★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 '私の妻のすべて'ソウル舞台挨拶全席売り切れ、'興行突風'予告(動画オマケ)
2012年05月20日 (日) | 編集 |
映画'私の妻のすべて'(監督ミン・ギュドン)がソウル舞台挨拶で全席売り切れ行列を記録して観客らの熱い反応を引き出して5月劇場街そうそうたる競争作ら間で爆発的な興行傾向を継続している'私の妻のすべて'が去る19日ミン・ギュドン監督、イム・スジョン、イ・ソンギュン、リュ・スンニョンが参加した中で、ソウル舞台挨拶を進行、映画に対する熱い熱気を実感させた。

議政府を始まりに迷子、誠信女子大、大学路、新村、上岩などソウル市内劇場街で進行された今回の舞台挨拶で観客は爆発的な歓呼とカメラ フラッシュ洗礼をさく烈させるなどコンサート場をほうふつさせる程の開く熱気で雰囲気を高めさせた。

観客は直接準備した贈り物と花を監督と俳優らに直接渡したし、伝説のカサノバソンギを演じたリュ・スンニョンは既存のイメージをひっくり返す映画の中のしらじらしいコミック演技で観客らの爆発的な笑いを呼びおこした。 これにうなずく返事をするようにリュ・スンニョンは映画の中挿入された'毎日あなたと'を歌って、映画中でゴマ粒のような笑い爆弾を抱かせる'フィンガーバレエ'をお目見えすることもした。

ミン・ギュドン監督は"映画を通じて面白味それだけでなくそばに共にいる友人、恋人、家族らとより一層近づかれたら良いだろう"と話したし、イム・スジョンは"チョンインはとても愛らしくて共感できるキャラクターだ。 観客がチョンインを理解して、魅力的に感じられたら良いだろう"とキャラクターに対する満足感と愛情を表わした。

イ・ソンギュンは"私たちの映画は何度も見てもまた他の味が感じられる映画だ。 選択して下さって感謝する"と、リュ・スンニョンは"寒い冬俳優らと本当に熱く撮った。 撮影当時あまりにも骨を折ったことが観客らに会うとみな忘れられるようだ。 また、映画が300万観客を突破すれば牛乳CFが一つ入ってくるようだ。 皆さんの力が必要だ"と話して笑いをプレゼントした。

カサノバに妻を誘惑してくれとお願いした男の決別プロジェクトという風変わりな素材と互いに違う内心を持った個性あふれるキャラクターがプレゼントする笑い、そしてイム・スジョン、イ・ソンギュン、リュ・スンニョンの破格的演技変身がより増した映画'私の妻のすべて'は20日京畿地域で舞台挨拶を進行する。

[ジョイニュース24 2012-05-20 13:24] 元記事はこちらから

20120520-5.jpg

※今週もお忙しく舞台挨拶ですね~。
先週の土日は先行有料試写会だったのですが運良く舞台挨拶付きを観ることができて、終映後の超テンションあがり~で楽しんで参りました! そんな素人マイカメラ動画を下にアップします~。


[READ MORE...]
スポンサーサイト

 [プリプロダクションを論じる①] "スフィルム"ミンジンス代表
2012年05月18日 (金) | 編集 |
<私の生涯最も美しい一週間> 2005に出発して、最近 "キム·ジョンウク探し> 2010 <世界で最も美しい別れ> 2011 <私の妻のすべて"などの映画10作目を製作したスフィルムミンジンス代表に会った。彼は "製作者は、現場に潜んでいる多数の変数のために緻密ざるを得ない"と話す。

◇現場での変数を可能な限り減らさなければならない。

最近、韓国映画のプリプロダクションの実情がどうなのか?

プリプロダクションはクランク名様クランクアップまですべての撮影を企画して準備する段階だ。ところが現在の韓国映画製作の実情は、主演俳優が確定され本格的な投資が行われる。皮肉なことは、俳優が決定されるも、俳優の次回作の予定表を、また考慮しなければならないというのだ。俳優がある映画をひたすら待ってくれるだけではない。だからいつまででも、プリプロダクションを進めていない場合が多いのだ。

俳優がキャスティングされる前から、プリプロダクションが可能であればどのように良いか。しかし、このような場合には、発行元、自費で行わなければならないというリスクがある。今は出勤日数にスタッフ人件費を支払う仕組みだが、零細な製作会社の立場では不可能に近いことだと思う。プリプロダクションが完璧すればするほどいいと思いますが、その費用も無視できないということだ。

人件費や物価は上がるのに比べ、平均制作費はむしろ下落した。

そうだ。それで製作会社ができることは、運用そのものを減らすことです。最も大きな撮影日数を減らす方法がある。しかし、我々は、ハリウッドのようにすべてのシーンをセットで解決することができている状態でもなく、気象の変化に大きな影響を受ける。さらに、撮影終了日が契約した日より遅れると、余分な費用はそっくりそのまま製作会社が抱え込むことになる。

だからプリプロダクションが重要だ。これから行われる現場の多くの変数まで事前に考慮する必要がないから。ところが、いざ本番に入る費用さえ十分でない環境なので、時間が十分であるといっても、プリプロダクションに多くの予算を振り分けることができないということだ。

進行した作品の中で唯一不機嫌なフリープロダクションはなかったか? <キム·ジョンウク探し "は、海外ロケがあり、"世界で最も美しい別れ "は、多くの俳優が登場した。

前述の二つの作品と封切りを控えて<私の妻のすべて "など、三作品とも、驚くほど撮影日が変動したことがない。特に "世界で最も美しい別れ"は、すべての主演俳優たちが日々ドラマとコメディ、ミュージカルなど様々な日程とかみ合った状態だった。それでもっと努力して撮影した日付を変更することができなかった。多くの俳優のスケジュールを見事に消化した例であるようだ。

監督と製作会社との意見が対峙する時、どちらに優先順位を置くか?

説得が上手な方だ。(笑)より関連した話をする側の手をあげるのだ。実際には両方とも間違えることがあるんだ。だからスタッフの話も聞くべきだろうし、映画関係者ではなく、人々の意見も聞くのだ。どうせ映画は観客が評価するのだから、いつも客観性を維持しようとする。

*インタビューの全文は、<ムービーウイーク> 527号を確認することができます。

[ムービーウィーク2012-05-17 17:54] 元記事はこちらから

20120517-5.jpg

※ミンジンス代表様はミンギュドン監督様の弟さんですね~、なかなか映画業界厳しいようで。にしても冒頭代表作にアンティークとキッチンがないなんてライターさんあんまりだあ(>_<)


 'ネアモ'有料試写9万人動員…'建築学概論'凌駕
2012年05月15日 (火) | 編集 |
映画'私の妻のすべて'(以下'ネアモ')が5月12日と13日有料試写会を進行して全国9万人余りの観客を動員した。

映画振興委員会映画館入場券統合コンピュータ・ネットワークによれば'ネアモ'は週末の間537個のスクリーンで9万6,873人の観客を集めてボックスオフィス5位にランクされた。

'ネアモ'は正式封切りをする前有料試写会でだけ約10万人余りの観客を集めて今後の興行展望を明らかにした。 このような数値は400万観客を突破した興行作'建築学概論'が有料試写会当時見せた記録を越えることだ。 '建築学概論'は去る3月週末有料試写会で2日間で6万4,415人(555個スクリーン)を動員したことがある。

有料試写会を通じて映画を見た観客らの反応も熱かった。 現実的なストーリーがあたえる共感と以前になかった個性満点キャラクターらのアンサンブル、イム・スジョン・イ・ソンギュン・リュ・スンニョンの破格変身などに高い満足度を見せた。

'ネアモ'はカサノバに妻を誘惑してくれとお願いした男の決別プロジェクトを扱ったロマンチック コメディ映画で来る17日正式封切りする。

[SBS 2012-05-14 10:48] 元記事はこちらから

20120514-5.jpg

※いや~楽しかった。イムスジョン嬢の女優生命に影響ないんだろうかくらいなキャラに初めて知りましたリュスンニョン氏のカサノバ魅力、イソンギュン氏の低音ボイス絶叫の数々と見どころ多し! 特にイムスジョン嬢のマシンガンのような台詞は字幕訳者さん相当苦労するだろうなあ。文字制限無視でニコ動みたく画面にが~が~垂れ流し続けるってのはどうだろう(爆)。建築学概論が男子の共感を呼ぶならネアモは自分の方がずっとマシみたいな同情的視点でイソンギュン氏を応援しながら観るような感じかな(笑)。本公開後の反応を楽しみに!

わたし知らなかったんでびっくりしたんですが冒頭いきなり名古屋ロケで~、二人が出会い日本語で話し続けるという(笑)。なら日本公開も確実だなあと思いきや、3.11を連想させるエピソードがあり日本公開への足枷にならなければいいなとちょっと思いました。余計な心配ならよいのですが。

 私の妻のすべて、イム・スジョン-イ・ソンギュン-リュ・スンニョン マスコミ試写会全文録音収録
2012年05月06日 (日) | 編集 |
映画<私の妻の全てのもの>が5月2日(水)CGV往十里で進行されたマスコミ試写会を通じて最初に公開された。

既存のイメージで完璧に脱離した三人の俳優の演技変身をはじめとして妻と決別するためにカサノバをプレゼントするという不らちな想像で愉快な笑いが絶えなかった<私の妻の全てのもの>言論試写会はミン・ギュドン監督をはじめとしてイム・スジョン、イ・ソンギュン、リュ・スンニョン主演俳優が共にした記者懇談会まで和気あいあいとした雰囲気を継続した。

多様な質問と返事が行き来して熱を帯びた雰囲気の中で進行された今回の懇談会で言うべきことは言ってしまう(?) 性格に速射砲のようにはやい話速度を持った妻‘チョンイン’を演じたイム・スジョンは“普段言葉が少し遅い方だ。 それで初めて提案を受けた時非常に悩んだ。 台詞がとても多くて早く伝達しなければならなくてメンタル崩壊(?)行ってくることもした”として率直な返事を伝えた。

また、リュ・スンニョンはキャラクター選択理由に対して“<最終兵器弓>でも<高地戦>のように俳優らと作業して色々な女性たちの心をとらえる役割を拒む理由がなかった。 また、その相手がイム・スジョン氏なのでより一層うれしかった”という機転が利く返事で愉快な雰囲気を作り出した。 イ・ソンギュンは“ミン・ギュドン監督様と必ず一度作業をしてみたかったし、イム・スジョン、リュ・スンニョン氏をいつもとても好んだ。 シナリオまで三拍子がぴったり当てはまる作品だった”として作品に対する自負心を表わした。

イム・スジョンは演技をしながら重点を置いた部分に対して“非好感だと感じられることもできる序盤の姿が映画が進行されるほど愛らしくて魅力的な姿で見せるべきだったので相反した二種類の魅力を見せるために特別に努力した”と明らかにしたしリュ・スンニョンは“‘ソンギ’キャラクターは表面的に見られる一般的なカサノバ キャラクターではないので魅力を才能で習得する漸移難しかった。 スペイン語、フランス語さらにアフリカ語まで習得しなければならなかった。 何より頭からつま先まで自信を持つために努力した”としてカサノバ演技変身に対する所感を伝えた。

また艶がない妻を演じるイム・スジョンのシンクロ率に対してリュ・スンニョンは“イム・スジョン氏は普段性格が率直でしっかりしている。 それでシンクロ率が90%ならないだろうかと考える。 だが、窮極的にイム・スジョンは愛らしい俳優だ”としてウィットある返事を伝えたしイ・ソンギュンもまた“‘チョンイン’は非好感でなく主観が明確であっさりした性格だ。 そのような姿がイム・スジョン氏の実際性格とも本当に似合うと考えた”としてパートナーイム・スジョンに対する賞賛を惜しまなかった。 ミン・ギュドン監督は“人生初めてしたかった三人の俳優らと奇跡的に映画を作った。 そして奇蹟のように映画が出てきた。 俳優がとても良い暮らしをしている映画で俳優がおもしろく遊ぶ映画で記憶されたら良いだろう”として俳優と作品に対する愛情を表わした。

次はマスコミ試写会全文録音収録だ。

20120506-21.jpg

▼長くなるので下にしまいます~。

[READ MORE...]
 [レビュー]離別決心後広がるロマンス‘私の妻のすべて’
2012年05月06日 (日) | 編集 |
愛のさやがむけた一人の男の決別プロジェクト‘私の妻のすべて’。

映画‘私の妻のすべて’は関係の終わりにソン夫婦が新しい関係に進む過程を描いたロマンスというにはどこか妙な(?) コミック メロ物だ。

だから一般的なロマンス映画が‘二人の愛が成り立つだろうか’という気がかりなことを誘発するならばこの映画は‘果たしてこれらはいつ頃別れることになるだろうか?’という疑問を入るようにする作品。

20120506-20.jpg

▼若干あらすじネタバレありのため下にしまいます~。

[READ MORE...]
 [青龍シネマ レビュー]誰にでも美しい名前は...'世の中で最も美しい離別'
2011年08月06日 (土) | 編集 |
誰にでも美しい名前、お母さん….

ノ・ヒギョン作家の同名のドラマを映画化したミン・ギュドン監督の'世の中で最も美しい離別'は観客らに世の中で'最も美しい、あなたのそばの'人が誰かと尋ねる映画だ。 離別が最も美しいこともある瞬間がいつであろうか? 別れる人との思い出が最も燦爛で大切な時でこそ私たちはその人を永遠に美しく記憶するぞと念を押す。 それなら尋ねる。 あなたが最も美しく追憶できる人. 一番最初に脳裏をかすめる人がいるのか? 個人ごとに違うだろうが、多分大言壮語するに最も多い返事は'お母さん'という名前がならないだろうか? 私を世の中にあるようにした通路であり、私の人生に誰も与えることができない献身的愛と孤独な世の中で決して一人ではないとの希望をあたえる存在. 映画は私たち皆の'お母さん'に対して深く考えるようにする。

主人公キム・インヒ(ペ・ジョンオク)は3代が一緒に暮らす家の中心だ。 彼女には痴呆にかかった姑があり、無愛想でだまされる分からない医師の夫があって、賢いがなかなか疎通しようとしない娘と三手生世間知らず息子がいる。 また、まだ幼稚に賭博に陥って生きる醜い実の弟が一ついる。 子よりさらに子のような姑を迎えるのも、家の暮らしに人口実できなくて生きる実の弟を気を遣うのもとうていひとりが耐えられるには不可能に見えるが、どの家でもそれほどまで'ママ'はそれをやり遂げている。 映画の中で描かれるインヒの日常が手にあまって手に負えなく見えるほど観客は瞬間瞬間場面にオーバーラップされる各自のママを思い出される。 自身より夫、子供が優先に成っていくママの姿. 当然だと感じた彼らの犠牲的人生に対してどれくらい考えてみたのか。

家族ら健康取りまとめることには誰より誠実だったが、本来自身のからだを世話することができなかった彼女. 痛くても痛くないように、自身に対してはたいしたことでないと考えた彼女は病院で癌末期という判定を受ける。 ママの存在によって順調に帰ることができた皆の日常は彼女が痛いながら空いた所ができ始める。 おばあさんを世話することから定刻に起きること、食事準備などすべての日常にママの手が届かない部分がなかったということを悟ってから離別を準備するのは毎瞬間家族らに苦痛で近づく。

久しぶりに映画館で濃い涙を流してみたいなら事実これぐらいの推薦映画がない。 映画の中ママと家族らの姿はどこかでたくさん見たように陳腐なのが事実だが、毎度見る時ごとに涙を耐えがたいのも事実だ。 死以後にも定員一角に堅く根をおろして家族らを見守るママの姿のように私たち人生に堅固に根をおろしたママという存在に対して今一度考えてみることができるならば、多分お金で換算できないそれ以上を映画館で得て行くのは明らかだろう。

青龍シネマ名誉記者チョミジン

[スポーツ朝鮮 2011-05-04 15:44] 元記事はこちらから

20110806-2.jpg

※「アンティーク」のミンギュドン監督様最新作、ようやくDVDで観ることができました;;
悲しいけれどこんな風にお別れの準備ができるのは実は幸せなことなんだと見てて思いました。突然の災害で一瞬にしてすべてを失うこともあるし、前触れもなく健康な若い命の灯が消えることもある。。。

タイトルだけでもわかる通りの泣かせ映画ながら押しつけがましくなく、優しい眼差しで出演者スタッフ情熱こもった素晴らしい作品。関われた方々は幸せだなあ、ジフニもまたミンギュドン監督とお仕事が一緒に出来たらどんなにいいだろう。ちなみに本作「アンティーク」でソヌのイケてない恋人役の男優さんとアンティークの常連さん(?)も出演されててますのがなんとなく嬉しかったな^^


そしてこれを機に久しぶりにスフィルムのHPを訪れましたらJAPANESEページができてまして全然気づかなかった!(爆)会社紹介としてコメントがありましたのを勝手ながらまるっと転載↓↓↓

日本の皆様、こんにちは。秀フィルムです。
去年1年間も韓国映画を愛してくださった日本の観客の皆様に深く感謝申し上げます。
また、この度の東日本大震災につきまして心より哀悼の意を表します。

2010年は'キッチン(The naked kitchen)'が、ベルリン国際映画祭Culinary Cinemaセクションに招請され、2009年'西洋骨董洋菓子店 アンティーク(Antique)'の招請に続き2年連続、同セクションに招請されるという快挙を成し遂げました。

また、韓国創作ミュージカルの初の映画化に挑戦し制作しました'キム・ジョンウク探し(Finding Mr.Destiny)'は韓国にて多くの方々に絶賛いただきました。尚、映画'キム・ジョンウク探し'は今年、上半期の日本公開に向けて現在、準備を進めております。

2011年上半期には、ミン・ギュドン監督の5本目の長編映画となる'世界で最も美しい別れ(The last blossom)'を上映し、下半期には日本原作を題材にした映画を制作予定です。

今後とも、私ども秀フィルムにて制作を手掛ける映画が日本の観客の皆様から、より一層、愛していただけるよう願っております。


、、、震災の後にアップされたのでしょうか、いまさらですが感動;;
下半期予定とある日本原作を題材にした映画とはずいぶん前から話のあった宮部みゆきの「スナーク狩り」かと思うのですが(過去記事こちらとかこちらとかこちら)、意外にもごく最近のスフィルムさんツイはこんなことも↓↓↓

私どものスフィルムは新しい作品準備で気が気でない時間を過ごしています。
来年には新しいロマンチックコメディで皆さんをたずねる予定です


↑↑↑ おろ、「スナーク狩り」じゃない!!!(爆)
今までずっと言い続けてきたのにいきなりの方向転換です???

「スナーク狩り」が次回作と知りジフニ主演だったらいいなあと思いながらいまだ未読だったんですが(笑)直接なにも関係なくても罪と罰,正義と悪とかいう事件を少しでも連想させる題材はいまのジフニの立場では難しいかも、、、そう思うとこの突然のスフィルムさま方向転換はなんだか自然納得がいくというか、ジフニのために用意してくれた場所なのかなとか勝手に思ったりして胸がいっぱい;;

変な意味でなく大手キーイーストさまのお力を最大限に利用して、ジフニを良く知るミンギュドンさまの下、俳優としての再スタートになったらいいなあ。想像でなく、ホントに実現したら嬉しいなあ。あくまで希望願望ということで言霊を残します^^

 歌手シム・スボン、'世の中で'ミン・ギュドン監督に関心多かった? 舞台挨拶同席
2011年05月07日 (土) | 編集 |
普段好んだ監督、自身のヒット曲'百万輪バラ'で縁結んで

歌手シムスボンが映画‘世の中で最も美しい離別’舞台挨拶に同席する。

配給会社NEWによればシム・スボンは来る29日午後5時メガボックス コエックスで進行される‘世の中で最も美しい離別’舞台挨拶にペ・ジョンオク、ミン・キュドン監督と共に参加する。

シム・スボンは先立って自身のヒット曲‘百万輪バラ’でこの映画と縁を結んだ。 劇中‘百万輪バラ’はペ・ジョンオクが扮するママ インヒが好んで歌う歌であり最後の離別を控えた瞬間夫‘ジョンチョル(キム・ガプス扮)’が妻インヒに直接ギター演奏とともに呼んでくれる歌でもある。

普段ミン・ギュドン監督の作品が好きなシム・スボンは5月9日父母の日記念ディナーショー準備で忙しい渦中にもミン監督の新作に関心を見せてこの日映画を観覧した後舞台挨拶に同席すると明らかにした。

去る20日封切りした‘世の中で最も美しい離別’は時限付き宣告を受けたママ インヒ(ペ・ジョンオク)が家族らと共に最後の思い出を作る話だ。

[ノーカットニュース 2011-04-28 11:37] 元記事はこちらから

20110506-3.jpg

※こんなことがあったんですね~。
普段ミン監督の作品を好むだなんてことはジフニがシムスボンさんの"愛しか知らない"をアカペラで歌う「キッチン」も当然チェック済み、というか気に入ってくれてるんだろなあ^^


お風呂に~

 [世の中で最も美しい離別②]ミン・ギュドン監督、“ファンタジーが悪いことではないじゃないの?”
2011年05月07日 (土) | 編集 |
-<世の中>中‘花’が重要なモチーフで登場する。一気に浮び上がったイメージだったか?

映画ごとに習慣的に映画を代表できるイメージを探す。 <女子校怪談>は水であったためプールも登場して、水道管も詰まって、雨も降る。 今度は庭園で乾いて枯れた花を拾ってアプァ工芸をする家庭主婦の姿を思い出させた。 彼女が花に自身を対応させて考えるようにすればどうだろうか、花ならば浅はかで乾燥した土地に名前がなく被告格別注目も受けることができない野生花がどうだろうか、そうするうちに結局最後には百万輪雪の花で咲けばどうだろうか、このような形でずっと考えの枝を伸ばした。 ナ・テジュ詩人の <草花>これという詩でインスピレーションを受けることもした。

-インヒ(ペ・ジョンオク)の墓碑にもその詩を書いていたよ。‘詳しく見てこそ美しい/長く見てこそ愛らしい/君もそうだ’.

本来好んだ詩だ。 誰かにプレゼントすることがあればたくさん引用する詩句でもあり。 ナ・テジュ詩人はマスコミ試写会に来られて俳優らにいちいち詩集を分けられた。

-シナリオも読まないで映画も見る前にはひたすら‘ママ’だけ強調することができたところ、意外に‘家族’が先にボーイだよ。その中でも夫婦の話に比重がたくさんのせられた感じだった。

編集でかえって最も多くすくい上げたのが夫婦の話であった。 ランニングタイムを計算してみるならば結局ママ、夫婦の話だけ残るだろうしたかったが結果的には逆にされたようだ。 インヒとジョンチョル(キム・ガプス)をとてもたくさん登場させて観客が感じることができる心理的圧迫を除去しようとして見たらかえってそうなった。 200度見る時も分からないがマスコミ試写会で悟った。 オ? 思ったより別に出てこないね?

20110506-2.jpg
多少ネタバレ含まれますので下にしまいます~↓

[READ MORE...]
 [世の中で最も美しい離別①]ミン・ギュドン監督、“空けることの美学を悟る”
2011年05月07日 (土) | 編集 |

-エンディング クレジット‘Thanks to’に一番最初に登場する名前がデューナ(映画評論家兼小説家)熱く。

いつも一番最初に書く名前だ。 <女子高怪談 2番目の話>(1999,以下 <女子高怪談>)時オンラインで初めて会って今まで縁を受け継いできたが、今はほとんどメントがなった。 普段には映画格別点をよく取りまとめてみないのに、彼の反応だけは私が果たして映画をよく作ったのか判断する基準になったりもする。 ‘デューナの心に完ぺきに入る映画を生涯一つは作ることができるならば良いだろう’で考えるほどだ。 彼は足りない時鞭打ちする友人であり、同時代を一緒に暮らす創造的アーティストだ。 さらに正確に話せば片思いする対象で。(笑い)

-それほど誰かを‘映画的同志’で感じるためにはどんな条件らが必要なのか?

ひとまず何が正しくて誤っているか判断する世界観が類似しなければならないだろう。 古典的な芸術世界に対する理解と消化力がある人ならばより良い。 事実私のように職業的に対するというより映画を自ら享有して、評価して、その作業に傾倒しなかった人はいつも憧憬の対象だ。 人生を真の濃度濃厚で密度あるように生きるという気がして。

-パク・ジュンホ プロデューサーは“この映画を撮る前ミン・ギュドン監督は自分だけの世界へますます暗く食い込んでいた”としたよ。平凡で一般的な話を作るようにその闇ではやく引っ張って出てくるべきだとの義務感がむやみに聞いたというが?(笑い)

次期作でアクション スリラー <狩り>を準備していたが、変わらない私の何か入れた映画を作るとしてわめいている時であった。 パク・ジュンホ プロデューサーに <狩り>をはじめとして作業しておいたさまざまなシナリオを見せた時はぬるい反応であったのに、シナリオを完成することもしない <世の中で一番美しい別れ>(以下 <世の中>)を見せたところ“これだ”したよ。 平凡で明るく見える話を通じてミンギュドンの過剰な自意識とスタイルを脱いで、完全に新しい出発をすればどうかと。 他の見方をすれば自身の好みのとおり私を引っ張っていったんだろう。(笑い)シナリオもすぐ使った。 長らく熟成させなかったシナリオを持って映画を撮ったのは初めてだ。 多くの監督らがある作品を長らく捕まえていると見れば複雑になって修飾が多くなるが、この作品は初めての素朴な考えそのまま欲なしでとった。

-遂行には‘空ける過程’が必ず一度はあるとハジァンナ.それと似ていたことだね?

そのようだ。 人生で会うことになる色々な峰中小さくて新しいものを一つ越えた気持ちだ。 それでまた他の稜線を乗り始める感じ? 事実この作品がとても‘映画的な映画’は違うのではないか。 それに対する劣等感で始めたら自らたくさん無理だったことだ。 これも私が持っている多様性の中の一つと考えたし、私もよく分からなかった私を見るどんな地点になることができることと考えた。 この映画がどんな意味では非常に実験的だった理由だ。

-映画が絶対退屈な作業になれないということは分かるが、それでもちょっと退屈にしていないのではないか?今回の映画が前作より単調なことは事実であるから。

かえって楽しんだ。 撮影始める時あたかも修道僧になったように‘欲を全部捨てるだろう’と考えた。 とても単純な美学を試みたことだ。 その間見ることができなかったものを訪ねて行く過程が珍しかったり、おもしろいこともした。 普段には黒沢明監督を本当に好むが、今回の映画を準備しながらは小津安二郎の作品をたくさん見た。 大きく叙事もなくて装飾もない彼の映画が以前にはそんなに退屈に見えると、そこにも他の種類の‘力’が存在するというのを新しく発見した。

-<西洋骨董洋菓子店 アンティーク>(2008,以下 <アンティーク>)で派手さと独特さに真っ青になってしまったあげくわざわざ平凡な素材を選ぶのではないかという気もした。

<アンティーク>の表現らが過度に感じられるのは、まともに表現できないからだ。 色々な条件らに詰まって考えたことよりはるかにおかしなイメージで演出されたんだろう。 その時は映画を作るのが本当に地獄と同じだった。 障害物が私よりはるかに大きいから。 <アンティーク>と違うように撮りたいという考えは <五感度>(2009)を作る時からした。 話が中心になったコンテの概念もまた取り戻したし、修飾も取り出した。 その映画を経なかったら <世の中>がたくさん恐ろしかったようだ。

-<五感度>に短編でのせられた <終わりと始まり>を長編封切りするという話はかなりかなり以前に聞いたようだけど?

初めから87分長編で撮影した。 封切りは一昨年にしようとしたが、昨年にしようとしたが、今年3月にしようとしたが今までできなかった。 配給会社で良い日を見ているだろう。

[movie week 2011-04-27 14:09] 元記事はこちらから

20110506-1.jpg

※「五感度」ロングバージョンてまだ公開されてなかったんだ(笑)。
しかし「アンティーク」の言われようはどう理解していいんだか;; そして次回作<狩り(사냥)>というのはやっぱ宮部みゆきの「スナーク狩り」か?(「アンティーク」劇中にヒントあり・笑)今から楽しみ~。


 '世の中で最も...'ミン・ギュドン監督インタビュー
2011年05月07日 (土) | 編集 |
休暇出てきた軍人がわあわあ泣いて見たんですよ

ミン・ギュドン監督が'女子高怪談2'を通じて口をつぐんだという事実を記憶する人は珍しい。 '私の生涯最も美しい一週間'でも'西洋骨董洋菓子店アンティーク' '世の中で最も美しい離別'など全く違う所在地だけ似た感じの映画を主にとったためだ。 韓国映画だがヨーロッパの臭いがプンとして漫画のような作品が大部分だ。

その後には'スフィルム'という映画製作社がある。 ミン・ギュドン監督の弟が代表である会社だ。 家の期待を一身に受けて'ソウル大経済学科'という派手なスペックを後にして映画に飛び込んだ兄の代わりをして長男役割を黙黙としてきた中深い弟とのことだ。

"それにしてもなぜ'スフィルム'とだけ霊化するのかという話をたくさん聞く。意外によく知らされなかった事実でもあり。私が毎日思考(?)だけ打つから最初から同じ底で日カバーするという乞食(笑い).兄弟が楷書なのかコードもよく合って、どうしても似た映画が誕生するようだ。"

"今回の'世の中で最も美しい離別'の場合、すでにTVで有名な作品だ。スタイルに対する欲求を減らせば私が初めから望んだ'男が泣く映画'になりそうだった。"

'世の中で最も美しい離別'はミン監督の経験でにじみでた映画だ。 親しい友人が突然癌宣告を受けて、治療を受ける代わりに家族らと二月間楽しく時間を過ごして死を迎えた姿を見て映画化を決心することになった。 もう少し生きるためにもがく代わりに残されたこれらのために良い思い出を選んだ友人の死を見た後'美しい離別'に対する話を作ることになった。

"一番最初にペ・ジョンオク氏にラブコールを送ったが一度にOKをした。そうしたら意外にキムガプス、キム・ジヨン、リュ・ドクァンからソ・ヨンヒ、ユ・ジュンサンなどが一度にキャスティングされたよ。この頃連続ドラマに悪女役割をしているところで'献身的なお母さん'役割が容易ではなかったであろうに。あえて話すのをこの映画には'ペ・ジョンオク最高の演技力'が溶け合っている。 ドラマと映画を行き来するのに苦難の行軍であったのに、私はそのダークサークルを楽しんだ。俳優が悩むほど映画はさらに激しく出てくるから。"

エンディングをとってペ・ジョンオクの口で"この映画をしなかったら大変なことになるところだった"という話が出るまでミン監督の苦労も格別だった。'世の中で最も美しい離別'は献身的な妻インヒ(ペ・ジョンオク)が子宮癌がかかりながらその間願った家族の大切さと死に対する新しい視線を光を当てる映画. 主な背景になる家は実際延禧洞(にある35年なった住宅であったのに、北側出身の家主がただ一度もボイラーを回したことがない'節約の極限状態'を見せる家だった。 家主が設計したというその家を決めた理由でもミン監督のまめがそのままあらわれる。

"家主が直接設計した家なのに、女を全く配慮しなかった動線が印象深かった。台所は狭くてお手洗いは最も遠いだろうところにあったよ。居間が真ん中にあって。劇中ママのインヒの犠牲と配慮が当然であるようにそのような動線で俳優たちが演技をするのにますます映画の中人物が成っていったよ。 真冬撮影だと結局家主の了解を求めてボイラーを回したが部屋の床が皆乗って保守まで全部して出てきた(笑い)。"

現在'世の中で最も美しい離別'は観客25万人程度だが映画を見た観客らの感動水準だけは大当たり級だ。 粘り強いうわさで再観覧する観客が着実に増えて国内ボックスオフィス6位を維持している。 ミン監督は次期作でアクション スリラーを準備しているとしながら男性観客らに対する要請を忘れなかった。

"今の観客数も感謝するだけだ。この前反応を見に劇場に行ったが休暇出てきた軍人がわあわあ泣きながら見たよ。男たちが泣きながら見ても恥ずかしくない映画をお目見えしたかったがその願いをかなえた。次期作は柔らかい映画の代わりにアクションスリラーとか期待してくれ。男たちが熱狂するほどの映画をまもなくお目見えする(笑い)。"

[シティー新聞 2011-05-06 13:33 22] 元記事はこちらから

※ジフニもわんわん泣いたりしたのかな・・・。

自動翻訳微妙なところはミアネ~。

 映画'世の中で...'観覧後好評続いて、'うわさ乗るか?'
2011年04月27日 (水) | 編集 |
'世の中で最も美しい別れ(以下世の中で...)'がもう一度オンラインを熱い雰囲気にしている。

去る21日封切りした映画'世の中で...'というポータルサイト ダウムで実施した観覧後平正でも評点9点以上の高い点数を記録していて注目されている。

'世の中で…'の好評は試写会から始まった。観客らは試写会観覧後“試写会見てきたが本当に最高という話が似合う映画ですね(牡羊座)”、“今年映画中最高!!試写会で見たが封切りすればまた見たいです。..(メリー諸人)”、“劇場でこのように多くの人々が一緒に涙流しながら感動することは初めてですね(kelly1221)”、“感動だけあるのではなく面白味もありました!!!!この映画本当に大当たり出るようだ! とても記憶に残る映画最高!(bsm1310)”などの観覧評を残して'世の中で…'を強力推薦した。

特にVIP試写会を通じて映画を観覧したアイドル テギョン、チョグォンをはじめスターらの絶賛リレーと各種映画サイトとソーシャルネットワーク サイトで一般人らまで興行うわさを始め封切りと共に突風を予告した。

[アジア経済 2011-04-26 09:15] 元記事はこちらから

20110426-3.jpg

※大絶賛だあ。ジフニやソンスチームは見たかな~。

 ミン・ギュドン監督“今回の映画には同性愛出てこないです”
2011年04月26日 (火) | 編集 |
映画‘私の生涯最も美しい一週間’ ‘西洋骨董洋菓子店アンティーク’等で感覚的で繊細な演出力を認められたミン・ギュドン(41)監督が今回は涙が出る家族の話を持って帰ってきた。 ミン監督は自身の演出作の中初めて同性愛が登場しない映画だが、新しい道しるべのような作品になることだと大言壮語した。 映画‘世の中で最も美しい別れ’(21日封切り)の脚本と演出を引き受けた彼を去る15日ソウル、ノンヒョンドンのあるカフェで会った。

→多少陳腐に見えることもできる家族の話をまた取り出した理由は何か。 前作らとは相当な距離があるけれど。

-一生犠牲と節制の生活を送ってこられたご両親に迷惑だけ及ぼして、受けるばかりの子供としていつか一回ぐらいはこういう映画をしなければならないという心の借金があった。 また、日常的でなじむという理由で遠ざけたが、しきりに刺激的で挑発的な話だけ探す私を止めて呼吸を整えたかった。 古いアルバムを見るやいなや新しい感じがするのではないか。 素材の新しさでなく情緒の新しさで勝負したかった。 自分にもだいぶ実験的な作品だ。

→どうである点がそのように実験的だったか。

-内作品中に初めて同性愛が登場しない映画だ(笑い). スタイルに対する欲求を完全に除去して、監督の自意識を全く表わすとみられるまいと努力した。 その間追求してきた方向と慣性があるが、さっと折って私をなくす作業が非常に大変だった。 あたかも修業に励む気持ちだった。 私のフィルモグラフィーで道しるべのような作品になるだろう.

→そのように節制しながらしたい話が何だったか。

-二月前に20年親交大学同窓が時限付き宣告を受けてついに癌で亡くなった。 おばあさんと叔母を送る時もそうしたが、実際に死が近づくと信じられなかった。 死は日常化されたことだがまともに送ることがどれくらい難しいことなのか、また、私はどのように離れるのか考えてみることになった。 “本当に有難かった。”という最後の挨拶を最後まで猶予して飲み込む場合もある。 観客らも友人や家族の姿だけでなく結局自身の姿を発見することを望む。

→家族らがママ インヒ(ペ・ジョンオク)が子宮癌末期という事実を知ることになった後やむを得ず新派で流れたりしたが、感情を節制しようとする演出があちこちで眼に触れた。

-露骨な‘クリネックスムービー’(涙を絞り出す映画)がならないようにたくさん節制して努力した。 感情が深くなったり涙を強要しそうな感じがすれば明るい日常の姿を交差させた。 明るい姿を演出する時も節制美を生かそうとした。 家族は骨を折ったことだったり、大切なことでもあり死は日常的であり衝撃的だ。 二重的な感じを生かそうと思った。

→日にだけ気を遣う最もジョンチョル(キム・ガプス),ともすると事件になる弟クンドク(ユ・ジュンサン),いつも忙しい長女(パクハソン)等家族構成員らがママの死を契機に変化する過程が印象的だった。

-初めから家族を礼賛したり母性愛を強要するつもりは全くなかった。 家族が刑罰だとか地獄のように感じられる人に家族愛をいくら叫んでも耳によく入らないだろう。 そのまま家族がどんなものなのかを写実的で繊細に見せるならば受け入れる人が自身の立場で自ら解釈すると思った。

→ノ・ヒギョン作家の同名ドラマを原作にしただけ差別化にも気を遣いそうなんだけど。

-特別に差別化に対する強迫はなかった。 ただし文に含まれた率直な情緒をのがさないで現代的に変えようと努めた。 インヒの息子と娘が現代的な欲求と葛藤を整えたキャラクターに描かれたのもそのためだ。 原作と違い痴呆にかかった姑(キム・ジヨン)部分を最も厚く表現した。 最も大きい荷物だが、ママの痛みと孤独だということを最もよく理解する人だと考えた。

→演出面でも前作との差別化がたくさん感じられたが。

-その間感覚的なはやい呼吸を好んだとすれば、今回は観客らが十分に共感することができるようにロングテイク(長くとること)を多く使った。 一場面を何度もとるよりは俳優らが明らかな演技にならなく一度に感情を爆発させるようにした。 注目されることができなくても自身を犠牲にするお母さんの感じを野生花に比喩して映画全般に花コンピュータグラフィック(CG)をたくさん使った。 映画最後に引用した“詳しく見てこそ美しい。 長く見てこそ愛らしい。 君もそうだ。”というナ・テジュ詩人の‘草花’という詩句もお母さんを比喩したのだ。

→インヒ役にペ・ジョンオク氏をキャスティングしたが、どんなママで描こうと思ったか。

-表面では明るくて主体的だが、中では犠牲的で多くの人を包容するママで描こうと思った。 小言もするが、子供たちと親しく過ごす伝統と現在が混ざり合ったイメージで表現した。 原作と違い死を控えてすべての葛藤を直接解決して和解しようとする一人の人間の姿を強調しようとした。

→今回の作品を含んで唯一共同主演を前に出した映画が多かったが。

-絶対に意図したのではない(笑い). 共同主演作は多様な人物があたえるおもしろいが、キャラクターをついて行くのが複雑で観客らに感情移入をさせるのが難しい。 登場と退場のリズムと不在する者の存在感まで緻密に計算しなければならないから映画3~4編を作るように大変だ。 映画は資本によって左右される場合が多いのではないか。 私も次にはチームトップ(主人公がひとり)やツートップ映画をしてみたい。

ソウル大経済学科出身の息子が15年前映画をするといった時黙黙と支持してくれたお母さんがせっかく不便がらないで見るほどの映画が出てきたとし明るく笑うミン監督. 次の映画の題名は無条件10字以内に減らしてみるという‘覚悟’も付け加える。 次期作はアクション スリラーだよ。 自身の本格的なジャンル映画になることともした。 新しくなければなかなか動因ができないという彼の挑戦がすでに期待される。

[ソウル新聞 2011-04-19 03:51] 元記事はこちらから

20110425-4.jpg

※そかそか「アンティーク」はジフニひとりの主演じゃなかったんだ・・・(爆)。
次回作はアクションスリラー?「スナーク狩り」のこと?なんであれぜひジフニに主演オファーお願いしたいなあ、ツートップバディムービーとか!(BL可・爆)


言われなかったらすっかり忘れていました4月26日。
あれから2年、時間は流れているんだな。

こんな風に安心して夜を過ごすことができることに感謝です。
おやすみジフニ、いい夢を^^

 [fnこのひと]映画‘世の中で最も美しい別れ’ミン・ギュドン監督
2011年04月26日 (火) | 編集 |
“人々は大部分別れの瞬間を分からないからそばにある大切な人々に挨拶もできないままあの世の中に離れます。この映画はそばにある身内の人に申し訳ない、有難いと話す時間を与える美しい別れを描いてみたかったです。”

20日封切りした‘世の中で最も美しい別れ’(以下世の中で…)を演出したミン・ギュドン監督(41). 彼は昨年古い友人1人を見送って‘別れは遠くあるんじゃない’と感じた。 そして直ちに‘別れに関する話を真実に扱いたい’という考えにつながった。

映画‘世の中で…’という時には男のようで‘仇敵’同じだったある家族が突然訪ねてきた別れを受け入れて見送る準備をする間知ることになる家族愛を切切であるように描いた。 ノ・ヒギョン作家の同名TVドラマ‘世の中で…’を脚色したがミン監督は“映画とドラマの蹴られるペ・ジョンオクという俳優”といった。 “原作の古典的なママでない末期癌患者だが若くて美しい現代的なママを表現したかったしそれと最もよく似合う俳優がペ・ジョンオクだった”ということ. 彼は劇中ママのインヒ(ペ・ジョンオク)を中心に見えない家族の葛藤を表わしながらこの時代の家族によく探すことができる問題点を浮上させるのに重点を置いた。 ロングテイクで映画のオープニング場面と最後のエピローグ場面をワンカットに表わしたのもこれと関連がある。 家族間の葛藤は順次増幅されて衝突するが時間が流れながら疎通を通じて自然に消滅する。

オープニングはインヒの動線について、家族に絶対的に犠牲にするがそういうインヒを無関心に対する4人の家族(夫、姑、娘、息子)を順に見せる。 エピローグはこれと対照的にインヒの空席を満たす家族らの変化した日常に焦点を合わせた。 ミン監督は“多くの人が緊張して衝突する時できるエネルギーを楽しんで見たらあたかも指揮者になったような感じだった”と回想した。

ミン監督が挙げた最も愛着があるキャラクターは痴呆にかかった姑(キム・ジヨン)だ。 彼は“個人的にご無沙汰申し上げて送ったおばあさんが思い出されたため”としながら“おばあさんと共にした思い出らをおもしろく表現した”とした。 ‘世の中で…’が観客らに少しの間でも本当に慰労になる映画になるのを望むというミン監督は長編‘女子高怪談二番目の話’(1999)で忠武路にデビューした。 ‘私の生涯最も美しい一週間’(2005)と‘アンティーク’(2008)を自分だけの繊細なスタイルでひきつづき興行させて作品性と興行性を兼ね備えた忠武路の若い監督に浮び上がった。 今回の映画でもコンピュータグラフィック(CG)効果を活用して花とかたつむりを表現するなど美しい映像美をお目見えして目を引いている。

[ファイナンシャルニュース 2011-04-20 18:11] 元記事はこちらから

20110425-3.jpg

※事故や災害で突然煙のように目の前から消えてしまうことだってある。たとえ作り話であっても最期の時を悔いなく過ごす美しい別れを疑似体験できるといい。。。

 '世の中で最も美しい離別',開封日一日操り上げて
2011年04月19日 (火) | 編集 |
映画'世の中で最も美しい離別'が熱いうわさに21日封切り予定だった開封日を一日操り上げた。

映画公開直後各種映画界とネチズンらに高い評点と呼応を得た'世の中で最も美しい離別'は試写会を通じてストーリーの硬さを立証した。これを通じて映画製作会社は"爆発的呼応に報いようと開封日を一日操り上げて20日電撃封切りする"と明らかにした。

'世の中で最も美しい離別'はネイバー評点9.27を記録してネチズンらの賛辞を受けている。試写会で映画をあらかじめ会ったネチズンらは“暴風涙”“泣いて笑って泣いて笑って久々にボン良い映画!”等の好評を残した。

急速に好評うわさが広がっている'世の中で最も美しい離別'はミン・キュドン監督の指揮の下主演俳優ペ・ジョンオク、キム・ガプス、キム・ジヨン、ユ・ジュンサン、ソ・ヨンヒ、リュ・ドクァン、パクハソンが熱演した。

[OSEN 2011-04-19 17:24] 元記事はこちらから

20110419-1.jpg

※そんな直前で公開日前倒しなんてあり!?というわけで明日公開パチパチパチ~^^

 ‘世の中で最も美しい離別’心臓をしびれるようにさせる家族の別れ
2011年04月18日 (月) | 編集 |
★★★☆映画見て泣いて笑うが、いつのまにか私の家族が重なる。

STAFF 監督、脚本・ミン・ギュドン 原作・ノ・ヒギョン 撮影・薄紅列
CAST インヒ:ペ・ジョンオク 精鉄:キム・ガプス おばあさん:キム・ジヨン
クンドク:ユ・ジュンサン、ソンエ:ソ・ヨンヒ 浄水:リュ・ドクァン 研修:パクハソン
DETAIL ランニングタイム・125分 観覧等級・15才観覧可
ホームページ・www.thankyou-family.co.kr

what’s the story?

インヒはからだが十個でも足りない。 痴呆かかった姑コンサから無愛想な夫面倒見、ともすると事故を起こす失業者弟後始末まで全て彼女の役割のため。 ぐんぐんからだ状態が以前と同じではないということを感じたインヒは病院を訪れて、子宮癌末期診断と共に時限付き人生を宣告される。 時間がいくらも残っていないということを悟ったインヒの家族らは徐々に涙ぐましい離別を準備し始める。

20110418-4.jpg
若干ネタバレありのレビューは下に~↓

[READ MORE...]
 '世の中で最も美しい離別'家族観客愛一体に
2011年04月12日 (火) | 編集 |
'家族と見たい映画' 1位に...ノ・ヒギョン作家ドラマ台本原作
ペ・ジョンオク、キム・ガプスなど演技派出演


家族ヒューマンドラマ'世の中で最も美しい離別'(以下'世の中で…')が家族観客らの熱い支持を得ている。

製作会社スフィルムは11日'世の中で…'がポータル ネイトと映画サイトジョイシネのアンケート調査で各々'家族と共に見たい映画1位'と'4月封切り予定韓国映画中最も期待される映画1位'に上がったと明らかにした。これはハリウッド ブロックバスター'トール:雷の神'だけでなく'受賞した顧客ら' '私はパパだ' '敵と同床'等そうそうたる韓国映画らを全部抜いた結果で、映画に対する観客らの高い関心を立証したこと。

ネチズンらは"家族の大切さと人生に大切さを感じさせる映画であるよう!名俳優らの演技も期待される!(swdion)" "ミン・ギュドン監督前作もとても良い記憶で残って挨拶の実績ぐっととって行く。俳優らも良い。(micha4)" "涙がじいんとしたのでなく涙をぼろぼろ流すことができること同じ映画.春の日私の心も暖かくなる(skybule07)" "予告篇でも感動爆発(ms7gb2)"等期待感を表わしている。

ノ・ヒギョン作家のドラマ台本を原作で製作された'世の中で…'という仇敵のようにすごした家族がお母さんの分かるのに伴った突然離別の時間を体験しながら'本当に'家族に成っていく話を感動的に描いた作品.'私の生涯最も美しい一週間' '西洋骨董洋菓子店アンティーク'などを通じて人物の繊細な感情を感覚的に表わしたミン・ギュドン監督がメガホンを取って、ペ・ジョンオクとキム・ガプス、キム・ジヨン、ユ・ジュンサン、ソ・ヨンヒなど代表演技派俳優らが会って力を付加する展望だ。 来る4月21日封切り。

[シティー新聞 2011-04-11 15:22:22] 元記事はこちらから

20110411-4.jpg 20110411-6.jpg 20110411-5.jpg

※あさってマスコミ試写会だそうでVIP試写会はいつだ? ジフニにアインにみんなみんな観に来るといいなあ^^

 ‘世の中で最も美しい離別’試写会開催
2011年04月10日 (日) | 編集 |
13日ソウル、三成洞メガボックスで'世の中で最も美しい離別'試写会が開かれる。

映画封切りに先立ち開かれる今回の試写会はペ・ジョンオク、キム・ガプス、キム・ジヨン、ユ・ジュンサン、ソ・ヨンヒ、リュ・ドクファン、パクハソンなど'世の中で最も美しい離別'に出演する俳優と映画関係者たちが参加する。

‘世の中で最も美しい離別’は時には男のように、時には敵のようにすごしたある家族が突然離別の時間を体験しながら‘本当に家族’になっていく話を描き出した映画だ。

‘世の中で最も美しい離別’は来る21日封切りする。

[日刊スポーツ 2011-04-10 16:22] 元記事はこちらから

20110410-6.jpg

※いいなあ、見に行きたいなあ(爆)。後記事を楽しみに~;;

 '世の中で最も美しい離別'…家族の大切さ探して
2011年04月10日 (日) | 編集 |
来る21日封切りを控えた映画'世の中で最も美しい離別'が連日リアルタイム検索語上位にランクされて話題になっている。

映画'世の中で最も美しい離別'は皆が忘れて過ごした'家族’の大切さを描き出した映画だ。

時には男のように、時には敵のように生きてきたある家族が突然離別を迎えることになりながら'本当に’家族になっていく話を描き出した。

また、大韓民国家族皆が共感できる普遍的な家族を描き出しながら同時に私たちの姿でありそれぞれの個性を含んでいるキャラクターらで共感を形成する。

各自仕事に忙しくて家族に気を遣う余暇ない現代社会の家族を写実的に表わしてこれらの変化していく姿を通じて暖かい笑いと感動をプレゼントする。

離別を準備しながら家族らの間に見られなく存在した壁を崩してお互いを理解して、抱いていく姿はなくした家族の大切さを今一度悟らせて観客らの涙腺を刺激する予定だ。

一方、映画'世の中で最も美しい離別'はペ・ジョンオク、キム・ガプス、キム・ジヨン、ユ・ジュンサンなど演技派俳優らが総出動して目を引いている。

[エクスポーツニュース 2011-04-10 15:25] 元記事はこちらから

20110410-5.jpg

※家族愛は万国共通、二枚目韓流スターは出ていなくてもお早め公開されるような日本であってほしいです。

 「あなたの初恋探します」公式サイトオープン
2011年04月06日 (水) | 編集 |
スフィルムさま製作、イムスジョンちゃんコンユくん主演の原題「キムジョンウク探し」が邦題決定~。

20110405-1.jpg
ジャン! 

「あなたの初恋探します」

公式サイトは(こちら)、でもまだトップだけみたい~。
『あなたの初恋探します』メイキングDVDがわたしのセンイル6/2に発売だそうで^^

 20110405-2.jpg
インドのシーンがいいんだあ^^

映画は6月18日(土)公開決定とか、楽しみ楽しみ^^


 ミン・ギュドン監督病
2011年03月30日 (水) | 編集 |
'世の中で最も、、、'出演俳優ら無限信頼送って
キム・ガプス、俳優らに指摘する話本当によく合うよ
ソ・ヨンヒ、シナリオも見なくて3番目出演


'ミン・ギュドン監督映画ならば無条件コール?'

来月21日封切りする映画'世の中で最も美しい離別'に出演する俳優らが'監督病'に真っ最中だ。 人気ドラマ作家ノ・ヒギョンのドラマ台本を原作で製作される'世の中で最も美しい離別'は不治の病にかかった1人の女性の一生を感動的に入れて真の家族の話を描いた作品.

今回の映画を通じて家族が前夫人平凡な主婦インヒ役割を受け持ったペ・ジョンオクは"今回の作品をしながらミン・ギュドン監督が本当に繊細な監督というものを悟った。小さい感性一つにもディテールをのがさないという点で信頼ができた"として賛辞を惜しまなかった。キム・ガプスもまた"大いに適切に指摘をして、必要な話をする。演技者の話に耳を傾ける。 本当によく合うという気がした"と話したし、ユ・ジュンサンは"正確に準備された状態で俳優らに対する。そして俳優らをよく配慮する監督だ。撮れば撮るほどまた会いたい監督という気がした"として撮影所感を明らかにした。

特にソ・ヨンヒは'私の生涯最も美しい一週間'のソンエ役と'アンティーク'のびっくり出演に続きミン・ギュドン監督と3番目で呼吸を合わせた俳優.ソ・ヨンヒはミン・ギュドン監督の出演提案にシナリオも見なくて'世の中で…'を選択した程監督に対して無限信頼を持っている。前作の'私の生涯最も美しい一週間'でのキャラクターの名前をそのまま持ってきて今回の映画でソンエ役に登場するソ・ヨンヒは"本当に安らかな監督様だ。 次の映画でも必ず共にしたい"として監督に対する無限の信頼を表示した。これにミン・ギュドン監督は"経綸がある俳優らが良くしてくれて、若い演技者らが刺激を受けてもっと上手くやる姿に感動受けた"としながら"シナリオに対する好感を演技で見せた俳優らに感謝する"と話した。

[シティー新聞 2011-03-29 15:03] 元記事はこちらから

20110330-7.jpg

※前列右端がミンギュドン監督。ジフニのこともまたぜひお願いしたいです~。
ちなみにソヨンヒさんは「アンティーク」でジニョクの過去の彼女、たしか会社で失敗してプロポーズされるけど断って指輪を投げる方だったか?早く見たいなあ。


 "別れの意味をまた考えする程の映画"
2011年03月30日 (水) | 編集 |
映画'世の中で最も美しい離別'製作報告会

"私たちは横にいる人らに'ありがとう' '申し訳ない'という話を常によくできなくて物足りなさが多いです。"(ミン・キュドン監督)

映画'世の中で最も美しい離別'は妻でありママ、嫁で家族を献身的に世話したインヒ(ペ・ジョンオク)が不治の病にかかって家族と離別する話で、'私の生涯最も美しい一週間' 'アンティーク'などのミン・ギュドン監督が演出を引き受けた。

ミン・ギュドン監督は30日東大門メガボックスで開かれた製作報告会で"劇的でなくてなじんだり平凡な話があたえる響きを写実的に表現したいと考えた"としながら"昨年に古い友人が亡くなった。 生きるとこういう離別が遠くあるんじゃなくて近くあるとのことを感じた"と話した。

この映画はノ・ヒギョン作家のTVドラマを原作にした。 ミン監督は"変わった点があるならば伝統的ママの感じと違うように若くて現代的で元気に見えるママを選択したかった。 そしてそのママとよく似合う家族イメージを構想した"と説明した。

ペ・ジョンオクは作品の役割が欲しくてさっさと引き受けたと話した。 "自らのあらゆる事を捨てて家族のために時間を割愛して死を迎える人物なのにこの役割をしながら俳優として成熟したかったです。"

彼女は"家族にはいつも申し訳ない。 娘があるのに一緒に時間もよく送れないで申し訳ないがどのようにするべきか苦しい時が多い"としながら"映画を撮りながら家族が本当に大切だという気がしながらもうまくできないのが家族"と話した。

ミン・ギュドン監督は"して見たら登場人物が多い映画をたくさん作った"としながら"人生というのは主題を置いて色々なスペクトラムを各人物が分け合ってそんなことが小さい点のように集まって点描化のように見えるようにした"と話した。

ミン監督は映画に対して"少しの間でも慰労になる映画"といったしペ・ジョンオクは"離別が悲しいことだけでなくこのように美しいこともあるとのことを考え直すようにする映画"と評した。

キム・ガプスがインヒの無愛想な夫ジョンチョルで出演してユ・ジュンサンとソ・ヨンヒがインヒの弟夫婦に出てくる。

'世の中で最も美しい離別'は翌月21日封切りする。

[聯合ニュース 2011-03-30 14:02] 元記事はこちらから

20110330-4.jpg 20110330-5.jpg 20110330-6.jpg

※いい笑顔だ~。

 ノ・ヒギョン原作"世の中で…'、4月21日封切り確定
2011年03月26日 (土) | 編集 |
映画'世の中で最も美しい離別'(以下'世の中で…')の封切りが来る4月21日で確定した。

'世の中で…'というポスターと予告篇公開直ちに映画の中に繰り広げられるぬくみいっぱいである話で観客らの関心を一身に受けている。

特に'私の生涯最も美しい一週間'を通じて7カップルに広がる一週間の奇跡のような愛を描き出したミン・ギュドン監督の演出力とペ・ジョンオク、キム・ガプス、キム・ジヨン、ユ・ジュンサン、ソ・ヨンヒ、リュ・ドクファン、パクハソンなどある家族で会った大韓民国代表演技派俳優の演技シナジーに対する期待感が極大化されている。

ネイバーを通じて最初公開された2次予告篇に接したネチズンらは各々"なぜかママに会いたくなる" "ミン・ギュドン監督作品だとより一層期待される" "予告篇だけ見ても温かくなる"等の意見を送って期待感を表わしている。

一方'世の中で…'という時には男のように、時には敵のように生きてきた平凡な家族が突然尋ねてきた離別を通じて'本当に家族'になっていく話を描いている。

[マイデイリー 2011-03-25 16:12] 元記事はこちらから

20110325-15.jpg

※超期待~。VIP試写会はいつだろう、きっとジフニ現れるよね^^

GWなら観られるんだなあ・・・。

 ノ・ヒギョン原作'世の中で最も美しい離別'家族愛ぷんとポスター公開
2011年03月17日 (木) | 編集 |
映画'世の中で最も美しい別れ'(以下世の中で..)この17日午前家族愛が充満する暖かいポスターを公開した。

公開された1次ポスターはどうのこうのするある家族の日常を表わして暖かい感じを与える。 一家庭の姿を一度に見せながら親近感を与えている。

病院ことにだけぶらさがるカジャン(キム・ガプス扮)と子供になってしまったようなハンおばあさん(キム・ジヨン扮),いつも忙しい娘(パクハソン扮),ガールフレンドしか分からない三手生息子(リュ・ドクファン扮). ここにともするとサ高慢分は母方のおじ夫婦(ユ・ジュンサン、ソ・ヨンヒ扮)まで周辺でよく見ることができる平凡な家庭の姿を現わしている。

無関心なようながらもお互いに対する愛情と温みがにじみ出るポスターには'その日以後本当に家族になりました'というコピーで平凡な日常を送ったある家族に訪ねてきた変化を気になるようにさせている。

一方'世の中で..'というある家族がママに突然に訪ねてきた変化によって本当に家族になって行く過程を描いた映画だ。 ミン・ギュドン監督がメガホンを取ったし4月封切り予定だ。

[マイデイリー 2011-03-17 09:49] 元記事はこちらから

20110317-3.jpg

※こんな時だからこそありきたりな日常のありがたさや家族のことを考えてみる。

寝る前にちょっこしだけPCを。
食べるとき以外はずっと部屋でひきこもりPC作業だった生活から、基本居間で家族と過ごすように激変したこの一週間。韓国公開時には見に行くことは叶わなそうですが、完成した映画を日本で見られる日を楽しみにしています。

 “映画監督はいつ引退することになるのか誰も分からないです” ミンギュドン
2011年03月03日 (木) | 編集 |
故チェコウン作家の突然の死は私たちの映画界の現実を掘り起こした。 派手な俳優ら、ロマンチック映像が流れる銀幕の後には冷たくて陰うつな現実がかくれていたようだ。 ミンギュドン監督との対話は自然にこの悲しい話で始まった。

-故チェコウン作家の死が私たちの社会に衝撃を与えました。どんな気がしましたか?

=私はよく分からなかったが、一緒に仕事をする友人に聞くと私がした映画にもチェコウン氏が一度オフライをしたことがありましたよ。 もしその時製作会社がチェ作家を選択したら今私とともに仕事をしていた場合もあります。 通り過ぎた縁である計算なのに、背筋が寒くなった感じがしました。

-シナリオ作家という仕事がお金にならないことのことですね。

=我が国で1年に約2千編のシナリオが作られるといいます。 封切りする映画は100編もならないが、その中で監督が直接シナリオを書く場合が半分ぐらいなります。 残り50で30は既成作家、すなわちすでにデビューした作家が書きます。 新人作家のシナリオが映画で作られる場合は20編余りになります。 結局100対1の競争を体験することになります。 シナリオは映画で作られない限り代価を受けられません。 ‘お金にならない’どころではありませんね。

20110302-5.jpg

[READ MORE...]
 ‘世の中で一番美しい別れ’、足りなくて醜くても家族であるから、愛するから
2011年02月13日 (日) | 編集 |
STAFF監督、脚本_ミン・ギュドン 原作_ノ・ヒギョン 
撮影_パクホンヨル 照明_イ・サンス 音楽_キム・ジュンソン

CAST インヒ_ペ・ジョンオク ジョンチョル_キム・ガプス おばあさん_キム・ジヨン、
クンドク_ユ・ジュンサン、ソンエ_ソ・ヨンヒ ジョンス_リュ・ドクァン ヨンス_パクハソン

暖かい冬日差しが家中にまんべんなくあふれる。 昼寝でも引き伸ばすように寝れば良い程平穏な午後件だけ、この家家族らは皆があわてるのに気が気でない。 “ご飯与えて、二年!”痴呆かかったおばあさんの声が鋭い声が聞こえるのかと思われると、すなわち“ア、おいしい。 おばあさん、ア~”となじむようになだめる孫娘の声が続く。 暫くして居間でも忙しいことは続く。 この渦中に上手くも外出準備を終えて素早く抜け出る孫がいるかと思えば、気勢数えたおばあさんにオームぱんと背負子お下げを捕えられてどうしても底で倒れるお父さんの姿も見える。

家族なので可能な騒々しい幸福だ。 同時にこれは、とても大切なのを失ったこれらがその空席が感じられないように互いにより一層愛して苦しめられて生きていく風景でもある。 家の中あちこちには離れた人が残して行ったていねいな手助けがいっぱいだ。 去る1月19日ミン・ギュドン監督の新作 <世界で一番美しい別れ> 撮影会場は軽い興奮で精一杯ざわざわした。 冬の間続いた撮影が終了する日であるためだ。 ‘NGを出すと罰金5万ウォン’という自らの規則まで作ってあれやこれや撮影を継続した俳優らの顔にはさっぱりするということ半分、物足りなさ半分だ。

“悲しくて美しい話だが人為的に整えられた映画ではない”というキム・ガプスの話のように、 <世界で一番美しい別れ>は今日を生きていく平凡な家族の日常と彼らの人生に番地はどんな波紋を自然に取り出してあげる。 死を準備するお母さんを中心に描かれた原作に比べて、家族構成員らの欲望と理由もまた、より一層生き生きと表わす予定だ。 花が咲いて暖かい風が吹く4月ならば、この家族の美しい離別の話に会うことができる。

[ムービーウイーク 2011-02-09 14:39] 元記事はこちらから

20110213-8.jpg

※4部作のドラマ新作レンタルして今日一気見して涙ジョージョー;;
何気ない日常も一緒にいられる残り少ない時間。一日一日を大切にしないとだ。
ミンギュドン監督版は4月公開とか?楽しみにしています~。



レンタルは2話ずつの全2巻、1話が短めなのであっという間に見られます。

親のありがたみを生きているうちに感じさせてくれてコマスミダ。
一番の親孝行、部屋の片づけがんばります~;;

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。