★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 ペ・ヨンジュン所属会社キーイースト、中国進出本格化
2012年07月31日 (火) | 編集 |
俳優ペ・ヨンジュンとチェ・ガンヒ、イム・スジョン、キム・スヒョンなどが所属したマネージメント社キーイーストが中華圏進出に信号弾を鳴った。

キーイーストは韓国コンテンツ中国専門マネージメント社‘スターレイク エージェンシー(Star Lake Agency?以下SLA)’と中華圏マネジメント提携契約を締結して本格的に市場攻略に出る。

ペ・ヨンジュンが数年前日本に旋風的な韓流熱風を起こしたように中国市場にもこのような可能性を期待している。 今回の契約で中国と香港、台湾、シンガポール、マレーシアなど幅広いネットワークを持って、中華圏市場本格進出のための橋頭堡を確保してアジア全域の活動を広げるという計画だ。

キーイースト関係者は“チュ・ジフンとキム・ヒョンジュン、キム・スヒョンなどは中国現地活動が殆どなかったにもかかわらずSNS,オンライン サイトなど多様な経路を通じて情報が広がって中国内人気が上昇している”として中国活動の必要性を表わした。

引き続き“キム・ヒョンジュンは去る6月中国版ツイッター‘ウェイボ’オープン初日にだけ23万フォローを記録、海外アーティストとしては一日最多フォロー記録を更新した”としながら“今回のSLAとの提携で所属アーティストと現地マネジメント ノウハウおよび関連事業ネットワークが会って多様なシナジー効果を出すと期待する”と明らかにした。

キーイーストと提携を結んだSLAはペ・ヨンジュンのエッセイ‘韓国の美しさを探して離れた旅行’の中国内発刊とキム・ヒョンジュン光州アジア競技大会開幕式公演などを成功裏に進行させて縁を積んだことがある。 今後キーイーストはSLAとともにオンオフラインおよびモバイルを通した多様な広報活動およびプロモーションを通じて所属アーティストに対する中国での体系的なマネジメントを推進する予定だ。

[クッキー演芸 2012-07-30 21:06] 元記事はこちらから

※中国進出かあ、ジフニも活動したりするのかな?日本もよろしく~。

韓国開催ばっかじゃなくて・・・;;
スポンサーサイト

 [韓流人ジャパン] CEOペ・ヨンジュンはどんな姿であろうか?
2012年05月20日 (日) | 編集 |
ある会社の‘代表’ペ・ヨンジュンはどんな姿であろうか?

ペ・ヨンジュンは俳優として韓流スターだけでなく国内代表エンターテインメント会社中1ヶ所のキーイーストを運営する首長でもある。

スクリーンやブラウン管に姿を映るペ・ヨンジュンとある会社を導く代表としてその姿はどのように違うだろうか?

まずペ・ヨンジュンは所属俳優らの作品選択に一切関与しないと分かった。 所属会社関係者は“会社マネジャーらと俳優がすべき仕事に関与しない。 作品選択は全部マネジャーと俳優に任せる。 それが彼らのすべき仕事であるためだ。 作品活動に演技など助言や応援をするがマネジャーと俳優がすべき仕事は彼らに全面的に任せる”と伝えた。

また、ペ・ヨンジュンが会社を訪問する時は安らかなトレーニング服装に帽子をかぶってくる形で気さくにしてきてこれを知らない会社訪問客らを‘身近なペ・ヨンジュン’の姿を見てびっくりさせたりもするという後聞だ。 常に気楽に会社職員らと家族のような雰囲気で過ごすが人材を発掘する能力も相当するという伝言。

そうかと思えばペ・ヨンジュンは所属俳優愛も格別だ。 最近では約1年6ヶ月ぶりにVIP試写会に参加して目を引いた。 去る10日午後ソウル コエックス メガボックスで進行された映画'私の妻のすべて'(ミン・ギュドン監督)のVIP試写会に参加したこと。 VIP試写会出席は去る2010年12月封切りした'ケチなロマンス'以後初めてだ。

ペ・ヨンジュンが'私の妻のすべて'の試写会を訪ねた理由は主役を演じた俳優イム・スジョンを応援するためだ。 イム・スジョンは彼が代表であるキーイースト所属俳優でペ・ヨンジュンは所属俳優らの映画試写会にはもれなく出席、気を培ってくれている。 この日ペ・ヨンジュンは‘大勢’理事所属俳優のキム・スヒョンと並んで移動して登場して熱烈な歓呼を受けた。

イム・スジョンは会社代表ペ・ヨンジュンに会った所感を聞かせてくれという話に“新しい家族に会って共に仕事をして良いとハシトダ。 実際に尋ねればキメ細かくて身近でとても親切なスタイルだ。 人間味あふれて”として“俳優が基本的に持っているカリスマが誰よりあふれられる”と伝えた。

[OSEN 2012-05-20 10:41] 元記事はこちらから

20120520-6.jpg

※ヨンジュン氏~、ジフニのときも格別の愛情をよろしくお願いいたします(>_<)

 キーイースト、韓流のおかげで日本子会社'ターンアラウンド'
2012年03月24日 (土) | 編集 |
日本会計基準適用時、2011年黒字転換..加入者2倍に増加し

俳優マネジメント専門企業キーイースト(3,885ウォン0 0.0%)の日本子会社がKカルチャー人気のおかげでターンアラウンド機会をむかえている。

22日キーイーストの監査報告書によれば日本子会社デジタルアドベンチャー(DA)は昨年売上額710億 7900万ウォン、当期純損失19億 4900万ウォンを記録した。 2010年当期純損失160億ウォンで大幅に減った。

キーイーストはDAを取得した後日本有料放送チャンネル事業のDATV事業を始めた。 新規事業に費用負担が大きくなりながら赤字を記録した。 この部門が親会社のキーイーストの持分法損失と反映されながら当期純損失を発生させる原因になった。

だが、昨年Kカルチャー熱風に力づけられてDATVがターンアラウンド基盤を用意した。 昨年末基準として当期純損失だが、日本会計基準(2011年4月~12月、第3四半期累積)を適用する場合、売上額39億円、営業利益6700万円で黒字転換に成功した。 今年からはキーイースト実績改善に寄与する展望だ。

加入者が2011年初め1万 6000人水準で1年ぶりに損益分岐点の3万人水準に大きく増加した。 日本国内ファン ミーティングまたは、公演企画をするイベント事業課韓流ファンを対象にしたインターネット ショッピングモール事業も規模が拡大している。

キーイースト関係者は"DAの企業合併(M&A)過程でできた不良を払いのけてKカルチャー人気と事業構造調整を通じてターンアラウンド実績を見せている"と話した。

キーイーストは国内人気ドラマと映画をDATVを通じて直接放映して、芸能人イベント事業を連係して売り上げを極大化する計画だ。 韓流スターペ・ヨンジュンが大株主でありながら'Kカルチャービジネス'を着実にしてきたという点も日本国内で信頼を得ている。

この関係者は"他企画会社が外部エージェントを使っているがキーイーストは日本国内上場企業引き受けを通じて韓流ビジネスを本格化している"として"もう少し体系化されたKカルチャービジネスを実現する点に注目することを望む"と説明した。

キーイーストは昨年営業利益22億 8500万ウォンで前年対比578.3%増加したし、売上額は同じ期間22.1%増えた261億 4100万ウォンを記録した。 当期純利益は17億 9600万ウォンで黒字転換した。

ペ・ヨンジュンをはじめとしてキム・ヒョンジュン、チュ・ジフン、キム・スヒョンなど韓流スターが多数所属していて、専属契約金で芸能人を迎え入れなくて財務構造に及ぼす悪影響も少ないほうだ。

キーイーストは長期的にDAの保有持分を増やして財務的に連結する計画だ。 連結後には売上額が現在の5倍水準に大きく増える展望だ。

一方キーイーストはこの日午後2時12分現在の前日対比0.3%上昇した3970ウォンに取り引き中だ。 ドラマ'太陽を抱いた月'に出演したキム・スヒョンが注目をあびながらキーイースト株価は昨年末対応25.2%上がる上昇の勢いを見せている。

[マネートゥデイ 2012-03-22] 元記事はこちらから

※スヒョンくんは太陽抱月で韓国でのシンドロームをそのまま日本に繋げる展望、ただいま絶賛映画撮影中のジフニもがんばらにゃ~。

 キーイースト、'ヨン様'会社で'Kカルチャー'核心で
2011年11月02日 (水) | 編集 |
汝矣島証券街の昼休み. しばらく余裕を持って投資戦略を整えることができる大切な時間です。 マネーツディ証券記者が毎週コスダックCEO,CFOとの弁当IRミーティングを通じて投資種目を紹介します。 'どこなかなか良い種目ないだろうか'悩む投資家たちのためにホットな'ランチタイム コスダック'を配達して差し上げます。

[[ランチタイム コスダック]キーイースト]

◇今日のメニュー=韓流援助→ Kカルチャー前進基地'キーイースト'

キーイーストは黒字を上げる幾つにもならないコスダック上場エンターテインメント会社だ。 2009年から今年半期まで持続的な営業利益を出している。 当期純利益浮沈が大きかったが日本子会社デジタルアドベンチャー(DA)の引き受け過程で発生した損益で営業とは関係がなかった。

韓流元祖格のドラマ‘冬のソナタ’の主人公ペ・ヨンジュン氏が所属俳優であり大株主(36.7%)のキーイーストは2006年オトウィンテクを取得しながら証券市場に入城したし2009年末子会社BOFを合併しながら上場を完了した。

ペ・ヨンジュン、ソ・ジソプ、イ・ジアなど5人前後で出発したが現在30人を越えるほど成長したし、ドラマ製作およびレコード会社業まで進出しながら事業営業を広げた。

キーイーストは早目に写真集、キャラクター商品などマーチャンダイジング(MD)事業を通じて収益を上げた。 ペ・ヨンジュン写真集にだけ日本で200億ウォン越える売り上げをおさめたし、ペ・ヨンジュン熊人形ジュンベアは年間5億ウォン以上売れるほどだ。

'ペ・ヨンジュンと共にするハングル学習'などの肖像権、マーケティング ライセンシング事業、アニメーション冬のソナタ等も日本で収益を上げたし、ペ・ヨンジュンが直接韓国の色々な地域を旅行して書いた本'韓国の美しさを探して離れた旅行'と旅行商品もたくさん売れた。

キーイーストは2007年から日本DAを通じて日本市場に直接進出しながら流通に抜け出る多くの利益をかき集めてした。 ペ・ヨンジュンとキーイーストが共に取得したDAは売り上げ約60億円水準の日本、大阪取引所上場企業でエンターテインメント関連ビジネスをしている。

◇メイン料理=ドリームハイ、キム・ヒョンジュン…総合エンターテインメント サオプキーイーストの所属芸能人は大株主のペ・ヨンジュンとチェ・ガンヒ、ポン・テギュ、イ・ジア、イム・スジョン、チュ・ジフン、キム・ヒョンジュン、ホン・スヒョン、ソ・イヒョン、、キム・スヒョンなど30人程度.

会社では'韓流スター'のノウハウのために韓流スターが多い'という点を自慢する。 専属契約金で芸能人を迎え入れないために財務構造に及ぼす悪影響も制限的だ。

会社は昨年キム・ヒョンジュンを迎え入れながらレコード会社業で本格進出したしキム・ヒョンジュン アルバムは今年販売順位トップ3に上がった。

またJYPと共同製作して今年の初め放映したドラマ‘ドリームハイ’というドラマコンテンツ事業の模範事例に選ばれる程最も重要な収益を上げた。 韓国で平均視聴率は20%越えることができなかったが海外版権、MD,間接広告(PPL)等多様な事業を事前に企画して広げたため。

朱蒙製作会社オリーブナインが不渡りになったようにドラマの視聴率と収益は比例しない。

シンピルスンキーイースト代表は"ドリームハイはコンテンツ事業の'ワンソース マルチユース'を最も忠実に履行した作品"としながら"協賛や放送局収益他コンサート、一山セット場観光、出版、MD販売などで収益を出した"と説明した。

キーイーストは来年初めKBS2のドリームハイ2など年間2個以上ドラマを直接製作する予定。 コンテンツ製作、マネジメント、レコードなどKカルチャー全般を合わせる'総合エンターテインメント企業'で成長している。 その結果キーイースト全体売り上げでペ・ヨンジュンが占める比重は現在20%水準に落ちた。

◇デザート=ガールグループ、日本子会社DAとの売り上げ連結

キーイーストのレコード会社業は遅れたが速度を出している。 来年上半期中日本などグローバル市場を狙って野心に充ちるように準備した'キーイーストピョガールグループ'もデビューさせる計画だ。

日本子会社DA委衛星チャネルDATVも成長しながら変動性が大きいエンター事業の短所を埋めている。 2009年10月開局したDATVは2年間に有料加入者が3倍以上増えながら現在の加入者は3万人に肉迫する。 今年年末まで損益分岐点の3万 5000人を越えて来年末には4万人まで増やすという目標. 来年初めにはケーブル進出も可視化するという計画だ。

キーイーストは長期的に日本エージェント役割をしているDAの保有持分を増やして財務的にも連結するという方針だ。 連結時売り上げ予想額は約1000億ウォン台だ。

シン代表は"日本全体の有料チャンネル市場が沈滞を体験する渦中にも韓流チャネルは成長している漸移DATVの機会"として"日本市場の経済的実質を反映するために売り上げも連結解消計画"と話した。

キーイーストの時価総額は現在450億ウォン台. 8000億台のエスエムはもちろんでIHQ(1500億)の1/3未満だ。 ワンダーガールス、2PM,2A Mなしにミスエイとパク・チニョン氏だけ所属したJYP Ent.(1700億)に比べてもみすぼらしい水準だ。

シン代表は"エンターテインメント事業は変動性が大きいが、キーイーストはどのエンター業者よりも事業ポートフォリオが多様で安定的"としながら"キーイースト(Keyeast)はペ・ヨンジュンの会社で東方(East)の文化コンテンツ'鍵(Key)'に着実に成長している"と明らかにした。

[マネーツディ 2011-11-01 11:58] 元記事はこちらから

20111101-2.jpg 20111101-3.jpg 20111101-4.jpg

※ヨンジュン氏、ジフニのことよろしくお願いいたします~。

 "ドリームハイ2"、JYP -キーイーストの新しい顔として12月出発
2011年10月27日 (木) | 編集 |
KBS2ドラマ"ドリームハイシーズン2"が共同制作を担当したキーイーストとJYPエンターテイメントの新鮮な顔で来る12月初撮影を始める。

今年の初めに放映されたシーズン1はミスエイのスジと2PMのテギョン。ウヨンと新鋭キムスヒョンなどが出演して話題と人気を呼んだことがあってシーズン2にいくつかのスターが出演するかどうかにファンの注目が集まった。しかし、。キーイーストとJYP側は、シーズン2は、より新しく、斬新な企画にしようという主旨と、別の新たな新人スターを素早く成長させるために、練習生の中から主役に抜擢することにした。

ドラマ関係者は26日、"練習生の中で人材が多い。最近、これらにミッションを与え、オーディションを開始した。来月キャスティングの輪郭が明らかになるだろう"と明らかにした。既に活動している歌手たちの出演については"来年1月放送予定だとスケジュールが余裕がありませんがくぇ。カメオ出演程度は可能のようだ"と話した。

"ドリームハイシーズン2"は、キリン芸校で広がるアイドルスター誕生の大きな幹は維持したまま、シーズン1に出てきた出演者はほとんどが再度出演させることになる予定です。ただペヨンジュンとパクチニョンは出演する。これと関連して別の関係者は"ペヨンジュンとパクチニョンのドラマではない。新人スターたちの話なので、まだ二人の出演分量や内容は全く決まっていない。しかし、。劇でインパクトを与えるつながりを持った人物で登場するのは明らかだ"と明らかにした。

[スポーツソウル 2011-10-26 11:18] 元記事はこちらから

※キーイーストならジフニカメオで出たりしないかな・・・(爆)。

 SM “ドリームハイシーズン2製作、決定されたことがなくて”
2011年08月25日 (木) | 編集 |
SMエンターテインメントがドラマ'ドリームハイシーズン2'製作参加に対して"決定された事項ない"と明らかにした。

SMエンターテインメント(以下SM)所属会社側関係者は24日ソウル新聞NTNと通話で" 'ドリームハイシーズン2'に共同製作を受け持っているJYPエンターテインメント(以下JYP)側と共同製作に議論したことはある"と伝えた。

引き続き"SM代表とJYP代表が懇意にしていて'ドリームハイシーズン2'の共同製作話が出てきたようだ。 だが、まだ決定された部分はない"と付け加えた。

一方'ドリームハイシーズン2'は現在のシナリオ作業中. 'ドリームハイシーズン2'の製作会社惹かれるということ側は本紙に"現在のシナリオ作業中だ。 まだKBSに正確な編成が出てきたことではないが冬休み程度で予想している。 キャスティングもやはり未定だ"と明らかにした。

[ソウル新聞 2011-08-24 16:11] 元記事はこちらから

※昨日寝ぼけて記事読み間違えてて(爆)放送時期がまだ確定されてないだけか。
K-POPに関心出てきたとこでTBSの見てたらけっこう面白かった!シーズン2楽しみです^^


うっ、こんな短い記事アップするのに睡魔に襲われてた(>_<)

 KBS2 'ドリームハイシーズン2'今度はJYP-SM手を握る
2011年08月25日 (木) | 編集 |
昨年最高のアイドル ドラマで人気を呼んだKBS2 'ドリームハイ'のシーズン2のために少女時代. スーパージュニアなどが属したSMエンターテインメント(以下SM)が率先した。

シーズン1がペ・ヨンジュンのキーイースト. パク・チニョンのJYPエンターテインメント(以下JYP)共同製作で成功モデルを作り出したとすれば今回はキーイースト-JYP滞在にSMが新しく加勢して新韓類の核心の三企画会社が編み出すシナジー効果にファンたちの関心が集中している。 'ドリームハイ2'プロジェクトにSMが合流することになったところは会社代表らの間の親密なよしみが大きく作用したと分かった。 KBS高位関係者は24日"SMのキム・ヨンミン社長とJYPのジョンウク社長が普段親しい間柄だ。 共に良い音楽ドラマを作ろうと意気投合したと理解している。 両社がドラマを通じて表わす資源が無尽蔵なだけどんな結果が出てくるのかとても期待される"と明らかにした。

'ドリームハイ2'はシーズン1のイウンボクPDが演出を引き受けて冬休みシーズンを狙って来年初め放送を目標に準備中だ。 これに伴い、シーズン2の主演俳優が迷惑をかけるのかにも視線を傾く。 シーズン1ではキム・スヒョンをはじめとして2PMのテギョン. ウヨン. ミスエイスジ. アイユー. ティアラのウンジョンなどが出演した。 東方神起. 少女時代. スーパージュニア. シャイニー. エフ エックスなど強大な韓流トップグループを保有したSMが加勢するということによってキャスティング ボードはより一層派手になる展望だ。

一方. 'ドリームハイ'シーズン1出演陣は来月4日DVD発売を記念して日本、さいたまスーパーアリーナで'ドリームハイプレミアム イベント2011'を持つ予定だ。 ケーブルと地上波TBSを通じて放送された'ドリームハイ'は日本で旋風的な人気を呼んだ。

[スポーツソウル 2011-08-24 11:12] 元記事はこちらから

20110824-1.jpg

※そうか、来月早々ヨンジュン氏来日ですね。えらいことになりそうだ(>_<)

ジフニのことお願いいたします~。
そしてドリハイ2の話題はこれで終わらずに

 アイドル演技進出、俳優専門マネージメント社金づる乾く
2011年08月13日 (土) | 編集 |
アイドルの演技進出が現象を越えて大勢で席を占めているなかで憂慮の声が提起されている。 歌手でデビューしたアイドルが人気を得て演技者で偏向しながら俳優専門マネージメント社が被害をこうむって着るためだ。

実際に数年前からアイドルの演技進出は本格的に流れに乗り始めてキャスティング パワーで大きい影響を誇示している。 現在の放映中であるKBS2 'スパイミョンウォル'の主人公エリックと最近放映終了されたMBC 'ミスリプリー'のパク・ユチョンもやはりアイドルだ。

この他にもKBS2 '烏鵲橋の兄弟ら'のユイと映画'飽和の中に'で直ちに主人公席を横取りしたビッグバンのTOP、そして東方神起のユノ・ユンホとチェガン・チャンミンやはりドラマ主人公を仲良く分け合ったことがある。 それだけでなくミュージカル進出までアイドルの手助けが伸びないところがないほどだ。

だが、こういう強大な影響力行使のためにある息を作っている所がある。 すぐに演技者らでだけ構成されているマネージメント社だ。 最近SM,YG,JYPなど大物歌謡マネージメント社がアイドルを演技領域に進出させながら前より大きく受けるがが狭くなったこと。

実際に俳優専門マネージメント社はキャスティングでもう少し幅広い機会を持ちにくくなった。 アイドルの場合、演技経験が一度もなくても主演級で直ちにキャスティングが可能だが新人俳優の場合、小さい配役さえも大変で困難を経験する。

また、A級俳優を除いた残った席をアイドル出身演技者が占めていてB級演技者らのキャスティングはより一層難しくなる展望だ。 問題はこういう現象が俳優専門マネジメントの金づるを乾かせているということだ。

アイドル育ててこそ金を儲けることができる? 俳優マネージメント社の危機

一般的にマネージメント社は新人を通じて利益を創り出す構造を持っている。 だが、最近デビューを準備している志望生ら大部分が歌謡マネージメント社に所属するのを希望している。 歌手もできて俳優もすることができる1石2鳥の機会を持つことができるためだ。

俳優を夢見るこれらも歌謡マネージメント社を選択しているという意だ。 だから俳優マネージメント社は最近新人と練習生招聘に疎外されている。 あるマネージメント社の関係者は"今後5年以内俳優だけ持っている小さいマネージメント社は門を閉めたり大きく淘汰されるだろう"と見通した。

実際に最近傾向を見れば俳優専門マネージメント社はこのような変化に生き残るために努力している。 ペ・ヨンジュンが最大株主のキーイーストは最近キム・ヒョンジュンを迎え入れながらレコード事業部を別に創設した。 レコード製作だけでなくアイドルも発掘する予定だ。

イェダン・エンタテイメントは俳優と歌手を共に管理して最近歌手とアイドル育成にさらに力を注いでいる。 このような動きは俳優専門マネージメント社らの危機を感じて変化を試みているということを意味する。

だが、一部ではこういう動きを懐疑的に眺めている。 二つのマネジメントを共に併行しにくいだけでなく純粋演技者たちの立つ所が消えて、エンターティナーだけ生き残る風土を加速化させるということだ。

アイドルの演技進出に俳優マネージメント社らの一息が深くなっている。

[TVデイリー 2011-08-12 16:07] 元記事はこちらから
 
※歌手がドラマや映画、ミュージカルに目新しさと話題性で重用される時代、逆に俳優が歌に挑戦して対抗するパターンもあるけれどそれはすでに人気を獲得している少数派であって、純粋演技者とくに若手には分が悪い。ジフニが「宮」に抜擢されたのは当時モデル出身俳優が目立っていたこともありとにかくラッキーでした。

していまヨベクはどうなってるんだろ・・・。
今日はジフニ除隊までちょうど100日、明日からは2桁突入です~^^

 キム・ヒョンジュン、11月日本全国ツアーコンサート
2011年07月30日 (土) | 編集 |
演技者兼歌手キム・ヒョンジュン(25)が来る11月日本7都市を回る全国ツアーコンサートを開催する。

30日所属会社のキーイーストによればキム・ヒョンジュンは去る29日東京お台場ZEPP東京でショーケースを開く前記者会見を持って“ソロ レコードに愛を送ってくださった日本ファンたちに報いるために日本全国ツアーを開催する”と発表した。

キム・ヒョンジュンは来る11月大阪を始まりに札幌、仙台、広島、横浜、名古屋、福岡など7都市で公演する計画だ。

この日1時間の間進行されたショーケースでキム・ヒョンジュンは1千800人余りのファンたちと200人余りの取材陣の前で派手なパフォーマンスをお目見えした。

キーイーストは“ショーケース出席定員の約10倍になる人員がチケット競争を行ったしショーケース開始前からキム・ヒョンジュンを見ようと数多くのファンたちが公演会場の前に集まった”と伝えた。

キム・ヒョンジュンは来月2日自身が出演したドラマ‘イタズラなキス’の‘日本地震被害慈善イベント’に参加する。

[クッキーニュース 2011-07-30 14:47] 元記事はこちらから

※グループから独立ソロコン全国ツアーって大変! キーイースト働かせるなあ、ファンは嬉しいですけどね^^

20110730-7.jpg 20110730-8.jpg 20110730-9.jpg
写真は別記事から集め~。リダがんばってる!

たとえばキーイースト所属タレント出演日本地震被害チャリティイベント、ヨンジュン氏が企画引率したらジフニの入国許されないかな(>_<) いまやジフニの歌は立派な芸のひとつだし(笑)ファンミでなくても披露する場があれば日本に来ることだって不可能じゃないはず! 来月にはカウントダウンも二桁突入、キーイーストのジフニ芸能界復帰プランが気になります~。

 キム・ヒョンジュン“ペ・ヨンジュン兄結婚助けてあげたい”
2011年06月21日 (火) | 編集 |
キム・ヒョンジュンがペ・ヨンジュン結婚を助けたいと明らかにした。

6月18日放送されたKBS 2TV ‘芸能家中継’ゲリラデートではソロでカムバックしたキム・ヒョンジュンに会った。

キム・ヒョンジュンはペ・ヨンジュンと会って何か話をするかと尋ねるとすぐに“男たちがする明らかな話をする。 女話をしたりもする”と率直に打ち明けた。

引き続きキム・ヒョンジュンはペ・ヨンジュン結婚が至急だという意見を表わした。 キム・ヒョンジュンは“私は未婚の男性でもなるのにヨンジュン兄は未婚の男性ならばならない”と話した。

キム・ヒョンジュンは“私はまだ若くて未婚の男性でもなるのにヨンジュンが兄は(結婚)しなければならない。 助けてあげたい”としてペ・ヨンジュン結婚に積極的に出た。

一方この日放送でキム・ヒョンジュンは国威宣揚スター1位に上がったことに対して“そのような愛が瞬間的なのでなく長く持続できるように彼らに何かを助けて愛を受けなければならないようだ”としてファンたち愛に有り難く思った。

[ニュースエン 2011-06-19 09:14:22] 元記事はこちらから

20110620-4.jpg

※韓流存続のためにヨンジュン氏は置いといて、ジフニヒョンに言ってやってください!(爆)

リダ、いろんな意味で立派になったなあ・・・。

 ペ・ヨンジュン版男アイドル グループ作る…来年初めデビュー
2011年06月16日 (木) | 編集 |
韓流スターペ・ヨンジュンがいわゆる'ペ・ヨンジュン版'アイドル グループを準備中だ。

ペ・ヨンジュンが大株主であるキーイーストでレコード市場に本格進出を準備中だ。 ひとまず所属したキム・ヒョンジュンが最近ソロ アルバムを発表したのを始め来年初め男アイドル グループをデビューさせるという戦略だ。

ある関係者は"レコード事業進出のために多様な角度で模索してきた"として"本格的にするというよりはひとまずじわじわ準備して徐々に出発するだろう"と話した。

キーイーストは来年初めアイドル グループ デビューのためにいくつかの新人らを選抜して育成中にある。

キーイーストある関係者は"新人開発チームでオーディションを通じてメンバーを選抜した。追加で人員を選ぶ予定だ"と明らかにした。

キム・ヒョンジュンは最近ショーケースで"ペ・ヨンジュンが音楽勉強をたくさんした。ペ・ヨンジュンという製作者下でアルバムを出して作業をする間精神的でも物質的に多くの支援を受けた"とペ・ヨンジュンが音楽事業に積極的であることを間接的に伝えた。

[エクスポーツニュース 2011-06-15 10:14] 元記事はこちらから

※なんかキーイーストさん攻めの態勢ですね~。この調子だと除隊後ジフニCDデビューとか言い出したりして・・・(爆)。

 キーイースト、レコード会社業進出して株価上昇傾向'3000ウォン安着'
2011年05月08日 (日) | 編集 |
ペ・ヨンジュン、キム・ヒョンジュンなどが所属したマネージメント社キーイーストの株価がひきつづき上昇曲線を描いて強気を見せている。

去る2日ペ・ソンウン代表の再選である公示以後上昇の勢いに乗ったキーイーストは引き続き発表した国内外レコード事業進出に弾力受けて5日間取引量が普段10倍以上に達した。 ソテジとの結婚および離婚で衝撃を与えた所属俳優イ・ジア スキャンダルと同じ最近の悪材料をはたいてしまい気持ち良く高空行進を継続していること。

特にレコード事業の火ぶたを切る最初プロジェクトでキム・ヒョンジュンのソロアルバムを準備していて来月発売であることを明らかにして市場の肯定的な評価と期待感を呼び起こしたと見られる。

キーイーストはレコード事業進出のために長時間関連業界人材招聘とネットワーク造成に精魂を込めてきたし、国内とアジアを越えて世界舞台でも通じることができる新韓流スター排出のために万全の準備を終えたと分かった。

また、ペ・ソンウン代表は2008年日本進出後ペ・ヨンジュンの東京ドーム公演など数十回余りを越える韓流スターらの大規模イベントを直接企画総括したし、日本国内子会社DA(Digital Adventure)の代表理事を兼ねてケーブル チャネルDATVを開局した張本人でその間多様なアジア コンテンツ交流に努力してきた。

[TVデイリー 2011-05-08 16:06] 元記事はこちらから

※ジフニ除隊後の活動再開戦略も着々計画中なんだろうなあ、、、。

 キーイースト、キム・ヒョンジュン筆頭レコード事業出馬表! 'K-POP熱風主導'
2011年05月05日 (木) | 編集 |
今年の初め'ドリームハイ'でドラマ市場に成功的に進出した(株)キーイーストが事業多角化経営戦略により国内外レコード市場に本格進出する。

現在のペ・ヨンジュン、チェ・ガンヒ、チュ・ジフン、キム・ヒョンジュン、キム・スヒョンなどが所属しているキーイーストは国内外マネジメントはもちろん音楽バラエティードラマ'ドリームハイ'の製作ノウハウを基盤で国内および日本、中国など海外市場までねらった総合的なレコード事業を始める。

最近レコード事業部を新設して関連専門人材を大挙採用するなど組織改編を終えたし、レコード事業部を導いていく本部長を迎え入れた。

新しく招聘されたパク・ソンジン本部長は以前まで有名レコード会社副社長に在職中であり、オム・ジョンファ、コヨーテ、タイフーン、パク・チユン、キム・ヒョンジョン、イ・ギチャンなどのレコードをプロデュースした卓越した能力を整えた業界15年目のベテランだ。

キーイースト ペ・ソンウン代表は“事業進出最初のアルバムで国内外で多くの人気を得ているキム・ヒョンジュンのソロ アルバムを来る6月発売する”として“韓国を越えてアジア全域で吹いているK-POP熱風と共にエンターテイメント産業のワンソースマルチユース トレンドを先導できる完成度高いレコードを企画して製作する予定だ”と抱負を明らかにした。

また、キム・ヒョンジュンを筆頭に実力がある新人歌手育成はもちろん既存歌手立ち寄る積極的に迎え入れるなどレコード製作およびデジタルレコード会社業を進行すると同時に公演、海外レコード輸出、行事、MD,海外ロイヤリティー事業に拡大していく計画だ。

一方日本レコード市場進出のために子会社DA(Digital Adventure)のノウハウとネットワークを積極的に活用して、アジア コンテンツ専門チャネルDATVと戦略的提携を通じてK-POP熱風をより一層確かにしていくという目標だ。

[OSEN 2011-05-04 10:59] 元記事はこちらから

20110504-6.jpg

※レコード業界にも進出ですか~、強気だ。

 DAペ・ソンウン社長、キーイースト共同代表選任
2011年05月03日 (火) | 編集 |
アジア文化コンテンツ企業キーイースト(054780)が日本国内子会社のデジタル アドベンチャー(DA)代表理事のペ・ソンウン社長を共同代表で選任した。

キーイースト シン・ピルスン代表は"日本国内主力事業のケーブル チャンネルDATVとキーイースト間のシナジー効果を極大化するために韓国と日本で多くの経験と専門的識見を整えたペ・ソンウン社長を共同代表で選任することになった"と話した。

ペ・ソンウン代表は日本国内子会社DA(Digital Adventure)の代表を引き受けて韓流ビジネスの現地化のために努力してきたし、日本ケーブル チャネル'DATV'の開局を通じて優秀な韓流コンテンツと韓流スターを知らせる橋頭堡の役割を認められて'2009大韓民国コンテンツ アワード'で新分野開拓部門韓国コンテンツ振興院長賞を受賞したことがある。

ペ・ソンウン代表は"アジア流のために長い時間の間準備してきた計画らが本格的に実行される時点であるだけにより一層大きい責任を感じる"として"前にキーイーストは俳優マネジメントだけでなくドラマ製作、レコード製作を含んだ多様なコンテンツを生産してアジア市場に本格的に供給する計画"と明らかにした。

キーイーストはペ・ヨンジュン、チェ・ガンヒ、チュ・ジフン、キム・ヒョンジュン、キム・スヒョンなどトップスターらのマネジメントとともにアニメーション'冬のソナタ',ドラマ'ドリームハイ'を製作して、旅行エッセイ'韓国の美しさを探して離れた旅行'を出版するなど多分野文化専門企業としての地位を固めていっている。

特にJYPと共同設立した有限会社ホリムを通じて製作したドラマ'ドリームハイ'をワンソース-マルチユース(One Source Multi Use)コンテンツで成功させたし汎アジア的マネジメント エージェンシー'UAM(United Asia Management)'設立に参加するなど国内最大文化コンテンツ企業で発足してきた。

[ニューデイリー 2011-05-03 07:52]  元記事はこちらから

※ジフニ除隊に向けて地盤固め着々と準備中な雰囲気!もうこうなったらジフニ除隊式生中継くらい思いきったことして欲しい~!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。