこちらから



※これかあ、皆さん凹んでたというのは、しかしスゴイ絵だな・・・。
にしても共演女優さんのメアド聞いて撮影ある日はメールなんてさすがキーイースト所属タレント、女性に恥をかかせずマナー完璧って感じか?オトナになったなあ(爆)。でもどうせ仕事中はバイブ、それ以外は無音で撮影時以外のやりとりは皆無、クランクアップもしたことだし公開時のプロモーションさえ終わればこれっきりだろうからウネちゃんももう安心だ(笑)。


なんてったって宮はじっくり半年かけて恋愛感情を作り上げたから映画とは比べものにならないほど二人の絆は深いし~、初めて番号聞いたなんてリップサービスかそうでなければ宮の場合ウネちゃんから先にジフニに電話番号教えたんじゃないかと想像(爆)。心配ない心配ない~^^

 '私は王'チュ・ジフン、'コミック至尊'登板するか
2012年07月02日 (月) | 編集 |
俳優チュ・ジフンがまともに壊れた。 '花美男'は影も形も見ることができず、見るだけで笑いが出てくる表現のジュジフンだけの位置を占めている。

小心で柔弱な世子で大韓民国が最も尊敬する星群世宗(セジョン)に成長する秘話を扱った映画'私は王である'で世子チュンニョンイジャ奴婢トクチルで1人2役演技に挑戦したチュ・ジフンはその間の作品らで見せてくれた'美男'のイメージを果敢に脱いでコミック演技を披露して目を引く。

チュ・ジフンは公開された'私は王である'ティーザー予告篇で王になりたくないとしあっちこっち表情だけ見る小心な世子チュンニョン、そして突然に世子で身分上昇になってしまった奴婢トクチルに扮して草木が水分を吸い上げたコミック演技をしている。

小心な世子が王になりたくないとし涙声で話す場面や奴婢トクチルが世子役割をしながら派手な袞竜袍とは似合わないバカな表情らを作る場面は見る人々の笑いをかもし出すこと充分だ。

その間モデル出身ですらりとした背とMBCドラマ'宮',映画'西洋骨董洋菓子店','キッチン'などで見せてくれた温かいイメージで女性ファンらの心をとらえてきたチュ・ジフンなので彼の風変わりな姿にファンたちの期待感が非常に高い状況。

公開された予告篇を見たネチズンは"チュ・ジフンがこういう演技をするとは。 期待される","予告篇だけ見てもパンさく烈する","チュ・ジフン表情大当たり"等の反応を見せている。

これに'私は王である'関係者は最近OSENと会った席で"チュ・ジフンがその間このように壊れたことが一度もなくて彼が壊れる姿に皆新しいという反応を見せて笑いを見せている。 コミック演技に新しく挑戦したチュ・ジフンに多くの期待と関心を望む"と明らかにした。

一方'私は王である'という来る8月封切り予定だ。

[OSEN 2012-07-01 10:38] 元記事はこちらから



※あらためて予告編を下から観てみます~。

[READ MORE...]
 チュ・ジフン素足の王? 見たことのないチュ・ジフン版聖君世宗大王びっくり公開
2012年06月28日 (木) | 編集 |
チュ・ジフンが素足の王に変身した。

映画'私は王である'(監督チャン・キュソン)がチュ・ジフン、ペク・ユンシク、ピョン・ヒボン、パク・ヨンギュ、イム・ウォニ、イ・ハヌィ、キム・スロなど派手なキャスティングが引き立って見える8種ティザーポスターを公開した。

魅力的な容貌と安定した演技力に多くの愛を受けたチュ・ジフンは容貌は同じような外見だったが行動、身分、性格は天と地の差の跡継ぎチュンニョンと奴婢トクチルを演じた。 派手な袞竜袍に常套観を使ったが素足と大きなさじを入っている姿がどこか足りなく見える世子だ。 また派手な玉座にあえて不敬に足を上げて傲慢に座っている奴婢の姿も引き立って見える。 一夜の間に王が奴婢で奴婢が王に変わったチュンニョンとトクチルのあきれた運命を表現している。

身分が変わったチュンニョンとトクチルに最も恐ろしい相手がいる。 まさにファンヒ、シンイク、太宗3人衆だ。 民のためにならば王と世子チュンニョンにも毒舌を惜しまない人物ファンヒは演技派俳優ペク・ユンシクが引き受けた。 毎作品ごとに色あるキャラクター演技で多彩な姿を見せたピョン・ヒボンは王室の弱点を利用して朝鮮を持とうとする野心大臣シンイクに変身した。 パク・ヨンギュは太宗役を担って高齢な大臣たちによどみなく膝蹴りを飛ばす絶対権力君主太宗を演技してこれと共に身分がさかさまになったチュンニョンとトクチルを本来の席で変えておくために色々な努力をする人物はヘグ、スヨン、ファンクだ。 最近SBSドラマ'紳士の品格'でロマンティックで迫力ある演技で人気集め中であるキム・スロがファンクを演技した。 イム・ウォニは家出した世子チュンニョンを探すために宮廷の外を出た護衛武士ヘグ役を、イ・ハヌィは美貌知性品性まで完ぺきな漢陽最高の厳親娘スヨン役を各々引き受けた。

'私は王である'は朝鮮時代を背景に世子チュンニョンが奴婢トクチルと身分がさかさまになりながら聖君世宗大王に成長していく過程を描く。 運命のいたずらのように一瞬に完全にさかさまになった世子と奴婢という素材と興味深いストーリー展開が社会をつねると同時に笑いをプレゼントする。 8月9日封切りする。

[ニュースエン 2012-06-28 10:03]  元記事はこちらから

20120628-5.jpg 20120628-3.jpg 20120628-4.jpg

※曲者揃いって感じ~^^

 '私は王',1人2役チュ・ジフンの両極端ポスター公開
2012年06月28日 (木) | 編集 |
映画'私は王である'で1人2役を引き受けたチュ・ジフンの両極端ポスターが公開された。

歴史上最も偉大な王で賞賛を受ける世宗大王の秘密の話を描いた映画'私は王である'でチュ・ジフンは後日世宗大王(セジョンデワン)になる世子チュンニョンと奴婢トクチルの1人2役を演技する。

28日公開されたポスターでチュ・ジフンは派手な袞竜袍と常套観を使ったが素足と大きなさじを入っているどこか足りなく見える世子の姿と派手な玉座にあえて不敬に足を上げて傲慢に座っている奴婢の姿が入れられた。 二つのキャラクターの姿は一夜の間に王が奴婢で、奴婢が王に変わったチュンニョンとトクチルのあきれた運命を表現している。

王がノ肥饒奴婢が王だった世宗秘密実録を扱った映画'私は王である'というチュ・ジフン他にもペク・ユンシク、ピョン・ヒボン、パク・ヨンギュ、イム・ウォニ、イ・ハヌィ、ペク・トビン、キム・スロなどが出演する。

ペク・ユンシクは民のためにならば王と世子チュンニョンにも毒舌を惜しまないファンヒで出演して、ピョン・ヒボンは王室の弱点を利用して朝鮮を持とうとする野心大臣シンイクに変身する。 また、パク・ヨンギュは太宗を引き受けて高齢な大臣たちにも膝蹴りを走る絶対権力の君主を表現する。

その他にもキム・スロは消えたチュンニョンの代わりにちょうど似ていた容貌のトクチルを世子に偽装させた護衛武士ファング役を、イム・ウォニは家出した世子チュンニョンを探すために宮廷の外を出た護衛武士ヘグ役を担った。 また、トクチルの初恋の美貌と知性、品性までみな整えた漢陽最高厳親娘愁然はイ・ハヌィが演技する。

封切りは8月。

[マイデイリー2012-06-28 10:25] 元記事はこちらから

20120628-2.jpg

※ジフン初の史劇挑戦、台詞はわからんでも気楽に観られそうだ^^

 チュ・ジフン、"ペ・ヨンジュンが'一緒に乗り越えて行こう'と応援してくれて"
2012年06月28日 (木) | 編集 |
俳優チュ・ジフンがペ・ヨンジュンから助言を受けたエピソードを公開した。

チュ・ジフンは26日午後ソウル、清潭洞(チョンダムドン)のある飲食店で開かれた映画‘私は王である’メディアデイで“ペ・ヨンジュン先輩はナイス(Nice)である。 一敵ではどうかまだよく分からないが私的席ではとてもナイスだった。 ‘オ、ペ・ヨンジュンがこうする?’とするほどであった”と話した。

引き続き‘復帰を控えてペ・ヨンジュンがどんな助言をしたか’という質問に“事実大変な時ペ・ヨンジュン先輩に電話をして助言を受けたりすることはない。 先輩が‘私も君の年齢の時には大変だった。 一緒に乗り越えて行こう’という話をしてくれたのが大きい力になった”と答えた。

チュ・ジフンは昨年軍除隊を控えてペ・ヨンジュンが大株主であるエンターテインメント キーイーストと専属契約を締結した。

チュ・ジフンは‘私は王である’を通じて3年ぶりにスクリーンにカムバックする。 彼は復帰所感で“監督が安らかに対してくれたので現場に適応するところにあって困難はなかった。 ところでテスト撮影をする時は胸がいっぱいになった。 ‘上手にしなければならない’という考えをたくさんした”と話した。

引き続き“‘観客が私をどのように見てくれるか、どのように見るだろうか’という心配はしなかった。 今はそんなことをさっさと振り払ってしまうことができるようになったようだ。 それでさらに作品と演技に集中することができた”と付け加えた。

一方‘私は王である’は世宗大王(セジョンデワン)(チュ・ジフン)が王になる前乞食と身分を変えた後市廛を歩き回って新しい人物と社会を経験するという内容を入れた作品だ。 来る8月開封される。

[アジアトゥデイ 2012-06-27 08:30] 元記事はこちらから

※ええ話だ~~~;;

ヨンジュン氏、どうぞジフニを見守っていてください。

 “演技で贖罪する”チュ・ジフンは約束を守ったか、俳優らに話を聞いてみると..
2012年06月27日 (水) | 編集 |
チュ・ジフン、演技で贖罪する日も近い。

6月26日ソウル、建大入口ロッテシネマで開かれた映画‘私は王である’(監督チャン・キュソン)製作報告会でピョン・ヒボン、イ・ハヌィ、イム・ウォニ、ペク・ユンシクなど俳優はこの映画の主演俳優チュ・ジフンをかばうことができなくてやきもきだった。 それだけチュ・ジフンは3年ぶりにまた戻った現場でいつも正しく行動したし演技のために最善を尽くした。

チュ・ジフンは今回の映画で小心で柔弱な世子チュンニョンと偶然の事故でチュンニョンがなってしまった義理奴婢トクチルまで1人2役を消化する。 チュ・ジフンとしては破格変身のみならず挑戦に違いない。 だからロマンチックを脱いでコミックを着たチュ・ジフンに期待と憂慮が共にできることもやはり当然だ。

だが、この日チュ・ジフンは撮影の初めから終わりを全部記憶してどんな質問にも几帳面に詳しく答えたし予告映像とメーキング フィルムを見ながら人知れずぐっとした表情をつくることもした。 彼には荷札のように付いて回る麻薬波紋と2年間の軍服務はチュ・ジフンを一層さらに成長するようにさせた。

俳優として大衆に見せることができる最も大きい真心はやはり作品だ。 チュ・ジフンは麻薬波紋がふくらんだ時も、軍に入隊する時も、また転役をした時も"演技で贖罪する"と明らかにした。 最善の選択であり最高の方法だ。 彼を相変らず見たがらない大衆も明らかにいる。 チュ・ジフンもやはり絶対急でなくゆっくり近付こうと努力中だ。

この日製作報告会で大先輩ピョン・ヒボンはこのようなチュ・ジフンを惜しみなく絶賛した。 ピョン・ヒボンは"今回の作品を共に撮影しながらチュ・ジフンをまた見ることになった。 チュ・ジフンが引き受けたこの役割だけは彼が本当に努力に努力を繰り返して完成したキャラクターだ"として"チュ・ジフンに特により良い点を発見した。 練習の時の話だが先輩たちの話をありのまま受け入れる姿が本当に印象的だった"と伝えた。

これと共にイ・ハヌィは"私と一歳しか違いが生じない兄さんなのに習う点がとても多かった。 '演技で贖罪する'という話をどんな心でしたのか如実に感じることができた"として"映画封切り後スクリーンを通じてチュ・ジフンという俳優を見ることになるならばファンたちはもちろん観客らも'やはりチュ・ジフンだな。 代替不可能な俳優だね'という話をされるようだ"と真心に充ちた内心を表わした。

これにチュ・ジフンは恥ずかしい微笑を隠すことができなくて"感謝を申し上げます。 私は現場でただすべてを学んだ。 私が以前に初めてこの仕事をするために勉強したどんな事より今回の撮影をしながら先生らとしていく一シーン一シーンがさらに大切に記憶される"と有り難みを吐露した。

引き続き"最後の撮影日短期間に多いことらをお見せしたくて苦労を多くした。 普通昼間に一シーンだけ撮って終わるのにその朝からその次の日朝まで撮影した"として"そのように終わらせて我を忘れてここまできた。 そのためか予告篇を見たがちょっといきなりする"と告白した。

チュ・ジフンは最後に"王の役割なのに王としての気品やそんなことに焦点が合わされていることはない。 チュンニョンが宮の外に出て行って悩んで苦悩する状況が多かった。 向こう側でポイントをたくさん合わせた"として"王なのに皆が考える王ではない。 全く違う状況だと考えればもっと見る気楽なようだ"と完璧に熟知したキャラクターを説明した。

俳優としてまた戻ったチュ・ジフン。 チュ・ジフンだからこそより一層輝く映画'私は王である'は朝鮮時代を背景に世子チュンニョンが奴婢トクチルと身分がさかさまになりながら星群世宗大王(セジョンデワン)に成長していく過程を描いた作品だ。 運命のいたずらのように一瞬に完全にさかさまになった世子と奴婢という素材と興味深いストーリー展開が社会をつねると同時に暖かい笑いをプレゼントする予定だ。 8月9日封切りする。

[ニュースエン 2012-06-26 12:53:17] 元記事はこちらから

20120626-1.jpg

※今日のジフニのスタイルチェックはおいといて・・・(爆)。
ジフニよくがんばった。そして共演者の先輩同僚方々みなさんコマスミダ;; あとは観客の審判を待つのみ。


山ほど記事があがってるのに時間がなくて今日はこれだけでユルシテ(>_<)
予告編を下にしまって今日はここまで~。

[READ MORE...]
 ‘私は王である’、チュ・ジフン-ペク・ユンシク-キム・スロ最強キャスティング‘期待↑’
2012年06月26日 (火) | 編集 |
'私は王である'が歴代最強キャスティングを自慢している。

来る8月封切りを控えている映画‘私は王である’がチュ・ジフン、ペク・ユンシク、ピョン・ヒボン、パク・ヨンギュ、イム・ウォニ、キム・スロ、ペク・トビン、イ・ハヌィなどブラウン管とスクリーンを行き来して猛活躍中の大韓民国最高名品俳優が皆集まって話題だ。

先にチュ・ジフンは乾いた空に青天の霹靂のような跡継ぎ冊封御名に夜逃げしてしまった王子チュンニョンと顔が似ていたという理由で身動きもせずチュンニョン役割をすることになった奴婢トクチル役を担って両極端の二人のキャラクターを上手に消化して関心が注目される。

ペク・ユンシクは柔弱な世子チュンニョンが王位に上がるのを反対して島流しの暮らしに処された吏曹判書ファンヒ役を担ってとんでもないがまっすぐな芯のキャラクターでまた他の魅力を発散してピョン・ヒボンは普段隣の家おじいさんのような身近なイメージを脱いで権謀術数にたけていた領議政シンイクでくやしくて鋭い目つきと圧倒的なカリスマでドラマに劇的な力を加える予定だ。

また、天下を号令する太宗役を担ったパク・ヨンギュは休む暇もなくかっととよどみなく足蹴りを飛ばす今まで見たことない差別化された王キャラクターをお目見えしてコメディ演技の代表走者イム・ウォニとSBS '紳士の品格'で花中年イムテサンで猛活躍中であるキム・スロはチュンニョンの護衛武士オットセイと黄色い犬コンビでゴマ粒笑いを提供するという耳打ち。

ペク・トビンは劇中乱暴な気性と主色を明らかにしてチュンニョンに王位を奪われる悲運の跡継ぎヤンニョンで熱演を広げたし初めて史劇に挑戦して緊張感を振り切ることができなかったというイ・ハヌィは心配と違いきれいな容貌で両班お宅お嬢さん愁然に完璧憑依の期待を集めている。

これにチャン・キュソン監督は“コメディに一見識がある俳優らでまた、演技力にも認められた俳優らだ”として“そのような側面で映画がとても豊かになり現場でも当然おもしろいエピソードが多かったし楽しく撮影した”と伝えた。

一方演技派俳優らの熱演でより一層豊かになった‘私は王である’という世子になりたくなくて垣根を越した小心な世子チュンニョンと話より行動で見せてくれる奴婢トクチルの運命が変わりながら体験することになる迂余曲折を描いた映画だ。

[ファイナンシャルニュース 2012-06-25 15:56] 元記事はこちらから

20120625-7.jpg

※あとは公開を待つのみ? 次はいよいよドラマ、地上波復帰だ~^^

と宮関連ネタに着地したところで今日はここまで~。

 '私は王である'チュ・ジフン、王と奴婢1人2役'初めてのコメディ挑戦'
2012年06月22日 (金) | 編集 |
俳優チュ・ジフンが軍服務以後3年ぶりに王子に戻った。

チュ・ジフンは映画‘私は王である’(監督チャン・キュソン、製作テイジエントテインモントゥ)で王子と奴婢を行き来する1人2役を引き受けてデビュー以来初めてのコメディ演技に挑戦する。

劇中チュ・ジフンは小心で柔弱な世子チュンニョンと偶然の事故でチュンニョンになってしまった奴婢トクチルという1人2役を引き受けて語り口と行動、身分、性格まで正反対の二つのキャラクターをしらじらしく演技して笑いと感動をかもし出す予定だ。

チャン・キュソン監督はチュ・ジフンの1人2役演技に対して“厳密に言ってみれば1人4役といえる”として“演技するのにとても難しい部分なのによくやり遂げた”と賞賛を惜しまなかった。

チュ・ジフンは1人2役を熱演して普通映画2編に達する分量を3ヶ月という短い時間消化しなければならなかった。 この過程で足が裂けて胃痛で応急室の境遇までまける状況が広がったが、チュ・ジフンは撮影会場に復帰していつそうしたように闘魂を発揮した。

負傷も忘れたまま誠実に撮影に臨むチュ・ジフンの姿にチャン・キュソン監督をはじめとするスタッフ、先後輩演技者やはり感嘆禁じえなかったという後聞だ。

一方'私は王である'は一日で身分がさかさまになった世子と奴婢の話を描いた作品で、今年の下半期開封される予定だ。

[TVデイリー 2012-06-21 17:57] 元記事はこちらから

20120621-8.jpg

※ジフニもお疲れさま~。王様と奴婢両方の演技、楽しみにしています~。

 '私は王である' 3ヶ月大長征仕上げ..下半期封切り
2012年06月19日 (火) | 編集 |
俳優チュ・ジフンがファンたちのそばに戻る準備を終えた。

映画'私は王である'(監督チャン・キュソン、製作テイジエンタテインメント)が去る14日慶北、安東で3ヶ月間の大長征を終えた。

去る3月2日雄壮で派手な宮廷セットで初めての撮影を始めた'私は王である'は慶北、安東で奴婢が群がって移動する場面と王になりたくなくて家出を敢行した跡継ぎチュンニョンが漢陽に帰る場面を撮影してクランクアップした。

深夜撮影を終えたチャン・キュソン監督はスタッフらを固く抱いてその間のご苦労を誉めた。 また、彼はクランクアップを祝うケーキが登場するとすぐに"涙が出るようだ"として格別な所感を明らかにした。

チュ・ジフンは除隊後復帰作で'私は王である'を選択して1人2役に挑戦して撮影分量の90%を消化して格別な情熱を見せた。 久しぶりに撮影会場に戻ったチュ・ジフンは自身が持ったすべての情熱を撮影会場に一度に注いだ。 彼は撮影中足が裂ける負傷したが足を縫って翌日撮影会場に復帰して走る場面を撮る闘魂を見せることもした。

また、チュ・ジフンは1人2役での扮装と語り口、行動を全部変えなければならない難しい作業であったし忙しい日程に応急室を行き来しながらもすべての撮影を無事に終えた。

'私は王である'という一日で身分がさかさまになった跡継ぎと奴婢の話を描いた作品で、今年の下半期開封される予定だ。

[TVデイリー 2012-06-19 16:53] 元記事はこちらから

20120619-4.jpg

※ジフニ、クランクアップお疲れさま~。足を縫うなんて大変でした(>_<) 次はいよいよ地上波だあ!

 チュ・ジフン"'宮'に続き二番目皇太子役..歳月霧消"
2012年06月05日 (火) | 編集 |
俳優チュ・ジフンが7年前ドラマ'宮'に続きまた再び皇太子役を担うことになった所感を聞くとすぐに"歳月が無常だ"として笑った。

チュ・ジフンは3日午後5時30分ソウル、鍾路区、新門路に位置した慶熙宮(キョンヒグン)で開かれた映画'私は王である'記者懇談会に参加して映画を撮影中である所感と撮影中にあったエピソードなどを打ち明けた。

この日チュ・ジフンはドラマ'宮'に続き二番目で皇太子役を担うことになった所感を聞く質問に"'宮'時は静かに立っていても世子のように見えようとする努力をしたとすれば今はかえって反対だ。 今回の映画では威厳と威厳がある皇太子の姿でないひとり人の姿を見せようと努力した"と答えた。

引き続き彼は"'宮'がすでに7年前作品だ。 今回の映画で撮影のために宮の中を歩くのにかすかだった。 歳月が無常でそうか"という話を付け加えた。

軍除隊後3年ぶりの復帰が心配にならないかという質問には"心配をすることはなかった。 映画にあまりにも大先輩様がたくさん出て初めからよくついて行けば良いと考えた。 今まで良く従っていきつつあっておもしろく撮影している。 負担になるよりはおもしろい"と話した。

チュ・ジフンは'私は王である'で王になりたくなくて家出を敢行する心弱い世子チュンニョンと思ったよりからだが先んじるヘンドンパ奴婢トクチルを演じて1人2役に挑戦する。

チュ・ジフンは今回の作品を通じて全く違う二人の人物、聡明だがどこか2%不足した世子と義理あるが対策なしで無知なのが欠点である奴婢を同時に演技してその間蓄積してきた演技エネルギーを思う存分発散する予定.

一方'王である'は王になりたくなくて宮を離れた王子チュンニョン(チュ・ジフン)が自身とそっくり似た奴婢トクチルになって一度も体験してみることができない時間を過ごすことになりながら次第におかげと知恵を整えた国王に成長する姿を描く。 映画'先生キム・ポンドゥ'と'女の先生VS女弟子','移葬と郡守'を作ったチャン・キュソン監督がメガホンを取った。 今年の夏封切り予定。

[OSEN 2012-06-03 18:38] 元記事はこちらから

20120605-1.jpg

※ジフニ慶熙宮で撮影なんて宮の時のこと思い出したろうなあ。
この日わたしはお昼過ぎまで慶熙宮のすぐそば、景福宮を遠く見ながら光化門あたりにいましたがこの時間はすでに別場所で映画鑑賞中でありましたトホホ・・・。


でも同じソウルの空の下、幸せなニアミスということで~。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。