★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 ‘クラシック アイドル’ディトが帰ってくる
2011年06月23日 (木) | 編集 |
23日から‘ティト フェスティバル’

メディアアート接続など破格

‘ティト フェスティバル’は単純な音楽会でなくクラシック音楽界で一つの事件だ。 出発は2007年若くて優れた容貌の男性演奏者4人を集めて大衆歌謡界のアイドルのように感覚的なイメージで包装して出したことだった。 ビオラリスト リチャード・ヨンジェ・オニール、ヴァオリニスト ステファン・ジャッキーブ、チェリスト マイケル・ニコラス、ピアニストジヨンで構成された‘アンサンブルディト’. これらの威力は予想を超越した。 クラシック ファン層を10代まで引き下ろしたし、‘礼儀正しい’クラシック公演会場にポップス他意コンサートをほうふつさせる程の歓声とカメラ フラッシュ洗礼を登場させた。 メディア アート、ファッションなど他のジャンル芸術と融合を試みて破格舞台で話題を集めた。 ‘高尚だ’ ‘退屈だ’ ‘金を儲けにくい’というクラシックに対する古い偏見も飛ばしてしまった。

毎年初夏、シーズン公演を開いてきた‘アンサンブル ディト’が今年も間違いなく帰ってくる。 ‘アンサンブル ディト’の所属企画会社のクレディアは来る23日から7月3日まで芸術の殿堂コンサートホールと湖巌アートホールを行き来して総9度の舞台にかけて‘2011ティト フェスティバル’を開く。 今年ティト フェスティバルのプログラムを調べれば独走、室内楽、管弦楽までジャンル別に一層多彩だった。 アンサンブル ディト メンバーらの公演と初代演奏者らの公演が交わっておいしそうな‘モドム料理’を構成した。

友人、恋人、家族と共にアンサンブル ディトは兄さん部隊に依存した草創期スタイルで脱離して、2009年からプログラムを大幅拡張した。 ガールフレンドらどうし楽しんだ‘アイドル コンサート’スタイルに留まらないで恋人、家族観客も共に楽しむことができる真の祭りに新たに出たのだ。

今年のフェスティバルは大きく四つのカテゴリーに分かれる。 アンサンブル ディト メンバーらの公演を見たいなら‘ディト アドベンチャー’や‘ディト リサイタル’を、初代演奏者らの演奏が気になるならば‘ディト プレンズ’や‘ディト スペシャル’コンサートを見れば良い。

フェスティバル全体のハイライトはオリンピック精神を音楽で実現した舞台‘ディト オリンピック’、19世紀フランス、パリをさらった印象主義を主題にしたフィナーレ舞台‘インプレッショニズム’だ。 ‘ティト オリンピック’ではオリンピック開幕式選手団立場音楽でなじむヨハネ・シュトラウス1才の‘ラデツキー行進曲’、キム・ヨナがフィギュアスケーティング バックミュージックで使ったサンサーンスの‘死の舞踏’を演奏する。 ‘インプレッショニズム’ではフランスの印象主義作曲家ドビュッシーとフォーレの室内楽曲とビオラ・ピアノ二重奏で編曲された歌曲を聞かせる。

今年の破格は? デビュー初めきれいで礼儀正しい‘テンディボーイ’イメージを守ったアンサンブル ディトは舞台演出で次第に破格面目を表わしている。 他ジャンル芸術との協同作業を試みて音楽を視角化してパンク的なイメージを導入したのが代表的だ。 今年はメディアアート公演団体のテシックルプと協同作業で、演奏と同時に先端デジタル技術を利用したメディア アートをお目見えする。

一緒に黒いサングラスに弁髪をして米国、ニューヨーク現代美術館のアンディ・ウォーホル作品の前でバッハを演奏して話題を集めたヴァオリニスト素寒貧、ハーフとは似合わないような筋肉質男性ハーピストその慈悲にトゥ メストゥル、2011年グラミー賞室内楽部門を受賞したパーカーカルテットを初代演奏者で舞台にたてる。 新鋭指揮者アドゥリエルキムとチェ・スヨルを発掘して指揮棒を任せた点も目につく。 ディト フェスティバルが実力はあるが認知度がない演奏者の可能性を検証する一種の‘試験’舞台にも位置していく姿だ。

キム・ソミン/音楽・公演コラムニスト

[ハンギョレ新聞 2011-06-02 21:23] 元記事はこちらから

20110623-3.jpg

※今日から公演の記事を見つけました。また日本に演奏しに来てくれないかなあ。
スポンサーサイト

 リスト、その後200年!ピアニストジヨンリサイタル
2010年10月11日 (月) | 編集 |
ピアノの王と呼ばれたリストの音楽らは2010年ジヨンだけのスタイルで復活する。

ピアニストジヨンは国内クラシック音楽ファンたちにこれ以上見慣れない名前でない。10才の時ニューヨークフィルとの最年少共演、11才にIMGとの最年少契約で神童と呼ばれた少年ジヨンは、2008年ふわりと成長してアンサンブル ディトのピアニストに戻った。

ディトの末っ子メンバーとして可愛気を一人占めした特有のあどけなくて明るい微笑は彼のソロ舞台では探せない程ソロ活動で見える彼は明確に違う。 派手な打鍵とエナージェティックあるサウンドで存在感は強烈でまるでモデルのようなカメラの前でのポスは見る人々の感嘆の声を上げる程スタイリッシュだ。 また、彼が追求する音楽的方向は同じ年頃の若いピアニストらのそれとは全く違うということが分かるのに特に他の芸術ジャンルとのコラボレーションを通した交感を楽しむ。

そして2010年知勇が本格的なソロ キャリアのためにリストの音楽を取り出して聞いた。当代のスーパースターだったが一生芸術家として悶える生活を送ったリスト.ジヨンの選択が自然な程彼らはどこか似ていている。彼は大曲のリスト ピアノ ソナタB単調をはじめとしてリストが編曲したクラシック マスターピースらを厳選してレコーディングを終えた。(10月ユニバーサル発売予定)に続き、11月28日、芸術の殿堂でリサイタルを持つようになる。

リストとジヨン、彼らは果たしてどんな交感で観客らに近づくのか期待しても良いだろう。

[財経日報 2010-10-05 13:18] 元記事はこちらから

20101011-19.jpg 20101011-20.jpg

※秋にクラシックっていいよね~と、ふと思い出してアンサンブルDITTOを検索してみたらジヨン君のソロ活動記事発見! 彼はDITTOのリーダーリチャード・ヨンジェ・オニール君と一緒に徹子の部屋に出たマンネ。CDも出るなんて嬉しいなあ、ちょっと今後も気にしてみよう^^

リストは見つからなかったけどモーツァルトの「きらきら星変奏曲」に乗せたジヨン君映像を下にしまいます~。

[READ MORE...]
 [アンサンブルDITTO①]愉快な四人の男の楽しい出会い
2010年07月07日 (水) | 編集 |
-アンサンブルDITTOのクラシック フェスティバルがシーズン4に入り込んだ。初めての企画から参加したリチャード・ヨンジェ・オニールは感慨が新しい。

リチャード・ヨンジェ・オニール(以下ヨンジェ)は公演企画会社‘クレディア’と3~4年前から一緒に仕事をしたが、ある日“芸術的な夢があるのか”と尋ねたよ。“室内楽グループを構成したい風が常にあった”と答えた。そのように誕生したプロジェクトが‘DITTOフェスティバル’だ。室内楽グループの‘ニューヨーク リンカーンセンターチャンバーミュージック ソサエティー’でアイディアを得て2007年初めての公演を持った。すでに4年目だ。

-大衆にやさしいクラシックを聞かせるコンセプトを維持している。理由があるか?

ヨンジェ:何年か前の韓国にきた時多くの人がクラシックを知らずにいるという気がした。クラシック公演により多様な観客を招くという趣旨でやさしいクラシックに固執した。

ジヨン:昔音楽というものにしょげずに開かれた心で公演会場を訪問してくれたら良いだろう。演奏者と聴衆の間に壁というものは存在しない。開かれた姿勢だけあれば十分にクラシック愛好家になることができる!

-アンサンブルDITTOの温かいメンバーは毎年話題だ。どんな縁に集まったことなのか?

ヨンジェ:メンバーは毎年私が選んでいるのに、基準は簡単だ。個人的でも音楽的に実際よく知っている人.その中で少し選別することはしただろう。(笑い)

ステファン・ジャッキーヴ(以下ステファン): 2007年米国、シアトルでリチャードに会った。ちょうどDITTO フェスティバル シーズン1が終わった後であった。リチャードがアンサンブル DITTOということがあるとし説明したよ。詳しい内幕がいずれにせよ、この友人とともに演奏できると良いと思い直ちにするといった!

マイケル・ニコラス(以下マイケル):出た参加する前から知っていた。2年前個人的な理由で韓国にきた時ちょうどアンサンブルDITTOが‘ブロックバスター級’全国ツアーをしていた。盛況裡に幕を下ろしたが、好奇心が起こった。周辺で話も十分聞いたし。その前にリチャードと演奏してみたことがあったが、ちょうど共にしようと提案するので…。(笑い)アンサンブルDITTOに入ってきたのは色々な親密なよしみの結果ということができる。

-昨年に合流したジヨンは今年ぴったり二十才だ。最も幼い年齢で、最も遅く活動を始めたが?

ジヨン:お父さんが韓国人でクラシック公演に多大な関心を持っておられるから‘韓国クラシック ニュース’ならば漏らさなくて取りまとめられる。お父さんが先に“アンサンブルDITTOということがある”とお言葉を取り出された。当時には‘そのままそんなことがあるんだね’程度へ渡ったが何ヶ月前米国エージェントから連絡がきた。“アンサンブル DITTOにピアニストがないが、考えないのか”としながら。気迷いなしで“する”とした。 室内楽グループで活動して見たこともなかったし、世代が違う三人のメンバーと共演したこともなくて良い経験になりそうだった。

-2年目共にしているのに、たくさん学んだようか?

ジヨン:もちろんだ。嘘をつく理由がないじゃないの?本当におもしろい時間を送っている。

-クラシック界の‘アイドル’で名声が高い。ミュージシャンとして容貌に焦点が合わされる状況に対してはどう思うか?

ステファン:容貌が注目されるのは事実だ。人生がみなそうではないか?(笑い)映画俳優もハンサムならばさらに引き立って見えるように話だ。だが、リチャードはたびたび自身の容貌を分けるために‘こういう’ヘアースタイルを守る。

マイケル:合う。私を交渉したのも自分の容貌を分けるためだ。(一同爆笑)

[MOVIE WEEK 2010-07-06 14:51] 元記事はこちらから

20100706-1.jpg

※いま出てる最新号からの抜粋記事かな、①とあるけどそれ以降は見つからず。ジヨン君若い~。

今日通販で頼んでたDITTOのハイライトCD&DVDが届いて思い出したように検索したらこんな記事がありました~。音楽を楽しみながら大衆に感動を伝えるDITTO方々ステキです!あの日のアンコールB Rossetteを、ヨンジェ君のヴィオラメイン演奏で聴いてみましょう^^

[READ MORE...]
 クラシックも韓流熱風!アンサンブルDITTO日本公演大成功!
2010年07月02日 (金) | 編集 |
韓国を越えて世界へ!ビオラリスト リチャード・ヨンジェ・オニールが導く若いクラシック アンサンブル DITTOが6月28~29日日本、東京、大阪での公演が皆売り切れて盛況裏に終えた。

ビオラリスト リチャード・ヨンジェ・オニールが導く韓国クラシック界のアイコン アンサンブル DITTOの日本公演が盛況裏に仕上げされた。 2007年活動を始めて以来、去る3年の間各メンバーらの優れた実力と音楽性、そして派手な舞台マナーで爆発的な人気を得て韓国クラシック界の新しい現象に位置したアンサンブル DITTO. もう彼らは韓国を越えてさらに広くて大きい舞台に向かって飛翔している。

6月28日と29日各々東京と大阪で2回にかけた日本ツアーが確定して以来、2月28日、チケット オープンと同時に東京の場合、約2,000席以上が販売されるなど好調を見せると、3月25日日本の最も有名なトークショー‘徹子の部屋’が放送された以後もう一度チケット販売は急増した。 日本五嶋オフィス(GOTO Office)側の公式発表によれば、公演を2ヶ月目前にした時点で5,012席の東京国際フォーラムと2,500席規模の大阪シンフォニーホールが全席売り切れた。

日本最高のスターバイオリニストの五嶋龍と手を握って、ヒョン知事を通じて初めて国内企画会社のクラシック音楽コンテンツが輸出されるという点で韓日両国で多くの話題を集めているアンサンブル DITTOの日本デビュー公演はその間積んだ実力を思う存分広げてみせることができる場になった。 日本公演初日の6月28日は雨が降る月曜日夕方公演であったのにもかかわらず、東京国際フォーラム5000席が立つ余地なしに一杯になったし、何より日本デビュー公演であったのにも公演前後に観客らの反応が爆発的だった。 20~30代女性と若い観客もあったが大部分40代以上の女性観客が主要観客層だった。 公演以後CDを購入したファンたちにファン サイン会番号札が与えられたが500人余りが概略1時間以上を待ってサインを受けて公演会場を抜け出た。

6月29日大阪シンフォニーホール公演は日本でも最も美しい音を自慢する最高の公演会場でアンサンブル DITTOの真価を見せた最高の舞台であった。 4名のアンサンブル DITTOメンバーらの演奏が終わるとすぐに観客席で歓声が出てきた。 また、この日は2千席が売り切れた中で補助席が登場して立ち見観客らまで列をなして入場する珍しい風景を演出した。

今回のアンサンブル DITTOの日本公演はクラシック ジャンルの韓流進出という新しい市場を切り開く尖兵役割をすることになるだろう。 多様で果敢な試みを通じてクラシック界の歴史を変えていっているアンサンブル DITTOが国内はもちろんで日本でも大きい熱風を起こした結果を見せてくれた。 アンサンブル DITTOと共にする DITTOフェスティバルは6月22日~7月4日まで湖巌アートホールと芸術の殿堂コンサートホールで進行される。 チケットは7-3万ウォンまで、クラブバルコニー(1577-5266),インターパーク(1544-1555)を通じて購入することができる。

[日刊芸能スポーツ 2010-07-01 22:39] 元記事はこちらから

20100701-4.jpg

※後記事が出てましたが大阪も盛況だったようでなによりです!
誇張されることが多い韓国記事ですが今回は全くその通りわたしが保証します(笑)。日本公演映像撮ってないのかな~;; 日本公演の記者会見映像とかがあったので下にしまいます~。


[READ MORE...]
 ユーチューブ、‘2010DITTO フェスティバル’広報出て
2010年06月29日 (火) | 編集 |
ユーチューブ(www.youtube.com)は公演企画会社クレディア(CREDIA)が主催する‘2010DITTO フェスティバル’広報動画をユーチューブ メイン画面‘注目される動画’に紹介していると22日明らかにした。

去る12日から3週間毎週末ごとにユーチューブ メイン画面‘注目される動画’紹介されている‘2010DITTO フェスティバル’広報映像はビオラリスト リチャード・ヨンジェ・オニール、バイオリニスト ステファン・ジャッキーヴ、佐藤俊介、ピアニストジヨン、チェリスト マイケル・ニコラス等で構成されたアンサンブルDITTOの日本公演を含んで動物の謝肉祭、'ビロセット(B.Rossette)’、シネマ天国、シューベルトのぼらなど多様な公演映像が含まれている。

その他にも、タレント有線、コメディアン薄紙では、‘コウモリ’のパク・チャンウク監督、歌手イ・ヒョヌなどを含んだ多様なスターらの応援メッセージも紹介している。該当動画はユーチューブ内クレディア公式チャネル(www.youtube.com/crediatv)でまた見ることができる。

今回の‘2010DITTOフェスティバル’にはジョシュア・ベル(バイオリン),Gautierカプィソン(チェロ),セルゲイ・ナカリャコフ(トランペット),アドゥリエル・キム(指揮),五嶋龍(バイオリン),イム・ドンヒョク(ピアノ),ワドゥ ステア(指揮)等最高級グローバル クラシック アーティストらが参加して‘アンサンブルDITTO’とともに舞台を輝かせる予定だ。

グーグルコリア マーケティング コミュニケーション総括チョンギムギョンスク常務は“DITTOフェスティバル若いクラシック人でなされただけ音楽だけでなく特にマーケティングで革新的な試みをしている”として“今後も革新的なマーケティング ツールとしてクラシックそれだけでなく多様な分野でユーチューブを活用できることを期待する。”と明らかにした。

‘2010DITTO フェスティバル’は来月4日まで芸術の殿堂と湖巌アートホールで開催されて、公演に関連した詳しい事項は2010DITTOフェスティバル ウェブサイト(www.dittofest.com)で確認可能だ。

[デジタルデイリー 2010-06-22 14:04] 元記事はこちらから

20100628-2.jpg
DITTOのYou Tubeサイトは(こちら)ここ見てたら飽きなさそう~。

20100628-4.jpg 20100628-5.jpg
ポスター剥がしてたお姉さんにくれ!とお願いしましたがまだ公演あるので~って大阪持ってくんかいっ!

終演後テーブルに5人ずらりと並んで座っていてサインをいただきました。
ヨンジェ君とジヨン君は英語の方が慣れてるのでしょうが韓国語で突撃ー(爆)。
でも勢いでマイケルにもコマスミダと(爆)。

ジヨン君むっちゃかわいかったんで激沈~;; でもピアノを弾く様はむちゃむちゃかっこよくて萌え~;; 演奏中は隣に楽譜をめくるお姉さんがずっといるんですが、そのめくるタイミングをはかるアイコンタクト見るのにオペラグラス手放せませんでしたわたし!(爆)激しい演奏の隣で間違えないようにめくり続けるあんなお仕事むちゃむちゃ緊張して相手が彼氏でもなかったらわたしにはできまへん;; とかいってずっと隣にいられるならちょっとやってみたい気も(爆)。

※そんなこんなでなかなか始められずですが今夜はDITTOで検索される方もいるかと思うので(笑)。今夜の感動を振り返ってみたりして~、関連YT動画を下にしまいます~。

[READ MORE...]
 'アンサンブル DITTO'フォトエッセイ、'クラシック ボヘミアン'出版
2010年06月29日 (火) | 編集 |
'アンサンブル DITTO'の4番目シーズンを記念した'クラシック ボヘミアン'フォトエッセイが出版される。

'アンサンブルDITTO'の4番目シーズンを記念して文学ドンネと'アンサンブル DITTO'の所属企画会社クレディアはリチャード・ヨンジェ・オニール(ビオラ),ステファン・ジャッキーヴ(バイオリン),マイケル・ニコラス(チェロ)そしてジヨン(ピアノ),4名のメンバーらの平凡な一日を通じて若いクラシック音楽家らの人生と音楽に向かった彼らの情熱をのぞくフォトエッセイ'クラシック ボヘミアン'を出版した。

写真撮影は少女時代、東方神起などと作業した写真作家ハン・ジョンチョルが引き受けて君のメンバーらの生活根拠地のニューヨーク、マンハッタン現地でなされた。ハン・ジョンチョル作家はメンバーらの最も典型的な日常を写真に収めるために朝目を開く時間から演奏で一日を締め切るまでの足跡を誠実に後についていく。

メンバーらは各自の部屋で朝をむかえて外出準備をした後家を出る。 マンハッタン市内が見下ろせるあるみすぼらしい建物屋上で、数多くのニューヨーカーらが行き来する道路で、小さいベンチが置かれた閑静な公園で、そしてこぢんまりしたカフェテリアで彼らは単独で、しかも共に楽器を演奏する。

忙しい都市真中で偶然にお互いを通り過ぎた4名の青年は太陽がゆっくりと移る頃マンハッタン中心街のある路地レストランでまた会って、誰が先にだということもなく自然に演奏を始めて、いつのまにか一体、一つの心になって素敵な公演を作り出す。

音楽を愛してその感動を人々と分けるのを好むという共通分母で自然に集まって、音楽に向かった情熱と友情をわかちあって共に生きていく'アンサンブル DITTO'メンバーらの人生を圧縮的に見せるシノプシスということができる。

舞台では見られなかった最も彼ららしい姿、最も彼ららしい人生をぎっしりと含んでいるこの本はメンバーらの率直な話、350ページ余りにかけた派手なカラー写真、直接演奏した三曲の歌を入れたCDとともに、‘アンサンブル DITTO’に対する、そしてクラシック音楽に対する特別な記憶を読者らにプレゼントする。

アンサンブル DITTOと共にするDITTO フェスティバルは6月22日~ 7月4日まで湖巌アートホールと芸術の殿堂コンサートホールで進行される。チケットは7-3万ウォンまで、クラブバルコニー(www.clubbalcony.com 1577-5266),インターパーク(www.interpark.com,1544-1555)を通じて購入することができる。

[アーツニュース 2010-06-28 11:54:44] 元記事はこちらから

20100628-1.jpg

※ほ、欲しいーーー;;
HMVさんもこういうの仕入れとかなきゃって韓国語だしね~、これはポチっとしとかねば!
日本公演の話題を紹介した過去記事は(こちら)。チケット手には入ってホント良かった~;;


とりあえず今日のアンコール、五嶋龍君も参加して演奏してくれたあの曲とあの曲を下にしまいます~。

[READ MORE...]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。