★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 [楽しい秋夕]チュウォン"誕生日と重なった中秋のお盆…今年は必ず家族と一緒にします"
2012年09月28日 (金) | 編集 |
■ 'カクシタル'チュウォンのときめく名節迎え

'カクシタル'で三歳ファンまで'愛国青年'ニックネーム負担になるが日帝時代間接経験契機貴重
'1泊2日'で独島訪問の時かっと日本進出、嫌韓流負担はなくてわずかな役割もしてみたくて

"'中秋には家族が皆集まってお互いの幸福に乾杯を叫んだら良いです。"

俳優チュウォン(25)が中秋のお盆をむかえて三行詩で韓国日報読者らに挨拶した。 彼は最近放映終了したKBSドラマ'カクシタル'で日帝強制占領期間人生が疲れてだるかった朝鮮人に慰労と希望を持たした'スーパーヒーロー'カクシタルを熱演した。

劇中愛する女性には大変甘く、日本手先である時は殴ってあげたいほどあくらつに、カクシタルをかぶって親日派を断罪する時はたくましく。 八色鳥魅力を誇って視聴者たちを'チュウォン病'に陥るようにした彼を25日ソウル韓国日報編集局で会った。 2006年ミュージカル'アルタボーイズ'でデビュー、2010年ドラマ'製パン王キム・タック'でテレビ劇場に進出して俳優で急成長したが彼にはまだ慎ましい笑いがさらによく似合う。 光る宝石よりはよく整えられた砂利に似たというだろうか。 彼にこれまでの演技生活と今後の計画に対して尋ねた。

20120927-1.jpg 20120927-2.jpg 20120927-3.jpg

[READ MORE...]
スポンサーサイト

 [SSの目] 'カクシタル'固辞した韓流スターら、ありがとうございます
2012年05月31日 (木) | 編集 |
チュウォンとシン・ヒョンジュンの'カクシタル'が水木ドラマ3ラウンドの初めての勝者になった。

地上波3社が野心に満ちるように出した水木ドラマ3ラウンドの最初の勝者は'カクシタル'だった。 ぴたっと後を追っている競争会社の二つのドラマのせいでまだ油断することは早いがすでに硬いストーリーと主演俳優らに対する好評があふれている。

30日初放送された'カクシタル'は早い展開と多彩な見どころで視聴者たちの視線をひきつけた。 独立運動に加担してバカになったイガンサン(シン・ヒョンジュン扮),そのような兄を見て植民地祖国に幻滅を感じて親日派になった朝鮮警察署刑事イガンド(チュウォンの扮)等キャラクターは活気があふれたし彼らの演技は説得力があった。

特にチュウォンとシン・ヒョンジュンの熱演は眩しかった。 キム・ソナとソ・ジソプをチームトップで前に出した競争会社らに比べてこれというスターがなくて相対的に不利だという憂慮をただ1回だけできれいに払拭させた。

メイン タイトルロールを引き受けて特に負担が大きい新鋭チュウォンは硬い演技力をこれ見よがしに広げてみせて悪役を完璧に消化した。 最近KBS2芸能プログラム'1泊2日'を通じてクィヨムドゥンが末っ子イメージを積み重ねたチュウォンの変身に'最高の反転'という反応を見せている。

シン・ヒョンジュンもやはり'バカ演技の神'らしい演技力を見せた。 カクシタルの顔を隠したまま外敵を懲らしめる朝鮮版ヒーローと人々に冷やかしにあうバカを行き来して二重生活をするイガンさんを演じてシン・ヒョンジュンの熱演に視聴者たちは感嘆を禁じえなかった。

先立って開かれた'カクシタル'製作発表会でユン・ソンシクPDは一部韓流俳優が出演を固辞してキャスティングに難航していたことを吐露して話題になった。 シン・ヒョンジュンは"抗日精神を理由で作品を断った俳優は俳優ではない"と厳しい忠告を与えることもした。

演技に対する情熱だけで作品を選択したチュウォンとシン・ヒョンジュンの'所信'は結局光を放ったし視聴者たちはこの'概念俳優'の名演技を見ることができる機会を得た。 '韓流スター'というタイトルに対する欲を捨てることができなくてこっそりと'カクシタル'台本を下ろした俳優は今頃腹痛を訴えているかも。 しかしひとりの視聴者立場で彼らの決断(?) に遅まきながら感謝の気持ちを伝えたい。

[スポーツソウル 2012-05-31 16:15] 元記事はこちらから

20120531-1.jpg

※うんうん、こんなチュウォンくんが見られたんだから断ってくれた韓流スター方々にはコマスミダだ(笑)。女の子にも平気で平手打ちしたり拷問したりする悪だけど、ビンゴ~と不敵な笑みを浮かべたり、カクシタルーーー!!!とダバダバしちゃうチュウォンくんけっこう好き! 彼はこのキャスティング一件で株を上げたなあ。

太陽抱月の陽明君はオジャッキョ延長で残念ながら辞退でしたがツートップとまでもいかない二番手組合キャラだったから義理を守った上での堂々主役、この選択正しかったかもですね。

 'カクシタル',俳優ら好演+豊かな見どころ..成功的な出発
2012年05月31日 (木) | 編集 |
KBS2新しい水木ドラマ'カクシタル'がチュウォンをはじめとする俳優らの熱演と豊かな見どころで成功的な出発を知らせた。

5月30日午後初放送した'カクシタル'では登場人物らの紹介とともにイガンド(チュウォン扮)とオモクタン(ジンゼヨン扮)の初めての出会いが描かれた。

朝鮮人であるのに日本警察で活動中であるガンドは朝鮮と日本の併合に功績を立てた理工の告別式を邪魔した独立軍隊長モクダンサリの娘オモクダンを捉えることになる。

だが馬に乗って登場したカクシタルのために結局オモクダンをのがしてしまう。 この事件前まで日本警察で輝かしい功績を立てて常勝疾走した彼だったのでカクシタルの存在は邪魔な人であった。

合わせて相次いだ昇進でバラ色未来を夢見る彼だったが朝鮮の人として日本警察で活動するという点のために多くの朝鮮人らの憎しみを一体に受けることになる。 ガンドのお母さん(ソン・オクスク扮)と兄カンサン(シン・ヒョンジュン扮)は市場通りで商売をしようとするが人々から辱めにあう。

この姿を見守ったガンドはお母さんに商売をしないとしお金を与えるが彼は息子の恥ずかしい金を受け取らないで、結局ガンドはお母さんとの葛藤で家を出ることになる。

以後ガンドとカクシタルの悪縁が紹介されながら劇の没入度を高めた。

特にこの日放送ではチュウォンの演技力が光を放った。 彼は貧しい家案を立て起こしてバカになった兄山川を治療するために日本警察役割をしている領土というキャラクターを完ぺきに消化した。

時には日本警察で卑劣できつい姿を見せるかと思えば、家族をクムチキ考えるガンドの二重的な姿を豊富な感情演技と表情演技で表現やり遂げて見る人々の好評を引き出した。

合わせてチュウォン、ジンセヨン、パク・ギウン、ハンチェアなど演技力を認められた若い俳優らの演技力はもちろん、チョン・ホジン、キム・ウンス、ソン・オクスク、イ・ビョンジュン、ソン・ビョンホ、イ・ギョンシル、アン・ソックァン、チョン・ノミン、キム・チョンナン、キム・ギュチョルなど助演俳優らのこく私は演技もやはり見る面白みを増した。

それだけでなく官僚理工の葬式場面では1千人余りのエキストラと大規模物量を投じて写実的な場面を表現やり遂げて視聴者たちの注目を一気にひきつけた。 ここに派手なアクションシーンがより増して劇をより一層豊かにした。

一方'カクシタル'は漫画がホ・ヨンマン画伯の同名漫画をドラマで再誕生させた作品で、スーパーヒーローカクシタルの大活躍を表わす。 ここに名前がない英雄カクシタルの道を選ぶことになったガンド、彼に命も辞さない愛を送る女性牧丹の話が描かれる予定だ。

[世界日報 2012-05-30 23:14] 元記事はこちらから

20120530-3.jpg

※初回テンポ良く見入りました。チュウォンくん、キムタックのマジュン並みな目ヂカラ健在でアクションありダンスあり~の斜に構えたちょい悪雰囲気に萌え~。カクシタルの活躍は韓国の方には痛快で楽しめるんじゃないかなあ、日本人にはキツそうだけど。。。

 チュウォン"経験積んだ後またミュージカルすること"
2012年05月24日 (木) | 編集 |
俳優チュウォンがミュージカル舞台に愛を伝えた。

チュウォンは23日午後ソウル、汝矣島63シティ コンベンションセンタージュニパールームで進行されたKBS 2TV新水木ドラマ'カクシタル'(脚本ユヒョンミ演出ユン・ソンシク)製作発表会で"またミュージカル舞台に上がるつもりがあるのか"という質問を受けた。

彼は"ミュージカル舞台の魅力はドラマや映画とは違う。 観客と直ぐ前で疎通すること自体が魅力的だ"として"私が汗を流してよだれを垂らすそうしたことが魅力だ"と話した。

引き続き"'製パン王キム・タック'をして2年が過ぎた。 まだ学ぶ段階で、ドラマや映画側に経験をもう少し積んだ後ミュージカル舞台に上がるつもりだ"と付け加えた。

チュウォンは劇中鍾路警察署刑事で英雄カクシタルに変わるイガンド役を担った。 他人に負けてみたこともなくて、人のためにした配慮と譲歩はヘボク的もない人物だ。 京城最高のチャドナムであり社交界の皇太子で名をはせたが、カクシタルによって運命が変わる。

一方'カクシタル'はホ・ヨンマン画伯の同名漫画を原作にした作品だ。 '赤道の男'後続で来る30日初回放送予定。

[マイデイリー 2012-05-23 16:17] 元記事はこちらから

20120523-4.jpg

※チュウォンくんのミュージカル観たいなあ^^

フニたんがまだ戻ってこないんでその日の疲れも取れないし不眠ぎみな日々。
でもいい加減今日はここまでに~。

 'カクシタル'監督、"抗日精神扱った内容のために韓流スター出演敬遠して"
2012年05月24日 (木) | 編集 |
ドラマ'カクシタル'のユン・ソンシク監督が抗日精神を扱った内容のために韓流スターキャスティングに困難があったと明らかにした。

23日ソウル、汝矣島63ビルディング コンベンションセンタージュニパーホールで開かれたKBS水木ドラマ'カクシタル'製作発表会には演出を引き受けたユン・ソンシクPDと主演俳優チュウォン、ジンセヨン、シン・ヒョンジュン、パク・ギウン、ハンチェア、イ・ビョンジュンが参加した。

この日ユン・ソンシクPDは"カクシタルは去る2011年1月から実質的な製作に入った。 1月からシナリオ作業を経て6月まで4回台本が完成されたし、キャスティングは昨年10月から始めた"と暗示した。

引き続きユンPDは"日帝時代を背景にだが、抗日精神がドラマに含まれていて韓流スターが敬遠する傾向があった"として"事実30代初中盤俳優らをキャスティングしようとした。 だが、そこで困難を経験していっそ新しいスターを作る時になったと考えた"と伝えた。

また、イガンサンやイガンドという人物のようにその当時に活動した人物は20代半ばだ。 それで若い俳優が合うと考えた。 それで最も目につくことがチュウォンだった"と明らかにした。

チュウォンをキャスティングした理由に対しては"個人的に最も好むのはチュウォンの目だ。 カメラで撮ってみれば漫画に出てくるように目が四角に変わる。 それで目つきを見てキャスティングした"と明らかにした。

タイトルロールのイガンド役を担ったチュウォンも韓流スターが抗日精神のために配役を敬遠したとのことに対して"率直に共感が全くならなかった。 俳優は他の理由より作品や演技に対する幅を広げることが重要だ。 韓流問題は全く考えなかった"と所信を明らかにした。

ホ・ヨンマン画伯の同名漫画を原作にした'カクシタル'は1930年代日帝治下で苦痛受ける朝鮮人らに慰労と希望を与えた名前がない英雄、カクシタルに関する話を描いたドラマで、'赤道の男'後続で来る30日初放送される予定だ。

[エクスポーツニュース 2012-05-24 02:33] 元記事はこちらから

20120523-2.jpg

※いかに日本に高く売れるかを考える輩もいるだろうにユンPDもチュウォンくんも立派だ! でもどの程度の抗日ムードな作品なんだろ、注目の若手チュウォンくん主演とはいえ日本バイヤーさん悩みそうだな。

予告編を下にしまいます~。

[READ MORE...]
 チュ・ウォン"新人演技賞..夢がかなえられたことでしょう"
2012年01月09日 (月) | 編集 |
'製パン王キム・タック'に続き'烏鵲橋(オジャッキョ)兄弟ら'で人気

"太子カップルは私が見てもあれやこれや"

2010年初めての出演したドラマが視聴率50%を渡すと二番目ドラマも視聴率30%上で高空行進中だ。

二つとも主演級で出演したがキャラクターは全く違う。 '製パン王キム・タック'のクマジュンが暗くてゆがんだ財閥2世だったら'烏鵲橋兄弟ら'のファン・テヒは艶がないが信頼できて堅実な刑事だ。

"私が運が良いようです。 以前から人福も多いと考えたが今でもそうします。 作品ウンド良かったし、何より共に演技する同僚俳優とスタッフの組合が引き続き幻想的です。"

彼は去る年末KBS演技大賞授賞式で新人演技賞を占めた。 勢いに乗って代作(大作)の主人公まで横取りした。 来る5月放送されるKBS 2TV 100億大作'カクシタル'のタイトルロールだ。

"過分です。 とても幸せだよ。 負担も大きいが私が何かやり遂げることができはしないかと思います。 私も先輩たちのように良い演技をやり遂げたいと考えます。"

チュ・ウォン(25・実名ムン・ジュンウォン). 去る2年よどみなく疾走中である彼を最近乙支路で会った。

ドラマ合間合間映画'特殊本'と'未確認動画'にも出演するなどスクスク成長するのも目を引くがチュ・ウォンは特にこの頃'烏鵲橋兄弟ら'でユイとともに'太子カップル'で視聴者の愛を一体に受けている。 彼が引き受けたテヒとユイが演技する者恩義名前を取った'太子カップル'はあれやこれやあるラブ ストーリーで週末テレビ劇場を温かくさせてくれている。

"美しい場面をたくさんとって幸せです。(笑い)現実では旨くしてみることができないエピソードがたくさん描かれて良いよ。 後ほど実戦に使わなければならないと考えたりもします。 実際には私がそのようにあれやこれやある愛する性格でなくドラマを通じて代理満足しています。"

おかげで視聴者の反応も変わった。

"'製パン王キム・タック'時は人々が私を調べてみても近づけませんでした。 私が笑わない以上接近をできなかったんですよ。 ところでこの頃はとても簡単に近づいて私をとても好んで下さい。(笑い)前作では暗い役割だと自ら憂鬱だったが今回は気持ち良くさせています。 特に愛の話があると良いです。(笑い)"

彼は昨年最後の日夜開かれたKBS演技大賞授賞式で新人賞を受けるとすぐに涙を吐き出した。

"私には夢の舞台でした。 幼かった時から俳優を夢見たし努力してきながら私も授賞式でいつかは賞を受けたら良いと考えたがその夢がかなえられたことじゃないの。 とても手に余って言えなかったんですよ。 放送デビュー前公演舞台に立ったことがフィルムのように頭の中をすぎながら感激に負えなくてその瞬間しなければならない話を忘れました。(笑い)"

彼は当時チョンヒョンム-ハン・ヘジンと共に授賞式のMCに抜擢されて進行者としての姿も見せた。

"MCもおもしろいと思い引き受けたがハアー、とても難しかったんですよ。 緊張たくさんしました。 進行途中ひょっとして賞を受けることになれば話を上手にするべきだとしたがなんと考えが一つも出ないで首だけ担ぎましたよ。(笑い)"

すい星のように登場したようだがチュ・ウォンも基本技を確かめた時間が長いならば長かった。 ゲウォン芸術女子高を経て成均館大演技芸術学科に入学した彼は学校舞台とミュージカル舞台で基礎体力を確かめた。

"大学に入学した後学校生活を本当に熱心にしました。 皆が認めるほど学校でするすべての公演活動に一生懸命に参加しました。 そうするうちに歌を歌うのが目についてオーディションに推薦されたが運良くつきましたよ。"

それが2006年ミュージカル'アルタボーイズ'であった。 突然主人公でキャスティングされた。 だが、彼はこの作品で苦い挫折を味わった。

"一言で私が'井の中の蛙'だったとのことを切実に悟りましたよ。 プロの舞台に出てくると学校でしたことが何でもなかったんですよ。 とても不足したのを感じて自信がそれこそ地下で消えてしまいました。 これ以上演技をできないと思うという考えになりました。"

だが、彼は'シングルス','グリース','スプリング アウェイクニング'をたどりながら実力を確かめたし放送界まで進出することになった。 彼は過ぎた時間欲はなかったがどんな駅でも熱心にしたのが今日につながったようにすると話した。

"欲は本当になかったです。 早く大きくする必要が分からないか、良い作品に会いたいという考えはなかったんですよ。 そのままどんな役でもそれが良ければどっぷり浸かって熱心にしたことのようです。 おかげであちこちで着実に私を探しましたし。 私が作品に合流すれば良い雰囲気を引き出すという声をたびたび聞きました。 他のものはなくてただ黙黙と熱心にしながら先輩たちよく迎えたのが秘訣であることのようです。(笑い)番組の世界で熱心にするのは基本というが事実熱心にしない人々います。 本当にあります。 私の強力な点が何か考えてみれば顔も、キーでもなくてただ私のスタイルのとおり熱心にという点であるようです。"

翌月'烏鵲橋兄弟ら'が終われば彼は直ちに'カクシタル'撮影に突入する。 すでにアクション練習には入った。 'カクシタル'は日帝強制占領期間の1930年代を背景にカクシタルの活躍像を描く。

"チームトップ主人公ではあるが絶対あの一人でできる作品ではありません。 他の多くの先輩が助けてくださることと信じて私は私のキャラクターを研究しています。 ひとまず各種アクションが格好良く入るからアクションに精魂を込めています。 ところで率直にあまり荷が重くて死にそうです。(笑い)テッキョン、空手など多様な武術をお目見えするべきなのに容易ではありませんね。 それでも何、熱心にしなければならないですね。"

'製パン王キム・タック'以後人生が変わらなかったかと尋ねた。

"'製パン王キム・タック'終わってぴったり1ヶ月まではとても違いました。 どこへ行っても私を探しましたよ。 ところで正確に1ヶ月後には以前に帰ったのです。(笑い)即座に忘れられました。 空しかったということより'、こんなものだね'したかったし私が前にこういうのを耐えなければならないんだな悟りましたよ。 今でも私が以前と大きく変わったと考えません。 ただ少しずつ俳優として本来の位置に戻っていく長さと考えます。

[聯合ニュース 2012-01-08 07:10] ] 元記事はこちらから

20120108-1.jpg 20120108-2.jpg 20120108-3.jpg

※ようやく夢見ていた自分のステージが始まったんだな。太陽抱月を逃したことが悔いにならないよう、オジャッキョもカクシタルもファイティン!

昨日途中まで準備して睡魔に襲われアップできなかった記事~

 ユン・シユン、チュ・ウォン、'キム・タック'と'クマジュン'の交錯した歩み
2012年01月07日 (土) | 編集 |
俳優ユン・シユンとチュ・ウォンがKBS 2TV '製パン王キム・タック'(カン・ウンギョン脚本、イ・ジョンソプ演出)以後交錯した歩みを見せていて目を引いている。

チュ・ウォンは現在、去る1日視聴率32.7%(AGBニールセンメディアリサーチ、全国基準)を記録した'烏鵲橋(オジャッキョ)兄弟ら'(イ・ジョンソン脚本、機敏数演出)に出演中で来る5月9日放送予定の、ホ・ヨンマン画伯の同名原作をドラマ化した水木ドラマ'カクシタル'(ユヒョンミ脚本、ユン・ソンシク演出)の男主人公で確定した状態だ。

反面、ユン・シユンは昨年12月28日早期放映終了されたMBC TV '私も、花'(キム・ドウ脚本、コドンソン演出)に主役を演じたが平均視聴率6.5%を記録して苦々しく2011年を締め切った。

チュ・ウォンとユン・シユンが共に出演した'キム・タック'が平均視聴率36.7%で2010年最高視聴率を記録したドラマに選ばれたことに比較すればみすぼらしい成績にならざるをえない。

当時ユン・シユンは主人公キム・タック役を担って大人気を呼んだ。 チュ・ウォンやはり'二番目男'クマジュンを引き受けて暴風熱演で人気集めに成功した。

以後チュ・ウォンは昨年のようなシムエンターテインメント所属のオム・テウンと共に映画'特殊本'(ファン・ビョングク監督)に出演してスクリーンにも足を入れた。 ユン・シユンも2010年作品の'考査、二番目の話:校生実習'(ユ・ソンドン監督)で映画デビューした。

'特殊本'は121万7358人の観客を集めたし'考査'は累積観客数85万7038人を記録するなど差を見せている。

このようにユン・シユンとチュ・ウォンは'キム・タック'で大当たりを放ったが以後では他の様相を見せている。 ここにチュ・ウォンは'グリース' 'スプリング アウェイクニング'などミュージカルでも猛活躍を広げたことがある。

これに対してある芸能関係者は"ユン・シユンの演技力が落ちることでは決してない。 しかし作品選択にあって少し惜しい部分があることが事実"としながら"ユン・シユンとチュ・ウォンみな26,25才で若い年齢であるだけに多くの期待される俳優ら"と話した。

[TVリポート 2012-01-05 11:45] 元記事はこちらから

20120107-5.jpg

※'カクシタル'確定出たみたいですね~、順風満帆だ。
シユンくんは残念でしたが記事にある通り彼の演技力が落ちたわけでは決してない。作品選びの判断と事務所の力の差もあったりするのかな、ふぁいてぃーん;;。


おととしのKBS演技大賞ではステージでスピーチするシユンくん見ながらボロ泣きでしたがチュウォンくん、今回は自分の番で(爆)。素の彼はわたし的なんとなく花男のイミノくんに重なる気が~、意外と子どもっぽいところ(失礼)。

 '烏鵲橋の兄弟ら',8回延長手順..2月19日放映終了
2011年12月29日 (木) | 編集 |
KBS 2TV週末連続ドラマ'烏鵲橋の兄弟ら'が8回延長放送をする側に糸口をつかんだ。

29日KBS関係者によれば'烏鵲橋の兄弟ら'は人気底力と一緒に後続作品日程などの理由で延長議論を進行した。 当初6部ほどを延長することと計画して最近総8回延長する方向で最終決定した。

去る8月初放送を始めた'烏鵲橋の兄弟ら'は当初50部作で企画されたが視聴率30%線を行き来して人気を呼びながら自然に延長議論が始まった。

チュ・ウォン、ユイ、チェ・ジョンユン、リュ・スヨン、チョン・ウンインなど出演陣とも延長に合意したと分かった。 したがって2012年2月19日放映終了する予定だ。

一方'烏鵲橋の兄弟ら'後続では'私を見てクィナム'(仮題)が編成される予定であり女主人公ではキム・ナムジュが嘱望された。

[OSEN 2011-12-29 16:20] 元記事はこちらから

20111229-3.jpg

※この延長のためにチュウォンくんは太陽抱月を泣く泣く(かどうかはわかりませんが)下車したんだもん、最後まで盛りあがってくれにゃ~許さんぜよ(>_<)。

 最高の視聴率‘烏鵲橋兄弟ら’ OSTで会う
2011年12月29日 (木) | 編集 |
毎回最高の視聴率を記録しているドラマ‘烏鵲橋の兄弟ら’のOST正規アルバムが来る30日発売される。

パク・サンミン、チャン・ヒヨン、キム・ギョンロク、キムグリムなど実力派歌手が大挙参加してオンラインチャートでOST部門1位を占めた曲らにアルバムで会えること。

今回の正規アルバムのタイトル曲のキムグリムの‘本当にバカが’という訴える力濃厚なボイスで愛と離別の間でさまよう女の心理をよく表現したという評価を受けている。

この他にも1月デビューする男性4人組グループF.I.Xの‘胸’というトラック中で最も熱い愛を受けて今後活動を期待するようにさせる。 チャン・ヒヨンの‘眺めます’、シンガーソングライターキム・ジェソクの‘分からない’等も胸ジーンとした感動と戦慄をプレゼントする。

烏鵲橋の兄弟らOSTはドラマの人気に力づけられて挿入曲もあまねく愛されているだけに視聴者たちにもう一つの贈り物に近付くだろう。

[韓国経済新聞 2011-12-29 14:05] 元記事はこちらから

20111229-2.jpg

※お買い物メモメモ^^

 チョ・ソンギュ"'私も花'早期放映終了、演技者として恥ずかしい"
2011年12月11日 (日) | 編集 |
俳優チョ・ソンギュがMBC水木ドラマ'私も、花'(脚本キム・ドウ・演出鼓動では)の早期放映終了の便りにきびしい発言を残した。

チョ・ソンギュは9日'私も、花'公式ホームページ掲示板に"3回で延辺朝鮮族突然変異で出演したチョ・ソンギュです。 今日'私も、花'早期放映終了説記事を見てドラマの作品性を離れてまだ視聴率にこだわる放送会社の姿に演技者のひとりで非常に恥ずかしくないはずがありません"と文を載せた。

彼は"'私も、花'が早期放映終了説の罠にかかった"として"'私も、花!'の固定出演者ではないが、それでも少しの間だけでも出演したひとりとして続けざまに続く早期放映終了を見て一回ぐらいはドラマの製作編成を見て回るべきではないかと思う"と物足りなさを吐露した。

引き続き"'私も、花!'コドンソンPDとは'内助の女王' '暴風の恋人'に続き今回が私には三回目作品だ。 コドンソンPDのように繊細な洗練された演出力を持った方がまたいるかと思うが残念なことに日日劇'暴風の恋人'はあまりにも多くの物足りなさを自分にも深く残した"と話した。

チョ・ソンギュは"できもの早期放映終了という、その痛みを踏んで野心に充ちるように準備したその方の水木ドラマ'私も、花'がまた再び早期放映終了という、その壁にあたってMBC製作編成がまないたの上に上がっている"として"私が見ても演出者の問題でない、MBCの編成に1次的な問題がないかと思う"と表明した。

彼はKBSとSBS他社水木ドラマとMBC間のドラマ出発時期を置いて"100m選手はすでに決勝点に向かって駆け上がっているのに、その時始めて、それも42.195kmのマラソン選手が追いつくと出た格好"と表現して"MBC製作編成の安易な考えから来る墜落の原因ではないかと思う"と話した。

チョ・ソンギュは"寒くて寒い日夜通し続く撮影に苦労という苦労は演出者がすべてして それも足りなくて厳しい寒さを加えた低調な視聴率に追われて。 暖かい事務室でペンデ転がされる方々は早期放映終了という引き金も引いて演出者や演技者が放送会社の糊口でもなくて"として不便な心境を表わした。

一緒に"視聴者皆さん! ドラマの主人は放送会社でもない視聴者皆さんです。 寒くて寒い日! 夜通し撮影で視聴者と共にしようとする演出者およびスタッフ演技者皆に力と勇気を与えて下さい。 ありがとうございます"と付け加えた。

一方'私も、花'は9日低調な視聴率による早期放映終了説に包まれたが、製作スタッフは年末放送演芸大賞授賞式と重なって調整を議論している"と明らかにした。

[スターニュース 2011-12-10 16:53] 元記事はこちらから

20111211-1.jpg 20111211-2.jpg

※なんか読んでて泣けてきた;; 出演者の、スタッフのためにも予定話数全うさせてあげたい~(>_<)

早期終了はどの局のドラマでもありえることだけどMBCってやたら多い気が・・・。

 チュウォン“成功より経験..今演技不便で”(インタビュー③)
2011年12月11日 (日) | 編集 |
ドラマ‘製パン王キム・タック’の成功でチュウォンもやはり脚光を浴びた。 悪役だと分類されたがチュウォンが演技したクマジュンは劇中そのような性格を持つこと外がなかったしそのような行動をしなければならない理由があった。

以後‘烏鵲橋兄弟ら’に‘特殊本’まで。 本人が前面に押し出すようになる作品は明らかに違うが彼はアイロニーにも作品で誰より引き立って見えて自身の存在感を確実にする。 これは俳優チュウォンが持った長所で視聴者と観客が彼を望む理由だ。

男主人公ワントップの作品提案も多く入ってきたがチュウォンはひとまず安全さを選んだ。 主演をするにはまだ手にあまるということが彼の説明. 演技力が検証されなかったアイドルも主演を横取りしている現市場で自ら立証させた賢いことは光を放っている。

“事実ロマンチック コメディやその他のジャンルを扱う色々な作品で主演提案が入らなかったのではありません。 だが、それよりは自分自身がこちら側が引きつけました。(笑い)まだ私は主演というタイトルを持つことができる演技者でもなくてあのそれだけでなく視聴者たちもそのような自分の姿を見れば手にあまるように感じられるんです。 ‘烏鵲橋兄弟ら’もやはり先輩、いや先生らのためにすることになりましたよ。 習わなければならないことが多くの状況のためのにさらに習いたくて経験やはりさらに多く積みたいです。 ロマンチック コメディは結局二人の男女俳優が99%導いて行かなければならないでしょう。 いつかは明らかだがまだ違ったようです。”25才ならば成人は成人だ。 だが、チュウォンはそれよりさらに幼い語り口を使っていたし思ったよりおしゃべり屋さんであった。 だから実際チュウォンを見ればブラウン管とスクリーンの中チュウォンがたやすく浮び上がらない。 本当に完ぺきな演技をしているようで尋ねたところ“大変です”としてすぐ不平を言った。 ‘きみはペット’中のチャン・グンソクとはまた他のペットの感じだった。

“率直に特殊本は撮る時まで大変でした。 スーツ、無表情、語り口までみな固いから私とはよく似合わないようだったんですよ。 なぜか実直に立っていなければならないようで座っている時も力を入れていなければならないようで。(笑い)それで‘烏鵲橋兄弟ら’が少しは気楽なようです。 それでも少しは自由になりましたよ。 あの事実チジランキャラクターなるようにしてみたいです。 ふふ”チュウォンが出てきてすれば視聴率は保障だ。 スクリーンで通じるかと思ったが‘特殊本’もやはり封切り直後ボックスオフィス1位まで打って上がると現在は3~4位に安着、善戦している。 インタビューずっと始終一貫謙虚だった彼は最後まで謙虚だった。 ‘視聴率保証小切手’という単語は私のものではないという。

“そのような表現は適切でありません。 先輩が視聴率を導いたことであって私によって視聴率が上昇したというにはまだ足りませんね。 もし私がチームトップ主人公ならばなぜか夢の視聴率は出てこないことのようです。 それで前にがもう少し負担になることはあります。 ところで今のところは視聴率にこだわりながら成功しなければならないという考えはしません。 それより私が積み上げなければならないことが多いでしょう。 まだある作品の責任を負うほどの力量になることはないけれどいつかはそうなりたいという欲はあります。 ‘何でも熱心に’というものが私の持分であることのようです。”チュウォンは現在自分の演技が多少不便だと告白した。 新人という理由を上げてみるがとにかく演技自体を楽しんでいないと。 台本を受ければひとまずこの場面をどのように強調してどのように休んでくれなければならないのか台詞一つ一つにたくさん考える。 それを跳び越えることが現在のチュウォンの最も大きい目標だ。

“先輩ら演技されるのを見ればアザ殴らなければならないのがその方は演技が生活でそれ自体を楽しんで下さい。 とてもうらやましいです。 演技をしながら明らかにおもしろくて幸せで考えるが今のところは私のものという考えがないです。 ‘あの子今演技するんだな’したいのが真の私が見ても情けない時があるが体験しなければならない過程であることのようです。 熱心にしますね。 見守って下さい。”

[ニュースエン 2011-12-10 10:00] 元記事はこちらから

20111210-31.jpg

※そうそう意外とおしゃべりやさんで(笑)。
インタビュー中でまだ主役をはるのは早い、経験を多く積みたいと言ってますね、オジャッキョが延長しなければきっと太陽を抱いた月決めてくれただろうに、、、(くどい)。


 チュウォン“花美男系譜? ‘花’はチャン・グンソク、ソン・ジュンギ..私は違う”(インタビュー②)
2011年12月11日 (日) | 編集 |
花美男なのに.. と話し始めるやいなやチュウォンは“美男ではないんだけど。。”として独り言を言った。

“容貌に対する基準はないが人々が考えるその客観的なソンさんでもう少しできたようだ”と自身の容貌に対して恥ずかしく表現したチュウォンは“美男を付ければ本当に感謝するがそれでも‘花’ではない”と訂正した。

“厳親分かる本当ではないです。(笑い)美男という単語も私には少し合わないようです。 ひとまず‘花’が違うでしょう。 良く言えばちょっと魅力あるハンサム? ワハハ。 花は話それでもチャン・グンソク、ソン・ジュンギ兄たちに似合う単語で私は違います。 オウ、かなり恥ずかしいですね。”中学校3学年という多少幼い年齢から俳優の道を夢見たというチュウォンは芸術高等学校に進学しながらその夢をより一層確実にした。 演劇をしたミュージカルをした演技はひとまずスタッフと全部共にする共同体チャゴムニだ. チュウォンは人々と共に仕事が出来るそれ自体が良かった。

“一緒に演技して話もしてそうするのがかなり良かったです。 長く生きたことではないが今までは高等学校に通った時が一番楽しくなって幸福だったことのようです。 高等学校3学年時は狂ったように仕事をしましたよ。 一日も休まなかった程に。 一生忘れることのできない3年です。”学生身分でどんなことができたか尋ねたところチュウォンはかなり大人っぽい返事を出した。 登録料が一般学校より高い芸術高等学校特性上自ら登録料を儲けるつもりだと考えたとのこと。 演技でないスタッフことを自ら要望した。 総管理職責を引き受けながら照明音響セット製作までみな習ったと。 彼は高等学校2学年から3学年まで2年間奨学金を受けて学校生活を終えることができた。

“その時は何の考えもなかったです。 そのまま熱心にしただけでしょう。 当時家が素早く難しくなってはやく社会生活をしたかったししてみるからスタッフこともちょっと適性に合うようだったんですよ。 先生が演技者に比べてスタッフは競争率がそれでもちょっと低いからスタッフをしろと薦めましたがひょっとしてしたりしました。(笑い)ところでこの後世宗文化会館で卒業作品式でミュージカル公演をしたが‘やはり私の夢はこれだ’とする考えにスタッフ考えはたたみましたよ。”堂々としている俳優になった今、チュウォンは一つ捨てることが出来ない夢がある。 後ほど本当にお金をたくさん儲けることになれば大学路に劇場を作りたいということ。 彼はミュージカル俳優で活動する当時難しい事情に夢をあきらめる同僚、また、業界関係者たちの事情をすぐそばで十分見ることができた。

“大学路に大劇場小劇場このように作ってミュージカル舞台を整えたいです。 この頃は公演するが上げることも大変でまた上げたくても当然なところがたくさんないですね。 もし私が俳優で大きく成功をすることになるならば高等学校大学校後輩が心配でも不便さなしでしたい演技を思う存分することができるようにしてあげたいです。 とても大きい夢でしょうか?”

[ニュースエン 2011-12-10 10:01] 元記事はこちらから

20111210-29.jpg 20111210-30.jpg

 チュウォン“優しいオム・テウンとても良くて話一度置いてみたところ..”(インタビュー①)
2011年12月11日 (日) | 編集 |
'優しい'数多い修飾語を離してぴったり一言で表現できる俳優がいる。 純粋で汚れがつかないのがとても目立っていてかえって心配になる男. ブラウン管ではいつも固くて冷徹な姿をさらに多くお目見えするが実際には茶目っ気多い20代青年でこの中で魅力を精一杯発散する人. 俳優チュウォンが‘強力’の終結をとる映画‘特殊本’でスクリーン デビュー申告式を払う。

‘特殊本’でチュウォンはFBIで犯罪心理学つむぐ勉強した犯罪心理者で登場する。 冷徹だが明らかに理由を持っていてポーカーフェースを維持するようだが自身の感情を他の人々にさらにはやくキャッチ当てられる。 ブラウン管を通じていつも男らしくて強烈な印象を残した彼だったが今回の映画ではその中に隠されている弱い姿が共に伝えられる。

それでもブラウン管の中感じが少しはあるだろうしたかったが最近ニュースエンとインタビューを通じて会ったチュウォンは多少少年のような語り口に始終一貫優しい笑うとみられた。 計算的は純粋さではなかった。 汚れがつかなかったということがとてもティーやかえって心配になるほどであった。 だから今回の‘特殊本’もやはり彼には新しい挑戦だった。

“最も重要だったことはやはり理由を持っているということでした。 ‘観客はあの子が職業が心理学者とああしているか?’とする考えられることもできます。 異質感よりは共感を勝ち取るために私が確かに表現しなければならなかったんですよ。 そのためには一般の人とは心理学者だけの行動や考えらをまともに知る必要がありました。 もし捜査をする時1から10があるならば一般的には1,2はとてもやさしいから抜いてしまうのに犯罪心理学者はそれらまでもみな話さなければなりません。 聞く立場では‘皆知るのをあえてなぜ..’したいがそれを演技しなければならない私はちょっと違いました。”アクションを扱った映画だが映画を見れば事実チュウォンはこれという大きいアクションがない。 アクションはものさびしくオム・テウンの持分だ。 チュウォンはアクションを取るということよりかえって当てられる立場だ。 アクション映画とあえてアクションがたくさん出る必要はないようだということが彼の説明だ。

“不必要なアクションは果敢に省略しました。 必要ない部分にアクションを入れるならば感情線が壊れそうだったんですよ。 映画自体が見られるためのアクションでなく感情のためのアクションを表現しようと努力しました。 それでテウン兄がもう少し骨を折ったでしょう。 アクションは兄に任せたのと違いないから。(笑い)”オム・テウンとチュウォンは現在シムエンターテインメントで同じ釜の飯を食べている先後輩の間だ。 映画を撮影する前からオム・テウンと親しかったのか尋ねたところチュウォンは“親しくはなかった”として“会社全体会食の時お目にかかって挨拶する関係であった”と話した。 だが、まもなく“ところで私は事実この会社に属する前からテウン兄が好きでした”として暗にソ・クンした。 インタビュー時間約1/3割哀恨チュウォンのオム・テウン病、この時から開始だった。

チュウォンは今回の映画を撮影しながら言葉どおりオム・テウンに‘突きつけた’で表現した。 その前には‘とても’という修飾語まで親切に付けた。 チュ・ウォンがとても突きつけたオム・テウン、人間対人間、男対男、先輩対後輩、兄対弟で彼はいったいどんな魅力を持ったことだろうか。

“兄をかなり好みました。 とても好きです。 ハハ。 私が少し親しくなれば話をはやく置きますね。 クセの中の一つだが私も気づかない内に度々そうなります。 テウン兄にもある日突然‘食べたか?’と話をごつんと置いてしまいましたよ。 ところで兄がかなり当惑したようです。 私は本当に好きでそんなものだが..”これに対してオム・テウンはチュウォン インタビュー数日後進行されたニュースエンとのインタビューで“慌てることは慌てた”と率直に打ち明けた。 彼は“私を甘く見るかけるかという考えにこらしめようかともしたかったが私より年齢多くの人にもみなそうしたよ”として“私が好きで、気楽でそうであることを分かるからまた美しく見えた。 良い兄弟の間になった”とチュウォンに対して表わした。

‘特殊本’は明らかにオム・テウンとチュウォンが共に導いていく映画だ。 だが、チュウォンはこの映画に対して“テウン兄のオムフォースをまともに感じることができる”とまた自慢した。 モニターでオム・テウンを見ていればとても素晴らしかったんだ。 ノーメイクに男性的な感じまで。 彼はスタッフらの間を歩き回って‘兄本当に素晴らしいです’という話まで直接して通った。

“テウン兄をはじめとして私どもの映画には本当に多くの先輩が出てきてくださる。 先輩がこれはこのようであれはあのようで直接的に指導してくださるのではないが撮影会場を行けば本当にじっとしていても習うことだらけでしょう。 演技的である面もあるが日常にの中で俳優として整えなければならない姿勢らも目で感じてみています。 もちろん正解はないが皆立派な先輩だけで‘私も後ほど先倍加されればああすることができるだろうか’とする考えをたくさんすることになります。”

[ニュースエン 2011-12-10 10:00] 元記事はこちらから

20111210-27.jpg 20111210-28.jpg

コメント省略で続けます~。

 '烏鵲橋'延長10回+α.."来年2月放映終了予定"
2011年12月10日 (土) | 編集 |
人気の下に放送中のKBS 2TV週末ドラマ'烏鵲橋兄弟ら'が来年2月頃放映終了される予定だ。

9日関係者によれば'烏鵲橋兄弟ら'製作スタッフは延長放送を検討した結果、10回あるいは10回以上で決めた。 当初'烏鵲橋兄弟ら'は50回放送を予定した。

ある関係者はスターニュースに"来年2月まで放送をすることで糸口をつかんだ"としながら"10回ないし12~14回程度になるだろう"と伝えた。

'烏鵲橋兄弟ら'はドラマ'ただ眺めて'を演出したキムミンスPDと去る2005年MBC日々連続ドラマ'がんばれクムスン',2007年SBSミニシリーズ'外科医師ポン・ダルヒ'を執筆したイ・ジョンソン作家が意気投合した作品。

このドラマは熱血ママ不幸者、真相パパ ファン・チャンシク、一瞬に世の中に投げられたペクジャウン. そしてファン氏家4兄弟. その家族がソウル近郊農場で大家族を成し遂げて生きていく話だ。

家族を中心に広がるエピソードを暖かく描き出してどん詰まりコードない温かい家族ドラマで愛されている。

[スターニュース 2011-12-09 10:43] 元記事はこちらから

20111210-7.jpg

※10話以上延長だなんて、ミニシリーズとは違うなあ。。。

これから再起動してレポに手をつけよう

 '幼いキム・タック'オジェム暴風成長、すでにこれくらい大きかったの? "フンナムスメル~"
2011年12月07日 (水) | 編集 |
子役俳優オジェムが暴風成長した姿が公開されて注目をあびている。

最近総合編成チャネル チャンネルA開局特集水木ドラマ'未婚の男性君の野菜店'撮影写真が公開された中で、劇中主人公ハンテヤンの14才思春期時期を熱演するオジェムの現場スチールカットが公開されて話題を集めた。

オジェムは去る2010年放送されたKBS 2TV '製パン王キム・タック'で主人公キム・タックの子役を引き受けて熱演を広げたのに続き今回の公開された写真ではふわりと育った背丈と温かい美男容貌で'暴風成長'ある姿を見せてファンたちの心をときめかせている。

製作スタッフによれば"オジェムがドラマに合流した後一ヶ月だけに3cmが成長してとる時ごとにカメラアングルを変更している"と伝えた。

オジェムの暴風成長写真に接したネチズンは"可愛い丸坊主タックがいつのまにかこれくらい大きかったよ","ますますハンサムになる","どうして子供見ながら心ときめくまた"等の反応を見せた。

一方'未婚の男性君の野菜店'は自身のことに最善を尽くして努力する元気な若者たちの仕事と夢そして愛を描いたドラマで12月21日夕方9時20分初放送される。

[ニュースウェイブ 2011-12-07 18:19] 元記事はこちらから

20111207-1.jpg

※たった1年やそこらであのイモっぽかった子がこんな柔らか男子に!(爆)
ヨチングくんといい子役ちゃんの成長が楽しみだなんてわたしも立派なアジュンマだな・・・。


 映画特殊本 チュウォン、前髪見当理由は?
2011年12月03日 (土) | 編集 |
映画‘特殊本’で冷徹な犯罪分析官‘キム・ホリョン’を演技したチュウォン、彼のヘアースタイルに隠された秘密が電撃公開された。

チュウォンが演じたキャラクター‘キム・ホリョン’は過去GPで満開死守で名をはせたことがあるFBI出身の冷徹な犯罪分析官だ。

関係者側は“固くて冷たい語り口、すっきりしているシュート姿に知的な感じが充満する‘キム・ホリョン’キャラクターにはこの役割を受け持ったチュウォンの愛しい手助けがつかないところがない”と伝えた。

特に観客らの関心を引いていることが劇中チュウォンのヘアースタイルだ。 短い頭の熱血刑事‘キム・ソンボム’(オム・テウン)とは違ってチュウォンが演技した‘キム・ホリョン’はベビーポムで精一杯ボリューム感を生かして前髪までたてて破格的なヘアースタイルをお目見えする。

これに対してチュウォンは“キム・ホリョン キャラクターの強くて冷徹なイメージのために作ったヘアーだ。 前髪をおろせば幼く見えて前髪をたてた”と明らかにした。

劇序盤オム・テウンときっ抗した神経戦を行って、また、オム・テウンとパートナーで呼吸しなければならなかったチュウォンが間容貌を分けるための努力でこのような破格的なヘアースタイルをリリースお目見えしたこと。

ヘアースタイル維持のために毎日のように一日1時間半ずつ精魂を込めなければならなかったというチュウォンはあるインタビューで“キム・ホリョン ヘアースタイルはキャラクターと作品のための最善の選択だった”と明らかにして、“スマートフォン アプリで(顔認識)テストもしてみたが前髪をたてれば10才もさらに高く出てきた”と満足だといった。

また‘キム・ホリョン’キャラクターのためのこのような努力は共に捜査コンビを成し遂げたオム・テウンにも満足なことだったと。

去る17日進行された‘特殊本’オム・テウンのファンミーティング シネマ イベントで“チュウォン氏の頭がとても小さくてキャスティングを反対したという話が聞こえる”という司会者の意地悪な質問にオム・テウンは“チュウォンが頭がとても小さくて初めに反対した。 それで頭大きさを合わせるために妥協点を見たのがとても高く上げたチュ・ウォンがヘアースタイル”と愉快に真っ向対立して大きい笑いをプレゼントしたことがある。

一方、映画‘特殊本’は同僚警察が殺害された後構成された特別捜査本部メンバーが隠された犯罪の実体を明らかにするために広げる息詰まるアクション捜査劇で、絶賛上映中だ。

[韓国経済新聞 2011-12-02 15:08]  元記事はこちらから

20111202-1.jpg

※特殊本のチュウォンくん、鶏冠みたいで前髪下ろした方が好みだけどそういうキャラじゃないしカンドンウォンくんとの差別化になるし~なんて思いながら観てました(爆)。

 [特殊本②]オム・テウン-チュ・ウォン“侮れないアクション演技”
2011年11月28日 (月) | 編集 |
-アクションも取り除いて話すことはできない。 <本>シリーズで見た躍動感が<特殊本>でも感じられた。 強烈なアクションを作るために練習はどれくらいしたか?

オム・テウン:私が派手なアクション演技ができる俳優でなく、素晴らしく見えるよりは切迫するように見えたら良いだろう。(笑い)監督様がハンティング後でコンテを見せましたが、初めには‘どのようにこのように高いところで飛び降りるだろう?’といいながらびっくりした。 それで現場で本当に恐れながら飛び降りた場面もある。 屋上を飛び回って、橋の上で飛び降りるアクションは初めてなので恐れもでたが、何度かしてみると徐々に慣れたよ。

チュ・ウォン:男たちはそんなことがあるようだ。 映画で素敵なアクションをすれば素晴らしく見えて、少しあるとみられるのではないか? (笑い)初めにはそのように考えて撮影したが、実際アクション演技はそんなことなかったよ。 呼吸も重要で、負傷も注意しながら撮影しなければならなくて、アクション演技が甘いのではないというのを分かった。

-オム・テウン氏はドラマ<善徳女王>(MBC,2009)に出演しながら積んだアクション経験で助けをたくさん受けそうだけど?

オム・テウン:以前には私もチュ・ウォンが考えたように、素晴らしく見えたい心だけ先に感情のとおりして見たら相手を本当に殴ったりもしたし、呼吸を無視してぎこちないこともした。 ところでその感情や動作を記憶して見たら要領が活気だよ。 今回も建物の上で車で飛び降りる場面は直接したかったが結局スタント チームが代ったが、次には本当に挑戦してみたい。 何よりアクション映画に出演する理由はそれではないのか。 私がいつ一対多数で戦って勝ってみるか? 映画からがでなければ不可能なことであって。(笑い)

チュ・ウォン:合う。 事実派手なアクションではなくても映画の中でアクションをすること自体が快感だ。

-特に容疑者がリフト車に乗って警察と対立する場面は圧巻だった。

オム・テウン:その場面撮影してチュ・ウォンがケガしただろう?

チュ・ウォン:大きくケガしたのではなくて小道具銃に頭を搗いた。 何故その日雨も降って、また、建物が原形になっていて駆け足が大変だったが、上ではリフト車が降りてきて下では刑事が走っていく状況なので刑事1人が滑りながら銃で私の額を打った。 幸い大きい事故ではなかった。

オム・テウン:アラ、その時私が合わなかったのが幸いだっただろう。(笑い)

-<特殊本>は・ヨンサン撤去事態をモチーフにした作品だ。 映画後半部撤去反対デモ場面で腐敗した公権力に対する批判的な視線が映画の意図をよく見せるけれど。

オム・テウン:監督様がそのような話をした。 評論家が最後の場面を見て好みそうだと。 我を忘れて帰る現場では監督様が‘なぜそのような話をされるだろうか?’といぶかしかったが、それだけその場面に力を多く使われたようだ。 <特殊本>はジャンル的な快感もあるが、観客らに重たいメッセージも与えることができる映画だ。 まだ私たちの社会では定義が生きているというメッセージというか? 観客が映画的な快感も得て、心に残る余韻も一緒に取りまとめて行ったら良いだろう。

チュ・ウォン・ニュースを見れば現実で本当に話にもならないことが広がる時があって、腹が立つ時が多い。 映画を通じてもそのような悲劇的な現実に痛快にした部屋飛ばすことができたら良いだろう。 <特殊本>はそのようなために適当の映画だ。

-二人はこの映画で初めての呼吸を合わせたが、お互いに対する所感はどうなのか?

オム・テウン:チュ・ウォンは情熱がある後輩だ。 持って生まれた演技力もあって、そのような面で期待するところが大きい。 私ももう年を取ったためか時折後輩らに忠告や助言をする方なのに、悩みも聞き入れて女話をしながらくすくす笑う時もある。 チュ・ウォンは親しい友人のようながら可愛い弟だ。

チュ・ウォン:テウン兄は本当にすばらしい。 さっき写真撮影する時もそうで表情や語り口を見れば本当にプロフェッショナルだという気がする。 演技者でも立派だが兄としても頼りたい良い人だ。

-チュ・ウォン氏の悩みの相談をよく聞き入れるようだ?

オム・テウン:事実私がたくさんするほうだ。 ドラマ<烏鵲橋兄弟ら>(KBS2)現場に一度呼んでくれと言って、ユイちょっと会えるようにしてくれと。(笑い)

チュ・ウォン:ハハ。 私は兄に主に演技に関する悩みをたくさん相談するほうだ。

-オム・テウンがチュ・ウォンより劣勢肉や兄だ。 チュ・ウォンの年齢頃オム・テウンはどのように暮らしたか? これくらい真剣で分別がついた青年だったか?

オム・テウン:いや! 考えなしで遊んだ。(笑い)ところで顧みれば人は自分の年齢帯に必ずしなければならないことがあるようだ。 チュ・ウォンが年齢頃には熱心に仕事をするのも重要だが、考えなしで遊んだり、壊れてみたり、思考も打ってみて、収拾もしてみるのが必要だ。 ところでチュ・ウォンはそういうのをとてもしない。 幼かった時はとてもきれいな必要はないと考える。

-それなら人生先輩としてチュ・ウォンが今必ずすべきことに対してメントリングをするならば?

オム・テウン:私が生きてきた経験の中だけで話をすることとチュ・ウォンに適用することができるかないか分からないが、私はこの友人がもう少し熱烈に愛したら良いだろう。 後ほど年を取って何か追憶できるそのような愛。年を取れば人に会うのが難しいが、今チュ・ウォンの年齢には自身のからだを頭や意識で制御することはできない。 愛に対する欲求があれば押し進めるのが必要だ。 それが後ほど演技する時本質になったり。

チュ・ウォン:性格が小心な方なので愛も小心にするようだ。 他の人に傷ついて、私が損傷を与えるのがとても嫌いだ。 誰が私のために傷を受ければ胸が裂けるように痛い。

オム・テウン:そうしてはいけないというから。 本当にその時でなければできなくて。 後ほどには軽薄だとそうなの。(笑い)

チュ・ウォン:ゆっくり変えたい。 そして今は自ら緩くなりたかったり。

[ムービーウイーク 2011-11-28 11:09] 元記事はこちらから

20111128-8.jpg 20111128-9.jpg

※オムテウン氏は「特殊本」を撮りながら、インタビューを受けながら、「魔王」ジフニのことを思い出したりしたかな?わたしはしたよ。

ここでもジフニファンミ補足~。

「魔王」ED写真を見ながら当時の話で、みんなは悲しかったかもしれないけどとても寒くて二人くっついてと(笑)。テウン氏は性格も良くじゃれあってつかみ合いの写真なんかを撮ったり。

テウン氏と最近は?的な振りにジフニ、連絡先も知ってるし会いたいけれど、彼は照れ屋なので久しぶりに会っても「(落ち着かない様子で)やあ、ジフン久しぶりっ!あ、いや、じゃあっ」(ここジフニテウン氏のリアクションカラダ動かし物まねかわいい~)と去ってしまってと。

チュウォンくんともどもジフニとも交流続けて欲しいなあ(>_<)

 [特殊本①]オム・テウン-チュ・ウォン“冷静と情熱のトゥーカップス”
2011年11月28日 (月) | 編集 |
オム・テウンは熱くて、チュ・ウォンは冷たい。 <特殊本>で二人は極端の温度でスクリーンを熱い雰囲気にして、冷たく冷まして観客らを画面の中に吸い込む。 <特殊本>の存在感は柔らかいロマンチック コメディ映画が並んでいる劇場街で断然引き立って見える。

男性ホルモンがあふれるこの強烈な映画は韓国アクション映画の新しい進化という程恐るべき火力を吹き出す。 暴走する機関車のようにカリスマを爆発させるオム・テウンと冷徹な知性で鋭い容貌を誇示するチュ・ウォン. <特殊本>を導いた二人の男はこのように熱いということと冷たいということが共存する絶妙の相性を成し遂げた。

-映画をよく見た。 俳優が苦労多かったという考えが先に入ったよ。

オム・テウン:天気が寒い時撮影してちょっと大変なことはした。 それでも撮影前に運動をほどほどにして体力的には大丈夫だった。(笑い)

チュ・ウォン:撮影日程が少しギリギリに進行されて決まった時間中にとらなければならないという負担があった。 本当に我を忘れて撮影したようだ。

-<特殊本>は話法が印象的だ。 背後の人物を追跡する妙味が圧巻だったのに。

オム・テウン:その間数えた映画に出演した経験が少なかったが、<特殊本>シナリオを初めに見て吐きだした始めての言葉が‘きて、強い’であった。 その‘強い’という感じは犯人を追跡する過程で受けたようだ。 初めには典型的な刑事物だと考えたのに、ソンボム(オム・テウン)が事件を追跡しながら背後の人物を追う動線がとても印象的であったし、強いという感じを与えた。

チュ・ウォン:テウン先輩が話したように私やはりソンボムとホ・リョン(チュ・ウォン)が犯人を追跡する話自体に吸い込まれていった。 そしてその二人を囲んだ助演がドラマ的な部分を満たしてくれることができることという確信もあった。

-助演俳優が本当に優れて広い。

オム・テウン:演技ならば一本ずつする方々だとチュ・ウォンが負担がたくさんなったはずなのに、震えないで上手にした。(笑い)撮影しながらシナリオもずっと変わったし、現場でも変数が多かったが、(ソン)ドンイル兄やチョン・ジニョン先輩のような立派な方々があまりにも現場経験が多い方々だと大きい無理なしで撮影することができた。

チュ・ウォン:初めての主演の上に共に出演した先輩たちもすごいので負担が多かったが、とても安らかによくして感謝するだけだ。

-現場で見るとチュ・ウォン氏愛嬌が良かったのに、可愛気たくさん受けただろう。

チュ・ウォン:本来新人は私がこのように行動した時、‘先輩たちが嫌いならばどのようにするだろう?’こういう不安が多いが、<特殊本>現場にはそうしていなかったから、気楽だった。 先輩がこれはこのようにあれはあのようにとさせるより、私が演技するのに安らかな環境を作って頂いて過分だ。

オム・テウン:撮影現場に(イ)テイム氏のほか女優がなくて雰囲気がちょっと固かったが、チュ・ウォンが次第愛嬌も働かせて誠実で可愛気をたくさん受けた。(笑い)が友人が時々何を尋ねれば、‘そのまま君が処理して’とぶっきらぼうに話しても傷受けないで良く受け入れる性格なので先輩たちも好んだ。

-先輩がそのように言えば気に障るのではないか?

チュ・ウォン:そうではない。 本来私も無関心な方なので。(笑い)

オム・テウン:(笑い)この子がこうします。

-話自体をソンボムとホ・リョンが引っ張っていく構図なので二人が調子を合わせるのが重要だったと思うが、呼吸はどうだったか?

オム・テウン:ソンボムがぷつんと沸くスタイルならば、ホ・リョンは落ち着いて対処するタイプだ。 それで二人の温度が極端に分かれたのがもしかしたら呼吸によく連結されることができたようだ。 なぜ二つともとても熱かったり冷たければ映画の中で下剋上のように見られないか?(笑い)

チュ・ウォン:映画撮影経験が多くないので事実どのようにするべきか、呼吸が何かよく分からなかった。 それで先輩が演技する姿を注視しながら習うという考えで臨んだ。 本当に呼吸は私が上手にしてなるのでなく、相手俳優が演技する時それを後押しする演技から出るということを習った。

-ファン・ビョングク監督がオム・テウンは感情を節制する時の目つきが魅力的で、チュ・ウォンは切迫した状況に陥った時の目つきが印象的だと称賛がやかましかった。 そのような特徴が映画でよく表現されたようだ。

オム・テウン:監督様がそのような称賛をした? 現場では何のお言葉もしませんでしたが。(ハハ)そのように見て下さるとありがとう。

チュ・ウォン:ホ・リョンは必ず犯人を探さなければならない理由があるからさらに切迫しそうだという気がした。 事実演技する時、切迫するとのことをどのように表現するかに対して悩みが多かった。

-<特殊本>は刑事という存在を憐憫の感情で眺めるという特徴がある。 刑事という職業を持った、一人の人間の激しくてすさまじい足掻きが感じられた。 演技しながらそうした点をどのように表現したか?

オム・テウン:その間ドラマや映画で刑事を演技したことがあるが、今回はちょっと違った。 刑事という職業を持った人の存在に対して考えることになった。 映画撮影前に実際刑事らに会ってご飯も食べて酒も飲んで潜伏勤務も一緒に立ってみたが、刑事は本当に大変な職業だ。 特に犯人を捉える時ケガしたり死ぬこともできる危険な状況に対して人間的な負担もものすごく大きいようで。 幾日か一緒に過ごしてみるから本当にすごい方々という気がした。 私が感じたそのような感情が聖凡にちょっとにじみ出ていることだ。

チュ・ウォン:刑事と出る時から恐ろしさを感じない人でもないでしょうに、彼が選んだ‘職業’がひとりの勇気と責任を作るようだ。 映画に出てくる刑事と警察は特別な英雄でなくそうなるほかはない状況に陥った人々だと見る。

[ムービーウイーク 2011-11-28 11:09] 元記事はこちらから

20111128-6.jpg 20111128-7.jpg

※二人が表紙の最新号、当然ゲットしてきましたが内容まではわからずだったのに助かる~。でもなんか二人いいコンビでなんだか妬けるなあ。。。

オムテウン氏は走って飛んで殴り殴られ、クールな役のチュウォンくんも相当アクションやりますがこの手の役はジフニ向かなそう(失礼)。

 '特殊本','ワンドウギ'とらえてボックスオフィス1位固めた
2011年11月28日 (月) | 編集 |
封切り当日、5週連続ボックスオフィス1位'ワンドゥギ'をとらえてボックスオフィス1位に上がって話題を集めた映画'特殊本'(監督ファン・ビョングク)が封切り初めの週末累積スコア42万人余りを記録した。 'ワンドゥギ'が5週連続興行独走中である中で久しぶりにボックスオフィス1位を交替した新しい映画が現れて活気を帯びている。 最強特別捜査本部'特殊本'が24日封切り以後初めての週週末までボックスオフィス1位を固めた。

28日午前映画振興委員会統合コンピュータ・ネットワーク集計によれば'特殊ボン'は27日まで累積観客数41万9042人を記録して封切り初めの週末ボックスオフィス1位を無難に達成した。

前売りサイト マックスムービーによれば'特殊本'は前売り観客中20代の比率が35%、30代の比率もまた、35%を占めて2030世代に功を奏したことを立証した。 また'特殊本'は前売り観客中男性観客が44%、女性観客が56%の比率を見せて男女皆の選んだ選択と支持を受けていて、来る12月劇場街を主導すると期待されている。

'特殊本'のこのような結果はオム・テウンの前作'シラノ:恋愛操作団'の初めての週スコアを跳び越えた成績だと目を引く。 270万人余りの観客を動員した'シラノ:恋愛操作団'は当時'無籍者' 'レジデントイブル4:終わらなかった戦争3D'と正面対立して開封日だった9月16日から19日まで29万8722人の観客を引き込んだ。

反面'特殊本'の場合、開封日の24日から27日まで総40万2761人の観客を動員した状況. オム・テウンは'特殊本'で'シラノ:恋愛操作団'より10万人余りを越える初めての週興行成績を見せて'特殊本'の最終スコアに対する期待値を上昇させるということと同時に、チケット パワーを持った興行俳優であることを自ら証明するとみられている。

'特殊本'でオム・テウンと良い演技呼吸を見せて好評受けているチュ・ウォンもまた、成功的なスクリーン デビュー申告式を払うことになった。

封切り初めての週劇場街を占領した'特殊本'は現在の絶賛上映中であり興行に加速度を高めている。

[ジョイニュース24 2011-11-28 13:08] 元記事はこちらから

※とうとうトップを譲りましたか(>_<)
とかいってこの渡韓中チュウォン目当てに観客動員に1名貢献しましたが~(笑)。


20111128-5.jpg

初日は念願の「ワンドゥギ」、2日目は朝イチ「特殊本」を堪能しました~。
このテウン氏、なんだか「魔王」のカンオスまんま系な熱い刑事でスピンオフを見てるようでした(爆)ってことはチュウォンくんはジフニ~? にしてもどちらも台詞がわかればもっともっと楽しめたろうに、日本公開を楽しみに~;;

ひさびさまともな食事に~

 演技王夢見る特殊主演、'烏鵲橋兄弟ら'チュ・ウォン
2011年11月23日 (水) | 編集 |
[キム・ミンソンのスター★feel]

芸能界で'第2の○○○'で始めるのは甘いが危険だ。 一気に注目されやすいが原本とオーバーラップされて、自信だけの才能と個性が表わすことができなければ誰の彼らから抜け出せない可能性もあるためだ。 故に'第2のキム・テヒ','第2のチャン・ドンゴン'がことができなく出没したが、また、ひそかに消えていったりした。

'ミュージカル界のカン・ドンウォン'で呼ばれたチュ・ウォンは場合が違う。 2010年'製パン王キム・タック'を通じて確実な目で存在を知らせた彼はドラマ'烏鵲橋(オジャッキョ)兄弟ら'と映画'特殊本'を通じてまともに席を占めた。 そのありふれている演技力論議なしでデビュー2年ぶりに定着できたチュ・ウォンの原動力は中、高等学校時期演劇部活動にまい進したし。 成均館大演技芸術学科進学後でミュージカル舞台で活躍した履歴が硬い内面空白になった。 小心な性格を直そうと中学校3学年の時演劇を始めたので、1987年生まれ、今年25才になった彼が実際に舞台に立った歳月は10年近くだ。

カン・ドンウォンとビッグバンTOPを絶妙に混ぜておいたようなハンサムな容貌もタニョニ大きい役割をした。 2004年映画'オオカミの誘惑'が大人気を呼びながらカン・ドンウォンに似た形で突然人気があった。 大学進学後2006年'アルタボーイズ'を始め'グリース','スプリングアウェイクニング'など多数作品に参加してミュージカル俳優で位置づけながら'ミュージカル界のカン・ドンウォン'で刻印された。

持って生まれた俳優のように無名時期はなかったが、彼にも屈曲があった。 男女混成グループ'フリーズ'メンバーでしばらく活動したし、メイン俳優が負傷した場合に備えたアンダースタディ俳優もした。 しかしミュージカル主役に抜擢されて温かい容貌に踊り、歌、演技力3拍子をみな整えたチュ・ウォンに多くの芸能企画会社が招聘提案をしたし、キム・ユンソク、ユ・ヘジン、カン・シニル、キム・サンホ、オム・テウンなど演技派俳優らで布陣した現所属会社に信念を持って同じ釜の飯を食べることになった。

'製パン王キム・タック'オーディションもドラマ初めての試みと子役を見たが運良く成人演技をすることになったし、放送'初心者'のチュ・ウォンに対して憂慮が大きかったが、劇序盤から硬い演技力をこれを払拭させた。 生まれも、性分も、才能も過度に優れた主人公キム・タックと対立点をたてたクマジュンは出生の秘密を持った悲運の悪役で大きい好評を得た。

この頃視聴率30%を渡して週末ドラマの最強者で愛されている'烏鵲橋兄弟ら'でも艶がないマッチョ刑事ファン・テヒ役を担ってユイ(ペクガウン役)と交錯したラブラインを成し遂げて若い視聴者たちを引き込んでいる。 クマジュンのように出生の秘密を持ったファン・テヒは表面で毅然とするが、事実傷が深くて弱い人物で複雑な心境変化を微細な震えや表情変化で説得力あるように描き出している。

演技力とスター性を全部整えたチュ・ウォン. 彼が'第2のカン・ドンウォン'を越えて'第1のチュ・ウォン'で急成長中だ。

[マイデイリー 2011-11-21 10:44] 元記事はこちらから

20111123-5.jpg 20111123-6.jpg

※ファンミでチュウォンくん、5年も前から海を渡ってミュージカルを観に来てくれたり応援し続けてくれた日本ペンにたびたび感謝してたけどわたしなんてキムタック見るまで知らなかったのにすごいなあ。ずっと彼の存在に気づかずミュージカル俳優当時の活動を見てないのは残念だけど、早く知ったとしても宮(ジフニ)とかけ持ちなんてムリだったろうからこれも運命、それがわたしの立ち位置(笑)。でもこれからの活動はいちファンとしてずっと見守っていきたいです^^

チュウォンくんの屈曲時代(爆)フリーズ動画は(こちら)、それから日本ファーストファンミ、オープニングを飾ったキムタックOST「私の愛」は想い出として下にしまいます~。

[READ MORE...]
 チュ・ウォン授賞式涙事件“事実それがです..” 1年ぶりに明らかにした内心(インタビュー)
2011年11月23日 (水) | 編集 |
俳優チュ・ウォンが昨年年末授賞式でユン・シユンとユジンが賞を受ける時自身の席で吐き出した涙に対する話を一歩遅れて取り出した。

チュ・ウォンは最近映画'特殊本'広報で進行されたニュースエンとインタビューで"その時思い出すのか、突然な涙にはいったいどんな意味があったことか"という包括的な問いに1年前思い出したように大きく笑うとまた、急に恥ずかしい微笑を浮かべて頭を深く下げた。 "事実それがですね..私は本当に感情調節をよくできません"と率直にぷつんと打ち明けようとするチュ・ウォンは25才青年というのにとても純粋だったし言葉どおり優しい残ろうだった。

チュ・ウォンは去る2010年話題のドラマ'製パン王キム・タック'で主人公キム・タック(ユン・シユン扮)を困らせるクマジュンを演じて視聴者たちに強烈な印象を残した。 悪役だったが彼がなぜそうならなければならなかったのか十分な説明とドラマの中クマジュンの人生は視聴者たちにまた他の母性本能を刺激して彼をスター隊列に上るようにした。

特に'チュ・ウォンの再発見'と称するようになる当時年末授賞式でチュ・ウォンは自身でないユン・シユンが授賞台に上がって賞を受けて涙を流す時、その姿を見守ってさらに多い涙を流して数多い女性ファンらを量産して出した。 彼が本来どれくらい優しくて心が弱い人なのかぴったり一場面だけでも説明可能だった。

"私が賞を受けられないで泣きました。 ワハハ。 ドラマを撮影しながらシユン兄とずっとついていました。 ついていなかった場面がさらに少ないほど一緒にしましたよ。 それで兄が当時にどれくらい大変だったのか、また、どんな過程を体験しながらドラマを導いていったのか私は誰よりよく知っていたしよく勝ち抜いた兄がすばらしかったです。 授賞式で兄が賞をぴったり受けるのに共に苦労した場面がパノラマのように過ぎ去りましたよ。 キム・タックという作品がまた思い出したりもしました。 そのような色々な感情が複合的に作用したことのようです。 ちょっと恥ずかしいことはあったがまたその場にあるならばまた泣きそうです。 どうしましょう?(笑い)"

当時が思い出されるようにしばらくにこにこ通り(距離)ですぐ"事実カメラにちょっと捕えられることを願うこともした"と暗にいたずらをするチュ・ウォンはぴったり同じ年頃の青年と同じだった。 もちろん同じ年頃であるのに長い間の芸能界生活をした俳優らとは確かにくれといったことは意外な幼い語り口もやはり一役した。 "その時私を静かに見ればJYJの歌もちょうど拍手しながら付いて歌っています。 良かったり感動受けたりそんなことをまだ隠すことができません。"

もし威厳あるふり管理をしたとすれば拍手はおろか笑うこともせず静かに鑑賞していたでしょうがそのようなもの良くならないと吐露するチュ・ウォンにそんなに険しいという芸能界でややもすると振り回されるか心配になる話したところ"それがどんなものか増えた者を分からないがなぜ俳優が孤独だというとは少し知るようだ。 傷も多く受けたようだ"と急にぶすっとした。

チュ・ウォンは明らかに自身は人々に優しくまた良く良く持て成したがなぜ彼らは私にそうでないだろうかという考えをたくさんしたと伝えた。 絶え間ない悩みに家に入る前一人で町内をぐるぐる回りながら散歩をしたりもしたと。 だが、結論は自身の行動に対するどんな補償を望むということ自体が誤ったと考えを繋いだ。

"幼い時期おじいさんに学んだのが多いです。 難しい人もたくさん助けてくださったしお金ない学生たちに奨学金もくれたがそのためか葬式の時花輪が300個が超えてきましたよ。 また、最も大きい部屋二つを捉えたが人々がぎゅうぎゅうけるのを見ながら'私もあのように生きなくちゃ'という尊敬心がより一層大きくなりました。 おじいさんが私にしてくれた話があるのに'誰に施せば補償ということを望むので、むしろ傷を受けることになる。他人に配慮をしたときは、傷つくことまで耐えられなければならない'ということでしたね。 これが正解のようです。 無我夢中で生きていれば性格が変わることもあり、偽りなく誰かに振り回されるかもしれないが、そんなことまで私がよく耐えられたらいいですね。"

一方チュ・ウォンのまた他の強烈さと冷徹さを感じることができる映画'特殊本'は同僚警察が殺害された後構成された特別捜査本部メンバーが隠された犯罪の巨大な実体を明らかにするために広げるアクション捜査劇だ。 実際捜査現場をほうふつさせる程の追って追われる追撃戦、犯人の実体と結末を予測するのが難しい硬いストーリー展開、保身を図らないで程度高いアクション演技を敢行した俳優らの熱演で注目されている。 11月24日封切りする。

[ニュースエン 2011-11-22 09:48:46] 元記事はこちらから

20111123-4.jpg 20111123-3.jpg

※こういう話をファンミでも聞きたかったのよね~(>_<)
去年のKBS演技大賞、チュウォンくん場面集め動画を下にしまいます~。


[READ MORE...]
 'セクション'チュ・ウォン"カン・ドンウォンのおかげでさらに早くスターになったようでありがとう"
2011年11月20日 (日) | 編集 |
俳優チュ・ウォンがカン・ドンウォンに感謝した心を伝えた。

20日午後放送されたMBC 'セクションTV芸能通信'ライジング スターには映画‘特殊本’で冷徹なFBI出身の犯罪心理学博士で完ぺき変身したチュ・ウォンが出演した。

この日放送でチュ・ウォンはビッグバンのTOPと俳優カン・ドンウォンに似たという話を多く入ったと伝えた。

チュ・ウォンは“私がたくさん不足する”として笑い出した。 引き続きチュ・ウォンは“デビューの時からカン・ドンウォン似た形スターで早く有名になったようだ。 これはみなカン・ドンウォン先輩のおかげのようだ”として謙虚な心を伝えた。

また“この頃人気を実感しているのか”という質問にチュ・ウォンは“路上に過ぎ去って多くの人々が調べてみている。 だが、まだカン・ドンウォンだと考える人々も多い”と前年笑いをかもし出した。

一方この日放送でチュ・ウォンはびっくり歌実力を公開して注目を集めた。

[TVデイリー 2011-11-20 16:58] 元記事はこちらから

20111120-1.jpg

※生で見てても失礼ながらついついドンウォンくんが浮かんできたりして~。セクションで歌ったんですね、YTはまだなかったんで見つけたら追加します~。

 チュ・ウォン"人貫く目つき、犯罪心理学者に似ていたそうだよ"(インタビュー③)
2011年11月19日 (土) | 編集 |
俳優チュ・ウォン(24)が来る24日封切りする映画'特殊本'(監督ファン・ビョングク)を通じて初めてのスクリーン挑戦に出る。

'特殊本'は同僚警察が殺害された後構成された特別捜査本部メンバーが隠された犯罪の実体を明らかにするために広げる捜査劇を描いた作品だ。 映画でチュ・ウォンは経た刑事ソボム(オム・テウン)とことごとにあたるFBI出身犯罪心理学博士'ホ・リョン'役を担った。

チュ・ウォンは劇中犯罪心理学者の役割をまともに消化するために撮影前心理学専攻策を読破して'クリミナルマインド' 'CSI'など人気ミドを渉猟した。 警察隊犯罪心理学教授に直接会って講義を聞くこともした。

彼は"勉強を熱心にすると犯罪心理が何かは分かりますがどのように表現しなければならないかも知れなかったよ"として"それで今度は行動心理を勉強した。 脚をどのようにより合わして財布に手をどのように入れるのか、腕をどのように挟まるのかなどを研究した"と作品準備過程を紹介した。

"率直に初めには心配が多かったです。 犯罪心理学者は普通30才以上ですね。 ところで犯罪心理学教授様が'年齢が幼くて心配したが人を突き抜けてみるような目が(犯罪心理学者に)似ていた。 安心になる'でしましたよ。 その一言に'私もできる'という自信を得ましたよ。"

チュ・ウォンは自らを'模範生的な演技者'と評価した。 与えられた台本に頼ってキャラクターを研究して構成された型にはめて演技しようと努力したこと。 だが、今回の映画を通じてチュ・ウォンの考えは少し違った。

彼は"'特殊本'撮影をしながら先輩たちの姿を見て驚いた"として"ソン・ドンイル先輩、キム・ジョンテ兄、オム・テウン兄などすべての先輩たちが自分のスタイルのとおり演技するのを見てもついて行くことになった"と打ち明けた。

引き続き"以前には演技にとても欲張った。 演技的負担感を捨てると一層演技が楽になったという気がする"と説明した。

"ソン・ドンイル先輩がそうされましたよ。 '君の年齢に表現できるのはすでにすべて表現している。 40過ぎた私たちのように演技しようとするな。 それは欲だ'ですって。 その話を聞く瞬間、今まで私がお話にならないくらい欲張ったんだなあと思って反省しました。(笑い)"

彼に最後に'特殊本'の期待観客数を尋ねた。 彼は躊躇なしに"欲張る"として"普通200万,300万人だけ越えるとすぐにするのに私は600万人ならば良いだろう"と明らかにして痛快に笑い作った。

"男女誰でもおもしろく見ることができる映画です。 アクションと捜査が出てくると男性的な映画と考えることができます。 だが、女性の方が好むテウンヒョンも出てきて、何何分が好む私も出てくるから(?) たくさん見に来て下さい。(笑い)"

オム・テウンとチュ・ウォンが主役を演じた映画'特殊本'は来る24日封切りする。

[ジョイニュース24 2011-11-18 14:22] 元記事はこちらから

20111119-12.jpg20111119-13.jpg20111119-14.jpg

※24日から公開なら今週末やってたりするのか? 心理学者かあ、ドラマも絶賛放送中だしますますファン増殖しそう^^

 チュ・ウォン、"'キム・タック',私の人生のドラマ…忘れることはできない"(インタビュー②)
2011年11月19日 (土) | 編集 |
2010年すい星のように登場した俳優チュ・ウォン(24)がブラウン管とスクリーンを縦横無尽縫って活躍している。

チュ・ウォンは昨年視聴率50%に肉迫したKBSドラマ'製パン王キム・タック(以下キム・タック)'のクマジュン役を担って派手な開始を知らせた。 当時'神の視聴率'と呼ばれて放送界に波乱を起こした'キム・タック'は最高視聴率49.3%(AGBニールセン)で30部作を終えた。

現在KBS週末ドラマ'烏鵲橋(オジャッキョ)兄弟ら'出演と同時に映画'特殊本'封切り(24日)を控えているチュ・ウォンに会った。

チュ・ウォンに'キム・タック'話を尋ねた。 彼はすぐ"一生再びしてみることのできない作品という気がする"と打ち明けた。

引き続き"私は死ぬ時まで演技するのが夢だ。 だが、これから視聴率50%を行き来するドラマにまた会えるかは疑問だ"として"とうてい忘れることはできない作品"と告白した。

ミュージカルと演劇舞台で演技の基礎を作ったチュ・ウォンは初めての主演作でありブラウン管挑戦作で'キム・タック'に会った。 おかげで彼の緊張感は想像を超越する水準だったと。

彼は"'キム・タック'撮影当時一時もゆっくり過ごすことがない"としながら"いつも神経が過敏になっていて一時間に一回ずつ眠りから覚めて、常に側寝た。 'キム・タック'を思い出させれば当時のからだ状態が思い出される"と回想した。

引き続き彼は"'キム・タック'は初めてのドラマ入門作であったし、カメラ角度など基本的な部分を教えた作品だ。 また、私を大衆にも知らせた作品だ"として"私にそのように多くのことを与えたドラマを率直に忘れることはできない"と話してぎこちない笑った。

だが、彼は"大衆性は今のように着実に(作品活動を)する時できるようだ"として"'キム・タック'放映終了後正確に1ヶ月半過ぎると道を通っても誰も私を調べてみられなかったよ。 それが現実のようだ"と伝えた。

"大衆性は視聴者たちと絶えず会う時できるようです。 '良い作品に会う時まで休まなければならない'という考えを捨てて着実にある作品ある作品ずつしていかなければならないですね。 2012年新年にも熱心に作品活動する予定です。"

[ジョイニュース24 2011-11-18 14:16] 元記事はこちらから

20111119-9.jpg 20111119-10.jpg 20111119-11.jpg

※ジフニも宮当時すごいプレッシャーで鬱病になりそうなくらい大変だったっけ(過去記事はこちら)。この2006年2月記事でジフニ、映画やミュージカルも希望してたけど両方叶いましたね^^ "'キム・タック'は私の人生のドラマ…忘れることはできない"かあ、ジフニにとっての'宮'もきっと同じはず当時の記事を思い出します(こちらとか(はこちら)。

ついつい重ねて考えちゃう・・・。

 チュ・ウォン"オム・テウン実際の姿? 唐突+純粋…'1泊2日'そのまま"(インタビュー①)
2011年11月19日 (土) | 編集 |
俳優チュ・ウォン(24)が先輩演技者オム・テウンに対して"とんでもないながらも純粋な人"と定義した。 チュ・ウォンは映画'特殊本'(監督ファン・ビョングク)でオム・テウンと呼吸を合わせた。

'特殊本'は同僚警察が殺害された後構成された特別捜査本部メンバーが隠された犯罪の実体を明らかにするために広げる捜査劇を描いた作品だ。

今回の映画でスクリーンにデビューするチュ・ウォンは荒い刑事ソンボム(オム・テウン)とことごとにあたるFBI出身犯罪心理学博士'ホ・リョン'役を担った。

チュ・ウォンはKBS 2TV 'ハッピーサンデー-1泊2日'を通じて'オムスンディン' 'オム・テセ'などで呼ばれるオム・テウンに対して"普段にもTVの中の姿そのまま"と打ち明けた。

"兄の普段の姿は'1泊2日'中の姿とほとんど似ています。 とんでもないながらも純粋です。 いかにも強情そうでなくて自然な感じをそのまま見せると反応がさらに熱いようです。"

実際にオム・テウンは映画撮影現場でも安らかな服装で路上をすごすご歩いて人影が少ない路上に横になったりもするなど自由な姿を見せたと。

チュ・ウォンはまた、オム・テウンの意外な容貌も公開した。 彼は"テウン兄は顔をたくさん分ける"として"親しくなる前までは話もよくしなくていたずらも入れる"と暴露した。

"テウン兄を撮影前から好きでした。 そして撮影に入っては演技的姿や人間的姿でも反しましたよ。 普段好む人にぞんざいに言うクセがあるのにいつのまにか私がテウン兄にぞんざいに言いましたよ。 テウン兄が'私は準備にならなかったが君が先にぞんざいに言った'でくやしがられました。(笑い)"

一方、オム・テウンとチュ・ウォンが主役を演じた映画'特殊本'は来る24日封切りする。

[ジョイニュース24 2011-11-15 10:49] 元記事はこちらから

20111119-6.jpg 20111119-7.jpg 20111119-8.jpg

※チュウォンくんはオムテウン氏の同じ事務所後輩、ジフニも紹介されてたりするかな^^

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。